チャコール スターター。 【楽天市場】★CAMPING MOON★チャコールスターター★火おこし器★チャコスタ★収納バッグ付★:ドミノサーフアンドキャンプ

炭の火おこしがラクになるチャコールスターターを導入しよう

チャコール スターター

チムニースターターってご存知ですか? 僕はバーベキュー検定を持ってる、いわゆるインストラクターってやつなんです。 バーベキューの3種の神器のひとつがチムニースターターなんです。 そして、このチムニースターターは火を起こす道具なんですが、 ウチワをつかってパタパタするダサいやりかたじゃなくて、、、 気圧を操作して火をつけるわけです。 チムニースターターとは、暖かい空気が上昇気流を起こす原理を利用して、扇いだりせずに放っておくだけで炭を熾すことができるという合理的な器具なんです。 後でも言いますが、ここに穴が空いてる中蓋を入れるわけですから、、、 綺麗に空いてることこそ、理想です。 それから対面の方にも穴をあけます! はじめにあけた穴にビスを通しておけばずれることもないので、あける場所がわかりやすいと思います。 適当でいいんですが、この上に炭を置いて、熱を持ちます。 必ず、台などの上に乗せて、下や横から空気が流れるように工夫してください。 こちらからダウンロードしていただけると嬉しいです。 よろしくお願いします。 気になるワードを入れてみて カテゴリー•

次の

コールマンのチャコールスターターを買ったらBBQの煩わしさが80%カットされた

チャコール スターター

火消し壺とiPhoneの大きさ比較 火消し壺は複数のメーカーから色々なサイズのものが発売されているのですが、サイズはものによってまちまちです。 昔ながらの陶器製のものなんかだと、七輪に入る程度の量の炭なら丁度良いのですが、バーベキューグリルで使う量の炭は全然入りきらなかったりします。 その点、キャプスタの大型火消し壺であれば、ダッチオーブン料理に使った炭が余ってしまった場合なんかでも、結構な量を入れて消化&再利用することができます。 スタッキングできるので、収納スペースが節約できる チャコールスターターだけしか使わない!という人は折り畳み式の火起こし器を使うのが最も省スペースになりますが、火消し壺を使う場合はどうしても火消し壺の大きさ分の収納スペースが必要になりますよね。 もし火起こし器と火消し壺の両方を使うのであれば、火消し壺の中に火起こし器をスタッキングして収納できるのはスペース面で大きなメリットになります。 火消し壺台が蓋固定機能も兼ね備えている 火消し壺と火起こし器が熱くなっても地面を熱から守れるように、専用の台が付属しています。 使用時はこれを下に置いて使いますが、収納時は蓋の上から台を被せることで、蓋が意図せず開いてしまわないようにするための固定用器具として機能します。 車に積んで移動中にもし横になってしまっても、蓋が開いて中の炭が散乱してしまうなんてことがないので安心です。 セットで買うから値段もお手頃 例えば同じキャプテンスタッグの商品で、とをそれぞれ単体で買ったとすると、火消し壺 約2,000円 + 火起こし器 約1,200円で合計3,200円程度になります。 セットになっている であれば、Amazonの最低価格で2,800円程度で購入することができます。 機能的には別々で買うのと同様のことができる上に、むしろサイズや収納性を考えるとこちらの方が勝っているくらいなので、両方使うつもりであればセットの購入がおすすめです。 商品スペック 商品スペックの詳細は以下の通りです。 サイズは火消し壺と火おこし器を分けて記載していますが、収納時は火消し壺の中に火起こし器がすっぽり収まる形になるので、火消し壺のサイズ分の収納スペースがあればOK。 項目 スペック サイズ(火消しつぼ) 幅21. 96 Kg 材質 アルスター鋼板(アルミメッキの鉄) カラー シルバー 注意点 実際に買うまでに複数商品を検討し、そして実際に購入して使ってみたぼく目線で、使ってみた購入前&使用時の注意点をご紹介します。 旧型は取っ手が燃える この火消し壺 火おこし器セットは初期版の発売以降、ユーザーの声などを取り入れて改良されています。 古いタイプのものだと、火消し壺の取っ手部分が木でできており、燃えている炭の熱で焦げてしまうという欠点がありました。 それ以外にも新しいものの方が良くなっているケースが多いので、在庫品などで旧型を見つけたとしても、基本的にはこの記事で紹介しているタイプを入手することをおすすめします。 本体が熱くなる これは書くまでもありませんが、火起こし器と火消し壺は使えばめちゃくちゃ熱くなります。 火起こし器は中に燃えている炭が入っていることが目で確認できるのであまり心配いらないと思いますが、火消し壺の方は燃えている炭を入れて密閉するという構造上、気付かず触ってやけどしてしまう危険性があります。 他メーカーの火消し壺でも同様のことが言えますが、使う際は周りの人に声かけをしたり、何か目印をつけたりすることで、熱くなった火消し壺を間違って触ってしまうことがないように注意しましょう。 さいごに チャコールスターターと呼ばれる火起こし器や火消し壺は、いろんな種類のものが発売されていて、どれを買えば良いか迷ってしまう人も多いと思います。 ぼくもいろいろ使ってみましたが、キャンプにはこの記事で紹介したキャプテンスタッグの大型火消し壺 火おこし器セットがおすすめなので、迷っている方はぜひ検討してみてください。

次の

超優秀!キャプテンスタッグの「大型火消し壺 火おこし器セット」をおすすめする理由|いーまキャンプ

チャコール スターター

チャコールスターター 出典: チャコールスターターはBBQや焚き火の時に、火起こしが簡単になるギアです。 折りたたんで収納できるものもありますが、使用時の形は筒状になり、筒の中に炭をセットします。 下の方に穴が空いていて、それにより筒内に上昇気流がうまれ、新聞紙や牛乳パックなど、燃えやすいものを下に置いて着火すると、さほど時間がかからず容易に炭に火が着く、という仕組みになっています。 空気の流れが良くなるように、炭は筒の八割ほどセットします。 毎回BBQや焚き火をするような方は持っておいて損はないんじゃないでしょうか。 各社そこまで性能と構造に差は無いようです。 着火できる炭の量や価格を参考に検討しましょう。 厚みがありしっかりした作りですがそれに比例して重さがあります。 焚き火台と同系のデザインなので合わせると統一感がありますね。 火消し壺 火消し壺は、バーベキューの後のまだ火がついた状態の炭を、安全かつ迅速に消火してくれるギアです。 火はそのままにしておいても勝手に消えますが、焚き火台を倒したりすると危ないですし、撤収時間が迫っていたりすると、のんびり待ってもいられません。 水をかけて消すこともできますが、そうすると高熱で大量の水蒸気が放出されて非常に危険です。 私は若かりし頃にそれでヤケドしたことがあります。 消えたつもりでも意外と消えてなかったりしますしね。 火消し壺で消火した炭は、消し炭と言って再利用することができますので、エコでリーズナブルですよね。 消し炭は一度着火してるので、次に使う時には火が付きやすくなっています。 炭を壺に入れる時は、安全のため、流し入れたりせずにひとつずつ火ばさみで掴みながら入れるようにしましょう。 また、炭を入れた火消し壷は非常に熱くなっていますので、素手では触らないようにご注意ください。

次の