弔電 送り方 宛名。 弔電》弔電文例・電報弔電送り方・宛名と宛先・弔電お礼・キリスト教・香典

意外と知らない?弔電の宛名や宛先に関するマナーまとめ

弔電 送り方 宛名

友人や知人の家族に急な訃報があった事を人づてに聞いたとき、葬儀に参列するには遠方だし時間もない…。 けれど友人や知人には悲しみの気持ちをどうしても伝えたい。 そんな時に弔慰の気持ちを込めた弔電を送ります。 しかし経験があまりないので弔電の送り方がわからない…。 そのような状況になるということは誰にでもあり得ることです。 ここでは、弔電を送るときに宛名は誰にするべきなのか、そして弔電のマナーと送り方のポイントを押さえご紹介したいと思います。 弔電とはどんな時に送るもの? 弔電とは、弔事に送る電報の事で、訃報を聞いて、すぐに駆け付けたいけれど、今はとても遠方に住んでいてすぐに駆け付けられない、もしくはお通夜や告別式の時にどうしても外せない事情があり、参加することが出来ない場合などに、故人の遺族に弔意を表し送る電報です。 弔電は告別式の際に喪主より読み上げられるのが一般的で、その時刻(遅くても3時間ほど)前までに届くように送ります。 お通夜の日に弔電が届いてしまっても、お通夜の行われている時間帯でなければ問題ないとされています。 反対に事前に喪主が弔電に目を通すこともできるので良いという意見もあったりします。 そして喪主から見た故人の敬称を使用して文面を構成することが基本ですが、弔電を送るあなたが喪主ではなく他の遺族(娘や息子)の友人や知人であったりする場合は、喪主宛てでその名前の後ろに娘や息子(友人や知人)の名前を入れ申し込みすることも可能です。 弔電は葬儀の主催者宛てに送るものですので、友人や知人の名前のみで送ることは失礼にあたると共に、葬祭場などで告別式をする際に会場へ弔電を友人や知人の宛名で送っても届かない場合もあるためです。 もしくは喪主の方の氏名がわからない、または全くの面識がない場合などは「(故人名)様ご遺族様」「(故人名)様ご一同様」宛などと送ると差しさわりがないでしょう。 社葬などで喪主と施主が建てられている場合も、施主ではなく、喪主宛てに弔電を送ります。 例えば、友人のお母様が亡くなられた場合、友人のお父様が喪主ですので、喪主から見て「奥様」が亡くなられたことになるので「お母様」ではありません。 告別式で読み上げられる可能性があるので十分注意が必要です。 故人の続柄の敬称を記載しますので参考にしてください。 父:ご尊父(そんぷ)様、お父様 母:ご母堂(ぼどう)様、お母様 夫:ご主人様、旦那様 妻:ご令室様、奥様 祖父:ご祖父様 祖母:ご祖母様 息子:ご子息様、ご令息様 娘:ご令嬢様、お嬢様 兄弟:ご令兄様、ご令弟様 姉妹:ご令姉様、ご令妹様 妻の父:ご岳父(がくふ)様 妻の母:ご岳母(がくぼ)様 例:故人が喪主のお母様なら「ご母堂様」とします。 もしも喪主と故人の関係がよくわからない場合、訃報を受けたら喪主と故人との続柄を、念のため確認をしましょう。 喪主とは、遺族の代表者として葬儀を取り行い、弔問を受ける人のことです。 弔電は、この喪主宛に送ります。 多くの場合は、配偶者や長男などが務めますが、家庭の事情などにより、そうではないケースもあるので、失礼にならないよう、必ず名前の読み方と漢字表記を確認します。 どうしてもわからない場合は、「(故人の名前)ご遺族様」「(故人の名前)ご遺族一同様」とします。 そんな時は焦らず一呼吸おいてみてください。 実際に電報を送る時にどこかへ出向く必要はなく、家から電話やインターネットで申し込みが可能です。 昔ながらのいわゆる電報であれば、局番なしの115番へ電話するとオペレーターにつながります。 もしくはインターネットから申し込みをすると、どのようなスタイルの台紙があるかなどの確認が実際に見ながら選べたり、文例なども見ながら選ぶことが出来るので、容易にパソコンや携帯電話での操作ができる方にはじっくりと自分のペースで考えながらできるので良いかもしれません。 PC操作が苦手な方やどのようにしたらよいか全くわからない方などは、オペレーターの方に相談しながら内容を決定されるという事も可能ですので、電話で申し込んでみましょう。 電報だけでなく、お線香やお花などを一緒にお供えとして送ることができるサービスもあるので、私自身驚いてしまいました。 電話の場合、特にこの情報を用意していないとオペレーターの方にも迷惑がかかり、またかけなおしをして一からやり直しなどという事が無いように、事前確認をします。 お通夜・葬儀・告別式の日時• 場所(葬祭場あるいは自宅 の住所・電話番号• 故人もしくは遺族の宗教(仏式、神式など)• 喪主の氏名• 配達日(到着日)はいつにするか• 送り先は自宅か、葬祭場か• 宛名は誰にするか• 差出人名• 弔電本文の内容• 喪主との続柄・敬称• 喪主との続柄・敬称• 宗教(キリスト教や仏式)での違い• 参考文例の確認• 差出人の氏名、連絡先 大体上記の内容が必要となりますので、事前に確認してから申し込みの手続きをするとスムーズに進みます。 最後に 弔電は必ず告別式の前までに届くように送ることがマナーです。 もしも間に合わない場合は弔電は送ることをせず、葬儀が終わってから弔問する、もしくはお悔やみのお手紙などを供花と共に送るなどされると残されたご遺族にも励ましとなり良いと思います。

