しゃっくり 止める 言葉。 しゃっくりを止める効果的な言葉とは

しゃっくりを止める方法10選!ツボや言葉が効くってホント?

しゃっくり 止める 言葉

この横隔膜がけいれんを起こすことで突然収縮し、肺に急激に空気を吸い込むことでしゃっくりが起こり、声帯の筋肉も同時に収縮することで息の通る管が狭くなって、あの「ヒック」という音が出るのです。 横隔膜がけいれんを起こすメカニズムはまだはっきりと解明されてはいませんが、横隔神経や迷走神経が深く関わっているとされています。 「横隔膜だから横隔神経というのが関係あるのはわかるけど、迷走神経って?」と思うかもしれません。 迷走神経とは、その名のとおり全身を「迷走」しています。 脳から腹部の主要臓器まで、さまざまな箇所を上へ下へと走っているのです。 呼吸や循環にも関係しているため、しゃっくりとも関連するということなのです。 しゃっくりが起こる原因 しゃっくりは大きく3つに分けられます。 そのタイプによって、何が原因で起こるものなのかも変わってきます。 このタイプは48時間以上しゃっくりが止まらない「持続性」、1ヶ月を超えてもしゃっくりが続く「難治性」の人に多く、脳梗塞や脳腫瘍といった中枢神経系の病気の後遺症として症状が出ることもあります。 他にも、アルコール中毒や睡眠薬の服用が原因となる場合があります。 呼吸器系や頸椎などの疾患や、胃腸炎や腸閉塞など消化管に関連した病気によって、迷走神経および横隔神経が刺激されることが原因です。 脳の中枢神経ではなく末梢神経に関わる病気で引き起こされるため、末梢性と呼ばれます。 48時間以内におさまる一般的なしゃっくりは、多くの場合このタイプに当てはまります。 何かしらの疾患が横隔膜に刺激を与えることもありますが、まずは生活の中に原因が潜んでいると考えられます。 ・ 感情 笑いすぎるとしゃっくりが出るほか、精神的にショックを受けたりストレスを感じたりするとしゃっくりが起こることもあるそう。 しゃっくりに精神状態も関連しているとは、少し意外ですよね。 しゃっくりの止め方とその効き目 しゃっくりを止める方法にはさまざまなものがあります。 横隔膜のけいれんがなぜ起こるのかがわからない以上、誰にでも必ず効果がある方法というのは見つかっていません。 しかし、昔から言い伝えられているしゃっくりの止め方の中には、理に適っているものも多いのです。 効果が見られない場合もありますが、びっくりすることで呼吸が一度止まり、そこから息が整うことで通常時の状態に戻ることも考えられます。 冷たい水を飲むことで口の中の粘膜に張り巡らされている迷走神経が麻痺したり、下や変な方向を向いて水を飲み込むことで横隔膜の位置を正しくリセットしたりすることができるため、効果がある方法のひとつといえます。 より効果的にしゃっくりを止めるには、深呼吸を組み合わせるものがオススメです。 ゆっくりと息をギリギリまで吐き出したら、今度は肺をいっぱいに満たすつもりでゆっくりと息を吸い込みます。 めいっぱい息を吸い込んだら、そこで息を止めます。 これをしゃっくりが止まるまで繰り返す、という方法です。 息を止めたり、またビニール袋などを口に当てて吐いた息を吸い込んだりして、血中の二酸化炭素濃度を上げることも効果があるとされています。 これは、耳の奥の迷走神経に刺激を与えることで、間接的に横隔膜のけいれんを止めることができるというものです。 見た目はとてもしゃっくりを止めようとしているようには思えなくなりますが、実際に効果が期待できるやり方です。

