本田 圭佑 やる やん。 <本田圭佑>“顔面激変”に心配の声「目がヤバイんだけど…」「ヒドくなってる」#さくら │ さかそく!

本田圭佑、系列企業がアフリカ・ウガンダのクラブ買収→もう引退していいんじゃないかな

本田 圭佑 やる やん

サッカーのブラジル1部、ボタフォゴに所属する元日本代表MF本田圭佑(33)が25日、自身のツイッターを更新。 ネット上で横行する誹謗(ひぼう)中傷の解決策の一つとして、教育の重要性を説いた。 本田は「誹謗中傷をするのは本能やから」と受け止め、続けて「だから紛争をなくして平和を実現したり、いじめをなくしたりする為には教育が最も大事だと思うんです」と訴えかけた。 女子プロレスのスターダムに所属する木村花さん(享年22)が亡くなったことを受けた発言とみられる。 職業チャレンジャーを自称する本田は投資家、起業家、そして教育者としての顔を持っている。 「世界中の子供たちがもっと夢を見ることのできる機会を与えるため」として、本田はウガンダ、ケニアなどアフリカ各地でサッカー教室を開き、カンボジアでは学校建設など教育を支援する活動を行っている。 本田は同日投稿した音声コンテンツ配信サービス「Now Voice」でも誹謗中傷に関する自身の考えを語っている。 自分の発言の本当の価値が知りたいのなら、 匿名の状態で発してみるといい。 無知な発言なら、瞬時に論破されるか、だれにも相手にされずに流れる事だろう。 それが君の発言の真実の価値だよ。 以下はネットで無知がすること。 このひともよくやってる。 ・普通の人の意見の過半数じゃないほうの意見に立って理屈を並べることで「ほかのコメンテーターとは一味違う」とインテリぶってみせる。 ・議論を呼びさえすれば価値がある行為だと勘違いしていて、世の中をむやみに乱しているだけなのに、自分のしていることは意味のあることだと勘違いしている。 ・自分で考えてみてくださいってスタンスで自分は物事分かってるふうを装う。 ・既に本やネットで出ている意見や情報を、まるで自分が発信しているかのように切り取って知識人ぶっているだけ。 こいつはまるで自分が価値ある人かのように思ってそうだけど、 俺からすると、社会にいないほうが社会は良くなるタイプの人間だ。 こいつは「金稼げる量や、いわゆる成功と呼ばれる行為をしていることが価値の尺度だから、自分は平均より優れた人なのだ」と思っていそうだな。 税金は社会貢献ではなく、 社会の歪みから不必要に集まってしまうお金をあるべき場所に戻すよう定められた義務だぞ? 「税金をたくさん支払っている人ほど社会貢献している」とかいう間違った認識の人が時々いるけど義務教育受けてきたのかなって不思議に思う。

次の

本田圭佑、系列企業がアフリカ・ウガンダのクラブ買収→もう引退していいんじゃないかな

本田 圭佑 やる やん

「日本最強のじゃんけんマスター本田圭佑さん」 「じゃんけんは1/3で勝てると思ってた時期が僕にもありました。 炭酸飲料ブランド「ペプシ」が展開する「本田とじゃんけん」は、勝てば「ペプシジャパンコーラ 600ミリリットルボトル」1本が合計16万人に当たるキャンペーン。 2019年4月9~19日の期間限定で実施しており、毎日1回ずつ挑戦できるが、これがなかなか勝てない。 このリプライが、グー/チョキ/パーいずれかの手を出す本田選手の動画付きで勝敗を知らせてくれる。 こうしたシステム上、本田選手の「後出し」という形になるわけだが、あまりにも負けるユーザーが続出。 ツイッターには、 「本田選手とのじゃんけん勝てなさすぎやろ」 「本田圭佑、じゃんけん強すぎでは?」 「日本最強のじゃんけんマスター本田圭佑さん」 といった声がこだました。 34人が試して全敗 J-CASTニュースでも社員など34人が17日、本田選手に挑戦。 残念ながら、結果は全敗だった。 こちら側が出した手の内訳はグー12人、チョキ9人、パー13人。 「負けました」「悔しい」という虚しい報告だけが続いた。 賞品数は16万本あるもののプレゼントキャンペーンであるため、なかなか勝てない(外れが多い)のは当然といえば当然である。 が、それにしても負けが多い。 一体どれくらいの確率で勝てるのだろうか。 疑似的に勝率を割り出すため、19日昼にツイッターで調べてみた。 まず「#本田にグーで勝つ」のハッシュタグで応募投稿を検索し、無作為に100ツイートを選択。 ぶら下がっているペプシのリプライで、勝ったか負けたかを確認する。 チョキ、パーでも同様に100ツイートずつ見ていき、合計300ツイートを確認した。 結果、負けたユーザーは298人、勝ったユーザーは全部で2人、約0. 7%に過ぎなかった。 正確な統計ではないとはいえ、本田選手の勝率はなんと99. 3%! 少し気になるのは、勝った2人の手がいずれも「パー」だったことだ。 そこでペプシのツイッターから、ユーザーが勝った時に送られるリプライを抽出し、17日の分からランダムで10ツイートだけ見てみると、すべてユーザーはパーを出していた。 「勝つ可能性があるとすればパーなのか... ?」ともよぎったが、同様に16日の分からランダムで10ツイート見ると、勝った手はチョキが7回、パーが3回。 同様に15日の分は、グー5回、チョキ4回、パー1回とバラバラだ。 規則性があるかないかは分からない。 「本田とのじゃんけん楽しすぎ」 ペプシのキャンペーン動画は、本田選手が「僕と勝負して勝ったら1本あげますよ。 じゃーんけん... 」とコーラをかけて勝負を挑んでくるところで、「あなたは何を出す?」というテロップが出て終了する。 これに続く形で、応募投稿をして返ってくるリプライでは、本田選手が「じゃーんけん、ぽん!」と言って手を出す動画が届く。 ユーザーが負けた場合は、 「俺の勝ち。 『たかがじゃんけん』、そう思ってないですか? それやったら明日も俺が勝ちますよ。 1日1回勝負。 じゃ、また明日」 と勝者の余裕を見せつけてくる。 終始真顔の本田選手。 1人称がこっそり「僕」から「俺」に変わっている。 なお、この勝ち名乗りには、「負けは次につながるチャンスです。 ネバーギブアップ!」など、複数のバージョンがあるようだ。 本田選手「らしさ」がにじむこの動画はそれ自体が話題を集めており、 「本田圭佑のじゃんけんシリーズ面白すぎてツボる」 「本田とのじゃんけん楽しすぎ」 「本田圭佑、じゃんけん後出ししてドヤ顔で『また明日』とか言って、それでもキヨキヨしいんか?」 などと、負けても楽しむ声が数多い。 なお勝った場合、本田選手は動画で 「やるやん。 明日は俺にリベンジさせて。 負けた途端に「次は勝つ」と言いたげなのが本田選手らしい。

