御仏前 御香典。 知っておきたい法要の御仏前相場|故人との関係で変わるって本当?

御香典と御霊前の違いとは?お金の入れ方と金額の相場│ごーるでんライフ

御仏前 御香典

御仏前と御佛前の読み方とその意味 御仏前と御佛前、両方とも読み方は同じで「ごぶつぜん」と読みます。 これらの2つの言葉に、意味上の違いはありません。 中国から仏教が入ってきたときには「佛」という漢字が使われており、のちに「仏」という漢字が作られました。 つまり、佛は旧字の漢字、仏は略字の漢字ということになるのです。 このような歴史の背景から、御佛前という表記が正しいという意見もありますが、実際のところはどちらの表記をしても問題はありません。 ところで、御仏前(御佛前)とは、いったいどのような時に書かれる表書きなのでしょうか? 日本では、仏教、神道やキリスト教など、宗教は個人の自由で信仰されています。 御仏前(御仏前)とは、文字から見ても分かるように仏教の忌事で使われる不祝儀袋のことです。 そのため、ほかの宗教の忌事ではこれを書かないようにしましょう。 このほかにも、この表書きを書く際に気を付けていただきたいことがあります。 それは、御仏前(御佛前)とは葬儀や法事、法要などのどの忌事でも使えるものではないということです。 これは、四十九日以降に渡す不祝儀袋に書かれる表書きなのです。 御仏前(御佛前)とは、故人が成仏した後にお供えするものという意味を持っています。 それでは、葬儀などそれ以前に渡す不祝儀袋の表書きは、いったい何なのでしょうか? 御霊前の読み方と御仏前(御佛前)の違い 故人の四十九日前にお供えする不祝儀袋には、「御霊前」と書きます。 読み方は「ごれいぜん」で、これは葬儀の時などの表書きに使われる言葉です。 それではどうして四十九日前と後で、表書きが使い分けられるのでしょうか? 仏教の考え方では、死後七日ごとにあの世に行くための裁判が行われます。 四十九日目がその最終の裁判にあたる日で、この日に極楽浄土に行けるかどうかの審判が下されるといいます。 この最後の裁判までは人間の魂はさまよう霊の状態なので、四十九日以前の不祝儀袋の表書きには御霊前と書かれるのです。 お通夜やお葬式の際には、御仏前(御佛前)などと書かないようにご注意ください。 四十九日前でも御仏前(御佛前)と書く宗派もある 通常、仏教の葬儀の時に持っていく不祝儀袋の表書きには御霊前と書くものですが、実は例外の宗派もあることをご存知でしょうか? それは、浄土真宗です。 この宗派の葬儀に参列する際には、御仏前(御佛前)と表書きを書いた不祝儀袋を持っていくようにしましょう。 これは、浄土真宗では人は亡くなった後に霊になることはなく、すぐに成仏するという考えがあることに由来しています。 そのため、葬儀や法事に参加する際には、事前にどの宗派のご家庭なのかを確認しておくことを忘れないようにしておいてください。 もし宗派がわからない場合、「御香典」や「御香料」と表書きを書いておくとよいでしょう。 御香料の読み方は「ごこうりょう」で、御香典と同じ意味を持ちます。 また、これらの表書きは葬儀と法事のどちらでも使用が可能なので、覚えておくと便利でしょう。 不祝儀袋と香典袋の読み方とその意味 御霊前や御仏前(御佛前)を包むための袋の名称として、「不祝儀袋」と「香典袋」をよく耳にしますが、この2つの間に違いはあるのでしょうか? まず、不祝儀袋の読み方は「ぶしゅうぎぶくろ」、香典袋の読み方は「こうでんぶくろ」です。 