フェーズ 4 mcu。 「スパイダーマン:ホームカミング」続編、MCUフェーズ4の幕開けに

マーベル・シネマティック・ユニバース「フェイズ4」ラインナップ総まとめ ─ 2020~2021年に映画・ドラマ10作品、その後の計画も

フェーズ 4 mcu

Contents• 思わぬ出来事 20th Century Foxの主要部門をDisneyが買収しました。 これによって「X-MEN」と「ファンタスティック・フォー」に属するキャラクターや設定などの映像化権を手に入れ、更に近年「スパイダーマン」の映像化権を持っているSonyとも関係が良好なことから、マーベル作品の映画体系であるMCUにすべてのキャラクターがそろう準備が整いましたね!! この買収によって、MCUの計画は大幅に影響があったのではないかと考えています。 楽しみです! 今後の映画 エンドゲームまで 今現在今後の映画は以下が予定されています。 Fox買収によって、このラインナップにX-MENシリーズやファンタスティック・フォーなどが加わるのが楽しみですね。 それは5年経っているということですね。 しかもただの5年ではなく、半分の人間が5歳分年を取っている。 正確には半分は5歳若いということですかね。 これがどう影響していくのかも気になりますね。 3』は2020年7月31日 アダム・ウォーロックが本格登場のようです。 敵は他にもセレスティアルズとか出てきそうですね。 他にもドルマムゥの再登場や、メフィスト辺りとか出てくるような気がしますね。 カンフー系っぽいですね。 ブラックパンサーが大ヒットしたのでそれを受けて製作っぽいです!公開日は調べた感じまだわかりません。 他の映画にはできない世界観を楽しみにしてます。 日本ではすでにDisney Deluxeという名称で始まっています。 私はすでに入会済みですが、コンテンツ量は他のNetflixなどと比べると少ないですが、やはり質はめっちゃいいですね。 com. トム・ヒドルストン主演「ロキ(邦題未定、原題:Loki)」• エリザベス・オルセン&ポール・ベタニー主演「ワンダヴィジョン(邦題未定、原題:WandaVision)」• クリント・バートン/ホークアイの単独ドラマ 本記事の後半で誰が引退するかについて述べてますが、このドラマに出演する方々は大丈夫そうですね!!めっちゃ楽しみです!! さらにケヴィン・ファイギ社長は以後のMCUにおいて重要な役割を担うことと、それぞれのストーリーは従来のMCUにも深く関係することを明言しましたね。 こんなビッグな企画をするなんて流石ディズニーです… 気になること ロキとヴィジョンは結局死んだままなのにどうやってドラマを?? おそらく2012年でロキは四次元キューブで逃げています。 なのでロキ 2012 が主役とか?ヴィジョンはまだわかりませんね…石がなくても大丈夫なのはインフィニティ・ウォーで確定していることと、ワカンダで石を取り外そうとするときに彼の魂のバックアップが残っててとか?もしくはワンダが量子でタイムスリップしてとかですかね?きになります。 誰が引退? スティーブ・ロジャース ニュースにもなりましたがキャプテンアメリカ演じる クリス・エヴァンスがMCUを引退するようです。 長らく演じていますし、相棒であるクリスも引退であるので、それも近いかもしれません…. 説は2つありまして、• 過去の回想• タイムトラベル 1の予想は結構当たり前って感じですね。 私は2の説を押します。 原作コミックであるインフィニティ・ガントレットでは、サノスによって多くのヒーローや登場人物が殺されます。 ではどうやって勝ったのかというと、ネビュラが隙をついてサノスのインフィニティ・ガントレットをはめて、タイム・ジェムの力を使って時を巻き戻し、大勢が殺される前に戻したという展開でした。 したがって、MCUでも 時を戻す可能性は非常に高いです。 引導を渡すきっかけに タイムトラベルというのは引導を渡すきっかけになると考えています。 キャプテン・アメリカやアイアンマンなどの ヒーローが引退したときの大きな問題が3つあります。 作中で生きたまま引退した場合、そのあとの作品に出てこない理由付け• 魅力的な設定も使えなくなるのは非常にもったいない• 死亡させた場合、再登場させる方法は生き返ることだが、コミックでやりつくしていてファンをうんざりさせている 役者の引退に際し演じるキャラクターを 死亡させ引退させるのは簡単です。 しかしその手のストーリーは正直言ってマンネリ化しています… したがってマーベルは引退するヒーローたちを何人かは死亡させてしまうかもしれませんが、何人かは 生存したまま引退させると思います。 その際に、どうして生きているのにそのあとの作品でヒーロー達のピンチに駆けつけないのかなどの疑問が生じてしまいます。 気にしない作品もありますが、MCUは かなり丁寧な世界観を作っているのでそこは必ず考慮するはずです。 したがって、キャプテン・アメリカの引退の方法は、タイム・ストーンによる力の影響で、実年齢である90歳以上になってしまうのではないかと思います。 コミックでも上記のように老化する展開がありますからこの予想はかなり当たる可能性が高いと思います(笑) また、 タイムトラベルによる役者交代もある…かもしれません(笑) つまり過去を改変したことによって、現在の人物の姿かたちが変わってしまったと理由付けしてうまく役者を交代させる手法ですね(笑)DCFUのバットマン演じるベン・アフレックとかがこの手法で交代するんではないかと思います。 ほかにもX-MENの5作目で行ったキャラクターの復活劇とかは上手いなぁと思いましたね(笑) また、 トニースタークはペッパーポッツという恋人がいます。 この二人の関係は一作目からでして、正直言えば二人は幸せに結ばれて、円満にヒーロー稼業を引退してほしい気がしますが、先ほど述べた通りそのあとの作品に出てこない理由付けが必要だと個人的には思いますので、トニーとペッパーは2人でどこか別の次元とかに飛ばされてしまうのではないかと思います。 そうすれば2人は幸せに結ばれますし、出てこない理由付けになりますね(笑) とにかくタイムトラベルによって多くのキャラクターの設定や、もしかしたら設定も変わってしまう可能性は大いにあります。 恐ろしい敵を呼ぶことに タイムトラベルといえば征服者カーンです。

