高田川部屋 ツイッター。 コロナによる現役力士の死去に悲しみの声 2014年から糖尿病を発症、“初っ切り”で根強い人気も

高田川親方がコロナ感染!弟子の勝武士がコロナの多臓器不全で死去

高田川部屋 ツイッター

人物 [ ] 兄の影響で小1からを始める。 小学校卒業後は、柔道の強豪であった隣のにある竜王中に進学し、柔道に取り組んでいた。 中学2年の時に柔道部の同級生をスカウトしようと中学校にやってきた当時のに出会い、勧誘。 これは同級生の他に「もう一人体の大きな子」がいると校長が勧めたことによるものだった。 それまでについては全く知らず、柔道での進学の誘いもあったが、親方の 「男の中の男になれ」という言葉に胸を打たれ、中学3年の夏に入門を決意した。 ちなみに兄は同じ竜王中卒業後、に進学。 関東大会2位、でベスト8になる実力で、柔道部に所属していた。 「兄は結構強い選手で有名だったから、自分は『相撲で有名になろう』という気持ちがあった。 中学の時は、柔道で伸び悩んでいる感じもあったので」とも述べている。 しかし中学3年のには自身も柔道の県大会で優勝している。 中学卒業後の3月場所にから初土俵。 同期には、、らがいる。 は出身校の「竜王中」と、から取ったもの。 とんとん拍子で、初土俵から2年後の3月場所で新幕下へ駆け上がったが 、2勝5敗と大敗。 2度目の幕下となる同年11月場所でも3勝4敗とを喫したが、翌年1月場所は初日に黒星を喫した後は6連勝し、勝ち越し。 その後も幕下で取り続け、7月場所では6勝1敗と好成績を残し、優勝決定戦まで進出したが、翌場所新十両となったに敗れる。 同年9月場所では幕下46枚目から19枚目まで躍進し、4勝3敗。 11月場所では自身最高位となる幕下15枚目で5勝2敗という好成績を残した。 同い年であるの(ただし入門は2場所後)と共に、 初の平成生まれの候補として、また近年では珍しいの日本人力士ホープとして注目を浴びていた。 師匠の高田川は「将来はにする」、またの顧問だったや(当時・)の両親方からは「素直で真面目。 人の話を良く聞いてやろうとする姿勢が見える。 強くなりたいという意思がある」という高い評価を受けている。 しかしこの期待を受けた矢先に2場所連続で負け越し失速。 特に2010年3月場所の戦では頭から土俵に落ちて脳震盪を起こし、車椅子で運ばれるという屈辱を味わった。 この負け越しにより2010年の十両昇進はほぼ絶望的となった。 一時は幕下下位まで番付を落とし、この間に11月場所新の、舛ノ山を筆頭に、数名の平成生まれ力士が十両に昇進。 部屋の弟弟子であるに初めて番付で追い越されたことも一因となり発奮し、9月場所は東幕下12枚目の地位で7戦全勝とし、幕下優勝を決めた。 この好成績により、翌11月場所での新十両昇進が決まった。 この昇進により竜電は、5月場所で十両に昇進した元十両以来22年ぶりの出身となった。 更に、高田川部屋が元の現師匠に代わってからは初めての関取誕生となった。 新十両の場所では序盤こそ奮闘していたが、その後8日目に右股関節を骨折し、翌9日目から途中休場した。 幕下に転落した次の場所は皆勤したが負け越し、その後は怪我のため途中休場した1場所を挟んで6場所連続休場。 高田川によると、計3回、同じ部位を骨折し、医師からは再起は難しいのではないかと言われたという。 再十両となった後も新十両に上がった時の稽古量はこなせていない。 折れた箇所は腰の骨であり、検査を受けると医師からは「ここは、トラックと衝突した時に折れるような箇所だ」と驚かれ、少しずれていれば一生歩けなくなる危険性があったことも伝えられた。 絶望して泣いた竜電であったが、高田川は「大丈夫か? 」などといってしまうと余計に落ち込ませるだろうと考え「お前が悪い、骨が折れるのが悪いんだ」と敢えて突き放し、後援者に高田川は「これは神様が与えてくれたチャンス。 鍛え直すチャンスを大事にしないといけない」と説明した。 にまで番付を落とした1月場所も初日から休場したが、全休すれば番付外に転落してしまうため、本人の「番付外に落ちると自分が力士ではなくなるような気がした」という本人の意向 もあって、十分に回復はしていない中で7番相撲だけ出場 し、3場所ぶりに白星を挙げた。 翌3月場所から7月場所にかけても同様の星取が見られた。 