急性胃腸炎 大人。 【急性胃炎】 原因はストレス? 大人の症状や治し方はコレ!

嘔吐下痢症

急性胃腸炎 大人

胃腸炎・食中毒は冬を中心に年中はやっています! Q&A 大人のウイルス性胃腸炎とウイルス性食中毒! Q. 「食中毒」と「食あたり」はどう違うのですか? A. 同じ意味です。 食中毒の「中」は、「あたる」という意味で医学用語です。 ちなみに胃腸が炎症おこせば胃腸炎。 その胃腸炎が食品を食べて起こったのならば食中毒。 さらに原因により、感染性、ウイルス性、細菌性、カンピロバクター(菌の名前)などの言葉を胃腸炎、食中毒の頭につけます。 ウイルスでも食中毒を起しますか? 細菌性という気がしますが・・・ A. 実は小児、成人ともにウイルス性が圧倒的に多いのです。 細菌性が1割で、ウイルス性が9割と考えられています。 「お腹のかぜ」ってよく聞きますが、よく引く「かぜ」の一種なのですか? A. 「かぜ」とは鼻、のど、喉頭の感染症のことですから、「お腹のかぜ」というのは確かに変です。 しかし、世間ではよくこのように言います。 きっと、専門用語より分かりやすいためでしょう。 理由は先生に聞いてみられるとよいでしょう。 「嘔吐下痢症」という病名は大人でも使えますか? A. 悪くはありませんが、一般的に乳幼児の感染性胃腸炎に対して使います。 乳幼児は脱水をおこしやすいし、急変しやすいなどの理由によります。 大人は、どんなウイルスにかかることが多いんですか? A. 多い順にノロウイルス、ロタウイルス、アデノウイルスと推定されています。 サポウイルス、アストロウイルスなども少数ですが感染します。 それぞれのウイルスにどのような特徴がありますか? A. ノロ、ロタともに、成人から乳幼児まで全年齢相の散発性、集団性胃腸炎の中心です。 冬季は小児を中心に、初冬はノロ、初春はロタが毎年流行しています。 またノロは冬~春の集団食中毒感染患者の約9割から検出されます。 また高齢者施設・医療福祉施設の食中毒でない集団感染患者の約7割からも検出されます。 一般に集団感染の場合、多くは原因食品が推定できません。 推定できる食中毒事例でも、〝ノロに汚染された生カキ〟などとはっきり特定できることは極めてまれです。 周りに感染者がいて、あとは調理器具やタオルや人の手などを介して広がったと考えられます。 一方ロタも乳幼児や高齢者の施設でまれに集団感染します。 どんなとき、病院に行ったらいいですか? A. 嘔吐下痢が止まらないとき、下痢便に血が混じるとき、脱水になりそうなとき、意識が遠くなるときなど早急な手当てが必要です。 検査は受けた方がいいでしょうか? A. ロタ、ノロ、アデノウイルスに対しては、迅速検査を保険でうけることが出来ますが、感度が必ずしも充分ではありません。 一方細菌を疑う場合は、細菌培養という検査があります。 先生に相談されるとよいでしょう。 ウイルス性のものに特効薬はありますか? A. 残念ながらありません。 だから逆に症状に応じた対症治療が大切ともいえます。 細菌性なら抗生物質がありますが・・・ Q. ウイルス性のものに予防法はありますか? A. 菌の種類で、感染経路が多少異なりますが、 (1)手洗い (2)食品をよく洗う (3)充分加熱する (4)調理器具の殺菌 (5)うがい (6)マスクなどが大切です。

次の

急性胃腸炎はうつる?潜伏期間と治し方はコレ!