次の

マーベル・シネマティック・ユニバース

フェーズ 4 mcu

概要 の「」を原作としたスーパーヒーローの実写映画化作品を、同一の世界観のとして扱う作品群。 現在では短編映画、テレビシリーズなどに拡大している。 MCU初の公開作品は『』(2008年公開)であり、時系列の纏まりである「フェーズ」の第一段階をスタートさせ、このフェーズ1は2012年公開の『』で終了する。 それに続いたフェーズ2は『』(2013年公開)から始まり、『』(2015年公開)で終了する。 MCUは2019年6月現在フェーズ3にあり、『』(2016年公開)で始まり『』(2019年公開)で終了する。 これらのフェーズ1~3の23作品をまとめて、「インフィニティ・サーガ」と呼称する。 フェーズ4は2020年11月公開予定の『』から始まり、2022年3月公開予定の『』までの映画5作品と、その期間内に『』で配信されるドラマ4作品(2020年配信予定の『』から2021年秋配信予定の『』)とアニメ1作品(2021年夏配信予定の『』)と、さらに同年8月23日に行われた「D23 Expo 2019」にて、Disney+向けに新たにドラマ『』、『』、『』の製作を発表。 しかし、同年8月21日にはマーベル・スタジオとソニーが『スパイダーマン』シリーズの出資条件をめぐって交渉決裂したとの報道が伝えられた。 これにより、スパイダーマンがMCUを離脱すると報じられたが、同年9月26日、両社は新たな契約に合意。 『』を含む、これら計14作でフェイズ4は構成されるという。 さらにマーベルはテレビドラマでもMCUを拡大させ、2013年にはスピンオフ作品である『』をのネットワーク放送で初めて開始し、2015年には『』をで、に『』をでし、には米局で『』を放送した。 同スタジオはエージェント・オブ・シールドのスピンオフ作品である『』も制作している。 これまでのテレビドラマシリーズは映画シリーズと世界観や出演者は共有しているものの、映画シリーズの外伝にあたるため、ストーリー上の直接の繋がりは薄く、映画のストーリーがドラマに与える影響はあっても、ドラマのストーリーが映画に与える影響はほとんど無かった。 映画やテレビシリーズのは、劇中で使用された音楽を含め、全てのシリーズ毎にとしてリリースされている。 また、MCUにはマーベル・コミックスが発行した提携作品も含まれており、マーベル・スタジオは偽のニュース番組『』を使用して、一連のビデオ短編映画シリーズ「」とその作品群における世界のためのキャンペーンを制作した。 公開順で挙げると、以下の映画作品が同一の世界観を舞台としており、当シリーズに該当する。 作品によっては別のコミック作品であるキャラクターが共演している。 なお、日本での公開順は最初期の2作が入れ替わっている。 インフィニティ・サーガ(フェーズ1〜3) フェーズ1• 『』(2008年公開)• 『』(2008年公開)• 『』(2010年公開)• 『』(2011年公開)• 『』(2011年公開)• 『』(2012年公開) フェーズ2• 『』(2013年公開)• 『』(2013年公開)• 『』(2014年公開)• 『』(2014年公開)• 『』(2015年公開)• 『』(2015年公開) フェーズ3• 『』(2016年公開)• 『』(2016年公開)• 『』(2017年公開)• 『』(2017年公開)• 『』(2017年公開)• 『』(2018年公開)• 『』(2018年公開)• 『』(2018年公開)• 『』(2019年公開)• 『』(2019年公開)• 『』(2019年公開) フェーズ4• 『』(2020年11月6日公開予定)• 『』(2021年2月12日全米公開予定)• 『』(2021年5月7日全米公開予定)• 『』(2021年11月5日全米公開予定)• 『』(2022年2月11日全米公開予定)• 『』(2022年3月25日全米公開予定) フェーズ5以降• 『 」(2022年5月6日全米公開予定)• 『』(2022年7月8日全米公開予定)• 『』(公開日未定)• 『』(公開日未定)• 『』(公開日未定 テレビドラマシリーズ また映画以外に、としても作品展開している。 ABC制作• 『』(2013年〜2020年)• 『』(2015年〜2016年)• 『』(2017年) Netflix制作• 『』(2015年〜2018年)• 『』(2015年〜2019年)• 『』(2016年〜2018年)• 『』(2017年〜2018年)• 『』(2017年)• 『』(2017年〜2019年) Hulu制作• 『』(2017年〜2019年• 『』(2020年8月予定• 『』(2020年予定• 『』(2021年初旬予定• 『What If…? (原題)』 (2021年夏予定)• 『Hawkeye(原題)』(2021年秋予定)• 『Ms. MARVEL(原題)』(配信時期未定)• 『MOON KNIGHT(原題)』(配信時期未定)• 『SHE HULK(原題)』(配信時期未定) 映画作品 作品名 北米公開日 日本公開日 監督 脚本 製作 上映時間 現状 フェーズ1: アベンジャーズ・アッセンブルド 2008年5月2日 2008年9月27日 マーク・ファーガス ホーク・オストビー アート・マーカム マット・ホロウェイ 126分 公開済み 2008年6月13日 2008年8月1日 アヴィ・アラッド ケヴィン・ファイギ 112分 2010年5月7日 2010年6月11日 ケヴィン・ファイギ 124分 2011年5月6日 2011年7月2日 114分 2011年7月22日 2011年10月14日 124分 2012年5月4日 2012年8月14日 143分 フェーズ2 2013年5月3日 2013年4月26日 シェーン・ブラック ケヴィン・ファイギ 130分 公開済み 2013年11月8日 2014年2月1日 112分 2014年4月4日 2014年4月19日 クリストファー・マルクス スティーヴン・マクフィーリイ 136分 2014年8月1日 2014年9月13日 122分 2015年5月1日 2015年7月4日 141分 2015年7月17日 2015年9月19日 117分 フェーズ3 2016年5月6日 2016年4月29日 ケヴィン・ファイギ 148分 公開済み 2016年11月4日 2017年1月27日 スコット・デリクソン C. MCUの一部で、世界観や出演者を共有しているものの、映画シリーズの外伝にあたるため、ストーリー上の直接の繋がりは薄い。 