完全復活したのは9月場所であり、この場所は10場所ぶりの皆勤出場で7戦全勝の序ノ口優勝を果たした。 翌11月場所(序二段)とその次の1月場所(三段目)も7戦全勝で優勝している。 続く3月場所で幕下に復帰すると、復帰後初めての負け越しに終わり、以後は一進一退が続いた。 5月場所では千秋楽の相撲で勝てば十両復帰という状況で敗れてしまい、負け越した。 同年9月場所では十両陥落後の最高位となる西幕下2枚目の地位で7番目の十両・戦に勝って4勝3敗と勝ち越し、場所後の番付編成会議で丸4年ぶりとなる十両復帰が決まった。 これは昭和以降3番目に低い番付からの十両復帰である。 再十両を果たした際に竜電は「とにかくいい相撲をとりたい。 早く幕内に上がり、いずれは横綱を目指したい」と意欲を見せ、高田川は「正々堂々の真っ向勝負で、スピーディーな相撲をとってほしい」と期待を込めた。 また、後年のインタビューでは、弟弟子の輝が関取になって個室を貰ったり高田川と一緒に食事を行っているのを見て「オレも」と思ったことを語っている。 その11月場所では12日目に勝ち越しを決め、「4年前にできなかったことができて良かった。 諦めなくて良かった」とコメントした。 翌1月場所も9勝6敗と勝ち越し。 しかし3月場所前には高田川から「勝負弱い! あいつの素質からすれば10勝して当然なんです」と手厳しいコメントがスポーツ紙に寄せられた。 その3月場所は初日から5連敗するなど散々な立ち上がりであり、6日目から13日目までは6勝2敗と盛り返した。 だが結局14日目に負け越しを確定させ、そのまま千秋楽も負けて6勝9敗になり、高田川の期待に応えることはできなかった。 4月の春巡業では連日、朝稽古で積極的に申し合いに参加。 「相撲を取っていかないと相撲を取れなくなる」と禅問答のようなコメントを残した。 ときには幕下力士とも相撲を取るなど必死さを見せた。 5月9日に尾車部屋で行われた二所ノ関一門の連合稽古では、十両の申し合いで一番最初に土俵に入った。 「(攻めが)遅いんだ。 何だその相撲は」「膝が伸びきっているから力が出ないんだ」と高田川の厳しいゲキを受けて合計16番取った。 その後は、の両横綱の稽古を見つめて自らの糧にした。 5月場所は5日目まで2勝3敗と出遅れ、6日目から10日目まで5連勝したものの、11日目と12日目を連敗。 幕下陥落の危機にあったが、13日目に勝って勝ち越しを確定させた。 この場所は9勝6敗と関取残留を果たした。 同年10月5日に行われた秋巡業八千代場所では申し合いを6番行った。 6日の横浜場所の朝稽古では10番申し合いを行った。 8日の富士場所では十両の申し合いに参加し、14番取った。 自己最高位となる西十両2枚目で迎えた11月場所は、13日目に勝ち越しを決めて8勝7敗。 これで4場所連続での勝ち越しとして、場所後の番付編成会議にて2018年初場所での新入幕が決定した。 序ノ口まで落ちた十両経験者の入幕はに続き史上2人目。 山梨県出身力士の入幕は、1988年春場所の以来29年10か月ぶりとなる。 これに伴い、地元の新聞社は号外を発行した。 新入幕となった1月場所では5日目まで2勝3敗と序盤は出遅れたが、12日目に勝ち越しを決め、10勝5敗でを受賞した。 山梨県出身力士の幕内勝ち越しおよび受賞は1983年秋場所の以来34年4か月ぶり、また新入幕での二桁勝利および三賞受賞は山梨県出身力士として初めてとなった。 続く3月場所は6枚半上昇の西前頭9枚目と、自己最高位を更新。 白星スタートとなったものの、2日目からの5連敗もあって10日目の時点で3勝7敗と後がなくなった。 しかし12日目の戦を不戦勝で勝利する幸運もあり、残りを5連勝として8勝7敗と勝ち越しを決めた。 この場所の5日目には栃煌山に珍しい決まり手であるで敗れた。 通常は大柄の力士が小柄な力士に決めることの多い決まり手だが、対戦相手のは竜電とほぼ同じ体格だった。 9月場所はその場所の幕内最速となる9日目での勝ち越しを決め 、10勝5敗と敢闘賞候補に挙がったが、票が足りずに見送りに。 国技館内相撲記者クラブ会友の委員からは「竜電はもう少し進歩を見たい」と意見が出された。 それでも本人は場所の相撲について「基礎をしっかりやっているので」と下半身の安定を感じ、さらに「攻める気持ちがあるので上体も起こされない」と好調を実感していた。 