デジモン アドベンチャー last evolution 絆 感想。 映画『デジモンアドベンチャー LAST EVOLUTION 絆』ネタバレ感想&評価! かつてデジモンを愛した全ての選ばれし子供たちに贈る渾身の映画!

デジモンアドベンチャー LAST EVOLUTION 絆 感想(ライト版)

デジモン アドベンチャー last evolution 絆 感想

物足りなかったところ• デジモンの進化がほとんどないものたりなさ。 (02デジモンに関しては無し。 進化シーンは始まりのアグモンからメタルグレイモンまでだけ。 空とピヨモンの不参加• なんと、ウォーグレイモンが、メタルガルルモンが擬人化!? 物語・・・ 物語は太一たちが大学4年生・・・ 突然オーロラが世界で見られるなど 世界で気象変異が起きていた。 そして、この東京にもデータの不具合や通信でのアクセス不具合が。 そして突如デジタルゲートが開きパロットモンが町に繰り出すところから 物語がスタート! 興奮1:パロットモンの放つ攻撃に信号が倒れ、女性に当たろうとしたまさにそのとき、聖なる光の力を持つエンジェモンが救出する!!! 太一・ヒカリ・タケルが現場で戦い、 それを指揮するのが光子郎だ。 光子郎はなんと「IZUMIコーポレーション」という デジタル会社の若手社長になっていた! 実は今回の物語で デジモンと子供たちは共生しています。 たまに起こるデジタルゲートの不具合から 侵入するデジモンを太一たちが倒し、 デジタルゲートに戻す。 こうした緊急時になると光子郎から連絡が入り、 集まれるひとが集まり、戦う。 こんな世の中になっています。 今回もパロットモンに対し、上の3人が共闘。 興奮2:初代を思い出すアグモンの進化と超進化!そして、ピンチに遅れてガルルモン登場!バイクに乗ったヤマトが参戦! 世界には選ばれし子供たちが デジモンと暮らしていて その子供たちが世界各地で 原因不明の意識不明状態になるニュースが流れる。 ここにメノア(声:松岡茉優)と その助手:井村という男が登場し 二人はその原因を探していた。 その原因はエオスモン。 選ばれし子供を襲うデジモンであった。 エオスモンの居場所を突き詰め、戦う。 (ここウォーグレイモンのワープ進化見たかったなぁ・・・) しかし、逃げられてしまう。 デジモン見るならFOD! 無料ですよ! ここから選ばれし子供たちの現在が物語られるのですが・・・面白かった。 笑 太一は就職活動と卒論に悩む大学4年生。 ヤマトは航空系の大学院へ進むことになる おそらく優秀な大学4年生。 光子郎は先ほどもいったように会社の社長 ミミは通販会社を立ち上げ ビジネスクラスで飛行機乗れちゃうほどボンボンに。 空は完全に戦闘から離脱し 華道の道を進んでいた。 丈は無事にお医者さんの研修医?になっていましたね! タケルは小説を書いていて ヒカリは大学生ホヤホヤです。 なので 基本的にアグモンやガブモン以外は あまり進化はしないので、 別れも近づいてはいなかった・・・。 空は特に戦いから離れているので、 ピヨモンとの別れは遠いはず。 興奮3:太一とヤマトがビールを飲み、焼き肉を食べる! めちゃくちゃ大人になってる・・・(泣) 太一がアルバイト(パチンコ屋)を終え、 一人暮らしの家に帰る際 コンビニで弁当を買い、缶ビールを取り出したときは まさに親心。 笑 「太一大きくなったね〜」って思った。 笑 さて、 メノアのもとで井村が不審な動きを始め それをヤマトが追跡していた。 いろいろと情報を光子郎が収集し エオスモンの居場所を確定する。 そして、光子郎のもとに一通のメールが入り、 タケルとヒカリがエオスモンによって意識を奪われた画像が送られた。 その現場にヤマトが駆けつけたところに井村が。 