家政婦 同人。 家政婦のミタ (かせいふのみた)とは【ピクシブ百科事典】

(同人誌) [水無月三日]夫は獄中、一方妻は・・・3~家政婦の妻が大家の息子に寝取られて・・・~, 夫は獄中、一方妻は・・・4~寝取られ妻は極上の家性婦~, EMERALD SPLASH 3 (3M)

家政婦 同人

愛なき時代に 生まれたわけじゃない 強くなりたい やさしくなりたい 概要の紹介・・・承知しました。 脚本は「」を手掛けた遊川和彦氏が担当しました。 タイトルの由来はさんでご存知の「」のです。 『水曜ドラマ』枠では『リバウンド』、『ブルドクター』に続き3作連続でのオリジナル作品です。 主題歌はさんが歌う 『やさしくなりたい』です。 は初回で 18%台を獲得し第5話の地点で 20%台に入り、テレビ不況と言われたここ最近のドラマの中では稀に見る高視聴率を獲得しています。 さらに第8話の三田の壮絶な過去が明らかになる話では、平均視聴率が 29. この時点で、度に放送されたの最高視聴率の中では、「」、「」を抑えて首位に立ちました。 第9話では裏番組の「」の影響もあってか前回よりも多少落ちましたが、それでも 27. 6%を記録するという好調ぶりを見せました。 そして、最終回の平均視聴率は 40. その視聴率の高さから、視聴者からは続編や映画化、SPドラマ化を希望する声も上がっていましたが、製作者側から正式に「 続編はない」と発表されたそうです。 ちなみに、お子様達の間では 『承知しました』という台詞が流行っているそうです。 さらに、吉本新喜劇で化した「家政婦のネタ」というのも存在しています。 加えて、より『』2016年10月スタート。 主演:、オトコの家政夫でございます? あらすじの紹介・・・承知しました。 母親が死亡して以来寸前だった阿須田家に、 みたあかり という名のが派遣されました。 三田は自らを「 家政婦の三田です。 」と名乗り、人に命令された事は「 承知しました」の一言で写真を燃やしたり、狂言誘拐するなどなんでもやってしまうのです。 しかしその三田の行動により、バラバラだった家族は絆を取り戻し、阿須田家は三田に信頼を置くようになり、家族の一員となって心を開いてくれるように望みますが、曲折の果てに出てゆく決意をした三田に、一家は最後の「業務命令」として、契約上のタブーであった「笑ってほしい」という願いを伝えました。 そんな心を捨てた冷徹でミステリアスな家政婦の三田と、阿須田家の家庭再生を描いたです。 登場人物の紹介・・・承知しました。 三田灯 みたあかり 演: 本作の主人公で阿須田家に派遣された家政婦です。 他人には 「家政婦の三田です」と名乗ります。 外出時は季節関係なく、ベージュのダウンジャケットに黒いキャップ、家政婦の時は黒い服にエプロン姿です。 家事全般は勿論の事、からに至るまでなんでも完璧にこなす事が出来ます。 『ぼくのかんがえたさいきょうのかせいふ』とも言える程のハイスペックを誇り、一度雇い主からおおせつかった事は 「承知しました」の一言で 文字通りなんでもやってしまいます。 持っている鞄からはの如くその時に必要な物が出てきます。 阿須田恵一 あすだ けいいち 演: 阿須田家の旦那様です。 元サワイホーム営業部課長・虹が丘ニュータウンプロジェクトリーダーでした。 優柔不断な性格で物事をはっきり決められず他人任せにしてしまいます。 同じ会社に勤めていた風間美枝様と1年前から不倫関係にあり、それにより奥様に離婚を迫ったことで彼女が死亡する原因となってしまいました。 結婚から今日に至るまで父親としての自覚が持てず崩壊寸前の家族に向き合うことを避けていましたが、三田の行動によって彼なりに現実を受け入れていきます。 「これから子供達を愛せるようになりたい」という本心に気づき、家族と和解した後、下請けの建設会社に再就職します。 阿須田 結 あすだ ゆい 演: 阿須田家のご長女です。 英成学園高等学校2年生で写真部に所属しています。 お母様がが亡くなってから家事や弟、妹の面倒もまともに見ることが出来ない自分に改めて気付き葛藤します。 そのため精神的にもやや不安定でヒステリックな感情的になりやすい面があります。 阿須田 翔 あすだ かける 演: 阿須田家のご長男です。 横浜市立新藤が丘中学校2年生で所属するバスケットボール部で以前 キャプテンを務めていました。 熱くストレートな性格で年相応の態度が多く、「家族を守りたい」という 誰よりも強い責任感を秘めています。 また思春期ゆえに異性への関心 (作中では主に三田に)が強く、たびたび海斗さんに馬鹿にされています。 阿須田 海斗 あすだ かいと 演: 阿須田家の次男です。 横浜市立新藤が丘小学校6年生。 学級委員を務める聡明な方で、有名私立中学に合格するために塾に通っています。 やや皮肉っぽい言動も見受けられますが家族との仲は良好です。 クールに見えますが感情表現が苦手なだけで、私立合格もお母様の気を引く事が目的に含まれていました。 阿須田 希衣 あすだ きい 演: 阿須田家の次女です。 みさわ幼稚園年長組。 明るく素直な性格で、知らない言葉や疑問があるとすぐに質問したがります。 三田に一番懐いていらっしゃいます。 家族のアイドル的存在で、お母様に生前さしあげた家族一人一人を表す石を大切にしていらっしゃいます。 お兄様の翔さんと海斗さんの事はそれぞれ 「翔ちゃん」「海ちゃん」と呼んでいらっしゃいます。 関連イラストの紹介・・・承知しました。

