住まい 給付 金 いつ もらえる。 【ホームズ】〈2020年最新〉知らないと損! 新築購入時に利用できる補助金まとめ

すまい給付金の支給日 いついくらもらえる?

住まい 給付 金 いつ もらえる

新築購入時に利用できる補助金の種類 新築購入時に限り、受け取れる可能性がある補助金の種類を、それぞれ詳しく紹介していきます。 新築物件は、中古物件と比較すると額面上は高額になりやすいですが、補助金によるサポートを受けることで負担を大きく減らすことも可能ですので、条件を確認しておきましょう。 すまい給付金 消費税率の引き上げによって不動産価格が実質的に上昇していますが、この負担を減らしてマイホームを購入しやすくするための制度がすまい給付金です。 対象となるのは、収入額の目安が775万円以下の方。 新築住宅・中古住宅どちらの場合も利用できますが、対象となる新築住宅は、これまでに人の居住の用に供したことのない住宅、かつ工事完了から1年以内のものと定められています。 住宅ローンを利用して住宅を購入する場合、対象となる住宅の要件は下記のとおりです。 地域型住宅グリーン化事業補助金 地球環境に関する問題が取り沙汰されていますが、省エネルギー性、あるいは耐久性という面で高く評価できる住宅は、地域型住宅グリーン化事業補助金の対象となる可能性があります。 国土交通省に採択された、同一地域の中小住宅生産者や木材、建材の流通を担う会社などのグループが手掛ける住宅に対して支払われる補助金で、申請や受取は担当した施工会社が行います。 住宅取得者が直接受け取るものではありませんが、住宅建築費用の軽減に一役買ってくれるでしょう。 新築住宅の場合、下記のタイプが対象となりますが、いずれも木造であることが申請の前提条件です。 ・長寿命型(長期優良住宅) 中小住宅生産者によってつくられ、なおかつ省エネルギー技術に関する講習を受けた人物が設計や施工を担当する住宅がこのタイプにあたります。 補助金は対象額の経費のうち1割以内かつ110万円までと定められていますが、構造材の50%以上が地域材(地元産の木材)の場合は20万円、三世代同居対応住宅の場合は30万円が補助金の上限額に追加されます。 ・高度省エネ型 所轄の行政庁から低炭素住宅としての認定や性能向上計画の認定を受けた住宅がこのタイプにあたります。 補助金の金額は長寿命型と同様で、 経費の1割以内かつ110万円まで、そして構造材の50%以上が地域材なら20万円が、三世代同居対応住宅の場合は30万円が補助金の上限額に追加されます。 この場合も半分以上が地域材でつくられていると20万円、三世代同居対応住宅なら30万円が上限に追加されます。 ・省エネ改修型 建築物エネルギー消費性能基準等を定める省令に相当する性能を持つ住宅がこのタイプにあたります。 補助金額は 住宅1戸あたり50万円が定額として支給され、増減はありません。 地域材の利用、あるいは三世代同居への対応といった条件を満たしても、補助金が追加されることはありません。 ZEH補助金 省エネ基準比20%以上を実現し、さらに再生可能エネルギーの導入により、年間の一次エネルギー収支をゼロにすることを目指す住宅がZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)と呼ばれており、これにあたる物件をZEHビルダー/プランナーとして登録されている施工会社などに依頼して新築する場合、補助金を受け取ることができます。 