中小企業診断士 勉強時間。 試験に合格するまでの学習期間

中小企業診断士|独学におすすめの勉強スケジュール〔初学者〕

中小企業診断士 勉強時間

第1次試験の合格基準は、総点数の60%以上であって、かつ1科目でも満点の40%未満のないことを基準とし、試験委員会が相当と認めた得点比率とします。 科目合格基準は、満点の60%を基準として、試験委員会が相当と認めた得点比率とします。 出典: 7科目ある上に足切り基準もあるのは難易度高すぎる.. と思うかもしれませんが、もありますので、働きながら資格取得を目指せる難易度です。 1次試験の合格率 中小企業診断士の 1次試験の合格率は20%強です。 毎年16,000人前後が受験し、 3,200人前後の方が合格しています。 年度 申込者数 受験者数 合格者数 合格率 2006年 16,595 12,542 2,791 22. 申込者数に対して受験者数が少ないのは、科目合格者が一部科目だけを受験しているからです 科目数が多いため一通り勉強するのには時間はかかりますが、• 問われるのは基礎的な知識• 択一式のマークシート試験• がある という特徴があるので、コツコツと勉強を続けることができる方であれば、難易度はそこまで高くはありません。 1次試験科目の詳細や勉強方法については、「」で紹介しているので、詳しくはそちらをご覧ください。 中小企業診断士の2次試験の合格率 中小企業診断士の2次試験は毎年1回10月に実施されます。 については別の記事で紹介していますが、簡単に紹介しますと、以下のような試験科目です。 2次試験科目と配点 2次試験は、中小企業診断士となるのに 必要な応用能力を有するかどうかを判定することを目的とし、中小企業の 診断及び助言に関する能力を判定するために実施される試験です。 2次試験科目 分野 試験時間 配点 組織・人事 80分 100点 マーケティング・流通 80分 100点 生産・技術 80分 100点 財務・会計 80分 100点 2次試験の合格基準 第2次試験の合格基準は、筆記試験における総点数の60%以上であって、かつ1科目でも満点の40%未満がなく、口述試験における評定が60%以上であることを基準とします。 出典: 2次試験は、記述試験と口述試験にわかれますが、10月に実施される記述試験に合格すると、口述試験は99%合格します。 2次試験の合格率 1次試験合格者のみが受験することのできる、 2次試験の合格率は20%弱です。 毎年4,000人強が受験し、900人前後が合格します。 年度 申込者数 受験者数 合格者数 合格率 2006年 4,131 4,014 805 20. 同じ合格率でも競争は激しく、合格難易度は高いです。 2次試験の合格基準をみると絶対評価のようにみえますが、中小企業診断士試験の 2次試験は実質的に相対評価つまり競争試験だといわれています。 2次試験科目の詳細や勉強方法については、「」で紹介しているので、詳しくはそちらをご覧ください。 合格したからわかる中小企業診断士の実際の難易度 ここからは、統計データではわからない 中小企業診断士の実際の難易度について紹介したいと思います。 合格したからこそわかる本当のの難易度ですね。 執筆メンバーと知人の中小企業診断士の感覚的な難易度なので、一部主観が入ります。 大学偏差値に換算すると偏差値60~偏差値65 国公立大学の偏差値60~63くらい!大学のセンター試験が診断士の1次試験という感じ。 中小企業診断士は合格すると人的ネットワークが広がります。 中小企業診断士同士で出身大学の話はしませんが、Facebookや公表しているプロフィールをみるといわゆる上位大学出身の方が多い傾向にあります。 中小企業診断士試験の難易度を大学の偏差値で例えると、おおむね 偏差値60~65というイメージでよいと思います。 簡単ではないけれど、秀才でないと合格できない難易度でもない。 努力して勉強を続けたら働きながらでも合格できる難易度です。 これまで資格の勉強をしたことがない人は、参考にしてみてください。 公認会計士、税理士などの難関資格保持者も受験している 6ケ月で合格した、8ケ月で合格したという知人もいますが、ほんの一握りですからね。 また、1年ストレート合格の難易度が高い理由として、 1次試験合格しても2次試験まで約2ケ月間しかなく、2次試験対策の時間が足らないことが挙げられます。 読む力、文章を書く力が長けた受験生はすんなりと2次試験に対応できますが、大半の受験生は訓練しなければなりません。 こうした理由から、1年ストレート合格者は非常に少ないのではないかと考えられます。 1年目に1次試験に合格、2年目に2次試験に合格する人はたくさんいることからも、執筆メンバーによる「1年で中小企業診断士に合格する人は3%未満」という憶測はあながち間違いではないと思います。 中小企業診断士・科目別の難易度 人により得意・不得意があるから、科目別の難易度は表現しにくいけど... ざっくり紹介しましょうか。 税理士や行政書士、社労士といった他の資格は狭く深く学ぶ、一方、は広く浅く学ぶという特徴があります。 人により得意・不得意がありますし、科目ごとに難化する年と易化する年がありますが、科目別の難易度としては、以下の通りです。 1次試験・科目別の難易度 1次試験科目 難易度 勉強時間(目安) 特徴 同等レベルの資格・検定 難しい 160時間 理解重視 難しい 200時間 理解重視 普通 180時間 理解重視 普通 140時間 暗記重視 普通 140時間 暗記重視 易しい 100時間 暗記重視 易しい 80時間 暗記重視 -.

