トイレ水漏れ タンク。 トイレのしくみ

タンクレストイレが故障…!原因と解決法・タンク式トイレとの違い

トイレ水漏れ タンク

・便器の中にチョロチョロ水が流れてる ・タンクの中でいつまでも水がポタポタ落ちる音がする。 皆様はご経験ありませんか? 水漏れの原因は色々ありますが、特に多いのはフロートバルブの劣化による水漏れです。 フロートバルブ 排水弁 とは、トイレタンク内にある丸いゴム製の排水弁です。 タンクの中に水を溜めておく栓の役目をしています。 フロートバルブはトイレタンクの種類によって形、大きさなどいくつかの種類があります。 代表的なものは〈写真1〉の半円状のタイプ、もう一つは〈写真2〉のボール状のタイプで各それぞれ大小二種類があります。 このフロートバルブが劣化してくると栓の役目が出来なくなり漏れた水が便器にチョロチョロ出てきます。 そしてタンクの水が少しずつ減っていくので上の給水弁がチョロチョロ水を出し始めます。 目で気がつくか、音で気がつくかの違いで基本この症状は同時進行で起こります。 ではどうするか?こんな症状の時はフロートバルブを交換します。 トイレタンクの蓋を外して、黒いゴム玉が無い場合、またもう一枚内蓋がついている場合〈写真3〉は、専用の排水弁が取付られている為、〈写真1、2〉のフロートバルブは使用していませんので、本文説明のフロートバルブ交換は出来ません。 フロートバルブの交換方法 まず、レバーを見て下さい。 ・小の状態で便器に水が流れる様子を見ておいて下さい。 フロートバルブを交換した後にボールチェーンの長さの調整で同じ様な状態にします。 何となくで結構です。 覚えておいて下さい。 止水栓もしくは元栓を閉めます。 水が止まっているか確認をしましょう。 レバーを大で流します。 この時に 水が給水されず止まっていればOKです。 止水栓はマイナスドライバーで止めるタイプ D式 ハンドルを回して止めるタイプ の二種類ですが、固くなって回らない場合、無理に回さないで下さい。 元栓を閉めて交換作業を行います。 タンクの蓋を外します。 持ち上げただけでは外れません! タンクの蓋を外す場合、蓋の手洗い管の裏側に手洗い連結管がつながっています。 連結管はネジ止め又はゴム管差し込みになっています。 必ずタンクの裏側で外して下さい。 蓋に手洗い管が付いていなければそのまま外せます。 タンクの蓋を外した時、タンクの中にペットボトル、ビールビン、ジュースのビン等が入っていませんか? 一時期、節水目的で入れていた方が、いらっしゃいましたが、トイレのタンクの水量は使用後の便器が正しく洗浄できる様に合わせて作られた水量です。 2Lのペットボトルを入れれば2L流れる水が少ないという事になり、詰まりの原因になるかもしれません。 せっかく節水目的で入れたのに詰まってしまい、水道業者を呼んで直してもらい、お金が掛かってしまったのでは意味のない事かもしれません。 この機会にタンクの中の余分な物は出してしまいましょう。 もし入れる時はフロートバルブに接触しない様な場所に上手く入れて下さい。 又、タンクの蓋にカラー石や造花などを置く場合もタンク蓋の穴から落ちて中に入らない様な大きな物にしましょう。 レバーの先端に付いている、金具(フック)ごとフロートバルブのチェーンを外します。 フロートバルブを外して取り出します。 フロートバルブは、タンク内に立っているサイフォン管(オーバーフロー管)に取り付けられています。 半円形フロートバルブは、両サイドの突起に引っかかっていますので外して下さい。 ボール型フロートバルブは、ボールをつぶす様にして横に引き出してください。 フロートバルブを引き出す時に、上部の輪に負担をかけて無理に外そうとすると、サイフォン管が根元から折れてしまう場合があります。 取り付ける時も同様ですが、くれぐれもご注意下さい。 フロートバルブを取り付けます 基本外した時と同様に取り付けします。 半円形フロートバルブは、両サイドのゴムを取り付けたらボールチェーンを持ち、軽く上下させ、外れないか確認してください。 ボール系フロートバルブは白い棒が中央の穴に入っていないと、正しく作動しません。 白い棒を中央の穴に確実に差し込み、ゆっくり取り付けて下さい。 取り付けたらボールチェーンを持ち、上下させ確認して下さい。 チェーンを取り付けます。 金具(フック)をレバーの先端に外した時と同様に取り付けます。 重要なのは、この後のボールチェーンの長さ調整です。 レバーが1方向のみ動作(大のみ)のレバーの場合は、さほど難しくはありませんが、大小付きレバーの場合は、ボールチェーンの長さにより正しくレバーが作動しない場合がありますのでお気を付け下さい。 基本ボールチェーンは、ややたるませるぐらいで合わせます。 タンクに水を溜めた状態で大で流しフロートバルブが完全に上がる様ならOKです。 