これらのドラマはマーベルのテレビ部門であるが製作しているものだが、で配信される作品は映画作品と同じくマーベル・スタジオが製作するもので、ストーリー上でも深く関わることになる。 シリーズ名 シーズン 話数 放送日(米国)/配信日(米国) シーズン初回 シーズン最終回 制作 22話 22話 22話 22話 22話 13話 13話 予定 8話 2 10話 1 8話 配信 13話 (全話一挙配信) 13話 (全話一挙配信) 13話 (全話一挙配信) 1 13話 (全話一挙配信) 2 13話 (全話一挙配信) 3 13話 (全話一挙配信) 1 13話 (全話一挙配信) 2 13話 (全話一挙配信) 1 13話 全話一挙配信 2 10話 (全話一挙配信) 1 8話 全話一挙配信 1 13話 全話一挙配信 2 13話 全話一挙配信 配信 1 10話 2 13話 全話一挙配信 3 10話 全話一挙配信 制作 1 10話 2 10話 配信 1 6話 8月予定 - 1 6話 予定 - 1 6話 春予定 - 1 夏予定 - 2 - 1 秋予定 - 1 - 1 - 1 - 企画 フェーズ1 『アイアンマン』(2008年) 2005年、『』誌はマーベル・スタジオによる自社製作でコミックを映画化し、パラマウント映画がそれらを配給することを報じた。 資金提供はより7年間で5億2500万ドルを受ける。 マーベルの計画は、初めに主要なキャラクターの個々の映画を公開し、その後で合流させるというものであった。 マーベル・スタジオ社長のは当初これらの物語が連続する映画作品群を「マーベル・シネマ・ユニバース」と呼んだが 、後に「マーベル・シネマティック・ユニバース」(Marvel Cinematic Universe)という名称が使われるようになった。 2006年4月、マーベルは『』の監督としてを雇い 、アート・マーカム、マット・ホロウェイ、マーク・ファーガス、ホーク・オストビーらと脚本を完成させた。 さらにファヴローはに脚本を修正させた。 9月、がアイアンマン役にキャスティングされた。 は2007年3月12日始まり 、最初の数週でスタークがアフガニスタンで捕らわれる場面が で撮られた。 4月半ばに『アイアンマン』の製作はに移り 、2007年6月25日にので完了した。 『アイアンマン』は2008年4月14日にシドニーの ()の ()劇場でプレミア上映された。 映画のエンドクレジット後の場面では演じるが登場する。 ファヴローはこの場面について「ファンへのちょっとした感謝の言葉... 『』を準備する方法だ」と説明した。 ジャクソンのカメオ出演のニュースが漏洩するのを防ぐ為、撮影は最低限のスタッフで1日だけで行われた。 映画の背景でがジョークとして ()を入れたが、ファヴローはこれをそのまま残すことに決めた。 『インクレディブル・ハルク』(2008年) 2006年1月 、マーベルは2003年の映画『』の続編を期限内に製作できなかったからの映画化権を取り戻した(配給権はユニバーサルに残った)。 マーベルは当初『アイアンマン』に関心を示していたを『』の監督として雇った。 脚本は2003年の映画で草案を書いたが執筆した。 2006年4月、がブルース・バナー役の交渉に入り、さらにペンの脚本を書き直したが 、最終的に脚本にクレジットされたのはペンのみであった。 撮影は2007年7月9日にで始まり 、他に、で行われた。 エンドクレジット後の場面で『アイアンマン』と同じくトニー・スタークを演じるロバート・ダウニー・Jrがカメオ出演した。 DVDに収録されたもう一つのオープニングでは氷漬けにされたが確認できる。 『アイアンマン2』(2010年) 2008年5月に『アイアンマン』が成功するとマーベル・スタジオは続編を企画中であると発表した。 2008年7月、ジョン・ファヴローは続編を監督する契約を交わした。 同月、ファヴローとダウニーによる原案を脚本化するためにが雇われた。 2008年10月、ダウニーは最初の映画を含む新たな4作品分への出演契約を交わした。 また『アイアンマン』でニック・フューリーを演じたサミュエル・L・ジャクソンは9本の映画での同役への出演契約を交わし 、もまた役で複数の映画に出演する契約を交わした。 主要撮影は2009年4月6日に のパサデナ・マソニック・テンプルで始まった。 主な撮影地はカリフォルニア州 ()のローリー・スタジオである。 他に、 、 、 ()でもロケが行われた。 今作でもキャプテン・アメリカの盾が再登場するなど、他のマーベル映画への参照が続いている。 映画終盤でのの秘密基地の場面では、『インクレディブル・ハルク』の場面の映像が流れ、また世界地図がが住むアフリカなどを指しているといったが含まれた。 エンドクレジット後の場面ではクレーターから () ソーのハンマー が発見される。 『マイティ・ソー』(2011年) からの権利が取り戻された後の2006年4月、が脚本執筆のために雇われた。 2007年8月、マーベル・スタジオはと監督契約を交わした。 2008年5月にヴォーンは契約期限が切れて去り、マーベルはプロトセヴィッチに新たな脚本の草案に取り掛からせた。 9月、ヴォーンに代わってへの監督交渉に入った。 2009年5月、がソー役に交渉され 、またがその弟の役となった。 両俳優は複数の映画への出演契約を交わした。 撮影は2010年1月11日にカリフォルニア州で始まり 、3月15日にはへ移った。 『アイアンマン』及び『アイアンマン2』にも出演したは『マイティ・ソー』でもS. エージェントの役を務めた。 は『アベンジャーズ』へ役での出演契約を交わした後、『マイティ・ソー』でのカメオ出演の撮影を済ませた。 エンドクレジットの場面でエリック・セルヴィグとニック・フューリーが ()について話し、それを見るロキの姿が描かれた。 この場面は『アベンジャーズ』の監督でもあるが監督した。 セルヴィグを演じたは、『マイティ・ソー』の脚本を最初に読んだ時はこの場面は存在しなかったが、『アベンジャーズ』への出演契約を交わしたあとにページが追加されたと述べた。 