臭い玉 除去。 臭い膿栓の取り方にはコツがあった!自己流で膿栓を取るのは危険

喉の息がビックリするくらい臭い!原因は臭い玉(膿栓)と後鼻漏です

臭い玉 除去

観覧数: 90573 Views• 更新日: 2016年01月13日 膿栓治療は何をする?病院で行う臭い玉の除去方法とかかる費用 膿栓(臭い玉、臭玉)の除去方法は、ネットで検索するといろいろ出てくると思います。 綿棒を使った方法に、シャワーを直接当てる方法、水鉄砲を使用した方法などさまざまです。 しかし、自分で除去することは喉の粘膜にダメージを与える可能性があり、安全とは言えません。 膿栓は繰り返しできるものですから、危険な方法を継続して行うのは良くないでしょう。 また、専門家のもとで適切な治療を行った方が、根本の原因解決につながる場合もあります。 膿栓はできやすい人もいれば、膿栓ができたことにも気付かない人もいます。 繰り返し膿栓ができて困っている人は、一度専門家に相談してみると良いでしょう。 膿栓治療は何科? 膿栓の治療は耳鼻咽喉科で行います。 歯医者で相談しても、それは専門外となります。 「口臭が気になる」という人に膿栓の存在を疑う人が多いのですが、口臭の原因が他にある可能性も高いです。 口臭の原因に応じて、専門とする診療科は異なるのです。 口臭治療は耳鼻科?歯科? 口臭の原因は、ほとんどが口の中のトラブル・病気です。 そのため、口臭が気になる場合には、まず歯科医院で相談すると良いでしょう。 喉に違和感があるなど、膿栓の存在が疑われる場合には、耳鼻科で相談すると良いでしょう。 病院で行う膿栓治療 ネットなどで検索すると、自分で膿栓を除去する方法がたくさん出てくると思います。 通院しなくても自分で膿栓対策ができるならば、その方が良いと考える人もいるかもしれません。 しかし、膿栓を自分で除去することは、安全とは言えないので注意が必要です。 膿栓が気になってどうしようもなくて、自分で取ってしまう人もいるかもしれませんが、より安全な方法・再発防止につながる方法を選択することをお勧めします。 膿栓の除去・陰窩洗浄 気になる膿栓を吸引し、膿栓ができる陰窩という穴を洗浄します。 陰窩の洗浄は、専用の器具を使用し、陰窩の中を水圧で徹底的に洗浄します。 一度除去を行っても、膿栓は繰り返しできてしまいますから、 膿栓ができてしまったら、再度同様の処置を行うことになるでしょう。 膿栓治療は保険がきく?費用は? 先に紹介した、膿栓の除去・陰窩の吸引については、保険が適用となります。 初診の場合は初診料がかかりますが、膿栓の除去・陰窩の吸引だけならば安く治療を受けられます。 3割負担で百数十円程です。 膿栓治療を行わない病院もある!? 膿栓は誰にでもあるものです。 決して病気ではありません。 そのため、 膿栓の除去を行わない病院もあると言われています。 心配な場合には受診する前に、膿栓を除去してもらうことは可能かどうか、電話などで確認しておくと安心でしょう。 膿栓治療は痛い? 膿栓の除去や陰窩の洗浄は、通常それほど痛みは生じないと言えるでしょう。 しかし、 嘔吐反射が強い方は特に、気持ちが悪くなってしまう可能性があります。 「オエッ」となるのを防ぐために、治療前は食事を控えておくと安心です。 陰窩の形状・位置などは個人差がありますし、吸引の際に痛みが生じる場合もあるかもしれませんが、「膿栓を取ってもらってスッキリした」という患者さんが多いようです。 膿栓を防ぐための手術 膿栓が原因の口臭が気になるなど、膿栓ができることが深刻な悩みとなっているケースも少なくありません。 中には、「扁桃を除去して膿栓ができないようにしたい」という人もいます。 扁桃摘出術によって扁桃を除去することで、膿栓を予防につながる可能性はありますが、膿栓のために行う治療としては負担が大きいと考えられるでしょう。 また、口臭の原因が膿栓だけでない可能性も否定できません。 口臭が気になりすぎて、 「膿栓で口が臭い」と思い込んでしまっているという可能性もあるでしょう。 医師と十分に相談するのはもちろん、膿栓以外の口臭原因の有無も明確にすることが大切でしょう。 治療効果を維持するための膿栓予防 膿栓は繰り返しできますから、一度治療すれば膿栓ができなくなるというものではありません。 耳鼻科で治療を受けた後も、 膿栓の再発を防ぐように心がけることも大切でしょう。 医院によっては、膿栓を防ぐためにうがい薬を処方してくれる場合もあります。 普段からうがいをするようにしたり、膿栓予防を取り入れることも大切でしょう。 といっても、健康な人でも膿栓はありますし、神経質になりすぎるのは良くありません。 膿栓を除去しても口臭が改善されない場合は? 「膿栓を取っても、口臭が改善されない」という場合もあります。 口臭の原因は、膿栓だけではありませんから、他に原因があれば、膿栓を除去しても口臭は改善されません。 膿栓を除去しても口臭が改善されないならば、歯科医院や口臭外来で相談してみるという方法もあるでしょう。 膿栓以外に考えられる口臭の原因 口臭の主な原因には次のようなものもあります。

