数珠 購入。 数珠はどこで購入するのが良いのでしょうか?冗談とか、作り話で...

宗派別正式念珠の販売・購入なら天和3年創業の安田念珠店へ

数珠 購入

あなたは自分の数珠を持っていますか? 『まだ、数珠は持っていない』 『持ってるけど、正しい数珠なのかわからない』 若い頃は全く関係のなかったお葬式ですが、年齢を重ねるにつれて参列する機会が増えていきます。 人の死というのは突然訪れるものなので、初めてのお葬式の時に手にいれた数珠を使っている方は多いでしょう。 しかし、若いうちはそれでもいいですが、30歳を超えるようならそろそろちゃんとした数珠を用意しておきたいところです。 ですが、数珠選びって複雑で難しいですよね。 宗派によって数珠に込められた意味も違えば、作りも違い、はたまた使い方すら違ったりします。 今回は、購入方法をメインに、数珠の選び方、購入方法、処分(供養)の仕方まで、数珠の全てについて解説していきます。 星月菩提樹• 金剛菩提樹• 天竺菩提樹• 佛眼菩提樹• 龍眼菩提樹• 鳳眼菩提樹• etc 龍眼菩提樹は三つ目模様、鳳眼菩提樹は一つ目の模様になっていますが、佛眼菩提樹は5つ眼の星型をしているなど、種類は様々です。 水晶 水晶は古くから親しまれてきた天然石です。 アメジスト(紫)、シトリン(黄)、スモーキークォーツ(茶)など、様々な色があります。 また、水晶は水の精を宿すといわれており、スポーツ選手がアクセサリーとして愛用したことでブームにもなりました。 水晶の珠は神様のご神体として、神社に祀られたりもしています。 数珠の素材としても使用可能で、武田信玄も水晶の数珠を使用していました。 香木(こうぼく) 香木には沈香、伽羅、白檀などがあります。 清らかな香りとともに、故人を送ることができます。 琥珀 琥珀は樹脂の化石です。 密度が低いのに硬度が高く加工しやすいので、昔からアクセサリーや美術品に利用されてきました。 琥珀にもたくさんの種類があり、グリーン琥珀、チェリー琥珀、ドイツ琥珀などがあります。 数珠の売り場と販売店|どこで買う? 一生に数回しか買う事のない数珠です。 故人とのお別れに持っていくモノなので、できるだけしっかりとした数珠を用意したいですね。 しかし、購入機会が少ないためかどこで売っているのがわからない方も多いです。 そこで、数珠の購入方法を紹介していきます。 お寺で買うべき? 菩提寺がある方はお寺に相談したくなりますが、すぐに販売できるような体制を整えたお寺はほとんど存在しないでしょう。 おそらく、適切な販売店を案内してはくれるでしょうが、専門職が利用するお店なので価格が高い可能性があります。 コンビニで購入? 基本的に、コンビニで数珠は売っていません。 しかし、ある条件が整えば販売している可能性があります。 それは、お寺や葬儀場の近くのコンビニです。 ですが、故人との大切なお別れに一か八かの賭けに出るわけにもいきませんね。 コンビニでの購入は避けたほうがいいでしょう。 ダイソー、百均で買える? ダイソーとセリアでは数珠を取り扱っています。 男性用と女性用の種類分けもあり、価格は100円と300円の設定です。 どうしても自分の数珠を持っていくことができない場合、百均を探してみるといいでしょう。 しかし、見た目はやはり100円の価値といったところです。 