小は、タンクに水を溜めレバーでボールチェーンが引っ張られても、フロートバルブが完全に上がりきらなければOKです。 金具にボールチェーンを引っ掛けた状態で余分なボールチェーンはあまり長いと、絡まってしまう場合もありますので、4〜5玉残して、ニッパーなどで切ってしまっても良いです。 正しく調整が出来ましたら、 タンクのフタを取り付けます。 外した時と同様に取り付けを行ってください。 手洗連結管は確実に取り付けを行い、水漏れの確認も念入りに行って下さい。 取り付けに不備があると、タンク外に水が飛び出す事もありますので、くれぐれもご注意ください。 次の水漏れは給水管です。 給水管とは、トイレのタンクから止水栓までをつないでいる管です。 水漏れで多いのは、タンク側や止水栓側の取り付けナットからの水漏れです。 多くは、ナット内に取り付けてあるパッキンの劣化です。 給水管パッキンの交換方法 まず止水栓を閉めましょう。 (フロートバルブ交換b参照。 ) 固くて動かない場合は、無理に回さず元栓を閉めましょう。 タンクのフタを外します。 (フロートバルブの交換c参照) タンクのフタは以外と重いので、くれぐれも落とさないように気をつけて下さい。 給水管を取り外します。 取り付けナットはモンキーレンチでタンク側のナットから外してください。 この時、タンク内の接続する弁が一緒に動いてしまう場合があります。 必ず工具を持つ方と反対の手で、給水弁を抑えてからナットをゆるめて下さい。 次に止水栓側のナットを外します。 この時も工具を持つ方と反対の手で止水栓本体を抑えてから、ナットをゆるめて下さい。 パッキンを交換します。 取り付けてあるパッキンを確認して下さい。 パッキンはどれも同じではありません。 必ず同じ合ったパッキンを取り付けないと、後で水漏れを起こしますので、くれぐれもご注意下さい。 【動画で解説!】フレキパッキンの交換 給水管を取り付けます。 タンクのフタを取り付けます。 (フロートバルブ交換h参照) タンクのフタは確実に取り付け、水漏れ確認を必ず行って下さい。 止水栓もしくは元栓を開きます。 水漏れ確認を必ず行って下さい。 以上、一般的な水漏症状、原因、修理方法をご紹介しましたが、部品が上手く外せない取り付けられない、ナットが固くて回らない、手順通り行ったが直らない、等などありましたら、くれぐれも無理をせずにご連絡下さい。

次の

トイレ水漏れ修理!素人でもできる解決方法|生活水道センター

トイレ水漏れ タンク

トイレタンクや便器内の水がチョロチョロ水漏れして、水が止まらなくて困っていませんか? 水は流れるのでトイレを使うことはできますが、ずっと水が止まらないと水道代が高額になるだけでなく、他の場所への水漏れで床材や壁紙が傷んでしまうのではないかと心配になりますよね。 とはいえ、何が原因で水が止まらないのか、どうすれば水を止めることができるのかわからなくて困っていると思います。 そこで今回は、トイレタンクや便器の水がチョロチョロ水漏れする・水が止まらなくて困っているという人に向けて、水が止まらない原因や修理方法などをご紹介したいと思います。 修理方法のレクチャーなどはやっておりませんので、お問い合わせいただきましてもご対応いたしかねますことを予めご了承ください。 【目次(ここをクリックで移動します)】• 水がチョロチョロ水漏れして止まらないときにやること トイレタンクや便器内の水がチョロチョロ水漏れして止まらないとき、原因などを調べる前にやっておきたいことがあります。 それが、「とにかく水を止めること!」です。 チョロチョロと水が漏れている状態で調べ物などをしていると、トイレの床やタンク裏の壁側に水が漏れていたときに床材や壁紙が傷んだり、湿気てカビが生えることがあります。 そういったことを防ぐためにも、とにかく最初に水を止めるようにしましょう。 水を止めたいときは、トイレの横にある止水栓をドライバーなどを使って閉めるか、家の外にある水道の元栓を閉めることで一時的に水を止めることができます。 この文章を読んでいて、水をまだ止めていないという人は読み進める前に止水栓や元栓を閉めて水を止めておきましょう。 トイレタンクのチョロチョロ音は水漏れのサイン? トイレの水を流すと、トイレタンク内に給水が始まり勢いよく流れる水の音がタンク内から聞こえてきますよね。 また、少し時間が経てば水は自動的に止まってタンク内に水が溜まる音も自然に止まるはずです。 しかし、5分、10分経ってもずっとタンク内で「チョロチョロ・・・」と水が垂れているような音がすることがありますよね。 実はそれ、タンク内で水漏れが起こっているサインなんです。 タンク内の部品に不具合があるため、ずっと給水が止まらずに水が流れ続けている状態です。 水が流せなくなったりするわけではないのでトイレの使用に問題はないと思ってしまいがちですが、放っておくとタンク外への水漏れに繋がるだけでなく、水道代がたくさんかかってしまうので早めに直すのがおすすめです。 