ドキン ちゃん 青。 ジャムおじさん役の増岡弘が悲痛「ドキンちゃんそれはないよ!」/芸能/デイリースポーツ online

ドキンちゃんはどこからきたの?ばいきんまんとの関係は?兄妹なの?

ドキン ちゃん 青

日本テレビ「それいけ!アンパンマン」のドキンちゃんの声などで知られる声優の鶴ひろみさんが16日夜、東京都中央区の首都高速上に止めた車内で意識不明で見つかり死亡していたことが17日、分かった。 57歳だった。 行政解剖によって病死と判明。 所属事務所の青二プロダクションは大動脈はく離とした。 通夜や告別式は親族のみで行う。 ドキンちゃんを演じた鶴さんの訃報に、「アンパンマン」の仲間が悲しみのコメントを寄せた。 ジャムおじさん役の増岡弘は「それはないよ!それはないよ!ドキンちゃんそれはないよ!月曜日に、あんなに元気に楽しくやっていたのに!」と悲痛な叫びをつづった。 ばいきんまん役の中尾隆聖は「30年間も一緒にやらせていただいたドキンちゃん。 ハザードをつけていたと伺ったとき、鶴さんらしいと思いました。 どんな状況でも最後までキッチリと周りの迷惑を最小限に…そんな想いがあったのではないでしょうか」と残念がった。

次の

ドキンちゃん

ドキン ちゃん 青

【ざつだん!】シリーズは、私ツベルクリンが日々考えていることを垂れ流していく日常系記事シリーズです。 今回のテーマは、 「 ドキンちゃんの魅力を語る記事」です。 前回の【ざつだん!】シリーズの記事はこちら 日本には色んなアニメキャラクターがいらっしゃいます。 数多くのアニメキャラのうち、最も魅力溢れるキャラクターは 『アンパンマン』に出てくる ドキンちゃんであることは言うまでもありません。 そんな彼女の魅力をいくつかご紹介していきます。 <ドキンちゃんの魅力>• 仲間だから対等な関係性かと思いきや、2人の間には明らかな力関係が存在します。 2人が出会ったきっかけというか設定は、アンパンマンを倒すためにバイキン城で1人暮らしをしていたばいきんまんの所に加勢しにやってきた、というものです。 ドキンちゃんは、ばいきんまんにとって助っ人なのです。 ドキンちゃんは、ばいきんまんに会うなり、 『とにかくわたしはあんたのお客さまなんだから、言うこと聞いてくれなくちゃ駄目よ。 あーわたしお腹がすいたわ。 オレンジジュースとハンバーガーが欲しいな~』といきなりドSモードで接します。 ドキンちゃんは、居候させてくれているばいきんまんに対し、徹底したパシリ役としてこき使います。 だったら、ばいきんまんは『 オレ様の言う事を聞かないと、居候させてあげないぞ!』とドキンちゃんを脅せばいいのです。 でも、話は簡単ではなく、心のどこかでドキンちゃんに好意を抱いているのではないかと思うのです。 ですから、例え理不尽な目に遭っても、ばいきんまんはドキンちゃんに頭が上がらないのです。 『アンパンマン』の主人公はアンパンマン、サブ主人公はばいきんまんです。 ドキンちゃんはあくまでサブキャラであり、ばいきんまんのバーターとして出てくるだけなのです。 では、ドキンちゃんはどうやって自分の存在感を示しているかというと、毎回毎回" 自分ここにいますアピール"を欠かさないのです。 ばいきんまんとドキンちゃんがアンパンマン達の目の前に現れた時、アンパンマンは 『出たな、バイキンマン!』と言い放ちます。 ドキンちゃんもいるのに、ガン無視です。 ですから、ドキンちゃんは 『ドキンちゃんもいま~す!』とアピールします。 仲間内で自然ともしくはわざと自分が無視されることってよくありますよね!。 そんな時に『〇〇(自分の名前)もいま~す!』って言えるか、って話です。 ばいきんまんとアンパンマンの勝負は、通常初期段階ではばいきんまん優勢で進みます。 アンパンマンは顔が汚れると力が出ない雑魚なので、ばいきんまんは効率的にアンパンマンの顔を狙ってくるのです。 ドキンちゃんも 『もっとやっちゃえ~!』と煽って来ます。 ただ、皆様のご承知の通り、その後ジャムおじさん&バタコさんが新しい顔を届け、形勢は一気に逆転します。 その新しい顔が届けられた瞬間、ドキンちゃんは 『私、知~らない』『先帰るからあとはよろしくね~』と戦場離脱するのです。 その結果、必殺技アンパンチを喰らうのは、いつもばいきんまん単独なのです(たまに巻沿いを喰らうこともあるけど)。 形勢が悪くなれば、仲間であろうが見捨てる。 瞬時にその場の空気を読み、最良の選択が出来る、そんな力をドキンちゃんは備えているのです。 アンパンマンの仲間である しょくぱんまんです。 敵を好きになってしまうとは、何とも恋は難しいものです。 その恋心は非常に強く、ばいきんまんがしょくぱんまんを攻撃すると怒ります。 『しょくぱんまん様に何すんのよ!』『おバカーーーー!!』