次の

弔電の宛名はどう書く?書き方やマナーを文例付きで解説!

弔電 送り方 宛名

弔電を送るときの宛名は「喪主」です 弔電は、「喪主」宛に送ります。 弔電は、 喪主や遺族に対して、お悔やみの言葉を伝える為のものです。 ですので、故人宛ではなく、 葬儀の主催者である喪主宛に送ります。 喪主と面識がなかったとしても問題ありません。 例えば、会社の上司の義母が亡くなった場合など、上司宛に送るのかな?と悩むかもしれませんが、そのような場合でも、 上司宛ではなく喪主宛に送るのが基本です。 そして、同じ日に複数の葬儀が行われることもありますので、間違われないよう 喪主の名前をフルネームで記載するようにしましょう。 喪主以外や会社関係に弔電を送る際の宛名 弔電は、喪主宛に送るということをお伝えしました。 喪主以外や会社関係に弔電を送る場合の宛名は、どう記載したら良いでしょうか・・・? それぞれ解説していきます。 弔電を送るときに喪主の名前が分からない場合の対処法 喪主の名前については、基本的には、葬儀のお知らせに書いてあります。 しかし、 何らかの事情で喪主の名前が分からないこともあると思います。 私も以前参列した葬儀では、 友人から日時と場所だけLINEで連絡をもらい、喪主の名前は分かりませんでした。 その時は葬儀に参列した為、弔電を送ることはありませんでしたが、同じように喪主の名前が分からないということもあると思います。 その場合は、 葬儀場に連絡して確認してみると良いでしょう。 故人の名前と葬儀の日付を伝え、弔電を送りたいことを伝えると、喪主の名前を教えてくれます。 ただ・・・ 最近は 個人情報保護の問題で、教えてくれない場合もあります。 遺族に連絡するのも気が引ける、それに、私のように友人から連絡を受けた場合は、そもそも遺族の連絡先が分からなかったりします。 そんな時は、このように書くと良いでしょう。 弔電を送る手配をしかけたものの、喪主名がわからない。。 訃報を伝えてくれた方には何回もメールしたくないしな。 会場になるお寺に聞くのかな。 朝七時半に誰か居るかな。。 どっちにしろ、ネットからの電報はこのまま進むとカード払い画面になるから、旦那帰宅まで待たないといけないな。 — Rena Matsunaga Renamattu 喪主の名前が分からないことありますよね。 葬儀場に聞くことができない場合は、上記の書き方を参考にしてみて下さい。 なお、喪主がわからない場合の弔電の送り方の詳細については、こちらをご覧下さい。 喪主ではない人に弔電を送りたいときはどうする? 基本的には、弔電は喪主宛に送りますが、 知人本人に弔電を送りたいという場合もあるでしょう。 例えば、知人の母親が亡くなった場合、一般的には喪主は知人の父親になります。 つまり喪主宛に弔電を送るとなると、知人の父親宛になります。 でもその知人本人に弔意を伝えたい!という場合は、この様に記載すれば大丈夫です。 この時注意したいのが、基本的には弔電は喪主宛に送るものですので、 喪主の名前を書かないのはマナー違反になります。 必ず、 喪主の名前、知人の名前をフルネームで記載して下さい。 勤めている会社から取引先の関係者へ弔電を送るときの宛名は? 会社から、クライアントや取引先などへ弔電を送るという場面もあると思います。 私は勤務先で総務のお仕事をしていますが、年に何度か会社から弔電を送ることがあります。 