とはいえ、タンク内のどの部品が原因なのかなどはよくわかりませんよね。 そこでまずは、トイレタンク内で「チョロチョロ音」の原因になっている部品についてご説明したいと思います。 タンク内のチョロチョロ水漏れの原因 タンク内のチョロチョロ水漏れの原因となる部品は、主に2つです。 1つはボールタップで、もう1つがフロートバルブと呼ばれる部品です。 ボールタップは給水管からタンク内、フロートバルブはタンク内から便器内への給水を調節している部品です。 この2つに不具合があると、タンク内でチョロチョロ音がする水漏れに繋がることがあります。 トイレタンク内のチョロチョロ水漏れ原因を調べる トイレタンク内を確認して、チョロチョロ音の原因がフロートバルブかボールタップにあるのか確認するには、まずフタを開ける必要があります。 しかし、一人暮らしを始めたばかりの人や結婚して新居に暮らすまで一人暮らしをしたことがない人などは、トイレのフタを開けたことがない人が多いかと思います。 そこで、ここではトイレタンクのフタの開け方をご紹介して、それぞれフロートバルブやボールタップの確認部分についてご説明していきます。 トイレタンクのフタの開け方 トイレのタンクのフタは種類にもよりますが、上にもちあげると簡単に取り外すことができます。 ただし、タンクのフタは陶器でできていることが多いので、割らないように注意して取り外しましょう。 フタの下にカバーが取り付けられている場合は、それも外しましょう。 タンクのフタの種類によっては、手洗い部分の金具とじゃばら管の接合部分を取り外さないとフタの取り外しができないものがあります。 じゃばら管はボールタップなどに接続されていますので、無理に取り外そうとするとタンク内の部品が壊れてしまいます。 じゃばら管の接合部分はナットで止められていることが多いので、落ち着いてナットを回して取り外しましょう。 陶器製のフタは重く、割れやすいので、作業をする際はフタを持つ人とナットを回す人の2人でやるといいでしょう。 もしも、無理だと思ったら業者に依頼することをおすすめいたします。 水位の高い低いはオーバーフロー管を見る トイレのタンク内の水位が高いのか、低いのかを確認する際は、オーバーフロー管を参考にします。 オーバーフロー管は、フロートバルブの故障などでタンク内に水が溢れてしまいそうになった際に、水を排出する役割を持っています。 タンクの底から真っ直ぐ上までのびているのが、オーバーフロー管です。 標準水位は、オーバーフロー管の先端から2~3cm下です。 この標準水位よりも、水位が低かったり、高かったりした場合は何らかの不具合が生じている可能性があります。 水位が低い場合はフロートバルブが原因かも トイレのタンクのフタを開けることができたら、次はフロートバルブとボールタップのどちらに原因があるかを調べてみましょう。 まずは、タンク内の水を便器内に勝手に流さないように排水弁を塞いでいるフロートバルブの確認方法をご紹介いたします。 チェーンの確認 フロートバルブは、排水弁を直接塞いでいるゴム玉の部分とレバーを回した際にゴム玉を持ち上げるチェーン部分に分かれています。 タンクを開けた際に、もしも水位が低かった場合は、このチェーン部分を確認してみましょう。 チェーンが途中で絡まったり、他の部品に引っかかってしまってゴム玉部分が持ち上げられていると、水が少しずつ便器内に漏れてチョロチョロ音が鳴っている可能性があります。 もしも、絡まったり引っかかったりしている場合はそれを解消すれば問題解決です。 ただし、チェーンが切れている場合などは交換が必要になります。 ゴム部分(フロートバルブ)の確認 チェーンに問題はなかったけど、タンク内の水位が低かった場合は、ゴム玉部分(フロートバルブ)を確認してみましょう。 もしも、ゴム玉部分が浮いていたり、隙間が空いているような場合は、新しい部品に交換することで解決できます。 水位が高い場合はボールタップが原因かも 先ほどは、水位が低い場合の原因についてご紹介いたしましたが、トイレのタンクの水位が高い場合は、ボールタップが原因かもしれません。 ボールタップは給水管からトイレのタンク内に水が入るのを調整している部品です。 浮玉がついており、その浮玉が上がったり下がったりすることで、水の出し入れを調整しています。 しかし、このボールタップが壊れてしまうと給水が止まらずにチョロチョロと水が漏れてくることがあります。 ボールタップのバルブの確認 ボールタップの水漏れが止まらないというトラブルの場合は、浮玉ではなく、ボールタップ本体のバルブが劣化もしくは故障している可能性があります。 確認方法は簡単で、浮玉を持ち上げるだけです。 もしも、浮玉を持ち上げて水が止まれば正常ですが、ずっと水が漏れている場合はボールタップ本体のバルブが劣化しているでしょう。 