不祝儀袋というのは、葬儀や法事などの忌事の際にお金を包む袋の総称で、香典袋も同じ意味を持っています。 不祝儀というのは、祝儀の反対の言葉でめでたくないことや葬儀のことを指し、不祝儀袋とはその時にお金を包む袋という意味を持っています。 一方、香典というのは、故人に供えるお香やお花の代わりのものという意味です。 さて、この不祝儀袋(香典袋)には水引の色が様々があり、宗派や地域などによって使い分けられています。 例えば、黒白や青白の水引はお通夜や葬儀、法事などで使われますが、神道の場合は一年祭までしか使用することができません。 黄白の水引は、主に関西地方で一周忌以降の法事で使われており、神道でも香典を包むときに使用されます。 そのほかにも双銀という水引もあります。 これは、香典に包むお金が多いときに使われることが多いです。 また、神道でよく使われる水引には双白というものもあり、これは葬儀から一年祭の後まで幅広く使えます。 神道やキリスト教の時にはどんな表書きを書くべきか 上記でご紹介したとおり、御仏前(御佛前)は仏教独自のものです。 それでは、神道やキリスト教の不祝儀袋には、それぞれ独自の表書きがあるのでしょうか? まず、神道から見てみましょう。 神道の不祝儀袋には、「御神前」、「玉串料」、「御榊料」と書きます。 それぞれの読み方は順番に、「ごしんぜん」、「たまぐしりょう」、「おさかきりょう」です。 また、御霊前と書いてもよいでしょう。 キリスト教の場合、「御花料」や「献花料」と書きます。 読み方は、「おはなりょう」と「けんかりょう」です。 こちらの宗教でも、御霊前と書いても問題はありません。 ただし、キリスト教の不祝儀袋は水引が印刷されていない無地の白を選びましょう。 また、十字架やユリの花がプリントされているものも市販されているので、そちらを購入されるのもお勧めです。 香典の由来とは 上記でご紹介したように、どんな宗教や宗派でも、葬儀や法事など忌事には書き方や読み方は違えど、香典としてお金を包んで渡すことがあります。 これはいったいどうしてなのでしょうか? 葬儀というものは、金銭的負担になる行事です。 今ではごく身内だけのシンプルな葬儀も増えているものの、かつては故人の家族が参列者や僧侶たちに盛大におもてなしをする風習がありました。 そこで、近隣の住民や参列者たちが食べ物などをお供え物として持っていくという、遺族への補助の形が出来上がりました。 さらに時代を経て、物品の代わりとして御霊前や御仏前(御佛前)にお供えするものとしてお金を包むという風習が生まれたのです。 しかし、葬儀にお金を包んでいくというのは、日本独自の風習です。 日本の伝統的な習わしにのっとって、国内のキリスト教式の葬儀には香典を持っていきますが、本来はこのような習慣はありません。 むしろ、海外ではお金を持っていくことはマナー違反となりますので、外国で葬儀に参加される際には気を付けておきましょう。 海外の葬儀では、通常花とシンパシーカードと呼ばれるお悔やみの言葉を書いたメッセージカードを贈ります。 シーンごとに表書きは使い分けましょう 御仏前(御佛前)をはじめとして、表書きの種類は様々です。 宗教や宗派、葬儀や法事などでそれぞれ書き分けましょう。 また、不祝儀袋も用途に応じて様々な種類があります。 マナー違反とならないように、お金を包む際には事前に相手方の宗教や宗派を確認することを忘れないようにしてください。

