アロマ スプレー 作り方。 マスク消臭スプレーの作り方!精油の香りで気分もリフレッシュ!

【マスクにアロマスプレー】作り方は簡単!抗ウィルス作用がアップ

アロマ スプレー 作り方

妊婦の方は控えた方がいい精油もあるようです。 調べてみてくださいね。 無水エタノールと精製水について 「無水エタノールと精製水」は、ドラッグストアや薬局などで購入できます。 しかしながら両方とも品薄が続いていますよね。 精製水については、水(水道水やミネラルウォーター)で代用できます。 もし水を使う場合は、劣化が早まるため早めに使い切ってください。 また、無水エタノールがない場合は、精油だけを使った「 香りつきマスク」をお勧めします。 作り方は記事後半で紹介しています。 容器について 容器は遮光タイプが推奨されています。 私は専用容器を持っていないので、100均の「ガラスアトマイザー(香水スプレー)」を使用しています。 よく振るのがポイント!液を混ぜ合わせることでいい香りに。 消臭スプレー・マスク以外の使い方 また、このスプレーは、「香りスプレー」として他の用途にも使えます。 おすすめの使い方、4つはこちらです。 心地よい香りに心身がリラックス。 安眠効果を期待できます。 香りをかぐたびに、不安や緊張がやわらぎ、穏やかな気持ちになれます。 消臭・芳香しながら、ほっと一息つけます。 無水エタノールがないときは「香りつきマスクを作ろう」 アロマスプレー作りたいけど、無水エタノールがない! そんなときは、精油を使って「香り付きマスクにする方法」もあります。 香り付きマスクの作り方 「香りつきハンカチ」もGOOD。 また、精油をおとしたコットンを、「枕元」においたり、クローゼットや引き出しに入れて「服に香りをつける」のもおススメです。 ちなみに、マスクに直接つけるのはNG。 香りが強すぎるだけでなく、唇などにつくとヒリヒリ痛みがでてしまいます。 マスクにつけずに、脱脂綿などにつけて、香りをうつすようにしてくださいね。 マスクスプレー・保管や使用期限について 冷暗所で保管し2週間を目安に マスクの消臭スプレーは、香りが薄れやすく、手作りなので「防腐剤」も入っていません。 高温多湿・直射日光を避け、 冷暗所で保管。 2週間を目安に使用しましょう。 ) 残りの液は冷蔵庫で保管 香水スプレーなど、小さなボトルの場合、液が残ってしまいますよね。 私は、残りの液は「 冷蔵庫に入れて保管」しています。 冷蔵庫ならいつでも涼しい。 温度を気にせず管理できるのでおすすめです。

