マイナビ マイナビ看護師。 『マイナビ看護師』3つの特徴を紹介!病院以外の転職先も豊富

看護師の求人・転職・募集なら【マイナビ看護師】

マイナビ マイナビ看護師

看護師バイトで 不安に思ってる方へ 現在、正看護師資格を勉強中で、准看護士として働くのは不安なのですが、大丈夫でしょうか? 大きな総合病院では正看護師の身に着けている知識などは必須といえますが、実は小さな専門クリニックや介護施設では准看護士の方でもほとんど問題ないケースも多いです。 決して准看護師だからと引け目を感じずに、経験やスキルを活かして活躍してる方も多いですよ。 職場に慣れさえすれば、過去の看護師経験を活かして活躍できるので、過度な心配は無用といえます。 まずは復職への第一歩を条件の良いバイトで踏み出してみましょう。 病院やクリニックなどの医療機関においては、看護師の絶対数が不足しているというのが実情のようです。 そういった状況の中で、常勤スタッフの不足分を補ったり、業務の負担を軽くしたりするために、バイトを募集するケースも存在するそうです。 例えば、深夜に勤務するスタッフの数が少ない場合には、夜間だけの仕事をするパートタイマーやアルバイトを採用し、仕事を任せることがあります。 体力や精神力が鍛えられるうえ、普段経験できないことをアルバイトとして経験できるのも魅力の一つだと思います。 それらの仕事は、いくらアルバイトであるからと言っても、看護師の資格を有していなければ取り組むことは出来ませんので、注意する必要があります。 また、勤務することの決まった医療施設では、常勤スタッフなどからレクチャーがあるとは思われますが、新たな環境でレベルアップ出来るかと思います。 准看護師や看護師のライセンスを有している人は、それらの資格を有効活用して、アルバイトをすることも検討してみられてはいかがでしょうか?例えば、看護師の資格保持者を対象として、健康診断の補助や治験の電話対応などといった業務内容の日払いアルバイトが募集されるケースもあるということです。 その種の仕事では、働いた日に給料が支払われますので、取り急ぎまとまった資金が必要になったり、給料日前で生活費が不足していたりする人には、持って来いのアルバイトではないかと思われます。 ただし、検診は、ほとんどの場合4月から5月にかけておこなわれますので、求人募集がなされないシーズンが多いということにも注意を払う必要があります。 それらの仕事を探すためには、看護師の人材派遣をおこなっている会社に登録するのもひとつの方法です。 ただし、その場合はアルバイターではなく、派遣社員という雇用形態になりますので、注意する必要があります。

次の

【マイナビ看護師】口コミ・評判まとめ

マイナビ マイナビ看護師

どんな 職種? 患者のそばで回復をサポートし、医師の診察・治療を補助 看護師は、けがや病気の患者の回復を支える仕事。 診察や治療、手術を行う医師の仕事をサポートし、患者の症状に合わせて世話をする。 健康に不安を抱える患者を支えて励ますという精神的ケアも、看護師の役目である。 主な勤務先は病院や診療所。 総合病院では外来、病棟、手術室などに配属先が分かれるため業務内容が異なる。 外来は、カルテ整理や電話応対などの事務的な仕事も多い。 病棟では、毎日患者の身体の状態を確認し、医師に伝達。 手術室では、器具の準備や執刀の補助などを行う。 こんな人に おすすめ! 患者の立場になって行動できる献身的で誠実な心 患者を身体的・精神的に支える看護師には、自分よりもまず相手のことを考えて行動できる献身的な態度が必要とされる。 患者との信頼関係を築くための誠実さと、目には見えない不安や苦悩を理解し、緩和できるコミュニケーション能力も大切。 また、いかなる場合にも医師の指示に従って適切な処置が行える、冷静さや機敏さも求められる。 看護師を目指すなら• 大学・短大・専門学校 必要な学び:医学、看護学、保健衛生学• 国家資格:看護師• 採用試験 就職先:病院、診療所、開業医院、老人保健施設など• 看護師• Point1 「看護師」の国家資格を取得するには、大学または養成学校などで学んで国家試験に合格する必要がある。 学びの基本は看護学などだが、高校では生物・化学・数学が最も近い分野となる。 Point2 病院・診療所はもとより、昨今の高齢化に伴い、在宅の寝たきり患者に対する訪問看護や、特別養護老人ホームなどの社会福祉施設における看護師の必要性が高まっている。 この職種とつながる業界 どんな業界とつながっているかチェックしよう!• この職種とつながる学問 どんな学問を学べばよいかチェックしよう!• 医療治療系のその他の仕事• 適学・適職診断 無料!自分の性格も分かる! 「マイナビ進学 適学・適職診断」は将来進む道を決める時のヒント・道具として作られました。 あなたの興味や好みを導き出し、その結果からあなたの行動パターン、向いている仕事のタイプを判定します。 またその仕事を目指すために必要な学問や資格情報も調べることができます。

