近鉄特急 ひのとり ダイヤ。 特急ひのとり|近畿日本鉄道

列車番号T

近鉄特急 ひのとり ダイヤ

新型特急「ひのとり」 近畿日本鉄道株式会社は2020年3月14日(土)にダイヤ改正を実施します。 対象路線は生駒鋼索線、けいはんな線を除く全線。 新型特急「ひのとり」の運転がスタートするほか、特急の増発や奈良線快速急行の土休日8両編成化などの変更が行われます。 「ひのとり」運転開始 名阪特急、大阪難波・奈良間の特急での「ひのとり」運転は以下の通り。 〇名阪特急 【平日】 大阪難波発名古屋行き 8:00発、10:00発、13:00発、14:00発、16:00発、20:00発 名古屋発大阪難波行き 7:00発、11:00発、13:00発、17:00発、19:00発、20:00発 【土休日】 大阪難波発名古屋行き 8:00発、09:00発、11:00発、15:00発、16:20発、19:00発 名古屋発大阪難波行き 8:20発、12:00発、14:00発、16:25発、18:00発、19:00発 〇大阪難波・奈良間の特急 【平日】 大阪難波発奈良行き 22:20発 奈良発大阪難波行き 6:30発 【土休日】 大阪難波発奈良行き 20:35発 奈良発大阪難波行き 8:13発 また、2021年3月までに以下の名阪特急を順次「ひのとり」で運転します。 大阪難波、名古屋毎時30分発と名古屋5時58分発の名阪特急についても順次アーバンライナーで運転。 また一部の名阪特急については所要時間の短縮を図り、鶴橋・名古屋間を1時間59分で運転する列車を毎日1本から5本に増やします。 鶴橋・名古屋間を1時間59分で運転する列車 特急増発・行先変更 名張5時41分発名古屋行き特急を増発。 普通列車利用と比べて名張駅~名古屋駅への所要時間が40分(土日祝日は33分)短縮されます。 早朝時間帯に名張発名古屋行き特急を増発 名古屋駅に6時台に到着する特急も新たに運転。 松阪5時54分発名古屋行き特急、土・休日の松阪5時58分発名古屋行き特急を平日、土休日とも5時36分発に変更することで、名古屋駅6時46分着に。 また、平日に奈良21時30分発大阪難波行き特急を増発します。 その他一部の特急で始発駅、行先の変更があります。 【平日】 ・大阪上本町16時50分発鳥羽行き特急を宇治山田行きに変更。 ・大阪上本町17時45分発鳥羽行き特急を松阪行きに変更。 ・大阪難波18時10分発および19時10分発鳥羽行き特急を宇治山田行きに変更。 ・鳥羽7時14分発大阪上本町行き特急を五十鈴川駅始発(7時23分発)に変更。 ・鳥羽8時18分発大阪上本町行き特急を五十鈴川駅始発(8時26分発)に変更。 ・伊賀神戸5時44分発大阪難波行き特急を名張駅始発(5時50分発)に変更。 【土・休日】 ・大阪上本町16時50分発鳥羽行き特急を宇治山田行きに変更。 ・大阪上本町17時45分発鳥羽行き特急を松阪行きに変更。 ・大阪難波18時10分発鳥羽行き特急を宇治山田行きに変更します。 ・鳥羽8時18分発大阪上本町行き特急を五十鈴川駅始発(8時27分発)に変更。 ・名古屋18時02分発鳥羽行き特急を宇治山田行きに変更。 ・伊賀神戸5時46分発大阪難波行き特急を名張駅始発(5時53分発)に変更。 奈良線土休日の快速急行が8両に 奈良線では土休日に6両編成で運転する快速急行を8両編成にします。 また土休日に阪神線と直通運転している6両編成の快速急行を一部列車を除き8両編成で運転。 途中駅で車両の連結開放作業を取りやめることで所要時間を平均4分短縮します。 最速の列車は、奈良・神戸三宮間の所要時分を79分から76分に3分短縮。 奈良19時56分発尼崎行き快速急行は神戸三宮行きに変更し、これによって神戸三宮行き快速急行の運転時間帯を30分拡大。 土休日の神戸三宮発奈良行き快速急行の最終列車も神戸三宮20時14分発から21時20分発に変更。 神戸三宮発奈良行き快速急行の運転時間帯を1時間6分拡大します。 大阪線は平日の早朝時間帯に急行増発 平日の早朝時間帯に五位堂発大阪上本町行き急行を2本増発。 大阪上本町行き快速急行3本を急行に変更し、更に平日、大阪上本町5時37分発伊勢中川行き急行を新たに運転します。 大阪上本町6時00分発五十鈴川行き急行は、大阪上本町6時14分発大和八木行き急行に変更。 増発する急行 始発列車の時刻も繰り上げます。 大和八木5時08分発大阪上本町行き区間準急は5時00分発に(8分繰り上げ)。 河内国分5時15分発大阪上本町行き区間準急は5時11分発に(4分繰り上げ)。 生駒線、南大阪線・長野線、名古屋線の変更 生駒線では運転本数と発着時刻の変更を行います。 平成29年の21号台風災害に伴い徐行運転を行っていましたが、これを終了し、朝夕時間帯の生駒・王寺間の列車は毎時4本運転に。 南大阪線・長野線では平日、富田林5時25分発大阪阿部野橋行き準急を5時20分発に変更し、始発列車の時刻を5分繰り上げます。 名古屋線でも同様に白塚5時10分発名古屋行き普通を5時06分発に変更し、発車時刻を4分繰り上げます。 その他にも、利用状況などに応じて列車の運転本数、運転区間、種別、時刻などの見直しを行います。 鉄道チャンネル編集部 画像:近畿日本鉄道株式会社.