次の

臭い玉が出来やすい人と出来にくい人の特徴とは?子供もできる?

臭い玉 除去

もくじ• 1.悪臭とまではいかないがそこそこの臭いがする「後鼻漏」 Quote: 口と鼻がつながっていることはご存じかと思いますが、後鼻漏(こうびろう)とは、鼻水が鼻の穴を下って喉に逆流する現象のことを指します。 透明でサラっとした鼻水であれば、唾(つば)とともにそのまま胃に流れ込みますので大きな問題は起きませんが、風邪などをひいて黄色い粘り気のある鼻水が鼻を通って喉元まで下りてくると、中咽頭(ちゅういんとう)と呼ばれる口と鼻が合流する部分に貯まってしまって固形化することがあります。 黄色い鼻水は、ばい菌の塊のようなもの(空気中のゴミや風邪ウィルスなど)ですので臭いを発します。 喉と鼻の入り口付近に後鼻漏によってばい菌が貯まって固形化しますので、呼吸をするたびに喉および鼻から強い臭いを発するようになります。 中咽頭(ちゅういんとう)は、うがいなどで洗えるような場所ではなく、もっと喉の奥側になりますので、耳鼻咽喉科にいって薬を処方してもらって薬の力で固形化した鼻水や淡(たん)などを取り除くしか方法がありません。 1-1 固形化した鼻水を追い出そうとして咳が止まらなくなる 後鼻漏は、ただ喉が臭くなるだけでなく、喉に異物が貯まった状態を体(免疫機能)が感知し、喉から異物を追い出そうとして咳(せき)が出るようになります。 普通の咳ならそれほど他人に迷惑はかけないと思いますが、後鼻漏によって固まったばい菌の上を通過して口外に吐き出される咳は、悪臭をまき散らすようなものですので、マスクは必需品です。 できれば、香りのするマスクなども売っていますので、後鼻漏(こうびろう)によって発する臭いを良い匂いで相殺して悪臭を最小限に抑えることも対策の一つかも知れません。 2.後鼻漏(こうびろう)の治療法 強い喉臭(のどしゅう)を発する後鼻漏(こうびろう)は、基本的には専門家である耳鼻咽喉科で治療を行うのが鉄則ですが、近くに耳鼻咽喉科がなかったり、あるいはあったとしても行く気がしないようなサビれた病院しか近くにない場合を考慮して、自宅で改善できる方法をいくつかお教えしておきます。 生理食塩水を鼻から吸い込んで口から吐き出すのを「鼻うがい」と呼びます。 後鼻漏に限らず、風邪気味の方など鼻にトラブルを抱えている人には鉄板の「家庭でできる治療法」です。 これで生理食塩水の完成です。 後は、片方の鼻の穴を手で押えながらもう片方の鼻から生理食塩水を吸い込んで口から吐き出します。 慣れるまでは「鼻から吸い込んで鼻から出す」でもOKで、慣れてきたら「鼻から吸い込んで口から出す」を両方の鼻の穴で1日2回行うようにしてみてください。 鼻うがいに抵抗がある方は、エネマシリンジという器具を使用してみてください。 amazonや楽天で「エネマシリンジ」と入力すれば色々ヒットすると思いますので、評判の良さそうなものを選んでください。 Quote: 2-2 吸入器で鼻を潤(うるお)す 吸入器とは、水蒸気を出す機械のことを指します。 水蒸気を鼻で吸い込むだけという簡単な治療法で家庭用の吸入器が大手通販サイトなどで売っています。 後鼻漏など、鼻にトラブルを抱えている人の多くは、鼻に潤い(うるおい)を与えてあげることで鼻の状態が改善することがあるのと、鼻うがいがどうしても抵抗があって続けられないという方は、吸入器を使って家庭で鼻の改善をすることがベターだと思います。 2-3 漢方で胃腸を整える Quote: 漢方(中国の伝統医学)の世界では、鼻は胃腸と密接に関係しており、鼻を改善するためには胃腸を整えることを漢方では推奨しています。 