プライム会員 解約。 amazonプライム無料体験を解約するには?自動更新を1分で解除

【2020年最新】Amazonプライム会員の特典・年会費を無料にする方法・解約返金まとめ

プライム会員 解約

スポンサーリンク Amazonプライム会員を解約・退会した場合の返金や日割り制度について アマゾンのプライム会員を解約・退会したいと思っても、いつどのタイミングで解約手続きをするのが良いのか気になりますよね。 実際の解約方法の手順については下で順次解説をしていますので、まずは返金はいつされるのか、また月の途中で解約した場合どうなるのか、その他、よくありがちなケースなどについて見ておきましょう。 アマゾンプライム会員の解約・退会後、返金はいつされる? まず、Amazonプライム会員を退会した場合の返金は、登録してあるクレジットカードまたはデビットカードにされます。 そして返金されるタイミングに関しては、クレジットカード、デビットカード会社によって異なります。 そのため、詳細は各カード会社に問い合わせください。 一般的には、返金手続きをした翌月か翌々月には戻ってくるようです。 アマゾンプライム会員の解約・退会時、月額の日割り返金は可能? ありがたいことに、Amazonプライム会員の年会費の月額日割りの返金は可能です。 年会費3,900円の残りの日数分が払い戻しされます。 補足ですが、日割り計算の金額が返ってくるのは、 即時退会した場合になります。 解約時、即時に退会するか、今の契約期間一杯まで継続するかを選ぶこともできますが、契約期間一杯まで継続してそこで解約の場合、当然期間満了までサービスを利用していることになるため、返金はありません。 次に、念のため「今すぐには解約・退会しないけれど、来年はもう使わないかも」という方のために、注意点を解説します。 プライム会員の自動継続に注意しましょう アマゾンプライムの正規会員の場合も、無料お試し会員の場合も、自動継続のシステムに注意してください。 デフォルトのシステムは自動継続になります。 つまり、何もしないでいるといつまでも会員のままになり、ずっと会費を払い続けることになります。 お試し会員の方は、ひとまず登録した時点で自動移行しない処理をしておくのが賢いでしょう。 アカウント内の「会員情報の管理」から手続きができます。 正規会員の人の場合も、継続したくないと思ったら、その場で自動継続をしないようにしておくほうがいいと思います。 その際は先程書きましたように、その場で退会を選んでください。 そうでないと、使用しないのに残りの期間の分が返金されない状態になってしまいますので、お気をつけください。 いつの間にか会員になっていて年会費を引き落とされることも なぜかいつの間にか正会員に? Amazonプライムの場合、当人は会員になった覚えがなくても、いつの間にか会員になっていて年会費が引き落とされていた、といったケースがあります。 実際、よくそのような話を聞きますし、またAmazonの公式サイトのFAQにも掲載されています。 これは大方の場合、お試し会員の更新解除忘れが原因です。 例えば、Amazonで注文や決済時、「お急ぎ便を無料でお試し」といったボタンをクリックしてしまい、そのまま自動的にプライム会員となってしまったケースです。 また他にも、以前に30日間の無料お試し会員になり、そのまま自動更新により正規会員になってしまったケースもあげられます。 対処法 こういった場合、どうするのが良いでしょうか。 選択方法としては2つあり、• すぐ自動更新を解除し、とりあえず1年間だけ会員のメリットを受ける• すぐにカスタマーサポートに連絡し、契約の解除と返金をしてもらう(一度も会員特典を利用していない場合可能)。 知らぬ間に無料配達をしてしまったり、無料映画を見てしまったりすると、会員特典を利用したことになってしまい、返金はできなくなるようです。 そのような場合、とりあえず契約の自動更新をしない手続きを済ませ、今の契約期間だけはサービスを利用することになります。 Amazonプライムの落とし穴 ここまで見てきておわかりのように、悪い見方をするとAmazonは最初は無料でサービスを提供し、プライムサービスのメリットを受けられる人には自動更新で正規会員化させ、メリットがない人はプライムのことは忘れてしまい、いつの間にか自動移行で正規会員化させてしまうというシステムになっていると見ることもできます。 よくよく注意していないと、上でも触れたように、知らないうちに無料お試しサービスを利用し、その後自動的に正会員に移行されてしまった、なんてケースも少なくありません。 