すみだ テイク。 一自治体における複合プログラムによる介護予防事業(すみだテイクテン)の評価

【緑】ヴィルゴビール

すみだ テイク

各会場には、ILSI Japanのスタッフが直接出向いているので、ご見学希望にも対応しています。 マニュアルを使いながら、それぞれの地域でボランティアなどの人材(テイクテンリーダー)を育成し、自分たちの力で "元気で長生き" を実践するために地域に根ざした活動も行われています。 すみだテイクテン参加者による川柳の紹介 テイクテン自主サークルの紹介 <ななつぼしテイクテンの皆さん> <YYテイクテンの皆さん> <なでしこテイクテンの皆さん> 「すみだテイクテン」の卒業生が中心となって、立花テイクテン、ななつぼしテイクテン、なでしこテイクテン、ひまわりテイクテン、YYテイクテン、スカイテイクテンの6つの自主サークルが活動しています。 「つわのテイクテン」 島根県 津和野町 津和野町シルバー人材センターのテイクテンリーダーさん達が中心となって、町全体への普及を目指しています。 津和野町複合交流拠点施設実証実験(日原賑わい創出拠点 仮 プレオープンイベント)の中で「テイクテン~介護予防も楽しんで学べます!」と題してテイクテン教室を実施しました。 島根大学とのコラボレーションでイベント「しまだいチェック7 セブン &つわのTAKE10! (テイクテン)」が、津和野町小川公民館体育館で開催されました。 テイクテンリーダーさんもスタッフとして大活躍!<2019年3月> 「ますだテイクテン」 島根県 益田市 益田市シルバー人材センターのテイクテンリーダーさん達が中心となって、市全体への普及を目指しています。 現在は、シルバーサロンで週2回の教室を開催し、好評を得ています。 「にしきテイクテン」 山口県 岩国市錦町 岩国市社会福祉協議会錦支部の主催で、テイクテン介護予防活動リーダー講習会を開催。 21名のリーダーが誕生しました。 サロンに集まった高齢者にTAKE10! の話をし、一緒に体操をすることができました。 動画 「いわくにテイクテン」 山口県 岩国市 2014年から岩国市が岩国市社会福祉協議会に委託をして、高齢者サポーター養成講座(岩国お助けネットアカデミー)が開講されることになりました。 初年度はその基礎講座を修了した者のうち、各地域からステップアップ講座の受講を希望した者を対象に、テイクテン介護予防リーダー養成講座を開催しました。 2年目は岩国おたすけネット入門アカデミーの実技講座の中で、2日間のテイクテン入門講座を開催し、その参加者を対象にリーダー養成講座が開催されました。 受講後、リーダーとなった方々は「てくてく」というチームを作って活動を行っており、地域の「通いの場」で活躍しています。 「よしかテイクテン」 島根県吉賀町 島根県吉賀町の社会福祉協議会錦支部の主催で、2016年8月に「テイクテンリーダー養成講座」を開催し、21名のリーダーが誕生しました。 更に2017年3月にフォローアップ講習を行いました。 「テイクテンきよらプロジェクト」 「つわのテイクテン」「ますだテイクテン」「よしかテイクテン」「にしきテイクテン」「いわくにテイクテン」を実施してきた島根県益田市と津和野町のシルバー人材センター、島根県吉賀町と山口県岩国市の社会福祉協議会の4団体が連携して介護予防に取り組む「テイクテンきよらプロジェクト」が発足され、2016年10月18日に第1回プロジェクト会議が開催されました。 オリジナルロゴや各地域ごとのポスターを作成し、ますます広範囲な普及を目指しています。 2017年3月には、5地区のリーダー約40名が集まり、交流会を開催しました。 なお、このポスターは公益財団法人森村豊明会のご協力により作成されました。 「いしのまきテイクテン」宮城県石巻市 仮設住宅に住む希望者を対象に、テイクテンリーダーを育成し、仮設住宅に住む人々の孤立や運動不足の解消、健康のために継続的な活動を続けていきます。 2012年より、当時の石巻市立北上中学校の畠山校長先生のご協力をいただき、石巻市北上地区のにっこり仮設団地集会所で「にっこりテイクテン」としてスタートしました。 尚、このプログラムは、2012年スミセイコミュニティスポーツ推進助成プログラムとして、公益法人住友生命健康財団から支援をいただいています。 「TAKE10! Vietnam」 ベトナムは、現在はまだ高齢化社会に突入したばかりですが、今後日本よりも急速に高齢化が進むと予測されています。 そのため、先行している日本の取り組みを参考に、早い時点からの対策を検討しています。 Vietnam Public Health Association(VPHA)が、日本版TAKE10! ILSI Japan CHP は、教材の翻訳や具体的な実施方法の教示など、TAKE10! 「TAKE10! Indonesia/Cambodia」 NJPPP 栄養事業推進プラットフォーム)の委託事業としてインドネシアおよびカンボジアでの職場(工場)の栄養改善プロジェクトを推進しています。 このプロジェクトでは栄養啓発活動の1つとして、それぞれの国の食習慣に合わせたTAKE10! [インドネシア] IPB University(旧ボゴール農科大学)、株式会社都給食と協力をし、日系自動車部品工場において健康な工場食を導入し、同時にTAKE10! 日系電子部品工場の若い女性従業員を対象に、社員食堂に栄養強化米を導入するとともに健康教育のツールとしてTAKE10! 東京都江戸川区や宮城県気仙沼市の仮設住宅で、テイクテンプログラムを実施しています。 「やまくらテイクテン」 千葉県香取市 2014年の冬からスタートした千葉県香取市山倉・大角住民自治協議会主催の「みんなの家」。 その企画の一つとしてテイクテン講習会が開催されました。 この講演会が好評を博し、その後も継続して定期的に開催されるようになり、2015年9月、テイクテンサポーター5名と共に「やまくらテイクテン」が誕生しました。 「泉北ニュータウン」 大阪府 堺市 大阪市立大学の指導で行われています。 その他テイクテン!実施組織・地域• 社会福祉法人日の出福祉会 兵庫県 加古川市• 特定非営利活動法人ななクラブ 大阪府 寝屋川市• 株式会社ケアウイング 広島県 広島市• ヌチガフーアイランド 沖縄県.