1月場所は自身初となる幕内での連続負け越し。 3月場所は東前頭11枚目まで番付を下げるが、この場所は11日目に勝ち越し。 11日目の支度部屋では「今場所は立ち合いが全体的にいい。 自分のやるべきことを考えるだけ」と好調を語った。 3月場所は11日目に勝ち越しを決めるなど好調であったが12日目から2連敗。 それでも14日目から残りの2番を勝って10勝5敗の2桁白星を挙げ、技能賞を受賞した。 同年2月1日に鹿児島県出身の5歳年上の看護師の女性との婚約を発表 し、5月1日に入籍。 6月9日に披露宴を行っている。 5月場所は西前頭5枚目と、自己最高位に近い番付で迎え、初日から3連勝。 その後も好調を維持し、11日目には大関のを引きずるような右上手出し投げで破った。 翌12日目は初の結びで横綱鶴竜に挑んだが、金星獲得とはならなかった。 それでも、13日目に小結・を押し出して勝ち越しを決めると、14日目は実力者の関脇・との熱戦を制し、9勝目を挙げる。 勝てば初の技能賞の千秋楽の小結・戦は、これまで3回対戦して1度も勝ったことのない合口の悪い相手だった。 しかし、重い突き押しをあてがってしのぎ、左上手を取ると豪快に投げて快勝。 初の技能賞を獲得して「一番うれしい賞です。 そんなに技能はないけど」と謙遜しながらもうれしそうだった。 7月場所は新小結に昇進。 山梨県からは1972年9月場所で新小結の富士櫻以来、3人目の三役。 関取経験者が序ノ口に陥落した後に新三役を果たすのは史上初。 この場所は2日目に大関・高安を取り直しの末に寄り倒し、翌3日目も大関・栃ノ心を鮮やかな上手出し投げで転がして2日連続大関撃破の殊勲。 しかし、それ以降は3連敗、5連敗を喫するなど負けが込み、11日目に負け越しが決定。 同時に三役陥落も決まった。 終盤戦は格下力士とばかりだったが思うように白星を伸ばせず、4勝11敗と大敗を喫して跳ね返された格好となった。 続く秋場所は西前頭5枚目と大きく番付を落として迎えた。 場所前には「先場所負けた分くらい勝ちたい」と誓ったが、2勝1敗で迎えた4日目から勇み足で敗れる(6日目の戦)など4連敗。 8日目からは立て直して4連勝し、11日目にはここまで2敗と好調でこの場所優勝した関脇・御嶽海を押し出しに破ったが、そこからは大関の豪栄道、栃ノ心、関脇・といった上位力士との対戦が相次いで組まれ、力及ばず3連敗を喫し、14日目に2場所連続の負け越しが決定した。 しかし、千秋楽は碧山を引っ掛けに仕留め、連敗を3で止めて7勝8敗でこの場所を終えた。 西前頭5枚目に番付が据え置かれた九州場所は、場所を通して波に乗れず、14日目に小結の朝乃山に寄り切られ、関取になって初めての3場所連続負け越しを喫し、千秋楽も小結・にまるでいいところなく敗れ、6勝9敗に終わった。 取り口 [ ] 両差しになって前に出るのが竜電の相撲。 2018年1月場所のように、先手を取って攻め、両差しになる相撲が冴え渡ると好成績を残せる。 一方、小兵には手を焼く面があり、2018年1月場所5日目の戦に関しては「小さい相手が苦手なんでいやだったんですけど」と同年3月場所前のインタビュー記事で答えている。 2018年1月場所時点では、幕内上位で活躍する力士に対しては力量の差から両差しになっても攻め切れない一面がある。 エピソード [ ]• 竜王中学校の柔道部顧問によると、一年後輩で後に付け人となったの母親が高田川部屋の行司と知り合いであった。 師匠は勝武士をスカウトに竜王中学校に訪れたが、そのときに中学校2年で身長180cmの竜電を目に止めた。 竜電はへの進学予定であったが、熱心な勧誘により力士となったという。 2009年の大相撲を振り返る番組「大相撲 とことんいいます」(同年・で放送)では、やのらから、と共に今後の活躍を期待する存在として話に上がった。 なお幕下の力士が候補に上がることは極めて異例。 新十両昇進時にが組んだ特集には関取昇進の近い竜電が泣きべそをかくほどに厳しい高田川の指導の様子が報じられ、竜電はその特集で「できると思ってるから親方はやらせてくれる。 だから逃げることはできない」と猛稽古を課したことに謝意を表していた。 2017年11月の時点でも竜電は稽古の厳しさから高田川が怖く、朝が来るのを恐れているという。 