お試し会員からの正規会員への自動移行と年会費の自動継続さえなくしてくれたら、アマゾン自体は非常によいサービスなのですが、今のところそこが残念に感じます。 それでは、アマゾンプライム会員を実際に 解約・退会する手順について見ていきましょう。 PCでの解約方法• androidでの解約方法• iPhoneで解約方法• 電話での解約方法 について順に解説をしていきます。 基本的に通常の会員の方も無料お試し会員の方も、解約方法はほぼ同じです。 アマゾンプライムのPCでの解約・退会方法 PCでの解約方法は以下の手順になります。 からログインし、アカウント情報の中の「Amazonプライム会員情報」をクリックします。 左側のメニューの中の下の方にある「会員資格を終了する(特典を終了) 」をクリックします。 画面に「・・・プライム会員の特典が利用できなくなります。 よろしいですか?」といった文章が表示され、ページ下から3種類選択可能になります。 「更新前にお知らせを受けとる」「特典と会員資格を終了」「特典と会員資格を継続」の3種類のボタンの中から、真ん中の「特典と会員資格を終了」をクリックします。 「〇年〇月〇日に終了する」または「今すぐ解約」のうちどちらかを選択します。 以上で終了となります。 アマゾンプライムのandroidでの解約・退会方法 次に、androidでの解約方法についてです。 スマホでブラウザを開いて、にアクセス。 右上にある「ログイン」の文字をタップしてログインする。 左上にある3本線のアイコンをタップし、メニューを表示させる。 メニューの中から、「アカウントサービス」をタップ。 画面をスクロールして行き、アカウント設定の中の「プライム会員情報の設定・変更」をタップ。 画面をスクロールして行き、下の方の「会員資格を終了する(特典を終了)」をタップ。 画面に「・・・プライム会員の特典が利用できなくなります。 よろしいですか?」といった文章が表示され、ページ下から3種類選択可能に。 「特典と会員資格を継続」「更新前にお知らせを受けとる」「特典と会員資格を終了」の3種類のボタンの中から、一番下の「特典と会員資格を終了」をクリック。 「更新前にお知らせを受けとる」「特典と会員資格を継続する」のボタンが再度表示され、さらに画面を下にスクロールすると「〇年〇月〇日 特典と会員資格を終了」というボタンがあるため、そこをタップ。 以上で完了です。 アマゾンプライムのiPhoneでの解約・退会方法 次に、iPhoneの場合の解約方法を見ていきましょう。 Amazonのトップページからログインし、の左上の三本線をタップします。 メニューが出てきますので、プライムをタップします。 一番下までスクロールし、「Amazonプライム会員情報を管理する」という項目をタッチします。 ここでも下までスクロールしてください。 「会員資格を終了する(特典を終了)」という項目をタッチします。 更に次のページにいくと、いろいろと引き留めようという文章が並びますが、再度一番下までいくと「特典と会員資格を終了」をタップして終了になります。 アマゾンプライムの電話での解約・退会方法 中には、Amazonプライム会員の解約・退会手続きをウェブでやるのは煩わしいという方もいらしゃると思います。 その際には、電話で依頼する方法も用意されています。 フリーダイヤル:0120-999-373• カスタマーサービス:011-330-3000 上のうちのどちらにかけて、プライム会員を解約したい意向を伝えれば、電話でも手続きが可能です。 スポンサーリンク まとめ Amazonプライム会員の解約・退会方法についてまとめてみました。 解約は月のいつでも可能で、即時退会の場合、年会費が日割りで返金されます。 いつ返金されるのかについては、クレジット会社によって異なっていますが、大方の場合、翌月または翌々月のようです。 また解約・退会はPC、スマホ(android&iPhone)、そして電話でも可能です。 Amazonの場合、普通に買い物をしていたら、いつの間にかプライム会員になって年会費が引き落としされていた、なんてケースが少なくありません。 そのため、「無料でお急ぎ便を利用」「無料でお試し」などといったサービスを使う場合、そこでプライムのお試し会員になったということをしっかり意識しておくと良いでしょう。 そして自動継続するつもりがないのであれば、無料お試し期間の30日が経つ前に自動移行をしない手続きをしておく必要があります。 また正規会員の場合、常にいつまでの契約かを頭に入れておいて、解約しようと思ったらすぐその時点で解約して日割りの返金をしてもらうか、期間一杯で終了するように手続きをするようにしましょう。 [担当:Vergil|編集:運営スタッフ].