次の

香典の御仏前と御霊前の違いは?|渡し方・置き方・マナー|終活ねっと

御仏前 御香典

お通夜や葬儀、法事の際に現金を包む、白と黒の水引のついた袋です。 仏教での御香典・御霊前・御仏前の違い 「御香典」「御霊前」「御仏前」の違いはご存知ですか? ちゃんと使い分けができているでしょうか? 私は自信ありません・・・ ということで、 「御香典」「御霊前」「御仏前」の違いと使い分けについて、しっかり解説していきますね!! 御香典とは? 御香典の「 香」は線香を、「 典 正式には「奠」 」はお供え物を意味します。 「 故人へ線香や花の代わりに金品を供える」という意味合いです。 葬儀という突然の出費に対しご遺族に「葬儀費用の一部にあててください」という、『 お互いに助け合う』という気持ちも含まれています。 また「御香典」は、「御霊前」や「御仏前」を含む、 お供え全般のことを指しています。 通常、葬儀に持参する金品といえば「香典」と言いますが、実際に葬儀に参列する場合は、宗教宗派により考え方が異なります。 そのため、不祝儀袋で持参する表書きとして「御霊前」「御仏前」などを使い分けるのです。 「御霊前」や「御仏前」は、全部「御香典」に含まれるんですね! 知らなかった! 「御霊前」や「御仏前」は基本的に葬儀で使うか、四十九日法要を過ぎているかで使い分けますが、宗派によっては「御霊前」を使わない場合があります。 宗教宗派については事前に確認したほうがいいですね。 ただ、事前に確認できず悩んでしまったら、• 仏教で宗派が不明な場合は「御香典」が無難。 宗教が不明だけど明らかに真宗ではない場合は「御霊前」が無難。 です! 御霊前とは? 「御霊前」とは、• 故人の御霊 みたま の前。 また、御霊に供える金品。 香典の表書きの1つ。 という意味があります。 仏教では、一般的に 葬儀の不祝儀袋は「御霊前」を使います。 ですが、 真宗(浄土真宗や真宗大谷派など)では葬儀の時から「御仏前」を使います。 というのも一般的な仏教では、人が亡くなると霊になり、その後四十九日法要を終えると成仏して極楽浄土に行くという考えます。 なので 四十九日法要までは故人の御霊 みたま にお供えする =「 御霊前」 となるのです。 真宗(浄土真宗や真宗大谷派など)では御霊前は使わない 仏教では一般的に、葬儀の不祝儀袋は「御霊前」を使います。 ですが、 真宗(浄土真宗や真宗大谷派など)では葬儀の時から「御仏前」を使います。 いったいどうしてでしょう? この違いは、霊の考え方に基づきます。 一般的な仏教では、人が亡くなると霊になり、その後四十九日法要を終えると 成仏して極楽浄土に行くと考えます。 納骨が四十九日法要の際に行うのも、成仏したという考えからです。 ですが、 真宗(浄土真宗や真宗各派)では霊という考え方がないのです。 「人は亡くなったらすぐに浄土に還り成仏する」というのが、真宗の考え方です。 だから 「御霊前」は使わないんですね! 御仏前とは? 御仏前とは、• 故人が成仏 じょうぶつ して仏様になり、その仏様の前。 また、御仏に供える金品。 供物の表書きの1つ。 という意味があります。 仏教では一般的に、 四十九日法要を過ぎたら「御仏前」を使います。 人が亡くなると霊になり、その後四十九日法要を終えると仏になる =「 御仏前」 と考えるからです。 納骨を四十九日法要の際に行うのも、亡くなった人が成仏したと考えるからなんですね! 神道ではどうするの? 神道の場合は、 「御玉串料」「御神前」などを使います。 神道では、「御香典」も「御仏前」も使いません。 というのも、 神道には「仏になる」という考えはないからです。 でも、 葬儀の際に「御霊前」は使っても問題はないようです。 これは、神道の考え方では、亡くなったら御霊となり、その家の守護神となり子孫を守るとされているからです。 ただし、 蓮の花が印刷してある不祝儀袋は、仏教専用なので避けましょう! また、神道では仏教の四十九日法要でなく「 五十日祭」と呼ぶ儀式があります。 翌日に清祓の儀(きよはらいのぎ)を行い、忌中に神棚などに張っていた白紙を取り除くと忌明けとなります。 (忌中は故人を悼み、拍手を打たずに「偲び手」で行います。 ) 以前は葬儀(火葬祭)の後に遺骨を墓地に移して埋葬していました。 しかし最近では、仏教のように遺骨を持ち帰り五十日祭の頃に埋葬するケースが多くなっています。 この際の金封は、 「御玉串料」「御霊前」などを使います。 キリスト教ではどうするの? キリスト教(カトリック)では「 お花料」を使用します。 ですが、 「御霊前」(蓮の花の印刷以外)は問題ないとされています。 というもの、キリスト教では亡くなったら霊魂となって神に召されると考えられているからです。 キリスト教の場合でも、四十九日法要に該当するものがあります。 カトリックでは 「追悼ミサ」、プロテスタントでは 「記念式」です。 これらは必ず行うという儀式ではありません。 仏教の「忌明け」という考え方もありません。 ですが、最近は仏教の初七日や四十九日法要の代わりに追悼式を行うケースもあります。 もし参列する場合の金封は、• カトリック追悼ミサの場合 :「ミサ謝礼」「ミサお礼」• プロテスタント記念式の場合:「記念献金」 となります。 水引の違い 不祝儀袋についていたり、印刷されている 水引。 この水引にもマナーがあります。 大切な人が亡くなることは、二度とあってほしくないことですから水切は「 結び切り」を使用するのがマナーです。 結び切りは、一度、結んだらほどけないことを意味しています。 そのため、「二度あってほしくない」こと、例えば結婚や葬儀などの際に使用します。 水引は、宗教によって多少色が異なるので、確認していきましょう。 仏 式:白黒・銀• 神 式:黒白・白・銀• キリスト教式:なし キリスト教式の場合には、水引は使用しません。 蓮の花の印刷以外で、十字架または花の印刷が施された不祝儀袋を使用します。 花が印刷されたものがなければ、白封筒で代用することもできます。 また、弔事には 基本的に偶数の水引を使用します。 4本を中心に、2本のものと6本のものがあります。 ですが最近では、5本の水引を使用することもあるようです。

