喪服 ハンカチ 色。 葬儀・法事で恥をかかないための服装・喪服マナーまとめ

喪服で男性の常識が分かる?恥をかかない基本マナー

喪服 ハンカチ 色

お通夜や葬式に必要な男性の小物であるハンカチや靴や靴下のマナーについて紹介します。 お通夜や葬式のハンカチの色は何色か、靴の色や形はどのようなものがいいのか、靴下の色や柄にはどのような注意点があるのかなど男性の小物のマナーを確認していきましょう。 結婚式などと違ってお通夜やお葬式などの訃報というものは急にあるものですよね。 その為、仕事中に話を聞いてすぐにお通夜などに参列することもあります。 もしも急にお通夜などに参列することになった場合、身に着けるものなどがきちんとそろっていないと慌ててしまいますよね! しかも慌てて準備をしても間違っていて恥をかいてしまうなんて言うことにもなりかねません。 では今回は、お通夜や葬式に参加する際の男性の持ち物や小物はどのようなものを揃えたらよいのでしょうか。 お通夜や葬式に必要な男性のハンカチや靴や靴下など、どんなものを選んだらいいのか見てみましょう。 お通夜や葬式に参列する男性のハンカチのマナーとは?• お通夜やお葬式の男性の靴の形は内羽根タイプを選ぶのがおすすめ!• お通夜やお葬式に参列する男性の靴下の色や柄のマナーとは?• まとめ スポンサードリンク お通夜や葬式に参列する男性のハンカチのマナーとは? お通夜や葬式に参列する男性のハンカチにはどのようなマナーがあるのでしょうか? お通夜やお葬式に参列する際に一番気にするのは服装だと思います。 逆に普段から冠婚葬祭のために礼服などを準備している人は多いと思います。 でも、お通夜やお葬式に参列する際のハンカチまでは気にする人は少ないのではないでしょうか? 弔事の男性のハンカチの色は「白」です! お通夜やお葬式はイメージ的に黒なのかな?と思うかもしれませんが実は「白」のハンカチなんです。 礼服を扱うお店のスタッフに聞くとよく分かるのですが、実は勘違いしている人が多いそうです。 お通夜やお葬式の男性の靴の形は内羽根タイプを選ぶのがおすすめ! お葬式に参列するときに履く靴は、男性も女性も黒く目立たない地味なものが基本です。 ただ同じ黒の靴と言っても• 内羽根タイプの靴• 外羽根タイプの靴• 紐(ひも)が無い靴• エナメルなど光沢があるタイプ• 装飾金具のついているタイプ などいろいろな種類の靴がありますよね。 お通夜やお葬式の靴はマナーとして内羽根タイプのシンプルな黒の靴を履いていきましょう。 内羽根タイプはフォーマルにもビジネスにも使えるので1足あると便利です。 外羽根タイプはどうしてもカジュアルな雰囲気になるので、やはり内羽根タイプの靴がおすすめです。 お通夜の場合は仕事場から急いで駆けつけましたという要素があるので大丈夫ですが、葬儀告別式の場合は注意が必要です。 葬儀告別式に黒意外の靴や紐のない靴、飾りのある靴などを履いていくのはタブーです。 お葬式やお通夜というのは、なるべく目立たないような服装やするものなので、靴も同じく地味なものを選ぶことが大切です。 スポンサードリンク お通夜やお葬式に参列する男性の靴下の色や柄のマナーとは? お通夜やお葬式に参列する男性の靴下の色や柄にはどのようなマナーがあるのでしょうか? お通夜やお葬式に参列する際は、男性なら黒無地、単色の靴下が常識です! もちろんお通夜やお葬式にワンポイントや柄のついている靴下はタブーです。 もしも普段から用意していない場合には、コンビニなどでも売っていることが多いので覚えておくとよいですよ。 ただ、男性の場合は靴下まで気にせずについつい普段から履いている靴下を履いていって恥ずかしい思いをするということも少なくないようなので、気を付けるようにしましょう。 その為、いざというときに慌てないように普段から黒い靴下は常に用意しておくようにするといいでしょう。 まとめ お通夜やお葬式に急に参列することになった時、まず用意を考えるのは服装ですよね。 お通夜やお葬式に限らず礼服を着ることはたびたびあるので常に用意をしているという人は少なくないと思います。 しかし、意外と忘れがちなのが身の回りにつける小物。 特に欠かせない靴・ハンカチ・靴下はあまり気にはしないと思いますがいざ間違えると目立ってしまうもの。 基本的にお通夜やお葬式に参列する際の小物は黒の単色で模様や装飾、つやのないものを選べば間違いはありません。 出来ればいざというときに慌てないように常にひとまとめにしておくと間違いがなくてよいでしょう。

