パソコン ライン ビデオ 通話。 【Windows10】PC版LINEでビデオ通話できない時の対処法

PC版のLINEで通話やビデオ通話はできる?スタンプや絵文字は?

パソコン ライン ビデオ 通話

通話を開始する 友だちとの通話(1:1) [電話]マークをクリック後、[ビデオ通話]をクリックして通話を開始します。 グループ・複数人での通話 1.[電話]マークをクリック後、[ビデオ通話]をクリック。 2.ビデオ通話に参加する前に「プレビュー」画面にてカメラの映像を確認したり、各種設定を行うことができます。 [参加]をクリックするとビデオ通話が開始されます。 方法は。 方法は。 0バージョン以上、Windows 6. 0バージョン以上でご利用いただけます。 フィルターや背景エフェクトを設定する フィルター カメラの色味を変えたり、模様の入った効果を加えて映像を加工することができます。 1.プレビュー画面、または通話画面の[ビデオ設定]をクリック。 2.[フィルター]をクリックし、設定したいフィルターを選択します。 0、Windows 6. 0バージョン以上でご利用いただけます 背景エフェクト 背景にぼかしを入れたり、好きな画像を設定することができます。 背景を見られたくない時などに効果的です。 1.プレビュー画面、または通話画面の[ビデオ設定]をクリック。 2.[背景エフェクト]を選択し、設定したい背景を選択します。 0、Windows 6. 0バージョン以上でご利用いただけます• 画像 人物を見分けて、背景を加えることができます。 0バージョン以上でご利用いただけます パソコンの画面を共有する パソコン版のLINEアプリ限定で、パソコン画面が共有できる機能を提供しています。 0 バージョン以上でご利用いただけます。 1.パソコン版LINEよりグループのトーク画面を開き、ピデオ通話を開始します。 2.[画面シェア]をクリック。 3.シェアしたい画面を選択し、[シェア]をクリック。 4.自分のパソコン画面が共有されました。 ライブ配信を開始する グループトークや複数人トークで、リアルタイムで映像の共有や視聴ができます。 1つのLiveには最大200人が参加可能です。 手順 1.パソコン版LINEよりグループのトーク画面を開き、[Live]マークをクリックします。 関連記事•

次の

オンライン飲み会もできる! LINEビデオ通話のやり方

パソコン ライン ビデオ 通話

LINEにログインできたら、左下の「…」をクリックして「設定」をクリックします。 すると「通話」「スピーカー設定」「マイク設定」「カメラ設定」の項目が表示されますので、順番に確認していきます。 「通話」 「通話の着信許可」にチェックが入っていることを確認します。 LINE通話の相手も「通話の着信許可」にチェックが入っていることを確認しましょう。 「スピーカー設定」 「スピーカー設定」ではデフォルトでは「既存のスピーカー」が設定されています。 「既存のスピーカー」で通話できない・通話相手の声が聞こえない場合は 「既存のスピーカー」をクリックして、使用しているヘッドフォンもしくはスピーカーを選択します。 「マイク設定」 「マイク設定」も先ほど同様に「マイク設定」をクリックして今使用している「マイク」を選択します。 「マイク設定」の下の緑のゲージを確認しながらマイクテストを行う事ができます。 「カメラ設定」 ビデオ通話にはカメラが必要です。 「カメラ設定」に関しても先ほど同様に今使用しているカメラを「カメラ設定」をクリックして設定します。 ここまでで問題がない場合は次の確認に移ります。 ネットの接続状況に問題がある場合、通話ができなかったり・かからなかったりしますので、インターネット環境を確認します。 Wi-Fi回線を使っている場合、無線から有線に切り替える事で解決する場合もあります。 Wi-Fiの接続が不安定な場合は「」を参考にしてみてください。 まずは「LINEアプリのアップデート」情報を確認してみましょう。 「LINEアプリのアップデート」 PC版LINEの左下「…」をクリックした後に「LINE情報」をクリックします。 すると今までのPC版LINEのアップデート履歴が確認できるとともに右上に現在がどのバージョンなのかを確認できます。 上記の様に「最新バージョンです」と表示されている場合は問題ありませんが、「今すぐアップデート」と書かれている場合はボタンをクリックしてアップデートを行いましょう。 「アプリがカメラにアクセスできるようにする」• 「カメラにアクセスできるアプリを選ぶ」に表示されるLINEアプリ• 「デスクトップアプリがカメラににアクセスできるようにする」 それぞれの項目に チェックもしくは「オン」になっている事を確認しましょう。 【Windows10】でカメラを使っているアプリの終了 LINE以外でカメラ機能を使うアプリ(Skype・チャットワーク等)を起動させている場合、お互いのアプリ同士が干渉してしまう可能性もあるので一旦アプリを終了させるようにしましょう。 そして、スマホ同様にバックグラウンドで働いているカメラ機能を利用するアプリも一度停止してみましょう。 バックグラウンドで起動しているアプリの停止手順 「スタート」>「歯車」>「プライバシー」>「バックグラウンドアプリ」へと進みます。 するとバックグラウンドで働いているアプリの一覧が表示されますので、カメラ機能を搭載したアプリを一旦「オフ」にしてみましょう。 以上の手順を行う事でカメラ機能を使っているアプリを完全に停止させることができるとともに、パソコンのパフォーマンスを向上させることができます。 アプリを停止させましたら【PC版】LINEでビデオ通話ができるようになっているかを確認してみましょう。 それでも改善されない場合は… それでも解決しない場合、LINE側に問題が発生しているケースもあります。 もし、LINE側にエラーが起きている場合はで情報公開されるのを待つか、に問い合わせるようにしてみましょう。 ここでは紹介されていない解決策を見つけることが出来るかもしれません。 まとめ 今回は【Windows10】PC版LINEビデオ通話できないの対処法について紹介しました。

