スポーク 組み方。 自転車のスポーク長 計算器

ホィールの組み方アラカルト

スポーク 組み方

スポーク長 計算器 左スポーク 右スポーク 有効リム径(ERD) mm ハブスポーク穴PCD mm ロックナット間距離(OLD) mm ロックナット-フランジ間距離 mm リム穴オフセット mm ハブスポーク穴径 mm 車輪のスポーク数 本 スポーク交差数 交差 スポーク長 mm 左右のスポークを選択後、有効リム径からスポーク交差(クロス)数までの8項目の数値を 半角数字で入れて、[計算]を押して下さい。 スポーク長が出ます。 有効リム径 : ハブスポーク穴PCD : ロックナット間距離 : ロックナット-フランジ間距離 : リム穴オフセット : ハブスポーク穴径 : 車輪のスポーク数 : スポーク交差数 : スポーク長 : 注: 全てのニップルの外端のマイナス溝底または外端が接する円の直径。 --測定法A-- リム外径 D を計る。 次にリムのスポーク穴にニップルを入れ、リム外端から ニップルの溝底までの距離(深さ) h を0.1mmの位 までで計り、次式で求める。 有効リム径(ERD) = D- 2h その際、リム外径は3カ所で測り、平均を使う。 (組む前のリムは、真円でないことがある) --測定法B-- ニップル下端間の距離 aを測り、ニップルの溝底からの長さ bの2倍を足す。 3カ所で測り、平均を使う。 有効リム径(ERD) = a + 2b ニップルにスポークを付けて引っ張ると測りやすい。 ハブフランジのスポーク穴のピッチ円直径(PCD)。 38~67mmが多い。 前輪と後輪で異なる。 左右で異なることがある。 左右のハブのロックナット外面(固定ねじが出ている面)間の距離(OLD)。 ロックナット外面からハブフランジの厚みの中央までの距離。 後輪はスプロケットが付くため、左右で異なる。 左スポークは左の値そして右スポークは右の値を使う。 後輪リムの中心線とスポーク穴列の中心線の距離S。 ロードリムなどのオフセットがない場合は、 0 を入れる。 ハブフランジのスポーク穴直径。 スポーク径に応じて、2.3 、2.5 、2.8 及び 3.1mmの4種類がある。 2.5mmが一般的。 スポークの左右合計数で、4の倍数。 リムのスポーク穴数に等しい。 「 表1 スポーク数と交差数の関係」(下の表)を参照。 1本のスポークに着目したとき、他のスポークと交差している数。 ハブフランジを挟んで交差している部分も1交差として数える。 1~4交差、中でも2交差または3交差、特に3交差が一般的。 交差数によってスポーク長は変わる。 言い換えれば、スポーク長で交差数が決まる。 エルボ内側からねじの先端までの距離。 メーカーの最小単位寸法が1mmの場合は、 計算値の小数点以下(1mm以下)は切り捨てる。 (スポークの伸び) 長いスポークに1,500Nの初期張力を加えたとしても、 それによる伸びは0.01mm以下であるから、伸びは無視してよい。 スポーク長 ハブスポーク穴 PCD ロックナット間距離 ロックナット-フランジ間距離 [ 計算例 ] 右スポーク、有効リム径552mm、ハブスポーク穴PCD38mm、ロックナット間距離100mm、ロックナット-フランジ間距離16mm、 リム穴オフセット0mm、 ハブスポーク穴径2.5mm、車輪のスポーク数32、スポーク交差数3の場合 スポーク長270.2mm。 小数点以下を切り捨て270mmとする。 [ 記録 ] 入力するデータはノートなどに記録してから、計算器に入力することをお勧めします。 スポーク長が合わなかった場合に、計測及び入力のどれが違っていたか点検できます。 市販スポークの長さは、長さの種類を半分に減らすために偶数値であることが多い。 スポーク長の計算値を偶数にするには、小数点以下を切り捨て奇数になれば1を引く。 例えば、261.7mm は小数点以下を切り捨てると、261mm となり奇数になるから、261 - 1 = 260mm とする。 表1 スポーク数と交差数の関係 スポーク数と交差数の関係を表1に示す。 OK と表示の組み合わせとする。 ホイールの95%以上は3交差となっている。 (注) 組み方の名称としては、2交差は4本取り、 3交差は6本取りそして4交差は8本取りと呼ばれる。 スポーク数 12 16 20 24 28 32 36 40 交差数 1 OK OK 2 OK OK OK OK OK 3 OK OK OK OK 4 OK OK 3交差 スポークの頭をV穴などの穴にに引っ掛けてスポーク長を読み取るスケール。 スポークゲージ、スポークルーラー又はスポーク長ゲージともいう。 左右(上下)はそれぞれをmm目盛り及びインチ目盛りとした形もある。 が測れる形もある。