次の

しゃっくり 止め方 呪文 おまじない

しゃっくり 止める 言葉

しゃっくりを止める方法 まずは定番の、 アイテムなしでできる方法から紹介します。 1.息を止める しゃっくりがでだしたら、20秒ほど息を止めてみてください。 簡単ですが昔からある王道のしゃっくりストップ方法です。 息を止める際に、首を曲げて顔だけ下を向くようすると効果がアップします。 2.深呼吸をする 深呼吸を数回行ってみましょう。 長く大きく吸うのがコツです。 息を止める方法と組み合わせて行ってみましょう。 3.唾を飲み込む 唾液を口の中にためて、ゴクリと数回唾を飲み込みます。 これも簡単にできるので呼吸法とセットで実践してみましょう。 4.お辞儀をする 軽いお辞儀ではありません。 かなり深めのお辞儀を10回以上行います。 人目に付く場所ではなかなかできませんが、私はこの方法が一番効きました。 原理はよくわかりませんが「 しゃっくりは横隔膜のけいれん」ということを考えると、お辞儀がストレッチのような効果を発揮しているのかもしれません。 5.びっくりする この方法はよく耳にしますよね。 効果は正直微妙かも……。 しゃっくりに苦しむ友人がいたら驚かせてあげようかと迷いますが、しゃっくりが止まってもケンカになりそうです。 6.耳に指を入れる 両耳の穴に小指を入れるだけという方法もあります。 脳からお腹へとつながる神経が耳の中にあって、それを刺激することでしゃっくりをストップさせます。 地味なアクションなので、周りに気づかれずに行えるのがいいですね。 続いて 物を使って止める方法です。 と言っても、どこにでもあるアイテムですが。 7.水を飲む 水を飲むのもしゃっくりを止める方法としては定番です。 より効果をアップさせる飲み方には以下のようなものがあります。 キンキンに冷やした水を 一気に飲む• 逆に、口に入れた水をちょっとずつ 小分けに飲んでいく• コップの反対側に口をつけて お辞儀をするように飲む 理屈としては、水を飲むことで横隔膜に刺激をあたえてしゃっくりを止めるというものです。 人によって効果のある方法は異なるようなので、色々試してみてください。 8.調味料を舐める 塩や醤油、砂糖のような調味料を少量舐めて止める方法もあります。 他にもレモンやお酢など、刺激のあるものでも効果があるそうです。 少量とはいえ、醤油やお酢を直に舐めるのは抵抗がありますね。 砂糖がありなら 飴でも良さそうです。 しゃっくりを止める方法の中でも、 ちょっと変わった方法をご紹介します。 9.しゃっくりを止める呪文や言葉 言葉の力でしゃっくりを止める方法です。 効果があると伝えられている言葉には以下のようなものがあります。 たぬきがコケた• ダイズ• むらさきいろ• きいろ 補足しますと、「たぬきがコケた」はそのまま呪文のように10回ほど繰り返して口にします。 「ダイズ・むらさきいろ・きいろ」は 誰かに質問してもらい、その答えとしてハッキリ発言しないと効果がないようです。 「豆腐は何で出来ている?」とか「ナスの色は?」みたいな質問ですね。 一人では出来ませんし、ちょっと難易度が高いですね。 どの言葉も、意識をしゃっくりから遠ざけることに意味がありそうです。 だとすれば特定の言葉にこだわらず、友達に簡単なクイズをいくつも出してもらうのはいかがでしょう?(これだと頼みやすいです) 最後は ツボ押しです。 他の民間療法より医学的根拠はあるはずですが、今ひとつ浸透していません。 10.ツボを押す しゃっくりストップにおすすめのツボは「 巨闕(こけつ)」と呼ばれるものです。 体の真ん中に1点。 胸の骨から指2本分ほど下のみぞおち中心部分が巨闕です。 強く押すには不向きなツボなので、息を吐きながらゆっくり優しく押してください。 しゃっくりに効果ありとされているツボはいくつかありますが、やっぱり横隔膜に近いこのツボが一番効きそうな気がします。 まとめ しゃっくりを止める方法あれこれを10本ご紹介しました。 無理に止めなくても、気がついたら収まっている事が多いですけどね。 ごくまれに病気が原因でしゃっくりが起こっていることがあります。 あまりに長引くようだったら、病院に行って診察してもらいましょう。

次の

しゃっくりを確実に止める方法! 原因はまさかの病気?