次の

(同人誌) [水無月三日]夫は獄中、一方妻は・・・3~家政婦の妻が大家の息子に寝取られて・・・~, 夫は獄中、一方妻は・・・4~寝取られ妻は極上の家性婦~, EMERALD SPLASH 3 (3M)

家政婦 同人

あらやだ。 概要 で放送されていたドラマシリーズ。 が上流家庭のとして派遣され、そこで見たドロドロの人間関係を家族全員の前で洗いざらいさらけ出してそして去っていく、というストーリー。 その時々における世相・社会問題等を反映させた設定で2008年まで放送、途中1時間ものの連続ドラマとしても放送された時期がある。 物陰から家庭の秘密を覗き見して「あらやだ」と言うのがお約束である。 モノマネ芸人の桜井ちひろは「人が死なない唯一のサスペンスドラマ」と称しており、「あらヤダ死んでる!」という彼女が広めたセリフは劇中では一切使われた事がないと説明している。 実際人が死ぬ事はあっても、それが物語の主軸になることはまったくない。 2014年からは二代目としてが就任している。 登場人物• 石崎秋子 演: 大沢家政婦紹介所に勤めるベテラン家政婦。 自分の子供は事故で亡くなり、夫は子供の死後浮気に走り離婚。 日給5800円の家政婦で生計をたてる事になる。 (作品によって地味に設定はブレている) 結婚生活で苦い思いをしているものの「独り身で人生を終わらせるつもりはない」と思っており、たびたびロマンスが描かれるも結局最終作までゴールインする事はなかった。 人の家庭の秘密を暴くことが趣味で、その入れ込みようは私財を投じてまで調査にいくほど。 なお、家政婦の決まりとして勤務先で聞いたことは口外してはいけないという守秘義務はあるものの、基本的に紹介所の中では筒抜けである。 (それでもモラルは守っており、メディアの取材に対し 「記憶にございません」と押し通す一幕もある) 演歌歌手のファンで、その歌を口ずさむのが恒例のオープニングになっている。 を飼っておりその名前も、 はるみちゃんである。 だが会長さんが猫嫌いのため、遠慮がちに飼っている。 作品のオチとして怪我をする事が恒例行事となっており、• 家政婦紹介所のみんなとイザコザのはずみで。 に襲われて。 されそうになった家政婦を庇って。 弁当の集団に巻き込まれて。 地上げに失敗した不動産屋が、に乗って紹介所の建物に突っ込んで。 などなど実にバリエーション豊富である。 特に中期シリーズでは自身だけでなく家政婦紹介所のみんなをも巻き込んで怪我を負っており一種のになっている。 大沢キヌヨ 演: 大沢家政婦紹介所の所長を勤めるベテラン家政婦。 だが既に家政婦として働いてはおらず、家政婦の日給8%を手数料として徴収する事で生計をたてている。 (たまに応援として現場に出ることはある) 金にガメツい守銭奴らしく、お茶菓子のせんべい1枚50円、マッサージ30分1000円をせびりとっている。 (作品によって値段は異なる) 反面商売人としては向いていないのか、儲け話に乗っかって失敗することも多々ある。 