ダンス ウィズミー 映画。 映画『ダンスウィズミー』が大コケした理由とは?三吉彩花の評価も!

ダンスウィズミー【映画】評判や評価は?元気が出るけど昭和感も!

ダンス ウィズミー 映画

CONTENTS• 映画『ダンスウィズミーの作品情報 C 2019「ダンスウィズミー」製作委員会 【公開】 2019年(日本映画) 【原作・脚本・監督】 矢口史靖 【キャスト】 三吉彩花・やしろ優・Chay・三浦貴大・ムロツヨシ・宝田明 【作品概要】 『スウィングガールズ』『ハッピー・フライト』など、その軽妙なストーリーテリングとコメディセンスが光る手腕によって数々のヒット作を打ち出してきた矢口史靖監督の最新作にして、監督の長編第10作目にあたる作品。 記念すべき長編第10作目に矢口監督が挑んだのは、日本製ミュージカル・コメディ。 抜群の歌唱力と特技であるダンスによって見事主演を勝ち取った三吉彩花を筆頭に、メインキャスト陣が歌って踊ります。 共演にはお笑い芸人のやしろ優、人気歌手のChay、現在の国内ドラマ・映画にとって欠かせない俳優となったムロツヨシ、そして日本ミュージカル界の重鎮・宝田明が揃いました。 映画『ダンスウィズミー』のあらすじとネタバレ C 2019「ダンスウィズミー」製作委員会 鈴木静香(三吉彩花)は、いわゆる勝ち組のOL。 大手企業で勤め、タワーマンションに住み、ブランド品で身を包み、ランチはおしゃれなレストランだけ。 面倒な仕事を押し付けられても、それが人気のあるエリート社員の村上涼介(三浦貴大)と近づけると分かると、自宅に仕事を持ち帰ってでもやって見せたりします。 そんなある日、休日に姪っ子の面倒を見ることを押し付けられます。 嫌々ながらに引き受けた子守を何とかやり過ごすため、静香は姪っ子を連れてとある遊園地に出かけます。 何気なく二人が行ったのが、催眠術のコーナー。 そこにはいかにも怪しげな催眠術師・マーチン上田(宝田明)がいました。 かつてはテレビ番組の人気者だったマーチンも、今は場末の会場で胡散臭い仕事をしています。 催眠術のことを全く信じていない静香の目の前には、玉ねぎを果物のようにかぶりつく女性・斎藤千絵(やしろ優)の姿がありました。 にわかには信じがたいマーチン上田の催眠術ですが、なぜか姪っ子はそれを見て前のめりになります。 姪っ子の願いは、学校の出し物でやるミュージカルで失敗しないことでした。 静香にとってミュージカルには、小学校の時にクラスの投票でヒロインに選ばれたにもかかわらず、舞台で大失敗してしまったという苦い思い出がありました。 姪っ子の本気を見て、それに付き合う静香。 マーチンは「これから音楽を聞いたら踊らずにいられなくなる」という催眠術をかけます。 ところが、姪っ子には今一つピンときません。 翌日、出社した静香は村上に声をかけられ、同じ会議に出席することになります。 周りのOLからは、妬みにも似た視線を向けられます。 村上の助手役として会議を進める静香。 そんな中、プレゼンの材料としてとある音楽が鳴り始めます。 その瞬間、静香は会議室を飛び出して、オフィス内で歌い踊り出してしまいます。 音楽が止んだ瞬間、我に返った静香は会社を飛び出します。 あの怪しげなマーチンの催眠術が自分に効いてしまったことを知った静香はマーチンの元へ向かいますが、マーチンは既に借金取りから逃げてしまった後でした。 そこに、あの玉ねぎをかじっていた千絵が現れます。 彼女はフリーターであり、マーチンに雇われた仕込みのサクラとして働いていました。 彼女しかツテがない静香は千絵から離れないまま、二人はとある興信所に向かうことに。 二人を出迎えた興信所の所長・渡辺義雄(ムロツヨシ)は、マーチンの捜索調査をひき受けてくれることになります。 調査費用を工面するために、家中の品物を全て売り払う静香。 勝ち組OLだったはずの静香は、いつの間にかTシャツ一枚の姿になってました。 