アソボーノ。 アソボーノ攻略法!混雑回避法や料金・クーポンやアクセスなどを詳しく解説

アソボーノは割引クーポンを使ってお得に楽しもう!【東京ドーム】|ここべびー

アソボーノ

今回は、 後楽園の東京ドームシティにある子供向け室内遊び場の『アソボーノ(ASOBono)』をご紹介します。 3歳~6歳くらいの未就学児の子供にとっては、楽しい遊びが満載ですよ。 特に、雨の日にはおススメです。 割引クーポン情報も紹介しています。 スポンサードリンク 『アソボーノ』のご紹介 アソボーノへ 入口です。 いろんな駅からいけますが、都営三田線の水道橋駅A4出口が一番近いですよ。 雨の日の週末に行ったので、入口には列ができていて、20分ほど待ちました。 受付&割引クーポン 靴を脱いで中に入ります。 左側には、ベビーカー置き場が充実していて、自転車のようにカギがかけられるようになっています。 平日は1日パスが発売されていますが、土日祝日は時間制のみとなっています。 ただ、大人は入場料のみで延長料金は発生しないようになっています。 また、受付の際に、TDカードを作ると割引になるようですが、『 いこーよ』の割引クーポンを使っても、土日週日の入場料が100円引き、平日の1日パスが300円引きで1,250円になるので、自分はクーポンを利用しました。 割引クーポンは、をクリックしてください。 ロッカー 何度も出し入れ可能なロッカーが1日200円で利用できます。 荷物が多い方は、ありがたいですね。 案内図 アソボーノの案内図です。 ボールプールなど体を使って遊べる『アドベンチャーオーシャン』、プラレールやブロックで遊べる『プレジャーステーション』、おままごとができる『カラフルタウン』、昔ながらのおもちゃで遊べる『トイフォレスト』、小さな赤ちゃん向けの『ハイハイガーデン』の5つのエリアに分かれています。 それぞれのエリアを紹介します。 アドベンチャーオーシャン 一番メインのアドベンチャーオーシャンです。 中心がボールプールになっていて、周りには、すべり台などの体を動かして遊べるような仕掛けがありますよ ボール投げ 船の帆に穴が開いているので、それをめがけてボールを投げて遊べますよ。 アスレチック 船を反対側から撮った写真です。 船を航海している気分になれる操縦席もありますよ。 また、奥には、アスレチックがあるので高いところに上って遊べます。 エアキャッスル エアキャッスルという名前の飛び跳ねた遊べるアトラクションがあります。 ジャンプして、遊んでいました。 入口には、スタッフの人もいて、遊ぶことも人数もきちんと管理しているので、安心ですよ。 灯台 壁には灯台が描かれていて、その周りに、木の枠がついています。 木の枠に足をかけたり、手で捕まって、落ちずに移動できるか遊べるようになっています。 トンネル遊び 中に入って、ボールプールを覗けるになっています。 いろんな色があるので、カラフルな世界を楽しんでみては。 見晴らし台 ボールプールの周りにある見晴台です。 特に、面白い仕掛けがあるわけではないですが、高いところに上るのが、子供には楽しいみたいですね。 次のページでは、 プラレールなどで遊べる『プレジャーステーション』やおままごとができる『カラフルタウン』をご紹介します。