所属の家政婦達からは 会長さんと呼ばれ、たまに衝突しながらも和気あいあいと経営している。 家政婦仲間 倉田はつえ(演:) 沢井とみ(演:(第1作と第4作~第7作)(第2作と第3作) 村上しのぶ(演:) 以上が第1作から第7作までの顔触れ。 旗はたえ(演:) 吉野よしの(演:) 友田ともみ(演:) 以上が第8から最終作までの顔触れ。 眞田さなえ(演:) 緑川みどり(演:) 以上が連続ドラマ版の顔触れ。 この中で物語の主軸に関わり、ある程度のキャラ付けがなされているのは演じる 友田ともみであり、 第18作では秋子さんのつてで豊胸手術を行うが、それに失敗する。 そして成り行きから同じ整形手術に失敗した人達と襲撃事件に関わる事になる。 (そして危うく殺人の濡れ衣もきせられそうになるハメに) 第21作では看護士に扮して秋子さんに協力する。 第24作では自身の派遣先のつてでホステスという二足の草鞋を履き、やっぱり秋子さんに協力する。 原作 の「熱い空気」が一応原作である。 設定が一部異なっており主人公の名前は石崎秋子ではなく 河野信子。 所属する紹介所も大沢家政婦紹介所ではなく 協栄家政婦紹介所である。 主人公のキャラ付けも異なっており、河野信子は秘密を覗き見るだけでなく上辺だけの幸せを築いている家庭をぶち壊すが好きな悪女と、良くも悪くも庶民派ヒーロー然とした石崎秋子とは対照的。 元々は市原悦子版第1作のみで終了予定だったが、好評のため続編を作る事になる。 しかし2匹目のドジョウ狙いを嫌った松本に拒否られてしまったため、第2作以降はオリジナル作品で展開し今日に至る。 秋子に似た女の謎… 2007年 第26作 華麗な外交官一族の愛と欲 女たちの乱れた関係…秋子、大統領を討つ!? 2008年 連続ドラマ枠 いずれも制作年は1997年 話数 タイトル 第1話 エリート法律一家の家族法廷 もの静かな女たちの反乱 第2話 秋子が万引き!コンビニ家族の秘密 第3話 遺産争いに愛人の娘が現れて… 第4話 三世帯同居家族がもめる事情 第5話 本物家族VS出前家族の争い 第6話 続・本物家族VS出前家族の争い 第7話 人気作家の豪邸に妖しい幽霊… 第8話 美しくなる!! エステの裏の裏 第9話 新婚夫婦の秘密 第10話 秋子 江戸前寿司屋の後妻に… 第11話 クリスマス 天国と地獄の大病院! 家政婦は見た! Woooも見た! 制作年はいずれも2010年 話数 タイトル 第1話 華やかな芸能一家 リビングに隠された秘密(前・後編) 第2話 華麗なる男系一族の録画と後継者争い〜断絶された家族をつなぐ秘密〜(前・後編) 第3話 天才一家の栄光と影〜こだわりと録画の激しい衝突〜(前・後編) Pixivでの傾向 物陰から覗き見をしているイラストにこのタグが付く傾向が多いようだ。 関連項目 - で放送されたオマージュ作品。 こちらの家政婦は - こちらはのオマージュ作品。 演じる を主役に据えたりと大胆アレンジが加わった。 - タグの数としてはこちらの方が多い。 関連記事 親記事.

