コインランドリーの料金。 自宅で洗濯 コインランドリー どっちがお得? 楽しい節約生活

コインランドリーの料金相場は?利用料金の平均の相場を紹介

コインランドリーの料金

1人あたりの洗濯物の量は 1日1. 5kg 内訳:ワイシャツ1枚・肌着1枚・下着1枚・ズボン1本・タオル2枚・靴下1足・パジャマ1着• 10kg シングルシーツなら16枚、シングル毛布なら2~3枚• 20kg シングル夏布団なら4枚、羽毛布団なら3枚• 30kg 羽毛布団なら5枚、こたつ布団なら上下2組 3日分の衣類(5kg)を洗濯機で洗うだけだと、相場は 300円〜400円になります。 中にはスニーカーが丸ごと洗える洗濯機もあります。 スニーカー専用ランドリー (2足~4足) 洗浄 20分:200円〜400円 乾燥 10分:200円 コインランドリーの料金は、種類や洗濯物の容量によって異なります。 たくさんの洗濯物で洗濯乾燥機を使うと、料金は高くなっていきます。 洗濯機別の料金・時間・目安量 4種類の洗濯機• 洗濯機:洗い~すすぎ~脱水• ドラム式乾燥機:乾燥のみ• 洗濯乾燥機:洗い~すすぎ~脱水~乾燥• スニーカー専用ランドリー:洗濯~脱水+乾燥 これらの料金・目安量・時間を見ていきましょう。 洗濯機:洗い~すすぎ~脱水 容量 5kg〜10kg 10kg〜15kg 15kg〜30kg 料金 300円〜400円 500円〜700円 800円〜1200円 時間 約30分 約40分〜60分 約40分〜60分 目安量 シャツ約20枚 下着約50枚 衣類約40枚 毛布・布団1枚 毛布・布団3枚 こたつ布団1組 ドラム式全自動洗濯機 どのコインランドリーにも複数台設置されています。 家庭用洗濯機よりも大型のため、 大量の洗濯物や布団類などの大物を一度に洗うことができます。 容量は 大・中・小で用意されていて、洗濯物の量に応じて使い分けます。 縦型渦巻き洗濯機 ビジネスホテルなどの洗濯スペースに設置されていることが多く、5〜10kgの洗濯物を低価格で洗うことができます。 ドラム式乾燥機:乾燥のみ 容量 5kg〜10kg 10kg〜15kg 15kg〜30kg 料金 300円~500円 600円~1000円 1000円~ 時間 約30分〜約40分 約40分〜約60分 約60分~ 目安量 衣類・下着20〜50枚 毛布・布団1枚 こたつ布団1組 家庭用乾燥機のおよそ10倍という強力な温風で乾燥させるため、 短時間で大量の洗濯物を乾かすことができます。 またドラムの中で回転させながら温風を当てるため、 シワや乾きムラが少なく、ふわっと仕上げられるのも特徴です。 料金は乾燥機の容量に応じて時間ごとに設定されています。 比較的低価格なので、 梅雨などの乾きにくい時期は、自宅で洗濯を済ませて乾燥機のみを利用する方も多いです。 洗濯乾燥機:洗い~すすぎ~脱水~乾燥 容量 5kg〜10kg 10kg〜15kg 15kg〜30kg 料金 800円〜 1000円 1200円〜 1500円 1500円〜 2000円 時間 約60分 約60分〜90分 約60分〜90分 目安量 衣類・下着 20〜50枚 毛布・布団1枚 毛布・布団 2〜3枚 こたつ布団1組 洗濯乾燥機を利用すれば、 洗濯から乾燥まで全て自動で行えるのでとにかく手軽です。 量によっては、洗濯機と乾燥機を別々に利用する方が安く済むこともあります。 特製ブラシと専用洗剤で強力に洗うため、手洗いよりも綺麗に仕上げることが可能です。 ただし 革靴や長靴・スリッパ・安全靴・スパイクシューズ等は 機械が傷つき壊れる可能性があるため、洗うことができません。 またアクセサリーの付いた靴や、サンダルなどの破れそうな靴も使用は控えましょう。 また 中敷や紐が外れて機械に絡まらないように、外したりきつく結んだりしましょう。 なお厚手のスニーカーや乾きにくい靴を洗濯する場合は、 追加脱水ボタンが便利。 終了後1時間以内に押せば、追加で脱水できます。 使い方がわからない場合はスタッフに尋ねよう! 使い方が分からない場合は スタッフに尋ねましょう。 分からないまま使用すると、洗濯物が傷んだり機械が故障してしまう可能性があります。 日中はスタッフが常駐していることが多いです。 スタッフがいない場合でも、 電話でオペレーターとやりとりでき、遠隔操作でサポートしてくれる店舗もあります。 コインランドリーの効果的な使い方3つ 1. 乾ききっていない洗濯物の追加乾燥は大型乾燥機で 毛布やこたつ布団などの大きな洗濯物や、ジーンズや作業着などの乾きにくい洗濯物は、一度の洗濯乾燥機だけでは 完全に乾き切らない可能性があります。 