ゲップ が 出る 理由。 げっぷがよく出るのはどんな病気?ストレスとの関係とは?

げっぷ(ゲップ)はなぜ出る・成分は?

ゲップ が 出る 理由

げっぷがよく出る3つの原因 食事 最も一般的でよく起こる原因は食事によるものです。 食べ物は胃腸で消化されるときにガスを発生します。 このガスを口から排泄すべきだと体が判断したときに、そのガスがげっぷとして出てしまうのです。 なので、このガスは飲食物の消化により発生したものなので臭いがあります。 後述する呑気症のげっぷは空気なので、臭いは生じません。 消化活動の過程で発生したガスがげっぷとして口から出される原因は以下のことがあげられます。 ガスが多く発生した• 胃と食道の筋肉が緩んだ このような条件下ではガスがげっぷとして排泄されやすくなるのです。 特に脂っこい食事は多くのガスを発生させるのでげっぷが出やすくなります。 呑気症(空気嚥下症) 呑気症とは、空気を正常時より多く飲み込んでしまうことで胃に空気が溜まってしまう病気です。 呑気症(どんきしょう)は空気嚥下症ともいわれています。 これにより、お腹が張ってしまったり、げっぷやおならが多く出るようになります。 基本的に呑気症で出るげっぷは飲み込んでしまった空気が排泄されることで起こるので、ガスのように臭いはありません。 呑気症になってしまう一番の原因はストレスです。 日常の人間関係や仕事、育児、家事でのストレスあるいは将来に対する不安などが呑気症の原因となるのです。 このストレスによる呑み込む空気の量が多くなっていき、げっぷが多くなってしまいます。 また、お腹がぐるぐる鳴ることも呑気症のよくある症状のひとつです。 参考: 噛み締め症候群 噛み締め症候群は正確には呑気症になってしまう原因のひとつとして位置づけられています。 歯を噛み締めてしまうことにより、空気を呑み込みやすくなり呑気症につながってしまうのです。 なぜかというと、歯を噛み締めると舌が上顎につき、唾液が奥の方へ流れやすくなります。 この唾液と一緒に空気も呑み込んでしまうのです。 噛み締め症候群も日常の不安や緊張により起こります。 私たちはストレスを感じているときに、無意識に歯を噛み締めています。 この歯の噛み締めが習慣化することにより噛み締め症候群が生じ、結果として呑気症によりげっぷが出やすくなってしまうということです。 げっぷが多いときに注意すべき胃の病気 「げっぷが止まらない」と感じるほどよく出るときは、胃腸の病気である可能性も考えられます。 胃腸の病気の場合、腹痛や吐き気など特徴的な症状があらわれるケースもありますので、確認していきましょう。 胃酸過多症 胃酸過多症とは、胃で胃酸が必要以上に分泌されてしまう病気です。 食べ物を消化するために胃酸は必要なのですが、それ以上に分泌してしまうことでげっぷが出やすくなってしまうのです。 胃酸過多症ではげっぷ以外にも以下のような症状があらわれます。 胃もたれ• 胸焼け• 口臭 特にげっぷ、みぞおちの痛み、胸焼けといった症状があらわれたら胃酸過多症を疑いましょう。 胃酸過多症になってしまう原因は以下の3つがあげられます。 刺激的な食べ物• ストレス• ガストリンの過剰分泌 揚げ物は消化に時間がかかるため胃酸が多く分泌されます。 他にも、香辛料やアルコール、コーヒーなどは胃酸の分泌を促進させてしまいますので注意しなければなりません。 非びらん性胃食道逆流症 非びらん性胃食道逆流症とは、胃酸が食道を逆流してしまうことによりゲップ、胸やけ、胸の痛みなどの症状があらわれる病気です。 胃と食道の間にある弁が緩んでしまうことにより、胃酸が食道へ逆流し発症してしまうのです。 胃酸の逆流といえば、逆流性食道炎が有名です。 逆流性食道炎の場合は、逆流した胃酸が食道にとどまってしまうので、食道で炎症が起きてしまいます。 一方で、非びらん性胃食道逆流症の場合は食道に長くはとどまらないので食道炎は起こらないのです。 このため、非びらん性胃食道逆流症だと内視鏡検査で炎症を確かめることができないので、自覚症状で病気を発見することが大切です。 非びらん性胃食道逆流症は以下のようなことが原因で発症するとされています。 脂肪分の多い食生活• アルコールやカフェインの過剰摂取• ストレス• 姿勢の悪さ このような原因に心当たりがあり、ゲップや胸やけを感じる場合は非びらん性胃食道逆流症を疑ってみましょう。 急性胃腸炎 急性胃腸炎でもげっぷがよく出る場合があります。 急性胃腸炎だと、腹痛や下痢、吐き気などの自覚症状が分かりやすいですが、これらの症状の前兆としてゲップが多くでることがあるのです。 げっぷを止める方法 食事に気をつける 呑気症などを除いて、ゲップは消化の過程で発生するガスであるケースが多いです。 脂っこい食べ物、唐辛子などの香辛料、アルコール、スナック菓子、イモ類などは胃酸の分泌が多くなり、ゲップの原因となってしまいます。 また、寝る直前の食事は避けるようにしましょう。 睡眠時は胃腸も休まる時間です。 眠る前に食事をしてしまうと、寝ているときも胃腸が活動せざるおえなくなり、胃腸に負担がかかってしまいます。 その結果、非びらん性胃食道逆流症などの病気につながりゲップが止まらなくなってしまうのです。 さらに、早食いにも注意しましょう。 早く食事を取りすぎてしまうと、空気を多く胃の中に溜め込んでしまいゲップが出やすくなってしまいます。 ストレスを解消する ストレスは胃に大きな負担を与えるだけでなく、呑気症の根本的な原因にもなります。 ゲップの原因となるストレスは1日で溜まるものではなく、日常生活の中で徐々に溜まっていくことが多いです。 なので、上手いストレスの解消法を見つけて、ストレスを溜め込まないようにする工夫が大切です。 朝早く起きてランニングをしたり、自分の趣味に熱中できる時間を作ったり、自分なりのストレス解消法を実践していきましょう。 ツボを押す 胃腸やストレスに効果的なツボを押すこともおすすめです。 天枢(てんすう):おへそから指3本分外側にあるツボ• 太淵(たいえん):親指の付け根にある骨の出っ張りの下にあるツボ• 足三里(あしさんり):ひざの皿の外側にある骨の出っ張りから指3本分上のくぼみにあるツボ これらのツボはゲップを抑えるのに効果があるツボです。 自身で簡単に押すことができるのでぜひ試してみてください。 ゲップが止まらないときはしっかり対処しよう! ゲップがよく出る原因や病気の可能性についてお伝えしました。 ゲップが多く出るときはまずは臭いがあるかどうかを確かめるといいでしょう。 臭いがない場合は空気であるので呑気症の可能性が、臭いがある場合は消化ガスであることが考えられるので胃酸過多症などの病気が考えられます。 また、ゲップ以外の胸やけや吐き気などの自覚症状もしっかりとチェックして症状によっては病院へ行くようにしましょう。