しまむら・イオンの売り場にある? しまむらの小物コーナーでは数珠を取り扱っていることがあります。 価格は1,000円前後です。 一緒に香典袋やバッグ、袱紗なども販売されているので急な葬儀の時は便利です。 イオンのフォーマルコーナーにも数珠は売っています。 価格は2,000円前後です。 初めて数珠を買う方は、イオンや西友などのデパートで購入することが多いのではないでしょうか。 売り場に専門のスタッフがいるので、間違ったモノを購入する心配がありません。 専門店で買う? 数珠を専門に扱っている販売店もあります。 ここからは、一気に数珠のラインナップが増えます。 販売員も専門的な知識を持った方なので、あなたの希望に合わせた数珠を紹介してくれます。 ですが、家の近くにない場合、利用することはできません。 amazon、楽天(通販)で購入? 実は通販で数多くの数珠が販売されています。 アマゾンを使えば、翌日に自宅に配送してもらうことも可能です。 現代人にとって一番適した購入方法となります。 【男性用・女性用】宗派別に数珠を紹介! 数珠の値段は本当にピンキリです。 100円で買えるモノもあれば、数百万円するものあります。 目安として5,000~20,000円程度の数珠であれば、どのような場面でも安心して使うことができるでしょう。 そして、数珠を購入するときに一番気をつかうのが 宗派による違いです。 心配な方は、どの宗派でも使う事の出来る略式を準備すると安心です。 数珠の困りごとを全て解決 オーダーメイド|手作りの数珠 縞黒檀を使ったり、オニキスを使ったり、夫婦で同じ数珠にしたり、数珠はオーダーメイドで手作りしてもらうことも可能です。 この世に2つとないオーダーメイドの数珠は、思い入れもひときわ深いモノになるでしょう。 子供用 子供だからといって、安い数珠で済ませたり、持たせないというわけにはいきませんよね。 故人を想うなら、子供にもちゃんとした数珠を持たせたいところです。 しかし、子供の手のサイズを考えると、せっかく買った数珠が将来使えなくなることもあります。 そんな時は、同じ種類の珠を一緒に何個か購入しておけばOKです。 大人になったとき、珠の数を増やして紐を通し治せば一生使うことができます。 数珠の入れ物(袋)・ケース 大切な数珠を傷付けないためにも、専用の入れ物を用意しておきましょう。 切れた数珠の修理 ある程度しっかりした数珠は、値段もそこそこします。 珠を繋いでいる紐が切れたからといって、簡単に捨てられるものではありません。 しかし、3,000円くらいで修理を請け負ってくれるところもあります。 不要になった数珠の処分 数珠には仏教の教えが詰まっており、不要になったからといってゴミ箱に捨てることはできません。 数珠供養をしましょう。 数珠を買うならココが一番! 以上、 数珠はどこで買う?|しまむらからお寺まで買える場所を全て解説でした! お葬式は突然やってきます。 そんな時でも、焦らず数珠を用意しましょう。 しまむらなら売っているかもしれませんが、100%の保証はありません。 そんな時はAmazonプライムを利用すれば、 送料無料で翌日には配送してもらう事も可能です。 30日間は無料でお試しできるので、お急ぎの方はぜひ活用してみてください。

