アイフォン6s mnp。 iPhone

IIJmio(みおふぉん)でiPhone(アイフォン)を使う方法と乗換え方法(MNP)

アイフォン6s mnp

iPhone 7の話題が盛り上がっていますが、その一方でiPhone 6sのいわゆる前型番のiPhoneが今かなり契約しやすい価格に値下げ、むしろ投げ売りに近い価格で販売されています。 iPhone 6sの価格は特に機種変更とMNPで3キャリア全てが安くなっており、どのような契約方法においてもiPhone 7はおろかAndroidのスマートフォンなんかよりも安く購入できるチャンスが生まれています。 iPhone 7では高いと感じていた人でもiPhone 6sならばこの値下げで購入しやすくなっているので、安いスマホの契約を目指しているようならばぜひこちらも候補に入れてみるといいでしょう。 今回は各キャリアの値下げ情報をまとめてみようと思います。 なお機種変更とMNPという契約種別で分けています。 機種変更の値下げ情報 docomo まずはdocomoのiPhone 6s値下げ情報についてです。 docomoのiPhone 6sは今回の値下げによって機種変更での契約が非常にしやすくなっています。 今機種変更で安いスマホが欲しいならばこのiPhone 6sが一番良い契約になっています。 価格・値段 実際にそのiPhone 6sの値段と実質価格について確認してみましょう。 実質価格ではiPhone 6s 16GBが10368円というdocomoのスマホの中では「格安」な値段で販売され始めています。 docomo機種変更 実質価格 iPhone 6s 16GB 10368円 iPhone 6s 64GB 15552円 iPhone 6s 128GB 27864円 特に安いのがiPhone 6s 64GBの実質価格です。 こちら15552円で契約できるようになっていますが、これまでこの安さで機種変更出来たdocomoスマホというのは非常に少なく、しかも性能が安定しているスマホとなると更に少ないぐらいの希少な「安くて高性能」な契約内容です。 この価格帯で機種変更できるスマホとしては破格の性能ですし、将来的なリセールバリューの高さも含めて考えるとあまりにもお買い得すぎてズバリ「買い」な契約であることは間違いありません。 iPhoneにそこまで興味やこだわりが無かった人でも、この安さならば価格重視に機種変更して後悔しないスマホですので、購入を強くお勧めします。 こちらの価格は期間限定かつドコモオンラインショップ限定の値段と今のところなっています。 投げ売り価格となったことで既に一度在庫が掃けてしまった経緯があるので、なるべく手に入りやすい内に契約するようにしましょう。 このdocomoのiPhone 6sの値下げは多くの人にオススメな価格・性能です。 au auでもiPhone 6s機種変更の値下げを行っています。 ただお得さを感じる先ほどのdocomo、そしてこれから紹介するSoftBankと比べると、auの値下げはインパクトが薄すぎるのが正直な感想です。 値下げされたからと言ってあえてiPhone 6sを購入する必要性はあまり感じません。 というのも元々auのiPhone 6sの設定価格が高かったことと、今回値下げと同時に発売されたiPhone 7の価格が安いこともあって、auではあえてiPhone 6sを契約する意味がありません。 価格・値段 その実質価格をiPhone 7と比較してみましょう。 流石にそれ以降はiPhone 6sのほうが安くはありますがそれでも大きすぎる差もなく、auに限ってはiPhone 6sよりも新しいiPhone 7へと機種変更したほうが確実にお得で満足感も高いでしょう。 機種変更では1万円台ではないものの2万円台から契約できるiPhone 7のほうがauでは無難かつオススメです。 SoftBank 続いてSoftBankのiPhone 6s値下げ情報を。 SoftBankのiPhone 6sはdocomoに近い値下げ幅となっており、いずれのモデルも非常に安くて契約しやすい価格になっています。 特に16GBモデルはSoftBankのスマホ販売価格の中でも最安値となっており、機種変更をしようとしていた人に本当にお得な内容となっています。 価格・値段 SoftBankのiPhone 6sの価格は次の通り。 SoftBank 機種変更 実質価格 iPhone 6s 16GB 10800円 iPhone 6s 64GB 21600円 iPhone 6s 128GB 27000円 16GBが10800円と安く、128GBでも27000円というのはかなり良心的な価格設定です。 16GBならばSoftBankのスマホ実質価格では最安値ですから、安いスマホへ機種変更したいと考えていた人に価格・性能共にピッタリの機種になるでしょう。 こちらもdocomoと同じように「安くて高性能」な機種変更案件となるため、是非ともSoftBankユーザーの機種変更検討組は契約してほしいお得な案件です。 性能比でコストパフォーマンスがここまで良い契約というのも中々ありませんから、在庫がある内に狙いましょう。 