アップル ミュージック 使い方。 iTunesを使ってWindowsやMacでApple Musicを聴きまくろう!使い方を徹底解説!

Apple Musicの使い方を徹底解説!~オフラインで音楽を聴く方法&退会方法~

アップル ミュージック 使い方

アップルミュージックの特徴• 3ヶ月の無料試用期間あり(経過後もたったの月額480円〜)• 端末でのオフライン再生が可能• アップルウオッチやHomePodなどの端末で、単体再生が可能• 6000万曲にも及ぶ、楽曲提供• 音質がいい(AAC 256kbps)• iPhone、iPad、Mac、Windows、Androidに対応• 世界中のラジオ番組が視聴可能• 学生は半額で利用できる 実際に使ってみて感じるのは、扱ってる楽曲の種類が素晴らしい!どのジャンルにも対応してありますし、有名な曲はほぼ網羅しています。 他の定額制音楽聴き放題サービスに不満がある方は、「正直アップルミュージックに乗り換えたほうがいいのでは?」と思ってしまいます。 ここではApple Musicの特徴から使い方、他のストリーミングサービスとの比較、支払い方法や解約手順まで、徹底解説していこうと思います。 Apple Music とは? 「アップルミュージックってなんだろう?」という方のために少しだけ説明を。 アップルミュージックとは、 アップル社が提供する音楽聴き放題サービス(ストリーミングサービス)です。 最近は、サブスクリプション(サブスク)とも言いますね。 機能的には、パケット代がからないオフライン再生機能や、好みに合ったミックスプレイリスト、世界中のラジオなどが提供されており、480円〜というのが信じられないボリューム。 しかも 3ヶ月の無料体験がありますので、とりあえず試してみるのもOKです。 アップルミュージックの月額について アップルミュージックは、コース別で月額利用料金が決まっています。 ですので「家族で利用するのかどうか」「学生で半額で利用したいのか」でプランを決めるといいでしょう。 いろいろな端末で単体再生が可能 PCとスマホはApple Musicアプリを利用して聴くのですが、アップルウオッチやHomePodは単体で再生が可能です。 (設定時にはスマホを利用しますので、契約自体は必要) また最近普及し始めている「Car Play」にも対応していますので、車のスピーカーからアップルミュージックを流すことも可能になっています。 (CarPlayに対応していなくても、Bluetooth対応カーステレオでも聴くことは可能です。 私はそうしています) 歌詞表示にも対応 音楽を聞きながら、歌詞を画面上に流すことも可能です。 しかも歌詞だけ早送り等もできますので、歌詞を見ながら音楽を聞きたい方のは重宝する仕様になっています。 (通常は非表示です) アップルミュージックの弱点?音質「256kbps」について 音楽好きな方が気になるところと言えば、「音質(ビットレート)」ではないでしょうか? でも安心してください。 アップルミュージックで扱う楽曲は、MP3ではなく圧縮技術が優れている 「AAC Advanced Audio Coding 」というファイル形式となっております。 人間の耳で聴いた場合、 「256kbps AAC」 と 他のストリーミングサービスで使用されている「320kbps MP3 」の違いは、 ほぼ判別できません。 数字が少ないと音質が悪いように捉えがちですが、決してそんなことはないのでご安心を。 大物アーティストも続々と追加中! とうとう安室ちゃん、Mr. Children、椎名林檎、ドリカム、星野源といったビッグネームがアップルミュージックで聴けるようになりました! こういったスーパーアーティストは聴き放題サービスに登録されない傾向にありますからね。 