あなたが鼻に後鼻漏などのトラブルを抱えている場合、漢方の世界では胃腸を治療するために漢方薬を処方するのが一般的です。 もし漢方に興味を持ったなら、漢方を処方してくれる薬局を探して、胃腸を改善するための漢方薬を処方してもらってください。 漢方は薬(西洋医学)と違って劇的な効果は見込めませんが、その反面、副作用がほとんどありませんので、検討の一つとして視野に入れておいてください。 残飯が腐ったにおい• ドブのにおい• ウンチのにおい などなど、臭い玉のにおいを色々な比喩を使って表現しますが、どの表現を見ても積極的に嗅ぎたいとは思えませんよね。 実際に臭い玉が取れたら指でプチっとつぶしてみてから臭ってみてください。 本当にシャレにならないくさいの悪臭です。 こんなものが喉に付着していたら息がくさくなるのは当たり前ですので、いち早く除去するために行動を起こされることを強くおすすめします。 日本人の3人に1人の割合くらいで臭い玉を持っているという統計もあり、歯や歯肉、あるいは舌のにおいと思いきや、実は原因はの臭い玉だったというのはよくある話です。 臭い玉(においだま)は、口呼吸の人や、風邪などで鼻が詰まって口でしか呼吸できない患者さんなどに出来ることが多いですが、はっきりとした原因までは解明できていません。 多い人だと常に10個以上の臭い玉が喉に付着していて、特に口呼吸の人は吐き出す息が臭い玉の真上を常に通過しますので、ものすごく強い口臭がしてしまいます。 3-2 喉のフィルターについたゴミが臭い玉の正体 Quote: 臭い玉が付いている扁桃(へんとう)と呼ばれる場所は、鼻でいうところの「鼻毛」のような役割をしています。 鼻毛は鼻呼吸時に空気とともに鼻の穴に入ってくる空気中のばい菌などをフィルターする役割を持っていますが、喉にある扁桃もこれと同じで口呼吸をする時に口に入ってくる空気中のばい菌やほこりなどをフィルターしてくれる大切な場所です。 つまり、臭い玉は、フィルターに残ったゴミということですので、決して病気によってできるわけではありませんので健康上の問題はありません。 ただし、口から吐く息が臭くなってしまうことは事実で、自分の吐く息が臭いということを認識した状態が続くと精神的にかなり不衛生でもありますので、臭い玉は出来るだけ早く除去しておいたほうが賢明かと思います。 臭い玉のくささの秘密(外部サイト): 3-3 臭い玉は目視で確認できます Quote: 臭い玉(においだま)は、鏡とライトがあれば目視で確認できます。 画像引用元: 臭い玉は喉チンコの左右のくぼみの扁桃(へんとう)と呼ばれる場所に付着していますので首を少し左右に振ったりしながら角度を変えて鏡で見ると臭い玉が目視で確認できます。 喉臭がヒドい人の場合、臭い玉(においだま)が10個以上付着しているケースもあります。 4.臭い玉を取る場合はまずは耳鼻咽喉科に行ってください Quote: 扁桃は非常にデリケートな口腔内組織ですので、基本的には耳鼻咽喉科に行ってください。 受付で来院理由を聞かれると思いますので、 「膿栓(のうせん)が扁桃(へんとう)について臭いの元になっているかも知れないので診てもらっていいですか?」 と伝えてください。 膿栓(=臭い玉)は、耳鼻咽喉科の先生なら簡単に短時間でとってくれます。 もし耳鼻科にいって臭い玉が取れたら手に取って匂ってみてください。 びっくりするほどくさくて驚くと思います。 5.臭い玉を病院に行かずに取り除く方法 口臭(正確には喉のにおい)が気になってはいるものの、病院に行くのが苦手だったり、近くに適当な耳鼻科がない場合は以下の方法で取り除いたり、予防を行ってください。 