なおSoftBankユーザーの場合であれば、MNP引きとめポイントやDMで届いたハガキのQRコード読み取りで15000~30000ポイントをゲットできる可能性があるため、こちらを利用すれば更に安く契約することが可能になってきます。 ポイント次第では恐ろしい安さで機種変更することが可能ですので、引きとめポイントのチャレンジや届いたハガキやチラシの再確認をしておきましょう。 機種変更なら各キャリア公式のオンラインショップで なお機種変更をより安くしたいのならばオンラインショップで行うことが必須です。 詳しい内容は次のドコモオンラインショップについての記事で確認してほしいですが、要は機種変更はケータイショップに利益がないために頭金などで契約料金が高くなってしまいます。 せっかくiPhone6sがここまで安くなっているのに、頭金などのショップの利益のためだけに用意された支払いをしてしまうのは勿体無さすぎます。 オンラインショップではキャリア公式だけあって頭金やオプションは無く、docomoに至っては事務手数料も特別措置で無料となっています。 安いiPhone6sを安いままに契約することの出来る方法がオンラインショップでの機種変更なので、こちらは絶対に使っておくべきです。 なおこの後のMNPになるとオンラインショップよりも代理店運営するケータイショップのほうがお得になりがちです。 MNPの値下げ情報 docomo 続いてはMNPでのiPhone6s値下げについてその詳細をお届けしたいと思います。 まずはdocomoからです。 それによってこの価格が大幅に値下げされているので、契約のしやすさが上がっています。 しかし端末購入サポート契約、というよりも今回全てのキャリアのMNP値下げに同じことがいえるのですが、普通のMNPとは違う注意点がいくつかあります。 そちらをしっかりと確認した上で契約をしないと、今回のMNP値下げの契約で思わぬ損をしてしまうかもしれません。 端末購入サポートは月々サポートが0円になり、14ヶ月の端末購入サポート解約金の縛りが付けられてしまいます。 一括では安いのですが、月々サポートが0円のために維持費はちょっと高めです。 そしてMNP契約をしてから14ヶ月は解約金とは違う「端末購入サポート解除料」という縛りが2重に発生して、この縛りがある期間の内に「解約」や「機種変更」をしてしまうと高額な解除料が発生してしまいます。 そのためdocomoへMNPしたら14ヶ月は継続して使わないと10260円の解約金の他に高額な解約金が取られてしまうということになります。 以上のことを踏まえて価格とその解除料金をまとめてみました。 docomo MNP 一括価格 購入サポート解除料 iPhone 6s 16GB 10368円 38880円 iPhone 6s 64GB 10368円 42120円 iPhone 6s 128GB 22680円 35964円 一括では10368円と割安な価格で購入できますが、その一方で継続して使わないと高額な解約金を支払う羽目になってしまいます。 安いことは安いですが、注意点が必要な契約です。 なおdocomoの場合はオンラインショップとケータイショップの価格差があまりありません。 auやSoftBankは一括0円にしてキャッシュバックで契約できるようになっているため、オンラインショップよりもケータイショップでMNPしたほうがお得なのですが、docomoはMNPの割引を極限までしない方針にして機種変更などに満遍なく安い機種を売っているので、あっても一括0円ぐらいです。 しかもその一括0円がオプション込みでの契約が条件になるため、場合によってはオンラインショップで何も条件なしに契約したほうが安くつく可能性もあります。 ケータイショップの条件や価格と比較した上でMNP契約を実施するようにしたほうがいいでしょう。 au 続いてはauの値下げです。 auはMNPau購入サポートというサービスの対象になったことで、iPhone6sの16GBのみがMNP一括契約で安くなっています。 そのほかの64GBや128GBはサービスの対象外で、実質では安いものの一括では高いままです。 MNPau購入サポートも端末購入サポートと同じように条件として毎月割と13ヶ月間の購入サポート解約金の縛りが発生してしまいます。 そちらを踏まえたiPhone6s 16GへのMNP価格と解除料金はこちらです。 au MNP 一括価格 購入サポート解除料 iPhone 6s 16GB 10800円 20000円~ 解除料金は20000円ではあるものの、毎月解除料が減額されていって12ヶ月目には13000円ほど、13ヶ月目に0円になるという仕組みになっています。 端末価格は一括10800円ですが、併売店や家電量販店を中心にしたケータイショップでは一括0円が基本形になることは間違いなく、キャッシュバックも2万円ぐらい付いてくるのも珍しくない状況になっています。 機種変更ならauオンラインショップが無難ですが、MNPならこうしたケータイショップを利用すると非常に安く契約することが可能です。 キャッシュバック込みだと毎月割がなくても結果として安く運用できるので問題はないはずです。 16GBのみという点が残念ですが、13ヶ月縛りの契約解除料も少なくて良いので、割と気軽に契約しても良い内容かと思います。 