つれづれ なる まま に ひぐらし。 つれづれなるまま... 5th Stage

徒然草

つれづれ なる まま に ひぐらし

コリウスの花 寄せ植えの鉢にコリウスを植えていますが、葉があっという間に大きくなって丸いプランターいっぱいになってしまいました。 その上に花まで咲き出したのです。 コリウスは、シソ科なので、赤紫蘇やオオバと言われている青紫蘇とほぼ同じ花が咲くのですが、花が咲くのはもう終末を迎えたという意味なのですが、早々と花が咲いたのにはビックリいたしました。 花は小さい唇型の花で葉っぱの色は原色のケバケバシイ色ですが、花は上品な色の花です。 日よけのヨシズを変える。 夏を迎えるのでテラスにヨシズを張りましたが、梅雨時で雨が多くジトジトして部屋が暗く感じるので、開いたヨシズを巻き始めたら、古くなっているので葦を編んでいるヒモが劣化してバラバラになってきました。 仕方なく、ホームセンターへ。 店の軽トラを無料で借り運びました。 長い葦簀の挙げ降ろしだけでも大変ですが、古くなったヨシズを捨てるには、長さ80センチ以下に切断し小分けして一度には捨てずに、何回かに分けて捨てなければなりません。 幸い、電動ノコギリを持っているのでいいのですが、切ったり束ねたりで汗じっくりとなりました。 オシロイバナ 夕方7時、夕食を済まし書斎に入るとㇺッとす るほど暑い。 室内の温度計を読むと29. 5度を指しており、テラスから外に出て、裏庭に行くと赤い花がいっぱい咲いていました。 今朝起きて、居間に行くとまずは出窓のブラインドを開けるので、この赤い花であればすぐ気づくはずですが、目に入らず、イノシシがタケノコを食べるために掘った穴に目が行っているので、オシロイバナの花は今朝は咲いていなかったものと思われます。 どうも夕方咲いたようです。 赤い花でもオシロイバナとは・・・。 これは花が終わって実がなり、その実を割ると白い粉が詰まっているので、子供たちのままごと遊びでオシロイとして使ったということからオシロイバナと呼ばれるようになったと覚えています。 我が家のオシロイバナの色は赤色しかありませんが、近所の里道には、白色、黄色、黄色の霜降りなどがあるので、我が家が咲いた時は、そこまで見に行くのが恒例で、明日、見に行くことにします。 ブルーベリー園の下見 知人が、200本ほどのブルーベリーの世話をされており、収穫シーズンには、「ブルーベリー祭り」と称して、お客さんにblueberry摘みを楽しんでもらっています。 知人は本業の合間に世話をされているので、土日しか行けません。 午前中、買い物のついでに今年の出来具合を見に行きました。 お客さんに楽しんでもらうには、あと2~3週間は待たねばならないようです。 「ブルーベリーまつり」を7月17日 土 18日 日 と定めて、チラシを作ることにしました。 今年の目玉は、新しく鉢植えのブルーベリーがズラリと並べたガーデンを作っておられ、「ハイヒールでもブルーベリー摘みが出来るガーデン」が売りです。 ポトス ご近所に引っ越してこられたから転居ごあいさつに来られた時に頂いた鉢である。 ポトスを育てるのは何十年ぶりだろう。 とにかく久しぶりです。 頂いたポトスの葉っぱは斑入りで元気がよく、吊り鉢に植えられていましたが、吊りをはずし、しばらくガーデンチェアに置き、家の中から外を眺めながら楽しむことにしました。 しばらくして、茎が伸びすぎたので3本ほど茎を切り、別の鉢に差し芽をし、2鉢になりました。 今後増やして家の中の壁に這わせようかと思います。 元気を出し欲しい 日本海新聞 メールで6月21日付の日本海新聞の2面が送ってきました。 「とうちゃんは むしゃんよか」が「元気を出してほしい」という見出しでえほんの紹介があっていました。 「もう!早いなあ。 記事になるとは…大牟田から発信したのに。 」と思ったけれど、考えると出版と同時に全国の本屋さんに配本されるのだから当たり前なのです。 しかも、見出しが「元気を出してほしい」と私たちの願いが通じたのです。 発信は無駄ではなかったのだと素直に喜ぶことにしました。 日本海新聞は鳥取県を中心に島根県兵庫県の一部読者が多い地方紙であるようです。