これはやばいです! もちろん流行りのアーティストも抑えてます! 大物アーティストだけでなく、今流行りのアーティストもちゃんと抑えています! 登録・オフライン再生などの手順 Apple Musicは、 端末にダウンロードしてオフライン再生することが可能です。 登録手順からの流れを一通り説明しますね。 下準備 まず、アップル製品(Macbook、iPhone等)をお使いの方は最初からiTunesが入ってると思うのでインストールする必要ありませんが、 WindowsやAndroidをご使用の方はiTunes、またはアプリをあらかじめインストールしておきます。 (その方が楽です) インストールしたら起動します。 スマホでの、アップルミュージックの始め方を動画にしました。 手順としましては、• 動画の上にある『Apple Music』のバナーをクリック• 「無料で始めよう」をクリック• 「プランを選択」をクリック• プランを選んで「トライアル開始(Apple Musicに登録)」をクリック• アップルIDにサインイン(お持ちでない方はIDを新規作成)• 送られてくるコードを入力• 「トライアル開始」をクリック 動画を見てもらえれば分かりますが、完了まで1分かかりません。 PCでの登録手順 1.まず、 Apple Musicに移動します。 (ページ内にあるアップルミュージックのバナーをクリックで起動できます) 2.「3ヶ月無料で使用」をクリックします 3.好きなプランを選びます。 4.ここで好みのジャンルを選びます。 すごく好きなジャンルは2クリック、好きなジャンルは1クリック、聞かないジャンルはカーソルを合わせると「x」が出てくるので消してしまいます。 5.次に好みのアーティストを選びます。 手順は先程と同じです。 また、画面上に好きなアーティストがない場合は、左下の「他のアーティスト」から別のアーティストを呼び出し可能です。 6.すると自分好みの楽曲一覧が出てきますので、聞きたい音楽を選びましょう。 オフライン再生手順 スマホで聞く場合、 オフライン再生にしておけば「パケット代節約」や「パケ死から逃れる」ことができます。 主に使うであろうスマホ画面を使って、ダウンロード再生の手順を説明しますね。 (Android) 1. まず左上のメニューから「設定」をクリックし、「WIFI時のみダウンロード」にチェックを入れます。 これでOKです。 もうパケ死の心配はありません。 アップルミュージックの評判や口コミ 世間でのアップミュージックの評判はどうなんでしょうか?実際にツイッターで検索してみました。 ネガティブな口コミは数えれる程度で、 賞賛する方達と「新曲の配信まだかな?」と期待している方がほとんどです。 実際に私も使ってますが穴がないですからね。 そんな意見が集まるのには同意です! 支払い方法について 月額料金の支払い方法も様々なものに対応しています。 解約手順 もし好みに合わなくて解約したくなったら、すぐに解約することも可能です。 しかし利用している端末ごとに解約手順は異なりますので注意が必要です。 詳しくは、このアップル公式ページの「」というページに書いてありますので、参考にしながら手続きすれば1分もかからず解約できるでしょう。 結論:Apple Musicは非常にオススメです! 随分と長い解説になってしまいましたが、 Apple Musicは非常にオススメできます。 楽曲数• アプリのシンプルな使い勝手• アップデートに対する信頼性• 3ヶ月無料お試しあり これだけ揃っているんですから、どなたでもストリーミングライフをエンジョイできると思います。 迷っている方もとりあえず無料お試しで使ってみてはいかがでしょうか?.

