よろしく お願い し ます 類語。 「ご指導のほど」の意味と使い方・例文・敬語・類語|年賀状

ご査収の程よろしくお願いいたしますの意味・使い方・例文・英語

よろしく お願い し ます 類語

今後とも。 今後ともお付き合いの程よろしお願いします。 今後ともお引き立てのほうよろしくお願いいたします。 今後ともご愛顧(ごあいこ)の程よろしくお願いいたします。 今後ともご指導の程よろしくお願いいたします。 「お引き立て」や「」は、「する」という意味の丁寧な表現で、常日頃からお世話になっていたり、よくしてもらっている相手に対して使う言葉です。 例えば、取引先の会社がいつも自分の会社の商品を注文してくれているという場合などは、「これからもどうぞうちの商品をご贔屓にしてくださいね。 」というニュアンスを込めて挨拶しましょう。 また、「今後ともご指導の程よろしくお願いします。 」は、特に上司や社長さんなどビジネス上での先輩、指導をしてくれている人に使います。 上司などにも「今後ともよろしくお願いします。 」と使うことはできますが、「今後ともご指導の程よろしくお願いします。 」の方が、より丁寧な言い方です。 2-2.結びの言葉(手紙を締めくくるための言葉) 「今後とも」は、口頭でも使う言葉ですが、手紙やメールなどの書き言葉として使われることが多く、一番最後の結びの言葉として使われます。 本来、ビジネスメールや丁寧な手紙文書などは、初めの挨拶と終わりの挨拶を入れるのが基本です。 初めの挨拶は「いかがお過ごしでしょうか」や「はありがとうございました。 」など、過去や現在のことに触れた挨拶をします。 そしてメール・手紙の本題に移り、 最後に「今後とも」というフレーズで、これからの未来もよろしくお願いします、というように結ぶと非常にスムーズな流れ。• 1回だけのお付き合いの相手には、「 また機会がありましたら、どうぞよろしくお願いいたします。 」などといった「次回またお付き合いすることがあれば」というニュアンスで締めましょう。 」と締めるのは非常に違和感があります。 相手によっては、今回のミスをに受け止めていないのではないか、と不快な思いをさせてしまう可能性もあるので、使わないようにしましょう。 トラブル対応などで迷惑をかけている時には「 この度は大変でした。 」「 重ねて。 」など、しっかり反省していることを伝えるフレーズにしましょう。 また、問題などが既に解決した時には、「この度は誠にありがとうございました。 」など感謝の気持ちを伝えることも大切です。• これから先も仲良くしていこう。 将来的にもいい関係が気づけたらいいと思っています。 以後も同様の手順で進めることとします。 ビジネスのメールや挨拶などではこれらの類語よりも 「今後とも」の方がフォーマルな言い方で使いやすいですが、「今後とも」を使うとかえって不自然になる場合もあります。 そんな時は、同じニュアンスで使える類語を使ってみてください。 4.「今後とも」の英語表現 英語で「今後とも」と表したい時には、 continued(引き続いた)のワードを用いることが多いです。 ビジネスメールの締めのフレーズとして、「今後ともよろしくお願いいたします。 」をそのまま直訳した英語はありません。 しかし、同じようなニュアンスで書きたい時には、以下のフレーズを使うことができます。