次の

中小企業診断士|試験に合格するための本当の勉強時間は?

中小企業診断士 勉強時間

売れっ子中小企業診断士として活躍するためのどんな必須スキルとつながるのか いきなりですが、それはズバリ・・・ 情報収集能力です。 しかも、点ではなく、 線でとらえる情報収集能力を持ち合わせることが、中小企業診断士そして経営コンサルタントとして非常に重要なのでございマス。 中小企業診断士二次試験で求められるポイントの一つに、全体最適な視点があります。 当たり前と言えば、当たり前なのですが、営業部や生産部などある一定の部門だけパフォーマンスがよくなり、その他の部門にむしろ不都合が生まれ、全体としてパフォーマンスが下がってしまうようなものではなく、会社全体として改善に進むことを前提とした分析や提案を中小企業診断士には求められます。 全体最適な提案をしようと思うと、1部門だけの話を聞けば終了とならず、全部門もっと言えば全従業員から話を聞く必要がありますよね。 今回とやっている内容こそ違いますが、情報収集をするという点では何ら変わりない行為です。 いかに優れた論理的思考能力を持った人であっても、情報収集能力を持っていなかったら何もできないタダの人と化してしまうこと。 特に中小企業診断士二次試験では与件が与えられており、既に情報収集は終えた状態からスタートするので単純な試験対策でみにつけることは難しいでしょう。 そのため、今回のように自分自身で意識して取り組むことが重要になってきます。 筆者の雑感ですが、 このスキルに長けている人は総じて売れっ子中小企業診断士として活躍されています。 中小企業診断士試験の勉強スケジュール 中小企業診断士の一次試験は7科目とボリュームが多いため、勉強する科目の順番を戦略的に行っていくことが、効率的な合格への近道となります。 では、ただやみくもに勉強をするのと戦略的に勉強する違いはどこにあるのでしょうか。 それは、 各科目の特性や 科目間同士のつながり、 二次試験との関連度など、複数の要因を頭に入れた上で勉強スケジュールを決定していくことです。 中小企業診士一次試験の科目は、 理解重視と 暗記重視の2つに大別できます。 本論に入る前に、各科目の概要を抑えることはとても重要です。 理解重視 テキストや教科書に書いてある字面を完コピすることではなく、 自分自身の言葉でかつ、 身の回りの出来事に置き換えて説明できるかどうかです。 例えば、企業経営理論で出てくる「競争戦略」という言葉で考えてみましょう。 競争戦略は、市場内で有利なポジションを確保するために、他社とは異なった独自の戦略行動を選択し、自社のポジションを改善すること、を指します。 具体的には、(1)コストリーダーシップ戦略、(2)差別化戦略、(3)集中戦略です。 これを字面そのまま覚える必要は全くありません。 法律の試験ではないので、そのまま覚えることは全く試験対策になりませんし、実務でも何の役にも立ちません。 それよりも、自分の身の回りで起こっている出来事に当てはめて考え見ることです。 身の回りの事例で考える 例えば、マクドナルドとモスバーガーで考えてみましょう。 マクドナルド 皆さんもご承知の通り、価格が安いファーストフードの代表格ですよね。 (一時迷走していましたが・・・)資金力やシェア率が圧倒的であるため、低価格での販売による戦略が可能となっていると言えます。 王者の風格さえ感じます。 これは、他社では追随できない強みであるからこそ、実現できているとも捉えられます。 言葉で当てはめると、コストリーダーシップ戦略となります。 モスバーガー マクドナルドと価格で真っ向勝負できるほどの資金力やシェア率ではありません。 とは言うものの、シェア率は2位となっています。 マクドナルドとは、倍ほど差がありますが。。 価格で勝負できないのであれば、それ以外の部分で勝負するしかありません。 そこで、モスバーガーが勝負しているのは素材の新鮮さや味など品質の部分で勝負をかけています。 これは、マクドナルドが弱い部分でもあると言えそうです。 だからこそ、モスバーガーはマクドナルドにつぐ2位の座となっているのではないでしょうか。 言葉で当てはめると、差別化戦略になりますよね。 ふとした瞬間に どの会社も自社の強みを生かして市場内でシェアを高める行動をしていることは、生活空間のなかで数多くりひろげられています。 このように自分で考える癖をつけ、説明ができると、一次試験はもちろんのこと、二次試験の時にとても生きてきます。 歩いているときなど、 ふとした瞬間にかんがえるだけでもかなり違うと思いますので、ぜひやってみてください。 企業経営理論 中小企業診断士試験の 中核科目であり、 二次試験との関連度MAXです。 中核科目なので他の科目でも同じ論点が重複している場合があるため、 一番最初に勉強すべき科目だと声を大にしてお伝えします。 中小企業診断士的には、シナジー効果が一番ある科目だと言えます。 財務・会計 二次試験の事例4の主要科目であり唯一の計算科目となるため、企業経営理論の次に勉強すべき科目です。 