その際の 追加乾燥には、洗濯物よりもやや大きめの乾燥機を選びましょう。 大型乾燥機には大きなガスが搭載されており、強力な温風でゆったり乾かすことができるため、ムラなく仕上げることができます。 ふっくら乾燥させたい場合は途中で裏表をひっくり返す 布団類をふっくら仕上げたい場合は、 乾燥機を2回に分けて利用しましょう。 例えば乾燥までに40分かかる布団を出す場合、 まずは20分乾燥させ、 裏表をひっくり返した後、 再度20分乾燥させます。 裏表をひっくり返すことで均一に乾かすことができ、よりふっくらとした仕上がりになります。 洗剤・柔軟剤にこだわりたいなら持参できる 多くのコインランドリーでは洗剤や柔軟剤が自動で投入されますが、こだわりたい場合は持参しましょう。 持参した洗剤や柔軟剤を使用する時は、 投入するタイミングに注意しましょう。 洗剤:洗濯物を 中に入れる時に投入• 大きなドラムを回転させながら洗濯・乾燥するので、 汚れの落ちが良く、シワの少ないふっくらとした仕上がりになります。 乾燥機は強力な温風で乾かすので、家庭用洗濯乾燥機で 6kgの乾燥が約3時間かかるものよりも大幅に時間を短縮できます。 営業時間が長い ほとんどのコインランドリーは、 24時間営業や7時~23時など早朝から深夜まで営業しています。 そのため仕事で帰りが遅くなった時や、子供の送り迎えのタイミングなど、 使いたい時に合わせて利用可能です。 殺菌効果• ダニ対策• 脱臭効果• ダスター効果• 復元効果 布団内部の菌やダニ、死骸、フンは家庭では除去しにくいですが、コインランドリーなら 強力な洗濯・70度以上の高温乾燥で効果的に除去可能です。 また 臭いの原因を吸収する「脱臭効果」、 ホコリを絡め取る「ダスター効果」も期待でき、 ハウスダストアレルギーや敏感肌のかゆみに悩む方にもおすすめです。 布団・カーペットなど大物をまとめて洗濯できる 家庭ではかさばって洗いにくい布団やカーテン・カーペットですが、コインランドリーだと 大物をまとめて洗濯・乾燥できます。 寝具を清潔に保つために、ダニ対策としてコインランドリーを利用する人も多いです。 ちなみに、気づかない間に汚れが付着している カーテンやカーペットは、3ヶ月に1度の洗濯が目安です。 デメリット 頻回の使用はお金がかかる 一人分の洗濯物は 1日あたり1. 5kg出るとされており、 1週間では1. 5kgとなります。 1人暮らしの人が洗濯から乾燥まで、週に1回利用すると、1回ごとに 1000円程度かかり 1ヶ月で約4000円~5000円の出費となります。 家庭で洗う場合は、縦型洗濯機で水道・電気代合わせて1回あたり 約35円程度なので、 1ヶ月毎日洗濯しても約930円。 その差は歴然です。 洗濯物が盗まれることも 特に女性用下着に多い被害で、洗濯物が盗まれることもあります。 犯罪防止に防犯カメラの設置やスタッフの配置など対策されていることが多いですが、狙われやすいものはできるだけ自宅で洗濯しましょう。 持ち込み・持ち帰りに手間がかかる 大量の洗濯物を 自宅から運び、また持ち帰るのに手間がかかります。 特に、雨の日などでせっかく乾いた洗濯物を持ち帰る際に濡れてしまうことがあります。 店舗独自のICカード対応の店舗もあります。 独自開発された、銀イオン配合の 洗剤・柔軟剤「銀の力」が内蔵されており、汚れや菌、臭いを強力に除去できます。 コールセンターに電話をかけて 領収書を発行することもできます。 シミを抜きができる機械 「スポットリムーバー」も設置されています。 機械や店舗を掃除して清潔に保ってくれるサービスも。 また、曜日や時間帯ごとにお得な割引セールが行われています。 「エコランドリー」と称して、 活性水の使用や乾燥機の温度にもこだわった機械を設置し、体や地球に優しい植物由来の洗剤を使用していることで子供のいる家庭に人気です。 電子マネー「Suica」での支払いも可能です。 公式サイト: 近くのコインランドリーは下記のサイトから検索できます。 :設備や住所、現在の稼働状況を掲載 :全国7000店舗以上のコインランドリーが掲載 最新!支払い・ドアロックもできるアプリも登場 Smart Laundry(スマートランドリー) 洗濯機 店舗により異なる 乾燥機 店舗により異なる 導入店舗数 約43店舗(2019年7月現在) 営業時間 24時間 専用アプリで機械の操作ができます。 使用回数などでグレードが上がると、洗濯乾燥機の窓から中身が見えなくなる 「ブラインド機能」やドアを他人に開けられない 「ドアロック機能」など、機能が増えていきます。 支払いは現金だけでなく、 キャリア決済やAmazon、カードでの支払いも可能。