次の

「今後とも」の例文・ビジネス・メールでの挨拶方法・類語|よろしく

よろしく お願い し ます 類語

「何卒よろしくお願い申し上げます」は、「どうかよろしくお願いします」を自分より目上の人やお客様に丁寧に、へりくだって訴えかける表現です。 「何卒よろしくお願い申し上げます」は具体的にどのような使われ方をするのでしょうか。 下記では「何卒よろしくお願い申し上げます」の例文をご紹介します。 今後とも これから先、相手と自分との関係が続くことを強調したい場合に、「今後とも」を「何卒よろしくお願い申し上げます」の前に付けて、「今後とも何卒よろしくお願い申し上げます」とします。 自分との継続的なやり取りを、相手にへりくだって訴えかけることができ、ビジネスメールなどでは使用頻度が高い表現です。 ご検討のほど 相手に検討してほしいことがある時は、「ご検討のほど」を「何卒よろしくお願い申し上げます」の前に付けて、「ご検討のほど、何卒よろしくお願い申し上げます」とします。 その他にも、チェックしてほしいことがある場合には「ご査収のほど」、了承してほしいことがある場合は「ご了承のほど」が使えます。 ほかにも「ご理解のほど」、「ご連絡のほど」、「ご指導のほど」など、「何卒よろしくお願い申し上げます」の前の言葉を、相手に求めることに応じて入れ替えれば、場面に応じて使い分けることができます。 ~いただきますよう 相手にへりくだって、具体的にお願いすることがあるとき、「~いただきますよう」を「何卒よろしくお願い申し上げます」の前につけて、「~いただきますよう、何卒よろしくお願い申し上げます」とします。 「いただきますよう」は、「もらう」の謙譲語「いただく」と、「するように」の丁寧な表現「ますよう」が合わさってできた言葉です。 相手に何らかのお願いをする際に使います。 例として、「ご承諾いただきますよう、何卒よろしくお願い申し上げます」、「お取り計らい頂きますよう、何卒よろしくお願い申し上げます」、「ご理解を賜りますよう、何卒よろしくお願い申し上げます」などがあります。 お忙しいところ恐れ入りますが 多忙な相手に配慮する表現として、「お忙しいところ恐れ入りますが」を「何卒よろしくお願い申し上げます」の前に付けて、「お忙しいところ恐れ入りますが、何卒よろしくお願い申し上げます」とします。 似たような表現に、「お忙しいところ恐縮ですが」があります。 どちらも同じような意味で、特に使い分けに注意する必要はありません。 どちらも相手に対し、自分のために時間を割いてもらうことを申し訳なく思う意味が込められています。 大変恐縮ですが 相手に対して申し訳ない気持ちがあってお詫びしたい場合に、「大変恐縮ですが」を「何卒よろしくお願い申し上げます」の前に付けて、「大変恐縮ですが、何卒よろしくお願い申し上げます」とします。 似たような表現に、「恐れ入りますが」、「たびたび恐れ入りますが」などがあります。 相手に対し手間をかけさせることや、自分のしたことをお詫びする意味が込められています。 お手数をお掛けいたしますが 相手に労力をかけさせて申し訳ない気持ちがある時、「お手数をお掛けいたしますが」を「何卒よろしくお願い申し上げます」の前に付けて、「お手数をお掛けいたしますが、何卒よろしくお願い申し上げます」とします。 「お手数をお掛けいたしますが」は、相手に労力を割いて貰うことに対するお詫びの気持ちと、感謝が込められた言葉です。 「何卒よろしくお願い申し上げます」の類語 「何卒よろしくお願い申し上げます」は言い換えのできる言葉、類語が複数存在します。 「何卒よろしくお願い申し上げます」の類語・言い換えにはどのようなものがあるのでしょうか。 何卒よろしくお願いいたします 「何卒よろしくお願い申し上げます」の類語には、「何卒よろしくお願いいたします」があります。 「何卒よろしくお願い申し上げます」が目上の方やお客様に対してへりくだって使うのに対し、「何卒よろしくお願いいたします」は謙譲の意味が薄れ、社内の人にも違和感なく使うことができます。 