しかし、話を聞くと彼はFBIで、メノアを追っていたという。 実はメノアがこの物語の真犯人! 彼女は小さいとき、 パートナーデジモン(モルフォモン)がいた選ばれし子供だった。 しかし、その別れは突然訪れた。 彼女は頭がよく、飛び級をしたり(14歳で有名大学へ) 新発見をしたりと、 その並外れた知性が子供の特性を奪っていき、 大人への階段を早く登ってしまった。 その結果、突然モルフォモンが消えてしまった・・・。 悲しみにくれるメノアは モルフォモンとの楽しすぎた思い出を 一生のものにしたいと研究を重ねた。 その喜びを、楽しさを子供のころの幸せを ずっとデータの中で感じられるよう 自分の知識と能力を使い、人工デジモン 「エオスモン」 を作り上げ、世界にいる選ばれし子供の記憶を データ上に保存。 「ネバーランド」 として独自の世界を作っていた。 そのネバーランドは・・・ あの初代デジモンの最終回を思わせる湖の孤島。 あの路面電車が登場!!! 彼女としては、 選ばれし子供とパートナーデジモンの幸せが 永遠に続くという理由から その場所で心を満たしていた。 光子郎・ミミ・丈・タケル・ヒカリが そのネバーランドでメノアに操られてしまう。 井村の協力のもとネバーランドに入った太一とヤマトは デジヴァイスに宿った別れの光を感じながらも アグモン・ガブモンを進化をさせ、 戦うことを決意する。 進化=別れの時間を短くさせてしまう。 ヤマトはためらった。 ましてやオメガモンまで進化させると、 別れの時間が短縮されてしまう。 太一も考えた。 アグモンとの別れが刻一刻と迫る。 別れたくない。 離れたくない。 しかし・・・ アグモンとガブモンの言葉が二人の背中を押す! 「大人になった二人を見るのが嬉しいんだ」 「戦おう。 戦ってみんなを助けよう!!!」 操られるデジモン。 みんなの目を覚まそうと、 太一は・・・ ヒカリの持つホイッスルを全力で吹いた・・・ すると? 太一とヤマト、アグモンとガブモンのデジヴァイスが光る!!! これが最後の進化だった。 見事メノアを倒し、世界を救った二人・・・ メノアは逮捕され そして、全員の意識が回復した。 勝ったものの別れはすぐそばまできていた。 デジヴァイスの別れの光は あと「1つ」・・・ いつ別れがきてもおかしくなかった。 戦いに疲れ、夕日のみえる海辺に座る 太一とアグモン・・・。 別の場所ではビルから街を見下ろし、 二人で並び、ヤマトに話し始めるガブモン・・・。 アグモン「太一〜〜暑いね・・・かき氷食べたいなぁ」 太一「メロン味でよかったよな?」 ヤマト「ハーモニカ新調したんだ。 」 ガブモン「ヤマトのハーモニカまたききたいなぁ・・・」 アグモンとガブモンが同じタイミングで 「明日どうするの?」と尋ねる。 その後、太一とヤマトのデジヴァイスが風化し、 二人はひと目をはばからず 号泣する。 あーーー思い出しただけで泣く・・・(泣) エンドロールと選ばれし子供のその後 太一とヤマト以外の 選ばれし子どもたちのパートナーデジモンは まだ消えてはいなかった。 02メンバーももちろんそう。 しかし、別れは近づいてきている。 そんなエンドロールが終わり、桜が吹雪く映像に・・・ 無事に卒論も合格し 新しい新生活を始める太一・・・ 卒論のタイトルは 「デジモンとの共生」 だった。 宇宙飛行士になるため 勉学に励みだしたヤマト・・・ この二人が最後にこう叫んで映画わ終わる。 「待ってろよ!絶対会いに行くからな!!!」 おわりに・・・ え?もしかして・・・ 続編ある!!!!? と思わせるような終わり方!!! デジタルワールドにはまだアグモンもガブモンもいるのでは!? と思わせるような一言に 心が救われました! これは一生モノ! 思い出せば、これからのデジモンがもっと面白くなります!.

