郵便局 バイト 募集。 【郵便局バイト】年末年始の短期バイト求人ならこれがオススメ!

郵便局 短期 アルバイト 募集の求人|タウンワークでバイトやパートのお仕事探し

郵便局 バイト 募集

<目次> 1.郵便局の仕分けバイトに応募した理由 Q. 郵便局を選んだ理由は? A1. 冬休み中に短期で働けたからです 僕にとってこれは人生で初めてのバイトだったので、なるべく簡単にお金が欲しいと思っていました。 それでインターネットで調べていると、年末年始の郵便局バイトは楽だと書いてあり、応募しました。 実際にやってみても、 バイト未経験の人でも非常に働きやすいと感じましたよ! A2. 高校生でも働けたからです 僕が初めてこのバイトをしたのは高校2年生の時でした。 そのため面白そうなバイトを見つけたとしても、「高校生不可」のものも多くて中々自分に合ったバイトが探せなかったんです。 でも郵便局のバイトであれば高校生でも気軽に申し込めると記載されていたため、選びました。 応募の流れを教えて! A. 以下に流れを記載します!• 募集期間は? バイトの期間はは年末年始とその前後ですが、 募集は 10月から始まります!郵便局のバイトは人気なので、良さそうな求人を見つけたら早めに申し込むのをオススメします。 僕は毎年11月下旬ごろに申し込みをしていますが、その頃であればまだまだ余裕があります! まずは郵便局で短期バイトの募集があるかを確認してみてください! 2.郵便局の仕分けバイトで良かったこと Q. おすすめポイントは? A1. 仕事が非常に楽です 短期バイトをやるにしても、仕事内容が難しかったら作業が進みません。 僕は物覚えが悪いこともあり、分かりやすい仕事を望んでいました。 実際に働いてみたら、年賀はがきの宛先と住所のリストを見比べるだけだったので、とてもやりやすかったです! A2. 交通費は全額支給されました 僕は自宅から離れた郵便局で勤務していました。 電車通勤だったので、交通費は往復で800円くらいかかってしまいましたが、あらかじめ通勤経路を申請しておけば全額交通費をもらうことができました! 定期券がない場所に何日も通うと通勤だけでお金が減ってしまうため、交通費がもらえたのは本当にありがたかったです。 怒られることがないです 僕は強い口調で何か言われるとすぐに傷つきやすい性格なので、お客さんや社員さんに関わらず仕事中に怒られるのだけは本当に嫌だったんです。 仕事前はそれが心配でしたが、その不安は初日で吹き飛びました。 まず、仕分けバイトは郵便局内での作業のため、お客さんと接することはありません。 勤務初日には年賀はがきが大量に入っていた箱を倒し、はがきをばら撒いてしまうという大失態を犯してしまいました。 でも社員さんは、「ここに置いておいた自分が悪いから」と言って、逆に謝ってくれたのです! こんなに職場環境の良いバイトは他にないのではないでしょうか? 3.郵便局の仕分けバイトはきつい? Q.正直、きつかった? A. 下半身はすごく疲れました 作業中は4時間ほど立ちっぱなしだったため、足はだいぶ痛かったです。 つりそうになるほどではないのですが、30分おきに足を交差させたりして体勢を変えながら仕事していました。 2時間作業すると15分の休憩時間があったのですが、それでも足はきつかったですね。 でも1日寝ればすぐに疲れは取れるため、翌日まで足が痛くなりはしませんでした。 Q.他に、デメリットはありますか? A. 人と話すことはほぼ無いです 基本的に仕事中の質問がない限りは社員さんと話をすることがありません。 バイト仲間とも仲良くなることはなく、それぞれ黙々と仕分け作業に取り組むという感じでした。 僕は特に交友関係を広めてたいということはなかったので、コミュニケーションを取らなくてよいこの仕事はぴったりでした。 でも接客であったり 人と話すのが好きな人には向かないでしょう。 4.郵便局の仕分けバイトの仕事内容 Q. 仕事内容について教えてください A. 仕分け業務について説明します! 年末年始ということで、 年賀はがきに書いてある宛先に届けられるように仕分けをするのが道順組立と呼ばれる仕事になっております。 僕の働いていた郵便局の仕分け担当は全員この作業を行っていました。 最初は郵便局が担当している地区に届ける予定の年賀はがきが、宛先バラバラの状態でまとめられています。 そのはがきを世帯ごとに並び替え、元旦に配達しやすいようにまとめます。 もちろん、 住んでいる人全員の氏名や順番を覚える必要は全くないですよ! 1枚30世帯くらいの情報が書かれた居住者リストを見ながら、年賀はがきに書かれた宛先と照らし合わせて並び替えていきます。 1つのグループを仕分け終えたらまた別の地区に届けられるはがきの束を仕分けて…というのを永遠に繰り返していきます。 枚数にしたらどのくらいでしょう…1日4時間の勤務で1,000枚近くの年賀状を仕分けていたかもしれません。 仕分け中に心がけていたことは? A. 