次の

コインランドリーの値段はいくら?料金の相場と使用の注意点を解説

コインランドリーの料金

本エントリーの目次• 節約をしよう! それにはどんな方法があるだろうか、と考えていた時に、はるるもこう考えたことがあります。 自宅で洗濯するよりも、コインランドリーの方がお得なのでは? そこで今回は、自宅で洗濯をするのと、コインランドリーで洗濯をするのとでは、どちらがよりお得かについて、考えてみたいと思います。 前提条件 まずは比較の際の条件を決めないと、正しい比較ができません。 そこで以下のような条件で考えることにします。 比較期間は1年間 節約は短期的な視野ではなく、 長期的な視野で考えないと真の結果が見えないことも多いです。 そこで今回は、1年間の費用を計算して比較を試みます。 1人暮らし 洗濯の場合は共用物の洗濯もないことはないですが、多くはありません。 あるとすれば、こたつ布団などでしょうか。 つまり基本的には、 人数が増えればその分だけ洗濯物の量が増える、と考えてよいでしょう。 そのため今回は計算を簡単にするために、一人暮らしのご家庭を想定します。 この場合では個人差がありますが、週に2回程度洗濯をするのが標準的ではないかと。 本当は毎日洗濯した方が洗濯物がたまらないので楽ですが、節約の観点からは、まとめて洗濯した方がお得なので、今回はこの条件とします。 年間洗濯回数 先に書いた通り、1週当たり2回洗濯を行います。 そのため年間50週とすると、年に100回の洗濯を行うというわけ。 本来は年間52週ですが、計算を簡単にするために50週とします。 洗濯機、コインランドリー共に同じ回数の洗濯を行いますから、計算上の問題にはなりません。 洗濯に使う水の量 1人暮らしで週に2回洗濯をする場合には、 全自動の洗濯機では毎回50リットルほどのお水が必要です はるるの自宅の洗濯機での平均より。 今回の計算では、この150リットルを使用します。 ちなみに最近の節水ブームから、中には1回のすすぎでOK! なんて洗剤も販売されており、以下の製品が特に汚れ落ちが良い!と評判とのこと。 ただ、まだはるるもそうですが、2回すすぎをしているよー! という方が多いと思うので、今回は2回すすぎの前提とします。 コインランドリーの1回当たりの使用料金 コインランドリーは、洗濯と乾燥が別料金です。 節約の観点から利用は洗濯のみとし、自宅で干すことに。 コインランドリーの洗濯1回当たりの一般的な価格は、 地域差がありますが200~400円程度。 また洗濯機の容量によっても価格が変わりますが、1人暮らしの3日分ぐらいの量であれば、相場はこのくらいでしょう。 そこで今回は間をとって、300円とします。 自宅の洗濯機による洗濯に使用する洗剤 洗濯機の洗剤の価格は、その性能や購入店舗によってまさにピンきり。 ですが今回は、最も標準的だろうと考えられる、以下の条件とします。 洗剤の価格 洗剤は最近CMでよく見かけるライオンさんのを使用することとします。 その価格は、ボトルが450gで300円、詰め替え用が1020gで700円で購入可能とします。 価格は有名通販サイトの、本日2014年11月19日時点のおおよその価格を採用することに。 ボトル買い直しのスパンは人それぞれですが、はるるの家では数年間ボトルの方を買っていません。 