次の

「Apple Music」で新規プレイリストを作成する方法【使い方】

アップル ミュージック 使い方

Apple Musicでダウンロードした曲は解約後、再生できなくなる Apple Musicでオフライン再生を行うには、楽曲を端末(ライブラリ)にダウンロード保存します。 しかし、こうしてダウンロードされた楽曲データにはDRM(デジタル著作権管理)が付与されており、認証されない環境での再生は制限される仕様になっています。 つまり、ダウンロード保存した曲を聴けるのはApple Musicのメンバーシップが有効な期間だけということです。 当然といえば当然の話ですが、それでもオフライン再生ならデータ通信量を気にせず音楽を楽しめたり、通信によるバッテリー消費を抑制できたりとメリットも多く、活用したい機能には変わりありません。 それでは、オフライン再生の手順について見ていきましょう。 楽曲をダウンロード保存してオフライン再生する方法と注意点 「Apple Music」アプリから、まずオフラインで再生(ダウンロード)したい曲にアクセスしましょう。 [For You][見つける][検索]などで楽曲を探します。 アルバムやプレイリストごとにダウンロード保存する方法。 「ライブラリに追加されました」と表示され、ダウンロードが開始されます。 ダウンロード保存した曲は[ダウンロード済み]に一覧表示される これでダウンロード保存は完了です。 ダウンロード保存された曲はオフライン再生が可能なため、スマホのデータ通信を消費することもありません。 また通信環境外でも再生が可能です。 楽曲をダウンロードする場合、その分のデータ通信を消費してしまいます。 多くの曲をダウンロード保存する際はWi-Fiがある環境でおこないましょう。 ダウンロード保存した楽曲を削除する方法 Apple Musicでは、オフライン再生するために楽曲をダウンロードすることができる反面、楽曲をダウンロードしすぎるとiPhoneの容量(ストレージ)を圧迫することにもなります。 そこで、ダウンロードしたもののあまり聴いていない曲など、不要になった楽曲を端末から削除して容量を確保する方法にも触れます。 「ミュージック」アプリから削除する アップルミュージックから削除する場合、まずは[ライブラリ]タブから[ダウンロード済み]を選択します。 アルバムごと削除する場合 アルバムごと削除する場合は[アルバム]をタップし、削除したいアルバムを選択。 なお、ダウンロードから削除したアルバムや曲もそれぞれのリストに表示が残り続け、オンライン環境であればリストから再生することができます。

