キッシュ 簡単 レシピ 人気。 本当に美味しいキッシュ|何度も作りたい定番レシピVol.35

炊飯器で簡単キッシュ!子どもに大人気のレシピ2選

キッシュ 簡単 レシピ 人気

サクサクに仕上げるポイントは このキッシュで驚きなのは、なんといってもパイシートの代わりに食パンを使うことです! パイシートのようにサクサクでおいしくできるのかな? とちょっと心配になっちゃいますよね。 あればサンドイッチ用のパンを使うと簡単ですよ。 そのまま使うとふわふわの食パンですが、麺棒でコロコロ転がすと…ペッチャンコに潰れます。 その潰れた食パンをパイシートの代わりに型に敷きこんで使います。 パイシートのように事前に解凍する手間もないので簡単ですよ。 サクサクに仕上げるポイントは、食パン生地のみあらかじめ焼いておくこと。 表面がトーストされたみたいにカリッと焦げ色がつくまで焼くとおいしさアップです! 生地を焼いている間にキッシュの中身を作るといいですね。 食パンはこのように麺棒で転がして潰す。 2.型に食パンを敷きこんだら、180度のオーブンで15分程焦げ目がつくまで焼く。 3.キッシュの中身を作る。 フライパンにバターを入れて溶かしたら、食べやすく切ったベーコン、玉ねぎ、ほうれん草、しめじを入れて炒める。 塩コショウで味付けする。 4.ボウルに牛乳と卵を入れて混ぜたら(3)と混ぜ合わせる。 5.食パンの生地の型に(4)を流し込んだら、表面にチーズを乗せて180度のオーブンで25分程焼く。 子どももきっと「もう焼けたかな? まだ?」とそわそわしているはずですよ(笑)。 子どものお手伝いポイントは さて、今回紹介したキッシュですが、簡単なのでぜひお子さんとも一緒に作ってみてください。 子どもと一緒に作る際のポイントも記載します。 <食パンを一緒に麺棒で転がしてつぶす> 麺棒をコロコロする作業は子どもも大好きです。 <キッシュに入れる具材を考えてフライパンで炒める> 菜箸やヘラで混ぜましょう。 <卵と牛乳を混ぜる> 卵が割れる子どもは割ってもらいましょう。 卵と牛乳の優しい甘さが炒めた具材と合わさってとてもおいしいです。 食パンと牛乳を使うことで、パイシートと生クリーム不要のレシピにしました。 その分油分やカロリーも控えめに仕上がっています。 キッシュに入れる具材は、お好みで変えてみてもいいですね。

次の

ほうれん草レシピ!つくれぽ1000越だけ【24選】殿堂入り人気1位は?簡単!おすすめ!

キッシュ 簡単 レシピ 人気

混ぜるだけでOK!超簡単ジャガイモのキッシュ まずは、とってもお手軽に作れるジャガイモのキッシュのレシピを紹介していきます。 ジャガイモを中心とした好みの野菜を用意して卵液を流し込むだけ! たったこれだけの超簡単工程で、お店で食べるようなキッシュを炊飯器で作ることができるんです。 2.切ったジャガイモをラップでふんわりと包み電子レンジ600Wで2分ほど加熱する。 加熱したジャガイモは粗熱を取っておく。 3.皮を剥いた玉ねぎを薄くスライスする。 4.ハーフベーコン1パックを1cm角くらいに切る。 ジャガイモ、玉ねぎ、しめじ、菜の花とともにボウルにいれる。 5.別のボウルに卵を割り入れ、顆粒コンソメ、塩・コショウを加える。 6.そこに牛乳、マヨネーズも加えてよく混ぜる。 7.最後にスライスチーズを手でちぎって加えていく。 8.野菜の入ったボウルに卵液を加えてざっくりと混ぜる。 9.具材が卵液に浸かったら炊飯器に移し替え、炊飯ボタンを押して炊き上げる。 卵の大きさによっては具材が浸らないかもしれません。 具材の浸りが少ないとしっかりと固まらず、具材がポロポロと落ちてきてしまう場合があるので、浸りが足りないと感じたら卵をもう1つ割り入れて調整してみてください。 10.炊飯が終わったら中を見て、卵が固まっていたら完成。 炊飯器の状態によっては1回の炊飯では焼き上がらない場合もあります。 写真のキッシュも2度炊きして焼き上げました。 卵の固まり具合を見て、様子を見ながら炊き上げ時間を調節していきましょう。 卵が固まっていたらキッシュの完成です。 お皿にひっくり返して取り出してみましょう。 こんがりとおいしそうに焼き上がっているはずです! ベーコンのコクとマヨネーズの風味でとってもおいしいキッシュが仕上がります。 野菜の栄養が摂れて嬉しいですよね。 中に入れる野菜は何でもOKです。 旬の野菜を入れたり、好きな野菜ばかりを加えたりとお好きにアレンジをしてみてください。 具材はキッシュの定番でもあるトマトを入れてみました。 そこに細かく手で裂いたブロッコリー、1cm角に切ったベーコン、しめじを加える。 2.別のボウルに卵を割り入れ牛乳、顆粒コンソメを加える。 3.しっかりと混ぜた卵液にマヨネーズを加える。 4.スライスチーズを2枚ちぎって加える。 5.そこに塩、こしょうを加える。 6.(1)のボウルの具材に卵液を流し込み和える。 7.具材と卵液が合わさったらトマトを加えてざっくりと混ぜる。 8.冷凍パイシートを2枚取り出し、炊飯器の形に合わせて切っていく。 9.写真のように炊飯器の内釜に沿わせてパイシートを入れる。 卵液がパイシートの高さよりもあふれてしまわないように気を付けながら入れてください。 10.パイシートの中に卵液を流し込んだら炊飯ボタンを押す。 11.炊けたら開けてみて卵液が固まっていたら完成。 まだ卵が固まっていなかったらもう一度炊飯ボタンを押してください。 卵に火が通ってパイシートがさっくりと焼き上がったら炊飯器の下からすくい出すようにしてキッシュをそっと取り出します。 パイシートがあることによってさっくりとした食感になり、本格的な味わいが楽しめます。 トマトの酸味とチーズのまろやかさがとてもマッチして、とろけるような食感がおいしいですよ! こちらもトマト以外でもお好みの野菜でアレンジして作っていただいてもOKです。 忙しい時でも炊飯器に任せて放っておけるので、パーティーメニューやいつもとは違うメニューを出したい時にぜひ作ってみてくださいね!.

