オリビアボルトン。 ターミナル一覧

Law & Order:S.V.U. 18

オリビアボルトン

Image by:NME• 弟達とよくサッカーをしている• 「テッサ」という犬を飼っている• 幼少期からダンスや体操を習っていた• サッカーチーム「アーセナルFC」の大ファン• 俳優のハリソン・オスターフィールドとは大の仲良し• 学生時代はダンスを習っていたせいで、いじめられた• 今までスパイダーマンを演じたのはアメリカ人だが、トムは唯一のイギリス人• 14歳の頃にジブリ映画「借りぐらしのアリエッティ」で英語版の吹き替えを担当した• 「スパイダーマン・ホームカミング」では最初、俳優のチャーリー・ロウがキャスティングされていた• 「スパイダーマン・ホームカミング」にキャスティングされた時は19歳だった。 トムは最年少のスパイダーマンとして有名になった スポンサードサーチ.

次の

オリビア・ニュートン=ジョン

オリビアボルトン

概要 [編集 ] ・生まれ。 母方の祖父はとも親しかった出身のでノーベル賞受賞物理学者 Max Born 、の父親はの教授であった。 母方の曾祖母の父は法学者のである。 5歳の時に父がオーストラリアの大学に移り、家族とともに移住。 14歳の頃から学友とバンドを組んで、バーなどで歌い始めた。 1965年、出演したオーディション番組で優勝。 その懸賞で英国に戻り、にデビューした。 のバック・コーラスなど下積みの時期がしばらく続いたが、にヴァル・ゲスト監督による『オリビア・ニュートン・ジョンのトゥモロー』で映画主演し、歌も披露。 にがに提供した曲のカバー「イフ・ノット・フォー・ユー If Not For You 」がヒットしたのをきっかけにスターの階段をのぼり、可愛らしいルックスとカントリー系の素朴な路線で着実に人気を集めた。 頃よりMOR、コンテンポラリー色を強め、のシングル「愛の告白 I Honestly Love You 」が全米1位を獲得、の最優秀レコード賞と最優秀女性歌唱賞に輝いた。 1975年にアメリカに移住した後も「 Have You Never Been Mellow 」などのヒットを連発する。 オリビアと 女優としては1978年のミュージカル映画『』でと共演。 興行成績は大成功を収め、サントラからも「愛のデュエット」、歌曲賞候補となった「愛すれど悲し」、「想い出のサマー・ナイツ」が連続ヒットし、押しも押されもせぬ世界的なスターとなる。 1980年の映画『』に主演。 興行成績は不発に終わるも、サントラ曲「マジック」、との「ザナドゥ」、とのデュエット「恋の予感」(日本ではシングルにならず「春風の誘惑 Suspended in Time 」がシングル・カット)がヒット。 トラボルタと再度共演した『』のサントラ曲「運命のいたずら」、「ディスペレイト・タイムス」といったヒットを挟み、アンディ・ギブと「愛は微笑みの中に」など、系のデュエット曲を発表。 1981年にはロック色を強め、アップテンポなディスコ調の「フィジカル」をリリース。 全米で10週連続1位、8週連続1位、1982年度の年間チャート1位という爆発的ヒットを記録(エアプレイ中心のでは「フィジカル」は1位にならず、ビルボード、キャッシュボックスで「フィジカル」に抑えられ2位どまりだったの「」が逆に1位を独走していた)。 最終的にこの曲はビルボードにおいて、1980年代の全米チャートで最もヒットした曲となった。 当時のブームを意識し、ではレオタード姿でを踊るという強烈なイメージ戦略があたり、オリビアのセールスはこの頃にピークを迎えた。 しかし、その意味深な歌詞のせいもあって、保守色の強い州南部などの一部の放送局では、この曲の放送を自粛する動きも見られた。 1985年のシングル「ソウル・キッス」がミディアム・ヒットに終わってセールスが一段落すると、ポーランド人のダンサーであるマット・ランタッジとの結婚生活に入り、音楽界と若干の距離を置く。 その後、出産、手術などを経て、環境保護活動やがん啓蒙活動といった社会運動に取り組みはじめ、ユニセフ親善大使もつとめた。 