5-1 お茶でうがい 臭い玉を取り除ける確率は高くないですが、お茶のうがいで洗い流せる場合があります。 ただし、確率は高くありませんので、予防程度に考えておいてください。 臭い玉の除去効果は薄いですが、一方で風邪の予防になりますのでこれを機会に習慣化しておくのもいいと思います。 ただし、お茶は歯に着色してしまいますので、お茶でうがいをした後は必ず水で「ぶくぶく」をして歯を洗浄してください。 歯医者なら誰でも常識として知っていますが、お茶とコーヒーはホワイトニングの天敵です。 5-2 うがい薬(イソジン)でうがい 医療薬として代表的なうがい薬はアズノールです。 アズノールは喉の抗炎症薬(炎症を抑える薬)、つまり「治療薬」です。 臭い玉は口呼吸の時に外気から入ってくるゴミやウィルスなどの塊で、鼻でいえば「鼻くそ」に該当しますので、病気でも炎症でもありませんので、抗炎症薬であるアズノールを使うまでには至りません。 おすすめはイソジンです。 イソジンは治療薬ではなく予防薬ですので副作用もまずありませんし、価格も安いです。 画像引用元: 医薬品であることは間違いありませんが、amazonや楽天などでも入手できる「第3類医薬品」ですので、「amazon イソジン」とか「楽天 イソジン」などのキーワードでyahooやgoogleで検索すると簡単に見つかると思います。 最安値の商品で十分ですので、臭い玉が今以上に扁桃(喉チンコの左右の壁)に付着しないよう、特に就寝前にイソジンでうがいをすることをおすすめします。 5-3 ハンディ・クラウン 丸型洗浄瓶 お茶やイソジンでのうがいが「予防止まり」であるのに対し、これから紹介する「ハンディ・クラウン 丸型洗浄瓶」は臭い玉(においだま。 くさいだまとも言う)を家庭で除去することができる大変優れた商品です。 価格も、安いものだと500円を切りますので、とにかくお金をかけることなく臭い玉を除去したい方には非常におすすめです。 Quote: ハンディ・クラウン丸型洗浄瓶の画像を見れば直感的に使い方が分かると思いますが、念のため解説します。 ハンディ・クラウン丸型洗浄瓶に水道水を満タンに入れた状態で、手でプッシュ(つぶす)して扁桃の臭い玉めがけて水を勢いよく噴射させます。 これだけです。 扁桃は「あああ」と発生しないと舌に隠れてしまいますので、「あああ」と発生しながら扁桃めがけてハンディ・クラウン丸型洗浄瓶にはいった水を勢いよく噴射してください。 臭い玉は上咽頭と呼ばれる扁桃よりもう少し喉の奥にも付着しますが、扁桃以外に付着した臭い玉は食べ物や飲み物などでほとんど取れてしまいます。 6.まとめ 後鼻漏(こうびろう)によるにおいは、しょせんは鼻水の匂い、つまり、「誰しもが嗅ぎ慣れている匂い」ですので、におったとしても悪臭というほどではありませんので、最悪放置するという手もなくはないです。 それに対し、臭い玉(においだま)は、「くさいだま」と呼び変えられることがあるほど耐え難い悪臭を放ちますので、口臭が気になっているもののどうしても原因が突き止められない場合は臭い玉を疑って耳鼻咽喉科に行ってみてください。 臭い玉は口呼吸の方に特徴的に現れる症状ですので、あなたが鼻で息ができず口呼吸をしているのなら早目の受診をおすすめするとともに、イソジンのうがいなど日常的な予防にも努めてください。 それでもどうしても耳鼻科に行くのが面倒であれば、記事内で紹介したハンディ・クラウン丸型洗浄瓶で取り除くことをおすすめいたします。