次の

ホィールの組み方アラカルト

スポーク 組み方

こだわりの自転車ホイール手組み 自転車ホイール組みにも2通りありまして、ロードバイクなどのスポーツモデルでは圧倒的に完組と言われる完成ホイールが主流で数多くのモデルが発売されています。 もうひとつが、競輪選手なども使用する手組みホイールと言われる人の手によりホイールを組み立てるモデルです。 一般自転車など完成車自転車に使用されるホイール(車輪)は、工場などで機械により組立られてきます。 自転車の手組みホイールには、長年培った熟練の技と感覚それと専用工具などを駆使して1本のホイールが完成します。 今回のお客様のご依頼は、一般自転車の後輪ホイールを曲げてしまったので、新たに自転車ホイールを手組で行いました。 自転車ホイール手組の準備 新品のリムとスポークとニップルを用意して、先ずは、後輪ハブ本体に空いている穴にスポーク(細い棒のようなもの」を通しておきます。 でも、ただ穴にスポークを通せば良いのかと言うとそうでななく・・・!? スポークの交差の向きにより合わせてスポークをハブ穴に通します。 手組ホイールのこだわり 使用するリムのネームロゴの位置を確認します。 この場合は「ARAYA」の文字位置です。 コスナサイクルでは、このロゴ「ARAYA」文字が自転車に組付けた時に、自転車本体の右側から読める位置に合わせて組み上げます。 後輪ハブ本体の文字は、更に位置にこだわります! 後輪ハブの文字は組付けた時にこのように真上に来た時読めるように合わせ、 更に、リムの位置もバルブ口金の穴の位置がちょうど真下に来るように2つの部品の位置を揃えます! 後ほど、そのこだわりの組立を画像で確認できます! スポークの交差にも色々あります。 今回は一般自転車通常の36本穴ですので、6本交差でJIS(ジス)組で行います。 スポーツモデルなど用途によっては交差を変えてイタリア組みと言う交差方法で組み立てることもあります。 片側が仮組みできましたので、次は反対側を仮組していきます。 これで自転車ホイールの仮組ができました。 これからいよいよホイールバランス作業に入ります。 自転車ホイール手組作業 ホイール組立専用の振れ取り台に車輪をセットします。 この振れ取り台見てお分かりかと思いますが、かなり年季が入っていまして、先代の父から受け継いで使い続けている専門工具のひとつです。 他にも振れ取り台を所有していますが、これが一番私には使いやすいんです。 仮組した自転車ホイールのニップル(ネジ部)を先ずは、均等に裏側から仮締めしていきます。 ニップルの仮締め後は、ニップル回しと言う専用工具を使いスポーク1本1本の緩み具合を確認しながら締め付けていきます。 ある程度スポークが締まったら、後輪ハブにフリーホイール(多段ギヤ)をねじ込みます。 フリーホイール反対側には、ドラムブレーキ本体を組付けします。 再度、ホイール振れ取り台に仮組車輪をセットして、ホイールを組み上げていきます。 この時、車輪の横振れの修正と縦振れの修正、更にホイールセンター位置の調整とスポークの1本1本の張り具合等全てを同時にバランスをとりながらホイール組立作業を行っていきます。 ホイールバランス調整作業の途中では、一旦振れ取り台から組立途中の車輪を外し、 専用工具のホイールセンターゲージを使い左右のセンター位置を確認しながら作業を進めます。 ギヤ側とブレーキ側の両方のセンター位置がピッタリ合うように微調整しながら修正します。 専用工具のスポークテンションメーターを使いスポーク1本1本のテンションの数値を均等に合わせながら、最後の微調整作業を行いより完成度を高めて手組ホイール作業を完成させます。 こだわりの手組ホイール完成 先程説明しました通り、ハブ本体のロゴ文字が左側から読めるように組付け、 更に、見ずらいですが、スポーク穴(画像でハブセンター下に黒い穴が見えますのがリムのバルブ口金の穴です)が真下に来た時にハブの文字が読めるように合わせています。 お分かりになりますでしょうか。 そして、これもで説明したように、バルブ口金とタイヤロゴの位置を揃えます。 もちろん、リムの「ARAYA」のロゴは自転車の右側から読めるように合わせています。 これで、コスナサイクルのこだわり手組ホイールが完成です。 最後は自転車に組付け全て修理完了です。 まとめ 自転車ホイール手組作業にも、いくつかのこだわりを持って当店では作業しております。 ホイール組立作業はもちろん、見た目の美しさとバランスも大切に1本1本丁寧に仕上げることに努めています。 コスナは、あなたの街のサイクルドクターです。