次の

アソボーノ!情報まとめ!混雑状況や授乳室等気になる色々【ASOBono】

アソボーノ

巨大室内遊び場アソボーノ! 都内で子供と遊ぶなら巨大室内遊び場アソボーノがお勧めです。 ここは、混んでる日は入場制限が掛かるぐらい人気な子供の遊び場スポットです。 ) そんな子供がたっぷり遊べる人気の室内遊び場アソボーノを詳しく写真付きで、ご紹介します。 アソボーノ情報 アソボーノの場所 東京ドームシティ内 おもちゃ王国跡地、白山通り沿いにあります。 最寄駅は 水道橋駅、後楽園駅、春日駅。 JR・都営三田線「水道橋」駅 こちらの駅だとアソボーノが直ぐ目の前にあります。 東京メトロ丸ノ内線・南北線「後楽園」 少し歩きますが道を知っていれば直ぐです。 他にも駅都営大江戸線「春日」駅でも行けるそうです。 営業時間 平日 10時~18時 土日祝日 9時半~19時 受付終了時間は70分前となるそうです。 アソボーノの遊び場、遊ぶもの一体どんなものがあるか 受付を終えて、入場すると まずあるのはフロア下にある船と海を表現した巨大なボールプール! とても広く、船のデザインをした遊具があります。 左手の方には壁をよじ登るロッククライミングの遊具もあります。 ボールプールの左手側(受付から直ぐの場所)には大き目な滑り台と、よじ登るようのロープがあります。 この滑り台は人気でいろんな子供たちが遊んでいます。 ボープールの右側にはクッション性の階段と木のお家のデザインをした遊具。 滑り台があります。 この滑り台は、そこまで大きくなく滑るとボールプールに入るような感じになっています。 エアキャッスル エアキャッスルという巨大な空気型トランポリンがあります。 大人も一緒に乗ることができますが、小さなお子様もいるので大人は静かに乗る感じです。 結構飛び跳ねるので、運動好きな子供は楽しく遊べます。 スッタフさんがエアキャッスルの入り口にいたり、注意書きもしっかり書かれているので危険な行為をする子供や大人がいないので安心して遊べます。 ダイヤブロックコーナー ここにはレゴやレゴに似たブロック、小さい子でも遊べる大き目のブロックがあります。 左手前にうつってる変わったデザインのつなげて遊ぶオモチャも沢山あります。 プラレール、トミカコーナー ちょっとオモチャが散乱してますが・・・。 ここには沢山のプラレールやトミカがあります。 子供に大人気のプラレールトーマスもあります。 みどりの菜園 みどりの菜園という大き目のクッションや布素材でできた様々な野菜が壁にくっつけられていたり、畑をイメージしたクッションの畑に挟まっていたりして、野菜の収穫ごっこができる遊び場です。 クッション性で柔らかく、どの野菜も大きいので小さい子でも遊べます。 ハイハイガーデン、赤ちゃんや小さい子の遊び場 0歳~2歳までの遊び場です。 ここは他の大きな年齢の子が入って来れないように低いですが壁でコーナーが分けられているので安心して遊ばせることが出来ます。 赤ちゃんや小さい子向けのオモチャなどが沢山あります。 下はクッション性なので転んでも安心です。 大人気のおままごと、お家ごっこコーナー 子供に大人気のおままごと、お家ごっこができる遊び場です。 食べ物や調理器具のオモチャなども沢山ありますので、他の子やお友達と取り合いにならずに遊べます。 こんな風に通路に、お買い物カートやいろんな種類の食べ物のオモチャが揃っています。 写真左側に少し写っていますが、きちんとおままごとコーナーには小さくて可愛いテーブルやイスが沢山あります。 お買い物ごっこ、店員さんごっこコーナー 奥ここには沢山の食べ物の他に、いくつもののレジのオモチャがあるので店員さんごっこもできます。 なぜか、私が行った時ももまつりで 桃のオモチャが沢山ありました。 時期によって違うそうです。 ログハウスコーナー 大きい木の形をしたブロックを木の穴の隙間に通したり、上に乗っけて遊ぶコーナーです。 少し重いうえに、結構大きいです。 オモチャのゲームコーナー 様々なおもちゃのゲームコーナーです。 サッカーゲームやワニが口を閉じるゲーム、アイスやドーナツのゲームのオモチャなど沢山あります。 ツリーハウス ツリーハウスコーナーと書かれていますが、ここはシルバニアファミリーのオモチャコーナーです。 シルバニアファミリーの動物たちのオモチャやお家、お洋服や小物のオモチャなどを使って遊ぶことが出来ます。 トイフォレスト 森をイメージしたようなデザインのコーナーでは、ヨット型の座る場所があります。 そこではオモチャの魚釣りが出来ます。 また奥には輪投げやクルクル回転させて遊ぶ歯車ブロックあります。 ものづくりコーナー 木のレールを自分で好きなようにつなげて、そこに木の小さなボールを転がして遊ぶことが出来ます。 ボールが転がるのを見るのが好きな子、木のオモチャが好きな子にはぴったりの遊び場です。 アンパンマンオモチャのコーナー アンパンのオモチャが沢山あるコーナーです。 アンパンマンのパン屋さん、コンビニ屋さん、ころころ転がるオモチャ、アンパンマンのお絵かきボード、アンパンマン自販機など様々なオモチャがあります。 あとオモチャの掃除機や太鼓などもありました。 このアンパンマンのオモチャコーナーの隣にはメルちゃんのオモチャコーナーがあります。 メルちゃんのオモチャコーナーにはメルちゃんのお人形や着せ替え洋服、わんちゃん、靴や食べ物などの小物、他にもメルちゃんのお医者さんセット、お家、お家グッズ、美容院屋さんのオモチャが沢山あります。 絵本コーナー 可愛らしいデザインのお部屋にはクッションやソファがあり、そこに座って絵本コーナーにある絵本を読むことが出来ます。 休憩コーナー この休憩コーナーはトイレと自販機の目の前にあります。 アソボーノ施設内では、この休憩コーナーの場所でしか飲み物を飲めません。 また、食事は この休憩コーナーでは食べることが出来ません。 お菓子も駄目ですが、赤ちゃんの離乳食は大丈夫みたいです。 離乳食の瓶(ベビーフード)が休憩室コーナーの目の前にある自販機で販売されています。 また自販機の裏にあるベビールームでは授乳室、おむつ替えシート、ミルク用ポット、離乳食を温める電子レンジがありました。 離乳食を温める際のお皿はスタッフさんに言うと貰えるそうです。 アソボーノまとめ 巨大室内遊び場アソボーノは、体をたっぷり動かして遊べる遊具コーナーから色んなオモチャで遊べるコーナーなど様々なコーナーがあるので子供はたっぷり遊べます。 また平日でも時間が決まっていますが体操などのイベントなどもおこなっています。 とっても楽しく遊べるアソボーノですが、いくつかデメリットがあります。 アソボーノデメリット 施設内で食事が出来ない。 食事をする場合 一度アソボーノ施設を出ないといけません。 (ただアソボーノ施設の外、目の前には食事ができるレストランなどがあります。 ) 1日フリーパスの場合、再入場することが出来ますがフリーパスでない場合は再入場ができません。 ちなみにアソボーノのフリーパスは特定期間(夏休みなどの)を除く平日のみしか販売されていません。 混雑状況によっては、その日のフリーパスの販売が終了してしまうこともあるそうです。 またアソボーノは人気な遊び場の為、混雑する時は入場制限が掛かり、入館を待つこともあるそうです。 アソボーノ料金 アソボーノの料金は5か月以下のお子様は入館無料です。 ちなみに こども1日フリーパスの同伴の場合のみ再入場可能です。 たっぷり遊ぶなら再入場もできる1日フリーパスがお得ですね。 ちなみにアソボーノ入り口ではベビーカー置き場や荷物置き場ロッカー(有料)もあります。 小さな子供連れで荷物が多い方には便利です。 都内で子供が室内で遊べる場所、広い場所でどっかいいところないかなと悩んでる方、アソボーノぜひ行って見てください。