次の

Apple Watch「Remote」アプリの使い方 〜Macの「ミュージック」(iTunes)をリモート操作する方法|林檎時計のある生活

アップル ミュージック 使い方

Apple Musicとは、Appleが提供する、 数百万曲が聴き放題の、 定額制音楽配信サービスです。 1曲1曲購入してダウンロードしなくても、1か月980円、学生なら480円で すべての曲を聴くことができます。 また、普段聴いている曲や好みに合わせて、おすすめしてくれたり、24時間オンエアしているインターネットラジオなどを楽しむことができます。 料金体系は、 個人メンバーシップ 月額980円 ファミリーメンバーシップ 月額1,480円 学生メンバーシップ 月額480円 の3種類で、個人向けと、家族向け(最大6人で共有できる)、学生向けがあります。 Apple Musicの5つのメニューを知る 設定が完了したら、早速Apple Musicをはじめていきましょう。 まずは、画面下部の 5つのメニューをご紹介いたします。 以前のバージョンからデザインが一新され、5つのメニューも多少変わりました。 何と言っても、 文字が大きく、見やすくなりました。 ライブラリ 普段、利用しているかと思いますが、 自分の音楽ライブラリ(曲やアルバム、プレイリストなど)を確認することができます。 ただし、Apple Musicに登録した後は、自分がiTunes Storeで購入した曲や、パソコンから取り込んだ曲だけではなく、 Apple Musicで追加した曲やアルバムも、一緒に表示されます。 Apple Musicは、全曲聴き放題なので、 とても簡単に、曲やアルバムをライブラリに追加できるため、登録後は、一気にライブラリが充実するのではないでしょうか。 普段聞いている曲や、好きなジャンル、アーティストに合わせて、 おすすめのプレイリストや、曲、アルバムなどを紹介してくれます。 聴けば聴くほど、おすすめの精度が向上していくとのことです。 おすすめの精度を上げるために、好きな曲やアルバムがあった場合に、 ハートのアイコンをタップして、音楽の好みを知らせることができます。 また、 「ジャンル」をタップして、 ジャンル別に曲を探すこともできます。 その他、(ほぼ海外ものですが)テレビ番組や映画など、オリジナルコンテンツも探すことができます。 Radio 「Beats 1」という、Apple初の試みとなる、ロサンゼルス、ニューヨーク、ロンドンのスタジオから 世界100か国以上に毎日24時間放送しているインターネットラジオを聴くことができます。 また、洋楽ヒットチャートや、2000年代ヒッツなど、 テーマ別のラジオステーション(放送局)や、 自分専用のラジオステーションを聴くことができます。 検索 当然、 検索アイコンから、探している曲を、ピンポイントに検索することもできます。 Apple Music全体と、自分のライブラリ内の切り替えが可能です。 海外の曲は非常に充実している印象がありますが、国内の曲は、まだ対応していない曲が多いようです。 今後徐々に拡大していくのではないでしょうか。 フォローしたアーティストが投稿した最新情報をチェックすることができ、コメントや、お気に入りをしたりすることができます。 フォローしているアーティストやキュレーターについては、For You画面の下部にある「フォロー中」から、確認、編集することができます。 ライブラリに曲を追加してみる Apple Musicの5つのメニューを抑えたら、早速、数百万曲の中から、お気に入りの曲を「ライブラリ」に追加して、聴いてみましょう。 先程の「For You」や「見つける」、または検索から、お気に入りの曲やアルバムを探します。 下は、アルバムページです。 「+追加」アイコンをタップすれば、、、 3. 一瞬で「ライブラリ」に追加されました。 表示項目を「アルバム」にして確認すると、 購入した曲や、取り込んだ曲と一緒に、先ほどのアルバムが追加されています。 曲をタップすれば、 すぐに聴くことができます。 上図は、アルバムページの例でしたが、「For You」や「見つける」などのページから、曲名の右横にある 「+」アイコンをタップしても、追加することができます。 このように、 とても簡単に「ライブラリ」に曲やアルバムを追加することができ、すぐに聴くことができます。 全曲聴き放題なので、たくさん追加して、後で聴いてもいいし、簡単に追加・削除ができますので、今すぐ聴きたいものだけ追加しておいてもいいかもしれません。 ライブラリにプレイリストを追加してみる 次は、 テーマによって曲がまとめられたプレイリストを「ライブラリ」に追加してみましょう。 今回は「For You」でおすすめされているプレイリストをタップしてみます。 下は、プレイリストページです。 こちらも、 「+追加」アイコンをタップすれば、、、 3. 一瞬で「ライブラリ」の「プレイリスト」に追加されました。 タップすれば、プレイリストの曲を すぐに聴くことができます。 Apple Musicをより楽しむために抑えておきたい機能 このように、Apple Musicは、 とても多くの要素が詰まったサービスになっていますが、その中でも、 よりApple Musicを楽しむために抑えておきたい機能についてご紹介いたします。 タップする箇所によって項目は入れ替わりますが、 「次に再生」「後で再生」は、今聴いている曲の次に再生する曲の順番を指定することができます。 また、 「ステーションを作成」は、今聴いている曲と親和性が高い曲を 自動的にピックアップしてくれてラジオのように連続して再生してくれます。 その他にも、共有や追加などといった機能があります。 再生中の画面で、下にスクロールすると、 「歌詞」という項目があり、歌詞を見ることもできます。 例えば、「ライブラリ」に追加したアルバムのページで、 雲マークのアイコンをタップすれば、ダウンロードが開始され、完了すると 「ダウンロード済み」と表示され、通信しなくても聴くことができるようになります。 これで、 外出先などWi-Fiが繋がらない環境でも、通信料を気にせず、音楽を楽しむことができるんです。 好きな曲にはラブを 好きな曲やアルバムがあった場合、 ハートのアイコンをタップして、音楽の好みを知らせてみましょう。 「ラブ(す)る」と言うんですね。 「For You」などのおすすめの精度が上がり、自分好みの曲や、知らなかったアーティストに出会えるのではないでしょうか。 音楽は1つの場所に、あらゆる場所から聴ける 最後に、Apple Musicの対応デバイスをご紹介いたします。 iPhone、iPad、iPod touch、Android、Mac、Windowsパソコンに対応しており、 同じライブラリの音楽を聴くことができます。 無料トライアル期間中は、いつでも解約することができます。 料金はかかりません。 まとめ いかがだったでしょうか。 Apple Musicについてと、はじめての使い方についてご紹介いたしました。 数百万曲が全て聴き放題なので、最新の洋楽アルバムをチェックしてみたり、昔買ったアルバムでiTunesには入れていなかった懐かしい曲などを探索してみたり、、、楽しみ方は無限大ではないでしょうか。 是非、これからApple Musicを使ってみたいと思っている方に、参考にしていただければと思います。

次の