ZEHとして認定された物件の場合は「ZEH支援事業」という補助金名で、 70万円を受け取ることができます。 また、ZEHに加えて再生可能エネルギーの自家消費を拡大したZEH+として認定されれば、「ZEH+実証事業」という名目で 115万円が補助されます。 ただし、ZEH支援事業は公募による抽選、ZEH+実証事業は各ZEHビルダー/プランナーに割り当てられた枠内で応募し、抽選により決定するため、必ずしも補助金を受け取れるわけではないことに注意が必要です。 政府は方針として、2020年までに半数程度の新築住宅をZEHに、2030年には新築されるほぼすべての新築住宅をZEHにすることを目標としており、今後はZEHがスタンダードになることが予想されます。 つまり、この形式の補助金はいつ打ち切りになったとしてもおかしくない状況にあるため、適用できるうちに新築物件を購入し、お得にマイホームを構えることも賢いやり方と言えるでしょう。 家庭用燃料電池システム導入支援事業補助金 この補助金は、家庭用燃料電池システムであるエネファームを住宅等に導入する場合に、その購入代金の一部が国から補助されるという制度です。 エネファームは、水素と酸素を利用して電気や熱をつくるシステムであり、発電時の発熱を給湯器に流用することにより、エネルギーを無駄なく活用できるという優れた設備です。 補助金を受けるためには、エネファームを購入・設置する前に申請と審査が必要になりますので、順番を間違えずに導入するように注意しましょう。 補助金額は定額補助金と追加補助額に分かれています。 定額補助金は、補助対象エネファームの機器代+工事費が基準価格以下の場合は8万円、基準価格を上回り据切価格以下の場合は4万円に定められています。 なお、個体酸化物形燃料電池の基準価格は123万円、裾切価格は134万円に設定されています。 そして追加補助額は、既築住宅やマンションに設置する場合、LPガス、寒冷地仕様のそれぞれの場合において3万円が支払われます。 自治体の補助金制度 最後に、市町村などの自治体から補助金を受け取れる可能性があることについても知っておきましょう。 自治体によって補助金を用意しているか否かが異なり、その適用条件や補助額も自治体により異なります。 現在お住まいの地域、あるいは引越しを予定している地域の自治体で補助金の交付を行っているかどうかを、各自治体のホームページなどから事前に調べておきましょう。 いくつかの地域で引越し先に悩んでいるという場合には、補助金の有無によって引越し先を決めることもできます。 補助金の交付対象は自治体によって大きく異なりますが、一例として、多く見受けられる補助制度をいくつか紹介します。 新築にかかる建築費用やリフォーム代金の補助• 耐震改修工事を行う場合の補助• エコに配慮した住宅を新築、またはリフォームする場合の補助• バリアフリー化にかかる工事費に対する補助• 長期優良住宅や低炭素住宅に対する補助 これらの補助金は、その自治体の地域に根付いた会社を使って工事を受けることや、当該地域に住宅を構えて居住することなどの条件をクリアすると、支給が認められることが一般的です。 そのため、都市部よりも地方の自治体のほうが、より積極的に補助金を準備している場合があります。 まとめ 補助金の種類は非常に多く、それぞれの条件を理解するのが難しい場合もありますが、先進的な住宅を新築する場合には、ここで紹介したいずれかの補助金を受け取れる可能性が高まります。 各自治体が独自に行う補助金制度も調べながら、お得にマイホームを構えましょう。