常に手を抜かないことです! 数時間ずっと同じ作業をするのは正直大変です。 でもそう感じた時にこそ集中して作業に取り組まなければ、仕分けをしている意味がなくなってしまいます。 同じ近隣グループの中に同じ苗字の住人が3世帯あることもあるため、そういう時は下の名前なども定位に確認する必要があります。 間違って配達すると後ほどクレームになることもあるため、責任感を持って取り組みましょう! 5.郵便局の仕分けバイトの研修 Q. 研修はありましたか? A. 初日の勤務前に1時間ありました そこまでガッツリとした研修会というものはなかったのですが、初回の勤務日は1時間早く集合してマニュアル説明会のようなものがありました。 住所や居住者の名前は大切な個人情報なので、他人に公表してはいけないこと、仕分けをする際に気を付けるべきポイントなどがまとめられたビデオを視聴しました。 でも実際に年賀はがきを手に取って仕分けながらの方がイメージが付きやすく、覚えやすかったです。 この研修分の給料もちゃんと支払われるので、安心してくださいね! 6.郵便局の仕分けバイトの雰囲気 Q. 高校生や大学生はどれくらいいた? A. 全体の7割近くいました 僕のは他ライト郵便局は100人近くが短期バイトをしている人でした。 そのうち ほとんどが高校生と大学生という感じでしたね。 高校生が大学生よりも若干多いという感じでした。 それ以外は主婦と高齢者の方だったと思います。 それだけ 年齢に関係なく働きやすい仕事と言えるでしょう! Q. どんな人が多かったですか? A. 落ち着いた人ばかりでした 一人で黙々と作業する仕事であるため、そういった雰囲気に合っていそうな人が多かったです。 ワイワイとした感じの人は見かけませんでしたね。 中には友達同士でバイトに来ている人もいましたが、ほとんどは1人で来ている人ばかりという印象でした。 男女比は? A. 男性4: 女性6って感じです 男性も女性も多く働いていますが、どちらかというと女性の方が多かったですね。 主婦の方が多かったこともあると思います。 Q.バイト仲間とは話した? A. 一言も話しませんでした 笑 全体で2週間ほどの短期バイトだったので、特に話をして仲良くなりたいと思うことはありませんでした。 それに皆さん、話しかけづらい雰囲気だったので…。 人間関係を気にしなくていいのは楽です。 郵便局の仕分けバイトの服装・髪型 Q. 制服はある? A. ないです! 服装は特に指定されていないので、作業しやすい私服なら何でもよかったです。 ただ、足元は疲れにくい履き慣れた靴がいいという指示がありました。 女性の方も男性の方も スニーカーで働くのがいいと思います。 髪型は? A. 染めている方もいました 接客業ではなく、常に郵便局内で働くため、髪色についての規制はありませんでした。 茶髪や金髪の方もいましたよ。 ですがほとんどは黒髪の人でした。 8.郵便局の仕分けバイトの面接対策 Q. 面接の服装はどうだった? A. 高校生は制服、大学生以上なら私服ですね 極端にラフな感じでなく、清潔感があれば服装で不合格にされることはないでしょう。 面接会場にいた高校生はほとんどが制服で来ていました。 ピアスやネックレスは面接前にはずしておきましょう。 面接はどれくらいの時間だった? A. 個別の面接で、10分ほどでした あらかじめバイト面接の期間が決められており、自分が行かれそうな時間を指定して郵便局で面接をしました。 長さも短かったので、極度に緊張することなく話せました。 面接は何を聞かれましたか? A. バイト面接で定番のものばかりです 「志望動機、稼いだお金の使い道、単純作業が得意か、週にどれくらい働けるか」を聞かれました。 面接担当者は郵便局の社員さんで、どれも自分の思っていたことを素直に伝えました。 簡単にまとめると、以下のような回答をしました。 志望動機…年末年始の期間でお金を稼ぎたかったから• お金の使い道…旅行に行く際の足しにする• 単純作業について…集中力には自信があるので、単純作業は向いていると思う• どれくらい働けるか…冬休み期間は週に5回働ける Q. 倍率は高そうでしたか? A. ほぼ全員が合格するはずです 単純作業が苦手で、週に2日くらいしか働けないというように、あまりにも仕分けバイトに向いていないという回答をしなければ、落ちることはないはずです。 基本的に年末年始の郵便局は人手不足なので、 まじめに働いてくれると思われれば大丈夫でしょう。 インタビューはここまで!リョウさん、ありがとうございました! 9. 【求人あり】郵便局で働こう! 本当にアルバイトが足りていない郵便局は、公式HPでのスタッフ募集の他にも、アルバイト求人サイトに必ず求人広告を出します。 (これらサイトの求人広告掲載料金は安くないので本気の募集です) 本気でアルバイトが足りていないため、すぐに働けたり、あなたが希望する曜日と時間のシフト通りに採用される可能性が十分あります。