急性胃腸炎 大人

概要 急性胃腸炎とは、胃腸の粘膜が何かしらの原因により障害をきたし、粘膜が炎症を起こしている状態をいいます。 炎症を起こした粘膜は腫れ、急性発症の下痢や吐き気、嘔吐、腹痛を伴うようになります。 胃腸の粘膜に障害を起こす原因にはさまざまなものがあります。 なかでも、ウイルス性をはじめとした感染症が多く、一般的に急性胃腸炎というと、を指すことが多いです。 衛生環境が整っている日本では、特殊な病原体による急性胃腸炎にかかるリスクは少ないです。 また、下痢や嘔吐などの急性胃腸炎の症状が現れた場合にも、適切な治療を提供できる医療機関が整備されており、致死的な予後になることは少ないです。 しかし、乳幼児を中心に流行することの多いロタウイルスに伴うの症状は強く、点滴や入院が必要になることもあります。 原因 急性胃腸炎の原因は、感染によるものが多いです。 その他、薬剤やなどの原因もあります。 感染性のものはさらに、ウイルス性、細菌性、その他、に分類することができます。 ウイルス性胃腸炎 小児の下痢の原因は、大半がウイルスの感染によるものであり、、ロタウイルス、アデノウイルスが代表的です。 特にノロウイルスとロタウイルスが原因となることが多いでしょう。 ロタウイルスは5歳未満のお子さんのほぼ全員が感染すると考えられています。 年齢が高くなるにつれロタウイルスに伴う急性胃腸炎の頻度は少なくなり、ノロウイルスによるものがその大半を占めるようになります。 細菌性胃腸炎 乳児期以降の小児や成人では細菌感染にともなう急性胃腸炎にかかることがあります。 生卵や生肉の摂取によって感染が成立することから、の一種として捉えられることもあります。 原因となる細菌には、カンピロバクター、、病原性大腸菌、黄色ブドウ球菌などがあります。 それぞれ、鶏肉、生卵、牛肉、仕出し弁当などを介して食中毒として発生することがあります。 その他の感染性胃腸炎 ウイルス性と細菌性以外にも急性胃腸炎を引き起こす感染症があります。 たとえば、ランブル 鞭毛虫 べんもうちゅう 、クリプトスポリジウムなどを挙げることができます。 検査・診断 急性胃腸炎は、臨床経過や身体診察から診断されることが多いです。 ただし、脱水の症状が強いときや合併症を伴っているとき、などの集団感染が疑われるなどの状況があれば、検査にて確定診断が行われることもあります。 やロタウイルスは、便を用いた迅速検査が可能です。 細菌性急性胃腸炎であれば、糞便を顕微鏡で確認したり、培養をしたりすることで、原因となっている細菌を調べます。 また、脱水の程度を評価するための血液検査や尿検査が行われることもあります。 腸管出血性大腸菌が疑われる場合には、ベロ毒素と呼ばれる毒素を検査することもあります。 また、、血小板、腎機能の障害を評価するために血液検査を行うこともあります。 治療 脱水を避けるための対策 水分・糖分・ミネラルを適切に摂取しながら、脱水を避けることが治療の第一目標になります。 急性胃腸炎では、吐き気が強く水分摂取がままならないときもあるため、極少量ずつ、頻回に水分摂取をすることが大切です。 食事は固形物に限る必要はありません。 市販の経口イオン水を摂取することも有効な手段です。 どうしても口から水分が摂取できず、脱水の程度が強い場合には、点滴にて水分補給がされます。 薬による治療 水分摂取方法の工夫以外に、内服薬が検討されることもあります。 水分摂取や下痢の症状をサポートする目的で、制吐剤や整腸剤が処方されることもあります。 また、症状や合併症の有無などを適宜判断しながら、抗生物質が必要かどうかを判断します。 たとえば、であれば、輸血、血漿交換などの治療方法が選択されることもあります。