次の

葬式で持つハンカチは白色が基本でレースも可|冠婚葬祭用のものでなくても良い

喪服 ハンカチ 色

葬儀・告別式などお葬式でのハンカチマナーの基本 葬儀・告別式などお葬式でのハンカチは、手をふいたり涙をぬぐったりするため必需品です。 喪服にマナーがあるように、 お葬式でのハンカチといった小物にもマナーがあります。 ハンカチの場合は、 白色か 黒色を持ちましょう。 本来は白色がマナーとされていましたが、最近では喪服が黒色のため、ハンカチも黒色を持つことも一般的になっています。 実際、お通夜やお葬式など冠婚葬祭用として、黒のハンカチも多く販売されていす。 本来は白色のハンカチが基本 昔から神事や弔事を白装束で行うというのが風習としてあり、故人があの世へ向かう時に着ていくのも白装束とされます。 そこから、葬儀や告別式といったお葬式に参列する時に白色のハンカチを使うことが正式といわれます。 ただし、既に記したように 喪服にあわせた黒色も問題ありません。 マナー違反とされる色 一般的に、袱紗(ふくさ)の色にあるような、地味なグレーや淡い紫、白に近いピンクや水色などのハンカチでも、マナー違反とはされないようです。 しかし 原色、特に 赤、緑、ピンクなどでの原色はNGとされます。 派手な色は絶対にNG、ということは必ず押さえましょう。 デザインはどこまで許される? 葬儀・告別式などお葬式でのハンカチは無地が基本です。 ただし、派手なものでなければ 刺繍をあしらったものや控えめなレースは問題ありません。 同色のロゴ刺繍がほどこされたものや レースの縁取りがついたものなど、さまざまなブランドからブラックフォーマル向けハンカチが販売されています。 同色に統一されていてさりげないものであれば、マナー違反とまではならないでしょう。 ラメ・ストーンなど光る装飾はNGです。 ハンカチの素材 葬儀・告別式などお葬式でのハンカチにおすすめの素材は、綿、麻、ポリエステルなどです。 吸水性が良い綿が特におすすめです。 吸水性といえば、タオル生地ですが厳密にいえばカジュアルなためおすすめはできません。 そうはいっても実際のお葬式(特に夏場)には、白色や黒色のタオルハンカチをお持ちの方はいらっしゃいます。 気になるようであれば、 綿のハンカチとタオルハンカチの2枚持ちという方法がスマートでおすすめです。 冠婚葬祭用のタオルハンカチというのもありますので、絶対NGとはいえません。 シルクはフォーマルな場なので良い、という意見もありますが、光沢があるためお葬式用で選ぶなら他の素材にしましょう。 お通夜、三回忌以降の法要のハンカチは? お通夜や三回忌以降の法要といった法事の場合、ハンカチに「これがマナー」というものはありませんが、喪服はダークスーツなど略礼喪服で良いとされます。 つまり喪服のスタイルは紺やグレーといった地味な色であればマナー違反ではありません。 したがってハンカチも同様に考えて、黒や白、濃紺、グレーなど控えめな色であれば問題ないでしょう。 もちろん、柄もひかえめにします。 男女でハンカチマナーに差はない 基本的には葬儀・告別式などお葬式でのハンカチに、男女の違いは無いとされますが、実際に販売されているものを見ると、 男性向けは 無地のシンプルなものが多く、 女性向けには 柄やレースなどバリエーションが豊富になっています。 弔事といえども大人の女性として品のあるハンカチを持つことができますね。 男性は女性と違いバッグを持たず手ぶらのため、忘れずにスーツのポケットにハンカチを用意しましょう。 【合わせて読みたい】 お葬式で子供が持つハンカチ 子供の場合、制服が礼服ですから制服を着用して参列します。 制服がない場合は黒白のモノトーンのコーディネートを基本に紺やグレーなども許容範囲とされます。 