次の

郵便局・郵便配達のバイト・アルバイト・パートの求人情報|【バイトル】で仕事探し

郵便局 バイト 募集

仕分け作業は、まず、その日内勤に入っているバイトを大体2グループに分けます。 各グループにはそれぞれ担当の局員がつくので、最初にまずあいさつと氏名と何時までのシフトであるかを伝えます。 (当時は紙管理だったのでやっていたみたい。 現在はどうかしりません。 ) その後、作業部屋 仕分けルーム に入ります。 大きくわけて普通郵便とそれ以外の郵便物 速達や簡易書留など にわけられているのですが、バイトは特に経験が浅い間は普通郵便のみが対象となります。 そして一次仕分けという作業に入ります。 大雑把に大体の地区毎に仕分ける この段階では正式な仕分けボックスには入れません。 またこの作業は毎回あるとは限りません。 バイトの入りの時間によってやらない日も結構ありました。 その後、各地区ごとに投入していくのですが、大体一地域に5種類くらいのボックスがありました。 1丁目〜4丁目、+不明分etc 普通郵便は大体大きさも揃っているので指定のボックスに入るのですが、まれに嫌がらせかという程のやたら大きい封筒を使用するお客さんもいまして、その場合は、投函不可用のボックスが別途用意されているのでそこに入れていました。 自分が行っていたのは大型局に該当する郵便局だったので暇な時間帯というのは存在しませんでした。 一日の作業は大体5〜6時間程度でしたが、終わり頃、必ず職員さんから「今日残業できるかな?」って言われるので、特に予定がない日は1〜2時間程残業をしていました。 それでも仕分けする郵便物が空になるという状態は見たことなかったのでうんざりする人はいるかもしれません。 仕事は基本的には立ち仕事ですが、バイトさんには配慮しているのかしーる貼り等、座り仕事も適度に入れてもらえていたのでレストランなんかの立ち仕事に比べるとかなり楽だと思います。 休憩も3時間毎に15分程もらえていたので立ち仕事が苦手な人でもすぐになれると思います。 このバイトの大変さを10段階評価するといくつ? (目安:試験監督は1、引っ越しは10) 5 楽な時間帯はある? 時間帯による大変さはあまりないと思う。 大変なところは、単調な作業であるというところ。 なので、単調作業に耐性がある人、もしくは人と話をするのが好きではないという人にとっては、逆に楽だと思う。 個人的には楽な部類に入る仕事だった。 シフトの自由度や髪型の制限、勤務可能時間帯は? 現在の郵便局の仕事の内情がわからないが、郵便局の内勤に応募に来る人って結構年配の人 中心は30〜40歳代くらいの求職期間中のツナぎできているのでは?という人だった が多かった印象があるので、あまりに若く(20歳くらい)て何かしらの出会いを求めているのだとしたら止めたほうがいいと思う。 仕事自体は特に難しい作業はないので慣れればだれでもできるようなものばかりで、シフトの融通も効くし、ブラックバイトが取りざたされる昨今の事情を踏まえるとおすすめのバイトだと思う。 ただし、仕事自体簡単だからと言って適当にやる人は絶対に時給がアップしたりしないと思う。 その辺のところは職員さんは意外に結構ちゃんと見ているみたいだ。 プライバシーポリシー.