2008年11月にが監督契約を交わし 、脚本書き直しのためにとが雇われた。 2010年3月、がキャプテン・アメリカ役、が役にキャスティングされた。 撮影は2010年6月28日にイギリスで始まり 、ロンドン () 、、でロケが行われた。 プレミア上映は2011年7月19日にカリフォルニア州の ()で行われた。 映画ではがトニー・スタークの父親の ()の若年期を演じ 、『アイアンマン2』でも行われたスターク・エキスポの初期バージョンで司会を務める。 映画の最後の場面ではサミュエル・L・ジャクソン演じるニック・フューリーが登場し、さらにエンドクレジット後には『アベンジャーズ』のが流れる。 『アベンジャーズ』(2012年) 2007年6月、『インクレディブル・ハルク』の脚本を書いたザック・ペンが『アベンジャーズ』の脚本執筆のために雇われた。 2010年4月、ジョス・ウェドンが監督契約を交わし、さらにペンの脚本を書き直した。 マーベルはエドワード・ノートンがハルクを再演しないことを発表し 、2010年7月、新たにがキャスティングされた。 2010年10月、は『アベンジャーズ』と『アイアンマン3』の世界配給権を1億1500万ドルでパラマウントから買い取ったが 、パラマウントは興行収入を受け取り続け、また配給の際に同社はクレジットが残り続ける。 主要撮影は2011年4月にニューメキシコ州アルバカーキで始まり 、8月にオハイオ州クリーブランド 、9月にニューヨークに移った。 『アイアンマン』及び『アイアンマン2』でを演じたは、ウェドンの構想では登場しない予定であったが、ダウニー・Jrの勧めにより出演が決まった。 とディズニーは『』からオズコープ・タワーを『アベンジャーズ』のクライマックスに登場させる案を話し合っていたが、オズコープの建物のデザインが完了する前に既に『アベンジャーズ』のマンハッタンのスカイラインが出来上がっていたために没となった。 エンド・クレジット後の場面にはダミオン・ポワチエ演じる悪役のが登場する。 フェーズ2 『アイアンマン3』(2013年) 詳細は「」を参照 2012年7月、マーベル・スタジオは『 Guardians of the Galaxy』の企画があり、2014年8月1日公開予定であることを発表した。 監督はであり 、ニコール・パールマン、クリス・マッコイがガンと共に脚本を執筆する。 2013年2月、が主役の役にキャスティングされた。 撮影は2013年7月よりで始まった。 従来のシリーズ作品と異なりコミック版で既に人気のあるキャラクターではなく一般的知名度の低いマイナーヒーローチームが原作となっているが、映画が大ヒットしたことで逆にコミック世界での出番が増える相乗効果を生み出した。 ライトの計画ではとが主要キャラクターとなる。 2012年ののマーベル・スタジオのパネルではテスト映像が上映された。 公開は2015年11月6日を予定し 、ファイギはこれがマーベル・シネマティック・ユニバースのフェイズ3の1作目となることを明かしている。 2013年9月10日、公開予定日が2015年7月31日に変更されたが 、翌2014年1月に2015年7月17日公開予定へと再度変更された。 2014年5月23日、マーベルとライトは互いのビジョンの相違によりライトが監督を降板すると共同声明を出した。 2014年6月7日、が監督に、またが脚本で参加する事が発表された。 フェーズ3 詳細は「」を参照 ホームメディア 2012年6月、『 Marvel Cinematic Universe: Phase One — Avengers Assembled』と題された10ディスクが2012年9月25日に発売されることがマーベルより発表された。 セットはマーベル・シネマティック・ユニバースの6作品(『』、『』、『』、『』、『』、『』)が『アベンジャーズ』ののブリーフケースのレプリカに収納されている。 2012年8月、『アベンジャーズ』でブリーフケースを作った荷物会社のリモワGmbHが、レプリカを作る許可を与えていないとしてマーベル・スタジオとを訴えた。 セットの発売は2013年に延期され、再デザインされた。 2013年4月2日、再デザインされたボックスセットが発売された。 ボックスセットには本編映像の他、公開予定のフェイズ2作品のフッテージやコンセプトアート、フェイズ1作品の削除されたシーンが収録された。 他のメディア 短編映画 詳細は「」を参照 2011年8月、マーベルは「マーベル・ワンショット」という題の2作のを告知した。 第1作の題は『マーベル・ワンショット: 相談役』であり、2011年9月3日に北米で発売された『』の及びに付属された。 第2作の題は『マーベル・ワンショット: ハンマー墜落現場へ向かう途中での出来事』である。 「マーベル・ワンショット」2作は演じるフィル・コールソンを主役としており、S. エージェントとして活動する彼の1日が描かれる。 第3作の短編映画『アイテム47』は2012年9月25日発売の『』のBlu-rayに収録された。 第4作『エージェント・カーター』は2013年9月4日発売された『』のBlu-rayに収録され、がペギー・カーター役で出演する。 ディズニーパークでのマーベル・シネマティック・ユニバース にマーベルのを作るという話はから始まっていた。 の2013-2014年の決算スピーチの中で、マーベルのナイトタイム・パレード、そしてからのキャラクターをテーマとしたエリアが作られると発表した。 はマーベル関連を増やす考えで、ではマーベルキャラクターとグリーティングが出来る。 世界にある6つあるディズニーリゾートのうち、を除く5つのディズニーリゾートでマーベルエリア、アトラクションなどを数多く展開している。 また、やに映画『アベンジャーズ』をテーマとしたラッピングが行われた。 にはがマーベルホテルにリニューアルされる。 また、は2016年の開園同時にマーベルエリアが存在する。 でもが所有するでマーベル関連のグッズが販売されているほか、でも放送されている。 が運営するのみオリエンタルランドの意志により、以下のマーベル関連のアトラクションやエリアは発表されていない。 またでも世界で唯一マーベル仮装は禁止となっている。 