そのため今回は、すべて詰め替え用の洗剤を買うことに。 洗剤の洗濯1回当たりの使用量 は使用量の目安として、水30リットルに対して10g、と書いてありました。 1回の洗濯に使う水の量は、すすぎ分を除くと約50リットルなので、この時に使用する洗剤の量は、約16. 67g。 そこで洗剤の洗濯1回当たりの使用量は、17gとします。 尚、この洗剤はwebサイトで、以下のように書いており、本当に少ない洗剤の量で洗濯が可能とのこと。 当社従来品(トップクリアリキッド)の 半分の使用量でしっかりお洗濯できます。 より引用 洗濯費用を計算してみると… さて、条件が出そろいましたので、早速年間費用を計算してみましょう! コインランドリーの年間使用料金 コインランドリーの1回当たりの使用料金は、先に書いたとおり300円。 自宅の洗濯機を使う場合の年間洗剤費用 次に自宅の洗濯機による洗濯を行う際の、洗剤の費用を計算しましょう。 今度からこの洗剤に変えようかな…。 年間電気代 縦型全自動洗濯機の1回当たりの電気代は、約2~3円といわれています。 ですが今回は高めに5円としておきます。 意外に洗濯機の電気代って安いんですね。 東京の水道料金は、によると、以下のとおり。 そのため140. 年間洗剤費用、年間電気代、年間水道代を合計すると さてここまでで、自宅の洗濯機を使用した場合の費用を計算するためのデータが揃いました。 これは言い換えると、 コインランドリーを利用した場合、自宅で洗濯をした時に比べ、8倍の費用が必要だ!ということ。 予想はしていましたが、これほどまでに費用に差が出るとは…。 あれ?そういえば洗濯機は? そう思った方は鋭いですね! そうです!この計算には洗濯機の購入費用が含まれていないんです! そこで洗濯機を買った場合も考えてみることに。 洗濯機を買うと… たとえ1人暮らしであっても、まとめて洗濯するために少し大きめの、6Kgの洗濯機を購入した場合を考えましょう。 このサイズの縦型洗濯機の相場は、3~4万円前後。 そこで3. 5万円の洗濯機を購入した場合、3,781円であった洗濯費用は初年度には、38,781円に変わります。 あれれ、 今度はコインランドリーより高くなってしまう…。 ですがこれはあくまでも 初年度の洗濯費用。 次年度からは洗濯機の購入費用は当然かかりません。 そのため2年目からは、先ほどの計算通りの年間3,781円の洗濯費用で済みます。 2年間で考えるとどうだろう これを2年間で考えるとコインランドリーは6万円。 それに対して洗濯機を使う場合は、3万7562円です。 おお!洗濯機の方がやっぱり安いよね! 短期間ではコインランドリーの方がお得! 洗濯機購入という イニシャルコストがあまりにも大きいため、短期間ではコインランドリーの方がお得ということが分かりました。 ですが ランニングコストは、圧倒的に自宅で洗濯をした方が安いです。 つまり。 長期間にわたって洗濯機を使い続けられるなら、迷わず洗濯機! こういう結論になるでしょう。 ランニングコストの差は圧倒的。 そのためこちらを選ばないのは、節約を考えるともったいないです。 だから自宅で洗えるものは洗濯機を使用し、毛布など大きくて洗いづらいものはコインランドリーで洗う! といったように、適宜使い分けるのが、賢い使い方なんじゃないかと。

