足の臭い原因の食事。 Vol.4 足の臭い対策と食事について

Vol.4 足の臭い対策と食事について

足の臭い原因の食事

Contents• 突然に足の臭いがきつくなる原因とは? 通気性の悪い靴をはく時間が長くなった 靴を長時間履いて歩くと、靴の中は雑菌が好む高温多湿の状態になり、ニオイが発生します。 車の運転が多い方も、冬場のヒーターで蒸れてしまいます タイツや化学繊維の靴下を長時間はくようになった 化繊は綿100%のソックスに比べ、熱や水分がこもりやすいです 普段履いている靴の置き場所の湿度・温度が高い 下駄箱に保管しているとすれば、特に夏場の雨の日などは通気性が悪く、雑菌が増えてしまいます。 洗っていない靴を長期間使用している 何か月も洗わずに履き続けていれば、足を清潔にしても靴を履くたび、におう足に戻ってしまいます 靴用消臭スプレーや消臭剤を使っていない 消臭剤を使えば、殺菌・除湿によって臭いが激減し、足に移るのを防ぐことができます これらに全くあてはまらない場合は、次の項目の中で、思い当たる点があるのではないでしょうか? 突然に足の臭いがきつくなり出した人の特徴 <身体的・生活的要因> ・皮がむけていて水虫かもしれないが放置している ・不規則な生活で飲酒する機会が多い(アルコールを飲んだあとにアセトアルデヒドという物質が生じ、血流をたどって汗に混じって異臭を発します) ・食生活はバランスを気にしていない(油分の多いもの、肉類に偏って食べていると、体内に毒素がたまり、腐敗臭が汗臭となって表れます) <精神的要因> ・疲労とストレスがたまっている ・緊張・不安・プレッシャーに追われている ・足の裏にやたら汗をかくようになった 臭いがきつくなり出した時の対処法 1.靴も臭うかどうか確認 学生さんであれば、外履きと内履きの両方を確認しましょう。 どちらか一方でも臭いがするのであれば、保管状態・衛生状態を良くすると解決できるでしょう。 お仕事で蒸れやすい靴をはく方は、帰る時に消臭スプレーをかけるか、靴用の炭消臭剤を入れておくと良いです。 複数の靴を用意し、ローテーションではくのが一番良いです。 2.靴下の状態を見る 靴下の足裏部分が、パリパリしていたら、普通のお洗濯で皮脂が落とし切れていない証拠です。 まだその靴下が丈夫であれば、洗濯板と消臭成分配合の洗剤を使って、お湯で洗いましょう。 可能な限り5本指ソックスをはくようにすると、足のニオイと蒸れを軽減できます。 3.ブラシを使って足を洗う 足専用のブラシか使用済み歯ブラシで、爪周辺の汚れを洗いましょう。 4.足専用洗浄剤を使う 足に付いた菌を殺菌し、汗・垢をすっきり落とす商品が、ドラッグストアや通販で売られています。 5.ミョウバンを使う 熱めのお湯にミョウバンを少し溶かして足浴するか、霧吹きボトルにミョウバンを少々入れた水を用意し、お風呂上りに足を拭いてからスプレーします。 6.水虫かどうか確かめる 皮がむけているなど、皮膚に異変があってニオイがするのであれば、自己判断で対処せずに皮膚科を受診しましょう。 7.精神的ストレスと向き合う 足の裏がいつも濡れて冷たいぐらいなのであれば、心因性の多汗の疑いがあります。 最近ぐっすり眠れていますか?原因不明の動悸はありませんか? そういったことがあれば、病院へ相談に行き、足の異常発汗について話しましょう。 まとめ 足が突然におうようになった時の、原因と対策についてでしたが、いかがでしょうか? 原因まとめ ・靴の保管場所の湿度や温度が高い ・靴や靴下の衛生状態が悪い ・足の汚れが落としきれていない ・水虫になっている ・緊張や不安などによる多汗 対処法まとめ ・通気性の良い場所に保管すること ・消臭スプレーや炭消臭剤を使う ・靴を洗う ・靴をローテーションではく ・ソックスをきれいに洗う ・足専用洗浄剤とブラシで丁寧に洗う ・ミョウバンを使って防臭・制汗する ・精神面から多汗になっているのかどうかを医師に相談する ニオイに悩んでしまうと、いつも気になってしまいますよね。

次の

足の臭いの原因は食べ物!?

