たらい 回し 語源。 剛毅朴訥仁に近し

質問!ITmedia

たらい 回し 語源

状況によって使われる表現や言い方が変わると思いますが 以下の4つの文を例に挙げます。 They kept transferring me around to different departments. They transferred me around to different agents. They gave me the runaround. I got the runaround. まず最初に挙げた二つの例文ですが、 They kept transferring me around to different departments. They transferred me around to different agents. ご質問の説明にあるように 違う人や部署に何度も回された状況を説明しています。 たらい回しという表現を使いたい場合は以下の They gave me the runaround. I got the runaround. が近いかもしれません。

次の

知っているようで知らない。たらい回しの語源を深く解説

たらい 回し 語源

たらいまわしは誰も責任をとらず、その要件を引き受けようとせず次の人又は次の部署にまわすことですね。 政治用語としては少し意味が変わり、政権を他の政党やグループに渡さず、同じ政党やグループ内で順送りする事です。 昔の役所にはインフォメーション(案内、受付)がなかったため、X部門に相談すると、それはA部だと言われA部ではB部、B部ではC部だと言われ、最後はX部に戻って来るようなたらい回しに合うことが多かったのです。 たらい回しの芸は木製の手洗い桶(たらい)を寝転んで両足を直立させて足の裏とつま先で器用にくるくると回転させる芸です。 樽は動いてはいるが一回転すれば元の位置へ戻ります。 その様子が上記のような場面を表現するのにピッタリなので盛んに使用されましたが、肝心のたらいも、たらい回しの芸も消え去った今、このような質問が出ても当然かと思います。 足を洗う、長旅に出る、わらじを履く、しのぎを削るなど江戸時代の習慣に起源を持つ表現(言葉)で意味が分かりにくくなっている言葉はたくさんあります。 投稿日時 - 2002-07-12 19:19:46 ありがとうございます。 やはり、「たらい回し」というのは、同じ物をただグルグル回して、そこには何の変化も無く、元の位置に戻ってきてしまう。 (ただ、ご回答のように「器用さ」は必要ですね)という芸で、会社や役所に電話で問い合わせても、色々な部署に回されて、結局回答がもらえないようなことを、イメージをダブらせて使っているということでしょうか。 政治用語としての「たらい回し」も傍から見れば、変化を求めないと言う意味で同じですね。 (年がばれますね) 投稿日時 - 2002-07-13 07:25:56.

次の

中国人

たらい 回し 語源

1 回すこと。 回転させること。 2 人や物、また物事を、順に移したり送ったりすること。 3 からだに巻いたり、まとい着けたりするもの。 ㋐ふんどし。 特に、力士が腰に着ける締め込み。 ㋑「」に同じ。 ㋒「」に同じ。 《 季 冬》• 4 遊女が複数の客をかけもちでとること。 5 金銭のやりくり。 また、利益の上がるように金銭を運用すること。 6 会合などを輪番で行うこと。 7 上方で、私娼である白人 はくじん の元締め。 8 「」の略。

次の