キン肉マンネタバレ 314。 キン肉マン311話ネタバレ&感想 マリキータマンの最期が今泉伸二のマンガより泣かす…

待ちに待ったキン肉マン314話の感想

キン肉マンネタバレ 314

長らくお待たせしました、WEB『キン肉マン』最新第314話 は只今更新されました。 無料ですので是非ご一読を。 月曜日に日付が切り替わった瞬間に肉を読むのは、すっかりと生活のルーチンになっていたのだと今なら分かります。 しかも今日はちょうど29日、つまり肉の日。 偶然かもしれませんが、キン肉マンの連載が再開されるのにこれ以上無くふさわしい日です。 ・・・って2ページ目、カピラリア七光線が照射される前から丸ノコとトンカチを使う超人がいるんですけども。 あの世界の文明は一体どういう進化を辿ったんだ(汗 サタン様、連載再開一発目でまた株が下がる サタン様の株は一体いつまで下がり続けるんでしょうかね。 まさか自称「大魔王」ってのが神になりそこなった中途半端な存在から来ているものだとは。 あんだけ大魔王大魔王言ってるのに、神には及ばない力ってガッカリ過ぎるだろ。 そもそもザ・マン目線から見ても実体化しても私には勝てんわって言われちゃったよ哀しすぎるぞサタン様。 しかも目的が「神を滅ぼす」じゃなくて「神になりたい」って・・・あなたさぁ・・・あの勢いや結界の強力さから、多分誰もが神を滅ぼして自分がこの世界の頂点に立つ的な感じだと思ってたのに、やってることはただのパシリって・・・ てか、散々馬鹿にしていたアリステラの弟である、 ディクシアと同じことをしているのが哀れとしか言いようがない(あっちもネプの首を取ったらラージナンバーズに入れてやるって言われて行動してた)。 そして超人によって阻まれるという点も同じ。 因果応報とはこのことか。 でもサタン様のことだから「 カピラリアのピース盗む位なら行けるやろ平気平気!」とかマジで思っていたのは想像に難くない。 そんなドブネズミみたいに地を這い回るような、自称大魔王の威厳の欠片も感じられないような真似をしてでも神になりたかったの?その結果がザ・マンの前座である塩試合野郎に惨敗という公開処刑だったわけだが。 仮にザ・マンの前に到達出来ても全快のサダハル様とネプにボコられていそうだったけど。 ・今までの読者のサタン様のイメージ「ゲギョゲギョー!俺はザ・マンを殺し、そして神をも滅ぼしこの世を暗黒に包むのだー!」 ・今週判明したサタン様の目的「ゲギョゲギョー!俺はザ・マンに勝てなくても最悪ピースだけでも盗み、神の末席に加えてもらうのだー!」 ・・・うーん、大魔王の威厳ゼロ!! そもそも現シリーズの主要なキャラの立ち位置、「既に神である男」調和の神、「神になろうとする男」サタン、「神を捨てた男」ザ・マン、「神に抗う男」アリステラみたいな感じなので、仮面ライダーアギトやってんのかお前らはって言いたくなる。 それぞれの思惑や立ち位置もようやく明確に オメガの民をあんだけ本気で処刑していながら一部の奴らには逃げられていたのもよくよく考えたら妙ではありましたが、わざと宗家を逃がしていたなら納得。 だって根絶やしにするつもりならあんな船ぐらいどうにでも出来そうだし始祖達。 ・・・一部の奴らは本気で根絶やしに掛かっていたかもしれんけど、シャババー!って言う人とか。 でもオメガの民の全滅を避ける為の行動だったから、間違いなくオメガにとっては味方だったんだね。 勇んで処刑に行こうとしたサダハル様ェ・・・ 邪悪五神は調和の神達、天上の世界の中枢から追いやられて彼らに恨みを持ってるから今回は超人に味方しているわけか。 でもそうすると、全てが終わった後に下手するとこいつらが新たな神の中枢になりかねない気がする。 まぁ大事の前の小事、終わってからのことにはなるんだろうけど。 そして悠久の時を経たオメガの末裔への謝罪と、それにより様々な感情がごちゃ混ぜになって涙が溢れるアリステラ。 ・・・なんか、アリステラもザ・マンも、今のキャラの方が見ていて好きだな。 自分の手から離れた場所で生き残り進化していった超人達を喜ばしいと述懐出来るザ・マンも本来の人格に戻れたのが分かるし、アリステラは一旦これまでの憑き物が落ちたからか色んな顔を見せるようになった。 次に戦う時、きっと違う顔と意志を見せつつ戦ってくれそう。 ザ・マンが下界へ降りる時に何かあったのではないか?とは予想していたが、実質二度とカピラリア七光線(ブロッケンjr. により今週から超人絶滅光線と呼ぶことにする、書きやすいし覚えやすい)が撃てなくなっていたとは。 だとするならプリズマンは何なのだ?っていうのは皆思っていることだが、本当に何なんだろうな。 108のピースの一つに意思を持たせた・・・とかだと、失われたら二度と撃てなくなっちゃうし、謎だ。 そもそも100人の神と慈悲の神と調和の神で神は107人、一人足りていないってのも気になる。 ザ・マンは神々のことは下野するまでのことしか知らないだろうし、 実はその後に神の座を捨てた奴がもう一人いたりはしないだろうか?とか考察してみる。 そこに復活していないままのロビンマスクを絡めて、実はロビン家の由緒の由来は神の系譜だったとかにすれば、調和の神の尖兵として復活させるのも都合が良かったり・・・しないだろうか?ないか?ないよね?これだと考察じゃなく妄想か。 そして神々の持つ唯一無二の装置を突貫で不完全ながら再現したミートくん、やっぱりこいつ危険ではなかろうか(汗 ・・・で、ザ・マンよ。 お前そんなに大事なもの入れてる箱をレコードの台にするなし。 今週の一番のツッコミ所はそこだ。 そして見せたってことは多分これが奪われるんだろうね。 サタン以外にも神の座を狙う強大な存在はいて、そいつらが尖兵となるんじゃね?という意見もあるが、確かにそれ位じゃないと始祖達と同等かそれ以上の敵にはなりえない。 でもそうすると、サタン様は神になれない中途半端な存在の中では最弱、みたいなことになりかねない。 サタン様の株なんてもうどれだけ下がり続けようと驚かないけどね。 最近のコメント• に 菅原真行 より• に momiji より• に マギー より• に Trip-Partner スカウトチーム より• に momiji より アーカイブ•