SoftBank SoftBankのMNP値下げは3つのキャリアの中でも最も値下げ幅の強い割引になっています。 128GBでも一括2万円を超えない価格になっているので、その価格自体は非常に契約しやすいです。 しかしこちらも月月割は0円になって通信料割引は皆無、そして一括購入を可能にしている一括購入割引という縛りがSoftBankのみ24ヶ月と非常に長い期間に設定されているので注意が必要です。 他のキャリアが約1年間の追加縛りだったのに対して、SoftBankは2年と非常に長いですから、より契約には慎重にならないといけません。 特にケータイショップでは2万円、3万円を超えるキャッシュバックが付いてくるので、お得な契約に思えてしまいますが、2年間解約やMNPが出来なくなってしまうことを考えると、新しいスマホがすぐに欲しくなってしまう性格の人なんかにはオススメ出来ない契約になります。 そして一括購入割引は縛りが長いだけでなく、解約金も高額に設定されているので本当に先を見据えた上で契約の予定を立てないと失敗してしまう可能性もあります。 SoftBank MNP 一括価格 一括購入割引解除料 iPhone 6s 16GB 10800円 46575円~ iPhone 6s 64GB 10800円 56925円~ iPhone 6s 128GB 16200円 67275円~ ご覧のようにiPhone6sの16GBでも4万円台の解約金、128GBだと6万円台の解約金です。 幸いなのは毎月使っていれば強めの減額が解約金にかかってくることですが、それでも18ヶ月目ぐらいまでは負担の非常に大きい契約解除料になります。 SoftBankのMNP契約は、ケータイショップなんかでは一括0円とキャッシュバックが当たり前の組み合わせなので、そちらをうまく活用することでこの契約解除料高さや機関の長さのデメリットを克服してください。 なお個人的にオススメなのはおとくケータイ. netです。 こちらだと本格的な契約を前にメールで条件の確認が出来るため、不要なオプション契約などを付けられる心配がありません。 メールで内容を確認してから契約をじっくりと確認することが出来るので、納得いく契約をすることが出来ます。 キャッシュバックも3万円前後貰える可能性もあるので、メールフォームから欲しい機種とキャッシュバックがいくら貰えるかを問い合わせてみると良いでしょう。 下手なケータイショップよりも好条件で契約することも可能です。 iPhone 6sの値下げはdocomoとSoftBankが特に激しい 以上iPhone 6sの値下げ情報を機種変更とMNPでそれぞれまとめてみました。 こちらを見る限り機種変更もMNPもどちらもdocomoとSoftBankがかなりお得な内容での契約をさせてくれるので狙い目です。 特に機種変更ではどちらのキャリアもほぼ最安レベルの機種変更価格で販売をしているので、コスパの良い契約を目指していた人に非常にオススメ出来る機種となっています。 機種変更とMNPで安売りが開始されたので、在庫が今後少なくなっていくことが予想されますので、なるべく早めに契約するようにしましょう。

次の

iPhone 6sが安い!docomo/au/SoftBankで値下がりによって機種変更・MNP価格が0円級に

アイフォン6s mnp

SIMとセットで購入する• 他のキャリアから乗換える• iPhoneを持参してSIMのみ契約する SIMとセットで購入する ワイモバイルでiPhoneを使用するには、まず新規契約と同時に「iPhoneとSIMをセットで購入」する方法があります。 ワイモバイルで購入できるのは「iPhone 6s」と「iPhone 7」があり、データ容量が32GBと128GBの2種類から選ぶことができます。 それぞれの端末代金の販売価格を紹介します。 容量 iPhone 6s 税抜 iPhone 7 税抜 32GB 34,560円 44,640円 128GB 45,000円 55,440円 iPhone端末はワイモバイルの公式オンラインショップ、または最寄りのワイモバイル店舗からの購入が可能です。 この中でも、データ容量が128GBのiPhone 6sとiPhone 7は人気商品となっているので、在庫が切れていないか購入前に確認しておきましょう。 他のキャリアから乗り換える 他のキャリアで利用しているiPhone端末でも、そのままワイモバイルに乗り換えて利用することが可能です。 これまで、期間満了前に大手キャリアから格安SIMに乗り換えると、場合によっては違約金を10,000円以上支払う必要がありました。 しかし、2019年10月より解約金の上限が1,000円以下に引き下げられたことで、期間満了前でも格安SIMに乗り換える人が増えています。 iPhoneを持参してSIMのみ契約する 以前使っていた端末や中古で購入したものなどを持参すると、ワイモバイルのSIMのみ契約することができます。 ただし端末の種類によってはSIMロックを解除する必要があります。 ワイモバイルの料金プラン iPhoneを利用してワイモバイルに加入する場合、どのような料金プランがあるのかを紹介します。 