次の

こだわりの自転車ホイール手組み一般自転車編

スポーク 組み方

自転車のスポークとはどのパーツ? 自転車のタイヤの軸(ハブ)と外周部分(リム)を結んでいる金属の棒のことをスポークと言います。 それにはいくつかの組み方があるのですが、基本的にはハブからから放射状に伸びています。 また、 スポークのような金属の棒がないタイヤの ディスクホイールもあるので、それと区別するために、 スポークのあるタイヤのことを スポークホイールと呼ぶこともあります。 スポークは部分によって 頭、 エルボ、 胴、 ネジと四つの名前で呼ばれます。 頭と呼ばれる部分は、ハブの穴から抜けないようにするためにスポークの外径より大きくした部分です。 エルボと呼ばれる部分は、スポークをリム方向へと肘のように曲がるようにした部分です。 胴と呼ばれる部分は、棒の部分のことです。 ネジと呼ばれる部分は、ニップルとも呼ばれてスポークとリムを固定すると同時に初期張力を設定する部分になります。 スポークのネジは一般的に転造ネジです。 ネジとなる金属を回すのではなく、ダイスというネジ山を作る工具のほうを回転させる工法から転造ネジと呼びます。 そうすると外周にネジ山を持つことになり、なおかつネジ山はネジ素材の直径より大きくなります。 自転車のスポークの種類について スポークの組み方の前にスポークの種類を紹介します。 ずん胴スポークは、断面は円形で、もっとも一般的なスポークです。 段付きスポークは、中間を細くしたもの。 ハブとリム周辺では、応力が大きくスポークが破損しやすいので、取り付け部分の太さは変えず中間だけを細く軽量に、そして空気抵抗を減らしたものになります。 また段付きスポークはいくつ段差をつけるかでも分かれます。 片端段付きスポークは、エルボ部分だけを太くしたもので、丈夫になるため旅行車やマウンテンバイクで使われます。 両端(ダブル)段付スポークは、エルボ部分とネジ部分が普通で中間部が細くしており、軽量になるので競技用車に使われます。 3段(トリプル)段付きスポークは、エルボ部分・中間部分・ネジ部分でそれぞれ異なる太さのもので、丈夫さと軽さを両立を求めたもので、丈夫さを求めていることから、旅行車やマウンテンバイクで使われます。 空力スポークは、空気抵抗を減らすために中間部分を楕円形にしたもので、楕円スポークだったり扁平スポークだったりとも呼ばれます。 空気抵抗の軽減は進行方向のみで横風には対応していません。 またリムのほうが空気抵抗が多いので、リムも空力リム(エアロリム)であることが望ましいです。 真直ぐスポークはエルボのないスポークです。 ストレートプルスポークやエルボレススポークと呼ばれます。 特殊ハブが必要で簡単に言えば自転車と言えます。 最も一般的なのは「 6本組」と呼ばれる組み方です。 スポークは色々な方向に伸びているので、ハブから数えると分かりやすいのですが、交差があるのが数えて6本目であることから 6本組と呼ばれます。 英語では「 3cross」と呼びますが、それは「 6本組」と同じ組み方を指します。 一般的なハブのホール(穴)数は 32個で、その場合は 6本組がスタンダードとなります。 ハブの穴が 28個でも 6本組が一般的となります。 ハブの穴が 24個や 16個になると 4本組が使われ、ハブの穴が 36個だと 8本組が使われます。 8本組は、長距離走る自転車やトラック競技用の自転車に使われています。 4本組、 6本組、 8本組と増加していくとスポークは長くなるので自転車全体の重みが増します。 その分ホイールが丈夫になるので、スポークのテンションをすこし柔らかくできて、そのことでショックを吸収しやすいホイールを作り上げることができます。 