次の

新型名阪特急「ひのとり」 2020年3月14日(土)デビュー!|近畿日本鉄道株式会社のプレスリリース

近鉄特急 ひのとり ダイヤ

この「ひのとり」の名称は、商標登録などで、去年の12月の時点で、しておりましたが、新型アーバンの名称となったことになります。 当初は、京都-吉野間のフリーゲージの愛称ではないかと思っておりました。 この正式な発表で、新型名阪特急の名称ですが、アーバンライナーという名称は、既に一般乗客にも定着しており、上手く移行できるかどうかは、お手並み拝見でしょうか。 しかし、奇抜な車両です。 ただ、私個人的として、ブレーキのBP管の廃止、完全な電気指令式ブレーキをそろそろ望みたい所です。 しまかぜも、シリーズ車とは異なり、SAP管は廃止も、BP管が残り、非常ブレーキ投入時に「パシュ」と大きな空気音がします。 そろそろ、今後の通勤車同様、余計なコストやメンテナンスは削減、と個人的には思いますが、どうなるんでしょうか。 このような複雑なブレーキシステムは、全国探せど近鉄だけではないかという、珍しいシステムなのも気かがりです。 8両化対応や富吉の検査設備の関係か、中間運転台もあるようですね。 続いて、運行時刻 このように発表ですが、現状の運用を踏まえてまとめてみると… 平日 A 東花園-回- 616-008- 061-014- 富吉 -069-東花園 高安 B 東花園-回-010-063-016- 富吉 -070- 8217-回-東花園 大和西大寺 C 富吉-回-057-回-東花園-回-013-067-020-回-富吉----代走運用か 土休日 A 東花園 高安 -回- 008-回-富吉-回-0766-019-富吉 B 大和西大寺-回-816-009-062-015-068- 2017-東花園 大和西大寺 C 富吉-回-0758-011-064-0716-069-回-東花園 まず、考えられるはこの程度でしょうか。 奈良線の「ひのとり」は、 赤字の平日616,8217、土休日2017列車と推測しましたが、変わる場合があります。 青字は、アーバンライナーNextの現状運用となりますが、6編成3運用3編成と予備なしのため、平日の特定日で、代走運用も見込まれます。 ひのとり置き換えで、1年限りのダイヤとみられます。 阪神側で芦屋を除く停車駅で、ホームの8両化となっており、土休日快急の8両化も見込まれます。 これにより、阪神側と同時にダイヤ変更・改正は確実でしょう。 日中の快急運用は9運用は必要とみられ、近鉄5、阪神4運用でしょうか。 16年経過しますが、特急車としての更新で、次期としては適当ではないかと思われます。 現状、Plusの21000系は登場から15年で更新なため、まず濃厚でしょう。 Plus自体もその更新から15年、登場から30年のため、2回目の更新有無も気になります。 22000系の更新や、その他特急車の2回目の更新が一段落しような気配ですので、可能性が考えられます。 ひのとり登場で3編成のアーバンライナー編成が捻出となり、1編成程度の更新を順番に来年度以降、向こう3年間、でしょうか。 で、余剰アーバンは、主要駅停車の名阪乙系統と、名伊系統に充当ではないかとみられます。 考えられるのは、DX車の位置です。 21600型は、1号車の位置、名古屋時点で、難波・伊勢方面に向かって、名古屋駅の改札口に近い最後部車両となります。 これは、伊勢志摩ライナーでも同じく1号車です。 続いて、伊勢志摩方面の場合、伊勢志摩ライナーで、名古屋行は1号車最前部、難波行は6号車になりますが最前部となります。 これは、伊勢志摩ライナーでは、伊勢志摩方面の向きを基本に、難波・名古屋と枝分かれですが、アーバンライナーは、名古屋方面の向きを基本に、難波・伊勢志摩方面と枝分かれとなるため、向きが異なります。 但し、伊勢志摩方面となれば、伊勢志摩ライナー、アーバンライナーと、名古屋方面が最前部車両なのは同じです。 ところが、阪伊系統にアーバンライナーが充当の場合、DX車の位置が、名古屋方面・難波方面と逆になってしまいます。 現状の向き、及び、富吉所属 または明星転属、名古屋線基本 のままだと、「 余剰アーバンは名阪乙・名伊系統充当」ではないかと思われます。 阪伊系統充当は限定的な感じでしょうか。 一応の「名阪乙」系統がすべてアーバンライナー充当でも可能ではあります。 これに絡めて、名伊系統の運行がメインではと推測が出来ます。 4両13編成、2両5編成、計62両に、ビスタ4両2編成8両、計70両となります。 これは、アーバンライナーの転用で、6両固定編成が13編成と増えるため、車両運用上ではスッキリとしたものになり、連結解放も少なくなります。 それに、現状名伊系統のビスタカーは、0116で送込,0159で返却、5編成の名伊運用となる形で、所属の西大寺から車両の取替となるのと、上述によりスナックが廃車となる場合、京都・橿原線系統での4両編成が不足気味となります。 その代替で、ビスタカーは京都・橿原線系統を中心に、大阪方面と阪伊運用を重点的に充当か…。 スナックは、富吉所属 4両4編成、2両1編成 、明星所属 主に名古屋運用4両5編成、大阪運用4両8編成2両3編成 の置き換えとなりますが、アーバンはひのとりの富吉配置で、そのままか、明星転属でしょう。 ひょっとすると、7編成程度富吉、6編成程度明星にし、一般車も車両転配でしょうか。 まあいずれにしても、色々考えてもキリがありません。 大幅な車両の所属替え、運用変更が今後見込まれますね。 今後に注目です。

