風邪 と コロナ の 症状 の 違い。 新型コロナウイルスと風邪との違い

今さら聞けない「肺炎」と「風邪」の違い超基本

風邪 と コロナ の 症状 の 違い

新型コロナウイルスによる感染症の懸念が続く中、今年も本格的に花粉症シーズンが到来しました。 花粉症は、くしゃみや鼻水などの症状に加え、中には熱っぽさやだるさを感じる人もいます。 新型コロナも風邪に似た症状が出ることが確認されているため、「新型コロナなのか、風邪なのか、はたまた花粉症なのか分からない」と判別に悩む人も少なくないようです。 症状が似ている、新型コロナ、風邪、花粉症の違いをどう判断すればよいのでしょうか。 内科医の市原由美江さんに聞きました。 目のかゆみや涙は、花粉症の特徴 Q. まず、新型コロナウイルスによる感染症、風邪、花粉症について、それぞれの症状や特徴などを教えてください。 市原さん「新型コロナウイルスによる感染症は風邪の症状と似ているため、検査をしない限り分かりません。 どちらも症状としては、喉の痛みや咳(せき)、痰(たん)、鼻汁や鼻詰まり、発熱、倦怠(けんたい)感などです。 新型コロナは、肺炎にまで進行してしまう可能性が通常の風邪より高いといわれています。 一方、花粉症は、主にスギやヒノキなどの花粉によるアレルギー反応によって、目のかゆみや涙、鼻汁、喉の違和感、咳、痰、倦怠感や微熱などの症状があります」 Q. これら3つは症状が似ているようですが、判断基準はあるのでしょうか。 市原さん「先述の通り、新型コロナによる風邪症状と通常の風邪の区別はつきにくいのが現状です。 花粉症の症状で風邪と似ているのは、喉の違和感や咳、痰、微熱や倦怠感です。 花粉の刺激によって、喉の違和感やイガイガした感じを自覚することがありますが、痛みまで伴うことは少ないので、両者を判別する判断材料になります。 咳は痰が出ないことが多いですが、炎症が強いと白色+黄色の痰が出るので、風邪の症状と判別しにくいです。 発熱や倦怠感も同様に判別するには難しい症状です。 ただし、目のかゆみや涙が出るときは花粉症の可能性が高いです。 また、これは治療や予防策でもありますが、『花粉症の症状ではないか』と思ったら、花粉をなるべくシャットアウトして症状が改善するかどうかを見てみるのもよいです。 より分かりやすいのは、アレルギー症状を緩和する薬を飲んでみて、症状が改善するかどうかを確認することです。 風邪だと思って風邪の薬を長い間飲んでいてもなかなか症状が改善せず、結局、アレルギーの薬を使うと改善する患者さんがたまにいます。 そういう人は、『自分は花粉症になったことがない』『花粉症ではない』と思っていることが多いですが、花粉症はある年から急に発症するものなので注意しましょう」 Q. これらを併発する可能性もあるのでしょうか。 市原さん「風邪と花粉症の併発はあり得ます。 風邪をひいている間に、花粉症を新たに発症する可能性は少ないですが、もともと花粉症があり、その上に風邪のような症状が出ることはあり得ます。 ただし、それが『風邪を併発している』のか『単に花粉の影響が大きく、花粉症の症状が悪化している』のかは判断が難しいです」 Q. 3つの判別がつかない状況で、症状を少しでも緩和するための過ごし方、家族や他人にうつさないためのポイントはありますか。 市原さん「新型コロナが心配される現在は、新型コロナなのか風邪なのか花粉症なのか判断できなくても、風邪のような症状があって症状が軽ければ、自宅で安静にしたり、市販薬で様子をみたりすることが大事な行動です。 風邪であれば、1週間前後で治ることが多いので、長引くようであれば花粉症を疑っていいでしょう。 もちろん、風邪でも新型コロナでも肺炎をきたすことがあるため、特に倦怠感や息苦しさなどの症状があるときは肺炎を疑い、帰国者・接触者相談センターに相談しましょう。 軽症の場合、基本的には、自宅で安静にすることが新型コロナの感染拡大を防ぐために求められる行動です。 どうしても外出する場合はマスクを必ず着けましょう。 3つの判別がつかず、また、風邪のような症状も長期間おさまらない場合、どうすればよいでしょうか。 市原さん「現時点で厚生労働省が示している方針では、風邪の症状や37. 5度以上の発熱が4日以上続いた場合、帰国者・接触者相談センターに電話で問い合わせることになっています。 高齢者や基礎疾患のある人は2日以上続いた場合が目安です。 それでも、直接病院を受診する人が少なくありません。 新型コロナの検査は普通の病院では行っていませんし、病院を受診しても風邪様の症状を抑える薬を処方できるくらいで、根本的に治す方法があるわけではありません。 長引く場合、先述のように花粉症の可能性もあります。 市販薬で試してみて、症状が明らかに改善する場合は風邪ではなく、花粉症の可能性が高いでしょう」 外部サイト.