先にこの科目を勉強することで、計算問題を細切れ時間にあてることができるため、 最大限時間を有効活用できるようになります。 運営管理 上記2科目同様に、中小企業診断士二次試験の事例3の主要科目となっていますので、関連度は高いといえます。 理解系と暗記系は6:4ほどの割合なので、純粋に暗記科目というわけではありませんが、 二次試験と関連度が高い科目は初めに勉強しておいたほうが、二次試験の勉強を並行する場合には効果が高まります。 並行しない場合であっても、理解系の内容の方が多いため、先に勉強しておくことが重要です。 その理由は、経済学・経済政策のところで、お伝えしています。 経済学・経済政策 自分で図やグラフを書きながら、勉強していく必要があります。 そのため、ある程度時間がとられることが想定されるため、科目の前半に勉強しておいたほう良いです。 暗記重視科目を最初に詰むと、その他の科目を勉強しているうちにきれいさっぱり忘れてしまい、スタート地点に戻ってしまったというパターンが往々にしてあるため、まずは 理解重視科目その後に、暗記重視科目へと進むことが、合格を目指すためには一番効率の高い勉強スケジュールです。 暗記重視 経営情報システム・経営法務・中小企業経営・中小企業政策 経営情報システムは設計開発、システム基盤など、経営法務は、機関設計や知的財産権の保有年数など、中小企業経営・中小企業政策は中小企業白書の項目や中小企業支援制度など覚えることが本当に多いです。 どれも制度の成り立ちはあり、それを深く知るのが本来ですが、時間的制約もあるので、基本的には数字や内容をそのまま暗記していくこととなります。 そのため 理解系科目が終わった後から始めることで、記憶から抜ける量を最低限に抑えられます。 もうお分かりかもしれませんが、勉強スケジュールとしては、科目を記載した順番で勉強をすすめていくことがよろしいかと思います。 ただし、暗記重視科目である3つの順番はどれからでも問題はありません。 一日の時間の使い方 筆者がどのように一日のなかで時間を有効に使っていたかについてご紹介します。 ある程度勉強が進んだ時の一例として、ご参考にしてください。 朝 一日の中で、朝の勉強が一番記憶力が定着するとの話を聞いて、 暗記系科目の復習や新しい科目の勉強など知識をインプットするための時間として考えていました。 昼 財務は数をこなすのに比例して実力が近づいていきます。 そのため、お昼は財務、財務はお昼を合言葉に、昼の休憩時間は、 財務の勉強を黙々とこなしていました。 夜 夜は落ち着いた時間をとれるので、腰を据えてできるため、 理解系重視科目を中心に勉強をしていました。 その他細切れ時間 いつでもどこでも、勉強できるように過去問を一冊もつことで、一問一答形式で勉強をしていました。 一問一答形式なので、1~2分あれば完答できるため、時間があまりとれない方はこの勉強方法をとることをおすすめします。 電子データで使えるようにできると更に勉強効率は高まるはずです。 このように自分の中で、ある程度やることを決めておくと ルーティン化できるため、勉強習慣も自然とみについていきます。 中小企業診断士二次試験の勉強は並行すべきか 基本的には、一次試験終了後から開始しても勉強の方向さえ間違わなければ間に合いますので、並行して二次試験の勉強をしなくても問題ありません。 余力がある人は、 事例4の財務・会計の計算問題に触れておくことをおすすめします。 事例4の財務・会計の計算問題は、一次試験よりも難易度が高いので、二次試験の問題になれると、一次試験の問題はとてもイージーに感じることができるはずです。 中小企業診断士の2次試験の事例4で高得点を獲得し逃げ切り戦略をとりたい方〔参考〕 中小企業診断士の二次試験において、 事例4が高得点だったおかげで合格となった方が、によって明らかとなりました。 中小企業診断士の二次試験において、事例4の計算力を高めておくことは安定的に合格点である240を確保することにつながります。 計算力を高めるために、 時間対効果が高いおすすめのテキストをご紹介しています。 通勤時間が長い、まとまった時間をとるのが難しいなどの理由によって、ちょっとした空き時間を活用する試験勉強をメインに進めたい方• とにかく低価格で、だけどその他予備校と遜色のない授業を受けたい方• 関連資格を取得しながら徐々にステップアップしながら中小企業診断士の試験合格を目指したい方• 資格の取得だけでなく取得後(資格更新に必要な研修や独立の支援、交流会)のサポート【無料】も受けたい方 おすすめ 無料あり:中小企業診断士の通信講座(予備校)おすすめ4社 中小企業診断士の1次試験合格には過去問研究を徹底にすべし〔参考〕 中小企業診断士を独学で突破するためには、過去問を 徹底研究することが一番の近道です。 そのためには、過去問の使い方をまず理解することが必要となります。 筆者の失敗談をもとにした過去問の具体的な使い方について言及しています。