とばいきんまんに怒鳴り、時として寝返ることもあります。。 例え、仲間のばいきんまんがボコボコにされようが、しょくぱんまん様さえ無事ならそれで構わないのです。 ただ、この恋は叶いません。 作者のやなせたかし氏が言っていました。 叶わないと分かっている片思い、でも想い続けるドキンちゃんの姿に心打たれる方もきっと多いはずです。 全身青タイツの コキンちゃんです。 コキンちゃんは、2007年にテレビ初登場した比較的新しいキャラクターで、それ以降に子育てをした親世代&子育てされたガキしか知らない、世間的知名度はまだまだ高くないキャラです。 コキンちゃんはくそ生意気で、ドキンちゃんのわがまま設定が霞むほどのレベルです。 そのため、近年のドキンちゃんには"妹想いの優しいところもあるよ"という新設定が加わりました。 コキンちゃんがいなくなったら、ばいきんまんを酷使して探させる、なんて優しさも見せているのです。 実はコキンちゃんも、しょくぱんまんの事が好きです。 ドキンちゃんが緊張して、中々しょくぱんまんに近付けないのに対し、コキンちゃんは、ボディタッチしまくりです。 コキンちゃんは、絶対ドキンちゃんの嫉妬を買っています。 それでも、ドキンちゃんはいつもコキンちゃんのことを見守っているのです。 バタコさんなんかパンだけ作っときゃそれでいいのです。 当ブログの twitterアカウントはこちら tuberculin.

次の

鶴ひろみ

ドキン ちゃん 青

この項目には、:2004 で規定されている文字が含まれています()。 鶴 つる ひろみ プロフィール 本名 靏 ひろみ(つる ひろみ) 愛称 鶴ちゃん つるち (声優仲間から) 性別 出生地 ・ 出身地 ・ 死没地 ・ 生年月日 1960-03-29 没年月日 2017-11-16 (57歳没) 血液型 身長 160 職業 、、 事務所 (最終所属) 配偶者 独身(離婚歴あり) 声優活動 活動期間 - ジャンル 、、、 デビュー作 ペリーヌ(『』) 女優活動 活動期間 - ジャンル 、、 デビュー作 おたえ『』 : 鶴 ひろみ(つる ひろみ、 - )は、の、、。 旧芸名および本名は 靏 ひろみ(つる ひろみ)。 生まれ、育ち。 最終所属は。 生涯 [ ] 子役として活動 [ ] 小学2年生時に自ら希望して、姉と共にへ入団。 小学校3年生のに『』()のオーディションを受け、第63話「妖怪の森」でドラマデビュー。 には同じ脚本・、監督・コンビによる『』()の第4話『仮面の墓場』にも出演している。 その後も、学習誌の表紙や子供服のファッションショー、『彩の女』(フジテレビ)などのに出演していた。 ()放送の『』で、のも行った。 声優デビュー [ ] 卒業。 高校3年生だった、『』のオーディションに合格し、・ペリーヌ役で声優デビュー。 『ペリーヌ物語』放送終了後、2年間は声優業を行っていなかったが、1981年に『』でキャット役を担当。 、『』のレビ役のオーディションに受かったのをきっかけに、本格的に声の仕事に取り組むため、から青二プロダクションへ移籍。 以後、声優としての活動を活発に行うようになった。 次第にや、らと共に強気なを得意とする声優として名が知られていく [ ]。 に『超能力プリンス マシュー・スター』で半年間出演したことをきっかけに、恋人役で共演した声優のと交際を始める。 そしてにアニメ『』で難波が演じた上杉和也の葬儀イベントで婚約を発表し 、に夫妻を立会人にハワイで挙式した。 後に離婚。 以降は、やなどにおける業が増え、こちらを主体とした活動を行っていた。 また、に出演することもあった。 亡くなる直前までナレーションの仕事をしていた。 急死 [ ] 2017年11月16日19時30分頃、東京都中央区のの車線上で、をつけ停車していた車内で、をして運転席に座ったまま意識不明の状態で見つかり、病院に搬送されたが死亡が確認された。 死因は運転中のによる突然死と見られる。 57歳没。 関係者によると数日前の収録中に体調不良で途中退席したことがあったが、体調が悪いとは聞いていなかったという。 翌年に「鶴ひろみを送る会」が行われ、、らが駆け付けた。 、、、らがお別れ会の発起人を務め、野沢はの口調でメッセージを寄せた。 山寺は取材に「まだ信じられない思いでいっぱい」とコメントした。 第12回では、特別功労賞に代えて2017年度に逝去した声優として他の物故者とともにを顕彰された。 その際同じく2017年度に逝去した同様名前だけでなく、事務所プロフィールの写真と代表作 がスクリーンに映し出され、鶴のボイスサンプルの一つナレーション3の音声が会場内で流された。 人物・逸話 [ ] ストレートな性格であり、特に美神令子を演じた際は、徐々に性格が感化されていったという。 