次の

本田圭佑のスケジュール論「僕は毎朝5時45分に起きて、優先順位の高い英語から片付ける」

本田 圭佑 やる やん

やるべきこと、やらなければならないことからやる 毎朝起きるのは5時45分。 そこから2時間〜2時間半、英語の勉強をする。 このルーティンが始まったのは1年ほど前。 英語はずっと勉強してきたので、日常会話やインタビューで困るようなことはない。 だが、ビジネスで使うとなるとまだ若干不安な部分もある。 今後の人生を考えた時、自分に必要な能力だと思い、改めて勉強し直すことにした。 僕の時間の使い方のルールは明確だ。 「やるべきこと、やらなければならないことからやる」。 朝起きて、優先順位が高いものから順番に片付けていくようにしている。 だから午前中の時間の使い方が大切なのだ。 8時には家族で朝食をとり、そのあとはランチまでサッカーの練習だ。 チームが決まらなかった状態でも、コンディションは最高の状態に保ちたかった。 明日チームに呼ばれ試合に出場したとしても、そこで結果を出さなければならない立場だからだ。 ビッグマウスをビッグマウスで終わらせないために、徹底的に自分を追いこむ。 走りこみ、筋トレで身体をいじめ、ボールを使った練習で感覚を養っていた。 新天地はフィテッセ。 2008-09以来、9年半ぶりにオランダリーグに出場する。 毎朝しんどいなあと感じているし、サボりたいと思うこともある。 だからこそ午前中にやるのだ。 肉体というバッテリーがフル充電になった状態だから、つらくても毎日乗り切れる。 頭を使う英語と身体を使う練習を比べたら、練習のほうが楽だ。 だから英語からやる。 しんどいものからやらないと、バッテリーがもたないのだ。 午後は、経営者・投資家、そして代表監督の時間だ。 スケジュールはなるべくギリギリまで決めないようにしている。 スケジュールを敢えてブランクにしておくことで、脳をリラックスした状態に保ちたいからだ。 もちろんこの午後の時間の使い方にも優先順位があり、その順番に片付けていく。 僕が今経営しているのは8社。 そのほかにも新しいビジネスのプランをいくつも抱えている。 常に突発的なミーティングがありうるし、迅速な判断を求められることも少なくない。 カンボジアの代表監督として、チームの運営や練習メニューを考えるのもこの午後の時間だ。 スケジュールを決めないことで、周りには多少迷惑をかけるが、アイデアが湧くフレッシュな脳を保つためにも必要なことなのだ。 寝るのは、22時頃。 毎日全力で走れるように8時間は睡眠をとるようにしている。 1日の最後に明日の優先順位を決める。 そして目が覚めたら、また英語の勉強から始まるのだ。 僕にとって、今日という日は常に明日のための準備だ。 今日のことだけを思っていたら、しんどいからサボりたくもなる。 でも明日のためだと思えば、なんとか踏ん張れる。 僕はそれをずっと繰り返してきたし、これからもそうしていくだろう。 本田思考。

次の