2017年6月1日、甲斐市立竜王小学校を訪れ、はしゃぐ児童と相撲を取るなど交流をした。 竜電は、同じ高田川部屋の弟弟子で県出身の勝武士(当時三段目)と共に訪れ、同校の全児童約440人が出迎えた。 竜電らが体育館に姿をみせると児童は「大きい」「強そう」などと歓声を上げて、クイズや相撲を通して交流した。 質問コーナーもあり、竜電が、きつい稽古があるため、朝ごはんは食べないことや回転ずしでは勝武士と合わせて100皿近く食べることなどを披露。 児童は驚きの声を上げながら笑顔を見せた。 「夢をかなえるには何が必要か」との質問には「我慢して諦めず努力し続けることが重要」と回答。 けがに苦しみながらも昨年、4年ぶりに十両に復帰した自らの経験をもとに、後輩を激励していた。 妻からは「おでんくん」と呼ばれている。 2020年5月13日に、勝武士が新型コロナウイルス感染症による多臓器不全で死去。 悲しみの対面はタブレット端末越しであった。 力士に対しては相撲協会から外出禁止令が出ており、また感染防止の観点からであるという。 同年6月1日に、相撲協会を通じてコメントを出し、小学生の頃から22年の付き合いで弟のような存在であったと勝武士を悼んだ。 入門前は母の作ったカレーライスで体を作った。 略歴 [ ]• 3月場所 - 初土俵。 2番出世。 2006年5月場所 -• 2006年7月場所 -• 3月場所 -• 3月場所 -• 7月場所 - 幕下優勝同点• 9月場所 - 幕下優勝• 2012年11月場所 - 新• 9月場所 - 序ノ口優勝• 2014年11月場所 - 序二段優勝• 1月場所 - 三段目優勝• 11月場所 - 返り十両• 1月場所 - 新入幕、初三賞• 7月場所 - 新 主な成績 [ ] 2020年3月場所終了現在 通算成績 [ ]• 通算成績:386勝309敗62休(84場所)• 幕内成績:104勝106敗(14場所) 各段優勝 [ ]• 幕下優勝:1回(2012年9月場所)• 三段目優勝:1回(2015年1月場所)• 序二段優勝:1回(2014年11月場所)• 序ノ口優勝:1回(2014年9月場所) 三賞・金星 [ ]• 三賞:2回• 敢闘賞:1回(2018年1月場所)• 技能賞:1回(2019年5月場所)• 竜電 剛至(りゅうでん ごうし)2006年3月場所 - 脚注 [ ]• 当時17歳3ヶ月で、に入ってからは、に次ぐ最年少での幕下昇進。 毎日jp 2012年9月26日閲覧• 06 p12-17• 16-17• 幕下以下の取組編成は相星対決が原則であり、そのため同じくこの場所を序ノ口で6休していたとの対決となった。 SANSPO. COM. 2016年9月28日. 2016年9月28日閲覧。 SANSPO. COM 2016. 24 19:31• 2017年5月14日8時0分 スポーツ報知• 『大相撲ジャーナル』2017年12月号p2• 『大相撲ジャーナル』2017年12月号p5• 『大相撲ジャーナル』2017年12月号p10• 『大相撲中継』2018年2月17日号 p. 竜電、序ノ口から再起=大相撲• 『大相撲中継』2018年2月17日号 p. 日刊スポーツ 2018年9月17日20時13分(日刊スポーツ新聞社、2018年9月21日閲覧)• 『相撲』2018年10月号 p. 『相撲』2018年10月号 p. 『相撲』2018年10月号 p. SANSPO. COM 2019. 20 19:41(産経新聞社、2019年3月21日閲覧)• 2019年2月1日15時39分 スポーツ報知(報知新聞社、2019年2月1日閲覧)• nikkansports. com 2019年6月9日. 2019年6月9日閲覧。 毎日新聞2019年6月24日 20時37分(2019年6月25日閲覧)• ライブドアニュース 2020年5月18日. 2020年5月18日閲覧。 YBS TV 山梨スピリッツ 2012. 毎日新聞2017年6月2日 地方版• エキサイトニュース. 2020年5月15日閲覧。 スポーツ報知 2020年6月1日. 2020年6月1日閲覧。 琴剣淳弥『相撲めし -おすもうさんは食道楽-』 扶桑社、2018年 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• - 日本相撲協会• - 相撲レファレンス•