次の

Amazonプライム会員の登録方法と確認・変更・解約の手順を紹介|共働き家族MEMO

プライム会員 解約

プライム会員の決済方法• クレジットカード• Amazonギフト券 クレジットカードが一般的ですが、事情があって クレジットカードを作れない(作りたくない)場合は、携帯決済やAmazonギフト券でも登録可能です。 パソコンでプライム会員に登録 【手順1】 の無料登録ページに飛びます。 【手順2】 「30日間無料トライアル」をクリックします。 【手順3-1】 無料会員登録が済んでいれば、登録しているメールアドレスとパスワードでログイン(サインイン)します。 【手順3-2】 無料会員登録をしていない場合、まずは会員登録を行います。 でどうぞ。 【手順4】 画面の指示に従って、登録を進めます。 お支払い方法と請求先が登録されていない場合、登録が必要です。 【手順5】 ページ下部にあるオレンジのボタン「無料体験に登録する」をクリック。 【手順6】 これだけで、がすべて使えるようになります。 スマホでプライム会員に登録 【手順1】 の無料登録ページに飛びます。 【手順2】 「30日間の無料体験を試す」をタップします。 【手順3-1】 無料会員登録が済んでいれば、登録しているメールアドレスとパスワードでログイン(サインイン)します。 【手順3-2】 無料会員登録をしていない場合、まずは会員登録を行います。 でどうぞ。 【手順4】 画面の指示に従って、登録を進めます。 お支払い方法と請求先が登録されていない場合、登録が必要です。 【手順5】 最後に「無料体験に登録する」をタップします。 【手順6】 これだけで、がすべて使えるようになります。 Amazonプライム会員情報の確認・変更・解約の手順 Amazonプライム会員の登録情報確認・変更・解約の方法です。 会費プランの変更• 支払い方法の変更• 領収書の印刷• プライム会員の終了• Amazonファミリーの管理• 更新前のお知らせ がネットだけですぐに手続きできます。 パソコンで確認・変更・解約 【手順1】 に飛びます。 ログインしていない場合は、ログインしてください。 【手順2-1】 ページ上部のアカウント&リストにカーソルを合わせ、出てきたメニューの中にあるAmazonプライム会員情報をクリックします。 【手順2-2】 ページ上部のアカウント&リストをクリックし、アカウントサービスの一段目にあるプライムをクリック。 【手順3】 画面の左側にAmazonプライム会員の各種手続きメニューが並んでいます。 必要な手続きに応じて手続きを行ってください。 プライム会員かどうか確認するには、「〇〇さん、こんにちは。 」のすぐ下にある会員タイプを見ればすぐにわかります。 【会員タイプ:プライム」であれば、あなたはすでにAmazonプライム会員です。 【手順4】 Amazonプライム会員情報のページでできる変更は以下の通りです。 :クリックして別のプランを選択。 支払い方法の変更:クリックして新しい支払い方法を登録。 領収書の印刷:クリックして領収書を印刷。 Amazonファミリーの管理:クリックして子供の誕生日と性別を登録。 更新前のお知らせ:クリックすると、更新3日前にメールがきます。 スマホで確認・変更・解約 【手順1】 に飛びます。 ログインしていない場合は、ログインしてください。 【手順2】 左上の三本横線をタップします。 【手順3】 メニューが開くので、 「プログラムと特典」にある「プライム」をタップします。 【手順4】 プライム会員の画面が開いたら、 「プライム会員情報の管理」をタップします。 【手順5】 Amazonプライム会員の各種手続きメニューが開きます。 必要な手続きに応じて手続きを行ってください。 一番上にあるPRIMEマークがあれば、あなたは現在PRIME会員です。 プライム会員の特典のページがどこかわからなくなっても、 Amazonプライム会員情報に飛ぶと覚えておけば大丈夫ですね。 プライム会員・家族会員の登録方法は? Amazonプライム会員の家族会員は、上と同じから登録ができます。 家族会員は二人まで登録でき、別途会費はかかりません。 【手順1】 のページ下部にある、 「プライム特典を共有する」をクリックします。 【手順2】 入力画面が表示されますので、入力して 「登録案内を送る」をクリックします。