また、ワイモバイルでiPhone端末を購入すると、毎月どれくらいの料金がかかるのか、オプションで加入できるサービスや、新規割引期間の注意事項についても詳しく解説します。 基本となる料金プランは3つ ワイモバイルの基本料金プランには、3GBのスマホプランS・9GBのスマホプランM・14GBのスマホプランRの3種類があります。 次に、それぞれの料金プランについてまとめました。 プラン名 スマホプランS 3GB スマホプランM 9GB スマホプランR 14GB 基本使用料 月額 2,680円 3,680円 4,680円 新規割 6ヶ月 1,980円 2,980円 3,980円 おうち割光セットもしくは家族割サービス適用 1,480円 2,480円 3,480円 どのプランを選択しても、ワイモバイルでは新規加入の翌月から6ヶ月間、月額基本使用料が700円割引となります。 このほか、自宅のインターネットとワイモバイルがセットで加入できる「おうち割」や、家族で加入する「家族割」を利用すると、さらに500円割引になります。 手続きには家族書類確認が必要です。 iPhoneをセット購入した場合の料金 ワイモバイルで販売されているiPhone端末とセットで購入した場合、端末料金が通常価格より安くなるほか、月々の料金と一緒に支払うことが可能です。 ここでは、iPhone 6sまたはiPhone 7をセット購入した場合の月額料金や、それぞれの特徴について詳しく解説します。 iPhone 6sの場合 2015年に登場し、4. 7インチの小型ディスプレイが搭載されたiPhone 6sは、4K動画が撮影できるタイプのスマートホンです。 Phone 6s端末をワイモバイルショップから36回払いでセット購入し、スマホベーシックプランSに加入した場合、月々の料金は次の通りです。 iPhone 6sはCPUやメモリの性能が高いので、動作のもたつきなどはありませんが、防水対応ではないので水気の多い場所で使用する際は注意しましょう。 iPhone 7の場合 2016年9月に発売が開始され、iPhoneシリーズで初めて防水性能への対応や、広角カメラ・望遠カメラ2基が搭載されたデュアルカメラ仕様となっています。 iPhone 7端末をワイモバイルショップから36回払いでセット購入し、スマホベーシックプランSに加入した場合の月々の料金を紹介します。 iPhone 7シリーズではイヤホンジャック端子が廃止されています。 オプションの故障安心パックプラスは後から加入できない。 次に故障安心パックプラスの保証内容について、以下にまとめました。 外装が破損した場合、新品同様の機種と7,500円~交換可能• 盗難・紛失補償サービスとして、同一機種が会員価格で購入できる• セキュリティトラブル補償として、ウィルス駆除にかかった費用を5,000円まで負担してもらえる• 水漏れおよび故障時に、メールなどのデータ復旧が無料になる このほかにも「破損補償サービス」「水漏れ・全損補償サービス」「故障補償サービス」がありますが、iPhoneには対応していません。 ただし、故障安心パックプラスは後からの加入ができません。 割引期間の把握をしておこう ワイモバイルに新規契約すると「新規割」の割引サービスが適用され、契約した翌月から月額基本使用料が700円割引きになるほか、データ増量オプション 月額500円 が無料となります。 ただし、新規割サービスは6ヶ月、データ増量オプション無料は1年間と期限が決まっているため、期間が経過するとこれらのサービスを受けることができません。 ワイモバイルはどこで申し込めるのか ワイモバイルは全国に約4,000店舗あります。 インターネットで検索すれば、最寄りのワイモバイルショップがすぐに見つかるでしょう。 また、店舗に出かける時間がない場合や、店頭でスタッフと会話するのが苦手だという人はオンラインストアから申し込むことも可能です。 ワイモバイルショップや取扱店で申し込む 店舗に行ってスタッフの説明を聞きながら、機種やプランをじっくり選びたいという人は、ワイモバイルショップや取扱店を利用しましょう。 まずは店舗検索で、お住まいの近くのショップに来店予約をすれば、手続きがスムーズです。 来店予約をしない場合、状況によっては長時間待つことになるかもしれません。 土日や祝日または夕方17時以降は混雑が予想されるので、できれば避けたほうがよいでしょう。 オンラインストアから申し込む 仕事などの都合で店舗からの申し込みが難しいのであれば、オンラインストアを利用して申し込むのがおすすめです。 ここでは、オンラインストアを利用した場合のメリットやデメリットについて詳しく解説します。 オンラインストアはメリットがいっぱい• 事務手数料が0円• 24時間申込が可能• オンラインストア限定のキャンペーンを開催 店舗に行って契約した場合、事務手数料として3,000円がかかりますが、オンラインストアなら事務手数料がかかりません。 店舗契約では予約をせずに申し込んだ場合、長時間待たされることがありますが、オンラインストアは24時間いつでも申し込みが可能で、しかも送料が無料です。 また、一部の店舗では加入特典としてオプションを勧められることもありますが、オンラインストアでは自ら判断して契約したり購入したりするので、余計なオプションを付けられずに済みます。 