この場合は、新しいボールタップに交換すると解消されます。 トイレタンク内のフロートバルブの修理方法 フロートバルブに破損や劣化などが見られた場合、新しいフロートバルブに交換することで修理が可能です。 フロートバルブはどこで買う? フロートバルブは、ホームセンターやネットショップなどで購入することができます。 フロートバルブは、トイレのタンクによって形が異なる場合があるため、必ず自分のトイレのタンクに適したものを買う必要があります。 不安な場合は、止水栓を止めてフロートバルブをホームセンターなどに持っていって、実物と見比べて購入するといいでしょう。 注意点 作業を始める前に、必ず給水管の止水栓を閉めておきましょう。 給水管を閉めておかないと、作業中に水が溢れてしまいます。 手順 1. タンクの水を抜く 最初に、タンクの中の水を抜いて、作業ができる状態にしましょう。 注意点でもご紹介しましたが、止水栓を止めておかないと水が溢れてしまうので注意しましょう。 古い部品を取り外す チェーンは、タンク内のアーム部分にフックなどを引っ掛けて取り付けられているかと思います。 まずは、そのフック部分をアームから取り外します。 フロートバルブを外す フロートバルブは、オーバーフロー管の根元付近にある突起に引っ掛けられているかと思います。 その引っかかり部分を外して、ゴム玉を持ち上げれば取り外しができます。 新しいフロートバルブの鎖を調整する 新しいフロートバルブの鎖の長さを、取り外したフロートバルブの鎖の長さと一緒になるように長さを調整しましょう。 鎖の長さが短か過ぎると、フロートバルブが持ち上がって常に水が流れでてしまいます。 もしも、長さが分からなくなったと言う場合は、少しだけたるませた状態で交換して、都度調整してみましょう。 逆の手順で取り付ける 鎖の長さを調整することができたら、取り外しと逆の手順で新しい部品を取り付けていきましょう。 確認 取り付けが完了したら、止水栓を開けてレバーを操作して、水がきちんと標準水位(オーバーフロー管の2~3cm下)に水位がくるか確認して完了です。 トイレタンク内のボールタップの修理方法 トイレタンク内のボールタップが破損した場合は、浮玉や調整弁などを交換することで修理も可能ですが、ボールタップの種類によって構造が全く違う場合もあるため、一般的な交換方法をご紹介いたします。 ボールタップはどこで買う? ボールタップは、ネットショップやホームセンターの他にトイレメーカーの公式サイトで交換用の部品が売られていることもあります。 しかし、類似品が多数あることや、古い便器の場合は部品が廃盤になっていて、自分で代替品を見つけないといけない場合もあります。 もしも、自分で交換しようと思って部品を購入する際は、トイレの品番などを確認した上でその品番にあった部品を購入するようにしましょう。 注意点 ボールタップと給水管を繋いでいるナットが錆びて取り外しにくいときは、錆び取りスプレーなどを使ってから取り外すようにしましょう。 部品の取り外しが上手くいかないときは、無理に力を入れて作業すると便器やタンク本体を壊してしまう可能性があるため業者に依頼するようにしましょう。 手順 1. 止水栓を閉める 作業中に水が出てこないように、トイレの給水管に取り付けられている止水栓を、ドライバーを使って閉めておきましょう。 フタとカバーを取り外す トイレのフタとカバーは、上に持ち上げると簡単に取り外すことができるタイプと、手洗い部分の金具とじゃばら管の接合部分を取り外さないといけないタイプがあります。 どちらの場合でも、トイレのフタを割らないように注意して取り外しをしましょう。 手洗い部分の金具とじゃばら管の接合部分は、ナットで接合されていることが多いので、取り外す際はナットを回して取り外しましょう。 水を抜く 部品を取り外す前に、レバーを回してタンク内の水を抜いて作業をしやすくしておきましょう。 部品を取り外す ボールタップの交換の際に取り外す部品は、主に2つのナットです。 タンク外の給水管に取り付けられている、小さいナットとツバ付きの少し大きなナットをモンキーレンチを使って取り外します。 ツバ付きのナットを取り外して、タンク内からボールタップを引き抜くと、ボールタップを取り外すことができます。 新しいボールタップを取り付ける 古いボールタップを取り外したら、新しいボールタップを逆の手順で取り付けていきます。 もしも、ボールタップの本体のみ、浮玉のみなど部分的に交換したい場合は、本体部分を取り外した状態で各部品を交換してから取り付けていきましょう。 確認 取り付けが全て完了したら、止水栓を開いて標準水位(オーバーフロー管の2~3cm下あたり)で水が止まるか確認します。 もしも、標準水位よりも上にいってしまったり、下に行くことがあれば、浮玉を回して水位を調整して完了です。 