名古屋 市 教育 委員 会。 北名古屋市

名古屋市教育会とは

名古屋 市 教育 委員 会

相生市教育員会の概要 教育委員会とは 教育委員会は、「地方教育行政の組織及び運営に関する法律」の定めより教育に関する事務を処理するため、市町村等に設置される合議制の執行機関です。 市長が議会の同意を得て任命した教育長と委員4人で構成されており、学校教育、社会教育、文化財、スポーツの振興等に関する教育行政の基本方針や計画を審議・決定しています。 教育長 教育長は、市長の被選挙権を有し、人格が高潔で、教育行政に関して識見を有する方のうちから、市議会の同意を得て市長より任命されます。 任期は3年です。 (再任されることがあります。 ) 委員 委員は市長の被選挙権を有し、人格が高潔で、教育、学術及び文化に関して識見を有する方のうちから、市議会の同意を得て市長により任命されます。 任期は4年です。 (再任されることがあります。 ) 教育委員名簿 役職名 氏名 生年月日 任期 教育長 浅井 昌平 (あさい しょうへい) 昭和30.1.13 平成30.10.11~令和3.10.10 教育長職務代理者 萩原 喜樹 (はぎわら よしき) 昭和30.11.16 平成28.10.4~令和2.10.3 委員 小西 毅 (こにし つよし) 昭和47.9.22 令和1.12.23~令和5.12.22 委員 栗原 英子 (くりはら えいこ) 昭和30.3.28 平成29.12.24~令和3.12.23 委員 西田 香子 (にしだ きょうこ) 昭和30.1.29 平成28.10.4~令和2.10.3 就学支援事業について 学校・民生児童委員・教育委員会の連携のもと、経済的理由により、就学困難であると認められる小学生及び中学生の保護者に対して、等しく教育を受ける機会を与えるため、以下のとおり就学に係る費用の援助を行っています。 援助を希望される場合は、各学校又は教育委員会管理課までお問い合わせください。 令和2年度支給項目と支給額(年額) 支給項目 小学校 中学校 学用品費 11,630円 22,730円 通学用品費(第1学年を除く) 2,270円 2,270円 校外活動費(宿泊を伴わないもの) 1,600円 2,310円 校外活動費(宿泊を伴うもの) 3,690円 6,210円 新入学学用品費等 51,060円 60,000円 卒業アルバム代等 11,000円 8,800円 修学旅行費 実額 給食費 実額(平成23年度より無料化) 医療費 実額(トラコーマなどの特定疾病、学校病治療費) 各年度により支給額等の見直しがあり変更となる場合があります。 要保護世帯については、修学旅行費と医療費のみが支給対象となります。

次の

名古屋市教育委員会

名古屋 市 教育 委員 会

相生市教育員会の概要 教育委員会とは 教育委員会は、「地方教育行政の組織及び運営に関する法律」の定めより教育に関する事務を処理するため、市町村等に設置される合議制の執行機関です。 市長が議会の同意を得て任命した教育長と委員4人で構成されており、学校教育、社会教育、文化財、スポーツの振興等に関する教育行政の基本方針や計画を審議・決定しています。 教育長 教育長は、市長の被選挙権を有し、人格が高潔で、教育行政に関して識見を有する方のうちから、市議会の同意を得て市長より任命されます。 任期は3年です。 (再任されることがあります。 ) 委員 委員は市長の被選挙権を有し、人格が高潔で、教育、学術及び文化に関して識見を有する方のうちから、市議会の同意を得て市長により任命されます。 任期は4年です。 (再任されることがあります。 ) 教育委員名簿 役職名 氏名 生年月日 任期 教育長 浅井 昌平 (あさい しょうへい) 昭和30.1.13 平成30.10.11~令和3.10.10 教育長職務代理者 萩原 喜樹 (はぎわら よしき) 昭和30.11.16 平成28.10.4~令和2.10.3 委員 小西 毅 (こにし つよし) 昭和47.9.22 令和1.12.23~令和5.12.22 委員 栗原 英子 (くりはら えいこ) 昭和30.3.28 平成29.12.24~令和3.12.23 委員 西田 香子 (にしだ きょうこ) 昭和30.1.29 平成28.10.4~令和2.10.3 就学支援事業について 学校・民生児童委員・教育委員会の連携のもと、経済的理由により、就学困難であると認められる小学生及び中学生の保護者に対して、等しく教育を受ける機会を与えるため、以下のとおり就学に係る費用の援助を行っています。 援助を希望される場合は、各学校又は教育委員会管理課までお問い合わせください。 令和2年度支給項目と支給額(年額) 支給項目 小学校 中学校 学用品費 11,630円 22,730円 通学用品費(第1学年を除く) 2,270円 2,270円 校外活動費(宿泊を伴わないもの) 1,600円 2,310円 校外活動費(宿泊を伴うもの) 3,690円 6,210円 新入学学用品費等 51,060円 60,000円 卒業アルバム代等 11,000円 8,800円 修学旅行費 実額 給食費 実額(平成23年度より無料化) 医療費 実額(トラコーマなどの特定疾病、学校病治療費) 各年度により支給額等の見直しがあり変更となる場合があります。 要保護世帯については、修学旅行費と医療費のみが支給対象となります。