会社として弔電を送る場合なので、宛名に相手の会社名も記載した方が良いのかな?と思うこともあると思いますが、故人や喪主が取引先や同じ会社の社員であったとしても、基本的に、 宛名には会社名は記載せず、喪主の名前のみとします。 そして、会社として弔電を送る場合は、 社内の規定をよく確認しましょう。 基本的にはどの会社も社内のルールがあると思います。 私の会社でも、葬儀への参列の判断基準や弔電を送る場合の名義などについての規定があります。 また、過去に送った弔電は全て保存してあり、以前どのように宛名を表記したかも分かりますので、それを参考にいつも作成しています。 もし社内の規定を見たことがないという場合は、 いざという時に困らないよう、事前に確認しておと良いでしょう。 そして、規定がない会社では、その都度決めていると大変ですし、担当者によって対応がバラバラになってしまうので、 基本的なルールの策定や過去の事例なども保存しておくと便利です。 弔電を送るときの「宛先」や「差出人名」の書き方 宛名の他にも注意しておきたいのが、「宛先」と「差出人名」です。 それぞれどう記載したら良いでしょうか・・・? 弔電の宛先は「葬儀場」 弔電は基本的には 「葬儀場」に送ります。 葬儀の中で、弔電を読み上げるからです。 ほとんどの場合、葬儀場で葬儀を行いますが、 遺族宅で葬儀を行う場合は、その自宅に送ります。 葬儀場に送る場合は、このように書きます。 葬儀場に送る場合は、「気付」をつけるということを覚えておいて下さいね。 弔電の差出人名は故人との関係が分かるように記載すると親切 それでは、差出人の書き方はどの様に書けば良いでしょうか。 差出人名は、基本的に 住所とフルネームを記載しておけば良いです。 ただし、故人との関係がとても親しかったとしても、喪主や遺族と面識がなかった場合、 どこの誰から届いたものかわからないこともあるでしょう。 遺族は葬儀の準備などでとても慌ただしくしています。 私の祖父の葬儀の際も、葬儀会場の担当者と細かな確認事項や葬儀の段取り、集まった親族への挨拶回り、届いた弔電の整理など、とてもバタバタしています。 ですので、確認するという余計な手間を遺族側に取らせないためにも 故人との関係を記載するようにしておくと親切です。 たとえば、この様なイメージです。 弔電を送るときの宛名まとめ• 弔電の宛名は「喪主」です 弔電は、 葬儀の主催者である喪主宛に送る。 喪主と面識がなかったとしても問題ない。 喪主の名前をフルネームで記載する• 喪主以外や会社関係に弔電を送る際の宛名• 喪主の名前を書かないのはマナー違反になるので注意• 勤めている会社から取引先の関係者へ弔電を送るときの宛名は? 宛名には社名は記載せず、喪主の氏名のみとする。 社内の規定をよく確認することが大切• 弔電を送るときの「宛先」や「差出人名」の書き方• 弔電の差出人名は、故人との関係が分かるように記載する 差出人名は、 基本は住所とフルネームを記載。 故人との関係が分かるよう記載するとベター。 弔電は、そんな遺族に対し、お悔やみを伝える為のものです。 弔電を送る時は、 第一に遺族のことを考え、気持ちに寄り添うことが大切です。 そのためにも、しっかりとマナーを守って送って下さいね。 なお、弔電をネットで申し込みするときの注意点はこちらをご覧下さい。

次の

弔電(送り方、書き方などのマナーと文例)