次の

自宅で洗濯 コインランドリー どっちがお得? 楽しい節約生活

コインランドリーの料金

コインランドリーの料金については、カーペットをコインランドリーで洗うときに気になるポイントのひとつです。 カーペットの洗濯はクリーニングに出すべきかと思われがちですが、コインランドリーでも簡単に洗うことができるのです。 それに、費用もクリーニングよりもお得に済ませることができるので、ぜひコインランドリーを活用しましょう。 ここでは、コインランドリーでカーペットの丸洗いにかかる料金について、目安やかかる料金を節約するコツ、クリーニングとコインランドリーの料金比較やコインランドリーへの入れ方のポイントと注意点などお伝えしていきます。 これを読めば、コインランドリーでカーペットにかかる料金もわかりますし、さらにお安くする使い方もわかるのでとても便利にカーペットを綺麗にすることができます。 ぜひ参考にしてみてください。 コインランドリーでカーペットの丸洗いにかかる料金とは 小さな子供がいる家庭では子供が食事をこぼしたり、お菓子を持ったままその辺を歩き回ることがあるので、カーペットの上にはお菓子の食べかすが落ちていたり、飲み物をこぼしたりするのでシミになっていることもありますよね。 クリーニングに出すと仕上がりまで時間がかかりますし、料金もかなり高額になります。 そこで費用を抑えるためにコインランドリーを上手に利用しましょう。 コインランドリーでカーペットを洗うときの料金の目安 コインランドリーの洗濯機はサイズによって料金が異なります。 小容量は500円~600円、中容量は約1000円、大容量は約1200円程度になりますが、店舗によって値段が異なるので使用する場合は確認しましょう。 洗濯にかかる時間はどのサイズでもほどんど30分~40分になります。 カーペットを乾燥機にかける時間はカーペットの大きさによって乾燥時間が異なります。 40分~50分で乾燥することができます。 乾燥機のサイズによって料金が異なります。 8分~10分で100円の乾燥機が多いです。 乾燥がしっかり行われないと嫌な臭いの原因になるので40分以上は乾燥機を回しましょう。 クリーニングに出すよりもとても安い料金でカーペットの汚れを落とすことが出来るので是非コインランドリーを利用してみましょう。 カーペットのコインランドリーでかかる料金を節約するコツ コインランドリーでカーペットをキレイに洗濯するためにはいくつかのポイントがあります。 裏面がゴム製のカーペットは熱に弱いので乾燥機を使えません。 そしてカーペットをコインランドリーに持っていく前にしっかり掃除機をかけて、カーペットの埃や汚れを落としましょう。 コインランドリーの乾燥機は利用する人が入れるお金によって動く時間が異なります。 出来るだけ料金を節約したいと思いますよね。 乾燥機を利用する時に節約するコツを紹介します。 乾いたバスタオルを1~2枚カーペットと一緒に乾燥機に入れる方法です。 乾燥機に乾いたバスタオルをいれると、バスタオルがカーペットの水分を吸収してくれるのでカーペットが早く乾きます。 通常は30分~40分乾燥にかかりますが、バスタオルを一緒に入れるおと10分程度乾燥の時間を短くすることが出来ます。 節約方法を試す場合は100円ずつお金を入れて様子を見ながら乾燥機を回すようにすることです。 