次の

中小企業診断士の難易度、勉強時間はどのくらい?【本当の難易度・偏差値を解説】

中小企業診断士 勉強時間

中小企業診断士の特徴 MBA(経営学修士)と並ぶ経営コンサルタントとしての知識を持つことを証明できる資格です。 独占業務こそありませんが経営に関する知識を広く学ぶことができ、その領域は企業の経営理論以外にも財務、法務、システム、運営管理、中小企業施策、経済学にまで及びます。 中小企業診断士はどう役立つ? 経営についての知識を広く体型的に学ぶことができるので経営コンサルタントとして仕事をする際の基礎知識の習得に役に立ちます。 「経営コンサルタント」という誰でも名乗れる曖昧な職業の中で、一定以上の知識、及び能力があると判断されることができ、結果的に仕事に繋がりやすくなるという点で役に経ちます。 また、コンサルティング会社への就職や転職にも役に立ちます。 中小企業診断士の難易度は? 試験が7科目あり、全科目に合格をする必要があるため難易度は高いです。 それぞれの科目に足切りの点数が定められているため、不得意科目を作ることができません。 また、科目合格は合格後3年でなくなってしまうので3年以内に全科目に合格する必要があります。 選択式の一次試験と記述式の二次試験を合格した後、実務補習を受けて始めて資格取得となります。 また、一次試験を合格した後、国の定める所定の期間で一定期間研修を受けることで二次試験及び実務補習の免除を受けることも可能です。 一次試験を受けたあと、二次試験及び実務補習を受けての取得コースの難易度は社会保険労務士と同等の難易度と言われています。 独学でも取れる? 独学だとちょっと難しい 資格取得までに必要な勉強時間の目安は? まったくの知識ゼロの人 140〜210時間 すでに多少の知識はある人 70〜140時間 初心者向けの勉強法 経営についてはわからないことが多いと思うので、自分の勤務先やアルバイト先をイメージしながら勉強をすると理解が進むと思います。 また、日頃から携わっている業務に関係のある科目から始めると理解が早いかと思われます。 基本的には暗記ではなく理解することに努めて下さい。 本試験は7科目全てに合格する必要があるので暗記で乗り切ることはほぼ不可能ですし、何より取得後に役に立ちません。 しかしながら、「中小企業政策」「情報システム」の科目についてはいわゆる「用語や数値を知っているか知らないか」で決まる問題も多く出るので、この2科目については暗記ベースで学習したほうが得策です。 二次試験は記述式なので、一次試験の勉強時点から用語の意味や考え方などを書けるように意識しておくとストレート合格の確率も上がると思います。 多少の知識がある人向けの勉強法 あくまで経営についての「体型的な知識」の理解を求められるので、実務的な理解ではなく教科書的な理解をするように心がけて下さい。 実務経験がかえって理解の妨げになるというのは本試験の罠としてよく合格者が口にするので注意して下さい。 オススメの参考書は? TACのスピードテキスト及び問題集がおすすめです。 関連ページ 公務員試験は公務員になりたいなら必ず合格しなければいけません。 今回はそんな公務員試験の難易度についてまとめました。 合格率や必要な勉強時間の目安、勉強法のコツやおすすめの参考書など、公務員試験の資格取得に必要な情報をまとめてるのでぜひ参考にしてください。 宅建士(宅地建物取引士)は不動産会社で働くならぜひ取りたい国家資格です。 今回はそんな宅建士の難易度についてまとめました。 合格率や必要な勉強時間の目安、勉強法のコツやおすすめの参考書など、宅建士の資格取得に必要な情報をまとめてるのでぜひ参考にしてください。 