エクセル プルダウン設定。 エクセルプルダウンリストを極める!設定・作成方法から応用技まで紹介

エクセルのプルダウンメニュー(ドロップダウンリスト)を追加する|Office Hack

エクセル プルダウン設定

Q 初めて投稿させて頂きます。 現在、Excel2003を使用し簡単な経費・収支管理表を 作成しようとしています。 その際に、入力の手間や計算間違いを 避けるためにプルダウンリストを作成し、 そのリストの各項目に数値を関連付け、 自動計算をする際に、セルには文字を表示したまま その関連付けた値を計算して計を出したいのですが、 やり方をご存知な方がおりましたら教えて頂けないでしょうか? やりたい事としては、まず入力規則等で作成した 下記の商品プルダウンリストが有るとします。 初めて投稿させて頂きます。 現在、Excel2003を使用し簡単な経費・収支管理表を 作成しようとしています。 その際に、入力の手間や計算間違いを 避けるためにプルダウンリストを作成し、 そのリストの各項目に数値を関連付け、 自動計算をする際に、セルには文字を表示したまま その関連付けた値を計算して計を出したいのですが、 やり方をご存知な方がおりましたら教えて頂けないでしょうか? やりたい事としては、まず入力規則等で作成した 下記の商品プルダウンリストが有るとします。 ------... A ベストアンサー >項目名の裏で値を設定できるような感じです。 プルダウンリストの作成は、入力規則で設定出来ます。 eurus. dti. htm ここで選択した値と何かをリンクさせるには、先にお答えしたようにVLOOKUP等の関数で行う必要があります。 >できれば単価の値は表示したくなく、 別のセルに式を埋め込むか単価欄に全ての式を埋め込む事になります。 余計な表示をしないようにするには、IF文等で工夫する必要があります。 eurus. dti. (職場はEXCEL2000です) 例えば… 飲食業なのですが、一つのセルに30品あるお料理の中から例えばご注文が『オレンジジュース』と入力するとします。 そんな都合のいい事はできませんでしょうか? 説明が下手で本当にごめんなさい。 素人が3人で、あの手この手で半日頑張りましたが…ダメでした。 お力をお貸しください。 きっと探せば以前にも質問があると思うのでうが… 何を探せばいいのか分からず… 分かりやすく教えて頂けると助かります EXCELで日々入力する日報のようなものを作っています。 (職場はEXCEL2000です) 例えば… 飲食業なのですが、一つのセルに30品あるお料理の中から例えばご注文が『オレンジジュース』と入力するとします。 A ベストアンサー こんばんは。 入力したセルの値を合計とかでなくて、 純粋に別のシートに自動的に表示したいのであれば、 以下の方法があります。 C1」と表示され、値が自動的に 表示されるようになります。 2.1列全てコピーしたい場合。 コピー&リンク貼り付けを使うと便利です。 そして出てきた小さな画面の左下にある「リンク貼り付け」という ボタンをクリックすると完成です。 試してみてください。。 念のためにリンク貼り付けを図解しているURLを載せておきます。 参考にしてみてくださいね。。 geocities. htm こんばんは。 入力したセルの値を合計とかでなくて、 純粋に別のシートに自動的に表示したいのであれば、 以下の方法があります。 C1」と表示され、値が自動的に 表示されるようになります。 2.1列全てコピーしたい場合。 A ベストアンサー 同じ質問が結構よく出てますが、そんなに初歩的でもありません 別シートのA1セルに「100円」と入力し、そのシートの任意のセルに以下の式を貼り付けて下さい。 後は、下方向、右方向にコピー。 A:A,LARGE INDEX Sheet1!

次の

入力ミス激減!エクセルでプルダウン(ドロップダウン…|Udemy メディア

エクセル プルダウン設定

ドロップダウンリスト(プルダウンリスト)に予測候補(サジェスト機能)を表示! GoogleやYahoo!、Bingで検索するときも、数文字入力すると予測候補が表示されますよね。 ところがエクセルには、不思議なことにこの機能がないのです。 標準でついていても不思議ではないのですが、Excel2019でも365でもこの機能はまだ未実装です。 自分は普段VBA(ビジュアルベーシックアプリケーション)を利用して予測候補表示を利用していますが、今回はVBA(マクロ)を利用しないで数文字入力すると候補が絞られる予測候補表示の方法についてご紹介します。 ドロップダウンリスト(プルダウンリスト)は集計する側からすると便利な機能なのですが、入力する側からすると、リストが増えると地獄のような選択肢から選ぶ必要があります。 マウス操作よりキーボード操作を多用される方にとっては非常に役に立つ、関数を利用した予測候補表示の機能です。 予測候補表示(あいまい検索)は非常に便利! こちらは動作仕様の紹介のために作成した東京新宿区の郵便番号一覧(抜粋)です。 機能紹介用にずいぶん絞りましたが、例えば「南蒲田」を選ぶ際には、22個のデータをスクロールする必要があります。 ドロップダウンリスト(プルダウンリスト)で10を超える選択肢から選ぶのは超非効率 今回は例として「蒲田」と入力すると、文字列「蒲田」を含む候補だけがドロップダウンリスト(プルダウンリスト)に表示される機能(サジェスト機能)をVBAを利用せず、関数だけで表示する方法の紹介です。 数文字入力するだけで候補が絞られる また、入力する文字は、先頭、末尾または部分が合致していれば候補になります。 「調布」という文字を入力すると、文字列の真ん中にあっても候補として表示されます。 語頭・語尾だけでなく語中も絞り込み可能 いかがですか?ドロップダウンリスト(プルダウンリスト)を入力する側としては非常に入力に優しい機能です。 それでは具体的にこの機能を利用する手順を紹介します。

次の

エクセルでドロップダウンリスト(プルダウンリスト)を作成するを設定する(入力規則):Excel基本講座

エクセル プルダウン設定

D列に追加した項目を自動的にプルダウンリストの項目にするためにOFFSET関数とCOUNTA関数を組み合わせて指定しています。 OFFSET関数は、基準セルまたはセル範囲から指定された行数と列数だけシフトした位置にあるセル範囲を返します。 書式としては「OFFSET 基準, 行数, 列数, [高さ], [幅] 」のように使用します。 COUNTA関数は、範囲に含まれる空白ではないセルの個数を返します。 書式は「COUNTA 値1, [値2], … 」のように使用します。 OFFSET関数の引数「基準」はD2セルにし、「高さ」にCOUNTA関数でD列の空白ではないセルの個数を指定しています。 D列に項目を追加するとCOUNTA関数でその項目も範囲に含むようにしています。 タグで探す• 閲覧数ランキングで探す• 新着記事で探す•

次の