次の

【2019年】年末年始の郵便局バイトの評判は?仕分けは高校生でも簡単!(バイトあれこれ)|t

郵便局 バイト 募集

郵便局のバイトといえば冬休みの短期バイトとして有名ですね。 でも、実は夏休みにも郵便局の短期バイト求人が出てるって知ってましたか? もちろんほとんどの郵便局バイトは高校生可・高校生歓迎の求人です。 あなたも一度はハガキを出したことがあると思いますが、郵便局でのバイトって一体どうなっているのでしょうか。 今回は高校生におすすめの郵便局バイトについてみていきます。 郵便局バイトの仕事内容 郵便物の仕分け 郵便局バイトの主な仕事は郵便物の仕分けです。 通常は郵便番号を機械で読み取って自動で仕分けされるのですが、中には郵便番号が書いてないものや文字が雑で読み取れないものなどもあります。 そういった荷物は人の手で仕分けられているのです。 特に年賀状やお歳暮のある冬休み、暑中見舞いやお中元がある夏休みは郵便物がとても多くなるので、高校生のアルバイトを募集して仕分けを行っているのです。 郵便物の配送 郵便局バイトというと配送の仕事がぱっと思い浮かぶかもしれませんが、実は高校生のアルバイトとして配送の仕事をする機会それほど多くありません。 通常、郵便物の配送は専門のスタッフが原付バイクや車を使って行います。 ただし、冬休みや夏休みの時期は本当に忙しくなりますので、高校生のアルバイトが小回りの効く自転車で配送することもあるのです。 また原付免許を持っていれば原付バイクで配送することもあります。 郵便局バイトの給与相場 郵便局バイトの給与相場は800円〜900円くらいです。 他の高校生バイトとそれほど大きく変わりませんね。 郵便局バイトで一緒に働くのはこんな人 郵便局で一緒に働く人たちは、郵便局の職員さんの他に大学生やフリーターの人が多いようです。 冬休みの年末年始は家庭のイベントで忙しいので、主婦の人は少ないようです。 郵便局バイトの勤務時間 郵便局バイトの勤務時間は朝8時〜夜22時の中でシフト制となっていることが多いです。 例えば、8時〜13時、13時〜18時、18時〜22時の中で選んでいく、といった形です。 実際には22時以降の深夜バイトもありますが、高校生が働けるのは22時までです。 また、冬休みや夏休みの繁忙期にはシフト勤務ではなく8時間フルで働くこともできます。 総長から働けるというのは、冬休みや夏休みの短期バイトならではですね。 郵便局は夏休みに募集することもある 冬休みの短期バイトと聞いて、郵便局のバイトをぱっと思い浮かべる人も多いと思います。 それくらい郵便局バイトは冬休みの短期バイトとして有名です。 でも郵便局バイトは夏休みも募集してるって知ってましたか? 冬休みに郵便局がバイトを募集するのは年賀状やお歳暮などの郵便物が増えるからです。 高校生のみなさんにはあまり馴染みがないかもしれませんが、夏休みにも暑中見舞いや残暑見舞い、お中元などを送る習慣があるため郵便物がとても増えるのです。 そのため、多くの郵便局では夏休みも高校生可・高校生歓迎のバイトを募集しています。 郵便局でバイトしたいと考えている人は、冬休みだけでなく夏休みも検討してみましょう。 郵便局の短期バイトはいつから募集している? 郵便局の短期バイトは早いところだと3ヶ月くらい前から募集しています。 冬休みの短期バイトなら10月、夏休みの短期バイトなら5月くらいから募集を開始しています。 郵便局バイトは人気があるため、地域によっては募集を開始してすぐに定員になってしまうこともあります。 冬休みや夏休みに郵便局の短期バイトをしたいと考えている人は早めに予定を立てて行動するようにしましょう。 郵便局バイトのメリット 冬休みや夏休みの短期バイトを募集している 冬休みの2週間、夏休みの1ヶ月だけ短期バイトをしたい人にとって郵便局バイトはとても魅力的です。 学校のある日は部活や習い事で忙しいけど、冬休みや夏休みはバイトで稼ぎたいという人も多いと思います。 普通のバイトって最短3ヶ月〜という感じなので、休みの期間だけ短期バイトをしたいという人にとってはとてもありがたいバイトですね。 家の近くでバイトを募集している 郵便局はだいたい家の近くに1件はありますよね。 全ての郵便局でバイトを募集しているわけではありませんが、冬休みや夏休みの繁忙期にはかなり多くの郵便局で高校生可のバイト求人をだしています。 家の近くでバイトを探したい人にとっても魅力的なバイトですね。 親の許可が出やすい(かも?) 厳しくて通常のバイトを許可してくれない親でも、郵便局バイトなら許可してくれるかもしれません。 郵便局ならどこで働いているか安心ですし、何より「郵便局」という響きに安心感があります(笑) 「宿題は休みの最初の数日で終わらせるから、休みの期間だけバイトさせて」と言えば許可を出してくれる親もいるんじゃないかなと思います。 郵便局バイトは冬休みや夏休みの短期バイトをしたい高校生におすすめのバイト! 繰り返しになりますが、郵便局バイトは冬休みや夏休みの短期バイトを探している高校生におすすめのバイトです。 休みの期間だけバイトしたい、休みの間にがっつり稼ぎたい、という人には特におすすめのバイトですね。 郵便局バイトは募集期間が限られているので、郵便局でアルバイトしたいという人は計画的に行動することが大切です。

次の