次の

すまい給付金は令和3年まで!受給条件(新築・中古・収入)・給付額を徹底解説!

住まい 給付 金 いつ もらえる

すまい給付金とは? すまい給付金とは、消費税率引き上げによる住宅取得時の負担を軽減するためにできた補助金制度です。 住宅ローン減税の効果が小さい所得層に対しての補助を主な目的とし、収入によって給付額が変わる仕組みとなります。 すまい給付金は住宅ローン減税と併せて利用ができ、住宅ローン減税で十分に軽減措置が受けられなかった方ほど、すまい給付金が多く受け取れるようになっています。 給付基礎額の目安は以下のとおりです。 ・消費税率8%の場合 425万円以下…30万円 425万円超475万円以下…20万円 475万円超510万円以下…10万円 ・消費税率10%の場合(これは住宅ローンを利用する場合であり、利用しない場合の給付基礎額はこれとは異なります) 450万円以下…50万円 450万円超~525万円以下…40万円 525万円超~600万円以下…30万円 600万円超~675万円以下…20万円 675万円超~775万円以下…10万円 すまい給付金の制度を利用すれば、消費税率8%時は最大30万円の控除、2019年10月以降の消費税率10%の場合は最大50万円もの補助金が受けられるということです。 すまい給付金の対象となる人とは? すまい給付金の対象となるには、主に3つの条件を満たしている必要があります。 1つ目は取得した住宅の所有者であることです。 登記上の持分を保有しているかつ、その住宅に自分で住んでいることが条件です。 2つ目は収入が一定以下であることです。 3つ目は住宅ローンを利用しない場合の年齢です。 住宅ローンを利用しない場合は、年齢が50歳以上であることが必須となります。 なお、消費税率が10%の時には、収入額の目安が650万円以下であるという条件がここに追加されます。 すまい給付金は新築・中古住宅ともに補助対象ですが、それぞれ対象となるための要件が異なるので注意が必要です。 住宅瑕疵担保保険への加入• 建設住宅性能表示を利用していること• 住宅瑕疵担保責任保険法人の現場検査によって保険と同等の検査が実施されたこと なお、住宅ローン利用者は上記の条件のみで良いですが、住宅ローンを利用しない場合は、上記に加えてフラット35Sの基準を満たす必要があります。 フラット35Sの基準では省エネルギー性や耐震性、バリアフリー性、耐久性・可変性のうち、いずれかに優れた性能の住宅であることが求められます。 中古住宅の対象要件 ・ 床面積が50m2以上であること ・ 現行の建築基準法の耐震基準を満たしていること ・ 売買時に第三者の検査を受け、一定以上の品質を確認されていること 中古住宅の場合は上記3つの条件を満たしていることが必須となります。 なお、一定以上の品質とは新築の対象要件でいう1と2に加え、建設後10年以内であって1と2のどちらかの条件を満たしていることが追加され、このうちのいずれかを満たしていることが必要です。 すまい給付金はいつまで?申請期限や実施期間について 申請の前提として、前述したすまい給付金の対象者に該当していること、また所有する住宅がその要件を満たしている必要があります。 