アトラクション 「」 "Iron Man Experience" のに、2017年にオープン。 スターク・エキスポの名称が登場するなど、映画内での設定と関連している。 「」 "Guardians of the Galaxy - Mission Breakout! " のに、2017年にオープン。 ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーをテーマにしたアトラクション。 「」("Ant-Man and The Wasp: Nano Battle! 「」 "Guardians of the Galaxy: Cosmic Rewind" のに2021年オープン予定のアトラクション。 ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーをテーマにした2つ目のアトラクション。 「」 "WEB SLINGERS: A Spider-Man Adventure" のに作られるアベンジャーズ・キャンパスの一環として2020年7月18日にオープン予定のアトラクション。 ユニバーサルパークのアトラクションである「」に次ぐをテーマにしたアトラクション。 エリア 「」("Avengers Campus") 香港ディズニーランド、、ディズニー・カリフォルニア・アドベンチャーに建設中のエリア。 「」("MARVEL Universe'') のにある室内型のエリア。 2016年9月7日閲覧。 2019年4月6日閲覧。 MCU初のアニメ作品である。 の2011年5月1日時点におけるアーカイブ。 2008年3月1日閲覧。 の2013年3月28日時点におけるアーカイブ。 2008年4月21日閲覧。 の2013年2月23日時点におけるアーカイブ。 2013年2月23日閲覧。 の2013年2月21日時点におけるアーカイブ。 の2012年8月21日時点におけるアーカイブ。 2012年8月3日閲覧。 の2012年8月24日時点におけるアーカイブ。 2008年7月16日閲覧。 の2011年7月6日時点におけるアーカイブ。 2008年9月29日閲覧。 の2011年7月2日時点におけるアーカイブ。 2008年11月10日閲覧。 2008年11月18日. の2011年7月6日時点におけるアーカイブ。 2008年11月19日閲覧。 First paragraph; subscription required for full story. の2011年4月25日時点におけるアーカイブ。 2010年4月14日閲覧。 2012年9月3日時点のよりアーカイブ。 2012年9月3日閲覧。 () 2011年3月7日. 2012年9月3日時点のよりアーカイブ。 2012年9月3日閲覧。 2012年9月3日時点のよりアーカイブ。 2012年9月3日閲覧。 2011年10月13日時点のよりアーカイブ。 2011年10月13日閲覧。 , Mike 2011年12月24日. 2013年3月27日時点のよりアーカイブ。 2013年3月27日閲覧。 StitchKingdom. com 2012年10月12日. 2012年10月12日閲覧。 2012年4月6日時点のよりアーカイブ。 2012年4月6日閲覧。 2012年7月16日時点のよりアーカイブ。 2012年7月3日閲覧。 Marshall, Rick 2011年4月14日. 2011年7月6日時点のよりアーカイブ。 2011年4月14日閲覧。 2012年8月5日時点のよりアーカイブ。 2012年7月16日閲覧。 Superherohype. com. 2012年9月18日時点のよりアーカイブ。 2012年9月18日閲覧。 Marvel. com 2013年7月20日. 2013年7月21日時点のよりアーカイブ。 2013年7月20日閲覧。 2012年8月16日時点のよりアーカイブ。 2012年8月16日閲覧。 2012年8月7日時点のよりアーカイブ。 2012年8月7日閲覧。 Collider. com. 2014年3月11日時点のよりアーカイブ。 2014年3月14日閲覧。 Waxman, Sharon 2007年6月18日. : p. の2013年3月31日時点におけるアーカイブ。 2009年2月1日閲覧。 Beall, Mark 2006年9月14日. Cinematical. 2011年7月4日時点のよりアーカイブ。 2010年8月2日閲覧。 Orange, B. Alan 2009年6月5日. 2013年3月31日時点のよりアーカイブ。 2010年10月19日閲覧。 Douglas, Edward 2010年4月25日. Superherohype. com. 2013年3月31日時点のよりアーカイブ。 2013年4月2日閲覧。 2006年6月21日. の2013年3月28日時点におけるアーカイブ。 2008年3月22日閲覧。 2006年9月29日. 2013年3月26日時点のよりアーカイブ。 2013年3月25日閲覧。 Superherohype. com. 2007年2月28日. の2013年3月28日時点におけるアーカイブ。 2007年2月28日閲覧。 2007年3月19日. Superherohype. com. の2013年3月28日時点におけるアーカイブ。 2007年3月19日閲覧。 SciFi Japan 2008年4月30日. 2013年3月28日時点のよりアーカイブ。 2013年3月28日閲覧。 2007年4月6日. の2013年3月28日時点におけるアーカイブ。 2007年4月16日閲覧。 2007年6月25日. Superherohype. com. の2013年3月28日時点におけるアーカイブ。 2007年6月26日閲覧。 Superherohype. com. 2008年4月14日. の2013年3月28日時点におけるアーカイブ。 2008年4月15日閲覧。 Vary, Adam B. 2008年5月5日. 2013年3月28日時点のよりアーカイブ。 2010年5月11日閲覧。 2013年3月26日時点のよりアーカイブ。 2010年5月11日閲覧。 2006年1月18日. の2013年2月23日時点におけるアーカイブ。 2013年2月23日閲覧。 