渡辺からの連絡でマーチンが東北で怪しげな巡業をしていることを知った静香は千絵に車を出させ、マーチンの後を追います。 しかし、途中でヤンキーまがいの男たちに絡まれたり、手持ちのお金が尽きたりとトラブルが続いてしまいます。 一方で、道中にて偶然出会ったストリートミュージシャンの山本洋子(chay)と即席の路上ライブをして軍資金を稼ぎ、窮地を脱します。 そして青森に着いた時、洋子に頼まれてとある結婚パーティーでも歌声を披露することになります。 C 2019「ダンスウィズミー」製作委員会 洋子とともに静香と千絵が出席したパーティは、洋子とデュオを組んでいた男性の結婚パーティ。 それまでおとなしい様子だった洋子は豹変し、パーティ会場で大暴れします。 静香と千絵は何とかその場を切り抜けて、マーチンを追って北海道に渡ります。 そこには渡辺の姿もありました。 相変わらず胡散臭い催眠術を披露するマーチン上田。 しかし、千絵から静香への催眠術が強烈に効いていたことを知らされたマーチンは往年のパフォーマンスを披露。 会場中を大きなミュージカル会場にしてみせます。 無事に催眠が解けた静香。 千絵や渡辺とともに、何とか週明けの月曜日の出社時間に間に合った彼女はオフィスに向かいます。 けれども、見栄を張り、自分を飾っていた今までのOL生活への違和感を感じた静香は踵を返し、千絵たちの元へと走っていきました。 それが、「唐突に入る歌唱とダンスシーン」です。 なぜ普通に会話をしていたのに、突然歌い踊り始めるのか。 不自然といえば、あまりにも不自然です。 この設定により、半ば強引に主人公は歌い踊らされてしまいます。 また「 楽曲を既存の歌謡曲にする」という工夫も効果的です。 山本リンダ『ねらいうち』、キャンディーズ『年下の男の子』、サディスティック・ミカ・バンド『タイムマシンにおねがい』など、いわゆるJPOP以前の歌謡曲を敢えて選曲しています。 「懐メロ」とも呼ばれがちなこのような楽曲は、「歌えないけど知っている」「サビだけならなんとなく分かる」という方が沢山いる楽曲でもあります。 このチョイスによって、ミュージカル場面における歌唱部分の不自然さを上手い具合にごまかすことができています。 もう一つの見どころが、 「ゴジラと同期」の日本ミュージカル界の重鎮・宝田明の歌唱シーンがスクリーンに焼き付けられている点でしょう。 多くの舞台で歌い踊り、アニメーション作品の吹替(『アラジン』ジャファー役が特に有名です)などでも知られるこの大ベテランは、意外にも 映画で歌い踊るのは55年ぶりとのこと。 その55年前に歌い踊った映画とは、1964年の『 ひばり チエミ いづみ 三人よれば』。 女性ダンサーとのおちゃめな絡みなどを見ると、 軽妙な彼の持ち味はいまだ健在だということを感じることができます。 これには、やはり 主演を務めた三吉彩花の歌と踊りに対する努力の成果が大きいといえます。 オーディションを通過したのち、三吉彩花のスケジュールは 3か月間びっしりと歌と踊りのレッスンで埋まったという話です。 これは妻夫木聡たち若手俳優にシンクロを本気でやらせた『ウォーターボーイズ』、上野樹里たちにビッグバンドジャズのスタンダードをフルで演奏させた『スウィングガールズ』と同じ手法です。 特技がダンスとバレエである三吉彩花でしたが、この三カ月の猛特訓を経て「 今まで初めてといっていいほど極限に追い込まれた」と語っています。 その甲斐もあり、 劇中ではポールダンスやヒップホップダンス、変則的な空中ブランコ、更にはテーブルクロス引きまでやって見せます。 過去に若手を鍛えた作品に比べて主演一人にかかる部分が大きく、プレッシャーも並大抵のものではなかったでしょうが、結果として 観た者が決して忘れることのできない輝きを、1時間43分の上映時間中めいっぱいに放ち続けています。 それだけでも、この映画を見る価値はあると思います。 映画『ダンスウィズミー』は2019年8月16日(金)より全国ロードショー公開!.