トイレ便器内の水が止まらない原因とは ここまでは、トイレのタンク内で水漏れが止まらない原因や修理方法について紹介しました。 しかし、タンク内の水は止まっているのに「便器内の水が止まらない」という症状が起こっている人もいますよね。 そこでここからは、トイレ便器内の水が止まらない原因や修理方法をご紹介いたします。 便器内の水が止まらないときはフロートバルブを見る トイレタンク内の水漏れでも紹介しましたが、タンクから便器内への水の排出をコントロールしているのは「フロートバルブ」と呼ばれるゴム栓です。 タンク横のレバーを引くと、レバーについた鎖が先端のフロートバルブを持ち上げて、タンク内の水が便器内に流れていく仕組みになっています。 そのため、便器内にずっと水が流れ続けて、タンク内の水が減っているような状態であればフロートバルブを新しいものに交換することで修理が可能です。 タンクと便器隙間のゴムパッキンも水が止まらない原因になる フロートバルブから水は漏れていないけど、便器内への水が止まらないという場合。 そのような場合は、タンクと便器隙間のゴムパッキンの劣化が原因で水が止まらなくなっている可能性があります。 トイレタンクと便器の隙間には、密接パッキンとよばれる大きなゴムパッキンがついていますがこのパッキンが劣化することで水を流したときにパッキンの隙間から水が漏れるようになり、水が止まっても便器内に水が漏れていくということがあります。 密接パッキンから水漏れが起こっている場合、便器内だけでなく便器まわりの床などに水が漏れることがあります。 もしも、便器以外の場所にも水が漏れているのであれば密接パッキンの劣化を疑ったほうがいいかもしれません。 タンクと便器隙間のゴムパッキン交換方法 タンクと便器隙間のゴムパッキンが劣化していた場合、新しいパッキンに交換することで修理が可能です。 ちょっと特殊なパッキンですが、購入できる場所、交換する難易度、手順などについてご紹介したいと思います。 タンクと便器隙間のゴムパッキンはどこで買う? タンクと便器隙間のゴムパッキン(密接パッキン)は、ホームセンターやメーカーの公式サイトで購入することができます。 ただし、製品ごとによって使われているパッキンが異なるので今使っているトイレのメーカー・型番は予め調べておきましょう。 タンクと便器隙間のゴムパッキン交換の難易度 タンクと便器隙間のゴムパッキンの交換は、非常に難易度の高い難しい作業になります。 タンクを取り外すのには力が必要になり、取り外す部品も多いので個人で作業をしようとすると「分解と組み立て直しで何時間もかけた結果、組み立て直しができなくて業者に依頼することになった」ということも珍しくありません。 また、タンクや便器などにひびが入ってしまうとタンクのみ、便器のみといった部品の購入ができないので、トイレ全体の交換が必要になります。 そのため、DIYなどで工具の扱いになれていて、タンクなどを1人で取り外し・取り付け直しできる人以外は業者に依頼されることをおすすめします。 必要な道具 トイレ便器とタンクの隙間のパッキンを交換するのに必要な道具は、ドライバー、ウォーターポンププライヤー、タオル、ゴム手袋です。 注意点 トイレのタンクは重く、力や体力の弱い人が作業するのは怪我やタンクの破損に繋がる危険があるためおすすめできません。 また、作業中に部品が破損してしまうと、便器一式の交換になってしまうこともあるため、作業に自信がない人は業者に依頼しましょう。 手順 便器とタンクの隙間のゴムパッキンを交換する作業は、タンクを分解する作業があるため、力や体力が必要になります。 また、複数の部品を取り外すため、細かい作業も必要になってきます。 作業中に部品を壊さないように、慎重に作業をするようにしましょう。 止水栓を止める 水周りの作業をする際は、必ず止水栓を閉めて水を止めてから作業を行います。 トイレの場合、タンクの横あたりに給水管があるかと思います。 その給水管についてある、マイナスドライバーをはめられる溝のような部分があれば、それが止水栓です。 マイナスドライバーを差して、時計回りに回して水が出ないようにしましょう。 また、蛇口のようなハンドルがついている場合は、それを捻って閉めることで水が出なくなります。 もし、止水栓が見つからないという場合は、家の水道の元栓を閉めることで全ての水が止まります。 トイレタンクのフタを開ける トイレタンクのフタは、上に上げるだけで簡単に取り外しができるものと、手洗い部分に蛇腹ホースが接続されていてその接続部分のナットを取り外してからでないとフタを取り外せないタイプがあります。 もしも、蛇腹ホースが接続されている場合は、1人がフタを持って、もう1人がナットを外すといった具合に2人で作業をするようにしましょう。 1人でやろうとすると、フタが落ちて割れる危険があります。 