ポケモン go スーパー リーグ 最強 パーティ。 【ポケモンGO】スーパーリーグ世界ランキング1位のパーティ使ってみたら、5戦全勝した【GOバトルリーグ】

【ポケモンGO】GOバトルリーグ(対戦)の最強パーティとパーティを作るコツ

ポケモン go スーパー リーグ 最強 パーティ

スーパーリーグバトルに挑戦するときの参考にしてください。 メンテナンスに伴いいくつか変更点がありました。 以下リンク先からご覧ください。 現在はハイパーリーグが開催中 GOバトルリーグでは 6月2日 火 5:00〜7月7日 火 5:00までハイパーリーグが解放されています。 こちらではハイパーリーグでのおすすめパーティと編成のコツをご紹介します。 耐久性の高いポケモンが強い! CP1500以下のスーパーリーグでは高い攻撃力よりもどれだけ 攻撃を耐えられて通常技、ゲージ技を多く出せるかが重要になってきます。 耐久性とはHPや防御力の高さや、弱点が少なく耐性が多いポケモンを指しています。 ポケモンのレベルはCP1500以下に抑える スーパーリーグではCPの上限が1500になるので、 ポケモンのレベルはCP1500を上回らないように注意しましょう。 一度レベルを上げてしまうと下げることはできないのでハイパーリーグに参加できなくなってしまいます。 技範囲の広いポケモンが強い! トレーナーバトルでは、各ポケモンが技解放によりゲージ技を2つまで使うことができ、既に実装されているジム戦やレイドバトル以上にゲージ技が重要になります。 さらに、1回のバトルでポケモンを3匹までしか編成できないので、 幅広く弱点を突けるゲージ技の種類が豊富なポケモンが活躍します。 ゲージ数で技の発動速度が変わる! ジム・レイドでも同じですが、 ゲージ数が多い方 3ゲージ>2ゲージ>1ゲージ が技の発動機会が多くなり、その分威力が低くなります。 PvPでは ゲージ技発動時にお互いのポケモンが止まり、威力を上げるスワイプ動作とシールド使用の有無に分かれます。 なのでジム・レイドと違い、 ゲージ技の硬直時間は考慮せず、発動機会が多い方がダメージを与える機会も多くなります。 弱点は統一させない 弱点をつかれてしまうと、いくら耐久性の高いポケモンでもすぐに倒されてしまいます。 弱点をつかれた場合に相手のポケモンに有利なポケモンと交代できるように弱点や有利なポケモンを統一させないようにしましょう。 ポケモン 弱点 耐性 【 二重弱点】 【 二重耐性】 その他7つの耐性 このようにお互いの弱点を補完し合ったポケモンを選出すると良いでしょう。 使いたいポケモンや強力なポケモンを1体選択します。 今回は例として 野生での出現が多いから進化が可能で、で活躍の多いを選択します。 上記のが苦手な「くさ」タイプに有利なを選択しました。 お互いの弱点を補っているとさらにいいでしょう。 エアームドは「ほのお」「でんき」タイプが弱点ですがナマズンはその両方に耐性をもっているため相性が良いです。 上記の2体では相手のやなどの「くさ」タイプが弱点のポケモンを相手にするのは難しいのでが非常に強力なを選択しました。 編成段階では見えなかったことや実践でしかわからない弱点が見えてくるので、調整しながら自分なりのパーティを作っていきましょう。 もちろん3体で全ての相手に勝つ事は難しいです。 今後新ポケモンや技の追加で流行りのポケモンも変わってくることでしょう。 そのポケモンに対して強いポケモンを選ぶことで勝率はグっと上がるはずです。 