弔電 送り方 宛名

弔電とは 弔意を表す電報 弔電とは 弔意を表す電報のことです。 電報は一般的に結婚式などの慶事用の電報と、お葬式などの弔事用の電報(=弔電)の2種類があります。 弔電を送るケース 基本的には訃報を受けたものの、何らかの事情で 通夜や告別式に出席できない場合に弔電を打ちます。 なお、 弔電を打ったからと言って葬儀に出席できないというわけではないので、急遽出席が可能になった場合は出席しても失礼には当たらないとされています。 弔電の送り方 弔電を送る際の注意・マナー 最重要なのは通夜・告別式当日に確実に届けること 弔電を送る際に気をつけなくてはならないのは、 通夜・告別式当日に必ず届くように手配することです。 通夜・葬儀ともにできれば 前日までに手配をしておくようにします。 相手の宗教を確認する 相手方の宗教によっては弔電での文言が相応しくない場合があります。 例えば、「ご冥福をお祈りします」というのは仏教の死生観に基づくものなので、葬儀がキリスト教式の場合は不適切な文言となります。 弔電を送る際は可能な限り相手の宗旨・宗派に気をつけましょう。 送り先の住所 弔電を送る先の住所は通夜や葬儀・告別式が開かれる場所の住所となります。 遺族の自宅で葬儀を行う場合は 遺族の自宅住所、斎場で行われる場合は 斎場の住所に送ります。 後述しますが、 宛名は喪主宛です。 各社の電報サービスを使って電報を送る 弔電は各社の電報サービスを利用して送ることができます。 NTTが定番ですが、現在は様々な会社が電報サービスを行っています。 電報サービスを選ぶ上で何より重要なのは日時までに必ず届けてくれる信頼性です。 今回は 定番のNTTと 安心感のある郵便局と 格安で評判のVERY CARDの電報サービスを紹介します。 NTT東日本・西日本の電報「D-mail」を使う 弔電と言えばやはりNTTが定番中の定番です。 ソフトバンク以外であれば固定電話・携帯電話ともに局番なしの「 115」で電報サービスに繋がります。 また、ネットでの申し込みも可能です。 NTTの電報は 豊富な台紙と文例から選ぶことができるのが特徴です。 格安で評判の「VERY CARD」を使う 現在電報サービスで急成長を遂げているのがVERY CARDです。 VERY CARDは佐川急便の子会社である株式会社ヒューモニーによる電報サービスです。 2003年の信書便法の施行以降、民間事業者が電報と類似のサービスを開始しており、VERY CARDを運営するヒューモニーも2004年に総務省から特定信書便事業許可を取得しています。 特徴はなんと言っても安いということです。 電報は文字数によって料金が加算されるのが一般的ですが、VERY CARDは 350文字まで基本料金になります。 NTT東日本の電報で350文字の電報を送ろうと思ったら、 メッセージ代金だけで6,550円かかります。 VERY CARDだとなんと1,280円から注文が可能になります。 弔電の宛名・宛先 弔電の宛先は故人?喪主? 多くの人が迷うポイントとして、 弔電の宛名・宛先は故人なのか喪主なのかということがあります。 結論から言うと弔電の宛名・宛先は 受取人である「喪主」です。 喪主が分からない場合 通夜・葬儀のお知らせ等に喪主が記載されていますが、人づてに聞いたり、何らかの事情で喪主が分からない場合があります。 弔電の台紙を選ぶ 弔電にはお悔やみ用の台紙を使用します。 弔電の台紙はグレードごとに値段が異なっており、シンプルな台紙から装飾を施した豪華なものまで様々です。 また、 線香付きや 花付きのものもあります。 値段はシンプルなもので 500円前後からプリザーブドフラワーの付いた 1万円を超えるものまで様々です。 故人との付き合い・関係性を考えて台紙を選ぶようにしましょう。 弔電の文例を選ぶ 弔電は 自分で自由に文章を決めることもできますが、多くの場合は 用意された文例を利用して文章を作ります。 シンプルなもの 御尊父様のご逝去を悼み 謹んでお悔やみ申し上げます シンプルで基本的な弔電です。 「 御尊父様」「 御母堂様」のように弔電で用いられることの多い故人に対する敬称などがあります。 他にも訃報に対する驚き、悲しみなどを織り込んだ文例もあります。 優しい笑顔、共に過ごした楽しかった思い出など在りし日の思い出は尽きません。 安らかにご永眠されますよう、遠くから手を合わせて、ご冥福をお祈りしております。 D-mail文例集 NTTの弔電は細かいシチュエーションや文体からなる豊富な文例が用意されています。 