レバーを回して水を抜く トイレタンクの水を抜くために、レバーを回しましょう。 きちんと、手順1で止水栓を閉じることができていれば、給水が行われずタンク内が空っぽになるはずです。 もしも、水がタンク内に給水されるようでしたら、止水栓がきちんと閉められていないので、閉めるようにしましょう。 ボールタップと給水管を外す 水を全て抜くことができたら、ボールタップ(給水管と繋がっているタンク内の部品)と給水管の接続を解除しましょう。 タンク外側の給水管とタンクの付け根にナットがあるので、ウォーターポンププライヤーを使ってナットを外していきましょう。 ウォーターポンププライヤーは最初にナットが硬いときに緩めるために使います。 緩んだら、手でも取り外せるようになるので試してみてください。 給水管に残っていた水が落ちてくることがあるので、タオルを下に置いておくといいでしょう。 また、ボールタップも作業中に浮き玉が割れたりしないように、ナットを外してタンクから取り出しておきましょう。 タンク下のボルト(ナット)を外す 部品を外すことができたら、今度は便器とタンクを固定しているボルトを外していきます。 トイレの便器の裏側、タンクの下部分にボルトが出ているかと思いますので、プライヤーなどを使ってナットを緩めて取り外します。 また、このボルトは密結タンク取付ボルトともいいますが、ここからポタポタと水漏れしていることもあります。 その場合は中の密結パッキンが原因の殆どです。 この時点でボルトが見つからない場合は、別の方法でタンクと便器が固定されている可能性があります。 その場合は、作業を中止して元に戻して業者やメーカーサポートに連絡するようにしましょう。 タンクを取り外す ナットを取り外すことができたら、いよいよタンク本体を取り外します。 タンク本体は、上に持ち上げると取り外すことができます。 取り外したら、タンクを割らないように横に寝かして地面に置きます。 ゴムパッキンを交換する 取り外したタンクの下側を見ると、黒いゴムパッキンが取り付けられているかと思います。 何年も替えていなくて古くなっている、すでに水漏れしている状況ならボロボロになっているはずです。 ゴムパッキンを確認できたら、用意した新しいゴムパッキンに交換しましょう。 もしも、タンクの下が汚れていたら、一緒に掃除しておくといいでしょう。 パッキンを交換する際は隙間ができないように、しっかりとはめ込むようにしましょう。 便器にタンクを取り付ける ゴムパッキンをきちんと取り付けることができても、終わりではありません。 便器を元の位置に戻して、ナットをしっかりと締めるようにしましょう。 タンクを設置する際は、割らないように静かに、ゆっくりと置くようにしましょう。 逆の手順で取り付けていく 後は、逆の手順で部品を取り付けていきましょう。 ナットなどは、取り外すときは気づかなかったかもしれませんが、ガチガチに締め付けられているわけではなく、ある程度遊びを持たせられています。 そのため、ナットを取り付ける際は、緩すぎず、固すぎない程度に締めるようにしましょう。 確認 取り付けが完了したら、止水栓を開けてタンク内に水を溜めましょう。 その際は、水が標準水位(オーバーフロー管の先端から2~3cm下)にくるか、きちんと便器内に水が流れるか、数回流しても水は漏れてこないかを確認して作業完了です。 タンクレストイレの水が止まらない原因と対処法 ここまでは、タンクがついているタイプのトイレで水が止まらない原因や修理方法などを紹介しましたが、今度はタンクがついていない「タンクレストイレ」の水が止まらない原因と対処法についてご紹介したいと思います。 タンクレストイレといっても、最近人気の電気で動く高性能なタンクレストイレと、昔ながらの学校や駅などの公共トイレで使われているフラッシュバルブ式のトイレの2種類があります。 それぞれ、水が止まらない原因や対処法が異なるのでわけてご紹介いたします。 電気で動くタンクレストイレの水が止まらない原因と対処法 アラウーノやネオレストなど、自動で水が流れたり、便器の中を掃除する電気で動くタンクレストイレで水が止まらない症状が出た場合。 このような場合は、タンクレストイレの中にある電子基盤が壊れている可能性があります。 電子基盤が壊れている場合は、トイレ修理を行っている水道業者でも修理をすることはできません。 電気で動くタンクレストイレはトイレというより「家電」に近いので、メーカーのサポート窓口に相談して対応してもらいましょう。 フラッシュバルブ式のタンクレストイレの水が止まらない原因と対処法 学校や駅など公共のトイレの場合、連続してトイレを使用するためタンクに水を貯めずに直接水道管から水を流す「フラッシュバルブ式」のタンクレストイレが使われています。 このフラッシュバルブ式トイレの水が止まらないという場合は、ストレーナーの目詰まりなどが原因だと考えられます。 