その一方、で、つまらないことでも考えすぎて寝られなくなるとも語っている。 しかし、は鶴のことを「茶目っ気のある性格」と語っている。 また、古谷と並んで昔から共演の多いは、鶴の事を「若い頃はプライドの塊だった」と評している。 ・ ・・などを趣味とし、ゴルフに関しては、「年に50数回行ったことがある」と発言している。 北海道生まれではあるが、「は全く出来ない」とのこと。 俳優(顔出し)から声優()業に転向したのは、「時代に、目標としていた女優たちからを受けたことがきっかけだった」と語っている。 有名女優に挨拶をしても返事されなかったりし、子ども心に傷付いたという。 また、テレビでの顔写りが悪かったことも気にしており、家で「顔出さないほうがいいよ」と言われ、また同じに入った年上の女優(の仕事が多くすぐに退団)が大変美人だったため、「どうしても比較されて、子供の頃から傷付く人生を送っていた」と述べている。 声優という職業を意識した切っ掛けは、中学生の頃に観た『』だった。 の吹き替えをしていたの声が、あまりにイメージにぴったりで驚く。 のちに『ペリーヌ物語』で池田と共演を果たした時には感動し、池田の雰囲気と喋り方に憧れ、ああなりたいと思ったという。 業界の師匠としてを挙げており「人間的にも仕事の上でも。 可愛い方で大好き」とのこと。 高校3年生当時、「あれで大学生? 」と思う人が周りに多かったため、日本のに行く気がなく、の専門学校で演技の勉強をしにすることを考えていた。 だが、アメリカ学制は9月入学だったため、高校卒業後も半年間は余裕があったことから、じっくり学校選びをしていたところ、『ペリーヌ物語』のオーディションに合格したため、留学の夢をあきらめた。 かつては、のようなアニメ作品を望み、安易に数だけ作る、いわゆる内容が無いアニメに苦言を呈したことがあった。 共演・交友関係 [ ] と古谷徹とは、劇団時代からの旧知の仲。 この他、仲が良いとされる声優には、渡辺菜生子、、 、などがいる。 堀川りょうとは『』、『』、『』など両者がレギュラー出演していた作品をはじめ、片方のゲスト出演という形などでも数多く共演している。 互いに「(共演した作品を)全部は覚えてられない」と語るほど。 このことに対しては、古谷は「互いの声が合っていたのでは」との見解を示しており、また「仕事がやりやすい」とも発言している。 共に劇団ひまわり出身だが、劇団当時には面識はなかった。 漫画家のは、少年期に『ペリーヌ物語』を観て以来の鶴ファン。 『』のアニメ化に際しては、主人公の美神令子役に鶴を指名。 また自身の結婚式の際にはその司会を鶴に依頼し、結果的に鶴と横島忠夫役の堀川の2人が担当することになったという。 また、同じ椎名原作の『』に「『GS美神』ファンへのサービス」(椎名のブログより)としてゲスト出演を果たしている。 鶴の急死後に掲載された2018年1月10日号 第489話 の扉絵では、同作のキャラクターに鶴が演じたキャラクターのコスプレをさせ、感謝のメッセージを添えている。 キャラクター関連 [ ] 持ち役のうち、思い入れが強いものとして、『』のペリーヌ、『』の朝霧陽子、『』シリーズの、『』の、『』の、『』の美神令子、『』の、などを挙げている。 ペリーヌ物語 [ ] 『』は、鶴がに参加した初のアニメ作品であり、主役のペリーヌを演じている。 高校生だった鶴は、学校帰りに制服ブレザー姿で収録に通ったり、夏にはし、ルックにの格好でスタジオ入りをしたこともあった。 その当時を知る人からは今でも「を履いてきたんだよね」と言われるという。 当時の実写ドラマ作品は自然な演技が流行っていたため、オーバーに演じないと伝わらないアニメ作品の演技がわからず、ペリーヌならこう喋るだろうと、自分で勝手に解釈して台詞を言い、演出家から注意を受けたこともあった。 結局『ペリーヌ物語』は慣れないまま終わってしまったのが実感とのこと。 また、当時の世界名作劇場は高いクオリティを目指して制作されていたため、スケジュールの遅れで動画が完成せず、線に合わせてアフレコをしていた。 そのため、「絵がないとわからないじゃない」と思いながら収録していた。 その後、『』でアフレコに臨んだ際、絵があることに驚き、「1年間、『ペリーヌ』で線に合わせる修行をしたのに、何故この番組には絵があるの! 」と怒った。 ドラゴンボール [ ] 『ドラゴンボール』シリーズで演じたブルマは、鶴の役歴の中で『それいけ! アンパンマン』のドキンちゃんに次ぐ長さであった。 『』放送当時に「この2本(アンパンマンとドラゴンボール)は、すでにライフワークになっています」と述べていたほど思い入れがあり、レギュラー出演者がファミリー化し、プライベートな付き合いも多かった。 『ドラゴンボールZ』はブルマの出番があまり無くて見逃していたが、のちにDVDで一気に全話見て面白さに感動したと語っている。 