管理業務主任者は宅建やマンション管理士と同じ不動産や賃貸関連の資格です。 宅建やマンション管理士と比べると難易度が低いと言われていますが、実際のところどうなんでしょうか? 合格率や必要な勉強時間の目安、勉強法のコツやおすすめの参考書など、管理業務主任者の資格取得に必要な情報をまとめてるのでぜひ参考にしてください。 社会保険労務士、略して社労士は企業なら必ず考えなければいけない労働に関する諸問題や社会保険に関する知識を証明するための資格です。 需要は非常に大きいので、この資格を取れば就職に困ることはなくなるといってもいいでしょう。 今回はそんな社会保険労務士の難易度についてまとめました。 合格率や必要な勉強時間の目安、勉強法のコツやおすすめの参考書など、社会保険労務士の資格取得に必要な情報をまとめてるのでぜひ参考にしてください。 キャリアコンサルタントは2016年にできたばかりの新しい資格です。 その名の通りキャリア、つまり職業についてのコンサルタントをするために持ってると役立つ資格です。 そんなキャリアコンサルタントの難易度についてまとめました。 合格率や必要な勉強時間の目安、勉強法のコツやおすすめの参考書など、資格取得に必要な情報をまとめてるのでぜひ参考にしてください。 販売士はその名の通り販売に関する資格で、サービス業に従事する人や営業マン、マーケティング業界で働く人にとって役立つ資格です。 今回はそんな販売士3級の難易度についてまとめました。 合格率や必要な勉強時間の目安、勉強法のコツやおすすめの参考書など、販売士3級の資格取得に必要な情報をまとめてるのでぜひ参考にしてください。 販売士はその名の通り販売に関する資格で、サービス業に従事する人や営業マン、マーケティング業界で働く人にとって役立つ資格です。 販売士2級の難易度についてまとめました。 合格率や必要な勉強時間の目安、勉強法のコツやおすすめの参考書など、販売士2級の資格取得に必要な情報をまとめてるのでぜひ参考にしてください。 知的財産管理技能検定は著作権管理が重要となっている昨今の流れの中で重宝される資格です。 今回はそんな知的財産管理技能検定2級の難易度についてまとめました。 合格率や必要な勉強時間の目安、勉強法のコツやおすすめの参考書など、知的財産管理技能検定2級の資格取得に必要な情報をまとめてるのでぜひ参考にしてください。 知的財産管理技能検定は、著作権や特許に関する国家資格です。 知的財産管理技能検定3級の難易度についてまとめました。 合格率や必要な勉強時間の目安、勉強法のコツやおすすめの参考書など、知的財産管理技能検定3級の資格取得に必要な情報をまとめてるのでぜひ参考にしてください。 最近企業の個人情報保護が厳しくなっています。 そのため、個人情報保護士という資格をとる価値は高いです。 今回そんな個人情報保護士の難易度についてまとめました。 合格率や必要な勉強時間の目安、勉強法のコツやおすすめの参考書など、資格取得に必要な情報をまとめてるのでぜひ参考にしてください。 秘書検定2級は秘書を目指す人はともかく、ビジネスマナーを身に着けていることの証明にも役立つ資格です。 今回はそんな秘書検定2級の難易度についてまとめました。 合格率や必要な勉強時間の目安、勉強法のコツやおすすめの参考書など、秘書検定2級の資格取得に必要な情報をまとめてるのでぜひ参考にしてください。 PMP〈Project Management Professional はプロジェクトマネジャー試験の上位版です。 会社でプロジェクトをまとめる役割をするためには必ず必要なスキルなので個の資格を取得することはメリットが大きいです。 