また、「是非ともよろしくお願い申し上げます」、「引き続きよろしくお願い申し上げます」など、「何卒」を別の言葉に言い換えることで、違うニュアンスで相手に訴えかけることができます。 何卒ご容赦くださいますようお願い申し上げます ビジネスの場では、「何卒よろしくお願い申し上げます」を使う場面が多々あります。 例として、相手の会社と取引を始めた時は、用件の文章の最後に「今後とも、何卒よろしくお願い申し上げます」と使います。 また、相手に交渉を持ちかけて、検討を促す場合は「どうかご検討のほど、何卒よろしくお願い申し上げます」と使います。 書類を同封した封書の添え状なら、「下記の書類をお送りいたしますので、ご査収くださいますよう、何卒よろしくお願い申し上げます」とします。 メール 「何卒よろしくお願い申し上げます」はメールの末尾に最適な文章です。 「何卒よろしくお願い申し上げます」は、メールの本文中にも使う事ができますが、あまり多用するとくどい印象になるため、一回のメールに使う回数は一度にすると良いでしょう。 年賀状 「何卒よろしくお願い申し上げます」は年賀状の挨拶としても使えます。 「何卒よろしくお願い申し上げます」は、普段は目上の方やお客様に対して使う事が多い文ですが、年賀状の場合は社内の先輩や親せきに対しても使う事ができます。 例として、「今年も何卒よろしくお願い申し上げます」、「本年もご指導のほど、何卒よろしくお願い申し上げます」と使います。 相手が取引先やお客様なら、「本年も変わらぬご愛顧のほど、何卒よろしくお願い申し上げます」とします。 履歴書 「何卒よろしくお願い申し上げます」は目上の方に対して使う事が多い表現です。 「何卒よろしくお願い申し上げます」を目上の人へ使う場合はどのようなことに気を付ければ良いのでしょうか。 「何卒よろしくお願い申し上げます」はへりくだった、謙譲の意味が強い丁寧な表現です。 「何卒よろしくお願い申し上げます」は一般的に社内の人には使わず、取引先の会社やお客様に対して使います。 社内でも相手が社長など、自分よりかなり立場が上の場合は使うケースがあります。 ただし先輩や上司に宛てた社内メールでは、「何卒よろしくお願い申し上げます」は行き過ぎた表現に思えるため、「どうぞよろしくお願いいたします」を使うと良いでしょう。 「何卒よろしくお願い申し上げます」の誤用は? 「何卒よろしくお願い申し上げます」を「何卒よろしくお願いします」とするのは違和感があります。 「何卒」は「どうぞ」や「どうか」を丁寧にした言い方なので、後に付く言葉もそれに合わせて丁寧にする必要があります。 また、「何卒よろしくお願い申し上げます」は目上の人やお客様に対して使う言葉なので、「何卒」に続く言葉は「よろしくお願いします」ではなく、「よろしくお願い申し上げます」もしくは「よろしくお願いいたします」とします。 その他にも、「何卒」自体には「どうぞ」という意味もあるため、「どうぞ、何卒よろしくお願い申し上げます」と重ねて使うと違和感があります。 「どうぞ」と「何卒」は、どちらか片方を使うようにしましょう。 「何卒よろしくお願い申し上げます」を使いこなそう 「何卒よろしくお願い申し上げます」は、「どうかよろしくお願いします」をより丁寧にした表現で、自分より立場が上の人やお客様に対して使います。 「何卒よろしくお願い申し上げます」の使い方として、「今後とも」を付けて「今後とも何卒よろしくお願い申し上げます」としたり、「ご検討のほど」を付けて「ご検討のほど、何卒よろしくお願い申し上げます」としたりすることで、自分の要望を相手にへりくだってお願いすることができます。 「何卒よろしくお願い申し上げます」は就活やビジネスのメール、書類で幅広く活用できます。 「何卒よろしくお願い申し上げます」の使い方を覚えて、日常で使いこなしましょう。 ドライバーの仕事情報を探す 現在転職先にトラックドライバーを考えている方は豊富なドライバー求人を案件を持つドライバーワークスへ!.