次の

高田川親方がコロナ感染!弟子の勝武士がコロナの多臓器不全で死去

高田川部屋 ツイッター

高田川部屋の力士勝武士の基礎疾患・既往歴の有無は? 勝武士さんが基礎疾患をお持ちだったのか、調べてみると、やはり 「糖尿病」の持病があったとのこと。 5年前には低血糖障害により、不戦敗となったこともありました。 コロナで亡くなった力士の勝武士は糖尿病だったのか、、5年前に低血糖で不戦敗になってる。。 それにしても28歳って若すぎる、、 — ももりーぬ qazxswedc99999 勝武士死亡、何と言えば良いか分からない。 以前から糖尿病の持病あり、低血糖で不戦敗になった事もあった。 人工呼吸器も使用していたらしく、病状心配していたが、若年でもあるから回復を期待していた。 いざ凶報に触れても全く実感が湧かない。 角界は糖尿病患者多いが、恐れていた事が起きてしまった。 — 大達羽左ェ門 OdateUzaemon 亡くなった さんは、山梨県甲府市出身、2007年春場所初土俵で、最高位は東三段目11枚目。 明るい性格で知られ、巡業などで初っ切りを務めたこともある。 糖尿病の持病があり、入院後も体調が心配されていたという。 — 社会人野球のミカタ 8313mrcb 勝武士さん、やっぱり糖尿を患っていたみたい。 だから重症化してしまったのも・・これを期に相撲協会は力士の健康管理をもう一度考えてほしい。 ひたすら食べて太らせるのはやっぱり良くない。 各部屋に専属の栄養管理士を付けるとかどうだろう。 いくら稽古で体を動かしているとはいえ、体を大きくする、太るために普段から普通では考えられない量の食事をとっているんでしょうし、栄養にも偏りがありそう。 コロナウイルスが重症化しやすい状態にあったとしても、不思議ではないように思ってしまいます。 高田川部屋の力士勝武士に喫煙歴は 勝武士さんの喫煙歴については、確たる情報はありませんでした。 糖尿病を患っていたといいますので、さすがに喫煙は控えていたのでは?と思われます。 ただ、力士というかアスリート全般について、個人的には喫煙をしないというイメージがあったのですが、 今回調べてみると、勝武士さんについては分からなかったものの、 力士の方の中には結構喫煙者がいるという情報もあり、驚きました。 また、 現役を引退した親方などが喫煙している場合には、受動喫煙の可能性も出てくるわけですよね。 これを機に見直していってほしい問題です。 おわりに ここまで、 新型コロナウイルスに感染し、入院治療中だった高田川部屋の力士、勝武士 本名:末武清孝)さんが、 13日コロナウイルス性肺炎による多臓器不全により28歳で亡くなったことが発表されたことを受け、 勝武士 本名:末武清考)さんは、何か基礎疾患をお持ちだったのか?また喫煙習慣があったのかなど調べてきました。 基礎疾患については、やはり 「糖尿病」の持病があったとのこと。 また力士というと、やはりあの体型を作って維持するために相当食生活の面などでも体に無理がかかっていたことでしょうし、 ウィルスによるダメージも受けやすい状態にあったのかもしれません。 喫煙習慣については、勝武士さんについては確たる情報はありませんでしたが、力士の中には結構喫煙習慣を持っている人もいるとのこと。 これについては以前から問題にもなっていたようですので、これを機にまた見直していかれればいいなと思いました。