次の

大人のウイルス性胃腸炎とウイルス性食中毒!:一般社団法人 安佐医師会

急性胃腸炎 大人

スポンサードリンク 急性胃腸炎 突然お腹が痛くなって病院に行ったら 急性胃腸炎だった!というのは 結構よく聞く話かもしれません。 意外と身近に潜む急性胃腸炎。 急性胃腸炎になってしまった時の食事って どうすればいいか悩むものですが ヨーグルドが良いってことを耳にしますよね。 今回は急性胃腸炎について注目をしていきます。 急性胃腸炎 食事はヨーグルトが良い? 現代社会において 昔と比べてみると 急性胃腸炎というのは 結構身近な存在になってきました。 周りに一人や二人 急性胃腸炎になった人がいるという人もいれば 自分自身急性胃腸炎になったことがある という人も多いのではないでしょうか。 まず急性胃腸炎というのは 激しい下痢や嘔吐、発熱、全身の倦怠感 時には血便などの症状が出る感染症のことを言います。 風邪の時も腹痛の症状が出ることもありますが 急性胃腸炎の場合には 腹痛の度合いが違うために すぐに違いがわかるかと思います。 また急性胃腸炎の中にも種類があり 夏場の食中毒によって引き起こされることが多い 細菌性の急性胃腸炎 冬場などにかかりやすい ウイルス性の急性腸炎 が挙げられます。 感染症であるために 夏場、冬場どちらにしても もしかかってしまった場合には 他に感染しないように 十分に気をつける必要があります。 さて、急性胃腸炎になってしまった場合 病院に行って治療を受けると思いますが その際に 食事方法はどうすればいいのだろうと 気になる人も多いようです。 消化に良い食べ物がいいのか 腸にやさしい食べ物がいいのか 出来るだけ症状を悪化させないためにも 食事は慎重になりますよね。 まず急性胃腸炎の時の基本的な食事方法として 普段通りの食事をするのはNGで たとえ症状が落ち着いてきたとしても すぐに食事をいつもどおりに戻すというのはやめましょう。 勿論消化に良い物なので 脂っこいものや辛いものなどの刺激物などは 控えるようにしましょう。 脂肪などが多い食べ物を食べてしまうと 下痢を起こしやすくなってしまうのです。 また冷たい食べ物も 腸を冷やしてしまうことになるので控えたほうがよさそうです。 スポンサーリンク オススメの食べ物として ヨーグルトやゼリーのような さっぱりと食べられ、なおかつ喉も通りやすいものを食べるのがオススメ。 食欲が低下をしている場合があるので そういった時には無理をして食事をせずに 水分補給だけをしっかりしていれば問題ありません。 特にヨーグルトは 腸内環境を改善し整える働きがあるので 少しずつ食べるようにしていくのがいいかもしれませんね。 食事をするにあたって 水分補給が何よりも大事だというのも 水分補給をしたことによって より早く体外にウイルスなどを排出することができるからだと言えます。 急性胃腸炎になってしまった場合には もちろん少しずつ食事をすることも大切ですが 無理をして食べる必要はないので 水分補給だけでも徹底して行うようにしましょう。 スポンサーリンク 子供がかかりやすい? 急性胃腸炎は子供がなりやすい ということも耳にしますよね。 子供がなりやすい急性胃腸炎は 冬場に多いウイルス性の急性腸炎で 代表的なものを挙げるならばノロウイルスも 急性胃腸炎の1つです。 なぜなりやすいかというと 子供はやはり大人と比べてみると 免疫力も低く、大人よりも体は完成されていないため ウイルスに侵されやすいと言えます。 さらに幼稚園、小学校など 集団生活をする上では どうしてもウイルスが行きかいやすい環境になるために ウイルス性の急性腸炎になりやすい環境にいる というのもかかりやすい要因の1つだと言えます。 かからないためには 手洗いうがいをしっかりとするということや バランスの摂れた食事をして しっかりと体を丈夫に健康な状態にしておくことが一番です。 夏場の食中毒などの原因でもあげられる 細菌性の急性胃腸炎の場合は 夏場という食べ物にとっては細心の注意を払わなければならない時期に 油断をしてしまうことによって引き起こされることが多いので 加熱するものはしっかりと加熱をして食事をすること 食品によっては保存を徹底すること というのが未然に防ぐ対処法となります。 どちらの急性胃腸炎に関しても しっかりと気をつけていれば かかってしまう確率は低くなるために 夏場、冬場は気をつけて過ごしていくといいでしょう。 また、大人は特に気をつけたいのが ストレスの存在。 ストレスは気持ちを鎮めるものだけでなく 体調にも影響を大きく及ぼすために 免疫力を低下させてしまうこともあります。 そうなると急性胃腸炎をはじめとして 他にも多くの病気にかかってしまう要因になるので ストレスと上手く付き合っていくというのも これらの病気にかからないために必要なことなので 気をつけていきましょう。

次の