次の

「大コケ映画」「ドラクエよりまし」三好彩花『ダンスウィズミー』、10位発進に厳しい指摘(2019/08/21 18:30)|サイゾーウーマン

ダンス ウィズミー 映画

『ダンスウィズミー』の主演を務めた三吉彩花 『スウィングガールズ』 04 の矢口史靖監督によるコメディミュージカル『ダンスウィズミー』 8月16日公開 で、日本中からのオーディションでヒロインに選ばれた、女優でモデルの三吉彩花。 ダンスシーンでは、スレンダーな彼女の長い肢体が、大いに映える。 本作は歌って踊れる女優、三吉のポテンシャルを最大限に引き出し、コメディエンヌとしての才能も開花させた。 「これまで演じたなかで一番苦労した役」と言う三吉に、本作に懸けた想いや女優としての展望について聞いた。 三吉が演じるのは、一流商社に務めるOL、鈴木静香。 「プレッシャーで極限状態まで追い込まれました」 ミュージカルが何より苦手なOL鈴木静香 三吉彩花 [c]2019「ダンスウィズミー」製作委員会 クランクインの2か月前から、歌や踊りを猛特訓したという三吉は、「極限状態まで追い込まれました」と告白する。 「主演のプレッシャーと、初めてのコメディミュージカルということで、いろいろな方がすごく期待をしてくださっている作品だったので、いい作品にしなければいけないと思いつめてしまって。 また、本作で披露するダンスもヒップホップからポールダンスまで多岐にわたっていたので、自分のスキルがまだまだ足りないと痛感していました」。 その結果、三吉はクランクイン前に体調を崩してしまった。 「その時は歌ったり踊ったりできないので、どういうふうに気持ちを保っていけば良いのかといろいろ考えました」。 そんななか、静香と共に旅をする斉藤千絵役のやしろ優や、ストリートミュージシャンの山本洋子役で演技に初挑戦したアーティストのchayと現場で意気投合し、次第に撮影を楽しめるようになっていったそうだ。 「皆さんとの共演シーンが増えていくと、自分は1人じゃないという安心感が出てきて、気持ちが切り替えられるようになっていきました」。 結婚式でサプライズで歌を披露する静香たち [c]2019「ダンスウィズミー」製作委員会 三吉はやしろたちとすっかり仲良くなり、撮影がない日も会ったりしていたそうだ。 「3人とも職業や雰囲気は全然違いますが、実は、すごく性格が似ているんです。 いい意味で、人に対してまったく干渉をしないタイプで、いつも他愛ない話をしていました。 すごく波長の合う3人だったので、良かったです」。 自身が演じた静香と三吉は共通点があまりなかったが、だからこそ演じやすかったそう。 「自分に重ね合わせられる役だと演じづらい、というわけではないのですが、自分だったらどうするか?と考えすぎてしまうんです。 だから、自分と近しい役の時、三吉彩花として考えているのか、それともその役がそう思っているのかがわからなくなってしまうことがあります。 実際、そういう経験が過去にあって悩みました。 でも、今回は矢口監督が思い描く静香に近づけることだけを考えてお芝居をしていきました」。 「大勢でやるダンスシーンはかなり大変な撮影でした」 矢口史靖監督の演出について語った三吉彩花 ダンスシーンは実にバリエーション豊かだ。 