コインランドリーならクリーニングよりも格安料金でカーペットが洗える 子供がいるとどうしてもカーペットの汚れが気になりますよね。 お絵かきをしたりして汚してしまう、食べ物をこぼしてしまうなどは日常茶飯事です。 カーペットの汚れが気になるとクリーニングや買い替えを思い浮かべることが多いです。 クリーニングに出すと時間や料金も高いので躊躇してしまいますし、買い替えを検討しても子供が小さいのですぐに汚してしまうので迷っていまいますよね。 そんな場合はコインランドリーを利用してみましょう。 コインランドリーでカーペット洗濯するとその日のうちに敷くことが出来るのでとても便利です。 コインランドリーの乾燥機はガスの高温で乾燥させるのでふわふわの仕上がりになります。 洗濯時間は30分~40分、乾燥も60分で約2000円程でカーペットの洗濯が出来ます。 料金は店舗や乾燥時間によっても異なるので注意して下さい。 通常クリーニング店にカーペットを出すと1畳〇〇円という料金設定があります。 カーペットの素材によってはクリーニングに出さないと行けないカーペットもありますので洗濯表示の確認はしっかり行ってからコインランドリーを利用するようにしましょう。 カーペットに大きさに合ったサイズを選んで料金を安く カーペットの汚れが気になったらコインランドリーで洗濯をしてみましょう。 コインランドリーなら洗濯から乾燥まで一気に出来るのでその日のうちにカーペットを使用することができます。 カーペットをコインランドリーで洗濯をする場合はカーペットだけを洗濯機の中に入れます。 もし他の物を一緒に入れてしまうとカーペットが色落ちしてしまった場合、他の洗濯物に色移りしてしまう可能性もあるので他の物は絶対に入れないようにしましょう。 カーペットを洗濯機の中に入れる場合は適当に入れないようにします。 洗濯機に入れる時、四つ折りにして洗濯槽にギリギリに入る程度の大きさを選びます。 そうすると洗濯中に大きく動かずシワ防止になります。 3畳のカーペットを洗う場合、洗濯、乾燥機は15kgが最適になります。 カーペットをコインランドリーで洗うときの注意点 カーペットの汚れは気になってもすぐには洗濯をすることが出来ないですよね。 しかしコインランドリーを利用すると短時間で洗濯から乾燥まで終わらせる事が出来るのでとても便利です。 しかしコインランドリーを利用するには注意点がいくつかあるので紹介します。 劣化 洗濯をすることで劣化するカーペットもあります。 高価なカーペットや劣化させたくないカーペットはクリーニングに出しましょう。 カーペットが洗濯できるか確認 コインランドリーの洗濯機によってはカーペットが洗うことが出来ない店舗もあります。 事前に確認するようにしましょう。 洗濯表示の確認 カーペットの中には洗濯表示タグにタンブラー乾燥禁止と表示されているものもあります。 タンブラー乾燥は、熱を加えながら回転させて乾燥させる乾燥機です。 コインランドリーにある乾燥機はほとんどがこのタイプになります。 タンブラー乾燥は短時間で洗濯物を乾かす事ができますが、洗濯物が型くずれしてしまったり、縮んでしまうこともあるので一部のカーペットはタンブラー乾燥が禁止されているので洗濯表示はしっかり確認しましょう。 カーペットをコインランドリーに持っていく前に注意点をしっかり確認することで大切なカーペットがボロボロになり使えなくなるなどことを防ぐ事ができます。 持ち込む前にかならず確認しましょう。

次の