さらに 個々のステータスや技構成も強く、悩んだらこのパーティにしておくと勝率は上がるかもしれません。 ただし ポケモンの対戦はメタ 対策 ゲームです。 流行っているということはそれだけ対策も練られているので「 流行りの強いポケモン使えば勝てる!」と安易に勝てるわけでは無いということはご理解ください。 入手しやすく育てやすいポケモンを集めてみました。 この 3体で上記の環境トップポケモンをそれぞれで相手ができます。 WIN! WIN! WIN! もちろん余裕があれば技解放した方が強くなります。 他のポケモンで代用は可能 ナマズンは主力なので代用しずらいのですが、ウツボットはやのような草タイプ、でも マリルリを倒す役割は可能です。 プクリンは同じフェアリータイプのや、マリルリを所持していれば自分で使うことで チルタリスを倒す役割を持てます。 通常技の「」がとにかく優秀です。 すぐにゲージを貯めて3ゲージ技の「」を連発できます。 相性補完にエアームドとフシギバナ ナマズンの弱点や倒しづらい相手を補完する形でとを採用しました。 ナマズンの苦手な「くさ」タイプにはエアームドを、2体の倒しづらい「くさ」タイプが弱点の相手をフシギバナで倒していく形になります。 グロウパンチはたとえに防がれてしまったとしても、 自身の攻撃力アップは確定で発動するので技を打てば打つほど火力が上がっていきます。 苦手な「ひこう」タイプのなどには「 」を覚えさせることで対策が可能です。 「かくとう」タイプが半減されてしまう「どく」タイプを想定する場合は「 」も選択肢にあがります。 相性補完にトリデプスとトロピウス チャーレムの弱点である「ひこう」「フェアリー」の対策としてを採用しました。 強力な「いわ」技に加えて「 」で「くさ」タイプの相手もできるのが優秀です。 さらに2体が倒しづらい「みず」「じめん」タイプを見られるようにトロピウスを採用しました。 海外の地域限定ポケモンなので入手は難しいですが、やに強く出られるトロピウスは是非編成したいところです。 圧倒的耐久力と優秀な技構成からどの相手に対してもそこそこ殴り合える点が先鋒向きです。 技はDPSの優秀な「 」を採用します。 ゲージ技の「 」は弱体化されましたが威力は抜群です。 技解放をする場合やを抑えられる「 」かなどの「ひこう」タイプや抜群の範囲の広い「 」の選択になります。 相性補完にマリルリとフシギバナ デオキシスの 苦手な「むし」「あく」タイプに耐性のあるを採用しました。 マリルリも スーパーリーグで対策無しでは全員を倒してしまうような強力なポケモンです。 2体では倒しづらい「くさ」弱点の対策にを採用しました。 相手のマリルリやといった強力なポケモンの対策に「くさ」タイプは必須と言ってもいいでしょう。 あらかじめご了承ください。 ・公序良俗に反する投稿 ・スパムなど、記事内容と関係のない投稿 ・誰かになりすます行為 ・個人情報の投稿や、他者のプライバシーを侵害する投稿 ・一度削除された投稿を再び投稿すること ・外部サイトへの誘導や宣伝 ・アカウントの売買など金銭が絡む内容の投稿 ・各ゲームのネタバレを含む内容の投稿 ・その他、管理者が不適切と判断した投稿 コメントの削除につきましては下記フォームより申請をいただけますでしょうか。 ご了承ください。 また、過度な利用規約の違反や、弊社に損害の及ぶ内容の書き込みがあった場合は、法的措置をとらせていただく場合もございますので、あらかじめご理解くださいませ。 メールアドレスが公開されることはありません。 コメント 名前.