次の

デジモンアドベンチャー LAST EVOLUTION 絆 感想。無印・02ファン感涙の大傑作でおすすめアニメ

デジモン アドベンチャー last evolution 絆 感想

ラスエボ観ました。 感想です。 読んで愉快になる内容ではないと思います。 整理されていないのでめちゃくちゃです。 ネタバレを含みます。 お気をつけください。 予備知識として、私のの今までの履修です。 無印からフロンティアまでアニメ観ました。 セイバーズ途中脱落。 クロスウォーズは見てないですすみません。 はかじったくらい。 テイマーズ以下の映画はdアニメさんで履修中。 tri. は映画館で完走してDVDも全部買いました。 舞台も二回劇場で見てDVD持ってます。 無印はアニメ、小説版、アニメの設定資料集などがソースです。 角銅さんのツイートも含みます。 ラスエボの小説は買ってないです。 そこで公開されている情報を知らなかったらすみません。 どのシリーズでも登場人物ではヤマトが好きです。 一番好きなところは内緒ですが、基本的にストレートなところと顔が好きです。 髪は長い方が好きです。 (内容としては辛いんですが、)モンの逆襲のキャラデザが一番好き。 というわけで、一般的にラスエボのほうが作画がよいと思われますが、わたしにとって作画がよいと思うのは推しの顔がかっこいい方なので、tri. の方が好きでした。 髪の毛は! 長い方が!(略) 前置きはこのくらいにして、単刀直入にいって、tri. よりこの映画のほうが好きではなかったです。 設定のおかしさ(ブレ)ではtri. のこと笑えないと思っています。 まずは感想。 映画中一番気になったのは、大輔は「ヤマトさん」と呼び「太一先輩」と呼ぶことです。 (電話してるヤマトの顔と細谷さんの演技はかっこよかった。 ) 次に、辛い。 観た直後は「えっ……tri. と変わらなくない……?」でしたが、じわじわと喪失感をおぼえ、夜寝られなくなりました。 だってパートナーってもう一人の自分じゃないですか。 自分が半分死んだんですよ。 そんなの生きてないのと同じですわ。 なんでこんな話にした。 メノアはよく練られていて面白いキャラでしたが、そもそも何で選ばれし子どもになったのかが謎でした。 選ばれし子どもたちは、デジタルワールドの危機に選ばれると言います。 三万歩くらいゆずって芽心はメイクーモンがデジタルワールドの安定を脅かすから選ばれたとして、モルフォモンそういうの無さそうですやん。 ていうか進化したり戦ったりなさそうなんですが。 その辺どうなってるんだろう。 アリなの。 (ウォレスもそうじゃんって? じゃあ芽心もそうじゃん。 ) リブートされたのにモルフォモンが復活しなかったのは、人間世界で消えたからなんですかね。 パートナーとの別離は、子どもの頃はある無限の可能性が、「夢は定まる」ということで選んだ先に?選択肢が無くなれば?進化できなくなり、大人になるそうですが。 つまり将来の夢が定まっている、丈や空や光子郎の方が秒でパートナー消えるような気がします。 定まらない奴から消えるなら今回であってると思います。 