次の

新型コロナウイルス、症状は? 風邪とどう違う? 医師が解説

風邪 と コロナ の 症状 の 違い

「一般的に、新生児は免疫学的に未熟と言われる。 どうしても最大の予防は人ごみに行かないこと、これに尽きる。 親御さんがお子さんを守ることが大事」(三鴨教授) Q. 妊娠中の胎児への影響は(ツイッターに寄せられた質問) 「新型コロナウイルスに限らず、感染症が起こると熱がでる。 一般的に熱が出ると母親が早産傾向になる。 陣痛が起こると早産になりやすい。 早産になると小さいお子さんが生まれることにつながる。 ひとつはそこに注意、そこは新型コロナウイルスに限らない」 「ただ、この新型コロナウイルスについては、妊婦が感染しておなかの中の赤ちゃんに臓器障害が出るのでは?と心配されていている方もいらっしゃいますが、今のところそういった報告はない。 かからないにこしたことはないが、そこはひとつ安心できるのではないか」(三鴨教授) ダンス教室に子どもを通わせているという保護者の方からの質問です。 「気を付けたいポイントは3つあります」と三鴨教授。 1)体調管理をしているか 「基本的にダンス教室は閉鎖空間、管理者が通っている人の発熱などをチェックしているところが多いと思う。 体調管理とはそういうこと」 2)換気をしているか 「今危惧されているのは、ライブハウスとかカラオケボックスなどの閉鎖空間。 そういったところは換気が十分でないから罹患しやすいという話が出ている。 その教室が換気をしているか確認して、していなければ『したらどうですか』と言ってみることも」 3)環境消毒をしているか 「新型コロナウイルスは基本的に飛沫感染、接触感染と言われている。 例えば私がしゃべっていて、飛んだ飛沫の机についたウイルスは48時間は余裕で生きている。 飛沫をしっかり除去しているかどうかが求められる」 Q. アルコール消毒はどのくらいの効果があるのか 「かなり効果が高い、コロナウイルスは外側に殻がある構造。 アルコールはこの殻を破壊するので除菌につながる。 本当に期待できる。 アルコール消毒液を使って15秒しっかり消毒すれば期待できる」 Q。 ノンアルコールの消毒液も効果はある? 「基本的には、アルコールに比べて効果は劣る。 ウイルスを物理的に除去する効果はあるので、一定の効果があると言える」 Q. 消毒液の中身は同じ? 「アルコール濃度65~90%のものが、商品として出まわっている。 アルコールの中に、手荒れ防止剤などが入っているものもある。 アルコールの濃度は商品によって違いがあるが、添付の文書を読んで確認してもらいたい。 しかし、普通の手洗いで99パーセントのウイルスは除去ができる」(三鴨教授).