1994年の音楽界復帰後は定期的なライブツアーを行なうほか、の開会式で「Dare To Dream」を披露した。 2012年、約35年ぶりに、ジョン・トラボルタと共演したデュエット・アルバム『The Christmas』をリリース。 自身が鬱病との闘病生活を送っている事を告白。 2018年、前年2017年に3度目の癌となる脊髄の癌を患っていることを告白した。 その他 [編集 ]• 『』で共演したとはその後も良き友人である。 また、のとも友人であった。 「」 - 作詞・作曲がで、が最初に歌った楽曲で、歌詞に「Making Good Things Better」と出てくるのはオリビアの歌「きらめく光のように Making A Good Thing Better 」を複数形にしたもの。 1992年にと診断され、2013年に再発し肩に転移し闘病しながら活動していたが、2017年に3度目となる脊髄の癌を発病した。 乳癌の際には、自ら簡易乳癌検査器具(触診用)のリヴエイドをプロデュースした。 製造は。 また、オーストラリアのにがんセンター「オリビア・ニュートン・ジョン・がん健康研究センター」を設立している。 来日記録 [編集 ]• - の日本公演のバックコーラスとして初来日。 - 出場のために2度目の来日。 - ソロとして初来日。 - 2度目のソロ公演。 4月の公演は彼女が日本のに反対したため延期となり、半年後に開催された(後にの漁民が生きる為の手段であった事を知り、日本公演の際にイルカと人間が共存できる研究の為にの海洋生物研究所に2万ドル寄付した。 - 5度目の来日。 - 環境親善大使として来日。 - チャリティコンサート出演のために来日し、都庁で歌を披露。 - 25年ぶりのソロ公演で来日。 3月 - ソロ公演で来日。 3月 - 乳がん撲滅キャンペーンのため来日。 - 10月にデビュー40周年記念CDのキャンペーンで来日。 11月 - 12月にかけて4都市(東京都・金沢市・名古屋市・尼崎市)でライヴ・ツアー。 4月・5月 - デビュー45周年を記念した来日公演 、5月に震災追悼公演「Pray For Fukushima」を開催。 ディスコグラフィ [編集 ] 詳細は「」を参照 スタジオ・アルバム [編集 ]• 『イフ・ノット・フォー・ユー』 - 1971年• 『オリビア』 - 1972年• 『レット・ミー・ビー・ゼア』 - 1973年• 『とこしえの愛』 - 1974年• 1974年• 『そよ風の誘惑』 - 1975年• 『クリアリー・ラヴ』 - 1975年• 『水のなかの妖精』 - 1976年• 『たそがれの恋』 - 1976年• 『きらめく光のように』 - 1977年• 『さよならは一度だけ』 - 1978年• 『』 - 1981年• 『』 - 1985年• 『噂〜うわさ』 - 1988年• 『美しい星と子供たちに〜ウォーム・アンド・テンダー』 - 1989年• 『ガイア 〜新たなる旅立ち〜』 - 1994年• 『バック・ウィズ・ア・ハート〜オリビアより愛を込めて〜』 - 1998年• 『デュエット・ウィズ・オリヴィア』 - 2002年• 『インディゴ:ウーマン・オブ・ソング』 - 2004年• 『ストロンガー・ザン・ビフォアー』 - 2005年• 2007年• 『セレブレイション・イン・ソング』 - 2008年• 『愛のパフォーマンス』 - 1981年• 1998年• 2000年• 2008年• 『サマー・ナイツ〜ライヴ・イン・ラスベガス』 - Summer Nights: Live in Las Vegas 2015年• 2015年 コンピレーション・アルバム [編集 ]• First Impressions 1974年• 『クリスタル・レイディ』 - Crystal Lady 1976年• 『詩小説』 - 1977年• グレイテスト・ヒッツ Vol. 2』 - 1982年• 『オリビア・ニュートン・ジョン・スーパー・ベスト・1971-1992』 - 1992年• 2001年• 『クリスマス・コレクション』 - The Christmas Collection 2001年• 『』 - 2002年• 2005年• 『』 - 2010年• Hopelessly Devoted: The Hits 2018年 主なシングル [編集 ]• 1976年に「たそがれの恋」との両A面で日本でシングルカットされオリコン6位。 