Zeitchik, Steven 2006年2月23日. の2013年2月23日時点におけるアーカイブ。 2008年6月17日閲覧。 Douglas, Edward 2007年4月16日. Superherohype. com. の2013年2月23日時点におけるアーカイブ。 2007年4月17日閲覧。 Fernandez, Jay A. 2007年8月15日. : p. の2013年2月23日時点におけるアーカイブ。 2013年2月20日閲覧。 The Making of Incredible, 2008 DVD documentary• SuperheroHype. com. 2007年7月31日. の2013年2月23日時点におけるアーカイブ。 2007年10月2日閲覧。 Carroll, Larry 2008年3月17日. 2013年3月27日時点のよりアーカイブ。 2010年5月11日閲覧。 Worley, Rob M. 2008年10月13日. 2013年3月27日時点のよりアーカイブ。 2010年5月11日閲覧。 2008年5月5日. の2012年8月21日時点におけるアーカイブ。 2012年8月3日閲覧。 Kit, Borys 2008年10月29日. の2013年3月26日時点におけるアーカイブ。 2013年3月26日閲覧。 Fleming, Michael 2009年2月25日. Variety. の2012年8月21日時点におけるアーカイブ。 2009年3月30日閲覧。 Finke, Nikki 2009年3月11日. の2012年8月21日時点におけるアーカイブ。 2012年8月3日閲覧。 2009年7月18日. の2012年8月21日時点におけるアーカイブ。 2012年8月3日閲覧。 SuperHeroHype 2009年4月5日. 2012年8月21日時点のよりアーカイブ。 2012年8月13日閲覧。 2010年5月. の2012年8月21日時点におけるアーカイブ。 2012年8月13日閲覧。 Edwards Air Force 2009年5月21日. 2012年8月21日時点のよりアーカイブ。 2012年8月13日閲覧。 Garrett, Jerry 2010年5月7日. の2012年8月21日時点におけるアーカイブ。 2012年8月13日閲覧。 Filipponi, Pietro 2010年9月19日. The Daily Blam!. 2013年3月26日時点のよりアーカイブ。 2011年2月1日閲覧。 Marshall, Rick 2010年4月28日. の2011年7月6日時点におけるアーカイブ。 2010年10月20日閲覧。 Fleming, Micheal 2007年8月9日. の2011年7月6日時点におけるアーカイブ。 2009年5月28日閲覧。 Davis, Erik 2008年5月8日. Cinematical (). の2011年7月6日時点におけるアーカイブ。 2009年5月28日閲覧。 2009年5月16日. の2011年5月11日時点におけるアーカイブ。 2009年5月19日閲覧。 2009年5月18日. の2011年5月11日時点におけるアーカイブ。 2009年5月19日閲覧。 Billington, Alex 2009年6月7日. Firstshowing. net. の2011年7月6日時点におけるアーカイブ。 2010年1月7日閲覧。 2010年1月11日. 2011年5月11日時点のよりアーカイブ。 2011年2月22日閲覧。 Bord, Christine 2010年3月11日. OnLocationVacations. com. 2011年7月6日時点のよりアーカイブ。 2010年3月15日閲覧。 Marnell, Blair 2010年4月28日. 2013年3月27日時点のよりアーカイブ。 2010年5月13日閲覧。 2011年3月28日. の2013年3月23日時点におけるアーカイブ。 2011年3月28日閲覧。 Franich, Darren 2011年5月7日. 2013年3月26日時点のよりアーカイブ。 2013年3月26日閲覧。 Hewitt, Chris 2011年5月20日. 2011年7月6日時点のよりアーカイブ。 2011年5月23日閲覧。 Philbrick, Jami 2011年8月31日. 2013年3月27日時点のよりアーカイブ。 2011年9月1日閲覧。 Graser, Marc 2010年3月22日. 2011年7月2日時点のよりアーカイブ。 2010年3月23日閲覧。 Superherohype. com 2010年4月28日. 2013年2月20日時点のよりアーカイブ。 2013年2月20日閲覧。 () 2010年7月7日. 2011年7月5日時点のよりアーカイブ。 2010年7月9日閲覧。 () 2011年7月28日. 2011年7月29日時点のよりアーカイブ。 2011年7月28日閲覧。 Collinson, Dawn 2010年9月16日. 2010年12月19日時点のよりアーカイブ。 2010年9月27日閲覧。 2011年7月15日. 2013年3月27日時点のよりアーカイブ。 2011年7月18日閲覧。 Winning, Josh 2011年1月10日. 2013年3月26日時点のよりアーカイブ。 2013年3月26日閲覧。 Fischer, Russ 2010年5月24日. 2013年3月27日時点のよりアーカイブ。 2010年6月30日閲覧。 Marnell, Blair 2010年4月23日. 2013年3月26日時点のよりアーカイブ。 2013年3月26日閲覧。 Lesnick, Silas 2011年7月28日. Superherohype. com. 2013年3月26日時点のよりアーカイブ。 2013年3月26日閲覧。 Kit, Borys 2007年6月14日. の2011年7月4日時点におけるアーカイブ。 2011年4月26日閲覧。 McWeeny, Drew 2010年7月10日. 2011年7月4日時点のよりアーカイブ。 2010年7月10日閲覧。 2010年7月23日. 2011年4月25日時点のよりアーカイブ。 2010年7月23日閲覧。 