ブルマがと結婚したことには視聴者だけでなく鶴自身も驚き、と結婚すると思っていたために、「納得できない結婚」だったという。 だが、編のブルマが登場しない回で、ベジータがトランクスに「母さんをよろしくな」と話して死んだことを聞き、「ちょっと心が動かされた」と語っている。 『』で再びアフレコを担当した際、「Zの時は夢中でわからなかったけど、改で『ああ、ブルマの気持ちがベジータに揺らいだのはここなんだなあ』と気づいた」、「母親目線になるのでどうしても息子の方が可愛く見えちゃう。 トランクスがもう可愛くてしょうがない」と語っている。 しかし、形式上開催されたで鶴の声を聞いた関係者が考えを変え、急遽抜擢されたという経緯がある。 その当時の鶴は優等生風なキャラクターが多く、もう少し悪い役をやってみたいと欲求不満になっていたところに、この話が舞い込んだ。 その演技については、当初は中学生という年齢を意識していたが、年齢離れした言動から徐々に意識は薄くなり、大人っぽく変わっていったという。 また「自分が演じた今までのキャラクターとかけ離れていたため、演技が難しかった」、「役者としての充分な仕事が出来なかった」など、苦労を示す言葉を残している。 作品放送中のには、『月刊』の女性声優部門で3位にランクインした。 鶴は同作品に対してはかなり思い入れを示しており、歴代の演じてきた女性キャラクターの中でもまどかは特に気に入っているという。 「本当に悪い子ではないけど、決していい子ちゃんじゃない、影の部分もあって魅力的なキャラクター」 、「まどかのお陰で役の幅が広がった」とも発言している。 当時はまどかに似せた髪型にしていた。 また、作中でまどかと相思相愛だった春日恭介のような、優柔不断な典型的ラブコメ主人公は、あまり自分の好みではないと語っている。 この作品で鮎川まどかを演じたことが縁で、原作者のとは公私ともに親交があった。 2017年11月19日、鶴の逝去に対し、まつもとは病気療養中の身を押して追悼のコメントを自身の公式サイト掲載した。 後任 [ ] 鶴の没後、持ち役を引き継いだ人物は以下の通り。 後任 役名 作品 後任の初出演 ナレーション 『お金のなる気分 ~欲張り女子のケーザイ学~』 2017年12月7日放送回 『元気のアプリ』 2018年1月16日放送回 『』 第42回 『』 2018年1月26日放送回 「 シリーズ」 テレビCM「『敵は風呂場にいる』篇」 (赤子時) 『』 『』 第870話 ナレーション 『』 2018年放送回 出演 [ ] 太字はメインキャラクター。 テレビアニメ [ ] 1978年• ( ペリーヌ・パンダボアヌ ) 1981年• (キャット) 1982年• (大宮陽子)• (セレーネ、女神)• (メリタ)• (神崎、ヨウコ)• (蝶々夫人、テントウ虫の子供A、ミツバチA、カイコ夫人、アリマキの子供A、ベアトリス王女、美人コオロギ、ミノムシ)• (キム・キャビロフ )• ( アゲハ)• ( レビ) 1983年• (ジェレミー)• ( 翔野ナツコ、女の子A、、少年、チェリー王子、美女)• ( 水木ほたる)• (可愛理絵)• (シエラ)• ( ルイ・オベロン )• (イツモマジメ ガン子のクラスメイト 、男の子B、生徒A、子供A、メリー)• (アンリ、マーシュ)• ( 鹿島みゆき) 1984年• (浅草紀子先生)• (シンシア)• (少女)• (高木洋子)• ( エリサ)• (神矢麗奈)• (ソフィ) 1985年• (キャシー、明子)• (1985年 - 1987年、さとみ、ムギコ、ミナコ、クモ子)• (西尾佐知子)• (加納式部〈若い頃〉)• (1985年 - 1986年、蝶可憐、八千草涼子)• (1985年 - 1986年、カンナ、アミ)• (ジル) 1986年• (ビアンカ)• (女性客)• 「」(節子)• (五月野舞子)• (カメレオン星座のジュネ、)• (珍竹鈴)• (1986年 - 1988年、 、〈幼少期〉、クレプ)• (淵乃屋麻衣)• (上条都)• (ユニコーン)• (ララ)• (九条明日菜)• ( ビジュラ姫) 1987年• (黒雪妙子)• ( )• (ヨリンデ、ヘルガ)- 2シリーズ• (ルーシー、モニカ)• (茨木尚子)• (関圭子) 1988年• (キャサリン・ヘイワード)• (1988年 - 2018年、 〈初代〉、クマの子、コンニャク小坊主〈黒・初代〉、ピョン吉〈4代目〉、コーヒーういろう〈初代〉、チョコレートクレープさん〈初代〉、どんくり兄〈初代〉、こざるたち〈初代〉)• (マイタケ)• (コポ)• ( 村下夕子) 1989年• (アントロイメ)• (1989年 - 1996年、 ブルマ、〈赤子時〉、西の界王神、ブラ)• (1989年 - 