すまい給付金を受け取るためには、申請者が給付申請書を作成し、必要書類を添付して役所の窓口へ提出しなければいけませんが、申請には期限があります。 (なお、申請および給付金の受領については、住宅事業者による代理申請・受領も可能です) すまい給付金の申請期限は、 住宅取得から1年3ヶ月以内と決められています。 申請期限内に国土交通省のホームページより自分が購入した住宅の条件に該当している申請書をダウンロードし、記入しましょう。 申請書の記入が終わったら、登記事項証明書や住民票の写しなど、その他の必要書類と一緒に窓口へ持参するか、郵送で提出します。 書類の審査が完了すると、給付金額と振込予定日、振込予定口座が記入されたはがきが届くので確認しましょう。 なお、申請書類提出から給付金の受領まではおおむね1ヶ月半~2ヶ月程度かかります。 すまい給付金の申請に必要な書類 ・すまい給付金の申請書 国土交通省のホームページよりダウンロードができます。 ・建物の登記事項証明書・謄本(原本) 法務局で申請・取得できます。 ・不動産売買契約書または工事請負契約書 住宅の引き渡し時にもらうので大切に保管しておきましょう。 こちらはコピーでも可能です。 住宅事業者に代理受領してもらう際は、請負契約書を作成する必要があります。 ・住民票の写し 役所の窓口で発行してもらえます。 原本のみの取り扱いとなり、マイナンバーが記載されているものは不可となります。 ・すまい給付金の振込先となる口座が確認できる通帳などのコピー 給付金の振込先となる口座が証明できるものをコピーする際は、名義が記載されているかを確認しましょう。 ・課税証明書・非課税証明書 ともに原本が必要となるため、役所で取得しましょう。 ・住宅瑕疵担保責任保険の付保証明書、建設住宅性能評価書、住宅瑕疵担保責任保険法人検査実施確認書のどれか1つ 住宅瑕疵担保責任保険の付保証明書は対象の保険に加入している場合、住宅瑕疵担保責任保険法人検査実施確認書は対象の検査が実施された場合に発行されます。 住宅の引き渡し時に受け取ります。 大切に保管しておきましょう。 ・住宅ローンの金銭消費貸借契約書(コピー) 住宅ローンを利用した場合に必要です。 すまい給付金の実施期間 すまい給付金は2014年4月以降に引き渡される住宅からスタートした制度で、以前は2019年6月までに入居を完了した住宅までが対象とされていましたが、その後、税制面での特例措置がある 2021年12月31日までに引き渡し入居が完了した住宅が対象となりました。 すまい給付金の申請は、住宅ローン控除の申請と一緒に行うとベスト すまい給付金の申請には、複数の書類を発行する必要があります。 中でも建物の登記事項証明書・謄本、不動産売買契約書もしくは工事請負契約書、住民票は住宅ローン控除申請時にも必要なので、一緒に取得しておくと書類取得の手間が省けます。 すまい給付金は申請期限を守って利用しよう すまい給付金は一定の条件を満たしていれば給付金を受け取ることができる制度なので、上手に利用すれば家計の負担を減らすことができます。 しかし、申請には期限があるため注意が必要です。 自分が住んでいる住宅や収入が条件を満たしている可能性がある場合は、しっかりと調べてから期限内に申請を行い、上手に利用するようにしましょう。 なお、最新の情報はをご確認の上、申請してください。