このほか、オンラインストア限定のキャンペーンとして、タイムセールが開催されていることもあります。 期間中は割引やポイント還元などの特典があるので、オンラインから申し込みの際はチェックしておきましょう。 デメリットは支払い方法とタイムラグ程度 オンラインストアでは支払い方法がクレジットカードのみとなっているため、口座振替を希望する場合は、店頭で申し込む必要があります。 また、スマホを注文すると当日中に発送されますが、最短でも翌日到着となってしまうため、若干のタイムラグが生じることから「その日のうちに受け取りたい」という人にはおすすめできません。 もしも、当日受け取りを希望するのであれば、オンラインストアではなく店舗で購入したほうがよいでしょう。 ワイモバイルの契約で必要なもの ワイモバイルで契約する際、必要書類を準備しておきましょう。 まずは契約の際に必要なものについて、以下にまとめました。 運転免許証や保険証など、本人確認ができる書類• 本人名義のクレジットカードまたはキャッシュカード• 事務手数料• 他社からの乗り換えの場合、MNP予約番号• 利用中のスマホ端末など 事務手数料には契約・機種・電話番号変更手数料などがあります。 また、店舗によっては頭金として現金が必要になることもあるので、契約前に準備しておいたほうがよいでしょう。 乗り換えではMNP予約番号が必要となる MNP予約番号とは、携帯電話ポータビリティと呼ばれる「10ケタの番号」のことで、乗り換えをするときには必要です。 そのため、他社からワイモバイルに乗り換える際には、MNP予約番号を発行してもらわなければなりません。 MNP予約番号を取得するには手数料がかかるほか、取得日を含めて15日間という有効期間があります。 有効期限が過ぎると取得したMNP予約番号は無効になりますが、再発行の手数料はかかりません。 オンラインストアはクレジットカードが必須 オンラインストアで新規登録や乗り換え、機種変更などの契約を行った場合、支払い方法はクレジットカードのみとなっています。 また、口座振替による引き落としやデビットカードも利用できません。 ただし、契約者本人とクレジットカードの名義が同じである必要はないので、家族名義のクレジットカードで支払うことは可能です。 もしも、クレジットカードを用意できなかったり、利用するのに抵抗があったりする場合は、店頭での契約を考えておくとよいでしょう。 端末を持ち込んで契約するときの確認事項• 持ち込みの端末はSIMロック解除が必要• 契約後はAPNの設定が必要 ので詳しく解説します。 また、SIMロック解除を行う際の注意点や、APNの設定方法についても合わせて見ていきましょう。 持ち込みの端末はSIMロック解除が必要 他のキャリアで利用していたiPhone端末をワイモバイルで使用する場合、SIMロック解除を行う必要があります。 契約しているキャリアによって、SIMロック解除の手続き方法は異なりますので、各キャリアのホームページから確認してみましょう。 SIMロック解除とは SIMロック解除とは自分が持っているスマホを、格安SIMで使えるようにするために、制限を解除する作業のことです。 Appleストアで購入したiPhone端末などは、SIMロックが解除された状態「SIMフリー」で販売されているため、自分で通信事業者を自由に選ぶことが可能です。 しかし、大手キャリアで購入したスマホ端末は、すべてSIMロックされているため、他のキャリアや格安SIMに乗り換える場合はSIM解除をしなければなりません。 また、SIMロックが解除されていないスマホ端末では、他の通信事業者とは原則契約できないので、各キャリアからSIMロック解除の手続きを行う必要があります。 SIMロック解除はインターネットか店舗で行えますが、店舗の場合は手数料がかかりますので、無料で解除できるインターネットを利用して手続きを行いましょう。 解除方法は各キャリアで確認しよう ワイモバイルで契約する際に、自分で用意したiPhone端末がSIMロックされている状態なら、先に解除を行う必要があります。 まず、各キャリアのホームページから、SIMロック解除の手続き方法について確認しましょう。 もしも、自分でSIMロック解除を行う場合は「IMEI番号」という端末の識別番号が必要です。 iPhone端末でIMEI番号を調べるには、まず設定アプリをタップして「一般」を選択します。 次に、一般設定画面から「情報」をタップすればIMEI番号が確認できます。 また、SIMロック解除は契約満了月でなければ違約金が発生したり、手数料が発生する可能性があります。 契約後はAPNの設定が必要 ワイモバイルにiPhone端末を持ち込み、無事契約が完了したら、通信サービスを利用するためにはAPNの設定を行う必要があります。 ここでは、APNの設定の意味や設定方法について詳しく解説していきます。 APNの設定とは APNの設定とは「アクセスポイントネーム」の略で、契約したプロバイダのサーバーとつなぐために必要な設定です。 ワイモバイルへの乗り換えや他社からの持ち込みによるiPhone端末は、APNの設定を行わなければ通信サービスが利用できません。 