ロマンティックにステップを踏むシーンから、大勢でのヒップホップダンス、魅惑のポールダンス、アクロバティックなアクションと、三吉は曲に合わせていろいろなパフォーマンスを繰り広げる。 「レストランや会議室など、物がたくさんある中、大勢で撮影するシーンも多かったので、かなり大変な撮影でした。 例えば、静香が務める会社の会議室でのシーンでは、社員の人たちも巻き込んで一緒に踊りだしますが、最終的に机の上にシュレッダーの中の紙をぶちまけるシーンがあって。 一度OKが出ても、また別のアングルで撮らなければいけないので、全員がばらまかられた紙をかき集め、毎回掃除をしてから再度、最初から撮り直さなければいけなかったんです 笑。 また、マンションの中でモップを使って踊るシーンも、テーブルやソファの高さや長さによって、当日少しずつ振り付けが変わったりしたので、皆さんと臨機応変にやっていきました」。 高級レストランでのシーンも強烈なインパクトを放つ。 山本リンダのヒット曲「狙いうち」に合わせてのダンスだが、三吉が艶っぽい目つきで身体をしならせ、ギャラリーを挑発していく。 その後、テーブルクロス引きを3連発で行うが、なんと三吉は1テイクで成功させたようだ。 「レストランでのシーンは4日間くらいかけて、ブロックごとに撮っていきました。 クロス引きは先生に教えていただきましたが、やってみると『ああ、こういうふうにすれば誰もができるんだ』と納得し、意外とできました。 躊躇なく斜め下に引けば、大丈夫です 笑 」。 また、ワインを飲みながら歌い、踊っていくシーンは、撮影後のアフレコが難しかったという。 「歌いながら飲んでいるというシチュエーションなので、飲むタイミングなども考えなきゃいけなかったんです」。 レストランでいきなり踊りだす静香 [c]2019「ダンスウィズミー」製作委員会 なかでも目を見張るのは、後半でシャンデリアにぶら下がり、レストランを左右にぶんぶんと飛び回る、空中ブランコさながらのシーンだ。 「あれはワイヤーで吊るされましたが、自分の力だとどれくらいの高さで振れるかと、研修を受けてから臨みました。 実は私、高いところが苦手なんです。 ジェットコースターの高さくらいまでいっちゃうと大丈夫なですが、公園のブランコなどちょっと浮いている感じもダメなほうなので、ちょっと苦労しました」。 今回、初めて仕事をした矢口監督については「こんなに役者に寄り添って演出してくださる監督には出会ったことがないです。 本当に優しい方ですし、演出はとてもわかりやすかったです」と心から感謝する。 「役者さんやスタッフさんに対して、すごく言葉を選んでくださる監督で、誰も傷つけないように言ってくださいます。 また、ご自身が撮りたい画を忠実に教えてくれますし、表情やリアクションなどを、監督自身が1回やって見せてくださることもあります。 とにかく演出が非常にわかりやすいんです」。 矢口監督自身の印象については「最初は、一体監督は、なにを考えているのだろう?と全然わからなかったんですが、撮影が終わったあと、印象がまったく変わりました」と言う。 「本当にピュアで少年のような方。 ごはんや服なども好みがはっきりしてらっしゃって、好きなパターンがあるようです。 大御所の監督ですが、ちょっとかわいいなと思ってしまう少年っぽさがあります」。

次の

ダンスウィズミー【映画】評判や評価は?元気が出るけど昭和感も!