次の

すまい給付金はいつもらえる?通知はいつ届く?「給付金の申請に大事な必要書類と手続き方法」を体験談を元に解説

住まい 給付 金 いつ もらえる

すまい給付金の制度と概要 今回のすまい給付金の対象枠の拡大については、消費増税に伴って住宅着工件数が落ち込まないようにする目的と、消費増税に伴って一生に一度の大きな買い物と言われる住宅の取得への負担を軽減する目的があります。 それではまず、そもそも「すまい給付金」についての概要をご案内します。 制度の概要と2019年度拡充された変更点 制度の目的としては、消費増税に伴って住宅取得者の負担を減らす目的で、平成26年に創設された制度になります。 もらえる対象の世帯は、元々参考収入額の目安が510万円以下の世帯になります。 その参考収入額に応じて給付額が決められており、それを超える場合は支給対象ではありませんでした。 そして、今回の2019年度の追加の政策として、拡充されたのが、参考収入額の目安のアップです。 言い換えれば、もう少し年収の高い世帯でも給付額がもらえる、元々もらえる世帯は給付額がアップする、という拡充内容になっています。 これらは、消費増税の負担軽減や、住宅ローン控除のメリットを使い切れない所得層に対して恩恵が受けられる制度になっています。 対象となる住宅の条件 ・ローンを組む本人が住む住宅であること ・床面積が50㎡以上の住宅であること ・新築であれば、住宅瑕疵担保責任保険に加入してある、もしくは建設住宅性能表示制度を利用する ・中古であれば、不動産会社が売主で個人売買でないこと。 そして、既存住宅売買瑕疵保険に加入する、もしくは既存住宅性能表示制度を利用する すまい給付金「我が家はもらえる世帯?」参考収入額 上記にて、年収ではなく「参考収入額」と記載したには訳があります。 実際には住民税所得割額という指標で、給付額が決定されます。 これは、年収が同じでも扶養家族の人数や医療費によって住宅取得に関わる負担が違う、という観点から「年収」で決めるのではなく、扶養控除などを引いた「課税所得」により決定されます。 それでは、この住民税所得割額はどうすれば分かるのでしょうか? 一番確実な方法は「市役所に行き課税証明書を取る」ことです。 課税証明書に記載されている「都道府県民税の所得割額」を見てください。 下記のURLから、給付の可否や給付額のシミュレーションができますが、最終的には課税証明書を取りに行き確実な額から申請をする必要があります。 60万円超~9. 79万円超~11. 90万円超~14. 06万円超~17. すまい給付金の試算例 一般的な例で、すまい給付金がいくらになるかを簡単に解説していきたいと思います。 すまい給付金の申請方法と注意点は? まず申請は住宅取得者となっておりますが、住宅事業者等による手続き代行も可能となっているため、建築された住宅会社様から手続きを行っていただくこともできますので一度そちらにご相談していただくのが一番良いかと思います。 また、基本的には給付金の受領者は住宅取得者であるお施主様になります。 住宅事業者による代理受領も可能ですが、申請の際に住宅会社と相談してみてください。 そして注意点としては、申請期限が住宅の引渡しを受けてから1年以内となっているため、引渡しが終わって落ち着いたら早めの申請をしましょう。 申請は郵送と窓口での受付を行っています。 すまい給付金申請窓口は下記から、お住まいの地域の近所の窓口を調べることができます。 書類のダウンロードはこちらから 窓口の検索はこちらから そして、書類等が受理され認定されれば、すまい給付金事務局から申請した指定の口座に給付金を振り込まれます。 申請書類に不備等がない場合、申請書類の提出から概ね1. 5カ月から2カ月程度で申請者に給付金が支払われます。 すまい給付金を確実に受け取るには? ここまで読んでいたただいて、制度が難しいし申請も確実にできるか不安になりませんでしたか? 万が一自分で申請して書類の不備等があり、すまい給付金を受け取ることができなかったら困りますよね? 実は僕も家を建てる際にはすまい給付金等の制度を利用するに当たっては、制度を調べたものの、申請は建築業者のセキスイハイムに任せていました。 何故なら他の住宅新築支援制度を利用するに当たり、 自分で申請手続きをしたところ、7万円程度でしたが不備があり、補助金を受け取ることができなかったからです。 役所の手続きは申請の条件が複雑ですし、添付書類も多くあります。 毎日仕事で忙しい中、書類の不備等で度々役所に手続きに行くなどとてもできません。 そこで、すまい給付金を確実に受け取るお勧めの方法を紹介します。 それは、 「タウンライフ」というサービスを利用する方法です。 「タウンライフ」はハウスメーカーや工務店に 『間取りプラン・資金計画書・土地提案書』の作成を無料で一括して作成してもらえるサービスを提供しているサイトです。 このサイトで、お住まいの地域対応の建築業者に 『間取りプラン・資金計画書・土地提案書』の作成を進めると、次のような依頼フォーム入力画面になります。 この家づくり計画書作成依頼フォームの中に自由記入欄(上記イラストの赤色四角で囲った部分)がありますから、そこに 『すまい給付金の申請手続を代理でして欲しい』と記載すれば、すまい給付金の申請代理可能かどうかの回答が『間取りプラン・資金計画書・土地提案書』の提供と併せて建築業者からあります。 大手ハウスメーカーであれば、すまい給付金をはじめとした様々な補助金の申請手続きをしてくれるでしょうが、小さな工務店だと難しいかもしれません。 もし、あなたが申請手続きは代理でして欲しいと考えているのであれば、 予め代理手続可能かどうかをハウスメーカーに伝えておいた方が後々トラブルが少なくて済みます。 タウンライフよくある質問 まとめ はじめに、すまい給付金の制度概要について説明をしました。 次に、すまい給付金の支給額試算例を説明してから、すまい給付金の申請手続き方法と注意事項をお伝えしました。 最後に、すまい給付金を確実に受け取る方法として「タウンライフ」を利用する方法を紹介しました。 前述したように、消費税が上がった後であれば、逆にメリットが大きくなるご家庭も多いかと思います。 すまい給付金以外にも、住宅ローン控除3年間延長や、次世代住宅ポイントの制度を創設、贈与税非課税枠の拡大、と合計で4つの消費増税に対する緩和策が2019年度は打ち出されています。

次の