次の

マイナビ看護師|口コミ・評判から特徴・登録メリット徹底調査

マイナビ マイナビ看護師

その中で、マイナビ看護師の特徴として最初にお伝えしたいのは、業界大手のマイナビが母体になっていること。 どんなサービスにも共通していえることですが、運営元の規模が大きい場合は、「体制」や「マニュアル」など、基本的な仕組みがしっかり整っているものです。 マイナビ看護師は大手なので、 迷ったらココを選んでおくと無難、といっても過言ではありません。 医療従事者である筆者は、コメディカル向けの「マイナビコメディカル」を利用したことがあります。 その際も、 対応の速さに驚き、組織や仕組みがきちんと完成されている印象を受けました。 会社によっては最低限の連絡さえくれないこともありましたが、マイナビブランドだとそのあたりは安心できます。 基本的にはキャリアアドバイザーと直接対面することになります。 ただ、「わざわざ会って面談なんて面倒」と感じる方が多いのも当然です。 なにしろ、看護師は忙しい毎日を過ごしています。 しかし、1対1で話をするうちに、自分の働き方や仕事に対する価値観を見直す機会になったり、何を優先すべきか考えることができたりするものです。 転職に対する思いの丈をぶつけて、理想の働き方を探していきましょう。 ちなみに、 遠方の方、時間の都合がつかない方、面談を希望しない方は、電話での対応を希望してもOK。 医療業界に精通していることは強みです。 そして、マイナビ看護師では、 担当者が病院や施設を定期的に来訪しています。 マイナビ看護師の担当者は、その時点での採用状況だけでなく、 職場の体制や雰囲気についても、実際に足を運んでチェックをしているのです。 看護師の世界は女性が多いこともあり、特有の人間関係が構築されているものです。 職場の雰囲気を重視したい方も多いはずですが、 求人情報には載らないような、踏み込んだこと まで教えてもらえる点がメリットです。 これは、自力での転職では得られない情報ですよね。 気になることがあれば、キャリアアドバイザーにどんどん質問しましょう。 マイナビ看護師は、 全国各地にオフィスを設けており、拠点が多いことがメリットです。 [おまけ]マイナビ看護師に登録するだけで特典がもらえる! マイナビ看護師に登録して、登録フォームで「特典を希望する」という欄にチェックを入れておくと、後日特典が郵送されてきます。 これは、実際に転職したときに送られるのではなく、 登録しただけでGETできるものです。 その特典の内容とは・・・• リラックマボールペン&クリアファイル• 看護師転職サポートブック この2つになります。 「意外と地味」と思ったでしょうか。 それとも、「無料でもらえるならラッキー」と感じたでしょうか? 筆者はキャラクターものはあまり使う習慣がないので、最初は「リラックマ…かわいいけど…」というのが正直な印象でした。 でも、特に3色ボールペンは自宅にあると何かと重宝して、気がつけばよく使ってしまっています。 そして、 転職サポートブックには役立つ情報が詰まっているので、もらっておいて損はありません! 全体的に、 バランスのいいサービスだと感じました!リラックマの特典は、僕にはちょっとかわいすぎますけど…あれば活用します! マイナビ看護師のデメリット マイナビ系列のサービスに共通していることですが、 「連絡がとにかく多い」という欠点があります。 希望に合った求人があれば電話がかかってきますし、メールの頻度も高めです。 看護師として毎日忙しく働いていて、ふとスマホをみたときに着信やメールがたくさんきていたら、疲れてしまう人もいるでしょう。 ただ、物は考えようで、連絡が多い=デメリットとも言い切れないのです。 連絡が多い ・わずらわしいが、 熱心な対応とも受け取れる 連絡が少ない ・気楽だが、 雑な対応とも受け取れる ・最悪、放置される場合もある… 連絡が多すぎるのもストレスになりますが、 逆になんの連絡もしてくれない場合も困ります。 筆者の場合は、転職エージェントに登録して、最初の連絡や返信をきちんともらえなかったこともあるので…。 電話対応が負担であれば、最初に「忙しいので、メールやショートメールでのやりとりを希望」とはっきり伝えておくことをおすすめします。 そして、 放置されるよりはマシと考えてみると、連絡の多さに対するストレスが少し軽減されるかもしれません。 マイナビ看護師の口コミ・評判 マイナビ看護師のメリット、デメリットについて整理しましたが、同じサービスを利用しても、人によって感じ方はさまざまです。 SNSにはリアルな声が寄せられていました。 転職活動において、情報収集力は成功を左右する大切なポイント。 自力で調べるよりも、業界のことを知っているキャリアアドバイザーにサポートしてもらったほうが、情報収集がスムーズに進むのは納得です。 