ツイン ドラゴン ハナハナ 設定 判別。 【解析】ツインドラゴンハナハナ

プレミアムハナハナ 設定差まとめ|解析 設定示唆 設定判別 ランプ 設定変更(リセット)判別

ツイン ドラゴン ハナハナ 設定 判別

設定判別ポイント 高設定ほどボーナスが当たりやすい• まとめ プレハナの設定判別のコツは、 まずは ボーナス確率ですね。 他のノーマルタイプはREGに設定差が 強い台が多いですが、ハナハナは違います。 BIGにも大きな差があるため、 REGが引けなくてもあまり気にしなくてOK。 これも重要です。 ハナハナシリーズはほとんど 解析値が出ないため、実践値が参考になるかと。 ツイドラから確定演出が増えたため、 従来のハナハナよりも判別速度は 早くなるかもしれませんね。 ジャグラーとは違い、ハナハナは• 高設定のスペックが高い• 設定示唆内容が豊富• 設定状況が良い このことから設定狙いにも向いています。 以上、「 プレミアムハナハナの設定判別まとめ」記事でした!•

次の

ツインドラゴンハナハナ

ツイン ドラゴン ハナハナ 設定 判別

基本情報• 設定判別要素• 店が対策していなければガックンチェックによるリセット判別はある程度可能 また前日ボーナス抜け後まもなく捨てられている台が朝一早い段階で 一回目のボーナスを引いて連荘用のBGMの場合は前日からの据え置きが濃厚です。 設定判別要素 ボーナス差 当然今回のハナハナもボーナスは高設定ほど確率が軽くなっています。 ハナハナシリーズはREGだけでなく、BIGにも設定差がある程度あるのでBIGに考慮しましょう。 子役確率 これまでのハナハナシリーズにも通常時の子役確率に設定差があったので、ツインドラゴンハナハナにも設定差があると思われます。 詳しい情報が出れば随時更新します。 BIG中スイカ確率 BIG中のスイカ確率もシリーズを通して大事な設定推測要素なので、ツインドラゴンハナハナでも重要な要素になると思われます。 こちらも詳細な情報が出次第更新していきます。 REG中サイドランプ REG中は左中段に白7を目押ししてスイカを揃える事でサイドランプが点滅します。 このサイドランプは設定示唆しています。 青・緑 奇数設定示唆 黄色・赤 偶数設定示唆 虹色 高設定示唆 出現割合や青と緑や黄色と赤でどのくらい差があるかという解析ははっきりしていないので、情報が出次第更新します。 龍玉パネルフラッシュ ツインドラゴンハナハナからは筐体の上部に龍玉が設置されて、これがボーナス後にフラッシュします。 フラッシュの色によって設定示唆したり、これまでのREG後のパネルフラッシュのように設定確定のパターンもあります。 BIG後のフラッシュ 高設定ほどBIG後にフラッシュが発生しやすくて色も青、黄、緑、赤、虹とあります。 青<黄<緑<赤<虹の順に高設定の確率も高くなってきます。 従ってより高い頻度でフラッシュが発生してかつ赤や虹色が多く発生すれば高設定に期待がもてます。 REG後のフラッシュ REG後のフラッシュは設定示唆ではなく、設定確定になります。 青・黄色フラッシュ 設定3以上確定 赤・緑フラッシュ 設定5以上確定 虹色フラッシュ 設定6以上確定 出現確率などはまだ分らないので、詳細が出てから詳しく表を作ろうと思います。 ツインドラゴンハナハナでは設定確定演出が多く見やすい仕様になっているとありがたいです。 まとめ ツインドラゴンハナハナに関してはこれまでのハナハナシリーズと比べてスペックの面で大きな変化はありません。 それでも龍玉フラッシュなど設定推測に繋がる演出に新要素があるので、推測しやすい仕様になっている事を期待しています。 まだ詳しい解析が出ていない部分も多いですが、ボーナス確率を中心に推測して高設定を掴んでいきましょう。

次の

ハナハナで勝てない?まずは設定1と設定6のスランプラフを比較せよ!

ツイン ドラゴン ハナハナ 設定 判別

ハナハナの設定1を数日据え置いた場合、常に右肩下がりのスランプグラフになるか?と聞かれたら、答えはノーで、一次的にプラスの曲線を描く瞬間があります。 ホールの差枚詳細によれば、マイナス700枚付近で終了している台ですね。 ハナハナはジャグラーと比較して、結構荒れやすいので前日データが明らかに設定1の場合、当日どんなに差枚がプラスであっても、疑わしい時はスパッとヤメにしましょう! 逆にこの台で 「REGが異常に強くて合算も良い、けどBIGが弱い!」という展開だったら、タコ粘りしてましたね。 後からしっかりREGが付いてくる台• REGも付いて来ずに後から失速する台 ボーナス確率は結果論でしか無く、打っているその時その瞬間での設定看破は非常に難しいです。 小役確率をしっかりと計測して、どっち寄りの台なのか、 消去法的な判断で立ち回る事がポイントです。 少なくともBIGを引けているという事は、その日の投資額を抑えるチャンスである事は間違いありません。 「プラマイ0までは打って良い」とか言う、謎の自分ルールはやめましょう! まとめ 自分は勿論設定師でも無ければ、ホールの店長でもありません。 しかし、毎日データロボサイトセブンを活用しながらホールの出球状況を観察している間に、その日投入されている設定の推測は随分出来る様になりました。 スロットで勝つ為には、 ホールのスランプグラフとボーナス確率と毎日触れ合う事が重要かなと、個人的には思っています。 今回の記事ではあえて「設定1と設定6の区別が微妙な、ややこしいスランプグラフ」を紹介しました。

次の