足の臭い原因の食事

靴が原因 ニオイの原因菌は、高温多湿の環境でより繁殖するため、湿気の多い夏場は注意が必要です。 通気性の悪い靴を長時間履くことで、ニオイが強くなってしまう場合があります。 革靴や足が全部おおわれたタイプの靴(パンプスやスニーカーなど)は注意してください。 同じ靴ばかり履く人や、朝から夜まで同じ靴を履きっぱなしの人も気をつけましょう。 また、サイズの合っていない靴を履くこともニオイの原因になります。 サイズが小さい場合も大きい場合も、足にとってストレスなので、発汗を促すことも。 その結果、足が臭くなります。 靴下が原因 寝るまで同じ靴下を履いたままという人も、同じ靴を履きっぱなしでいるのと同じ。 靴下で足が密閉状態になることで、雑菌の繁殖しやすい環境をつくってしまっています。 ストレスが原因 ストレスがあると、自律神経が乱れて、足の裏に大量の汗をかき、雑菌が繁殖します。 また、足の角質などをエサとする常在菌が増えて、ニオイの原因に。 ほかにも、ストレスにより活性酸素が増加すると、ますます雑菌が繁殖しやすくなります。 病気の可能性も……!? 「白癬菌」という菌は、汗などをエサに繁殖し、老廃物を排出します。 これが、足のニオイの原因です。 白癬菌が皮膚の角質層に侵入して繁殖することで、いわゆる「水虫」になります。 皮膚に白癬菌が付着するだけでは水虫にはなりませんが、足を不潔にしておくと、汗や古い角質が足の裏に溜まってきて、白癬菌の繁殖環境をつくってしまいます。 また、傷ついた皮膚から白癬菌が侵入しやすくなります。 いよいよ12月に入り、今年も残すところあとわずか……。 寒さと気ぜわしさで、心も体もガチガチになっていませんか? 第23回の今日は、体をのびのびと広げることで、足のむくみや冷えまで緩和する「ピラミッドのポーズ」を紹介します。 その名の通り、開脚しながら前屈を行い、ピラミッドのような三角形をつくることで、日ごろあまり使わない、足の裏側の筋肉を伸ばします。 このストレッチ効果によって、滞りやすい血液やリンパの流れを促進し、足のむくみや冷えの緩和にも効果を発揮! また、ポーズの仕上げに両手を組み、頭上に引き上げることで肩甲骨まわりがほぐれ、肩こりのケアにも役立ちます。 心地よい刺激を楽しみながら、深い呼吸と一緒に、寒さと疲れで縮こまった体を大きく広げるようなイメージでポーズを行いましょう。 両手を腰に置き、背筋を伸ばしつつ、両足の裏をしっかりと床に根付かせる。 (2)背筋をまっすぐに保ったまま、息を吐きながら、腰の辺りから上半身を前に倒す。 (3)足裏で床を踏みしめ、座骨を天井に持ち上げながら頭頂は床の方向に。 頭の重さを感じながら、首の力を抜く。 (4)両手を背中で組み、肩甲骨を寄せながら天井方向に引き上げる。 このままの姿勢で3~5呼吸キープ。 ポーズを解くときは、両手を腰に戻し、頭が最後に持ち上がるようにゆっくりと上体を戻して、ひと息リラックス。 かかとから親指の付け根まで均等に、足の裏全体で床を踏みしめましょう。 年の瀬の慌ただしい時期だからこそ、ヨガでメンテナンスを行いながら、心機一転、新しい年を向かえる準備をはじめましょう! (監修・文:村上華子、撮影:masaco).

次の

足がくさい→足の臭いを無臭にする!自宅で出来る簡単6方法

足の臭い原因の食事

Contents• 食べ物で足が臭くなる!? 体臭が食べ物によって気になってしまうのは、単純にニンニクを食べて口臭がキツくなるという単純なものではなく、もっと複雑なメカニズムによって起こります。 足の臭いが気になってしまう食べ物をいくつか挙げていきます。 その結果足の臭いが気になってしまいます。 お酒やタバコも タバコに含まれるニオイ成分やアルコールが分解されることで発生するアセトアルデヒドも体臭の原因となってしまいます。 またお酒やタバコによって発生した活性酸素によって皮脂が酸化されるのも臭いとしては良くありません。 汗自体が増えてしまう食べ物 カレーやキムチなど食べるだけで汗をかいてしまうような辛いものは代謝を良くしてくれるというメリットもありますが、汗の量が増えることでそれだけ雑菌のエサも増えることになるので、汗はこまめに拭き取るようにしましょう。 体臭予防には腸内環境が大事 このように、 足の臭いがキツくなってしまう可能性がある食べ物はたくさんありますが、臭いを改善するためにこれらの食事を極端に避けなければいけないというわけではありません。 そもそも食べ物によって体臭が気になってしまうのは 腸内環境が悪くなってしまうことが根本的な原因となります。 消化できないほどの動物性脂質を摂ってしまうと腸内に悪玉菌が増え、臭い物質が血液を通じて汗腺から排出されてしまいます。 ビタミン、ミネラルが豊富でバランスのいい食事を摂り、食べ過ぎ、飲みすぎは避け、ゆっくりと噛んで食べることも体臭対策につながるのです。 足の臭いに効果的な食べ物は? 緑黄色野菜を摂る 野菜の食物繊維によって腸内環境が良くなる効果や、カロテンやアリシンによる体臭を抑える効果のある栄養素も摂ることができます。 玄米や生野菜がオススメです。 また、フルーツにはニオイ成分が少ないので果物も効果的です。 まとめ 以上が足の臭いの原因となる食べ物となります。 ニオイの原因となる食べ物はいくつかありますが、これらを完全に避ける必要はなく、野菜中心でバランスのいい食事を心がけましょう。 また、足の臭いは汗の臭いよりも雑菌によって発生した成分が臭いの原因であることが多く、 その場合は、角質のケアや殺菌が大切になります。

次の