そんなPMPの難易度についてまとめました。 合格率や必要な勉強時間の目安、勉強法のコツやおすすめの参考書など、PMPの資格取得に必要な情報をまとめてるのでぜひ参考にしてください。 品質管理検定、通称QC検定は品質管理に関する資格で、取得すると昇給したり、昇進に有利になったりする会社もありますね。 今回はその中でも初心者向けのQC検定3級の難易度についてまとめました。 合格率や必要な勉強時間の目安、勉強法のコツやおすすめの参考書など、QC検定3級の資格取得に必要な情報をまとめてるのでぜひ参考にしてください。 品質管理検定のことをQC検定といいますが、これは品質管理に関する知識を問う資格です。 今回はそんなQC検定2級の難易度についてまとめました。 合格率や必要な勉強時間の目安、勉強法のコツやおすすめの参考書など、QC検定2級の資格取得に必要な情報をまとめてるのでぜひ参考にしてください。 証券外務員は、金融業界で働く時に役立つ資格です。 今回は証券外務員の難易度についてまとめました。 合格率や必要な勉強時間の目安、勉強法のコツやおすすめの参考書など、証券外務員の資格取得に必要な情報をまとめてるのでぜひ参考にしてください。 テープ起こしは動画や音声から文字を起こすことですが、この技術を測る試験があります。 この試験に合格して資格を取ることでテープ起こしの在宅ワークで有利になれます。 この記事ではテープ起こし検定上級コースの難易度についてまとめました。 合格率や必要な勉強時間の目安、勉強法のコツやおすすめの参考書など、テープ起こし検定上級コースの資格取得に必要な情報をまとめてるのでぜひ参考にしてください。 消費生活アドバイザーは、消費者の意見を企業や行政に反映させたり、消費者の苦情相談にアドバイスするための知識を問う資格です。 そんな消費生活アドバイザーの難易度についてまとめました。 合格率や必要な勉強時間の目安、勉強法のコツやおすすめの参考書など、消費生活アドバイザーの資格取得に必要な情報をまとめてるのでぜひ参考にしてください。 賃貸不動産経営管理士は賃貸不動産に関する専門知識を問う資格です。 そんな賃貸不動産経営管理士の難易度についてまとめました。 合格率や必要な勉強時間の目安、勉強法のコツやおすすめの参考書など、賃貸不動産経営管理士の資格取得に必要な情報をまとめてるのでぜひ参考にしてください。 食品表示検定は食品業界、食品の品質管理業界で働くならぜひ持っておきたい資格です。 そんな食品表示検定 初級の難易度についてまとめました。 合格率や必要な勉強時間の目安、勉強法のコツやおすすめの参考書など、食品表示検定 初級の資格取得に必要な情報をまとめてるのでぜひ参考にしてください。 マンション管理士はマンションの管理に関する助言、コンサルタント業務を行うのに必要な資格です。 今回はマンション管理士の難易度についてまとめました。 合格率や必要な勉強時間の目安、勉強法のコツやおすすめの参考書など、資格取得に必要な情報をまとめてるのでぜひ参考にしてください。 貿易実務検定は貿易の実務に関する知識を求められる資格です。 今回は貿易実務検定C級の難易度についてまとめました。 合格率や必要な勉強時間の目安、勉強法のコツやおすすめの参考書など、資格取得に必要な情報をまとめてるのでぜひ参考にしてください。 DTPエキスパートは印刷物に関する知識を問う資格です。 今回はそんなDTPエキスパートの難易度についてまとめました。 合格率や必要な勉強時間の目安、勉強法のコツやおすすめの参考書など、資格取得に必要な情報をまとめてるのでぜひ参考にしてください。 簿記を始めとする経理の資格の難易度や勉強法のコツの記事一覧です。

次の