次の

臭い玉(膿栓)の原因・予防・取り方|口臭や喉の臭い<画像有>

臭い玉 除去

臭い玉(膿栓)ができる原因 私が初めて臭い玉の存在を認識したのは中学生のとき。 部活のランニングで息が上がっていたところにポロっと白い物体が出てきて、食べ物が腐ったような何とも言えないにおいに驚いたのを覚えています。 個人差はありますが、臭い玉は誰にでもできるもの。 臭い玉が作られる原因を知っておけば、余計な不安をしなくてすみます。 扁桃腺のくぼみに溜まるゴミ 臭い玉は正式には「 扁桃膿栓(へんとうのうせん)」と呼ばれます。 その名のとおり扁桃が原因で生じるものですが、膿栓自体は病気ではなく人間にとってごく自然な現象。 もし自分の口の中に臭い玉を見つけても、ショックを受ける必要はありません。 扁桃の中でも喉の両奥にある口蓋扁桃には、体外から異物が侵入するのを防ぐ役割があります。 扁桃には数十個の小さな穴が存在し、これらのくぼみが表面積を大きくすることで効率よく異物やウイルスを排除しているのです()。 口蓋扁桃のくぼみやひだにゴミが溜まることで臭い玉が形成されます。 臭い玉の正体は食べカスと菌の死骸 臭い玉は米粒のような、オクラの種のような少しいびつな形をしています。 潰れたときには鼻に残る不快なにおいを放ち、その悪臭は排泄物やむれた靴下と同じ成分を含むことも明らかになっているほどです()。 扁桃に溜まるゴミの中には食べ物のカスや空気中の埃、雑菌の死骸などが含まれます。 臭い玉の取り除き方 臭い玉は咳やうがいをしたタイミングで上手く取れる場合もありますが、喉の奥にゴロゴロとした違和感が残ることも。 特に体調を崩しているときは、臭い玉ができる頻度や量が増えてなかなか厄介。 放置すると口臭を悪化させてしまう可能性もあるので、自分で除去できるようになっておくと便利です。 家庭でのケアは綿棒がおすすめ 臭い玉は病院で取り除いてもらうのがベストですが、毎回通うのは労力がいりますよね。 コツを掴めば自宅でも簡単に取れるので、1度試してみてください。 臭い玉の取り方はいくつかありますが、今回紹介するのは綿棒を使う方法。 私自身も綿棒を常備して、喉に違和感を覚えたらこまめに掃除するようにしています。 MEMO臭い玉を取り除くときは「あー」と発生すると喉の奥まで見えます。 力を入れすぎると粘膜から出血することもあるので、そっと優しく扱うように心がけてください。 耳鼻科での除去が安心 自分で上手く取り除けない臭い玉は、無理に取ろうとすると扁桃を傷つけてしまうことがあります。 どうしても喉のイガイガやにおいが気になる場合は、耳鼻科で処置してもらいましょう。 少し手間はかかりますが、保険適用で数百円程度で受診できます。 内視鏡や専用の洗浄管、吸引など自宅で用意するのが難しい器具も揃っているので安心です。 まとめ 口臭を悪化させることもある臭い玉。 喉に違和感を覚えたら早めに除去して、におい予防に努めましょう。

次の