そのため、ワイモバイルで契約手続きが完了したら、まずはAPNの設定を行いましょう。 APNの設定方法 iPhone端末の。 ワイモバイル公式ページにアクセスしたら、構成プロファイルをインストールしましょう。 続いてパスコードを求められたら、画面に従いパスコードを入力します。 次にインストールをタップし、完了ボタンを押してください。 最後にWiFiをオフにして、表示が「4G」に切り替わっていれば、APNの設定を正常に完了したことが確認できます。 iPhoneはワイモバイルがお得?他社と料金を比較 ワイモバイル以外にも様々な格安キャリアがありますが、他の格安キャリアと端末料金を比較した場合、どのような違いがあるのか見ていきましょう。 4社料金比較 ここでは、ワイモバイルで取り扱いのあるiPhone端末のうち、iPhone 7の32GBを購入した場合の端末代や、24回払いの分割金はいくらになるのか調べてみました。 ワイモバイル UQモバイル BIGLOBE OCNモバイルONE 端末代 30,240円 25,344円 56,400円 50,800円 端末代の分割金 24回払い) 1,260円 1,056円 2,350円 2,120円 分割支払金割引 14,400円 ー 14,500円 ー ワイモバイルは他の格安SIMと比較しても、端末料金や毎月の分割払いが安いほうなので、購入を視野に入れてみてもよいかもしれません。 ただし、格安SIMの月額料金は利用するプランによって異なりますので、各社のホームページまたは電話から問い合わせましょう。 ワイモバイルは他と比べてどのような特徴がある? 大手キャリアや格安SIMと比べて、ワイモバイルは通信品質のよさや、テザリングを無料で使えるなど様々な特徴があります。 タイトル• 通信品質がよい• デザリングが無料• 国内通話が10分以内は無料• キャリアメールが使用可能 通信品質がよい 格安SIMの料金が安い理由は、大手キャリアの回線を借りてサービスを提供していることがあげられます。 そのため、大手キャリアに比べてデータ通信の速度が遅かったりする可能性もあります。 これに対し、ワイモバイルは他の格安SIMとは異なり、自社回線としてソフトバンクの高品質な回線をそのまま使っているため、混雑時でもデータ通信速度が比較的安定しています。 また、大手3キャリアを含めたスマホ満足度調査 サービス産業生産性協議会JCSI調査 では、2017年~2019年の3年連続でワイモバイルが顧客満足度1位を獲得しました。 しかも、安定した通信サービスに加え、大手キャリアよりも月額料金が安くなることを考慮すると、人気があるのも納得です。 テザリングが無料 テザリングを利用すれば、WiFi対応のパソコンやゲーム機器をインターネットに接続が可能です。 しかも、ワイモバイルならテザリングの利用料金がかかりません。 また、外出先では無料WiFiスポットを利用すれば、パソコンからインターネットに接続できますが、時間帯によっては回線が混雑して通信が繋がりにくいことがあります。 この場合、テザリング機能を使えば通信速度が速い「LTE回線」を経由するので、快適にインターネットを楽しめるでしょう。 もしも、カフェなどで「インターネットが繋がりにくいな」と感じたら、一度テザリングを試してみましょう。 テザリングの使用方法 テザリングに対応しているiPhone端末は、次のようになります。 SIMフリーのiPhone・・・iPhone 5s~• SIMロックを解除したiPhone ・・・iPhone 6s~ WiFiテザリングの方法についてiPhone 7を例にして紹介します。 このほか、BluetoothやUSBを経由してもテザリングが可能です。 国内通話が10分以内は無料 ワイモバイルでは国内の通話料が1回10分以内なら、無料で利用できます。 10分を経過した場合、30秒ごとに20円の料金が発生してしまいます。 ただし、10分以上通話する場合は、料金が発生する前に一度電話を切って、再度かけ直せば料金はかかりません。 通話中に時間を気にするのを忘れてしまったり、固定電話や取引先などに連絡したりする機会が多いのであれば、オプションサービスの「スーパーだれとでも定額」への加入がおすすめです。 月額料金1,000円で、完全かけ放題のオプションサービスです。 公式ホームページにログインして、通話料無料の自動音声応答サービスから申し込むことができます。 キャリアメールが使用可能 格安SIMの多くはキャリアメールを使用できませんが、ワイモバイルはソフトバンクのセカンドキャリアとしての位置付けにあることから、キャリアメールの利用が可能です。 キャリアメールとは、ドコモなら「@docomo. jp」、auなら「 au. com/ ezweb. jp」といった、各キャリアが管理しているメールアドレスのことをいいます。 たとえば、ワイモバイルのメールアドレスは「 ymobile. jp」ですが、このほかにもYahooが提供している「 yahoo. jp」も使用できます。

次の

ワイモバイル(Y!mobile)で他社で買ったiPhone6/6s/6s plusを使う方法早わかり!