靴や靴下、ハンカチなどは黒色や白色とするのがベストですが、 学生らしいもの、派手でないものであればマナー違反と眉をひそめられることはありません。 目立たないものを持たせましょう。 失くさないようにポケットにきちんと入れてあげるといった配慮が必要です。 【合わせて読みたい】 男性のポケットチーフは控える ポケットチーフは、胸ポケットからハンカチを少しのぞかせるものです。 海外ではお葬式の場でも一般的なスタイルとされていますが、 日本では控えた方が良いとされます。 弔事ではしないか、どうしてもしたければ黒無地のスクエア・ホールド(三角形がのぞくシンプルな形)にして入れます。 その場合、光沢のある素材は避けましょう。 葬儀・告別式などお葬式でのハンカチの持ち方 男性は手ぶらですからスーツのポケットの中に、女性はバッグの中にハンカチを携帯します。 ハンカチは必要な時に手に持つようにします。 また、 和装の場合は、 袂にハンカチを入れておいてもかまいません。 また、ポケットティッシュは中身だけを出してハンカチに挟んでおくと、ガサガサと音がせずに取り出せるので、厳粛なシーンではスマートです。 【合わせて読みたい】 お葬式でハンカチはふくさの代用になる お香典を渡すときに使うのが袱紗(ふくさ)ですが、ふくさがない!ふくさを忘れた!という時にハンカチを使うこともできます。 正面にみてひし形のように置いて、中央よりもやや左に香典を置きます。 右、下、上の順にたたんで「左開き」となるようにします。 弔事は左開きですので注意しましょう。 ハンカチを持つ手のネイルに注意! ハンカチを持つ手に派手なネイルがあれば、他の参列者の目を引いてしまいます。 ネイルは落とすか、透明なものやベージュ、薄いピンクなどナチュラルなネイルにしましょう。 ジェルネイル、ラインストーン、ネイルアートなどは葬儀などお葬式用の黒の手袋などで隠すこともできますが、 お焼香の時に手袋は外すのがマナーと考える人が多いため気をつけたい点です。 正式な洋装のマナーでは手袋は外さなくても良い、とされていますが他の参列者から「外さなくていいの?」と思われる可能性はあります。 一時的に的に上からマット色のマニキュアを塗って、見えないようにしたり、 爪の根本においた小さなラインストーン程度ならば、バンドエイドを切り貼りして隠すなどもできます。 どの対処方法が良いのか、マナー違反と思われないようにご判断ください。 ハンカチで涙をぬぐっても安心、メークのコツ お通夜や葬儀・告別式などお葬式でのメークは全体的に控えめなナチュラルメイクで、アイシャドウなども、 パールやラメ、ツヤ感のでるものは使わない、といった配慮をしましょう。 急なお通夜の場合でも、口紅、チーク、アイシャドウは色を抑えるようにしましょう。 ハンカチで涙を拭いたらパンダ目になってしまった!なんてことにならないように アイラインや マスカラには注意します。 お通夜や葬儀・告別式などお葬式ではどちらもつけないにこしたことはありませんが、したい時は ウォータープルーフタイプを使用しましょう。 色は黒やダークブラウンを使って、太くしない、ボリュームをつけないように心がけましょう。 お葬式用のハンカチ、結婚式でも使える? 冠婚葬祭用として白色のハンカチを購入した場合には、結婚式でも使えます。 白色で無地、フォーマルさのある控えめな柄やレースのものは一枚もっていると便利ですね。 黒色のハンカチは結婚式では使わないようにします。 まとめ 急なお別れの場では、喪服を着ていても、うっかりハンカチまでは気がまわらなかった!なんてこともあります。 その場合は、コンビニや100均、ドラッグストアで手にいれましょう。 社会人になったら冠婚葬祭で使えるフォーマル用のハンカチを用意しておくと、急なお葬式でも慌てなくてすみます。 お葬式では涙を誘われる場面が多いですから、社会人としてマナー違反にならないものを持ちましょう。