1992年、大黒かおり、 )- 2シリーズ• (1989年 - 1990年、ヒヨドリシナコ、姿子) 1990年• (啓子、花嫁A)• (朱雀)• (マドンナ)• ( ドキンちゃん)• (深雪太夫)• (大綾真理先生 、江戸城千鶴〈代役〉)• (セレネ姫)• (英子)• (レオノラ・フェントン) 1991年• (マリアン)• (セレン)• (女王陛下・宇宙怪盗キクフローラ)• (山岡みどり、みずきの姉)• (ブレンダ〈2代目〉)• ( ルイーゼ・パルフィー) 1992年• (アンナ・ホワイト)• (1992年 - 1994年、 井川恵子)• (シヴァマリア) 1993年• ( 美神令子 )• (ミシェル)• ( ブルマ、トランクス〈赤子時〉) 1994年• (お銀) 1995年• (イエスタ・ディ) 1996年• (ディアル)• (1996年 - 1997年、ブルマ、ブラ、ベジータJrの母) 1997年• (綾子)• (オハラ)• (伊部麗子)• (カミル・イナホ・カミーラ)• (ビスタル・メディチ・カサンドラ女王) 1998年• (プティアンジュ、花小金井雛子、秘書)• ( キディ・フェニル)• ( メリル・ストライフ)• (シオン)• (しょうきんボン) 1999年• (FBI女性)• (友子)• (シャーロット)• (ウンディーネ) 2000年• (瀬口美華)• (山本公仁子)• (前原しのぶの母) 2001年• (御剣まどか)• (緑川夫人)• (ママ) 2002年• (姫)• (英明) 2004年• (ラヴィオリ)• (紫乃) 2005年• (オリーネ) 2006年• (ヴィルデフラウ) 2007年• (マリアム・アル・アトラシュ)• (コグニート・女、ウー 他)• (ユベル) 2008年• (エリカ=パトリシア=タカナミ〈書記長〉)• (九鳳院蒼樹)• (イザベラ)• (明石秋江) 2009年• (六条の御息所 )• (2009年 - 2015年、 ブルマ、トランクス〈赤子時〉、西の界王神、ブラ)- 2シリーズ• (2009年 - 2011年、シャクヤク〈初代〉) 2010年• (こころの大樹の声) 2011年• (ミシェル・ネイガウス)• (おヨネ〈2代目〉) 2012年• (パラス ) 2013年• ( ブルマ) 2015年• (2015年 - 2018年、 ブルマ 、タイツ、ブラ) 劇場アニメ [ ] 1982年• (ミラ) 1983年• (悪魔、松上電機産業株式会社の社長室前の受付の青年) 1984年• (翔野ナツコ、松田正子)• (翔野ナツコ)• (神崎)• (キム・キャビロフ)• (ユーリー)• (女学生B) 1985年• (リンネ)• (翔野ナツコ、イエティ)• (翔野ナツコ)• (翔野ナツコ)• ( ジル) 1986年• (ルフィー)• (翔野ナツコ)• (翔野ナツコ、)• (児島悠子)• タッチ2 さよならの贈り物(児島悠子)• (ブルマ ) 1987年• (ブルマ) 1988年• ( 鮎川まどか)• (麗羅)• (ブルマ)• (関圭子)• (三鷹明日菜) 1989年• (チレット)• ( )• (ブルマ)• ( 扇翔子)• (あや) 1990年• ( ドキンちゃん)• (ブルマ)• (ブルマ)• ( リリィ)• ( ペリーヌ・パンダボアヌ)• (観音様) 1991年• ( 佐藤夢美)• (キディ・フェニル)• ( ドキンちゃん)• ( ドキンちゃん)• (ブルマ)• (大綾真理先生)• (大綾真理先生)• (久遠寺右京) 1992年• (シュザンナ・フォン・ベーネミュンデ)• (キディ・フェニル)• ( ドキンちゃん)• ( ドキンちゃん)• (クロエ)• (大綾真理先生)• (久遠寺右京) 1993年• (ブルマ)• (ブルマ、トランクス〈赤子時〉、オッカネー・マネー)• ( ドキンちゃん)• (井川恵子)• (サラ) 1994年• ( 美神令子)• ( )• (イライザ)• (中川早苗)• ( ドキンちゃん)• ( ドキンちゃん)• (久遠寺右京) 1995年• (ブルマ)• (ブルマ)• ( ドキンちゃん) 1996年• ( 鮎川まどか)• ( ドキンちゃん)• ( ドキンちゃん)• (ブルマ) 1997年• ( ドキンちゃん)• ( ドキンちゃん) 1998年• ( ドキンちゃん)• ( ドキンちゃん) 1999年• (花小金井雛子、プティアンジュ)• ( ドキンちゃん)• ( ドキンちゃん) 2000年• ( ドキンちゃん)• ( ドキンちゃん) 2001年• ( ドキンちゃん)• ( ドキンちゃん) 2002年• ( ドキンちゃん)• ( ドキンちゃん) 2003年• (トリニティ)• ( ドキンちゃん)• ( ドキンちゃん) 2004年• 特別編 