McClintock, Pamela 2010年10月18日. の2011年7月5日時点におけるアーカイブ。 2010年10月18日閲覧。 Graser, Marc 2011年10月11日. の2011年10月12日時点におけるアーカイブ。 2011年10月12日閲覧。 2011年4月26日. 2011年4月26日時点のよりアーカイブ。 2011年4月26日閲覧。 Sangiacomo, Micheal 2011年8月8日. 2011年8月8日時点のよりアーカイブ。 2011年8月8日閲覧。 Sangiacomo, Micheal 2011年8月28日. 2011年9月12日時点のよりアーカイブ。 2011年9月2日閲覧。 Donnelly, Matt 2012年4月17日. 2012年6月23日時点のよりアーカイブ。 2012年6月23日閲覧。 Latino Review 2012年6月11日. 2012年11月2日時点のよりアーカイブ。 2013年4月2日閲覧。 Schwartz, Terri 2012年5月2日. の2012年5月8日時点におけるアーカイブ。 2012年5月6日閲覧。 Finke, Nikki 2011年2月17日. 2012年9月3日時点のよりアーカイブ。 2012年9月3日閲覧。 Goldberg, Matt 2012年5月30日. Collider. com. の2012年9月3日時点におけるアーカイブ。 2012年5月30日閲覧。 Breznican, Anthony 2012年10月2日. の2012年10月4日時点におけるアーカイブ。 2012年10月4日閲覧。 Finke, Nikki 2012年12月9日. の2013年2月20日時点におけるアーカイブ。 2012年12月9日閲覧。 McNary, Dave 2013年1月22日. の2013年2月20日時点におけるアーカイブ。 2013年1月24日閲覧。 Fleming, Mike 2011年6月30日. 2011年7月6日時点のよりアーカイブ。 2011年7月1日閲覧。 Saunders, Louise 2012年9月10日. 2012年9月11日時点のよりアーカイブ。 2012年9月10日閲覧。 Fleming, Mike 2012年10月2日. Deadline. com. 2012年10月2日時点のよりアーカイブ。 2012年10月2日閲覧。 Freed, Benjamin R. 2013年5月15日. DCist. 2013年5月17日時点のよりアーカイブ。 2013年5月16日閲覧。 Sangiacomo, Michael 2013年5月17日. の2013年5月20日時点におけるアーカイブ。 2013年5月18日閲覧。 Graser, Marc 2012年6月28日. 2012年8月5日時点のよりアーカイブ。 2012年7月16日閲覧。 Kit, Borys 2012年8月2日. 2012年8月3日時点のよりアーカイブ。 2012年8月2日閲覧。 Fleming Jr. , Mike 2013年2月5日. 2013年2月5日時点のよりアーカイブ。 2013年2月5日閲覧。 Siegel, Lucas 2013年7月20日. Newsarama. 2013年9月17日時点のよりアーカイブ。 2013年7月20日閲覧。 Lieberman, David 2012年5月8日. 2012年5月8日時点のよりアーカイブ。 2013年4月2日閲覧。 Marvel. com 2013年6月20日. 2013年6月20日時点のよりアーカイブ。 2013年6月20日閲覧。 Marvel 2013年7月20日. 2013年8月6日時点のよりアーカイブ。 2013年7月21日閲覧。 SuperheroHype. com. 2006年7月26日. 2006年7月30日閲覧。 Goldberg, Matt 2012年10月15日. Collider. 2012年10月15日時点のよりアーカイブ。 2012年10月15日閲覧。 Wigler, Josh 2013年1月25日. MTV. 2013年1月25日閲覧。 2015年11月26日閲覧。 2015年11月26日時点のよりアーカイブ。 2015年11月26日閲覧。 2015年11月26日閲覧。 2015年11月26日閲覧。 2014年3月11日時点のよりアーカイブ。 2015年11月27日閲覧。 2015年11月27日閲覧。 Lee, Jason 2012年6月6日. HD-Report. 2012年6月12日閲覧。 Gardner, Eriq 2012年8月3日. 2012年8月7日閲覧。 Breznican, Anthony 2012年9月6日. Entertainment Weekly. 2012年9月6日時点のよりアーカイブ。 2013年8月2日閲覧。 Breznican, Anthony 2012年11月20日. 2014年3月17日時点のよりアーカイブ。 2012年11月20日閲覧。 2011年8月2日. 2011年8月2日閲覧。 Chitwood, Adam 2012年5月18日. Collider. com. 2012年5月18日閲覧。 Keyes, Rob 2013年6月25日. ScreenRant. 2014年2月24日時点のよりアーカイブ。 2013年6月25日閲覧。 シネマトゥデイ. 2020年4月11日閲覧。 hypebeast. com. 2020年4月11日閲覧。 rensai. 2020年4月11日閲覧。 エキサイトニュース. 2020年4月11日閲覧。 2012年3月3日閲覧。 2012年3月3日閲覧。 2012年3月3日閲覧。 2011年3月3日閲覧。 2012年3月3日閲覧。 2012年4月26日閲覧。 2013年7月22日閲覧。 2017年12月22日閲覧。 2017年12月22日閲覧。 2017年12月22日閲覧。 2017年12月22日閲覧。 2017年12月22日閲覧。 2017年12月22日閲覧。 2017年12月22日閲覧。 2017年12月22日閲覧。 2018年3月12日閲覧。 2018年3月12日閲覧。 2019年5月17日閲覧。 2019年5月17日閲覧。 2019年5月17日閲覧。 2019年5月17日閲覧。 