次の

葬儀用の数珠の使い方とは?数珠の選び方や注意点、購入方法まで解説|終活ねっと

数珠 購入

ダイソーでおすすめしたい100均の数珠は、主玉が淡い白色の美しいパール風の数珠です。 もちろん本物のパールを使っているわけではありませんが、パッと見はとても100均の数珠とは思えないクオリティですね。 左右に置かれている二天玉は薄い紫色の玉で、女性用の片手略式数珠となっています。 房の部分のカラーも白色と薄い紫色で、全体的に上品な印象を与える数珠となっていますよ。 こちらも片手で使う略式の数珠で、玉はすべてガラスのように透き通った色をしています。 房の部分はキレイなブルーカラーの意図が使われており、全体的にスッキリとした印象の数珠になっています。 こちらも宗派関係なく使える女性用の数珠です。 数珠でよく見る黒檀風の玉がおおぶりで、存在感を感じられるカタチになっています。 黒檀や紫檀という天然木は、仏壇や家具、お箸など私たちの生活でよく見かける材質です。 手にもなじみやすいので、男女問わず多くの数珠にも使われていますよ。 本物の黒檀はすこし重たいのですが、100均の商品はイミテーションなので軽くて持ち運びしやすそうですね。 下記の関連記事では、お葬式やお通夜などに参列する際の女性のコーディネートを紹介しています。 ふさわしい服装やアクセサリー、こどもの服装に関しても書かれてありますので、一度目を通してみてくださいね。 お通夜やお葬式では欠かせない御香典ですが、それを入れるふくさもなんと100均ショップに用意があります!色は紺色や黒色などのシックなものを選びましょう。 ちなみに慶事で使うふくさも100均で手に入れることができますよ。 慶事用のふくさはピンクや赤などの華やかなカラーのものを使いましょう。 その時の状況にあったカラーを使い、正しいマナーで式に臨んでください。 急な通夜にも大丈夫!香典袋ももちろん100均にあります! ふくさの中に入れて使う香典袋も100均の商品として置いてあります。 あと習字用ペンもあるので合わせて交友しておけば、式の直前でもさっと用意ができていいですね。 弔事では基本的に結びきりという水引を使います。 色は基本的には黒白のものですが、関西圏では黄色を使う地域もあるようなので、確認が必要かもしれません。 弔事の際のペンは薄墨を使って書くようにしましょう。 男性必見!無地のネクタイが入用なときに使える黒ネクタイ 急な弔事で男性を悩ますのが、ネクタイの存在ですよね。 100均にも黒のネクタイがちゃんとありますので、安心してください。 何度も使うのは厳しいかもしれませんが、お通夜だけ、お葬式だけの臨時ネクタイなら100均のもので全然OKです! もしも今後も使うのであれば、しわにならないようにしっかりと手入れしましょう。 100均で購入したものでも大事に扱っていれば、長くお値段以上の役割を果たしてくれるはずですよ。 数珠入れまで!100均ショップで弔事に関するアイテムが勢ぞろい! 100均では数珠本体だけでなく、数珠を入れて持ち運ぶための数珠袋もきちんと用意されています。 色は赤と紺の二種類があり、男性・女性それぞれが持てますよ。 数珠が切れてしまわないように、袋を用意することも大事ですよね。 ボタンタイプなので片手でぱちんと数珠をしまえる手軽さです。 弔事が行われる会場はばたばたとするものなので、袋がひとつあるだけでスマートな印象になりますね。 下記の関連記事では、京都にあるダイソー・セリア・キャンドゥというおなじみの100均ショップの全店舗一覧が紹介されています!急な訃報を受けたときに、すぐに行ける100均ショップをチェックしておくと便利ですね。 「数珠を切れる」という経験をしたことはありませんか?なんだかわるいことのように感じるかもしれません。 しかし実はコレ、あなたの身にふりかかるなにかしらマイナスの出来事を数珠が身代わりに受けてくれている。 という見方もあるんです。 また、「悪縁が切れる」という見方をする人もいますよ。 カタチがあるものはいつか壊れますが、どんなものでも出来る限り長く使い続けたいですよね。 もしも数珠が切れてしまった時は、100均ショップに売っているテグスを使って復活させることもできますよ。 修理に出すよりお値段は断然安く、アクセサリー作りが好きという方は挑戦してみてください! 100均一にはガラスやパワーストーン風のアクセサリーパーツのラインナップも充実しています。 100均の素材を組み合わせ、自分だけのオリジナルアクセサリー作りを楽しんでいる人もたくさんいますよ。 数珠系のアクセサリーだけでなくピアスやネックレス、ブレスレットなどなんでもつくれちゃうので、楽しいですよね。 100均のパーツで世界にひとつのオリジナルブレスレット フックタイプやキャッチタイプなど、100均にはピアスづくりに欠かせないアイテムもたくさんあります。 自分の好みに合わせてさまざまなモチーフのピアスをつくることができますよ。 「100均のものを直接ピアスとして使うのは怖い…」という方は、バッグにつけたりしてオシャレを楽しむのもひとつの手です。 「どこで買ったの?」なんて聞かれちゃうかもしれませんよ。 100均のパーツでつくるオンリーワンのネックレス 100均にはアレンジなしでそのままでも十分カワイイアクセサリーがたくさんあります。 でもそれにひと手間加えるだけで、他のお店にはないものを作れるなんて本当にステキですよね!ネックレスもとってもかわいくて、とても100均のものとは思えないものばかりです。 100均のネックレスに使われているチェーン部分も意外と丈夫なので、チャーム部分をばらして数珠の玉や、ガラスやビーズと組み合わせればさらにカワイイネックレスが完成しますよ! 下記の関連記事では、オシャレ感抜群の手づくりビーズのアクセサリーの使いかたが詳しく紹介されています。 100均のアイテムでお得・カンタン・お気軽にアクセサリーづくりを楽しみましょう!.