次の

御香典と御霊前と御仏前の違いは?四十九日法要は何を使う?

御仏前 御香典

【もくじ】 ・ ・ ・ ・ ・ 仏教法事の香典「御仏前」相場はいくら?葬儀の香典との違いは? 基本的に仏教法事に参加するのは、通夜や葬儀とは違い 故人との関係性が深い人のみです。 法要には案内状が届いた人、つまり法要には招かれた人のみが参加するということです。 これは、法要の後に会食の席が設けられていることが多いため、遺族側が出席する人数を把握できるようにするという意味もあります。 御仏前として包む香典の金額の違いは、僧侶に読経をしていただき故人の冥福を祈る法要のみに出席する場合と、法要の後に設けられたお斎をいただく会食にも参加する場合とで変わります。 故人との関係性で変わる御仏前(香典)の相場 御仏前(香典)の金額は、 自分と故人との生前の関係によって変わります。 例えば、同じ関係にあたる方が亡くなった場合、関係性は同じでもそれぞれの方との関係性の深さによって御仏前(香典)の金額が変わります。 御仏前(香典)の相場金額 通夜や葬儀ではなく、法要に参加する場合の香典の相場金額を確認しましょう。 法要は基本的に故人との関係性が深い人のもとへ案内状が届き、招かれた人のみで執り行われます。 一般的に法要には、遺族と親族のみが参加しますが、生前の故人との関係性によってはそれ以外の間柄であっても招かれるときもあります。 その場合の御仏前(香典)の相場金額もあわせて確認しましょう。 間柄 法要のみ 会食にも参加 近しい親族 1万円~2万円 2万円~5万円 親しい友人 1万円~2万円 2万円~5万円 友人の親族 3千円~5千円 1万円~2万円 近所の人 3千円~5千円 1万円~2万円 会社の同僚 3千円~5千円 1万円~2万円 会社の上司 3千円~5千円 1万円~2万円 会社の部下 3千円~5千円 1万円~2万円 葬儀の香典相場金額 法要ではなく、 通夜や葬儀に参加する場合の香典の相場金額を確認しましょう。 法要と違い、通夜や葬儀は招かれなくとも自分の意思で参加できます。 通夜では、通夜振る舞いと言って、通夜の後に法要の会食のように食事が振る舞われますが、通夜振る舞いをいただくか否かで香典の金額が変わると言うことはありません。 間柄 20代 30代 40代以上 祖父母 1万円 1万円~3万円 3万円~5万円 近しい親族 3万円~5万円 5万円 5万円 友人 5千円 5千円~1万円 5千円~1万円 友人の親族 3千円~1万円 3千円~1万円 3千円~1万円 近所の人 3千円~5千円 3千円~1万円 3千円~1万円 会社の同僚 5千円 5千円~1万円 1万円 会社の上司 5千円 5千円~1万円 1万円 会社の部下 5千円 5千円~1万円 1万円 連名の場合の香典相場 連名で香典を包む場合も、故人で香典を包む場合と同じように悩むものです。 連名で香典を包む場合は、金額に端数が出ないようにしましょう。 連名の場合でも個人で香典を包むときと同じように、香典の総額は3千円以上にします。 とは言え、金額が大きくなり過ぎても相手を困らせてしまうため、注意が必要です。 また、 一人当たりの金額が少額の場合は、お返し等の心遣いは辞退しましょう。 避けたほうが良い金額やお礼の枚数 香典に包む際に避けたほうが良い金額は偶数の金額です。 偶数を香典に包むことは、「故人とこの世のつながりが切れてしまう」と避けられています。 お札の枚数も偶数枚にならないようにしましょう。 