次の

元・安芸乃島の高田川親方と十両・白鷹山が感染…幕下以下の4人も : 大相撲 : スポーツ : ニュース : 読売新聞オンライン

高田川部屋 ツイッター

死因は多臓器不全?4月4日から体調不良を訴える• 日本相撲協会は13日、高田川部屋の三段目・勝武士(本名・末武清考)が、コロナウイルス性肺炎による多臓器不全のため同日0時半に死去したことを発表• 協会発表によると、勝武士は4月4日から5日にかけ、38度台の発熱• 師匠の高田川親方(元関脇・安芸乃島)らが保健所に電話をかけたが、つながらなかったという• 6日から7日にかけ複数の病院に診断を依頼したものの受け付けてもらえず、医療機関が見つからなかった• その後、8日に熱は下がらず血たんの症状が見られたため救急車を要請• 受け入れ先がなかなか見つからず、夜になって都内の大学病院に入院• 簡易検査の結果は、陰性だった。 9日に症状が悪化• 別の大学病院へ、転院したという• 10日に受けたPCR検査で新型コロナの陽性が判明• 19日から症状が悪化し、集中治療室で治療を受けていたがこの日、死亡した• 勝武士は、協会員としては初めて新型コロナに感染していた 4月の前半といえば、感染者が増えて医療機関が非常にひっ迫していた時。 保健所に電話をしても繋がらず、入院先も見つからない状況だったようです。 ご家族の方々は元より、親方も共に稽古に励んできた仲間たちも本当に無念でしょう。 ご冥福を心よりお祈り申し上げます。 持病はあった?糖尿病による低血糖障害で不戦敗も 2016年1月の記事に以下の様なものがありました。 4日目の三段目の取組で、珍事が起きていた。 西54枚目の勝武士(24=高田川)は土俵下の控えで全身が紅潮して手が震え、取組直前で異例の不戦敗。 審判で異変に気づいた峰崎親方(元前頭三杉磯)から「相撲は取れるか」と聞かれると「できれば、このまま帰りたいです…」と訴えた。 相手の朱鷺ノ若も「審判の親方から『不戦(勝)だよ』と。 ビックリした」。 峰崎親方も「初めてだよ」と驚きを隠さなかった。 この時の不戦敗の理由は2年前に患った糖尿病による低血糖障害だったといいます。 勝武士は22歳頃から糖尿病という持病を抱えていたようです。 当日は取組前に「エナジードリンクとチョコ」を摂取したが、薬は飲んでいなかった。 定期通院しておらず、自己管理不足がたたった。 駆け付けた師匠の高田川親方(元関脇安芸乃島)からは「野菜を多めに取るとか、自分で考えてやらないとダメ。 プロだから」と諭された。 朝稽古前は食事しないのが角界の通例だが、特例も認めるという。 6日目は出場し、体重250キロの謙豊を力強く押し出し。 元気な姿を見せ「不安とか緊張も原因だったみたい。 薬も1日3回飲むようにして、昨日も検査して異常はなかった」と、ばつが悪そうに笑った。 新型コロナの死去にはこういった基礎疾患がある場合、持病を抱えていない人よりも重病化のリスクが高いようなので、勝武士の場合も糖尿病が関係していたのかもしれませんね。

次の