次の

キン肉マン オメガ編 314話&315話 カピラリア七光線 対抗はフェイスフラッシュか プリズマンの謎 ネタバレあらすじ感想 考察

キン肉マンネタバレ 314

Sponsored Link キン肉マン311話ネタバレ 聖なる完璧の山への案内人!! 完璧超人始祖が直々に導くーーー!!! 聖なる完璧の山とは、超人墓場のことである。 ジャスティスマンが案内を申し出るが、彼は先の戦いにおいてザ・マンに反旗を翻すも同然の行動をとっていた。 そのことを危惧するキン肉マンだったが、ジャスティスマンはザ・マンと関係はそんなやわなものではないと説明する。 そしてゴールドマンと闘って考え方も変わったはず、それを確かめるためにも彼はザ・マンの元へ向かおうとするのであった。 キン肉アタル・ブロッケンJr・オメガマンアリステラ キン肉スグル・ミート・パイレートマン 帯同するのは彼ら6名。 聖なる完璧の山の前に到着したが、そこへ続く"天への歩道"を開くことが出来るのは完璧超人のみ。 ジャスティスマンによって、たった今天への歩道は開かれた! 次回、キン肉マンたちを待ち受ける試練とは…!? キン肉マン311話ネタバレ&感想 聖なる完璧の山で待ち受ける試練とは? 10代でデビューしたゆでたまごも、今や還暦目前なのですからやむを得ませんか… ただでさえ進みが遅いというのに、次は2週連続休載です。 "聖なる完璧の山"の読みがフランス語で、"天への歩道"が英語読みですか… 試練が待ち受けているとのことですが、それを見るまでもなくすんなりとは会えないと感じました。 番人と闘って勝ってみせろ、というのとは、また違うのではないかと。 始祖全員とはすでに闘っているので、もう駒もないでしょう。 予想してみましょう。 ひらめいたのは、 聖なる完璧の山=超人墓場は、すでに真の敵とやらに占拠されているということです。 ゴッドサイダーを思い出しました。 あれもサタンが出てくる漫画でした。 かなり昔の漫画ですが、調べたところキン肉マンとほぼ同時期に連載されていました。 ゴッドサイダーはシリーズ3作目の 『ゴッドサイダーサーガ 神魔三国志』が発表されていたと分かりました。 それも10年前のことで、今ごろ知ったわけですが。 『ゴッドサイダーセカンド』はあまり面白くないと感じたのですが、サード…じゃなくてサーガは評判がよいようです。 ためし読みしたところ、いい感じでした。 そういえば『メタルK』の続編が同人誌で発表されていたということも、以前インターネット上で知りました。 これは絶対読みたいです。 『メタルK LEGEND』は2018年現在、vol7まで発行とのことです。 どうやったら読めるのかな? 次回まで半月空きますので、巻来功士作品を色々探ってみたくなりました。 アマゾンのキンドル読み放題に、巻来功士作品が結構あります。 『メタルK』は特におすすめですよ。 …キン肉マンから脱線してしまい恐縮です。 キン肉マンも新刊発売中です! 記事を書き終わってヤフーリアルタイムを見たのですが、今回の主役はマリキータマンでしたか! タイトルを強引に付け直しました(笑).

