知識 類語。 「知見」の意味とは?「知識」「見識」「経験」との違いと使い方

「知識」の類語・意味や別の表現方法(言い換え・言い回し):類語・類義語(同義語)辞典

知識 類語

「知見」の意味とは?読み方は? 実際に見て知ることや、知った知識 「知見」とは、実際に見て知ることや、見て知った知識のことを指します。 「知る」と「見る」という漢字が使われているので、そのままの意味です。 また、仏教の用語にも「知見」という言葉があります。 仏教用語では、仏教の考え方をもとに物事を正しく認識することを指しており、この認識できる能力があると煩悩を消滅できるとされています。 「知見」の読み方は「ちけん」 「知見」の読み方は「ちけん」です。 「見」という字は、「発見(はっけん)」のように音読みで「けん」と読みます。 名前でも「知見」という名字があります。 名字の「知見」の読み方は、「ちけん」の人もいれば、「ちみ」と読む人もいます。 「知見」と、類語や似ている言葉との違い 「知見」には、意味の似ている類語が多く存在します。 ここでは、代表的な類語との違いや使い分けについて紹介します。 「知見」と「知識」の違い 「知識」とは知っていることや、理解していることを指します。 これに対し、「知見」の意味は、「見て知った知識」です。 「知識」には、自分が経験したことだけでなく、本で読んだことや、人から聞いたことも含まれます。 しかし、「知見」は、あくまでも自分が見たり、経験して知った知識を指します。 つまり「知見」は、幅広くある「知識」の一部です。 「知見」と「見識」の違い 「見識」とは、物事の本質を見通すことができる、優れた判断力を指す言葉です。 判断力だけでなく、本質をしっかりと知ったうえで、それに基づいた考えのことも指します。 「知見」はあくまでも「見て知った知識」を指しますが、「見識」は見ることで本質を見通し、判断し、導き出した考えのことを指します。 「見識」の方が、より専門的で、優れた力を持っているときに使う言葉です。 例文を紹介します。 私は今回の仕事で知見を得られた 意味「今回やった仕事や経験で、知識が増えた。 彼は科学的な見識をお持ちの方です。 意味「彼は科学的な本質を知っており、素晴らしい判断力を持っている人だ。 」 「知見」と「経験」の違い 「経験」は実際にやってみたことや、そこから得た知識や技術のことを言います。 「知見」も「経験したことから得た知識」を指しますので、かなり似ている言葉です。 使い方の違いとしては、「経験」の方が、やってみたことそのものについて使うことが多く、「知見」の方が、得た知識について話すことが多いです。 「知見」と「ノウハウ」の違い 「ノウハウ」とは、何かをするのに必要な知識や技能のことを言います。 「知見」の類語ではありませんが、どちらも「知識」を指す言葉です。 ノウハウを提供している人の多くが、「実際に見て知った知識」を「ノウハウ」として提供しているので、混同しやすいでしょう。 「ノウハウ」は、「他人に伝えることで、聞いた人が、やり方がわかるようになる」知識を指すことが多く、伝わりやすいように体系化されたものを指すことが多いです。 これに対して「知見」は、あくまでも見て知った知識です。 一般的には、他人に伝えることや、体系化することを想定していない知識について使う言葉です。 「知見」の使い方と例文 「知見がある」「知見がない」は正しい使い方 「知見」は名詞です。 「知見」を主語として「知見がある」「知見がない」という使い方は正しい使い方です。 ただし、知識というのは、あるかないかを白黒はっきりとさせるのが難しいことも多いため、「知見がある」「知見がない」よりも、「知見を深める」のような使い方をすることが多いです。 わが社には、長年培ってきた実績と知見があります。 私には知見がないので、その質問には答えられません。 「知見を深める」「知見が広まる」はよく利用される 「知見」は、「知見を深める」「知見が広まる」という使い方をすることが多いです。 このほかにも、「知見を得る」「知見を共有する」などの使い方があります。 繰り返し体験することで、知見を深めようと思います。 海外留学をしたことで、知見が広まった。 このたびは、知見を得られる素晴らしい機会をいただき、感謝しております。 今回の知見を共有する勉強会を開きたい。 まとめ 「知見」とは、「実際に見て知ることや、知った知識」を指す言葉です。 「知識」「見識」「経験」など、似ている言葉は多くありますが、「実際に見て知った知識」であることを強調して話すときに使われることが多いです。 「知見を深める」や「知見が広まる」と使われることが多いので、機会があれば使ってみてはいかがでしょうか。