しゃっくり 止める 言葉

急に出てくるしゃっくり、困りますよね。 誰かと話しているときや、大切なプレゼンなどをしゃっくりに邪魔されないよう、しっかり止め方をチェックしておきたいものです。 「びっくりさせる」のが有名ですが、医学的な見地から編みだされたしゃっくりの止め方もいくつかあります。 どれで最も効果が出るかは人それぞれですが、ぜひ1つずつ試してみてください。 この記事では、急にしゃっくりが出始めた人に試してほしい、しゃっくりの止め方を何種類かご紹介します。 そもそもしゃっくりって何?起きるメカニズムを解説 予想もしないタイミングで急にヒックヒックと声が出るしゃっくり…これって一体何なのかご存知ですか? しゃっくりは「吃逆(きつぎゃく」という疾患で、横隔膜が痙攣することで、ヒックヒックと声が出るものです。 果汁100%のジュースを飲む• レモン汁を水に溶かして飲む• 柑橘系の果物(レモンやみかんなど)をそのまま食べる 柑橘系の成分が刺激を与え、横隔膜に作用すると考えられている方法です。 人によって合う・合わないのある方法なので、気休め程度に試してみてください。 ジュースを飲む場合は、必ず果汁100%であることを確認してください。 果汁成分が少なければ効果は期待できません。 漢方薬を飲む しゃっくりはストレスや身体の冷え、胃腸の不調などが原因であることから、漢方薬を使った対処法も考案されています。 しゃっくりを止める効果が期待できる漢方薬は次の3つ。 芍薬甘草湯(しゃくやくかんぞうとう) 身体のけいれんを抑制する効果があります。 横隔膜のけいれんであるしゃっくりを始め、こむら返りなどにも効果を発揮。 柿蔕湯(していとう) 柿のへたをメインに使った生薬で、「しゃっくりの特効薬」とも言われています。 生姜も含まれているので、体の冷えにも効果が期待できます。 半夏瀉心湯(はんげしゃしんとう) 胃腸の不調でしゃっくりが出始めた人におすすめ。 ストレスや食べ過ぎなどで弱った胃腸を、回復させるサポートをしてくれます。 びっくりさせるのは非効率的。 しゃっくりが悪化することも しゃっくりを止める方法で最も有名と言っても過言ではないのが、「びっくりさせる」方法。 あながち間違ってもいませんが、決して特効薬とはならない方法です。 びっくりすることで迷走神経が刺激されたり、胃腸や肺の空気を排出させたりすれば、確かにしゃっくりを止める効果は期待できます。 ただし「びっくり」の度合によっては全く効果が出ませんし、それどころか悪化させてしまうこともあります。 悪い方向にびっくりしてしまうと身体が緊張したり、ストレスを感じたりして、余計にしゃっくりが止まらなくなることもあるのです。 「しゃっくり=びっくりさせれば良い」という先入観はちょっと危険。 本気でしゃっくりを止めたいなら、他の方法をまず試してみましょう。 あまりに止まらなければ病院へ。 病気のサインの可能性 大体のしゃっくり48時間以内には止まるものです。 現に「何もしなくても、いつの間にか止まっていた」という経験をした人が多いでしょう。 ただし48時間以上も続くしゃっくりとなると、病気の可能性も拭い去れません。 しゃっくりがあまりに長引くようなら、一度病院で診てもらうと安心です。 けいれんの一種ですから、しゃっくりにお悩みの際は脳神経外科を訪ねるのが一般的。 物理的療法や薬物療法で治療してもらえます。 しゃっくりは厄介。 対処法の準備と予防を徹底しておこう しゃっくりが出始めると、何だか格好がつきませんし、夜は睡眠が妨げられて健康を害します。 意外と地味な実害が多いので、効果のあるしゃっくりの止め方をいくつか覚えておくと安心です。 また、しゃっくりが出るきっかけはストレス・身体の冷え・胃腸の不調・早食いや誤飲と、明らかになっているものも多くあります。 ストレスを溜めないように気をつけたり、体調管理を徹底したりすることで、しゃっくりの予防も心がけていきましょう。

次の