アイフォン6s mnp

目 次• 1ドコモ・au・ソフトバンクのiPhone料金プラン比較 せっかくiPhoneに乗り換えるなら、月額料金も安いに越したことはありませんよね。 そこで、まずは各社の料金プランを比較していきましょう。 2020年現在の料金プランは• 決まったデータ量でいくら通信をしても金額は変わらない定額制プラン• 使ったデータ量で金額が変わる段階性プラン になっています。 では3キャリアのプランをまとめた表をお見せいたしましょう。 キャンペーンで2年間5G使用料1000円が無料。 ミニフィットプラン (段階制) 3,980円 ~1GB 5,980円 ~2GB 7,480円 ~5GB 簡単にiPhoneで使える料金プランの解説をしていきます。 ギガライトは以下のように変わります。 ~1GB 2980円• ~3GB 3980円• ~5GB 4980円• ~7GB 5980円 次はauです。 「データMAX 4G LTE」と「ピタットプラン 4G LTE」です。 「データMAX 4G LTE」は月7480円でなんとデータ量は無制限。 さらに、動画見放題のサービス「Netflix」が含まれる「データMAX 4G LTE Netflixパック」もあります。 「データMAX 4G LTE Netflixパック」は月8480円でデータ無制限のプランです。 もうひとつの「ピタットプラン 4G LTE」は利用したデータ量で料金が変わるプラン。 料金は以下のように変わります。 ~1GB 2980円• ~4GB 4480円• ~7GB 5980円 ギガをかなり使う方には「データMAX 4G LTE」。 あまりギガを使わない人は「ピタットプラン 4G LTE」がおすすめです。 「メリハリプラン」は 7480円で50GB使えるプラン。 特徴としては2つです。 動画SNS放題で動画やSNSでギガは使わない。 データ量を2GBに抑えれば月1500円引きに。 動画SNS放題の対象サービスは以下の通り。 さらに料金について詳しく知りたい方はこちらから。 関連記事 『』 2iPhoneのMNPキャンペーン(下取りプログラム)比較 続いて、各キャリアで開催されているiPhoneに乗り換え(MNP)したときに利用できるキャンペーン「下取りプログラム」をご紹介いたします。 「下取りプログラム」とは現在使っている機種をキャリアで買取してもらい、新しく購入する機種の値引きをするキャンペーン。 まずはdocomoの下取りプログラムの内容をお伝えしていきましょう。 ドコモの下取りプログラム docomoの下取りプログラムの条件は• 下取り機種が正規店で購入された機種である事• 下取り機種の判別ができること• 下取り機種のデータが消去されていること• 改造していないこと• ロック解除できること 上記の5つとなっております。 さらに画面割れや機能不良がある場合は下取り価格が減額されるので注意です。 下取り対象機種 良品 画面割れ品 機能不良品 iPhone XS (64GB) 37,200円 11,200円 3,800円 iPhone XS (256GB) 42,500円 12,800円 4,800円 iPhone XS (512GB) 46,600円 14,000円 5,200円 iPhone XS Max (64GB) 48,800円 14,000円 5,200円 iPhone XS Max (256GB) 54,500円 16,400円 5,600円 iPhone XS Max (512GB) 58,800円 17,600円 6,000円 iPhone XR (64GB) 32,700円 9,800円 2,400円 iPhone XR (128GB) 35,300円 10,600円 3,000円 iPhone XR (256GB) 38,900円 11,700円 3,800円 iPhone X (64GB) 28,900円 8,700円 3,000円 iPhone X (256GB) 32,400円 9,700円 3,400円 iPhone 8 Plus (64GB) 25,700円 7,700円 1,800円 iPhone 8 Plus (256GB) 29,600円 8,900円 2,000円 iPhone 8 (64GB) 15,600円 4,700円 300円 iPhone 8 (256GB) 20,700円 6,200円 500円 iPhone 7 Plus (32GB) 14,300円 4,300円 700円 iPhone 7 Plus (128GB) 15,300円 4,600円 900円 iPhone 7 Plus (256GB) 17,400円 5,200円 900円 iPhone 7 (32GB) 28,900円 8,700円 3,000円 iPhone 7 (128GB) 11,200円 3,400円 100円 iPhone 7 (256GB) 13,800円 4,100円 200円 iPhone 6s Plus (16GB) 8,900円 2,700円 200円 iPhone 6s Plus (32GB) 10,200円 3,100円 200円 iPhone 6s Plus (64GB) 11,700円 3,500円 200円 iPhone 6s Plus (128GB) 13,200円 4,000円 200円 iPhone 6s (16GB) 4,800円 1,400円 100円 iPhone 6s (32GB) 6,000円 1,800円 100円 iPhone 6s (64GB) 7,100円 2,100円 100円 iPhone 6s (128GB) 8,100円 2,400円 200円 iPhone 6 Plus (16GB) 4,800円 1,400円 100円 iPhone 6 Plus (64GB) 6,600円 2,000円 100円 iPhone 6 Plus (128GB) 7,600円 2,300円 100円 iPhone 6 (16GB) 1,900円 600円 100円 iPhone 6 (64GB) 3,100円 900円 100円 iPhone 6 (128GB) 4,100円 600円 100円 iPhone SE (16GB) 3,600円 1,100円 100円 iPhone SE (32GB) 5,000円 1,500円 100円 iPhone SE (64GB) 6,100円 1,800円 100円 iPhone SE (128GB) 7,400円 2,200円 100円 androidの下取り金額はお問い合わせください。 