オリコン洋楽チャートで1976年11月29日付から15週連続1位を獲得• 「プリーズ・ミスター・プリーズ」 - "Please Mr. 「秋風のバラード」 - "Something Better To Do" 1975年• 「レット・イット・シャイン」 - "Let It Shine" 1975年• 「フォロー・ミー」 - "Follow Me" 1975年• 「一人ぼっちの囁き」 - "Come On Over" 1976年• 「たそがれの恋」 - "Don't Stop Believin'" 1976年• 「きらめく光のように」 - "Making A Good Thing Better" 1977年• 全米1位、全英1位• 「さよならは一度だけ」 - "Totally Hot" 1978年• 「愛の炎」 - "Deeper Than The Night" 1979年• 『』CMソング• 全英15位• 「春風の誘惑」 - "Suspended In Time" 1980年• オリコン洋楽チャートで1982年1月25日付から9週連続1位を獲得• 「タイド・アップ」 - "Tied Up" 1983年• 「ディスペレイト・タイムス」 - "Livin' In A Desperate Times" 1984年• 「恋愛専科」 - "Toughen Up" 1985年• 「噂」 - "The Rumour" 1988年• 「愛を抱きしめて」 - "Can't We Talk It Over In Bed" 1988年• 「リーチ・アウト・フォー・ミー」 - "Reach Out For Me" 1989年• 「アイ・ニード・ラブ」 - "I Need Love" 1992年• 「ドント・カット・ミー・ダウン」 - "Don't Cut Me Down" 1994年• 全英22位• "Back With A Heart" 1998年• ・テーマ曲• Funny Things Happen Down Under 1965年• 『オリビア・ニュートン・ジョンのトゥモロー』 - Toomorrow 1970年• 『』 - Grease 1978年• 『』 - Xanadu 1980年• 『』 - Two of a Kind 1983年• 『クリスマスに願いを』 - A Mom for Christmas 1990年• A Christmas Romance 1994年• 『』 - It's My Party 1996年• Sordid Lives 2000年• 『ジャスミン・ラブ』 - The Wilde Girls 2001年• 1 a Minute 2010年• Score: A Hockey Musical 2010年• A Few Best Men 2011年• 『』 - Sharknado 5: Global Swarming 2017年• The Very Excellent Mr. Dundee 2020年 出典・脚注 [編集 ] []• 「 オリビア・ニュートン・ジョン」の表記もある。 - Barks• ・系列の『』にて。 『海からの使者イルカ』藤原英司 朝日新聞社 261頁 ISBN 402260770X• - Barks• - ロッキング・オン• 英国盤は『Music Makes My Day』のタイトルでリリース。 曲順変更、差し替えあり。 日本盤LP『レット・ミー・ビー・ゼア』は、英国盤を基にしている。 『ナンバーワン70s ORICON ヒッツ』の。 も参照。 『ナンバーワン80s ORICON ヒッツ』の。 も参照。 外部リンク [編集 ]• (英語)• - (英語)• olivianj -.