次の

(同人CG集) [ネクサス工房 (才京ぴんく)] 罠にハマったメイドさん~逆襲のキモオタ~, 家政婦さんの裏メニュー, 借金まみれ奥さんAV堕ち (3CG)

家政婦 同人

あらやだ。 概要 で放送されていたドラマシリーズ。 が上流家庭のとして派遣され、そこで見たドロドロの人間関係を家族全員の前で洗いざらいさらけ出してそして去っていく、というストーリー。 その時々における世相・社会問題等を反映させた設定で2008年まで放送、途中1時間ものの連続ドラマとしても放送された時期がある。 物陰から家庭の秘密を覗き見して「あらやだ」と言うのがお約束である。 モノマネ芸人の桜井ちひろは「人が死なない唯一のサスペンスドラマ」と称しており、「あらヤダ死んでる!」という彼女が広めたセリフは劇中では一切使われた事がないと説明している。 実際人が死ぬ事はあっても、それが物語の主軸になることはまったくない。 2014年からは二代目としてが就任している。 登場人物• 石崎秋子 演: 大沢家政婦紹介所に勤めるベテラン家政婦。 自分の子供は事故で亡くなり、夫は子供の死後浮気に走り離婚。 日給5800円の家政婦で生計をたてる事になる。 (作品によって地味に設定はブレている) 結婚生活で苦い思いをしているものの「独り身で人生を終わらせるつもりはない」と思っており、たびたびロマンスが描かれるも結局最終作までゴールインする事はなかった。 人の家庭の秘密を暴くことが趣味で、その入れ込みようは私財を投じてまで調査にいくほど。 なお、家政婦の決まりとして勤務先で聞いたことは口外してはいけないという守秘義務はあるものの、基本的に紹介所の中では筒抜けである。 (それでもモラルは守っており、メディアの取材に対し 「記憶にございません」と押し通す一幕もある) 演歌歌手のファンで、その歌を口ずさむのが恒例のオープニングになっている。 を飼っておりその名前も、 はるみちゃんである。 だが会長さんが猫嫌いのため、遠慮がちに飼っている。 作品のオチとして怪我をする事が恒例行事となっており、• 家政婦紹介所のみんなとイザコザのはずみで。 に襲われて。 されそうになった家政婦を庇って。 弁当の集団に巻き込まれて。 地上げに失敗した不動産屋が、に乗って紹介所の建物に突っ込んで。 などなど実にバリエーション豊富である。 特に中期シリーズでは自身だけでなく家政婦紹介所のみんなをも巻き込んで怪我を負っており一種のになっている。 大沢キヌヨ 演: 大沢家政婦紹介所の所長を勤めるベテラン家政婦。 だが既に家政婦として働いてはおらず、家政婦の日給8%を手数料として徴収する事で生計をたてている。 (たまに応援として現場に出ることはある) 金にガメツい守銭奴らしく、お茶菓子のせんべい1枚50円、マッサージ30分1000円をせびりとっている。 (作品によって値段は異なる) 反面商売人としては向いていないのか、儲け話に乗っかって失敗することも多々ある。 所属の家政婦達からは 会長さんと呼ばれ、たまに衝突しながらも和気あいあいと経営している。 家政婦仲間 倉田はつえ(演:) 沢井とみ(演:(第1作と第4作~第7作)(第2作と第3作) 村上しのぶ(演:) 以上が第1作から第7作までの顔触れ。 旗はたえ(演:) 吉野よしの(演:) 友田ともみ(演:) 以上が第8から最終作までの顔触れ。 眞田さなえ(演:) 緑川みどり(演:) 以上が連続ドラマ版の顔触れ。 この中で物語の主軸に関わり、ある程度のキャラ付けがなされているのは演じる 友田ともみであり、 第18作では秋子さんのつてで豊胸手術を行うが、それに失敗する。 そして成り行きから同じ整形手術に失敗した人達と襲撃事件に関わる事になる。 (そして危うく殺人の濡れ衣もきせられそうになるハメに) 第21作では看護士に扮して秋子さんに協力する。 第24作では自身の派遣先のつてでホステスという二足の草鞋を履き、やっぱり秋子さんに協力する。 原作 の「熱い空気」が一応原作である。 設定が一部異なっており主人公の名前は石崎秋子ではなく 河野信子。 所属する紹介所も大沢家政婦紹介所ではなく 協栄家政婦紹介所である。 主人公のキャラ付けも異なっており、河野信子は秘密を覗き見るだけでなく上辺だけの幸せを築いている家庭をぶち壊すが好きな悪女と、良くも悪くも庶民派ヒーロー然とした石崎秋子とは対照的。 元々は市原悦子版第1作のみで終了予定だったが、好評のため続編を作る事になる。 しかし2匹目のドジョウ狙いを嫌った松本に拒否られてしまったため、第2作以降はオリジナル作品で展開し今日に至る。 秋子に似た女の謎… 2007年 第26作 華麗な外交官一族の愛と欲 女たちの乱れた関係…秋子、大統領を討つ!? 2008年 連続ドラマ枠 いずれも制作年は1997年 話数 タイトル 第1話 エリート法律一家の家族法廷 もの静かな女たちの反乱 第2話 秋子が万引き!コンビニ家族の秘密 第3話 遺産争いに愛人の娘が現れて… 第4話 三世帯同居家族がもめる事情 第5話 本物家族VS出前家族の争い 第6話 続・本物家族VS出前家族の争い 第7話 人気作家の豪邸に妖しい幽霊… 第8話 美しくなる!! エステの裏の裏 第9話 新婚夫婦の秘密 第10話 秋子 江戸前寿司屋の後妻に… 第11話 クリスマス 天国と地獄の大病院! 家政婦は見た! Woooも見た! 制作年はいずれも2010年 話数 タイトル 第1話 華やかな芸能一家 リビングに隠された秘密(前・後編) 第2話 華麗なる男系一族の録画と後継者争い〜断絶された家族をつなぐ秘密〜(前・後編) 第3話 天才一家の栄光と影〜こだわりと録画の激しい衝突〜(前・後編) Pixivでの傾向 物陰から覗き見をしているイラストにこのタグが付く傾向が多いようだ。 関連項目 - で放送されたオマージュ作品。 こちらの家政婦は - こちらはのオマージュ作品。 演じる を主役に据えたりと大胆アレンジが加わった。 - タグの数としてはこちらの方が多い。 関連記事 親記事.

次の