「9」は奇数であっても、「苦」を連想させるため金額でも枚数でも避けましょう。 5千円を包む場合は、通夜や葬儀の香典ならば千円札を5枚でも5千円札のどちらでも構いませんが、法要の香典には5千円札で包みます。 理由は、遺族が香典を数える際の手間や数え間違いをできるだけ少なくするためです。 突然の通夜や葬儀とは違い法要は案内状が届いてから準備できるため、できるだけ5千円札を準備しましょう。 御仏前(香典)で知っておきたい常識 御仏前(香典)を準備する前に常識として知っておきたいことがいくつかあります。 知らずに恥じをかくことのないように、しっかりとチェックしましょう。 宗教によって異なる香典袋 自分が信仰する宗教で使用する香典袋については知っていても、その他の宗教で使用する香典袋については知らない方もいます。 香典袋は自分が信仰する宗教の香典袋を使用するのではなく、故人側が信仰する宗教に合わせて準備しなければなりません。 仏式の香典袋には、黒白または双銀の水引が付けられています。 神式では白の水引、キリスト教式では、水引はなく、代わりに白百合や十字架が描かれた香典袋です。 香典袋には宗教によっての違いだけでなく、包む金額によって使い分けます。 豪華な香典袋に釣り合わない金額を包んでいたり、質素な香典袋に大金を包んでいたりすることのないように、 包む金額に似合った香典袋を使用しましょう。 香典袋の書き方 香典袋の書き方で一番悩むのは、表書きです。 宗教や宗派によって表書きが異なるのも悩む原因の1つです。 それぞれの宗教の香典袋の表書きを確認しましょう。 宗教 表書き 仏式 御仏前 神式 御玉串料 御榊料 キリスト教式 (カトリック) 御ミサ料 御花料 御花輪料 キリスト教式 (プロテスタント) 御花料 忌慰料(きいりょう) 香典袋は薄墨で書こう 四十九日の法要にお供えする香典袋の表書きは、 薄墨の筆または筆ペンで書きます。 薄墨は「 訃報を受けて涙で墨が薄れてしまった」や「 突然のことで墨を濃くなるまでする時間がなかった」という意味合いがあります。 これは昔はすずりで墨をすっていたことが由来しています。 数字の書き方に注意しよう 香典袋の内袋には、香典に入れた金額を書かなければなりません。 その際に使用する数字の書き方は注意が必要です。 数字は漢数字で書きます。 「一」「二」のような漢数字ではなく、 大字(だいじ)と呼ばれる改ざんを防ぐために法的な文書で使うことが定められた漢字を使用します。 例えば、「一」に「|」を書き加えると「十」になってしまいます。 このようなことを防ぐために大字(だいじ)が使われています。 「円」の字は、旧字体の「圓」を使います。 漢数字 大字 1 壱 2 弐 3 参 5 伍 10 拾 千 阡 万 萬 大字(だいじ)は普段の生活の中では使うことがなく、見慣れない漢字です。 書き間違えのないように書きましょう。 お札の入れ方と選び方 香典を準備するときに気をつけたいポイントの1つでもあるお札の入れ方と選び方。 香典袋にお札を入れるときは、一般的に中袋と呼ばれる袋にお札を入れます。 地域によって「不幸が重ならないように」という意味を込めて、敢えて中袋を使わないこともあります。 中袋にお札を入れるとき、お札の向きは全て揃えるようにしましょう。 向きを揃えたお札は、香典袋の表側にお札の表側、つまり人物の顔が描かれている面が表側にこないようにします。 さらに、人物の顔が下側にくるように入れます。 