次の

葬式に数珠は必要か?購入前に知りたい数珠の知識と持ち方・使い方のマナー

数珠 購入

お数珠の起源については様々な説がありますが、古代インドのバラモン教で用いられた聖典が有力でございます。 その聖典には、「連珠」という記述があり、その「連珠」が後に「念珠」、すなわち現在の「数珠」の原型になったということでございます。 聖典には、当時、お祈りする回数を数える際にお数珠を使う習慣があったとされています。 この習慣をお釈迦様が取り入れ、中国に伝来し、その後、日本にも仏教伝来とともに伝わりました。 お数珠を取り入れられたお釈迦様の教えは「仏説木槵子経」にこう説かれています。 ある国で国中に疫病がはやり、困っている国の国王にお釈迦様が、「百八の木槵子(無患子)の実をつないで、いつも手にして心から三宝(仏・法・僧)の名を唱えなさい。 そうすれば煩悩が消え、災いもなくなります。 心身も楽になるでしょう。 」と語ったそうです。 数珠とは 数珠といえば、京都が本場で、全国約9割のお数珠が製造されているといわれています。 そのなかでも「京念珠」とは、特許庁に商標登録された、「京都数珠製造卸協同組合」の伝統工芸品の「地域ブランド京念珠」のことでございます。 「京念珠」には、京念珠ブランドを示す「京念珠組合」のタグがついています。 「京都数珠製造卸協同組合」で認められたお数珠以外に「京念珠組合タグ」を付けることは許されていません。 京念珠はすべて手作りです。 ひと玉ひと玉、玉を通し、房を作り、1連1連手作業で編み込んでいきます。 微妙な強弱の力加減を付けながら編み込んでいくことで、丈夫で長持ちするお数珠となります。 伝統を受け継ぐ、京職人が丹精込めてつくり上げた本物のお数珠のみ、本物の「京念珠」と名乗ることが許されています。 数珠・珠数・京念珠・念珠・念誦のちがい お数珠はお客様のお好みでご自由にお選びいただけます。 先ずは、「略式数珠」か「本式数珠」のどちらかをお選びください。 次に、男性用か女性用かをお選びください。 本式数珠をお探しのお客様は、ご自身の宗派からお選びください。 お数珠にはたくさんの種類がありますが、素材・ご予算・色・玉サイズなどからご自由にお選び頂けます。 「これいいな。 」と思ったお数珠や「この素材が気になる・・・」というお客様の直感を大切にお選びされることをおすすめしております。 お数珠は何度も買い替えるものではなく、一度買えば、房や中糸を修理することで、何十年ももちます。 気に入ったお数珠をお選び頂き、永く大切にご愛用頂くことが良いと考えております。 数珠の形 お数珠の素材には、天然木を使用した木製のお数珠と、艶やかな輝きが美しい天然石を使用したお数珠がございます。 当店ではできる限りの素材をご準備しておりますが、ご希望の素材がない場合は、お気軽にお問合せ下さいませ。 天然木・木製素材のお数珠 天然木素材のお数珠は、軽くて手に馴染みやすく、扱いやすいことで人気でございます。 主なそざいとしては、、、、、、、、などがあります。 また、香木には、、、伽羅などがあり、香りには心身をリラックスさせる効果があると言われております。 木製素材は、使えば使うほどに玉の表面に艶が出来たり、趣のある色合いに変わったり、素材の風合いの移り変わりをお楽しみいただくことが出来ます。 また、蓮の実、桃の種、柘植などは、彫刻に適しており、のお数珠やのお数珠などがございます。 また、お数珠の起源とされる、のお数珠もございます。 無患子はお釈迦様が、疫病が流行り、困り果てたある国の国王に、無患子の木の実をつなげたお数珠を手に祈る事をすすめられ、お釈迦様の教えを守った、その国は、とても平和になったといわれるお話がある素材でございます。 