次の

教育 in 名古屋

名古屋 市 教育 委員 会

概要 [ ] 市独自の組織で、国公立のや、、、のやから、教育会の「年会費」名目で1口100円で4口以上の協力を求めている。 戦前においては、の編纂 、の運営なども行っており、の地域性に依った伝統のある団体である。 沿革 [ ]• (14年) - 内の教育に関することを取り扱う会として 名古屋区教育会が設立される。 (明治21年)5月 - 名古屋市の監督下から離れた私立の教育会としての 名古屋市教育協会と改組される。 (明治32年) - をはじめ、市会議員・・県教育関係者有志により、 中京教育会の設立が図られるが、不成立に終わる。 また、市教育関係者により、これとは別に 金城教育会が成立する。 (明治33年)5月 - 小学校長会において、市が官民合同による教育会を提言する。 1900年(明治33年) - 143番戸において、 名古屋市教育会が創立される。 (明治35年) - 事務所をの分教場内に移転。 (明治36年)度 - 調査を実施する。 (明治38年) - 事務所をの名商分教場に移転。 (明治40年) - 事務所を中区の個人宅に移転。 (元年)10月 - 『名古屋市及附近図』発刊。 (大正2年)2月 - 内市有建物の無償貸与を受け、を開設する。 図書館には教育品常設陳列館を併設した。 1913年(大正2年)5月 - 事務所を中区36番地に移転。 (大正4年)度 - 名古屋地方の遺跡・遺物・肖像画などを収録する『済美帖』を発刊する。 (大正11年)度 - に8630冊の蔵書などを寄付し、名古屋図書館を廃止。 (2年)4月 - 事務所を中区1-35に移転。 (昭和5年) - 事務所を中区の庁舎内に移転• (昭和8年)10月 - 名古屋市役所の新築移転に伴い、事務所を新庁舎内に移転。 (昭和16年)5月 - 事務所を32番地に移転。 (昭和19年) - 教育諸団体と統合し、名古屋市支会となる。 (昭和21年) - 大日本教育会を脱退し、旧名に復す。 (昭和23年) - 新生名古屋市教育会に改組する。 (昭和43年)9月 - 事務所を東区1-7-1の名古屋市教育館分館内に移転。 この節のが望まれています。 歴代会長 [ ]• 初代 - (1900年7月 - 1901年6月)• 2代 - (1901年7月 - 1906年6月)• 3代 - (1906年7月 - 1911年6月)• 4代 - (1911年7月 - 1917年1月)• 5代 - (1917年7月 - 1921年6月)• 6代 - (1921年7月 - 1922年2月)• 7代 - (1922年5月 - 1924年6月)• 8代 - (1924年10月 - 1927年8月)• 9代 - (1927年9月 - 1938年12月)• 10代 - (1939年1月 - 1932年1月6日)• 11代 - (1942年3月 - 1946年11月)• 会長代理 - 富田彦吉(1946年12月 - 1948年3月)• 12代 - 柴山義政(1948年3月 - 1954年4月)• 13代 - 佐藤丈夫(1954年5月 - 1958年4月)• 14代 - 水野鈴一(1958年5月 - 1962年3月)• 15代 - 加藤幸吉(1962年4月 - 1963年3月)• 16代 - 福岡晋作(1963年6月 - 1965年5月)• 17代 - 長谷川三一(1965年6月 - 1970年3月)• 18代 - 山田正保(1970年6月 - ) この節のが望まれています。 問題 [ ] 収入総額が約4千万円にも関わらず、名古屋市立小中学校経験者ら3名いる事務局員のなど事務局費や運営費に約1500万円かかるという。 厳しい経済状況の下、集められた資金が人件費に多く出費されるのは、集められる側に「痛み」の理解ができているのだろうかとの指摘がある。 全市の小学生の希望者1700名に対して、の河和口などで水泳練習会を開催したりすることもあった。 さまざまな地域団体と教員との結びつきもや町単位など様々なチャンネルを通して行われてきた。 教育会で行われているのは、戦後に社会的使命を持っていたとされる事業である。 現在の社会状況に沿って発展的に解消していかないと、自由で活発な教育活動をむしろ阻んでしまい、校長会や校長経験者の天下りと思われ、若い教職員にも理解が得られないのではないかとする声もある。 発行・著作物 [ ] この節のが望まれています。 『最新詳密名古屋市実測全図』名古屋市教育会、名古屋市教育会、1903年6月15日。 『名古屋市及附近図』名古屋市教育会、名古屋市教育会、1907年8月11日。 『名古屋市實測圖』名古屋市教育会、名古屋市教育会、1910年3月16日。 『教育品展覧会報告書』田島竜夫、名古屋市教育会、1911年4月26日。 『済美帖』名古屋市教育会、名古屋市教育会、1915年11月20日。 『御大禮奉祝名古屋市教育品展覽會報告書』名古屋市教育會事務所、1916年3月。 『郷土研究概観 大名古屋』名古屋市教育会、名古屋市教育会、1933年。 『名古屋市戦線銃後美談集 第1輯』名古屋市教育会、、1939年8月。 『名古屋市戦線銃後美談集 第2輯』名古屋市教育会、星野書店、1940年4月23日。 『名古屋市戦線銃後美談集 第3輯』名古屋市教育会、星野書店、1944-0 1943。 脚注 [ ] []• 『七十年の歩み : 創立70周年記念誌』名古屋市教育会、名古屋市教育会、1970年。 『入会のお願い』、名古屋市教育会、2009年• 『名古屋市及附近図』名古屋市教育會、名古屋市教育會。 『最新詳密名古屋市実測全図』名古屋市教育會、名古屋市教育會。 『最新増補名古屋市及附近圖』名古屋市教育會、名古屋市教育會。 , p. , pp. 12-13. 1991年9月25日• 中日新聞. 1934年7月22日• 名古屋市教育會『戦線銃後美談集』名古屋市教育會。 朝日新聞. 2009年10月24日 参考文献 [ ]• 『創立70周年記念誌 七十年の歩み 1970』名古屋市教育会、名古屋市教育会、1970年10月20日。 関連項目 [ ]•

次の