結婚式などの慶事の祝儀には新札を使うことがマナーですが、 香典には新札は使用しません。 これには、「 急な知らせで新札を準備できなかった」や「 亡くなることを予期していなかった」という意味合いが含まれています。 手元に新札しかないときは、新札に一度折り目を付けて中袋へ入れます。 新札ではないからと言って、 汚れているお札や切れたお札、極端に折り目の多いお札は避けましょう。 渡すタイミングと渡し方 準備した香典を渡すタイミングは、法要が始まる前に施主に手渡しします。 施主に手渡しする場合も、通夜や葬儀の受付と同じように、香典袋を袱紗(ふくさ)から取り出し、香典袋の表書きが相手側から読める向きにして「仏前にお供えください」と一言添えながら両手で渡しましょう。 御仏前(香典)を渡す必要のある法要 御仏前(香典)を準備する必要のある法要は、初七日、など、葬儀よりあとに行われる追善供養に参加するときです。 追善供養には、中陰供養と年忌法要があります。 中陰供養は命日から四十九日を迎えるまでの間、七日ごとに行われる法要のことです。 年忌法要とは、命日から一年目、三年目、七年目、十三年目、十七年目、二十三年目、二十七年目、三十三年目、五十年目と節目の年に行われる法要です。 初七日は葬儀と一緒に行われることが多いため、その場合は葬儀の香典と別に初七日の香典を準備する必要はありません。 初七日を葬儀とは別の日に行う場合は、御仏前(香典)を準備してお供えします。 未就職の学生の場合、親族の法事で香典を準備する? まだ就職していない学生が親族の法事に参加する場合は、香典を準備する必要はありません。 その代わりに親が子供の分を自分の分と合わせて包みます。 子供が親の代理として親族の法事に参加する場合は、代理として親の名前が書かれた香典を持参しましょう。 連名の場合は香典袋をどう書いたらいいの? 連名で香典を準備する場合、 多くても3名までとします。 夫婦で連名にする場合は、右に夫の氏名を書き、その左側に妻の名前を書きます。 3名の連名の場合は、序列順に右側から指名を書きます。 その際は、2人目の氏名が中央にくるようにしましょう。 序列が特にない場合は、五十音順にします。 2名(夫婦を除く)ないしは3名の連名で香典を準備した際は、一人ひとりの住所と氏名を記載した別紙を香典袋に入れます。 4名以上で香典を包む場合の表書きは、「〇〇一同」とします。 この場合も一人ひとりの住所と氏名を記載した別紙を香典袋に入れます。 法事の後会食がある場合、多めに包む? 法事の後に会食の席が設けられている場合は、多めに包むようにします。 会食は1人5千円~1万円のものが準備されていると考えると良いでしょう。 また、1人で参加するのか、夫婦や家族と一緒に参加するのかも考慮して包むようにしましょう。 まとめ 法要に参加する前に知っておきたい法要の御仏前の相場についてご紹介しました。 御仏前(香典)の金額は、故人との関係性によって変わると言うことがお分かり頂けたと思います。 これらを参考に、法要に参加する際にお供えする御仏前(香典)の金額の相場や香典袋のマナーをおさえて、失礼のないように備えておきましょう。 法要に関するお問い合わせは「小さなお葬式」へ 法要に関するご準備は事前に行うことが大切です。 いざという時困らないように、葬儀全般に関する疑問は、「小さなお葬式」へお問い合わせください。 24時間365日専門スタッフがお客様のサポートをさせていただきます。

次の