ゴッド イーター 3 バースト アーツ。 【ゴッドイーター3】ヴァリアントサイズ(鎌)のおすすめバーストアーツ【GE3】|ゲームエイト

神機別オススメのバーストアーツ

ゴッド イーター 3 バースト アーツ

ヴァリアントサイズのおすすめバーストアーツ 地上のおすすめバーストアーツ 火力を出すなら HP回復するなら 地上技では火力を出すなら「インフェルノラッシュ」が最も強力です。 更にBAエフェクトで「残閃」を付けるとより火力を上昇させられるためおすすめです。 一方で「ソウルイーター」は攻撃と同時にHP回復を行えるため、時間はかかるも安定したクリアには向いています。 空中のおすすめバーストアーツ 火力を出すなら 飛んでる敵なら 空中技はアラガミによって変えるのが良いでしょう。 一方で「ファナティックサイズ」は、空中攻撃回数を増やすことができるため、飛んでいる敵に対してかなり有効です。 ステップのおすすめバーストアーツ お手軽にHP回復 ステップ技はお手軽にHP吸収攻撃を行える「ブラッディクロー」がおすすめです。 特にステップ技をあまり使わないということであれば、こちらをセットしておきましょう。 地上のバーストアーツ 冥府への誘い アーツの説明 刀身にオラクルエネルギーを纏わせ連続した斬撃を繰り出すコンボ。 弱点属性を命中させると威力が上昇。 ダウン中のアラガミに命中させると威力が上昇。 弱点部位に命中させると威力が上昇。 発動後は、空中攻撃に遷移することが可能。 アラガミに命中させた際にHPを吸収する。 弱点属性を命中させると威力が上昇。

次の

【GE3】強いオススメBAエフェクト一覧まとめ【ゴッドイーター3攻略】

ゴッド イーター 3 バースト アーツ

GROUND• スコルピオン 凝縮したオラクルエネルギーを放出し、コンボの最終段で強力な刺突を放つ。 攻撃を受けても衝撃を吸収し、ダウン中のアラガミに命中させると威力が上昇。 特にダウン中のアラガミに対して使用したときは、大ダメージを与えられるので、戦闘中は積極的に狙っていこう。 シュヴァルベ 前方に低空飛行で突撃しながら繰り出す中距離用のライジングエッジ。 発動後は、空中攻撃に遷移することが可能。 ライジングエッジが強化されるバーストアーツ。 中距離から一気に距離を詰められるため、JUMPのバーストアーツにつなげるためのパーツとしてとても優秀。 特に凶渦の雷光との相性は抜群で、短時間で一気にダメージを与えることが可能だ。 GROUND• 驚天動地 STを犠牲に、ブーストインパクトを連続で繰り出す。 アラガミの装甲が強固であっても貫通する。 一発当たりのダメージ倍率はグランドフィナーレより低いが、装甲貫通があるため、どこに当ててもそれなりのダメージが見込める。 ブーストインパクト自体、敵のダウン中でなければ入れづらい、隙の大きい行動なので、敵のダウン中に確実に装甲の薄い部分に当てられる場合はグランドフィナーレ、ダウン中に装甲の薄いを狙えない場合や、破砕属性に耐性のある敵の場合は驚天動地と、使い分けできればベスト。 付け替えが面倒なら、敵や部位を選ばない驚天動地をつけておくのがオススメ。 GROUND• ヘルオアヘヴン 発動タイミングが大幅に狭まり、発動には高度な技術を必要とするクリーヴファング。 発動することができれば、その刃はいかなる装甲をも貫通させ切り裂く。 通常状態でのクリーヴファングとは違い、タイミングを合わせなければ発動せず、 失敗すると長い硬直にさらされるため注意しよう。 敵の装甲を貫通するため、敵に近づいた状態で発動すれば、複数部位に大ダメージが与えられる。 アラガミの結合崩壊後の隙や、ダウン中など、相手に大きな隙ができたときに狙っていこう。

次の

【ゴッドイーター3】バーストアーツの効果一覧【武器別】|GE3|ゲームエイト

ゴッド イーター 3 バースト アーツ

GROUND• スコルピオン 凝縮したオラクルエネルギーを放出し、コンボの最終段で強力な刺突を放つ。 攻撃を受けても衝撃を吸収し、ダウン中のアラガミに命中させると威力が上昇。 特にダウン中のアラガミに対して使用したときは、大ダメージを与えられるので、戦闘中は積極的に狙っていこう。 シュヴァルベ 前方に低空飛行で突撃しながら繰り出す中距離用のライジングエッジ。 発動後は、空中攻撃に遷移することが可能。 ライジングエッジが強化されるバーストアーツ。 中距離から一気に距離を詰められるため、JUMPのバーストアーツにつなげるためのパーツとしてとても優秀。 特に凶渦の雷光との相性は抜群で、短時間で一気にダメージを与えることが可能だ。 GROUND• 驚天動地 STを犠牲に、ブーストインパクトを連続で繰り出す。 アラガミの装甲が強固であっても貫通する。 一発当たりのダメージ倍率はグランドフィナーレより低いが、装甲貫通があるため、どこに当ててもそれなりのダメージが見込める。 ブーストインパクト自体、敵のダウン中でなければ入れづらい、隙の大きい行動なので、敵のダウン中に確実に装甲の薄い部分に当てられる場合はグランドフィナーレ、ダウン中に装甲の薄いを狙えない場合や、破砕属性に耐性のある敵の場合は驚天動地と、使い分けできればベスト。 付け替えが面倒なら、敵や部位を選ばない驚天動地をつけておくのがオススメ。 GROUND• ヘルオアヘヴン 発動タイミングが大幅に狭まり、発動には高度な技術を必要とするクリーヴファング。 発動することができれば、その刃はいかなる装甲をも貫通させ切り裂く。 通常状態でのクリーヴファングとは違い、タイミングを合わせなければ発動せず、 失敗すると長い硬直にさらされるため注意しよう。 敵の装甲を貫通するため、敵に近づいた状態で発動すれば、複数部位に大ダメージが与えられる。 アラガミの結合崩壊後の隙や、ダウン中など、相手に大きな隙ができたときに狙っていこう。

次の