次の

抗菌アロマスプレーの作り方|よーこ🍀心と体を調和する♡健康美セラピスト🍀|note

アロマ スプレー 作り方

年末年始から春にかけては病気予防や花粉症対策の為マスク姿の方が多くなる季節です 先日娘の習い事でも、「マスク慣行」のお願いがありました。 今年は大人にもインフルエンザが流行している傾向があるということもあり、しっかりと予防したいものです。 しかしながら、マスクを長時間つけるのが苦手なガイド。 例えば移動の電車の中は閉め切った空間にたくさんの乗客がいるので、マスクでの予防がとても大切ですが、あの閉め切った空気では息苦しくなるため、せっかくのマスクも不快に感じてマスクを外してしまいます。 成人女性でメイクをして出かける方は、マスクでメイクが崩れることも気になりますよね。 マスクが大切だとはわかっていてもどこか抵抗がある……、そんな方に是非お勧めなのが「アロマ=精油」の香りでマスクを快適にする方法です。 使い方はとても簡単! 精油をマスクに垂らして使うだけでOKです。 ただし、マスクに精油を直接垂らすとマスクにシミが出来て見た目に気になる方も多いので、今回はマスクにシュッとできる「アロマスプレー」の作り方を紹介します。 また、の記事で紹介した「練り香」を、花粉症や抗菌、抗ウィルス目的の精油レシピでアレンジすることでマスクを快適にしてくれるアロマアイテムに変身! 精油レシピや活用方法を併せて紹介します。 アロマスプレーを活用すれば、マスクもシミになりにくく、持ち運びにも便利! 1日1枚のマスクを着けたり外したりする際の除菌にも役立ちますし、香りの効果で気分もさわやかになります。 精油の成分を吸入することが同時にできるので、精油の薬理効果を取り入れて予防をすることにもつながります。 是非活用してみてください! では早速作り方の説明です。 アロマスプレーでマスクにシュッとアロマをひと吹き! では最初にアロマスプレーの作り方を紹介します! アロマスプレーは液垂れしないように60%濃度のアルコール水で作成するのがガイド流です。 こちらは通常のアロマスプレーとして、香りを楽しんだり抗菌、抗ウィルス目的で空気中に噴霧して使うこともできますよ。 精油は無水エタノールには完全に希釈されますので、先ずは精油を希釈してから精製水を加えるというポイントをおさえてくださいね。 小さいビーカーしか手元に無い場合は、無水エタノール30mlに精油をブレンドして、それをスプレー容器に移してから精製水20mlを後から加えて優しく混ぜれば同様に作ることができます。 30センチくらい離れたところからマスク全体にまんべんなくスプレーが吹きかかるようにひと吹きしましょう。 近くで吹き付けると1点に集中してマスクがしみになります。 吹き付けたら、ガイドは優しくマスクを揉みこんで繊維に精油が行きわたるようにします。 マスクの外側に吹き付ければ空気と接する面に精油が付着するので、マスクの外側で吸い込む空気をクリーンにする効果が期待できます。 香りも感じることができて気分も明るくなります。 内側にシュッとひと吹きするのに抵抗がある方は、先ずは外側にシュッとひと吹きして使い心地を試してください。 もちろん内側にシュッとひと吹きしてもOK! ただし、アルコール成分がツンと刺激になることがありますので、気になる方には少し時間を置いてアルコールが飛んでからマスクを装着することをおすすめします。 