輝ける地球(ほし)〜あなたは青く、美しい…〜(ガイア)• ( ドキンちゃん)• ( ドキンちゃん) 2005年• ( ドキンちゃん)• ( ドキンちゃん) 2006年• ( ドキンちゃん)• ( ドキンちゃん) 2007年• ( ドキンちゃん)• ( ドキンちゃん) 2008年• ( ドキンちゃん)• ( ドキンちゃん) 2009年• ( ウサピョン• ( ドキンちゃん)• ( ドキンちゃん)• (荻野彩実 ) 2010年• ( ドキンちゃん)• ( ドキンちゃん)• (ユベル)• ( メリル・ストライフ) 2011年• ( ドキンちゃん)• ( ドキンちゃん) 2012年• ( ドキンちゃん)• ( ドキンちゃん) 2013年• ( ドキンちゃん)• ( ドキンちゃん)• (ブルマ) 2014年• ( ドキンちゃん)• ( ドキンちゃん) 2015年• ( ドキンちゃん)• ( ドキンちゃん)• (ブルマ ) 2016年• ( ドキンちゃん) 2017年• ( ドキンちゃん) OVA [ ] 1985年• (箕輪みるく)• ( 朝霧陽子) 1986年• (実相寺昭子 )• (ルフィー、スコア)- 2作品• ( 夏子)• (バラダギ大佐)• ( 津山よし子)• ( 羽根木愛美)• (ユミ)• (高垣由仁子) 1987年• (沢木亜樹)• (ハンナ)• ( 久楽あすか)• ( ハンナ・ロビンソン、ジョセフ)• (桜井先生)• (カジカ )• (リプミラ・グァイス)• ( 志賀梓) 1988年• ( シスター・アンジェラ)• ( レオナ)• ( さやか)• (九条明日菜) 1989年• ( ソネット・バージ)• (スコア)• 第1期、第2期( 鮎川まどか) - 3作品• ( スエン)• ( ライア・ロゼッタ)• (ユウホ)• (篠崎萌)• (あや) 1990年• ( 大神美弥)• ( 藤崎雅菜)• ( 久楽あすか)• ( 扇翔子)• (真野小夜子)• (七瀬密子) 1991年• (イヨ)• (エステル)• (手塚渚)• ( 朝日奈冬子)• (王島静)• (ステファン)• (レイピア・ロナ)• ( 文緒) 1992年• (かがり)• ( エバ・ブラウン、マリア・ブラウン)• (ルフィ、スコア)• (風美)• ( 江川望)• (ラエスリール) 1993年• ( ブルマ)• (久遠寺右京)• (村越鮎美)• (月読)• (神取あきら)• 魔物ハンター妖子5 光陰覇王の乱(真野小夜子)• (女社長)• ( 新井聖美)• (サンドラ)• 魔物ハンター妖子 2(真野小夜子)• 我が愛は永遠に(久遠寺右京) 1996年• (カミル・イナホ・カミーラ)• ( 新井聖美)• 」(久遠寺右京) 1999年• (ルイーズ・ブラウン) 2008年• (ブルマ)• (ナオミ・ハンター) 2010年• (久遠寺右京)• (シャクヤク) ゲーム [ ] 1989年• ( リリア)• (キン太、カーミラ、月姫) 1991年• (シャルロット・オーレリー)• (1991年 - 1994年、 リム・ノーランディア) - 5作品• (リカート) 1992年• (城ヶ谷陽子、ラヴァー)• (久遠寺右京)• (久遠寺右京) 1993年• (エリン・ガーシュナー、サーラ・メディン)• ( リリア)• (ラベンナ)• (1993年 - 1994年、 美神令子) - 2作品• (1993年 - 2005年、 新井聖美) - 5作品• (ヴェルダンディ)• (久遠寺右京) 1994年• (ブルマ)• (ラクーナ)• (久遠寺右京) 1995年• (1995年 - 1996年、スチール・バット) - 2作品• (イメルダ将軍) 1996年• (ユートピア・モア)• (ルーシア・フランモア、フレイア・ダークウッド) 1997年• (ディアル)• ( )• (プリンセス・ミラージュ)• だいすき(クローム・H・マッキンベル)• (ジュリア・チャン)• (ローズマリー・キャットニップ)• (フランソワーズ)• () 1998年• ザ・マッチゴルフ(竹内あけみ)• (ワルジョ)• (1998年 - 1999年、ヴァネッサ・ウォーレン) - 3作品 1999年• (ジュリア・チャン)• (矢部希理子)• (アクージョ) 2000年• (サチコ) 2001年• (ケイナ) 2003年• (ケイナ)• (柏木静恵)• (ブルマ)• (美咲) 2005年• (シャンネ)• (ブルマ)• (ブルマ) 2006年• (ブルマ、ブラ) 2007年• (ジラ)• (ブルマ)• (ブルマ、ブラ) 2008年• (ルビーナ)• (テラル、ルビーナ)• (ブルマ)• (ブルマ)• (血のエリザベート)• (ナオミ・ハンター) 2009年• (ブルマ)• (ブルマ) 2010年• (ブルマ)• (ブルマ)• (ブルマ) 