次の

【キン肉マン感想】キン肉マン新シリーズ第314話 六鎗客編本当の決着はこの回!【ネタバレあり】

キン肉マンネタバレ 314

キン肉マン【第315話】のネタバレ 前回のあらすじ… ザ・マンが下界に降りたのは、超人達を守るためだったという真実を知ったキン肉マン達。 オメガの民を救った真実を知ったアリステラは号泣します。 そして、ザ・マンはとある欠片をキン肉マン達に見せます。 それは、超人を死滅させる装置の一部、カピラリア光線を発する為の欠片でした… ソルジャーの宣言… ザ・マンは、今回の騒動をキン肉マン達が自分達の力で解決したことが素晴らしいと讃えます。 しかし、ソルジャーは、それを否定します。 結局、ジャスティスマンに頼ってしまった自分達は未熟。 各々が精進しないといけないとザ・マンに告げます。 ソルジャーは、自分がザ・マンの所に来たのは、超人界の恩人である為にこの決意を伝えに来たと言います。 それを見て喜ぶザ・マンとジャスティスマン。 ザ・マンは、頼もしい言葉が効けて安心した。 これからの闘いは、キン肉マン達の覚悟が必要になる。 その相手は、神であると教えます。 キン肉マン達は、神と闘うと聞き驚きを隠せませんでした… キン肉マンを一喝する者達… ザ・マンは、敵は調和の神の一派。 天界で最大の勢力だと言います。 キン肉マンは、神が誰かの超人に憑依して襲ってくるのかと質問します。 すると、ザ・マンは、天界の神々は下界に直接触れることはできない。 神から超人となった自分と同じ方法。 すなわち、下天で地上にやってくるはずだと教えます。 キン肉マン達は、そんな神々達と超人の存亡を賭けて闘うのだと… それを聞いて怯え喚き出すキン肉マン。 ザ・マンは、そんなキン肉マンを一喝します。 更に騒ぐキン肉マン。 そんなキン肉マンにやるしかないと近づく2人の男達が居ました。 それは、ネプチューンマンとネメシスでした… ネメシスとソルジャー… ネメシスは、キン肉マンの情けない言葉を聞き呆れたと言います。 ネメシスは、キン肉マン達の先祖、サダハルでした。 ソルジャーは、そんなネメシスと初めて対峙します。 ネメシスは、そんなソルジャーを見ていい目をしていると褒め称えます。 ネメシスは告げます。 ザ・マンの言う通り、これから起きる闘いは、全ての超人の尊厳を賭けての戦いである。 そこには完璧も、正義も、悪魔も、オメガの民もない。 この闘いに敗れれば、超人は全てこの世から消えるだろうとキン肉マン達に教えるのでした。 ネプチューンマン、他の欠片の存在を教える… ネプチューンマンは、調和の神達がいつ仕掛けてくるのかわからない。 でも狙いはわかると言います。 カピラリアの欠片を死守することが自分達の最大の任務だと言います。 キン肉マンは、ザ・マンがそれを持っているのでここを守り抜けばいいのではないかと言います。 しかし、そう簡単には行かないと言うネメシス。 欠片は、ザ・マンが持つ以外に地上に5つ存在していると言います。 ネメシスの話を聞いて気づくキン肉マン。 xbiz. xbiz. 神々と闘っていく超人達。 まだ想像が付きません。 ソルジャーの宣言が痺れました。 ソルジャーを認め頼もしく思い笑うザ・マンとジャスティスマンの眼差しが温かいと思いました。 逆に怯えだすキン肉マンが滑稽でした。 ザ・マンやネメシスやネプチューンマンに一喝されるとは… ソルジャーと対照的でしたねー。 ネメシスの完璧も正義も悪魔等もない超人達の存亡を賭けた闘い。 負ければ超人達が消える。 言葉の意味が重すぎました。 ネプチューンマンは、カピラリアの欠片はザ・マンが持つ以外にも存在する。 邪悪五大神達が持つと… 調和の神達がどう絡んでくるのか? キン肉マン達がどう立ち向かっていくのか楽しみです。 次の話が速く読みたいですね! 次回のキン肉マン【第316話】掲載の週刊プレイボーイ更新日は7月13日になります! まとめ 以上、キン肉マン【第315話】のネタバレ・感想を紹介しました。 漫画は絵と一緒に読むことでさらなる面白みがあります。 無料で漫画を読めるサービスをまとめていますので、是非ご覧になって見てください!.

次の