木村拓哉インスタ中国。 木村拓哉SNSのWeibo(ウェイボー)とは?なぜ中国?日本からページは見られる?

工藤静香と木村拓哉、ほぼ同時に黒マスク姿を公開 「並んで見られて幸せ」(2020年7月14日)|BIGLOBEニュース

木村拓哉インスタ中国

木村拓哉公式Weiboより 木村拓哉が、5月8日にいよいよ公式インスタグラム( takuya. 木村はこれまで、中国版ツイッター「Weibo(微博)」のアカウントを持っていたが、国内のSNSには初めて着手する。 そして開始早々、妻の工藤静香、長女のCocomと次女・koki,の家族全員が木村のインスタをフォロー。 これには「さすが木村家!」「これからインスタ上で家族同士のコミュニケーションが見られるかも!」と期待する声が集まっている。 芸能記者は「どうやら木村さんは前からインスタをやりたがっていたらしい」と語る。 「木村さんはこれまでもWeiboやYouTubeの投稿を楽しんでいましたし、以前からインスタにも興味があったようです。 最近は娘2人が自宅でインスタの撮影をしていたりして、それを目にする機会も増え、ますます意欲が湧いたんじゃないでしょうか。 ただ、ヘタな投稿をして炎上しないよう、ジャニーズ事務所がきちんと管理するそうです。 過去には、妻の工藤さんも何度か炎上してますしね(苦笑)。 4月に木村がWeiboで工藤とのツーショット写真を公開した時も、喜ぶファンとショックを受けるファンとで二分していた。 「いまだに工藤のことを良く思っていないファンもいますからね。 どんなに年を重ねても、木村にいつまでも『理想のアイドル像』を求めてしまうファン心理もわからなくはない。 でも最近は、娘2人もインスタで父親について積極的に語ることが増えてきましたし、事務所もそれを黙認していますから、ファンはもう慣れていくしかないでしょう(苦笑)」(前出の芸能記者) とはいえ木村は「新型コロナウィルスの影響で自粛が続く中で、より皆さんと近い形でのコミュニケーションを国内外に取らせていただける場所として、インスタを始める事にしました」(原文ママ)とコメントしているため、一先ず家族とのコミュニケーションよりファンファーストな投稿が期待できるはずだ。 ここはひとつ、ファンを喜ばせるスターの本分を存分に発揮してほしいところだ。

次の

工藤静香と木村拓哉、ほぼ同時に黒マスク姿を公開 「並んで見られて幸せ」(2020年7月14日)|BIGLOBEニュース

木村拓哉インスタ中国

木村拓哉公式Weiboより 木村拓哉が、5月8日にいよいよ公式インスタグラム( takuya. 木村はこれまで、中国版ツイッター「Weibo(微博)」のアカウントを持っていたが、国内のSNSには初めて着手する。 そして開始早々、妻の工藤静香、長女のCocomと次女・koki,の家族全員が木村のインスタをフォロー。 これには「さすが木村家!」「これからインスタ上で家族同士のコミュニケーションが見られるかも!」と期待する声が集まっている。 芸能記者は「どうやら木村さんは前からインスタをやりたがっていたらしい」と語る。 「木村さんはこれまでもWeiboやYouTubeの投稿を楽しんでいましたし、以前からインスタにも興味があったようです。 最近は娘2人が自宅でインスタの撮影をしていたりして、それを目にする機会も増え、ますます意欲が湧いたんじゃないでしょうか。 ただ、ヘタな投稿をして炎上しないよう、ジャニーズ事務所がきちんと管理するそうです。 過去には、妻の工藤さんも何度か炎上してますしね(苦笑)。 4月に木村がWeiboで工藤とのツーショット写真を公開した時も、喜ぶファンとショックを受けるファンとで二分していた。 「いまだに工藤のことを良く思っていないファンもいますからね。 どんなに年を重ねても、木村にいつまでも『理想のアイドル像』を求めてしまうファン心理もわからなくはない。 でも最近は、娘2人もインスタで父親について積極的に語ることが増えてきましたし、事務所もそれを黙認していますから、ファンはもう慣れていくしかないでしょう(苦笑)」(前出の芸能記者) とはいえ木村は「新型コロナウィルスの影響で自粛が続く中で、より皆さんと近い形でのコミュニケーションを国内外に取らせていただける場所として、インスタを始める事にしました」(原文ママ)とコメントしているため、一先ず家族とのコミュニケーションよりファンファーストな投稿が期待できるはずだ。 ここはひとつ、ファンを喜ばせるスターの本分を存分に発揮してほしいところだ。

次の

木村拓哉(キムタク)のSNSがweiboの理由!なぜ中国語?

木村拓哉インスタ中国

イッパツで落ちるから!! 「最初、木村さんが飛び出してきたとこで、もう絶対全部持ってかれる!」 いやまったくそのとおり。 1月8日にソロアルバムを発表した木村さん。 そのファーストライブは、彼が親しむ青く温かな海に招かれたような、居心地のいい空間でした。 木村さんにとっても、およそ5年ぶりのステージ。 おたがい様子を見合う、ソフトな始まりになるかと思いきや、待ち合わせ場所に現れた彼に手を取られ、一気に海へと駆け出すような爽快なスタート! 冒頭の彼が言葉にしたように、イッパツで恋の渦に呑まれる高揚感。 キャプテンすげぇ!! 今回、随所で「 大人な感じで行きましょうよ」と語っていた木村さんですが、その大人スピリッツのいくつかを挙げてみます。 大人はグッズに妥協しない 「 ペンライトは4回作り直しました。 (大人のみんなが持つのだから)先っぽに何か付いていたら、子供っぽいかな、と考えて」 白とブルーに発光するペンライトは、すっきりとシンプルな形状で、余計なものを脱ぎ捨てた大人によく似合うデザイン。 振ると、揺らめく波のように客席が彩られました。 「 もし、小さなお店をやるとしたらどんな商品を並べたいか」を軸に考えたそうで、大人が納得して使えるものをそろえてくれたのだと思います。 大人は過去にも目を背けない アルバム曲のみならず、「あすなろ白書」の「TRUE LOVE」、「ロングバケーション」の「LA・LA・LA LOVE SONG」など出演作の主題歌も披露した木村さん。 ひときわ胸を打たれたのは、万感の思いを込めて歌ってくれたSMAP・「夜空ノムコウ」です。 明石家さんまさんから、「歌は(作った人だけでなく)聴く人のためのものでもある」と背中を押されたそうですが、素敵な曲の数々が、ずっと歌われずにいることは切ないもの。 静かにうずくまっていた歌をそっと抱き上げ、声をのせ息を吹き込んだ木村さんは、本当に尊いと思いました。 木村拓哉さんの魅惑のもてなしを受け、2時間強の公演は、あっという間にフィナーレを迎えました。 今もなお、余韻で身体が震えています。 後輩たちは、喜ぶといい。 目の前に、愛と情熱を湛えた木村拓哉という大海原が広がっていることを。 彼を見て研鑽を重ね、素敵なジャニーズがたくさん育つといいですね。 『Go with the Flow』公演は、2月11日(火)に国立代々木競技場 第一体育館で東京ラストを飾った後、2月19日(水)~20日(木)は大阪城ホールにて開催。 <文/みきーる イラスト/二平瑞樹>.

次の