次の

げっぷ(ゲップ)はなぜ出る・成分は?

ゲップ が 出る 理由

生まれたばかりの赤ちゃんの授乳。 飲ませ終わったら「ゲップ」をさせるようにと聞きますが、なぜ授乳後はゲップが必要なのでしょうか?「上手に出せなかったらどうなるの?」「ゲップが出ないのはやり方が悪いから?」そんなママの不安にお答えするため、助産師さんにお話を伺いました。 授乳後の「ゲップ」は必ず出るとは限らない! 「赤ちゃんが母乳やミルクを飲んだあとは、必ず『ゲップ』が出るものだと考えているママも多いですよね。 結論から言うと、ゲップは必ずしも出るものではないんです。 」 そう話すのは、埼玉県で「地域で共に育っていく」をコンセプトに、新しいスタイルの助産院「さら助産院」を経営する、あき助産師さん。 「赤ちゃんの胃はとっくり状になっているので、授乳後そのまま寝かせてしまうと、飲んだものが逆流しやすい状態です。 ゲップが必要なのは、胃の中の空気が飲んだものを押し上げることによる『吐き戻し』を防ぐためなんです。 でも、いつも赤ちゃんの胃の中に空気がたまるわけではありません。 」 では、ゲップが必要なのは、具体的にどのような場合なのでしょうか? 授乳方法や飲み方によってゲップが必要かどうかは違う 「ミルクと母乳とに分けて説明しますね。 哺乳ビンでミルクを飲む場合は哺乳ビン内が真空状態にならず、赤ちゃんのお口に空気も入ってしまいます。 そのため、 ミルクの場合は胃に空気がたまりやすくなり、赤ちゃんはゲップしたほうが楽になることが多いです。 」 一方、 母乳の場合は赤ちゃんの飲み方によって、ゲップが必要あるかどうかが変わるそう。 「赤ちゃんが上手に飲んでいるときは『ちゅぱちゅぱ』という音がしません。 これは、お口の中が陰圧(圧力が低い状態)になり空気が入らないためです。 『ウクンウクン』と飲み込む音がするのは上手な飲み方。 このような飲み方であれば、 赤ちゃんの胃に空気が入らないのでゲップが出ないこともあります。 」 また、赤ちゃんの成長段階によっても、授乳後にゲップを出す必要があるかどうかは変わってきます。 新生児期はまだ赤ちゃんも飲み方を練習中なので、ミルクや母乳を飲むときに空気をいっしょに飲みこんでしまいやすく、授乳後にゲップが出ることが多いもの。 しかし、一般的に首がすわる3カ月〜4カ月ごろになると飲み方がじょうずになり、 お座りができると、ママがゲップを出さなくても自然にゲップが出るようになるようです。 ゲップが出ないときは、無理に出そうとしないで大丈夫 赤ちゃんにゲップをさせるときの注意点はあるのでしょうか。 「ゲップの標準的な出し方は、抱っこしたまま、赤ちゃんの背中をしばらくトントンとなでさすること。 それでも ゲップが出ないときは、赤ちゃんがご機嫌かどうかを確認し、機嫌が良ければそのまま寝かせてあげます。 」 ゲップが出ないのに寝かせても大丈夫なのでしょうか。 「もしも胃に空気がたまっていれば、赤ちゃん自身が気持ち悪いので、泣いたりぐずったりします。 機嫌良くしているか、抱っこしている間に寝入ってしまうようなら、無理にゲップさせようとせず、むしろ眠らせてあげた方がいいかもしれませんね。 」 授乳後は必ずゲップさせなければいけない、というわけではないようです。 「赤ちゃんが気持ち悪そうにしているか、気持ち良さそうにしているかを目安にするといいいでしょうね。 