次の

アソボーノ体験レポート!子供の満足度は過去最高でした!

アソボーノ

児童手当は、中学校卒業まで(15歳の誕生日後の最初の3月31日まで)の児童を養育している人に支給されます。 児童を養育している人の所得が所得制限額以上の場合は特例給付として支給されます。 所得制限があります。 給与所得者は、源泉徴収票の「給与所得控除後の金額」にあたります。 請求の手続き方法、必要書類についてはこちらでご確認ください。 文京区子育て支援課児童給付係 児童手当はどこも同じ(23区)だと思いますが、 「子供の医療費補助」 は異なります。 文京区の場合、医療費補助は中学校までです。 うちは保育園の影響のせいか風邪になることが多く、よくお世話になってます。 千代田区と 北区は助成制度期間が高校までなんですよね。 うらやましいですね。 前置きが長くなりましたね。 先日子供を連れて に行ってきたので、今日は紹介したいと思います。 この記事の目次• こどもが主役の「遊びの共和国」アソボ~ノ こどもとおとなが一緒に楽しめる、都内最大級の屋内型キッズ施設。 広いスペースで、ボールプール、おままごと、プラレールなど思う存分楽しめます。 お子様の成長や性格に合わせたコーナーが設けられ、好奇心がそそられます。 混雑時は入館待ちになる。 混雑の状況によっては入れない場合あり。 催事などにより変更の可能性あり。 入館予約はできない。 てっきり年齢制限が生後6ヶ月~と思ってましたが、料金が発生するのが6ヶ月からだったんですね。

次の