2013年• 世界名作童話 親子で読めるゲーム絵本(ジャックと豆の木 ) 2014年• (2014年 - 、西の界王神、ブルマ〈初代 〉) - 4作品 2015年• (アンネ )• (麗奈 ) 2016年• ドリフトガールズ(泉澤麻衣 )• the 3rd Evolution(ルフィナ・アルジェント) 2017年• (ネバンリンナ) 2018年• (ブルマ)• (ユベル) 2019年• (ネバンリンナ/鉄魔獣ネバンエンデ) 吹き替え [ ] 映画 [ ]• ( ワッツ〈〉)• (ヴィッキー〈アンジェラ・アルヴァラード〉)• (レベッカ〈〉)• (ティナ・サバティーニ〈〉)• (ジェニー〈エミリー・チュウ〉)• ( アシュレー)• (役名非表示)• (プラム)• (王子)• (セリア)• (アークエンジェルの秘書)• ( パム・エリオット)• (キャリー・ファウラー)• (キティ)• (リズ・ホッジス) 人形劇 [ ]• ( ノンちゃん) ドラマCD・カセット [ ]• ドラマCD2(孝子)• (エレン)• 原作 エイリアン秘宝街、エイリアン怪猫伝( 太宰ユキ)カセットブック• (ルフィナ・アルジェント)• (ヘカテ)• 神様がいっぴき(美童紫玉)• (独眼竜正宗)カセットブック• ( ヘレン・マクスウェル)• 各作品( 美神令子)• (音声解説)• (リム)• 大江戸暗婦始末記 音楽集(「はぐれ都鳥」)• CDドラマ (女ボス)• ドラマCD(ジラ)• (奈美)• 新撰組異聞 蒼き狼たちの神話 音楽スペシャル「誠」(奈美、「こころ」)• (スコア)• 聖ナル少女ノ詩 (秋乃桜)• ( 白雪和子)カセットブック全4巻とCD• ( 七穂瞳)• (エリナ)• 電脳少女歌劇団( キディ・フェニル)• とうきょうデンキKIRAKIRA合唱団 THE MIRACLE FOREVER(「夏のミラージュ」)• ( ティーエ、ナレーション)• 戦記 氷壁の白竜(シルヴァラ)カセット文庫• (ノシェル)• (エイミ)• 変幻退魔夜行 カルラ舞う! 奈良怨霊絵巻 ( 扇翔子)カセット文庫• (奈良科ゆき)• 魔獣学園(成瀬弥生)カセット文庫• (胸社千組)• スペシャルドラマ4 〜ID5は永遠に…〜( )• ( 佐藤夢美)• 「月光のピアス」• 「銀のメサイア」• 幻惑の魔石、宿命の魔術師()カセットブック• (アンナ) 情報・報道・バラエティ [ ]• (ナレーション)• (ナレーション)• (ナレーション)• (ナレーション)• (ナレーション)• (ナレーション)• (女の子の声)• (2008年7月7日、ドキンちゃんの声)• (ナレーション)• (ナレーション)• (トモコ)• (ナレーション)• (ナレーション、チクリ忍者)• (ナレーション)• (ナレーション)• (ナレーション)• 「私のこだわり人物伝」(ナレーション)• 第1期(1967年)• 第63話「妖怪の森」おたえ• 第78話「いつか通った雪の街」マッチ売りの少女• (1969年)• 第375話「鶏はふたたび鳴く」由利子• 第386話「涙の子守唄」立原珠子• 第8話「飛べ飛べ シャボン玉」(1969年)• (1970年)• 第14、15話(1971年)車椅子の少女• 第18話「人食いナメクジ発生!! 」(1972年)児玉愛子• 第4話「仮面の墓場」(1973年)少女• (1974年)• 第7話「喧嘩」• 第14話「夏のはじめ」• 第16話「提案」生徒• (和美)• (1976年)上田ひろみ• (2008年)害水目蛮機獣シャワーバンキの声• (2011年)プテラノドンヤミー(雌)の声• 第1話(2014年)中尾百合の声 映画 [ ]• (1974年)• (1981年)• (2001年)フォルミカ・レギアの声 舞台 [ ]• 天使の暴走• (デビュー30周年記念公演)• (プロデュース)• (プロデュース公演)• (プロデュース)• (+TARAKOプロデュース)• (渡辺菜生子+TARAKOプロデュース)• (渡辺菜生子+TARAKOプロデュース)• (、演出)• (プロデュース)• (SPC鈴舟、堤泰之演出) ラジオ [ ]• 「下駄の一生」(お姉さん下駄)• ラジオドラマ クジラの消えた日• ラジオマクロス みんなデ・カルチャー• CM [ ]• 〜ミルとミクの九州牧場物語〜(空山未来)• ガスト春バーグ祭ハンバーグフェア2012(ナレーター)• バナレックス 『GS美神 除霊師はナイスバディ』(1993年)• (『ドラゴンボール改』とのコラボレーション)(ブルマ)• ロングバネット(バネッ子)(の横にいる人形)• ロートこどもソフト(『ドラゴンボール』タイアップ時)(ブルマ)• 映画『』恋篇(2015年)ナレーター その他 [ ]• 全店(店内アナウンス)• DVD 店頭プロモーション映像(ナレーション)• (バーバラ)• とペリーヌちゃんのなぞなぞクイズレコード(ペリーヌの声、『』1978年11月号ふろくのソノシート)• 画ニメ 鳥の歌(少年の母) 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 『』()、『』シリーズ()、『』(美神令子)の3作品。 