天然石・貴石素材のお数珠 天然石素材のお数珠は、艶やかな表面の輝きと、様々な色合いの素材が魅力的でございます。 天然石には、それぞれの石の持つ効力・意味があり、意味合いからお数珠を探される方も数多くいらっしゃいます。 男性には、仕事運や勝負運アップで有名な・や、艶のある漆黒の黒色が男らしいが人気でございます。 女性には、優しい色合いのや、などが人気でございます。 また、昔からお数珠の定番素材として有名な、翡翠や琥珀、本水晶を使用したお数珠は、男性・女性問わず、人気がございます。 木製素材より色のバリエーションが豊富ですので、お好きなお色のお数珠を見つけて頂けます。 菩提樹(ぼだいじゅ)のお数珠 お数珠の素材の中で、菩提樹が有名なのは、お釈迦様が菩提樹の木の下で悟りを開かれたからでございます。 その為、菩提樹の数珠は他の素材に比べ尊ばれ、経典にも「無量の福、無勝の益」を得ると説かれています。 菩提樹の種類としましては、、、、金剛菩提樹(こんごうぼだいじゅ)、などの種類がございます。 数珠の色 お数珠の品質は、「素材の品質」、「加工の品質」、「仕立ての品質」により異なります。 この3つの品質が全て揃ったとき、とても素晴らしいお数珠になります。 「素材の品質」は、素材の特性により異なりますので、全て同じ品質というわけにはいきません。 色の均一さ、その素材のランク・希少性・美しさによって変わってきます。 「加工の品質」は、通し穴加工と研磨加工です。 通し穴は、素材の真ん中に真っ直ぐに通っており、通した糸が切れにくい仕上げになっていることなどが品質の良い加工です。 さらに、研磨技術が優れており、美しい磨き加工で有名な、山梨県甲府で磨き上げられた玉は、海外加工のものとは違い、本当に美しい光沢と輝きがございます。 「仕立ての品質」は、数珠の本場、京都で認められた職人が作る本物の京念珠であることかどうかで左右されます。 当店のお数珠は本物の「京念珠」でございます。 仕立ての丁寧さ、中糸の切れにくさ、なによりもお数珠の作りが海外製品のものや、京念珠ではないものと全く違う美しさがございます。 その為、品質の高いお数珠になってきますと、価格も上がってまいります。 数珠の値段 「嫁ぐ娘に 忘れずもたす 数珠ひとつ」 両親の、幸あれと祈る娘への贈り物です。 お数珠は「寿珠」ともいいまして、仏前で結婚式を挙げられる場合は、お数珠の交換をします。 数珠の珠(玉)は、魂(たま)でもあり、玉のひとつひとつの結びつきは、魂と魂の結びつき、つまり、結魂式とも言われるそうです。 縁あって結ばれた二人の幸せを願う、「寿珠」なのです。 贈られる数珠は、特別にそれ専用の素材があるわけではありませんが、や白珊瑚など白い数珠や、やなどの(房も赤や紫)が好まれる傾向にあります。 ただし、お数珠は持たれる方の分身となりますので、お好きな色や素材からお選びいただくと良いと思います。 また、結婚記念日に、ご夫婦ペアでお数珠をそろえられるのも素敵な事ではないでしょうか。 贈り物の数珠 お数珠の素材が汚れたり、くすんできたな、と感じられましたら、眼鏡ふきなどの柔らかい布を使って優しくふいてください。 また、万が一、房に癖がついてしまいましたら、正絹房の場合、お鍋にお湯を沸かし、湯気が出てきたらその蒸気にあて、優しく伸ばすように房を撫でていただくと綺麗に戻ります。 ただし、安価な人絹房は、綺麗に戻りませんので、お気をつけください。 お数珠をお持ち歩き頂くときは、素材に傷がつかないように、に入れて頂くことをおすすめしております。 ただし、お数珠をお数珠袋に入れたまま保管しますと、房に癖がつきやすくなります。 お数珠をご自宅で保管される際には、に入れ、房を綺麗に伸ばした状態で保管して頂くか、お数珠掛けにかけていただくことをおすすめします。 数珠の修理・メンテナンス.

次の