次はauです。 auの下取りプログラム auの下取り条件ですが• 他社から乗り換えと同時に機種を購入• 下取り機種が故障、水濡れなどがなく正常に動作すること• 下取り機種のデータが消去されていること• 改造していないこと• ロック解除できること の5つです。 対象機種は以下の通り。 下取り対象機種 通常品 画面割れ品 iPhone XS (64GB) 36,300円 10,450円 iPhone XS (256GB) 42,900円 12,650円 iPhone XS (512GB) 45,650円 13,200円 iPhone XS Max (64GB) 45,650円 13,200円 iPhone XS Max (256GB) 53,350円 15,950円 iPhone XS Max (512GB) 58,300円 17,050円 iPhone XR (64GB) 30,800円 8,800円 iPhone XR (128GB) 36,300円 10,450円 iPhone XR (256GB) 38,500円 11,550円 iPhone X (64GB) 29,700円 8,800円 iPhone X (256GB) 34,100円 9,900円 iPhone 8 Plus (64GB) 24,200円 7,150円 iPhone 8 Plus (256GB) 28,050円 8,250円 iPhone 8 (64GB) 15,400円 4,400円 iPhone 8 (256GB) 23,100円 6,600円 iPhone 7 Plus (32GB) 16,500円 4,950円 iPhone 7 Plus (128GB) 18,700円 5,500円 iPhone 7 Plus (256GB) 22,000円 6,600円 iPhone 7 (32GB) 9,350円 2,750円 iPhone 7 (128GB) 11,550円 3,300円 iPhone 7 (256GB) 13,750円 3,850円 iPhone 6s Plus (16GB) 8,250円 2,200円 iPhone 6s Plus (32GB) 9,900円 2,750円 iPhone 6s Plus (64GB) 10,450円 2,750円 iPhone 6s Plus (128GB) 13,200円 3,850円 iPhone 6s (16GB) 4,950円 1,100円 iPhone 6s (32GB) 6,050円 1,650円 iPhone 6s (64GB) 7,150円 1,650円 iPhone 6s (128GB) 7,700円 2,200円 iPhone 6 Plus (16GB) 4,950円 1,100円 iPhone 6 Plus (64GB) 6,600円 1,650円 iPhone 6 Plus (128GB) 7,700円 2,200円 iPhone 6 (16GB) 3,300円 550円 iPhone 6 (64GB) 3,850円 1,100円 iPhone 6 (128GB) 4,400円 1,100円 iPhone SE (16GB) 3,300円 550円 iPhone SE (32GB) 3,850円 1,100円 iPhone SE (64GB) 4,400円 1,100円 iPhone SE (128GB) 4,950円 1,100円 次はソフトバンクです。 ソフトバンクの下取りプログラム ソフトバンクの下取り額は「本体値引き」か「PayPay(ペイペイ)還元」か選べます。 下取り条件としては• 他社から乗り換えと同時に機種を購入• PayPayボーナスを選択する場合はPayPayアカウントの登録が必要• 下取り機種が故障、水濡れなどがなく正常に動作すること• 下取り機種のデータが消去されていること• 改造していないこと• ロック解除できること 金額の『()』表記が購入機種代金値引です。 本体名 正常品 破損品 iPhone XS Max 40,800円(40,320円) 12,240円(12,240円) iPhone XS 34,800円(34,560円) 10,440円(10,080円) iPhone XR 28,800円(28,800円) 8,640円(8,640円) iPhone X 24,000円(23,760円) 7,200円(7,200円) iPhone 8 Plus 19,200円(18,720円) 5,760円(5,760円) iPhone 8 14,400円(14,400円) 4,320円(4,320円) iPhone 7 Plus 14,400円(14,400円) 4,320円(4,320円) iPhone 7 9,600円(9,360円) 2,880円(2,880円) iPhone 6s Plus 7,200円(7,200円) 2,160円(2,160円) iPhone 6s 4,800円(4,320円) 1,440円(1,440円) iPhone 6 Plus 4,800円(4,320円) 1,440円(1,440円) iPhone 6 3,600円(2,160円) 1,080円(720円) 以上、一部機種になりますが、Android端末に関しては各社の公式ホームページでご確認をお願いいたします。 3まとめ iPhoneに乗り換え(MNP)したときの、各キャリアの料金プランおよび下取り価格をご紹介いたしました。 各キャリアでは、それぞれ独自の料金プランを提供しているので、ご自分の 利用状況などを考慮してMNP先を選ぶ必要があります。 また、下取りプログラムについても、機種によって下取り価格が異なるので、利用している機種で比較してみると良いでしょう。 ソフトバンクで乗り換えるなら現金キャッシュバックがあるモバシティへ ソフトバンクで乗り換えをするならWEB代理店がおすすめです。 モバシティなら 現金キャッシュバックがもらえますし以下のメリットがあります。 ソフトバンクの公式代理店• メールや電話だけで手続きが完結する• 待ち時間なし• 余計なオプションなし•

次の