胃にたまった空気は、ゲップではなく、オナラとして出ることもあります。 ですから、赤ちゃんが機嫌良くしているなら心配ありません。 」 それでも心配なときは? でも、赤ちゃんが気持ち悪そうにしているのにゲップが出なかったり、ゲップをしたのに寝かせると吐くような場合は、ちょっと気になりますよね。 そんなときは「 赤ちゃんが苦しくない姿勢を作ってあげると良いですよ」とあき助産師さんは言います。 「仰向けに寝かせると、赤ちゃんの吐き戻したものが気道に入ってしまうことがあるので、 赤ちゃんを横向きに寝かせると良いですよ。 コツは顔だけを横向きにするのではなく、背中を横に向けること。 こうしておくと吐き戻しても苦しくなることはありません。 」 大人が気持ち悪いときにどんな姿勢なら楽になるか考えてみるとイメージしやすいのでは?と、あき助産師さん。 「食後すぐに仰向けに寝かせられたら、大人だって消化しにくいですよね。 赤ちゃんも一緒です。 大人がラクな姿勢を、赤ちゃんにもさせてあげたいですね。 」 力みすぎず、赤ちゃんと気持ちよく過ごすことが大切 初めての赤ちゃんの場合、ママはいろいろな情報に振り回されてしまいがちです。 育児相談などでたくさんのママに接しているあき助産師さん。 「育児書のとおりゲップが出ないのは、やり方が下手だからなのでは?」と自分を責めるママも少なくないと感じるそうです。 「私も子育て経験がありますが、ゲップが出ないなあと思ったらそのまま一緒に眠ったり、抱っこしたまま夕日を見に行ったりしました。 しばらく夕日を眺めていたら、大きなゲップが出たり。 『ああ、気持ち良かったねぇ』なんて声をかけたりしながら過ごしていました。 」 「 ゲップに限ったことではありませんが、赤ちゃんも自分たちと同じ人間だと考えれば、どんなふうに対応していいか、イメージしやすいのではないでしょうか。 授乳後、お腹いっぱいになって気持ち良いときに、背中をたたき続けられたらイヤですよね。 ママは、もっと気楽に構えて子育てしてもいいんじゃないかな、と思います。 」 ゲップは必ずしも出さなければいけないものではないようです。 「少しくらい吐くのは生理現象」くらいの気持ちで、ゆったり子育てしたいですね。

次の

げっぷ(ゲップ)はなぜ出る・成分は?

ゲップ が 出る 理由

げっぷはなぜでるか?といいますと、胃にはふだんからある程度の空気がたまっています。 食道と胃とのつなぎ目の筋肉が食道に空気を逆流しにくくしているのですが、胃の中の空気が増えていくと、この筋肉がゆるんで、食道の方に空気がもれて、ゲップが出るのです。 そのため早食いなどをすると食事と一緒に空気を飲み込んしまい、げっぷが出やすくなります。 食べ物と一緒に空気をたくさん飲み込んでしまう方は早食いをしないようにして、よくかみゆっくり食べるようにしましょう。 げっぷ対策としては、消化によい物を食べるといいです。 胃の機能そのものが低下することで、たまった空気が逆流してげっぷが出たりします。 食後にすぐ出るげっぷであれば特に問題はありませんが、しょっちゅう出る場合は病気の可能性もあります。 胃に痛みがありげっぷが出る場合は、胃炎・胃かいようの可能性も考えられます。 ふだんから空気を飲み込んでしまう場合でもげっぷがよく出ます。 この場合、おもな原因は精神的なストレスになります。

次の