次の

男性の喪服マナーについて

喪服 ハンカチ 色

礼服・喪服の種類と基礎知識 遺族よりも格式の高い服装をするとマナー違反となってしまうので、 参列者側の人は準喪服を着用していきましょう。 正喪服や準喪服をする際は、スーツやインナー、靴やバッグなど 全て黒で統一された服装を心がけます。 女性が気を付けなければならないのが肌の露出についてです。 特に夏場の葬儀に参列する際は、ノースリーブのワンピースや袖が極端に短いもの、胸元のざっくり空いているものは避けます。 スカートも、ひざが見える短いものは好ましくありません。 また、いずれも 装飾が華美なものは持ち込まないよう気を付けます。 正喪服(喪主・遺族・親族が着用) 正喪服は洋装と和装に分かれており、どちらも最も格式の高い服装です。 和装の場合は黒無地のが正喪服ですが、見かける機会はほぼありません。 葬儀や葬儀や法要などで喪主や遺族、親族が着用します。 洋装の場合はワンピースやアンサンブル、スーツ(スカート)が正喪服とされ、装飾がほとんどなく、襟元が詰まっていてゆったりとしたデザインが特徴です。 選ぶ際にはスカート丈が長め(足首まで)で可能な限り肌を露出しないものを選びましょう。 準喪服(参列者は基本的にこれ) 正喪服の次に格式が高い準喪服は遺族や親族だけでなく、参列者も着ることができるので喪服の中で最も使う機会が多くなります。 初めての喪服を購入するときは準喪服が良いでしょう。 主に ワンピース、アンサンブル、スーツ(パンツ・スカート)があり、基本的な部分は正喪服と同じですが準喪服は目立たない範囲内での装飾なら許容されます。 スカート丈はやや長め(ふくらはぎ辺り)のものを選びます。 黒だからとはいえ ビジネススーツは準喪服にはならないので注意してください。 弔事用やブラックフォーマル用として売られているものの中から選びましょう。 ワンピース 年齢問わず着ることができる無難な装いです。 ジャケットと合わせて持っておけば夏場はワンピースのみ、それ以外の時期はジャケットを羽織って一年中着ることができます。 しかし、ノースリーブのワンピースは肌の露出が増えるためNG。 半袖のジャケットを羽織りましょう。 スーツ スカートとパンツスーツに分かれますが、どちらも準喪服として着用できます。 ただし、 中にはパンツスーツは喪服にはふさわしくないと考えている人もいるので、パンツスーツで参列するときはそのことを理解しておいた方がよさそうです。 ブラウスやシャツなどの インナーは白ではなく黒を着るのがマナーです。 黒のブラウスが一般的で、襟元が詰まっているものを選びます。 略喪服 喪服の中で最も格式が低く、 通夜や急な参列で喪服の準備ができない時に着用します。 ダークグレーや紺のビジネススーツやリクルートスーツでも問題ありません。 また、控えめなものならストライプなどデザインが入っているものも許容範囲となりますが、あくまでも準喪服の代わりに着ていることを覚えておきましょう。 メイクは薄化粧(片化粧) 葬式では華美な装いは良しとされませんので、マナー違反とならない範囲のメイクを心がける必要があります。 通夜や葬儀で行うメイクのことを 片化粧と呼びます。 薄化粧やナチュラルメイクのようなイメージで、赤い口紅など濃い色は使わないのが特徴です。 光沢が出ないベースメイク• 眉は自然に• アイメイク・カラコン・アイシャドウは控えに• チークも避ける• 口紅は目立たないものを• ノーメイクはNG 考え方としては、あくまでも 「身だしなみ」としての化粧は必要だけど、 「オシャレ」としての化粧はしないという捉え方で良いでしょう。 