次の

【簡単キッシュ】パイシートの代わりに食パン!サクサク食感がおいしい

キッシュ 簡単 レシピ 人気

混ぜるだけでOK!超簡単ジャガイモのキッシュ まずは、とってもお手軽に作れるジャガイモのキッシュのレシピを紹介していきます。 ジャガイモを中心とした好みの野菜を用意して卵液を流し込むだけ! たったこれだけの超簡単工程で、お店で食べるようなキッシュを炊飯器で作ることができるんです。 2.切ったジャガイモをラップでふんわりと包み電子レンジ600Wで2分ほど加熱する。 加熱したジャガイモは粗熱を取っておく。 3.皮を剥いた玉ねぎを薄くスライスする。 4.ハーフベーコン1パックを1cm角くらいに切る。 ジャガイモ、玉ねぎ、しめじ、菜の花とともにボウルにいれる。 5.別のボウルに卵を割り入れ、顆粒コンソメ、塩・コショウを加える。 6.そこに牛乳、マヨネーズも加えてよく混ぜる。 7.最後にスライスチーズを手でちぎって加えていく。 8.野菜の入ったボウルに卵液を加えてざっくりと混ぜる。 9.具材が卵液に浸かったら炊飯器に移し替え、炊飯ボタンを押して炊き上げる。 卵の大きさによっては具材が浸らないかもしれません。 具材の浸りが少ないとしっかりと固まらず、具材がポロポロと落ちてきてしまう場合があるので、浸りが足りないと感じたら卵をもう1つ割り入れて調整してみてください。 10.炊飯が終わったら中を見て、卵が固まっていたら完成。 炊飯器の状態によっては1回の炊飯では焼き上がらない場合もあります。 写真のキッシュも2度炊きして焼き上げました。 卵の固まり具合を見て、様子を見ながら炊き上げ時間を調節していきましょう。 卵が固まっていたらキッシュの完成です。 お皿にひっくり返して取り出してみましょう。 こんがりとおいしそうに焼き上がっているはずです! ベーコンのコクとマヨネーズの風味でとってもおいしいキッシュが仕上がります。 野菜の栄養が摂れて嬉しいですよね。 中に入れる野菜は何でもOKです。 旬の野菜を入れたり、好きな野菜ばかりを加えたりとお好きにアレンジをしてみてください。 具材はキッシュの定番でもあるトマトを入れてみました。 そこに細かく手で裂いたブロッコリー、1cm角に切ったベーコン、しめじを加える。 2.別のボウルに卵を割り入れ牛乳、顆粒コンソメを加える。 3.しっかりと混ぜた卵液にマヨネーズを加える。 4.スライスチーズを2枚ちぎって加える。 5.そこに塩、こしょうを加える。 6.(1)のボウルの具材に卵液を流し込み和える。 7.具材と卵液が合わさったらトマトを加えてざっくりと混ぜる。 8.冷凍パイシートを2枚取り出し、炊飯器の形に合わせて切っていく。 9.写真のように炊飯器の内釜に沿わせてパイシートを入れる。 卵液がパイシートの高さよりもあふれてしまわないように気を付けながら入れてください。 10.パイシートの中に卵液を流し込んだら炊飯ボタンを押す。 11.炊けたら開けてみて卵液が固まっていたら完成。 まだ卵が固まっていなかったらもう一度炊飯ボタンを押してください。 卵に火が通ってパイシートがさっくりと焼き上がったら炊飯器の下からすくい出すようにしてキッシュをそっと取り出します。 パイシートがあることによってさっくりとした食感になり、本格的な味わいが楽しめます。 トマトの酸味とチーズのまろやかさがとてもマッチして、とろけるような食感がおいしいですよ! こちらもトマト以外でもお好みの野菜でアレンジして作っていただいてもOKです。 忙しい時でも炊飯器に任せて放っておけるので、パーティーメニューやいつもとは違うメニューを出したい時にぜひ作ってみてくださいね!.

次の