2020年5月11日閲覧。 2020年5月11日閲覧。 2016年8月16日閲覧。 Metacritic. 2014年7月24日閲覧。 2016年8月16日閲覧。 Metacritic. 2014年7月24日閲覧。 2016年8月16日閲覧。 Metacritic. 2014年7月24日閲覧。 2016年8月16日閲覧。 Metacritic. 2014年7月24日閲覧。 2016年8月16日閲覧。 Metacritic. 2014年7月24日閲覧。 2016年8月16日閲覧。 Metacritic. 2014年7月24日閲覧。 2016年8月16日閲覧。 Metacritic. 2014年7月24日閲覧。 2016年8月16日閲覧。 Metacritic. 2014年7月24日閲覧。 2016年8月16日閲覧。 Metacritic. 2014年8月21日閲覧。 2016年8月16日閲覧。 Metacritic. 2018年6月17日閲覧。 2016年8月16日閲覧。 Metacritic. 2015年4月21日閲覧。 2016年8月16日閲覧。 Metacritic. 2018年6月17日閲覧。 2016年8月16日閲覧。 Metacritic. 2018年6月17日閲覧。 2018年2月24日閲覧。 Metacritic. 2016年11月5日閲覧。 2018年2月24日閲覧。 Metacritic. 2018年6月17日閲覧。 2018年2月24日閲覧。 Metacritic. 2017年7月7日閲覧。 2018年2月24日閲覧。 Metacritic. 2018年1月10日閲覧。 Rotten Tomatoes. 2019年3月4日閲覧。 Metacritic. 2018年2月22日閲覧。 Rotten Tomatoes. 2019年3月4日閲覧。 Metacritic. 2018年4月30日閲覧。 Rotten Tomatoes. 2019年2月28日閲覧。 Metacritic. 2018年8月14日閲覧。 Rotten Tomatoes. 2020年5月11日閲覧。 Metacritic. 2020年5月11日閲覧。 Rotten Tomatoes. 2020年5月11日閲覧。 Metacritic. 2020年5月11日閲覧。 Rotten Tomatoes. 2020年5月11日閲覧。 Metacritic. 2020年5月11日閲覧。 外部リンク•

次の

[2020年2月更新]マーベルMCUフェーズ4以降の全作品とソニーのマーベル作品の公開スケジュールまとめ!|CINEMATRONIX(シネマトロニクス)

フェーズ 4 mcu

すなわち 『アベンジャーズ』第4作以降を引っ張っていくニュー・ヒーローがMCUには必要なのである。 しかし『アベンジャーズ』第4作以降、MCUのストーリーはどのように続いていくのか、その大きな流れを牽引するのは一体誰なのか……。 秘密主義のマーベル・スタジオは、いまだ『アベンジャーズ』第4作以降の計画をほとんど明かしていない。 それどころか、と語っているほどだ。 しかし、 ファイギ社長が本当に何も考えていないワケがない。 その構想の一部が、メディアサイト「」のインタビューで聞こえてきた。 必然的に「フェイズ4」を動かす要素のヒントは、当然その直前にある『インフィニティ・ウォー』そして『アベンジャーズ』第4作に仕掛けられることになるはずだ……。 私たちの手を取って、次なるMCUの具現化に導くのは誰なのか。 All Rights Reserved. 『 』に次ぐ『 』シリーズの続編は、2019年7月5日に全米公開される予定だ。 つまり 『アベンジャーズ』第4作で「フェイズ3」が幕を閉じた、そのわずか2ヶ月後にピーター・パーカーの手で「フェイズ4」が幕を開けるのである。 しかもファイギ社長によると、『アベンジャーズ』第3作・第4作と『スパイダーマン』続編の関係は『シビル・ウォー』と『ホームカミング』の関係によく似ているようだ。 「『シビル・ウォー』でトニーに(クイーンズへと)帰らされ、高校2年生の生活に戻ったことがピーターに影響を与えたように、 『インフィニティ・ウォー』や『アンタイトルド(第4作仮題)』での出来事は、高校3年生の彼にどんな影響を与えるんだろうね」 ただし『スパイダーマン』の続編がどんな物語になるのかは、2017年6月現在ほとんど決まっていないという。 『ホームカミング』が全米公開される2017年7月7日以降、製作陣は具体的な検討作業に着手するようだ。 ちなみに一つ気になるのは、 マーベル・スタジオとソニー・ピクチャーズの業務提携が『スパイダーマン』続編をもって終了するという情報があることだ。 ともいわれるだけに、両社は契約の更新に前向きなのかもしれないが、それでも今後のMCUをピーター・パーカーに背負わせるには不安定な状況ではないか……。 『スパイダーマン』と同じく、「フェイズ4」での続編製作がすでに決定している 『 』だ。 シリーズの舵を取る 監督は、第3作の製作発表にあたりこのように。 「(第3作は)『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』のストーリーが完結して、 新旧のマーベル・キャラクターを次の10年、それ以降へと押し出す助けになる。 ケヴィン・ファイギやそのチームと一緒に、(MCUの)ストーリーが向かう場所を計画する手伝いをするだろうね」 おそらく残り2作を残しているであろう『スパイダーマン』、そして完結を迎える『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』。 マーベル・シネマティック・ユニバースの「フェイズ4」は、ひとまずこの2作品が大きな軸となりそうだ。 その後、果たしてスパイダーマンが物語を引っ張っていくのか、それとも別のヒーローがさらにバトンを受け取るのか……。 なんとなく 大きな役割を担いそうなのはベネディクト・カンバーバッチ扮する だが、単独映画の続編はいまだアナウンスされていない。 なおMCUの今後を担うというスパイダーマンは、 2017年8月11日公開の『スパイダーマン:ホームカミング』で単独映画デビューを果たす。 gizmodo. amazon.

次の