次の

よろしくお願いしますの敬語・使い方は?英語・中国語・韓国語表現も

よろしく お願い し ます 類語

この記事の目次• とてもよく使用される「今後とも」 社会人の方は取引先との商談やメール・電話でのやりとりで、また学生さんや主婦の方でもドラマのワンシーンなどで、「今後とも」という言葉を、よく使用したり耳にします。 今回は、その「今後とも」を使用したすぐに使える文章や、似ているようで少し意味の違う言葉など、知っていて損はないことを紹介します。 「今後とも」の意味 まず初めに、「今後とも」の意味を紹介します。 「今後とも」とは、文字どおり、「今も後も」という意味を持つ言葉です。 「今と同じようにこれからも」「継続的に」といった意味ですので、「これからも関係を続けていきたい」と思っている相手に対して使用すると、良い印象を持ってもらえることができます。 この「今後とも」という言葉を使用することで、相手に対しての好意や信頼、関係に前向きであったり、明るい関係を希望している、といったプラスの気持ちが、相手にも伝わるでしょう。 「今後とも」はビジネスシーンで大活躍 では次から、「今後とも」に続けてよく使用される言葉や、その言葉の意味、「今後とも」と一緒に使用した例文などを見てみましょう。 今後とも「よろしくお願いいたします」 まずは、「今後ともよろしくお願いいたします」を見てみましょう。 この言葉は本当によく耳にしますし、とても使用しやすい言葉です。 ビジネスシーンで、とてもよく使用されてい ます。 使い方ですが、「今後ともよろしくお願いいたします」だけでも十分良いのですが、ここにさらに、「何を」今後ともよろしくお願いいたしますなのか、を付け加えると、文章が具体的・明確になり、より良い印象を受けます。 例文を挙げますと、「今後ともご愛顧の程、よろしくお願いいたします。 」や、「今後ともお付き合いいただきますようよろしくお願いいたします。 」です。 「今後ともよろしくお願いいたします。 」と比較すると、相手が何を伝えたいのかがとても分かりやすいです。 また同じように、「今後ともよろしくお願いいたします」に「何卒」という、「どうぞ」「どうか」という意味を持つ言葉を付け加えることで、丁寧な言葉となり、より良い印象の言葉となります。 今後とも「ご指導」 次に、「今後ともご指導」というフレーズを見ていきましょう。 「ご指導」の意味は、相手が自分にしてくれた指導や教育のことを指します。 使用されるシーンとしては、先輩や上司、目上の人など、お世話になっている人に感謝する際、または、結婚式・披露宴で出席してくれたゲストへ向けた新郎の謝辞の締めの言葉の中で、使用されます。 ・「会社の更なる発展に貢献できますよう、精進して参りますので、今後ともご指導ご鞭撻の程、何卒よろしくお願い申し上げます。 」 ・「今後ともご指導を賜りますよう、何卒よろしくお願いいたします。 」 ・「未熟なふたりでございますが、これからの人生をふたり支え合って共に歩んで参りたいと思います。 皆さまには今後とも変わらぬご指導ご鞭撻をいただきますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。 」 「ご指導」とセットでよく使用される「ご鞭撻」 また、上記例文にも使用しましたが、「ご指導」とセットでよく使用される言葉に、「ご鞭撻」という言葉があります。 「ご鞭撻」の読み方は「ごべんたつ」で、意味は「鞭をうって戒めながら強く励ますこと」です。 その意味から、厳しい指導という印象を持ちます。 今後とも「変わらぬ」 次に、「今後とも変わらぬ」というフレーズを見てみましょう。 「変わらぬ」の意味は、「今の関係をそのまま」という意味です。 ・「今後とも変わらぬご愛顧の程、何卒よろしくお願い申し上げます」 ・「今後とも変わらぬご指導の程、よろしくお願い申し上げます」 ・「変わらぬご支援をよろしくお願いいたします」 4. 今後とも「お引き立て」 次に、「今後ともお引き立て」を見てみましょう。 「お引き立て」の意味は、「特定のものを重んじて目をかける」「ひいきする」という意味で、主に顧客に対しての感謝の気持ちを伝える場合に使用されます。 長年取引のある顧客や、取引額の大きい顧客に対して使用する言葉ですが、初めての取引で取引の実績のない顧客に対しても使用されることがあります。 ・「今後とも変わらぬお引き立ての程、何卒よろしくお願い申し上げます。 」 ・「貴社にはいつもご愛顧いただき、誠にありがとうございます。 今後ともお引き立ていただきますよう、よろしくお願い申し上げます。 」 5. 後とも「引き続き」 次に、「今後とも引き続き」を見てみましょう。 「引き続き」の意味は、「途切れることなく」「中断することなく」「今の取引はまだ終わっていないのでこのまま続いて」といった意味です。 例を挙げますと、「今回の案件につきましての見積書を、取り急ぎお送りいたします。 