次の

【ポケモンGO】スーパーリーグおすすめパーティ!定番耐久型から特化型ポケモン構成などを紹介|ポケらく

ポケモン go スーパー リーグ 最強 パーティ

らいちゅう あろーら 高耐久と高タイプ耐性で使いやすい 「マリルリ」は HP種族値が高く耐久力が非常に高いです。 弱点とするタイプも「くさ/でんき/どく」と3種類のみなので戦略を立てやすく、 負けない戦いをするのであれば 選出おすすめのポケモンです。 対策もされやすいですが、耐久の高さと幅広い技範囲で多くのポケモンと互角以上のバトルができます。 スペシャルアタックの選択が迷いどころ 「マリルリ」が覚えるスペシャルアタック(ゲージ技)は「ハイドロポンプ/じゃれつく/れいとうビーム」と どの技も魅力的でどれを覚えさせるか悩みます。 「れいとうビーム」は一番撃つまでの時間(エネルギー)が少なく、良く選出される「チルタリス」などに刺さるのでおすすめです。 また、 「レジスチル」のような高耐久のポケモンには高威力の「ハイドロポンプ」がおすすめであり、 同じ「マリルリ」同士の戦い(ミラー戦)では等倍ダメージとなる「じゃれつく」が有効です。 なまずん りゅうのいぶきが超強力 「チルタリス」は他のポケモンと比較して耐久力が高いとは言えませんが、 ノーマルアタックで覚える 「りゅうのいぶき」が非常に高威力です。 「シールド」で防ぐことができないノーマルアタックで相手のHPをゴリゴリ削ることができるのは非常に大きな魅力です。 互角にバトルできるポケモンが多い 「チルタリス」は「こおり」タイプを2重弱点とするため、 「こおり」技を使うポケモンとは不利なバトルになります。 交代するかシールドを上手く使ってバトルしましょう。 しかし、それ以外のタイプの技に対しては ダメージを受けて倒れるより先に・「りゅうのいぶき」でガンガン相手にダメージを与えることができるケースも多いため、多くのポケモンに対して互角の戦いをすることができます。 らいちゅう あろーら 数多くの耐性でダメージを軽減できる 「エアームド」は「はがね/ひこう」タイプを持ち、 全ポケモンの中でも トップクラスのタイプ耐性 を持っています。 耐性があるタイプの技に対しては 約0. 6倍以下にダメージ量を抑えることができるため、多くのポケモンに対して有利にバトルを進めることができます。 くさタイプポケモンへの圧倒的な強さ 「エアームド」は 「くさ」タイプに2重耐性を持ち、攻撃でも「エアスラッシュ/ゴッドバード」構成で弱点を突くことができます。 スーパーリーグの「くさ」タイプポケモンは超強力な「はっぱカッター」使いも多いですが、 「エアームド」であれば余裕を持って対処できます。 めがにうむ 幅広いポケモンに対応できる耐久&攻撃 「デオキシス・ディフェンス」は 耐久力がスーパーリーグトップクラスであり、相手から受けるダメージを抑えることができます。 さらにノーマルアタックの 「カウンター」でレジスチルなど「はがね」タイプに対応でき、スペシャルアタックでマリルリなど「みず」ポケモンやエアームドなど「ひこう」ポケモンにも効果抜群でダメージを与えることができます。 互角に対応できるポケモンが多いため持っていると重宝します。 入手が難しい 「デオキシス」はこれまで登場が EXレイドバトル と 伝説レイドバトル のみで入手機会が限られています。 さらに 幻枠のポケモンのためフレンドとのポケモン交換でも入手できません。 ずるずきん 耐久力の高さあり 「スリーパー」はスーパーリーグの 耐久力ランキングで30位以内に入る高耐久です。 また「エスパー」タイプはスーパーリーグで弱点を突かれることが少ないこともあり 耐久型として立ち回ることができます。 多彩な技を覚える 「スリーパー」のスペシャルアタックは 強力な「シャドーボール」に加えて、「ほのおのパンチ・かみなりパンチ・れいとうパンチ」と3つの異なるタイプの技を覚えることができる点が大きな魅力です。 例えばレジスチルなど 「はがね系」には「ほのおのパンチ」や「シャドーボール」、マリルリなど「みず系」には「かみなりパンチ」、チルタリスなど「ひこう系」には「こおりのパンチ」など 使い分けることで様々なポケモンに対応できます。 できれば 複数のスリーパーを用意してそれぞれ違う技を覚えさせて持っておきたいところです。 そのときの自分のパーティで対策できていない敵ポケモンに合わせて有効な技を持っている「スリーパー」を出して活躍させるということができます。 ふしぎばな 「ハードプラント」が超強力 「メガニウム」は 御三家「くさ」ポケモンの最終進化系が覚える 特別限定技「ハードプラント」が非常に強力です。 「くさ」を弱点とするポケモンはもちろんのこと、 等倍以上のダメージとなる多くのポケモンに対しても有効な攻撃になります。 「じしん」で幅広く対応 「メガニウム」が他の「くさ」ポケモンと比較して優れている点は、 そこそこ高い耐久力と 「じしん」を覚える点です。 スーパーリーグで良く選出される レジスチルやトリデプスなど「はがね」ポケモンに有効なため対応の幅が広いです。 しかし、エアームドやチルタリスなど 「ひこう」ポケモンには有効打がないためまともにバトルをしないよう注意が必要です。