お葬式に参列する際はお洒落をしたい気持ちはぐっと我慢しましょう。 髪型は邪魔にならないものを 通夜や葬儀ではお辞儀をする回数がとても多く、整えられていない髪型では顔に髪がかかってしまったり、焼香をする際に邪魔になったりします。 邪魔にならない髪型• 目立たたない髪色• 礼装として失礼にあたらない 最低限の身だしなみが整えられるヘアスタイルで参加します。 ロングからセミロングヘアの場合は 後ろでひとつ結びにしてしまうのが無難です。 簡単でかつフォーマルな髪型としてギブソンタックが人気です。 ショートヘアの女性は髪が顔にかからなければ特にアレンジなどは必要ありません。 髪に色が入っている場合は 周囲に合わせて黒髪にしていくのが理想。 ただ、厳密に決まりがあるわけでなく、結局は周りの人がどう思うか次第です。 例えば家族葬など親族のみの集まりで、あなたが派手な髪色をしていても周りが誰も気にしない状況であればそれでも問題ありません。 葬儀のハンドバッグ選びマナー 布製を選び、革や光沢は避ける ブラックフォーマルで使用する バッグの生地は布製が基本です。 特に、葬祭においては「動物の革を使ったものは殺生を意識させるので避ける」という風習も存在しますので、 革製のバッグは避けるのが一般的です。 また、喪に服す場において、品を保つのは必要ですが「おしゃれをしてる」と捉えられるのは良く思われません。 言わずもがな、蛇などの爬虫類系、クロコダイルなどの型押し、毛皮などは当然アウトです。 黒色を選び、グレーやネイビーも避けたほうが無難 バッグは 黒色が基本です。 赤や黄色などの原色や、その他派手な色のバッグは避けます。 グレーやネイビーなどの暗めの色のバッグは迷うかもしれませんが、これも出来る限り避けたほうがいいです。 参列者みんなが黒色のバッグを持つ中で、1人だけ色が違うのは非常に目立ちます。 喪服に合わせるのであれば黒のバッグにしましょう。 派手な金具・デザインは避ける バッグの生地が地味な黒色のものでも、留め具などの金具部分が目立ってしまうものは避けます。 葬儀では光り物がNGとされていますので、バッグの金具にも気を使います。 これらも踏まえて、やはり弔事用として作られているバッグを選ぶのが無難です。 柄・ブランドロゴが無いものを選ぶ バッグの柄やロゴも無いものか、あっても極力目立たないものを選びます。 オシャレ感やカジュアル感が出てしまうと不適切とされます。 リボン・装飾が無いものを選ぶ 特に女性用バッグにはリボンや装飾品がついているものもあります。 完全にダメではありませんが、無いものが無難です。 この辺りは結局、程度問題になり人それぞれの主観で線引されます。 弔事用とされるバッグにもリボンや装飾があるものもありますが「オシャレをしていると捉えられない程度」に抑えられています。 ショルダーバッグ・リュックは避ける ショルダーバッグやリュックサック型はカジュアルな印象が強いため、葬祭の場にはふさわしくありません。 手持ちのハンドバッグが基本です。 耐久性を求めるなら底鋲がついたものを選ぶ 冠婚葬祭の機会はそれほど多くはありませんので、バッグの使用頻度はかなり少ないでしょう。 そのため、日常的に使うバッグのように耐久性などはそれほど気にしなくてもいいかもしれません。 ただ、一度購入したバッグを何年も長く使いたいと考える場合はそれなりのバッグを購入した方が劣化が少ないです。 