マスクは毎日取り換えますが、朝つけたマスクは外出先でもそのままで1日過ごす方がほとんどですよね。 例えば、朝出勤時に装着したマスクを屋内で取り外し、また帰宅時に装着する場合、朝のマスクをアロマスプレーでシュッとひと吹きしてきれいにしてから再度装着して使用するとより清潔に使用することができます。 抗菌、抗ウィルス効果のある精油は、鼻づまりに役立つ成分を含んだものが多いので、マスクを通じて香りを嗅いで精油を吸い込むことで予防にもなり、鼻づまりを良くする効果も期待できるので一石二鳥のサポートが期待できます。 マスクを快適にする! 練り香のアレンジ方法と使い方 みつろうと植物油を溶かして固めるバーム状のクリームがベースの練り香 では次に、の記事で紹介した「練り香」をアレンジしたマスクをアロマで快適にする方法をお伝えします。 練り香のベースは、みつろうで作るバーム状のクリームです。 このバーム状のクリームは、精油を直接塗布するよりもゆっくりと肌に浸透する特徴があるので肌を保護する働きもあることから、精油のレシピを変えることで様々な目的に使用できる優れものアイテムです。 例えば、ネイル用の精油レシピで作ればネイルクリームになり指先の保護に役立ちます。 冬のあかぎれや手荒れ用に精油のレシピをアレンジすれば、ちょっとした手荒れクリームの部分ケアとしても重宝し、鼻づまりや咳に役立つ精油レシピでアレンジすれば、胸に擦りこむ塗り薬のようなクリームとしても使用できます。 これらと同様に精油のレシピをマスク用にアレンジすることで、マスクの不快感を解決するサポートとなるでしょう。 使い方は、鼻の周りに塗るだけです。 特に花粉症の季節は鼻をかみ過ぎて赤くなったり擦り切れたりした肌を保護するサポートにもなります。 また、ゆっくりと肌に浸透する特徴から香りを長く楽しめます。 鼻の周りで精油が存在してくれる点からも、精油の予防効果の影響も長く受けることができます。 ガイドとしてはこれを塗布してマスクをすると、肌の乾燥を防ぐことが出来てしっとりするので、美肌効果に一役買っているのでは? と思っています。 インフルエンザ抗菌や花粉症の不快感にも役立つ精油のレシピ では、これらを活用するのに欠かせない精油のレシピを紹介します。 今回は「アロマスプレーの活用について」と「練り香をアレンジしたアロマバームの活用について」の2通りで説明をしています。 2通りともの精油レシピを基本にしてアレンジ方法を紹介していますので参照ください。 ただし、マスクでの使用において「柑橘系の精油」はおすすめできません。 柑橘系の精油は色があり、マスクをまだらにシミにします。 また顔に精油が触れた場合、日焼けにおけるシミの原因にもなりかねないので注意が必要です。 そこでガイドはにおいて紹介した「レモン」を「ユーカリ」に変更してアレンジする方法をおすすめします。 マスクを快適にする上で適しているのは1%~3%濃度の範囲だと考えます。 鼻の周りに塗布するので、肌がデリケートな方は1%濃度くらいで試してください。 ユーカリ以外の5本の精油の効果効能をまとめて列記しています。 つらい花粉症などの鼻づまりに特に役立つのはとユーカリです。 抗菌アロマジェルは手に塗るものなので抗菌アロマジェルの記事ではユーカリをレシピに加えていませんでしたが、鼻づまりがつらい方はユーカリを代用すると役立つレシピになるでしょう。 これからの長いマスク活用の季節。 