というか、デジステでミミが「やりたいことがいっぱいあって、子どもみたい」と言うじゃないですか。 それって無限の可能性ってならないの。 私の中途半端にやめてる習い事は早い話が金があればできるから、社会人になってからのが(こうなりたいという意味での)夢に繋がるんですが。 そういうのだめですか。 やりたいことが作中出てこない太一とヤマトからパートナーと別れるの謎ですね。 オメガモンになりすぎて、または人間の世界の情報が重すぎて、デジタルワールドのキャパが足りない、とか、新たな言語になるから消える、とかあれば納得するんですが。 別れを描くための設定でないと話を作れないのって何だろうと思います。 あとあの別離はデータの消失なんですかね。 あらたな脅威? あと強いんだからインペリアルドラモン出てきてほしかった。 オメガモンはモンの頃からもうずーーーーっと負け続けているから世代交代してほしい……。 単にオメガモンが負けるところ見たくないというのもあります。 あと個人的に、話の作りとして気になったことです。 メノアは、「自分とおなじような別れをしないように」というのが動機で女神になり、これから辛い別れを経験するであろう選ばれし子どもたち(だった大人を)救済したく、「別れなきゃいい」になった訳ですが、「モルフォモンにもう一度会いたい」ではないんですよね。 「私は理不尽に別れたのに、他の人はそうじゃないなんて腹立たしい」ならわかるけどね。 姫ちゃんとかぶるからだめなのか。 だから太一とヤマトは、メノアができなかった選択「もう一度出会うために」外交官になるとか宇宙飛行士になるとかにつなげたとかかな……。 ではここで一曲聴いてください、tri. のガブモンのキャターソング「君にとって」。 「約束をしよう何度だって君と出逢う」……メノアがモルフォモンを信じられなかったってことなんですかね。 なんかそういう、ウォレスを求めたチョコモンみたいなやるせないやつ見たかったです。 メノアは、逮捕後にカウンセリングを受けることになるのかな。 メノアも役割のための登場人物でしかないなんて悲しすぎる。 02の設定どっかやっちゃったのでtri. と同等それ以下。 夢を見ている間は大人も子どもでいられるって話ではだめなのでしょうか。 まだ五章で「あああ」って叫んでたヤマトのほうが胸を打ちます。 この映画をつくる上で、映画館で映画観て、グッズ買ったりしていた私をこんな気持ちにさせたくて作ったなら大成功です。 私はファンのつもりだった んですけどね! ヤマトのファンであってシリーズのファンでは無かったのかもしれない。 それは認める。 あとはわたしは子ども向けのものが好きなので、かつて子どもだった人が大人になって……みたいな層では無いのかもしれない。 つまりメインターゲットじゃない。 かつてのは大人がみても面白いだったけど、ラスエボは子どもお断りなのかもしれない。 なんにせよ辛いです。 こんなものを見とうはなかった。 好みのものでなかったと怒ってるだけではないつもりなんですが、どうなんだろう。 ただそれだけなのかもしれない。 albatrosstale.