底に鋲がついたバッグを選んだほうが、布地が直接床に触れないので、汚れや傷を防ぐことが出来て長持ちします。 持ち物に合わせたサイズを選ぶ ハンドバッグは商品によって多少のサイズ展開はあります。 サイズに決まりはありませんので、バッグに入れる持ち物を考慮して過不足が無いものを選ぶといいでしょう。 参列中にバッグに入れておく物は以下。 袱紗(ふくさ)• ハンカチ• スマホ• その他貴重品 これ以外は最低限の身だしなみ用の化粧品くらいでしょうか。 大きな荷物は受付のクロークに預けるので、葬儀中に持ち歩くものはかなり少ないです。 ハンドバッグに荷物が入らない場合はサブバッグ もしハンドバッグに入らないものを持ち歩くのであれば、別にサブバッグを持ちます。 これも弔事用としてA4サイズくらいのバッグがあります。 折りたたみ傘を入れたり、財布が大きくてハンドバッグに入らない場合など、ハンドバッグの容量が不足する場合には持っていてもいいかもしれません。 弔事用のハンドバッグとサブバッグのセットとしても販売されています。 喪服のQ&A 大学生・子供の服装について 制服が正装にあたるので、中高生などは制服を来て参列します。 小学生以下のお子さんの場合は、 略喪服と同様な感覚で地味な平服で参列すると良いです。 制服の無く、喪服も用意出来ていない大学生は服装に困る人も多いようです。 注意して頂きたいのは 「リクルートスーツと喪服は別物」ということです。 参列するのがお通夜であればグレーや紺などの地味な色のリクルートスーツでも許容されます。 葬儀では、基本的に喪服を準備していくのが理想ではあります。 しかし、学生という立場上、なかなか喪服を用意するのが難しいのは周囲もわかっていますので、黒色のリクルートスーツであればある程度は許されるでしょう。 その場合、バッグや靴・インナーなどはマナー違反にならないものを用意して参加しましょう。 喪服に合わせるコート 礼服だけで参列するには少し肌寒く物足りないと感じることがあります。 コートなどの羽織るものが欲しいところですが、葬儀においてマナー違反となってしまうコートもありますので、がおすすめです。 男女ともに以下の条件を気をつければ問題はないでしょう。 フォーマル用のコート• 黒色が理想• カジュアルや装飾は避ける 喪服の購入方法と価格帯について 礼服の選び方 女性の場合はお葬式にスーツを着て参列する人は多くありませんが、準喪服や略喪服として認められています。 実際に購入する場合にはブラックフォーマルのコーナーから選ぶのが無難ですが、男性用と比べるとやや服装の自由度が高いことがわかります。 ジャケット ジャケットはスーツ以外の服装をする際にも使うことができるのでフォーマル用のものを1着は持っておきましょう。 ワンピースも併せて持っておけばオールシーズンに対応できます。 スカート スカート丈は準喪服が膝より下、正喪服なら足首より下までの長さがあるものの中から選びましょう。 スカートは華美なものでなければ特にルールはありませんが、タイトスカートは座っては立ち上がるのを繰り返すお葬式に履いていくと動きにくく不便なのでフレアスカートやの方が向いています。 インナー 葬式でスーツを着用するときは白いインナーを着るべきだと思われがちですが、黒いものを着るのがマナーです。 黒のブラウスが一般的で、選ぶ際には襟元が詰まっているものを選びます。 開いているものしかない時にはスカーフで首周りを隠してもOKです。 購入方法と価格帯.

次の