精油を上手に活用し、マスクも快適でインフルエンザの予防も花粉症も快適に過ごしましょう! マスクスプレーにブレンドしたい、抗菌作用が強いユーカリの効果 実はユーカリには様々な種類が存在します。 ここではマスクに役立つ、花粉症の鼻づまりや、感染症予防に役立つ中で効果が1番強いと言われているユーカリグロブルスについて説明します。 香りを嗅いだ時に刺激を感じる方や、幼児、老人などの体調がまだ安定しない方、癲癇や高血圧の方は使用を控える方がベター。 ホメオパシーの薬剤を解毒するとも言われている。 ユーカリの中でもとても効果が強力な精油です。 成分の約80%が1. 8シネオールと呼ばれる「呼吸器の洗浄剤」とも言われる成分を含んでいることが特徴です。 この成分が、ツンとした刺激の強い香りであり、これを吸入することで呼吸器にトラブルを起こす病原菌に対して有効に働いてくれる効果があります。 よって、咳を引き起こすような風邪などの予防や咳のトラブルに役立つと言われる理由はこの成分が特徴です。 また、この成分は鼻づまりや痰などの粘液を溶解する働きも持っているので、つらい花粉症の鼻づまりにも役立ちます。 刺激が強い精油で注意も多く使いづらいのでは? と思われる方もいるかもしれませんが、刺激が気になる方はやとブレンドして使ってみてください。 精油はブレンドすることで相乗効果や相殺効果を引き起こします。 ユーカリの刺激は、これらのブレンドでその刺激を和らげる効果が期待できます。 独特なツンとした香りは、頭脳を明晰にする効果も期待できることから、、やと同様、花粉症や鼻づまりで頭がぼーっとした場合にも効果が期待できるでしょう。 【参考文献】 『増改補訂 アロマテラピー事典』 著:パトリシア・デーヴィス 訳:高林林太郎 フレグランスジャーナル社刊 2004年、『アロマテラピーのための84の精油』 著:ワンダーセラー 訳:高林林太郎 フレグランスジャーナル社刊 2004年、『スピリットとアロマテラピー』 著:ガブリエル・モージェイ 訳:前田久仁子 フレグランスジャーナル社刊 2000年第1版第1刷発行、2008年第9刷発行 手作りアロマクラフトの注意点 手作りアロマクラフトは、料理と同じく自己責任で楽しむものです。 安全にアロマクラフト作りを楽しんでいただくために、の記事を最初に読んでいただくことをおすすめします。 またはメディカルな目的で使うものなので、より安全にアロマケアを取り入れて頂くためにの記事も併せて参照してください。 今回のアロマスプレーと練り香のアレンジレシピも、ローテーションできるように2通りのパターンで紹介しました。 手作りアロマクラフトの材料はナチュラルな素材であり、基本的に肌に優しいクラフトに仕上がりますが、全ての方の肌に合うとは限りません。 アレルギーのある方、敏感肌の方、トラブルが心配な方は、必ずパッチテストをしてから使用していただくことをお願いします。 精油の効果効能に関しては、アロマテラピーを学ぶ上で必要な、学術上の知識を参考に、抗菌アロマジェルに適していると思われる点を踏まえ紹介しています。 それぞれの効果効能は治療を目的としたものではありません。 精油の知識に関してご不明な点は、必ず身近で確認できるアロマセラピストや、ショップの店員、専門家に確認し安全にアロマクラフト作りを楽しんでください。 精油1滴を、ティースプーン1杯くらいのお水で薄めて皮膚に塗布します。 他の材料は、そのまま直接塗布してください。 【関連記事】•