お忙しいかと思われますが、今後とも引き続きよろしくお願い申し上げます。 」というように使用されます。 取引が継続している最中に会話やメールをした時の締めの言葉の中で使用されることが多いです。 今後とも「ご愛願」 次に、「今後ともご愛願」を見てみましょう。 「ご愛願」の意味は、「ひいきする」「目をかける」「引き立てる」といった意味を持ち、「ご愛顧」の誤りです。 目下の立場の人が目上の立場の人に対して使用する言葉で、使用されるシーンとしましては、ビジネスシーンでは企業が顧客や取引先に対して使用したり、また日常的な場面ですとデパートの粗品やセールのチラシの挨拶文によく使用されています。 ・「日頃より格別のご愛願をいただき、誠にありがとうございます。 今後とも変わらぬご愛願の程、何卒よろしくお願いいたします。 」 ・「皆様のおかげでここまで来ることができました。 今後とも末ながくご愛顧賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。 」 7. 今後とも「何卒」 最後に、「今後とも何卒」を見てみましょう。 読み方は「なにとぞ」で、意味は「どうぞ」や「どうか」です。 「何卒」という言葉は、文章に使用すると、丁寧な気持ちで心の込もっている、というような良い印象を与えることができます。 ・「今後とも何卒よろしくお願い申し上げます」 ・「今後とも何卒ご指導の程お願い申し上げます」 ・「今後とも何卒お引き立て賜りますようお願い申し上げます」 また、「今後ともよろしくお願い申し上げます」と「今後とも何卒よろしくお願い申し上げます」の二文を見てみましょう。 「何卒」以外は同じ言葉ですが、「何卒」が含まれている後者の方が、丁寧で気持ちが込もっているように感じ、言われた方もより気分が良いでしょう。 「何卒」があるかないかだけで、相手の受ける印象がとても変わってきますので、大切な言葉です。 「今後とも」を使用したメールでの挨拶方法は? 「今後とも」とは、とても使用しやすい言葉です。 「今後とも」を使用した代表的なフレーズは、「今後ともよろしくお願いいたします」でしょう。 また、「何を」「具体的に」を付け加えると、より的確に自分の気持ちが相手に伝わるでしょう。 例えば、「今後ともよろしくお願いいたします」より「今後ともお引き立ての程よろしくお願いいたします」や「今後ともご愛顧の程よろしくお願いいたします」の方が、「何を」今後ともと言いたいのかが明確でしっかりと相手に伝わります。 そして、ビジネスシーンで最初に持ってくる言葉が「お世話になります」というように、取引が終わった時やメールの最終文など最後の挨拶の中で持ってくる言葉に「今後とも」が頻繁に使用され、ビジネスでは締めの定型ワードとなっています。 「これからもあなたと関係を続けていきたい」と思っている相手には、ぜひ使用してみましょう。 では次は、「今度とも」に似た意味を持つ言葉、類語を紹介します。 「引き続き」の意味は、「途切れることなく」「中断することなく」「ずっと続けて」という意味を持ちます。 ビジネスシーンでは、取引が継続中である時に使用し、「今の仕事はまだ終わっていないのでこのまま続いて・・」という意味となります。 そんな「引き続き」に対して、「今後とも」は、「この先も」「今の取引や仕事が終了して連絡が一旦途絶えても、次の機会でまた」といった意味を持ちます。 言葉だけを見ると、同じ意味のような印象で同じように使用しても良いかと思ってしまいそうですが、意味が全然違います。 この2つは、言葉も似ていて、意味もほとんど同じですが、少しだけ意味が異なります。 「今後とも」という言葉は、「今もこれからも」という意味で、現在と未来に重点を置いている言葉です。 それに対して「今後も」は、「この後も」という意味で、未来のことのみに重点を置いている言葉です。 例文を挙げますと、「今後ともよろしくお願いいたします」という言葉は「今もこの後もよろしくお願いします」という意味を持ち、「今後もよろしくお願いいたします」は「この後もよろしくお願いします」という意味を持ちます。 そのような意味から、「今後も」より「今後とも」を使用する方が、相手に対して丁寧な表現をすることができます。 「末ながく」の意味は、「いつまでもながく」「遠い将来までいつまでも」という意味を持ちます。 とても印象の良い言葉なので、ビジネスシーンだけでなく、新しく共に歩む新郎新婦へ向けた祝福の言葉としても使用されます。 「引き続き」や「今後も」は主にビジネスシーンで使用されますが、「これからも」や「ずっと」は友人や家族との日常会話、先生との会話などで気軽に使用できる言葉です。 「今もこれからも」は色々な相手や状況で使用する言葉なので、その相手との関係や状況に合わせて言葉を使い分けると良いです。 「今後とも」は相手との関係を良好にする良い言葉.

次の