ストレーナーの目詰まりであれば、フラッシュバルブを分解して掃除することで水が止まるように修理することが可能です。 ただし、複数の便器の水が止まらないような状態や、フラッシュバルブ本体の故障など場合は個人での対応が難しいので専門業者への依頼を考えたほうがいいでしょう。 トイレタンク上の手洗い管の水が止まらない原因と対処法 トイレのタンク内だけでなく、トイレタンク上の手洗い管の水が止まらないという症状が出ていませんか?手洗い管の水が止まらない場合、手洗い管本体に何か問題があると思いますよね。 実は、手洗い管の水が止まらないという場合、手洗い管本体ではなくタンク内の部品が原因で水が止まらなくなっている可能性があります。 どの部品が原因なのか、また水を止めるにはどうしたらいいのかをご紹介したいと思います。 基本的にタンク内の水が止まらない原因と一緒 トイレの手洗い管から出る水は、トイレの壁や床からでている給水管を通り、タンク内部にあるボールタップを通ってから手洗い管の吐水口から水が流れるようになっています。 そのため、手洗い管の水が止まらない原因はタンク内部で水漏れが起こっている原因と一緒です。 タンク内の水位が高ければ、ボールタップ内部の給水弁が壊れてずっと給水が続いている可能性があり、タンク内の水位が低ければフロートバルブの劣化で便器内にずっと水が流れつづけているので給水が止まらないと考えられます。 修理方法も前述で紹介したボールタップ・フロートバルブの交換方法で対応できます。 トイレタンク・便器の水がチョロチョロ水漏れして止まらない!まとめ 今回は、トイレタンクや便器の水がチョロチョロ水漏れする、水が止まらない原因や修理方法などについて紹介しましたがいかがでしたでしょうか。 フロートバルブやボールタップの交換であれば、ある程度なれた人であれば修理ができましたよね。 ただ、密接パッキンの交換や電気式・フラッシュバルブ式のタンクレストイレなどの場合は個人での作業が困難でした。 電気式のタンクレストイレに至っては、メーカーでないと対応できませんでしたよね。 もしも、自分で作業できない場合は水道業者に依頼されると思いますが、業者によって料金体系が異なるので複数の業者に相見積りをとってから正式に依頼されることをおすすめいたします。 生活救急車でも、出張・見積り無料で対応していますのでお気軽に無料見積りをご利用ください。 「戸建ての住宅なんですけど3階のタンクレストイレからウォーターハンマーのような音がするんですけど。 」とはきはきとした口調でお電話を頂きました。 お客様は初めてのお電話で、少し戸惑っている様子でした。 大田区西蒲田が今回の駆け付け先です。 10時頃のお伺いでご提案をさせて頂くと「よろしくお願いします。 」と承諾して頂けましたのでご予約をお取りいたしました。 お客様は対応の流れや見積もりについての説明をお聞きになると気持ちが軽くなられた様子でお電話をお切りになりました。 受付日時 2020年5月23日 0時50分頃 受付担当 稲葉 担当より一言 お客様がどのような状況で困っているかできるだけ早く汲み取って、適切なパートナーの手配もスムーズにできるように心がけています。 「トイレの水洗が止まらないんですけど。 」とはきはきとした口調ですが、少し不安そうな様子でご相談を頂きました。 現場となった住所をお聞きすると、伊勢原市下落合とのこと対応が可能なエリアであることが分かりました。 一番早くお伺いができるお時間をお調べして14時半頃の到着でご案内いたしました。 「お願いできますか?」と変わらない様子でご依頼されお電話をお切りになりました。 受付日時 2020年5月23日 13時20分頃 受付担当 麻生 担当より一言 「とにかくお客様のお話を聞くこと」です。 突然起こるトラブルや災害、不安な思いが大きいと思うので、サービススタッフが到着するまでの間、少しでも安心して待って頂けるような応対を心がけています。 「トイレの調子が悪いので修理をお願いしたいんですけど。 」とはきはきとした口調でご相談を頂きました。 ご事情をお聞きすると、「タンクありますね?タンクの蓋を持ち上げてから調子が悪くなったんです。 水は流れるんだけど、変なところから水がちょっと漏れてくるんですよね。 」とのことでした。 現場は加古川市加古川町美乃利のご自宅です。 作業員は約30分後のお時間でお伺いができることをお伝えすると「よろしくお願いします。 」とご予約を承ることができました。 お客様はお手配が完了するとホッとされた様子でお電話をお切りになりました。 受付日時 2020年5月23日 13時50分頃 受付担当 椙木 担当より一言 お客様にとっては初めて起こるようなトラブルが多いと思います。 せっかくお電話をいただいたからにはお客様のトラブル解決の為に精一杯対応させていただきます。 少しでも不安が軽減できるような受付を心掛けて頑張ります。