次の

Amazonプライムを解約 or 自動更新解除する方法

プライム会員 解約

解約方法 月額や年間の会員サービスによっては解約手続きがあまりに複雑過ぎて、やめさせる気ないだろ…と絶望したときがあります。 Amazonプライム会員の解約なら約3分で終わるほど簡単です! しかも、Amazonプライム会員はいつ解約手続きしても次回請求日の前日に自動解約してくれるので、期間ギリギリまでプライム特典を利用できます。 それではPCとスマホ・タブレットからAmazonプライム会員を解約する方法を初心者にもわかりやすく紹介していきます。 PC PCからAmazonプライム会員を解約するには、Amazon公式サイトにアクセスして上部にある「アカウントサービス」にマウスカーソルを合わせます。 マウスカーソルを合わせるとメニューが表示されるので、その中から「Amazonプライム会員情報」をクリックして下さい。 Amazonプライム会員情報が表示されるので、左メニューの最後にある「会員資格を終了する(特典を終了)」を選びます。 画面に「会員資格が終了します。 よろしいですか?」と表示されるので、その下にある「会員資格を終了する」をクリックして下さい。 スマホ・タブレット スマホ・タブレットからAmazonプライム会員を解約するには、Amazon公式サイトにアクセスして右上の「アカウントサービス」をタップして下さい。 アカウントサービスのアカウント設定にある「プライム会員情報の設定・変更」を選びます。 プライム会員情報の設定・変更が表示されるので、一番下にあるプライムの支払い設定から「会員資格を終了する(特典を終了)」をタップ。 画面に「会員資格が終了します。 よろしいですか?」と表示されるので、そのまま下にある「会員資格を終了する」を押します。 同じように下までスクロールして「会員資格を終了する」を押して下さい。 」と表示されたら、スマホ・タブレットからAmazonプライム会員に解約する方法は完了です。 解約手続きをキャンセルする方法 Amazonプライム会員を解約するつもりだったけど、サービスが気に入って解約をキャンセルしたい方もいるかと思います。 解約をキャンセルするには同じようにアカウントサービスから「Amazonプライム会員情報」にアクセスします。 ご請求はございません。 」のすぐ下にある『会員資格を継続する』をクリック。 これだけで、Amazonプライム会員の解約をキャンセルして、継続してプライム特典を受けることができます。 解約を忘れたときの返金方法 Amazonプライム会員の解約をうっかり忘れたり、そもそも自動で更新されることを知らなかったというケースがあります。 既にAmazonプライム会員の月額400円(税込)または年会費3,900円(税込)が引き落としされていた場合、Amazonは返金してくれるのでしょうか? もし、お客様およびお客様の家族会員のいずれもプライム特典のご利用を開始していない時点でお客様が会員登録をキャンセルされた場合には、当サイトは年会費の全額を払い戻します。 より引用 Amazonプライム会員規約によるとプライム特典の利用を開始していない場合は月額料金または年会費を返金してもらえるようです。 プライム特典には送料無料やお急ぎ便などが含まれているので、Amazonでお買い物しただけで利用したことになりそうです。 もちろん、プライムビデオ(動画見放題)、プライムミュージック(音楽聴き放題)、Prime Reading(電子書籍読み放題)などもそうです。 ただ、プライム特典を1度だけ利用したら返金できないというわけではなく、利用に応じて減額返金という対応もしてくれるそうです。 返金してもらえないケースも当然あるので注意! とにかく、解約するのを忘れた!自動更新されるの知らなかった!という方はAmazonカスタマーサービスにお問い合わせしてみると良いかもしれません。 まとめ• Amazonプライム会員の解約手続きは約3分で終わるほど簡単!• いつ解約しても次回請求日の前に自動解約してくれるでギリギリまで利用できる• 解約手続きはアカウントサービスのAmazonプライム会員情報からできる• 解約を忘れた方や自動更新を知らなった方は返金してくれるかもしれない 公式サイト:.

次の