次の

LINEの画面共有方法!スマホやPCの画面をリアルタイムで共有する!

パソコン ライン ビデオ 通話

LINEをPC版で使うメリットは色々ありますが、大きな利点の1つは、LINEの無料通話を使うのに、便利な面が多いことです。 例えば、電池切れを気にせずに話せたり、有線回線で、安定した通話ができたりします。 また、スマホだと負荷がかかり、不安定になりがちな、ビデオ通話(お互いのカメラ映像を送り合った通話)もスムーズにやりやすいです。 離れた場所の友だちや恋人、実家の家族などと、顔を見せて話ができるのは、非常に楽しい体験です。 そこで、ここでは、LINEのPC版で、Webカメラを使ったビデオ通話の方法について、説明します。 まず、ビデオ通話をするには、カメラが必要です。 スマホでは内蔵されている物を使いますが、PC版の場合、「Webカメラ」と言われるものを使います。 これは、パソコンに繋げて使うカメラのことです。 カメラ自体にはWeb(ネット)につなげなくても使えるのですが、ビデオ通話や生放送配信などによく使われるので、Webカメラと呼ばれています。 さて、Webカメラの準備ですが、お使いのPCがノートパソコンやタブレットPCの場合、カメラが内蔵されていることも多くなっています。 まずは、内蔵されていないかチェックしましょう。 チェックする方法を説明します。 LINEのPC版にログインしたら、左上の小さな歯車のようなボタンを押します。 そして出てきた選択肢から「設定」を選びます。 そうすると、各種設定を行う画面が出ますので、左側「通話」を選ぶと、マイク・スピーカー等の項目の下に、「カメラ」という項目があります。 使えるカメラがあれば、ここに表示されます。 タブレットPC等では、カメラが本体の表と裏と2つ付いている場合があります。 このときは、カメラの項目をクリックすると幾つかのカメラが表示されますので、使いたいものを選んで下さい。 また、デスクトップPCなどで、Webカメラがない場合、買ってくることが必要です。 家電量販店の、カメラ売り場にある「デジタルカメラ」ではなく、PCの周辺機器売り場にあります。 ネット通販で検索するときも、「Webカメラ」で検索しましょう。 ほとんど全てのWebカメラはUSB接続の仕様になっており、最近はかなり多くの製品が、USBケーブルを差し込むだけで、使えるようになります。 また、安いものでは1000円程度からありますし、高機能のものは1万円を超えるものもあります。 最近では、大画面のテレビに写しても綺麗に見えるハイビジョンの物もありますが、LINE通話では、そこまで高画質のものでなくても大丈夫でしょう。 また、「オートフォーカス」といって、画面のピントを自動で合わせてくれる機能があります。 これを搭載しているものは多少高価ですが、綺麗に映ります。 Webカメラを買ってきて、PCと接続すると(詳しくはカメラの説明書をお読みください)、LINEのPC版の、前述の設定画面の「カメラ」の項目に、買ってきたカメラが表示されます。 あとは、通話したい相手を選んで、音声通話をするときのボタンの横にある、ビデオ通話のボタンを押せば、ビデオ通話が始まります。 WebカメラとPC版LINEを使って、快適なビデオ通話を楽しみましょう。

次の