次の

赤ちゃんでも使用OK!アロマ虫除けスプレーの作り方

アロマ スプレー 作り方

年末年始から春にかけては病気予防や花粉症対策の為マスク姿の方が多くなる季節です 先日娘の習い事でも、「マスク慣行」のお願いがありました。 今年は大人にもインフルエンザが流行している傾向があるということもあり、しっかりと予防したいものです。 しかしながら、マスクを長時間つけるのが苦手なガイド。 例えば移動の電車の中は閉め切った空間にたくさんの乗客がいるので、マスクでの予防がとても大切ですが、あの閉め切った空気では息苦しくなるため、せっかくのマスクも不快に感じてマスクを外してしまいます。 成人女性でメイクをして出かける方は、マスクでメイクが崩れることも気になりますよね。 マスクが大切だとはわかっていてもどこか抵抗がある……、そんな方に是非お勧めなのが「アロマ=精油」の香りでマスクを快適にする方法です。 使い方はとても簡単! 精油をマスクに垂らして使うだけでOKです。 ただし、マスクに精油を直接垂らすとマスクにシミが出来て見た目に気になる方も多いので、今回はマスクにシュッとできる「アロマスプレー」の作り方を紹介します。 また、の記事で紹介した「練り香」を、花粉症や抗菌、抗ウィルス目的の精油レシピでアレンジすることでマスクを快適にしてくれるアロマアイテムに変身! 精油レシピや活用方法を併せて紹介します。 アロマスプレーを活用すれば、マスクもシミになりにくく、持ち運びにも便利! 1日1枚のマスクを着けたり外したりする際の除菌にも役立ちますし、香りの効果で気分もさわやかになります。 精油の成分を吸入することが同時にできるので、精油の薬理効果を取り入れて予防をすることにもつながります。 是非活用してみてください! では早速作り方の説明です。 アロマスプレーでマスクにシュッとアロマをひと吹き! では最初にアロマスプレーの作り方を紹介します! アロマスプレーは液垂れしないように60%濃度のアルコール水で作成するのがガイド流です。 こちらは通常のアロマスプレーとして、香りを楽しんだり抗菌、抗ウィルス目的で空気中に噴霧して使うこともできますよ。 精油は無水エタノールには完全に希釈されますので、先ずは精油を希釈してから精製水を加えるというポイントをおさえてくださいね。 小さいビーカーしか手元に無い場合は、無水エタノール30mlに精油をブレンドして、それをスプレー容器に移してから精製水20mlを後から加えて優しく混ぜれば同様に作ることができます。 30センチくらい離れたところからマスク全体にまんべんなくスプレーが吹きかかるようにひと吹きしましょう。 近くで吹き付けると1点に集中してマスクがしみになります。 吹き付けたら、ガイドは優しくマスクを揉みこんで繊維に精油が行きわたるようにします。 マスクの外側に吹き付ければ空気と接する面に精油が付着するので、マスクの外側で吸い込む空気をクリーンにする効果が期待できます。 香りも感じることができて気分も明るくなります。 内側にシュッとひと吹きするのに抵抗がある方は、先ずは外側にシュッとひと吹きして使い心地を試してください。 もちろん内側にシュッとひと吹きしてもOK! ただし、アルコール成分がツンと刺激になることがありますので、気になる方には少し時間を置いてアルコールが飛んでからマスクを装着することをおすすめします。 マスクは毎日取り換えますが、朝つけたマスクは外出先でもそのままで1日過ごす方がほとんどですよね。 例えば、朝出勤時に装着したマスクを屋内で取り外し、また帰宅時に装着する場合、朝のマスクをアロマスプレーでシュッとひと吹きしてきれいにしてから再度装着して使用するとより清潔に使用することができます。 抗菌、抗ウィルス効果のある精油は、鼻づまりに役立つ成分を含んだものが多いので、マスクを通じて香りを嗅いで精油を吸い込むことで予防にもなり、鼻づまりを良くする効果も期待できるので一石二鳥のサポートが期待できます。 マスクを快適にする! 練り香のアレンジ方法と使い方 みつろうと植物油を溶かして固めるバーム状のクリームがベースの練り香 では次に、の記事で紹介した「練り香」をアレンジしたマスクをアロマで快適にする方法をお伝えします。 練り香のベースは、みつろうで作るバーム状のクリームです。 このバーム状のクリームは、精油を直接塗布するよりもゆっくりと肌に浸透する特徴があるので肌を保護する働きもあることから、精油のレシピを変えることで様々な目的に使用できる優れものアイテムです。 例えば、ネイル用の精油レシピで作ればネイルクリームになり指先の保護に役立ちます。 冬のあかぎれや手荒れ用に精油のレシピをアレンジすれば、ちょっとした手荒れクリームの部分ケアとしても重宝し、鼻づまりや咳に役立つ精油レシピでアレンジすれば、胸に擦りこむ塗り薬のようなクリームとしても使用できます。 これらと同様に精油のレシピをマスク用にアレンジすることで、マスクの不快感を解決するサポートとなるでしょう。 使い方は、鼻の周りに塗るだけです。 特に花粉症の季節は鼻をかみ過ぎて赤くなったり擦り切れたりした肌を保護するサポートにもなります。 