次の

つれづれなるまま... 5th Stage

つれづれ なる まま に ひぐらし

どうしようもなく一人物思いに沈むさま ままに=~にまかせて、思うままに、(原因・理由)…なので、…するとすぐに。 「まま(名詞/に(格助詞)) 日暮らし(ひぐらし)=名詞・副詞、一日を過ごすこと、一日中 手持ちぶさたで、退屈であるのにまかせて、一日中、硯に向かって、 心にうつりゆく よしなしごとを、 そこはかとなく書きつくれ ば、 よしなしごと=名詞、とりとめもないこと、たわいのないこと、つまらないこと よしなし(由無し)=ク活用の形容詞、理由がない、方法がない。 関係がない、縁がない。 良くない、つまらない。 そこはかとなく=ク活用の形容詞「そこはかとなし」の連用形、そこはかとない、これといった目的・方針もない、とりとめもない。 心に浮かんでは消えてゆくたわいのないことを、とりとめもなく書きつけていくと、 あやしう こそ ものぐるほしけれ。 あやしう=シク活用の形容詞「あやし」の連用形が音便化(ウ音便)したもの、不思議である、変だ。 身分が低い。 粗末だ、見苦しい。 こそ=強調の係助詞、結び(文末)は已然形となる。 係り結び。 係り結びとなる係助詞は「ぞ・なむ・や・か・こそ」とあるが、「ぞ・なむ・や・か」の結びは連体形となり、「こそ」の結びは已然形となる。 「ぞ・なむ・こそ」は強調の意味である時がほとんどで、訳す際には無視して訳す感じになる。 「あやしうこそものぐるほしけれ。 」 ものぐるほしけれ=シク活用の形容詞「ものぐるほし」の已然形、なんとなく気が変になりそうだ、狂おしい気持ちだ、狂気じみている。 変に狂おしい気持ちになる。 品詞分解のみはこちら -.