次の

近鉄特急『ひのとり』の【 時刻表・料金・予約方法・お得な割引 】

近鉄特急 ひのとり ダイヤ

近畿日本鉄道は21日、ダイヤ変更を2020年3月14日に実施すると発表した。 同日にデビューする新型名阪特急「ひのとり」は大阪難波発6本・近鉄名古屋発6本を運転。 奈良線の特急列車は大阪難波発1本・近鉄奈良発1本を「ひのとり」で運転する。 近鉄の新型名阪特急「ひのとり」。 3月14日から大阪難波~近鉄名古屋間で営業運転を開始し、奈良線でも「ひのとり」の特急列車が設定される 大阪難波~近鉄名古屋間を結ぶ名阪特急はダイヤ変更後、平日の大阪難波駅8時0分発・10時0分発・13時0分発・14時0分発・16時0分発・20時0分発、近鉄名古屋駅7時0分発・11時0分発・13時0分発・17時0分発・19時0分発・20時0分発、土休日の大阪難波駅8時0分発・9時0分発・11時0分発・15時0分発・16時20分発・19時0分発、近鉄名古屋駅8時20分発・12時0分発・14時0分発・16時25分発・18時0分発・19時0分発を「ひのとり」で運転する。 名阪特急は2021年3月までに、大阪難波駅・近鉄名古屋駅をそれぞれ毎時0分に発車する列車と、大阪難波駅を土休日16~18時台の毎時20分に発車する列車、近鉄名古屋駅を土休日の8時20分と16~18時台の毎時25分に発車する列車を順次、「ひのとり」に変更する予定。 大阪難波駅・近鉄名古屋駅をそれぞれ毎時30分に発車する列車と、近鉄名古屋駅5時58分発の列車は「アーバンライナー」での運転に順次変更される。 2021年3月までに大阪難波駅・近鉄名古屋駅毎時0分発の特急列車を中心に「ひのとり」へ順次変更• 大阪難波発3本・近鉄名古屋発2本の計5本はダイヤ変更後、鶴橋~近鉄名古屋間を1時間59分で運転する あわせて所要時分の短縮も図られ、鶴橋~近鉄名古屋間で2時間をきる列車も増加。 大阪難波駅11時0分発・12時0分発・13時0分発と近鉄名古屋駅15時0分発・16時0分発の計5本において、鶴橋~近鉄名古屋間を1時間59分で結ぶという。 奈良線では、平日の近鉄奈良駅6時30分発と大阪難波駅22時20分発、土休日の近鉄奈良駅8時13分発と大阪難波駅20時35分発の特急列車が「ひのとり」での運転に。 平日夜間には、新たに近鉄奈良駅21時30分発・大阪難波駅22時3分着の特急列車が運転される。 他の路線も特急列車の増発や運転区間・時刻の変更等を実施。 名張駅5時41分発・近鉄名古屋駅7時8分着の特急列車を増発し、早朝時間帯における名張~近鉄名古屋間の所要時分を短縮するほか、5時台に松阪駅を発車する近鉄名古屋行の特急列車の運転時刻を約20分繰り上げ、松阪駅5時36分発・近鉄名古屋駅6時46分着とする。 奈良線で平日夜間に増発される特急列車の運転時刻• 名張~近鉄名古屋間で早朝時間帯に増発される特急列車の運転時刻• 時刻が繰上げとなる松阪発近鉄名古屋行の特急列車の運転時刻 平日・土休日の5時台に伊賀神戸駅を発車し、大阪難波駅まで運転される特急列車はダイヤ変更後、始発駅を伊賀神戸駅から名張駅に変更。 鳥羽発大阪上本町行の特急列車のうち、平日朝の2本と土休日朝の1本はダイヤ変更後、始発駅を鳥羽駅から五十鈴川駅に変更する。 鳥羽行で運転される現行の特急列車も、平日の16時台以降に大阪上本町駅または大阪難波駅を発車する4本、土休日の16時台以降に大阪上本町駅または大阪難波駅を発車する3本と近鉄名古屋駅18時2分発の1本に関して、ダイヤ変更にともない運転区間が短縮され、宇治山田行または松阪行となる。 一般列車もけいはんな線など一部路線を除き、ダイヤ変更を行う。 奈良線では土休日に阪神なんば線へ直通する快速急行を6両編成から8両編成に変更し、運転時間帯も拡大。 大阪線では平日朝に五位堂駅を発車する大阪上本町行の急行を2本増発し、あわせて大阪上本町行の快速急行3本を急行に変更する。 大阪上本町駅5時37分発、伊勢中川行の急行を新たに運転し、現行の大阪駅6時0分発、五十鈴川行の急行はダイヤ変更に合わせ、大阪上本町駅6時14分発、大和八木行の急行に変更される。 平日の早朝時間帯に大阪線で増発される急行2本の運転時刻 大阪線と名古屋線、南大阪線・長野線で始発列車の時刻繰上げも。 生駒線は台風21号災害に伴う徐行運転を終え、朝夕時間帯の生駒~王寺間の列車を毎時4本運転とする。 予めご了承ください。 関連記事•

次の