弔意を伝えたいが文章が思いつかない場合などはNTTから探してみると良いかもしれません。 取引先の会社社長の葬儀に送る弔電 社長様のご訃報に 当社社員一同 謹んで哀悼の意を表します ご遺族の皆様ならびに 社員ご一同様に 心から お悔やみ申し上げます 個人だけではなく、会社関係でも弔電はよく使われています。 このように故人と送る側との関係別に文例が用意されています。 香典を郵送する 参列できない時は香典も送る 弔電は通夜・告別式ともに参加できない場合に送るものです。 通夜・告別式に参列する際は香典を必ず持参していくので、弔電を送る際も香典を送るものとされています。 香典の送り方 香典の郵送の大まかな流れ 香典を届ける手段は一般的に 郵送です。 香典を 香典袋に入れる• お悔やみの言葉、葬儀に参列できない理由などを書いた お悔やみ状を用意する• 香典袋・お悔やみ状を 現金書留の封筒に入れる• 喪主・遺族の 自宅に郵送する(推奨) という流れになります。 現金書留の封筒は郵便局で専用の封筒を購入すれば大体の熨斗袋や不祝儀袋は入る仕様になっています。 弔電と香典が届くタイミング 弔電と香典は一緒に届くのではなく、別々に送るので宛先も届くタイミングも異なります。 弔電は 通夜や告別式に間に合うように遺族の手元に届くよう手配します。 対して香典は、通夜や告別式に届けることが困難なので自宅等に送り、 確実に受け取ってもらえるように手配します。 香典の郵送のマナー 香典袋は必要か? 香典は手渡しの際も香典袋(不祝儀袋)に入れるのがマナーです。 郵送する際も必ず香典袋に包むようにします。 香典を郵送する場合は弔電は不要? 香典にはお悔やみの言葉と葬儀に参列できないことのお詫びと理由などを書いた お悔やみ状を同封します。 お悔やみ状でお悔やみの言葉を伝えるので弔電でお悔やみの言葉を伝えるのは二重になってしまうのではないかと考える人も多いですが、 弔電は「 通夜・告別式に間に合う形で弔意を伝える」ことに意味合いがあります。 香典を郵送する場合は一般的に通夜・告別式には間に合わないので「 香典のお悔やみ状では通夜・告別式に弔意を伝えることはできない」ということになります。 (もちろん地域によっては斎場に届けることは不可能ではありません。 ) したがって、香典を郵送する場合でも通夜・告別式までに弔意を伝えるためには 弔電を打つ必要があるのです。 送り先は斎場でも良いか? 通夜・告別式が斎場で行われる場合、斎場宛に発送すれば弔電とともに香典も送ると考えがちですが、 元々 郵便局は現金書留の配達時間指定はできなかったので式に間に合わない可能性もあったので、 自宅に送るのが一般的です。 現在は平成25年10月からで現金書留の配達時間を指定することが可能にはなったので、 式の開催時間によっては届けることも可能ですが、やはり 自宅に送ったほうが安全と言えるでしょう。 香典については詳しくは以下のページをご参照ください。 お悔やみ状の文例 お悔やみ状については以下のページをご参照ください。 弔電のお礼 喪主・遺族は弔電を受け取った場合、後日お礼をする必要があります。 礼状を送る 弔電のみの場合は返礼品は不要 弔電のみのお礼は返礼品などを用意する必要はなく、礼状を書くことで良いとされています。 もし、親しい間柄である場合は電話で口頭で伝えるのもよいでしょう。 礼状を送る時期は葬儀後できるだけ早く 礼状を送る時期はできるだけ早い方がよく、葬儀が終わってから 一週間以内を目処に、遅くとも 四十九日法要までには届くようにします。 香典をもらった場合 礼状を出す 一般的には弔電だけでなく香典ももらう場合が多いので、その場合は礼状に弔意への感謝に加えて香典へのお礼も添えて礼状を出します。 忌明けに香典返しを送る 礼状とは別に、香典へのお礼として 香典返しを送ります。 通常の香典返しと同じく 忌明けの四十九日法要後に届くように手配します。 香典返しにも同様に香典に対するお礼を綴った 礼状を添えるようにしましょう。 香典返しを送る場合は弔電の礼状は不要? これも弔電と同じ考え方で、弔電への礼状は「 葬儀後できるだけ早く伝える」ことに意味合いがあります。 香典返しを送るのは 忌明けの四十九日法要後なので、弔電への礼状を省略することは適切ではありません。 同様に 弔電への礼状を出したからといって香典返しに礼状を同封しないわけでもありません。 弔電・お悔やみ状の礼状の文例 礼状については以下のページをご参照ください。 まとめ.

次の