次の

【ポケモンGO】スーパーリーグ最強パーティ作ってしまったかもしれんw

ポケモン go スーパー リーグ 最強 パーティ

ポケモン 技 解放技 デオキシスを採用したパーティ 耐久力が高く、等倍同士の場合の対戦で勝ちやすいデオキシス ディフェンスフォルム を採用したパーティ。 ゲージ技はいわなだれと10まんボルトを採用し、幅広いタイプの弱点を突ける技構成にしている。 ニョロボンはレジスチルなどの対策が可能 弱点が多いニョロボンだが、マッドショットでゲージを素早くためてゲージ技を連続で使うことができる。 デオキシスでもレジスチルの対策は可能だが、控えにレジスチルがいた場合なども考えてニョロボンでの対応も覚えておこう。 でんきタイプには注意 このパーティの場合、でんきタイプに対しての耐性がないため、デオキシスで対応しなければならない。 でんきタイプが環境で多い場合はニョロボンをナマズンやラグラージ、ガマゲロゲなどに変更しよう。 耐久力も高く使いやすいポケモンとなっているぞ。 デオキシスは交代先として活躍 いわなだれや10まんボルトなど汎用性の高い技を覚える。 また、防御が高く安定して戦えるため不利な相手のとき交代先として活躍する。 マリルリはチルタリス対策 メガニウムとデオキシスでは環境に多いチルタリスに勝てない場合があるのでマリルリを採用。 マリルリはくさタイプが弱点だが デオキシスのいわなだれやマリルリのれいとうビームでカバーしよう。 マリルリを軸にしたパーティ マリルリを軸にしたパーティ1 ポケモン 技 解放技 1匹目はマリルリを採用 初手にマリルリを置くことで、環境に多い チルタリスやレジスチル、ブラッキーを対策。 技構成はチルタリスやくさタイプに有効な「れいとうビーム」とはがねタイプや等倍以上の相手に大ダメージを与えられる「ハイドロポンプ」を採用。 チェリム・エアームドを控えに採用 2、3匹目はエアームドとチェリム。 ひこうタイプのエアームド・ほのお技が打てるチェリムをがいるため、 マリルリが弱いくさタイプへの対策がしっかりとできるパーティとなっている。 チェリムの強みを活かす 1. 苦手なポケモンを出されてもタネマシンガン、ウェザーボールの技構成で交代の時間を稼ぐこともできる。 ゲージ技は使い分け可能 技構成はウェザーボール ほのお と チルタリスやブラッキーに効果抜群なマジカルシャインを採用。 相手の2. 3匹目にみずタイプのポケモンが増えた場合は、マジカルシャインをソーラービームに変えるなど使い分けも可能。 弱点が少なく安定して戦える。 開放する技はでんきやはがねの弱点をつけるじしんを採用している。 ハイドロカノンがない場合はなみのりを採用しよう。 ラグラージの相性を補完するエアームド ラグラージとエアームドはお互いの弱点を補うことができるのも魅力。 ラグラージ唯一の弱点であるくさタイプに対してひこう技で対応しよう。 マリルリに対してはアローラベトベトン スーパーリーグでの使用率が高いマリルリに対してはアローラベトベトンで対策。 ラグラージのゲージ技でヘドロウェーブを覚えさせるとマリルリの弱点をつけるが、ラグラージの役割が多くなり、1体では対応しきれないのでアローラベトベトンを採用している。 アローラベトベトンは交換が必要 タマゴから入手したアローラベトベターを進化させるとCPが1500をこえてしまう。 スーパーリーグで使用する場合、 アローラベトベトンは交換での個体値下げが必須なので作る場合は注意しよう。 ポケモン 技 解放技 1匹目にマッギョを採用 ゲージ技の発動が早く、レジスチルやマリルリの弱点をつけるマッギョを1匹目に採用したパーティ。 通常技はでんきショックを採用し、マリルリやエアームドの弱点をつけるようにしている。 2匹目はチルタリス 2匹目はマッギョと相性補完が優れたチルタリスを採用。 通常技のダメージが高く、アタッカーとして優秀。 マッギョ・チルタリスともにこおり技が弱点となっているので マリルリなどのれいとうビームには注意しよう。 耐久力が高く、ゲージ技の種類が豊富なポケモン。 今回はくさ・はがねタイプに対応できるほのおのパンチ、チルタリスやひこうタイプに効果抜群のれいとうパンチを採用しているぞ。

次の