次の

徒然草の「徒然なるままに」の意味と使い方・読み方・漢字の意味

つれづれ なる まま に ひぐらし

もーあかん、我慢できない、という訳で散髪に行ってきました。 そうしたらマスクしてくださいって言われて、ああ~やっぱりそういうアレか~、濃厚接触だもんな~、でも、散髪にマスクって、散髪にマスクって、カットにマスクって 「すみません、忘れて来てしまいました」 何しろ自粛生活に入ってから外出は仕事とスーパーと病院しかありませんでしたので……病院行く時と顔が腫れた時にしかマスクしていなかったので、うっかりしてました…… そしたら、ではこちらを付けてください、ってマスクをくれました。 ああ……すみません、貴重なマスクを…… そしてそれから10分程度は経過したのか、カットしてくれてる人がオロオロし始め、「大丈夫ですか? 具合悪いんですか?」と聞いてくれる訳です。 ご心配おかけしております、想定内です。 「具合は悪くないです、蒸れてるだけです」 本当に、何で皆マスク平気なのかな…… 慣れてるからなのかな…… でも私に揚げ物は難易度が高すぎるのでスーパーで買って来よう 弟が、ポーションタイプのコーヒーメーカーを持って来て、母一人では飲みきれない山のようなポーションを使い切る為に、せっせとコーヒーゼリーを作っています。 私はあまりコーヒー飲まないから…… で、使った後のコーヒー粉をそのまま捨てるのは勿体ないので使い道無いかなと思うのですが、無いんですね、これ…… 消臭に使えるそうだけど効果が数日しかもたないらしく、まあ数日おきに取り換えられる量は出るんですけど、その後はベランダのスイカ畑の土に混ぜて行く感じかな。 しかし今年はベランダスイカの飼育を断念しているのだった。 去年も失敗し、来年こそはと思っていましたが、苗を買いに行きそびれてしまった…… 成功する日は来るのかな……スーパーで買った方が早いか~(それを言ってしまっては) 朝…… この顔はどうなの、腫れ引いてるの? 週末の草むしりで虫に刺され、顔と手がパンパンになってしまった私。 しかし何かもう見慣れてしまってよく解らない…… となったので母に「この顔で出勤していいかな」と問うたところ、ものすごい「アカンやろ」という顔をされたので、苦肉の策としてマスクをして顔を隠して出勤しました。 もう、始業30分で力尽きそうだった。 マスクの内側が汗と鼻水でぐしょぐしょですよ、本当にもう、マスクするのが辛い。 子供達は毎日よく頑張ってるよね……私は本当に無理です。 うううしかしこの顔を隠す為には頑張らないといけないのだった。 明日には脱マスクできるといいな。 すみませんこのご時世ですがやっぱり私はマスクはダメだ! マスクが家計を圧迫するというのもひとつの理由ですが、こんなぐしゃぐしゃになってつけてられないよ、これから先の季節なんて死んでしまう。 マスク付けて運動とかする人すごすぎですね、あれは何なのマスクの中は普通なの? それとも高山トレーニングをするオリンピック選手のそれなの? 早朝2時間ほど草むしりをしたら、虫に食われたか何かにかぶれたかで、顔の口から下が腫れあがってしまい、下唇はタラコ状態になってしまいました。 実は昨日の早朝も両手の甲が腫れあがってるのが今日も続いていたりする。 でも冷やして安静にしてたらまあ治るだろう…と、散髪行く予定だったけどこの顔では無理だな…と保冷剤を片手に一日ぐうたらしていて、しかし夕方になっても全く顔の形が戻りません。 手の甲も同じアレだとしたら一日では治らないということ…? まずい、明日は日曜日で病院やってない、今日の内に行っておかないと、しかしもう4時過ぎてる! 慌てて調べたら駅前の皮膚科もある病院が5時までというので急いで行ってみたのですが、 「受付は4時半までです」と断られてしまいました。 4時36分、そんな馬鹿な。 夜まで冷やしていたけど全然顔の形が変わらないので今日はもう寝る。 パエリアの素を使ってパエリアを作ろうとしたのですが、シーフードミックスが中国産しかなくて、冷凍エビと冷凍イカとあさりを別々に購入しました。 中国産でないだけで外国産ですけどね。 チリとかインドネシアとか…。 あさりだけ国産です。 まあ、生活していて中国産を避けては通れないですが、なるべくね…。 家の近所に業務スーパーが出来て一度行ってみたけど、冷凍食品が軒並み中国産なので一回しか行ってないです。 外食する先ではこういうところで仕入れているということは、まあ、そういうことだよね、とは思うんだけどね~ 今、毎日夕食を作らなくてはならなくて大変。 レパートリーが無いし、失敗ばかりしています。 クラムチャウダーを作ったら、シチューにしか見えないものが出来た(笑) 4日目です。 この日はもう、空港に行って帰るだけです。 朝8時半頃に空港に向かいました。 ちなみに、一日一便の飛行機の時間は午後4時でした。 だってホテルから空港への無料シャトルバスがこの時間だったから…… だけではなく! 私は最終日のこの時まで、職場や家などあちこちへのお土産を全く購入してきていなかったのです。 そう、この日は空港売店でお土産物を買う日です! 空港の売店街は非常に品揃えがよく、名だたる北海道土産の大体の品はここで入手できます。 それと、北海道旅行に来たらこれを食べておかないといけないでしょう。 でらうま うひょー ハスカップシェイク。 イイネ! と、写真に撮れたのはこんな感じですが、お土産定番のじゃがぽっくるとかトラピストクッキーとかとうきびチョコとか生キャラメルとかを山のように買い込み、行きはキャリーバッグひとつだったのに帰りは同質量くらいの荷物がもうひとつ増えました。 自分用に購入した、みれい果のカタラーナという冷凍プリンがとても美味しかった。 冷凍なのでよそへのお土産にできなかったのが非常に残念。 口コミで高評価だった某メーカーのカレーラーメンは私には今イチでした。 やはり他人の評価などあてにならない…… それと、空港にアイヌ民芸品を売っているお店があって、そこが個人的にとてもいい感じでした。 ゴールデンカムイのアシリパさんモデルのハチマキなどもありました。 ちょっとお高めでしたけど…… こんなんを衝動買いしてしまいましたね! お土産にと思ったけど、貰っても使い道無いかなあと思ったので自分で使うことに。 針山持って無いので針刺しとして使います。 という訳で、4日間北海道を駆け抜けて来ました。 楽しかった。 総費用は17万円くらいでした。 そういえば、空港売店には確かその頃ゴールデンカムイでネタにされていた月寒あんぱんが無く残念でしたが、後日地元のスーパーで北海道フェアをやっていて売ってたのが笑った。 半分月餅みたいなパンでしたね~ オマケその2 隣県某所のおつまみコーナーで熊肉と鹿肉の缶詰を見掛けて、迷ったのですけど結局買いませんでした~ どんな味だったのかな….

次の