また、ゆっくりと肌に浸透する特徴から香りを長く楽しめます。 鼻の周りで精油が存在してくれる点からも、精油の予防効果の影響も長く受けることができます。 ガイドとしてはこれを塗布してマスクをすると、肌の乾燥を防ぐことが出来てしっとりするので、美肌効果に一役買っているのでは? と思っています。 インフルエンザ抗菌や花粉症の不快感にも役立つ精油のレシピ では、これらを活用するのに欠かせない精油のレシピを紹介します。 今回は「アロマスプレーの活用について」と「練り香をアレンジしたアロマバームの活用について」の2通りで説明をしています。 2通りともの精油レシピを基本にしてアレンジ方法を紹介していますので参照ください。 ただし、マスクでの使用において「柑橘系の精油」はおすすめできません。 柑橘系の精油は色があり、マスクをまだらにシミにします。 また顔に精油が触れた場合、日焼けにおけるシミの原因にもなりかねないので注意が必要です。 そこでガイドはにおいて紹介した「レモン」を「ユーカリ」に変更してアレンジする方法をおすすめします。 マスクを快適にする上で適しているのは1%~3%濃度の範囲だと考えます。 鼻の周りに塗布するので、肌がデリケートな方は1%濃度くらいで試してください。 ユーカリ以外の5本の精油の効果効能をまとめて列記しています。 つらい花粉症などの鼻づまりに特に役立つのはとユーカリです。 抗菌アロマジェルは手に塗るものなので抗菌アロマジェルの記事ではユーカリをレシピに加えていませんでしたが、鼻づまりがつらい方はユーカリを代用すると役立つレシピになるでしょう。 これからの長いマスク活用の季節。 精油を上手に活用し、マスクも快適でインフルエンザの予防も花粉症も快適に過ごしましょう! マスクスプレーにブレンドしたい、抗菌作用が強いユーカリの効果 実はユーカリには様々な種類が存在します。 ここではマスクに役立つ、花粉症の鼻づまりや、感染症予防に役立つ中で効果が1番強いと言われているユーカリグロブルスについて説明します。 香りを嗅いだ時に刺激を感じる方や、幼児、老人などの体調がまだ安定しない方、癲癇や高血圧の方は使用を控える方がベター。 ホメオパシーの薬剤を解毒するとも言われている。 ユーカリの中でもとても効果が強力な精油です。 成分の約80%が1. 8シネオールと呼ばれる「呼吸器の洗浄剤」とも言われる成分を含んでいることが特徴です。 この成分が、ツンとした刺激の強い香りであり、これを吸入することで呼吸器にトラブルを起こす病原菌に対して有効に働いてくれる効果があります。 よって、咳を引き起こすような風邪などの予防や咳のトラブルに役立つと言われる理由はこの成分が特徴です。 また、この成分は鼻づまりや痰などの粘液を溶解する働きも持っているので、つらい花粉症の鼻づまりにも役立ちます。 刺激が強い精油で注意も多く使いづらいのでは? と思われる方もいるかもしれませんが、刺激が気になる方はやとブレンドして使ってみてください。 精油はブレンドすることで相乗効果や相殺効果を引き起こします。 ユーカリの刺激は、これらのブレンドでその刺激を和らげる効果が期待できます。 独特なツンとした香りは、頭脳を明晰にする効果も期待できることから、、やと同様、花粉症や鼻づまりで頭がぼーっとした場合にも効果が期待できるでしょう。 【参考文献】 『増改補訂 アロマテラピー事典』 著:パトリシア・デーヴィス 訳:高林林太郎 フレグランスジャーナル社刊 2004年、『アロマテラピーのための84の精油』 著:ワンダーセラー 訳:高林林太郎 フレグランスジャーナル社刊 2004年、『スピリットとアロマテラピー』 著:ガブリエル・モージェイ 訳:前田久仁子 フレグランスジャーナル社刊 2000年第1版第1刷発行、2008年第9刷発行 手作りアロマクラフトの注意点 手作りアロマクラフトは、料理と同じく自己責任で楽しむものです。 安全にアロマクラフト作りを楽しんでいただくために、の記事を最初に読んでいただくことをおすすめします。 またはメディカルな目的で使うものなので、より安全にアロマケアを取り入れて頂くためにの記事も併せて参照してください。 今回のアロマスプレーと練り香のアレンジレシピも、ローテーションできるように2通りのパターンで紹介しました。 手作りアロマクラフトの材料はナチュラルな素材であり、基本的に肌に優しいクラフトに仕上がりますが、全ての方の肌に合うとは限りません。 アレルギーのある方、敏感肌の方、トラブルが心配な方は、必ずパッチテストをしてから使用していただくことをお願いします。 精油の効果効能に関しては、アロマテラピーを学ぶ上で必要な、学術上の知識を参考に、抗菌アロマジェルに適していると思われる点を踏まえ紹介しています。 それぞれの効果効能は治療を目的としたものではありません。 精油の知識に関してご不明な点は、必ず身近で確認できるアロマセラピストや、ショップの店員、専門家に確認し安全にアロマクラフト作りを楽しんでください。 精油1滴を、ティースプーン1杯くらいのお水で薄めて皮膚に塗布します。 他の材料は、そのまま直接塗布してください。 【関連記事】•

次の