希望に応じて、美容外科クリニックで働くという選択肢を提示してもらったり、認定看護師の教育に力を入れている施設を紹介してもらったり…。 まず、 やはり「電話とメッセージの多さ」が気になる看護師さんはいるようです。 筆者もガンガン連絡がくるのは苦手なほうなので、共感できる部分はあります。 最初に「メール連絡希望」と伝えることはできますが、それでも多少電話はくるので、どうしてもストレスになりそうであれば他のサービスを検討しましょう。 そして、「転職するか迷っている人にはおすすめできない」といった主旨の口コミも。 キャリアアドバイザーの連絡が多めだと、 「しつこい」という印象を受けてしまう人もいるでしょう。 もちろん、情報収集のみが目的でも利用できますが、多かれ少なかれ、転職に対する意志・意欲がある人に向いているサービスです。 街中にあるマイナビ看護師のポスターにも、波瑠さんが登場していることも。 サービス内容とは直接関係ありませんが、話題になっているようです。 口コミをみていると、波瑠さんが人気のある女優さんだということがわかります。 このように女優さんを起用できるのも、大手のマイナビだからこそですね! 自分のペースを重視したい人におすすめの転職サイトは? マイナビ看護師は、情報収集を進めるうえでは使ってみて損はないサイトです。 しかし、 「電話がかかってくるのはどうしても嫌」「まずは自分でゆっくり求人を眺めたい」という気持ちがある看護師さんもいるでしょう。 そんな方は、「スカウト型」の転職サイトも視野に入れてみてください。 医療従事者向けのスカウト型転職サイト「ジョブメドレー」 ジョブメドレーは、マイナビ看護師のように、至れり尽くせりの対応をしてくれるサービスではありません。 一応、サポートしてくれる人はいるのですが、こちらから聞いたことに対して最小限の支援しかしてくれません。 ただ、ジョブメドレーには大きな魅力があります。 これは「スカウト型」の転職サイトなので、 登録しておくと病院や事業所からスカウトがきます。 それも、気になったときだけ返事をすればOKなので気楽です。 筆者も実際にこの転職サイトを登録して使ったことがあり、たくさんスカウトをいただけましたが、自分の市場価値を確認できてうれしかったですよ! そのときの体験談はでご紹介しています。 マイナビ看護師とジョブメドレー、おすすめはどっち? マイナビ看護師とジョブメドレーは、「どちらがいい」というわけではありません。 どちらもそれぞれ違う魅力があるサービスですし、人によって向き・不向きはあります。 次の表で特徴を比較してみましょう。 マイナビ看護師 ジョブメドレー サービス エージェント型 スカウト型 求人 担当者に紹介してもらう 自分で探す 自分で探す スカウトを待つ メールやLINEで通知してもらう サポート 履歴書や職務経歴書の支援 面接や連絡の代行 基本的には自分で進める 電話相談窓口はある 連絡方法 電話・メールが多い 電話がこない メールが少ない(月に2〜3通ほど) お祝い金 なし あり おすすめできる人 転職のプロに相談したい! 気楽さ・自由さを重視したい! このように、マイナビ看護師は全面的にバックアップしてくれるのですが、ジョブメドレーでは基本的にスカウトをもらいながら自分で転職活動を進めます。 ジョブメドレーは、 電話がかかってくるのが嫌という人には自信を持っておすすめできす転職サイトです。 一方、キャリアや転職について誰かに相談したり、面倒な諸手続きを代行してもらったりしたいのであれば、マイナビ看護師のようなサービスが向いているでしょう。 また、ジョブメドレーでは転職したらお祝い金がもらえる制度があります。 求人や年収にもよりますが、 看護師の場合は数万円のお祝い金がもらえるのです!自分で主体的に進めた分、お祝い金がもらえると考えるといいでしょう。 どっちを使うか迷っちゃうわねぇ…。 とりあえずタイプの違う2社を併用してみて、 気に入ったサービスにしぼっていくのもアリかもしれないわ! どちらも退会方法はシンプル! マイナビ看護師、ジョブメドレーともに、退会方法はとてもシンプル。 マイナビ看護師の場合は、利用規約に記載されているメールアドレス(privacy-info mynavi. jp)に退会申請をすればOK。 ジョブメドレーの場合は、一度ログインして、退会申請ページから手続きすることができます。 退会時にしつこく勧誘されることもなく、手続きはあっさり完了します。 そもそも、求職者が複数の転職サイトに登録しているケースが少なくないことを、各社の担当者は理解しています。 「転職先が決まった」「情報収集が終わった」「自分には合わなかった」など、どんな理由でも退会してしまって問題ナシです!.

次の