次の

トイレの水漏れでよくあるパターン4つとその修理方法

トイレ水漏れ タンク

「トイレのタンクの中でずっと水がチョロチョロ流れ出ていて、音が気になって仕方がない!」 実は、こういったトイレの水漏れ現象は 「ボールタップの経年劣化が原因」なんです。 ボールタップとは、トイレのタンク内にある部品のことです。 (画像赤丸で囲んである部品) 「トイレの水を流すと、赤丸で囲んだ「浮き玉」が下がり、浮き玉が下がっている間だけ、給水ホースから水が出る」それがボールタップの構造です。 ボールタップの経年劣化が進むと、タンク内の水位が上がっても、 浮き球がしっかり持ち上がらなくなってしまいます。 その結果、 浮き玉が常に下がり、延々と少しずつ、ずっと給水されている状態になってしまうんです。 これが「タンク内で水がチョチョロ流れている」の正体なワケですね。 手動で浮き球を押して、人為的に「チョロチョロ状態」を再現。 ボールタップの経年劣化が進むと、常にタンク内でこの現象が発生している事になりますね。 タンク内の水漏れを直すためにボールタップを交換しよう! ボールタップの経年劣化を直すためには、 ボールタップを本体ごと交換してしまうのが一番手っ取り早くて効果的です。 丸ごと新品になるから、当たり前ですがw ちなみに、この記事では画像のように、 床から給水管が立ち上がり、タンク横から給水されているタイプのトイレでのボールタップ交換方法を解説していきます。 給水方法が異なる場合、交換方法も異なるので、ご自宅のトイレの給水方法はよくご確認ください。 必要な材料 必要な材料はボールタップ本体のみ、「」が取付・調整共に簡単でオススメです。 実際にAmazonから届いた製品。 必要な道具 ・ ・ ・ この3点だけあればOKです。 そうすると、タンクの水を流しても給水されなくなり、交換作業が開始できます。 給水管とボールタップを接続している袋ナットを外します。 で緩めれば、後は手回しで外せます。 外すと、古い袋ナットの中からパッキンが現れます。 後で新しいパッキン(新しいボールタップに付属している)と交換するので、捨てもらって構いません。 続いて、ボールタップをタンクに固定しているナットの取り外し。 先ほど同様、モンキーレンチで緩めて手回しで外せます。 ナットが外れれば、そのままガバっと引っこ抜く事が出来ます。 これで古いボールタップの撤去作業は終わりです。 今回の場合、Bタイプのタンクに相当するので、それに合わせてボールタップのセットアップを行います。 本体を開封。 ナットやパッキンは分解しないと取付できないので、一度取り外しましょう。 新品の袋ナットも付属していますが、袋ナットの交換は給水管をバラす必要があるので、パッキンだけ新しくして古い袋ナットのままでも問題ありません。 続いて、給水ホースの取付。 ネジ止めしてある給水部をプラスドライバーで外します。 ネジ止めしてあった場所に、給水ホースを取付ます。 グっと押し込むだけでOK、ホースの取付が甘いと、水漏れの原因にもなるので注意しましょう。 パッキンとナットを右から順番に、ボールタップに通します。 固定のナットを締め付けますが、この時点ではまだ、完全に締め付けないでください、 袋ナットに新品のパッキンをセットし、給水管とボールタップを接続します。 袋ナットとボールタップを真っすぐ合わせて噛み合わせないと、水漏れが起きるので、しっかり接続しましょう。 (多分、この作業がボールタップ交換で一番難しいです。 ) うんうん、調子よくピタっと水が止まりますね。 作業完了まであと少し! 最後に、タンク蓋の裏側に給水ホースを差し込み、ナットで固定してあげればボールタップ交換作業は完了です! 手洗い部からもしっかり給水されていますね! 番外編 水位調整をしてみよう。 節水効果が水道代の節約を! 「」のいいところは、簡単に水位調整が出来るところ。 画像のようにボールタップのレバーの先端をプラスドライバーで回せば、浮き球の移置を調整し、給水が止まる位置を自由に決める事が出来ます。 水位マックスまで調整した様子 水位を調整できる限界まで下げたところ。 この状態でも、通常使用で水を流す分には全然問題ありません。 年間で換算すると、 かなりの節水効果が期待できそうです! 以上、ボールタップ交換の手順を解説してみました。 「水漏れの補修」と聞くと敷居が高そうですが、必要な道具も少ないので、一つずつ手順を踏んでいけばDIYでの作業に慣れていない方でも、交換する事は十分可能だと思います。 水道業者に頼むと、出張費やら作業費やらで、1~2万円は掛かってしまう作業です。 給水管の止水作業とか、急な水漏れとか、いざという時の水回り関係の対処方法の勉強にもなりますし、ぜひご自身での交換にチャレンジしてみる事をオススメしますよ!.

次の