次の

オリビア・バートン“スノードーム”型アニマル腕時計、スワロフスキークリスタルがシャラシャラ踊る(ファッションプレス)オリビア・バートン(OLIVIA BURTON)の新作腕…|dメニューニュース(NTTドコモ)

オリビアボルトン

ネットによるフェイクニュースとか、どこかで聞いたような話は、もちろん昨年の選挙戦に関してのものですね。 性犯罪とテーマは異なるのですが、「HOMELAND」でも同じような状況が出てきて、それが政治家とも絡んでいるところが、非常に興味深かったです。 脚本家もインスパイアされるのでしょうね。 ボルトン下院議員がネットで児童買春をしていると事実ではないニュースを流され、それを信じる人達から中傷されているとオリビアに相談に来る。 メールをハッキングされ、よく行く中国料理店で少女を注文していると曲解され、自分は無実だと声明を出すとなおさら攻撃されるという。 その中国料理店も言われのない脅しを受けていて、SVUにそういった事実はないと証明して欲しいという。 店主は、従業員に対しても殺すというような脅しがあり、困っているという。 フィンとカリシが話を聞いていると、突然ライフルを持った男が店内に入り、レストランの地下に少女たちが監禁されて、売春させられていると叫ぶ。 すぐに逮捕するが、念のために地下室があるというドアを開けて、事実無根だとわからせる。 しかし、ネットでは一向にその手のフェイクニュースは消えない。 特に「終わりなき真実」というサイトでは、自称ジャーナリストのロナルド・デュカがフェイクニュースを発信していた。 デュカによると、ハッキングされた議員のメールは読者から持ち込まれ、それらは当てこすり、言いがかりのような、内容だった。 それでも、デュカは議員は小児性愛者でレストランは闇の商売をしていると主張する。 もっともらしい根拠は、レストランの取引先のフレミングが法定レイプで逮捕され、刑務所に入っていたというものだった。 フレミングは、罪を犯したのは昔の話で、議員とは接点がなく、中国料理店とも10年は取引をしていないという。 一連の捜査を終え、オリビアは店の前で会見を開いて事実を明らかにする。 これで議員への中傷は収まったかと思われたが、「終わりなき真実」の読者は深層ウェブで本物の人身売買のサイトを見つけたと騒いでいた。 サイバー犯罪課で調べたところ、サイトの発信場所は不明だが、唯一辿れたIPアドレスがあるという。 それはボルトン議員の自宅で、議員は少女を注文していた。 議員は全く覚えがないというが、PCを調べたところ、児童ポルノが大量に見つかった。 海外に敵が多い議員へ、何者かが攻撃を仕掛けた可能性もあり、そもそもサイトに載っている少女たちは実在する。 人身売買の組織を解明するために、オリビアはデュカにボルトン議員のメールを送ってきた情報源を明かすように迫る。 断固拒否するデュカにパソコンを提出するよう、召喚状を用意すると、デュカは異議申し立てを行い、情報源を守り、政府の違法行為から市民を守る義務があると訴える。 それでも、前例に基づき州は情報を言える権利があると認められる。 サイバー犯罪課がPCを調べる間、「終わりなき真実」ではオリビアとロリンズが共に幼い子供を育てていることをスッパ抜き、SVUは性犯罪をもみ消す見返りに赤ん坊を受け取っているという記事が出た。 ネット読者も2人の子供に関心を持ち始めたため、オリビアは急遽2人の子供を子守のルーシーに預ける。 すぐにデュカを連行し、「子供を誘拐して彼らのDNAを調べるべき」という発言で読者を煽っていると追及する。 本当はきわどい話題で広告費を稼ぎたいのだろうというが、デュカはあくまでも情報源は言えないという。 しかし、PCの分析が終わり、情報提供者が判明し、その人物がボルトン議員に児童ポルノを送り込んだ事がわかった。 身柄を確保して追及したところ、闇サイト経由で議員のメールを「終わりなき真実」に送った事を認める。 中国料理店の児童買春については、デュカが作った話だという。 児童ポルノの写真については、フレミングのPCをハッキングしてサイトを知ったという。 今も性犯罪者であるフレミングのPCを押収して調べたところ、明らかにサイトを閲覧し、写真も持っていた。 さらに、少女を注文しているという。 SVUは、フレミングに取引をもちかけ、おとり捜査を実行する。 フレミングの店の前で、「配達」してくる車を待っていたところ、待っていたフレミングが怯えて銃を取り出して自分を撃ったため、運転手が車を出した。 すぐに追跡し、運転手と「客」の少女を確保する。 運転手は連絡があれば少女を迎えに行き送り届けるだけと言い張り、黒幕については何も知らないという。 少女は仕事を求めてサルバドルからきたマリアンで、50ドルをボスのジェシーに持たされ、タクシーに乗って客のところに行くという。 住んでいる家には他に4人の少女がいて、タクシーに乗った場所は判るが、そこまでの道のりはわからないという。 それでも、根気強く手がかりを聞き出し、SVUはマリアンの住んでいる家を特定し踏み込む。 地下には4人の少女たちが監禁されており、ジェシーは逮捕された。 オリビアはデュカに、今後自分たちの子供について記事を書けば児童買春容疑で逮捕すると告げる。 デュカは本気で怒ったオリビアに圧倒されたのか、サイトの記事を削除する。 一件落着かと思われたが、ボルトン議員がお礼に娘を連れて中国料理店を訪れたところ、銃を持った男が入ってきて言い合いになり、男は議員を撃ち殺してしまう。 オチはいつものSVUらしかったですが、何でみんなこじつけや嘘とわかるような事を信じるのか、という部分は人の心の特徴なのか、普遍的で奥深いものがありますね。 銃を振りかざすのは極端ですが、嘘が発端で激しいデモ活動が起こり「世論」が形成される事もあるのではないかな。 飛躍するかもしれませんが、ホームグローンのテロリストというのも、ネットの記事に関心を持ちどんどん影響を受けていく。 背景にあるのは不満や憎しみか。 人は信じたいものを信じるというのは、真理ですね。 ネットは自分が欲しいものを探すのに都合が良いです。 一方で、デュカのようにジャーナリスト気取りでこじつけや嘘のニュースを流す者もいる。 目的はカネ目当てということもあるだろうし、場合によっては、人心を操る目的もあるでしょう。 これを止めることは難しいですね。 オリビアとアマンダがターゲットにされて、慌てて子供を避難させるのも理解できます。 本当に思い込んだ人に何をされるのか判らないですね。 でも、本来の被害者の少女たちを救い出せたのは良かった。 ネットの力をこちらに向けて欲しいですけどね。

次の