次の

知識(ちしき)の類語・言い換え

知識 類語

【知見の意味】 知見 しっかりと観察して自分で考えること 観察から得た考え 見解 「知見」とは、「自分で観察して、考える」「自分自身の考え」というのが辞書的な意味です。 つまり「他人や周りに流されないで辿り着いた、自分自身の考え」という意味になります。 よく「自分で考えなさい」「自分の意見を持ちなさい」と、学校で言われたことがある人も多いでしょう。 その自分自身の考え方や意見が「知見」という意味になるのです。 ややこしいのですが、「知見」は「考え方」を指すので「考え出した答え」とは違います。 「知見」には「見解」という意味もあります。 「見解」とは「ある物事・事物に対する考え方」という意味です。 「知見」の類語は「見解」になるわけですが、「知見」の方がやや丁寧で「実際に見た」という意味合いが強いです。 【知見を使った表現の意味】 知見を広げる 実際に見聞きして知識を広めること 知見を得る 実際に見聞きすることで、そこから知識を得ること 「知見を広げる」と「知見を得る」は上記のような意味を持ちます。 前者はよく「見聞を広める」という言い方もされるでしょう。 「知見」は「実際に見聞きして得る知識」なので、当然「知見を広げる」も「知見を得る」もそのような意味になります。 「知見」の使い方として圧倒的に多いのが「広げる 広める 」「得る」ですが、似たような意味で「知見を手に入れる」「知見を発表する」といった使い方もあります。 「知識」は他人や客観的な情報も含めた幅広い意味の言葉ですが、「知見」はその人自身の経験に基づいた考え方であることが前提です。

次の

知識の類語・関連語・連想語: 連想類語辞典

知識 類語

【知見の意味】 知見 しっかりと観察して自分で考えること 観察から得た考え 見解 「知見」とは、「自分で観察して、考える」「自分自身の考え」というのが辞書的な意味です。 つまり「他人や周りに流されないで辿り着いた、自分自身の考え」という意味になります。 よく「自分で考えなさい」「自分の意見を持ちなさい」と、学校で言われたことがある人も多いでしょう。 その自分自身の考え方や意見が「知見」という意味になるのです。 ややこしいのですが、「知見」は「考え方」を指すので「考え出した答え」とは違います。 「知見」には「見解」という意味もあります。 「見解」とは「ある物事・事物に対する考え方」という意味です。 「知見」の類語は「見解」になるわけですが、「知見」の方がやや丁寧で「実際に見た」という意味合いが強いです。 【知見を使った表現の意味】 知見を広げる 実際に見聞きして知識を広めること 知見を得る 実際に見聞きすることで、そこから知識を得ること 「知見を広げる」と「知見を得る」は上記のような意味を持ちます。 前者はよく「見聞を広める」という言い方もされるでしょう。 「知見」は「実際に見聞きして得る知識」なので、当然「知見を広げる」も「知見を得る」もそのような意味になります。 「知見」の使い方として圧倒的に多いのが「広げる 広める 」「得る」ですが、似たような意味で「知見を手に入れる」「知見を発表する」といった使い方もあります。 「知識」は他人や客観的な情報も含めた幅広い意味の言葉ですが、「知見」はその人自身の経験に基づいた考え方であることが前提です。

次の