同年の女性キャラクター部門の1位は鮎川まどか。 2017年11月23日放送分のみが担当し、翌週は鶴がナレーターを務めたもので未放映だった回を放送した。 平野が起用される以前はが担当。 鶴は、冨永の産休中『』ナレーションの代役をしていた。 2017年12月22日放送回では一時的にが代役を担当し、2018年1月26日放送回以降は正式に冨永が後任となった。 ユニバースミッション5弾でブルマBRが参戦するため、通常のブルマの声も久川綾が担当するようになった。 『ドラゴンボールヒーローズ』、『ドラゴンボールヒーローズ アルティメットミッション』シリーズ(2、X)、『』• 出典 [ ]• 2019年9月27日閲覧。 2019年9月27日閲覧。 毎日新聞 2017年11月17日. 2017年11月20日時点のよりアーカイブ。 2017年11月20日閲覧。 2019年9月27日閲覧。 2020年1月3日閲覧。 青二プロダクション. 2020年1月3日閲覧。 ORICON NEWS 2017年11月17日. 2017年11月19日閲覧。 みんなの高校情報. 2020年1月3日閲覧。 「FREE TALK SALON 第2部 出会い編 難波圭一」『ジ・アニメ』1986年4月号、pp. 126-127• 「ホット!! 103• 鶴ひろみ「鶴の一声 拡大版 ブライダル特集」『マイアニメ』1986年2月20日号、pp. 90-91• 「フリートークサロン 第5回 結婚式編 難波圭一」『ジ・アニメ』1986年3月号、pp. 128-129• Sponichi annex 2017年11月18日. 2017年11月20日閲覧。 まんたんウェブニュース まんたんウェブ. 2017年11月17日. 2017年11月19日閲覧。 SANSPO. COM サンケイスポーツ新聞社. 2017年11月17日. 2017年11月19日閲覧。 まんたんウェブニュース まんたんウェブ. 2018年1月13日. 2018年2月7日閲覧。 シネマトゥディ 2018年1月13日. 2019年2月10日閲覧。 まんたんウェブニュース まんたんウェブ. 2018年1月13日. 2019年2月10日閲覧。 2018年3月3日. 2018年8月19日閲覧。 『GS美神ビジュアルセレクション』における、との対談。 DRAGON BALL KAI Blu-ray 人造人間・セル編 BOX2• ORICON NEWS 2017年12月15日. 2017年12月15日閲覧。 ドラゴンボール超 東映アニメーション 2018年2月15日. 2018年2月15日閲覧。 コミックナタリー 2018年2月15日. 2018年2月15日閲覧。 日本アニメーション. 2016年6月18日閲覧。 メディア芸術データベース. 2016年8月7日閲覧。 メディア芸術データベース. 2016年9月27日閲覧。 ぴえろ. 2016年5月4日閲覧。 東映アニメーション. 2016年7月9日閲覧。 GS美神. 東映アニメーション. 2016年7月9日閲覧。 トムス・エンタテイメント. 2016年5月22日閲覧。 まんたんウェブ 2013年3月9日. 2013年3月9日閲覧。 ドラゴンボール超. 東映アニメーション. 2015年6月15日閲覧。 メディア芸術データベース. 2016年10月30日閲覧。 金曜ロードSHOW!. 日本テレビ. 2016年6月9日閲覧。 劇場版『ドラゴンボールZ 復活の「F」』. 2014年12月7日閲覧。 トムス・エンタテイメント. 2016年5月5日閲覧。 マッドハウス. 2016年6月8日閲覧。 子供に安心して与えられるゲームシリーズ 世界名作童話 親子で読めるゲーム絵本. 2014年1月20日閲覧。 [ ]• 電撃オンライン 2015年1月31日. 2015年1月31日閲覧。 『週刊ファミ通』2015年2月19・26日・3月5日号、エンターブレイン、2015年2月6日。 電撃App 2015年7月22日. 2015年7月25日閲覧。 ORICON NEWS 2017年11月23日. 2017年11月23日閲覧。 増山久明 『NHK少年ドラマシリーズのすべて』 アスキー、2001年、106頁。 ORICON 2015年9月16日. 2015年9月16日閲覧。 外部リンク [ ]• - (英語)•

次の