それでも昔に比べて、リムやスポークの強度が向上しているため、スポークの本数を減らして軽量化を測る傾向があります。 ハブからスポークが放射線状に伸びてリムにまっすぐつながっています。 交差している箇所がないので強度(剛性)が比較的少なくなるのですが、スポークテンションを強く組むことができます。 またスポークが短くなるので軽量化を測ることができます。 テンションを強くした分、地面からの振動がそのままハブから自転車全体へと伝わりますし、スポークテンションが強いことはニップルの負担が高まり破損しやすくなります。 メリットとしては、見た目でマニアックな雰囲気を出せることでしょうか。 スポーツ車でもっとも普及している組み方は イタリアン組と呼ばれるものになります。 ベダルを踏んで自転車を前に進めるときに、引っ張られるスポークのすべてがハブフランジの外側にある組み方です。 また名称はないのですが、シマノがディスクブレーキを発表したのと同時に専用のスポークの組み方をマニュアルで定めたことがありました。 組み方が分かったところで自分で自転車のスポークを組む手順 自分で自転車のホイールを組むときは、色々な組み方があるでしょうが、以下のような手順になると思います。 まずはリムを選ぶ。 オンロード用やオフロード用など自分の自転車に合った規格やリム幅を考慮します。 つける予定のタイヤのリム幅を選びましょう。 またつける予定のチューブのバルブ(米、英、仏)に合わせる必要もあります。 次にハブを選びます。 後輪の幅にあったハブにしましょう。 そしてスポークの本数を決めます。 それには組み方も一緒に考えてしまうと良いでしょう。 しかしハブの穴の数( 36個や 32個や 28個など)などで、 6本組や 4本組が良いという基本的な組み方がありますから、考える必要はあまりないかもしれません。 そしてスポークの長さを計算します。 リムのERD、ハブの左右フリンジの長さ・フリンジの直径・スポーク穴の直径、それらからリムの長さを算出できます。 それらを決めてからようやく実際にホイールを組む上げることになると思います。 自転車のスポークが折れて修理するならいくらぐらい? スポークは、1本でも折れると他のスポークに大きな負担がかかってしまい連鎖的にスポークが折れていくことがあります。 しかも折れていく間隔はどんどんと早くなります。 ですから、折れたことに気づいたら早めに修理したほうが良いです。 自分でスポークの組み方を知っている方は自分で修理すればよいのですが、自転車屋さんではスポーク1本につき2,000円から3,000円で修理してもらうことができます。 1本でも結構な値段なので何本もスポークを折る前に修理してもらうのがコスト的にも良いと言えます。 スポークは全部揃うことでバランスを保っています。 1本なくなっただけでもいびつに力が加わってしまいます。 だいたい5本も折れるとリムまで歪んでしまって車輪を回すと車体のどこかに接触するといったことが起こります。 それでは常にブレーキをかけているようなものなので、走行自体が大変なものになるでしょうし、また自転車は時速30km以上の速度も出るので、命に関わる前に修理するのが良いでしょう。 自転車のスポークの組み方は一つじゃない 自転車のスポークは、ホイールに張る棒で種類も何種類かあり、組み方も何パターンかあるんですね。 スポークの調整に関しては専用の道具があり、意外に難しいです。 そのためスポークの組み換えや修理の際は、お店に依頼することをおすすめします。 ホイールについている棒ですが、一本一本が大事なパーツなんですね。 スポークが一本折れても大丈夫と放置している人は、事故にならないように修理してください。 - , ,.

次の