次の

【識者の眼】「新型コロナウイルス感染症:どうしていま、『風邪をひいたら自宅安静が大切』か」中山久仁子|Web医事新報

風邪 と コロナ の 症状 の 違い

この記事は2020年4月当時の情報に基づいたものです。 症状・経過に関する最新の記事はです。 都市部を中心に新型コロナ患者の増加が止まりません。 どのような症状があれば新型コロナを疑い病院を受診すれば良いのでしょうか。 新型コロナの典型的な症状、病院を受診する目安や注意点などについてまとめました。 新型コロナウイルス感染症の典型的な経過 新型コロナウイルス感染症では風邪のような症状から始まります。 風邪のような症状とは、微熱を含む発熱、鼻水、鼻詰まり、ノドの痛み、咳などです。 によれば、患者の8割は重症化に至らず治癒するようです。 数日~1週間以降に2割弱の患者では、肺炎の症状が増強し入院に至ることがあります。 新型コロナウイルス感染症の経過(筆者作成) 特徴的なのは、症状の続く期間の長さです。 新型コロナウイルス感染症は風邪やインフルエンザによく似ていますが、症状が続く期間がそれらと比べて長いという特徴があるようです。 特に重症化する事例では、発症から1週間前後で肺炎の症状(咳・痰・呼吸困難など)が強くなってくることが分かってきました。 では、発症から病院を受診するまでに平均5日、そして入院までに平均10日かかることが分かっています。 つまり、発症してから1週間程度は風邪のような軽微な症状が続き、約2割弱と考えられる重症化する人はそこから徐々に悪化して入院に至るというわけです。 インフルエンザは比較的急に発症し、高熱と咳、ノドの痛み、鼻水、頭痛、関節痛などが出現します。 風邪はインフルエンザに比べるとゆっくりと発症し、微熱、鼻水、ノドの痛み、咳などが数日続きます。 しかし、新型コロナウイルス感染症のように1週間以上続くことは比較的稀です(ただし咳や痰の症状だけが2週間程度残ることはよくあります)。 ここが風邪やインフルエンザと新型コロナウイルス感染症とを見分ける一つの手がかりになるかもしれません。 もう一つの特徴として、嗅覚障害・味覚障害を訴える患者さんが多いことも分かってきました。 によると新型コロナ患者59人のうち、20人(33. 特に若年者、女性ではこれらの症状がみられる頻度が高いようです。 ただの風邪や副鼻腔炎、花粉症が原因で嗅覚異常・味覚障害が起きることもあるので「嗅覚障害・味覚障害=新型コロナ」ではありませんが、だらだらと続く風邪症状に加えてこれらの症状があれば新型コロナの可能性は高くなるでしょう。 また、嗅覚障害・味覚障害のみの症状の方もいらっしゃるようですが「2週間以内の海外渡航歴がある」「新型コロナ患者との接触歴がある」「特定のクラスターに曝露している」のいずれかを満たす方では、新型コロナの検査の対象になる可能性がありますので、かかりつけ医や帰国者・接触者相談センターに相談しましょう。 病院を受診する前に 新型コロナが心配なとき(東京都福祉保健局HPより) 自身が新型コロナかなと思ったら、まずはかかりつけ医か帰国者・接触者相談センターに相談しましょう。 帰国者・接触者外来に受診が必要と判断されたら、マスクを着けて、なるべく交通機関を使わずに病院を受診するようにしましょう。 各都道府県の帰国者・接触者相談センターは以下のページからご確認ください。 病院を受診するデメリット 医療機関を受診するデメリットもあります。 それは「ただの風邪で受診したのに結果的に新型コロナウイルス感染症にかかってしまう」ことです。 現在、新型コロナウイルス感染症が疑われた場合、各自治体の相談窓口に電話相談した後に医療機関の「帰国者・接触者外来」を受診することになります。 今の国内の状況では、受診者の大半は「新型コロナウイルス感染症ではない(風邪などの)患者」ですが、稀に新型コロナウイルス感染症の方が外来を受診している可能性があります。 例えばですが、とのことです。 地域によってこの頻度は異なりますが、多くの地域では風邪症状で受診する患者の大半は新型コロナよりも風邪やインフルエンザです。 しかし、患者さんがたくさん医療機関に押しかけることによって、風邪の患者さんと新型コロナウイルス感染症の患者さんとが、同時に医療機関の中に集まることになります。 多くの医療機関では、受診者同士が近距離で接しないように一定の間隔で待合で待機できるように配慮していますが、受診者があまりに多すぎると狭い空間に受診者が長時間待機することになるかもしれません。 新型コロナウイルス感染症である可能性が高くない時点で病院を受診することは、場合によってはかえって新型コロナウイルス感染症に罹る可能性を高めることがありますので注意しましょう。 高齢者や基礎疾患のある患者は早めの受診を 年齢別にみた新型コロナウイルス感染症の致死率(中国CDCのデータより筆者作成) 当初から言われているように、新型コロナウイルス感染症で重症化しやすいのは高齢者と持病のある方です。 によると、年齢が上がれば上がるほど致死率が高くなることが改めて数字として示されています。 30代くらいまでは亡くなる人はほとんどいませんが、40代以降から徐々に致死率が高くなり、80歳以上では14. でも同様に亡くなっているのは大半が高齢者です。 高齢者では風邪やインフルエンザのような症状が続けば早めに病院を受診する方がメリットがあるでしょう。 基礎疾患と新型コロナウイルス感染症の致死率(中国CDCのデータより筆者作成) 持病の有る無しによっても重症度が変わってくることも分かってきています。 心血管疾患、慢性呼吸器疾患、がんなどの持病をお持ちの方も、早めに受診することが望ましいでしょう。 周囲の流行状況を把握しておきましょう 各都道府県における新型コロナの流行状況(厚生労働省 発生状況マップより) 現在は地域によって流行状況が異なります。 4月25日までに東京都では3590人の患者が報告されており、まだまだ患者は増加傾向です。 3月上旬には当院でPCR検査を受けた患者の5%が陽性でしたが、現在は10%以上にまで高くなっています。 一方、岩手県のようにまだ患者が報告されていない地域もあります。 こうした地域にお住まいの方では、風邪症状が出たとしても、海外渡航歴や接触歴がなければ新型コロナの可能性は高くないでしょう。 周辺の流行状況によって、自身が新型コロナに罹る可能性も変わってきますので、お住まいの地域の流行状況をしっかりと把握しておくことが大事です。 風邪やインフルエンザのような症状が出現した場合も、個々人が自身の感染リスクと重症化する可能性を考慮した上で、病院を受診するかどうか判断するようにしましょう。 また、病院を受診しない場合も、手洗いや咳エチケットなどの予防対策は必要ですし、周囲の人(特に高齢者や持病のある人)にはうつさないような配慮が必要です。 不要不急の外出は控え、3密空間に行くことは避けましょう。 国難とも言える大変な時期ですが、みんながそれぞれできることをしっかりとやっていきましょう。

次の