次の

【デジモンアドベンチャーLAST EVOLUTION 絆】ネタバレと感想

デジモン アドベンチャー last evolution 絆 感想

デジモンラスエボ絆はオープニングから感動の嵐!細田守監督の劇場版「デジモンアドベンチャー」が再現 舞台は2010年。 異常気象が起きる中、東京にデジモン「パロットモン」が出現。 これを太一とアグモン(グレイモン)が迎え撃つ! 巨大なパロットモンとグレイモンが街中で取っ組み合うシーン。 どこかで見たことありますよね? そうです。 TVアニメ デジアド無印の放送直前に公開された、細田守監督による劇場版「デジモンアドベンチャー」そのものではないですか! うおおお!現実世界のデジモンでかい!中野の町が壊れる!だがそれがいい! エンジェモン、エンジェウーモンも相変わらずのカッコよさ。 序盤からグイグイ引きこまれます。 デジモンラスエボ絆は進化シーンもだるくない。 見せるべきところで見せる アグモンがグレイモンに進化するシーンは無印の再現ですよ。 これには昔からのファンたちも感動です。 旧デバイスではなくて光子郎が開発したスマホで進化できちゃうところが今っぽくて良いですね。 何度が戦闘シーンはありますけど、毎度アホみたいに進化シーンをダラダラと見せられることも無く。 triで視聴者から多く出ていた不満点は解決されています。 デジモンラスエボ絆の主題歌は「バタフライ」バタフライは至高で永遠! パロットモン戦が決着してから流れるButter-Fly。 20年前の原曲がそのまま使われています。 何年経ってもカッコイイですよね。 マジ神曲。 天国から和田光司さん、水谷 優子さんも観ているかしら。 デジモンラスエボ絆の登場キャラは太一とヤマトが中心 劇場版作品なので長くても120分に納めないといけません。 無印、02の子供達全員に焦点を当てていると全然時間が足りないですねw 天才ジーニアス光子郎をサポートメンバーとして使いながら、主人公各の太一とヤマト、アグモン・ガブモンに焦点を当てたのは良いやり方ですね。 02組、D3メンバーがあまり活躍できなかったのは残念ですけど仕方無しかな。 個人的には賢が「京さん、大丈夫?」と気づかっていたシーンが印象的でした。 02の最終回では「ええ!この二人が!!」とビックリでしたからねw デジモンラスエボ絆で空はほとんど出番なし。 彼女は戦わない道を選んだ 今作で空はほとんど出番がありません。 「私は太一たちと戦わないと決めた」という台詞の通り、みんなの安全を祈っているだけです。 でも、それも空自身がきめた決断なんですよね。 言葉に出して自分が揺れないように戒める。 「選んだその先で生きなきゃいけない」太一もそういっていましたね。 空も選んだんですよ。 自分の道を。 必見ですよ。 デジモンラスエボ絆はストーリーも文句なし 「選ばれし子供も大人になる過程でパートナーデジモンとさよならする時がくる」という主軸の設定を上手く使ったな、という印象です。 太一やヤマトは残された時間で葛藤しながら戦う姿。 ラスボスキャラがどうして暴走してしまったのか。 一本の筋が通っているので安心して見ていることができました。 大人でも子供でも楽しめるレベルに落としこまれていますし、tri 6作を見ていなくても十分についていける内容でしたね。 デジモンラスエボ絆は作画も素晴らしく tri 難民は成仏できるよ! 最初に安心したのは作画ですね。 15周年のtriを最初に見た時は、成長したとしてもちょっと顔が変わりすぎなのでは… と感じましたけど。 今作はそんなことも無く、大人になった太一やヤマトとして以前に受け入れることができました。 tri に不満を持っていた人は全員本作を見るべきですよ。 俺たちの最後の進化だ!デジモンラスエボ絆はラストバトルがカッコイイ 最後の戦いで最終進化を遂げるアグモンとガブモン。 太一がホイッスルを吹くシーンの伏線回収が泣ける 無印の前に公開された細田守監督の「デジモンアドベンチャー」ってみんな見てますかね?あのヒカリのホイッスルが本作で活かされるとは思いもしませんでしたよ。 20周年記念作品らしさがあって、こうやって話を作ってくれると感動的ですよね。 02の最終回を知っているから安心。 なのかな? 最後に消えてしまったアグモンとガブモン。 「絶対会いに行くからな!」で話は終わりますが、02の最終回を知っているオールドファンとしては不安要素はないですよね。 だってヤマトとガブモンは一緒に宇宙に行くんですから。 ここから彼らが更に大人になっていくことを想像すると、なんだか涙がこぼれそうです。 私たちが子供の時に見ていたアニメが今でも続いている。 サザエさんやどらえもん、ポケモンは年を取らないけど、デジモンアドベンチャーのキャラ達は成長していて。 良いことも悪いこともある中で決断して、前へ進んで行く。 明日のことはわからないな。 だけど、私たちはデジモンとずっと一緒だもんね! 最高に素敵な作品をありがとう! アニメ「デジモンアドベンチャー」 動画を無料で視聴する方法 最後にまとめです。 デジモン作品の多くはで視聴することができます。 最初に一言。 「デジモンアドベンチャー ラストエボリューション絆 」はアニメの1作目「デジモンアドベンチャー(無印)」・2作目「デジモンアドベンチャー02」のキャラ達が中心の話です。 動画配信サイトU-NEXTで無料で見れるのでチェックしておきましょう。

次の