ダンス ウィズミー 映画

映画 『ダンスウィズミー』はなぜ大コケしたのか?理由を考察! 監督・矢口文靖、主演・ 三吉彩花ということで公開前は大々的に宣伝されていた映画 『ダンスウィズミー』。 しかし、いざ全国で公開されてみると観客動員数、興行成績ともに思うように伸びず、早くも大コケしたとの噂もささやかれている。 いや、たんなる噂ではない。 封切りから4週目に入った段階で上映館が急激に減っているという現象は紛れもなく大コケであり、制作側としてはいち早くその理由を分析したいところだろう。 矢口文靖という人気監督が 三吉彩花、ムロツヨシという人気キャストをそろえて臨んだにもかかわらず、 『ダンスウィズミー』はなぜ大コケしてしまったのだろうか。 この記事ではお節介ながら、その理由について独断と偏見で考察していきたい。 合わせて読みたい! 映画 『ダンスウィズミー』が大コケした理由は 三吉彩花の評価が低かったせい? 劇場公開4週目にもかかわらず、早くも上映打ち切りも目立ちはじめた映画 『ダンスウィズミー』。 人気監督・矢口文靖の最新作にもかかわらず、 『ダンスウィズミー』はなぜ大コケしてしまったのだろうか。 大コケした理由を徹底考察していきたい。 事前の宣伝が不充分 今の時代、映画が大コケするかどうかは劇場公開前の段階で9割以上決まっていると言われている。 映画 『ダンスウィズミー』が大コケした理由も事前宣伝にあると言われており、公開前の段階で充分に映画とキャストの魅力を伝えきれなかったことで大コケが決定的になったという声もある。 正確に言えば、決して慈善キャンペーンをおろそかにしていたわけではない。 主演の 三吉彩花もムロツヨシとともに慣れない宣伝活動に勤しんでいたし、監督みずからNHKに出演して映画の魅力を精一杯伝えていた。 しかしながら、実際には公開直前の段階で 『ダンスウィズミー』の知名度を最大限に引き上げられたとは言いがたく、その他の話題作のなかに完全に埋もれてしまった印象がある。 全国ロードショークラスの映画にもかかわらずこの程度では、「公開前から大コケが決まっていた」理由として挙げられても致し方ないであろう。 三吉彩花の評価が低すぎた 映画が大コケした理由を主演にもとめるのは必然の流れである。 『ダンスウィズミー』の主演は言うまでもなく 三吉彩花だが、肝心の彼女の評価があまりにも低すぎたことが映画全体の大コケの理由につながった、とする見方が大勢を占めている。 評価が低すぎた、というよりも、単に知名度が不充分だったといったほうが正しいかもしれない。 もちろん、 三吉彩花もまったくの無名ではなく、グラビアアイドルとしても女優としても着実にキャリアを積み重ねている注目株と言えるのだが、映画の主演として目を惹くクラスであるかと問われれば、失礼ながら首をかしげざるをえないのだ。 主演が今ひとつなら脇役に期待したいところだが、こちらもどうにもインパクトが弱い。 宝田明、ムロツヨシ、やしろ優……うーん、演技の実力はともかく、キャストの並びだけを見るとどうにも重い腰が上がらないのである。 そもそもミュージカルではなかったから 「矢口文靖監督初の本格ミュージカル!」という触れ込みで宣伝された映画 『ダンスウィズミー』。 だが、鑑賞後のレビューには低評価のものが目立ち、その理由を見てみると、「そもそもミュージカルではなかったから」という声が多く寄せられていた。 映画の目玉であるはずのミュージカルシーンは前半でほぼ終了し、後半は 三吉彩花とやしろ優の単調なロードムービーとなっている。 これでは、本格的なミュージカルを期待して劇場に足を運んだファンは落胆してしまい、大コケの理由につながったとしても無理はない。 冒頭数分からいきなり、宝田明のどアップでミュージカルシーンが延々と映し出された日には、観客の半分以上が席を立ってしまうのではないかと、監督でもないのにやきもきしたものだ。 映画 『ダンスウィズミー』の大コケの理由はあなた自身でチェック! 興行成績としては大コケしたとも言われている映画 『ダンスウィズミー』。 大コケの理由としてはいくつかのミスマッチが挙げられるが、 三吉彩花の演技を高く評価する声も多く、ネット上でも高いレビューが寄せられている。 合わせて読みたい!.

次の