次の

#すみだテイク!と墨田区のテイクアウト情報は本気でした。

すみだ テイク

スキスミ 3• 尚、本事業は区内飲食店緊急支援事業として実施する観点から、墨田区商店街連合会加盟店以外でも受付ける予定です。 提携の背景・経緯 <墨田区商店街連合会> 墨田区商店街連合会では墨田区と連携しながら、新型コロナウイルス感染症に伴う飲食店緊急支援事業として、区内飲食店でテイクアウトやデリバリーする店舗を取りまとめたHP#すみだテイク!の製作を行ってきましたが、さらに一歩進んだ支援として、デリバリーやテイクアウト注文、決済を簡潔に行える仕組みが必要と考え今回の提携を実現させました。 現在新型コロナウイルス感染拡大により飲食店、消費者の皆様へ与えている甚大な影響に対して、少しでもサポートができればと様々な施策を展開しております。 墨田区商店街連合会との連携では、墨田区の飲食店、住民の方々へ、より日常に密着した支援施策が展開できると考え、この度提携させていただく運びとなりました。 menu. 5度以上は出勤制限 の実施。 ルールを徹底し衛生面への配慮および万全な体調管理に努めます。 商店街は地域コミュニティの核として「お買い物の場」だけではなく、防犯カメラ設置等による安心安全活動、街路灯のLED化による環境対策等を積極的に行い、地域で暮らす一人ひとりが、豊かで快適な生活を送る為に地域コミュニティへ貢献しています。 menuとは menu メニュー は東京23区内でテイクアウトアプリとしてリリースし、今まで都内の飲食店2300店舗以上にご加盟いただきました。 スマホで食べたいメニューを事前注文・決済ができ、後はお店で受け取るだけなのでユーザーにとってはタイムロスの解消、加盟店にとっては事前に注文を取ることで混雑時の負荷が下げられるとともに、注文時に決済が行われるため、キャンセル被害がないことが主なメリットです。 このように、ユーザーと飲食店の双方の課題を解決するアプリとなっています。 今後もさらに多くの皆様にご利用いただけるよう、2020年4月13日よりテイクアウトの全国対応を開始しています。 onelink. 【エリア】 吾妻橋・押上,鐘ヶ淵・向島,八広・京島,錦糸町,両国 【カテゴリ】 グルメ,おすすめ 【とき】 20年04月20日 月曜日 15時25分 ~ 20年07月31日 金曜日 21時00分 投稿ID: 000427 スキスミ 4• 俳句って、たのしい! 基礎から実作まで学ぶ俳句講座を始めます。 ぜひお出かけください。 jp ご希望の方は、ご氏名・ご連絡先を記して上記アドレスにメールをお送りください。 【エリア】 吾妻橋・押上,鐘ヶ淵・向島,八広・京島,錦糸町,両国 【カテゴリ】 参加者募集 投稿ID: 000423.

次の

【緑】ヴィルゴビール

すみだ テイク

日々、記事を追加していく予定ですので、ぜひご覧ください。 ・・・ そして、noteという場所以外にも、今苦しい状況にある飲食店の皆さんを応援したい、という方達はたくさんいます。 そこで今回のnoteは、テイクアウトやデリバリーを始めた飲食店を応援するために立ち上がった 東京23区内の飲食店の皆さんが参加できる取り組みを区ごとにまとめました。 今回は都内の情報のみとしましたが、東京以外、あるいは東京の別の地域でお店を出している方にも、自身の地域の取り組みを探すきっかけになったり、ローカルで情報発信することの大切さが少しでも伝われば幸いです。 ・・・ 1. リストを見る前にお伝えしたいこと 各地の取り組みのリンクをご覧いただくにあたって、いくつかお伝えしておくことがあります。 ・・・ 1-1. 改めて、地元への情報発信を意識する 繰り返しになりますが、この期間中は地元に向けて、自店の取り組みを発信していくことが大切です。 それはテイクアウトやデリバリーに限ったことではありません。 食材や別のものを販売していても同じこと。 とくに今年は、 GWの人の動き方が例年と違うことが予測されます。 連日のニュースでも、全国の観光地から「今年は来ないで」という呼びかけが報道されているように、多くの人がGWを家で過ごすことになります。 「一度発信したら終わり」ではなく、 継続的に地域に発信することを心がけてみてください。 また、これは実体験として感じたことですが、 臨時営業時間やメニューなどをしっかり発信しているお店は、客側としてとても選びやすく、また二度目以降の利用もしやすいです。 テイクアウトやデリバリーでも「 いかにリピーターをつくるか」ということを意識して、SNSや店頭、チラシなどで、下記の情報についてわかりやすく発信できているか、もういちど確認してみてください。 臨時営業時間 (ランチ・ディナー実施を明確に) 店休日 メニュー内容と価格 デリバリーの配達範囲 ・・・ 1-2. ほとんどが参加無料の取り組みです 参加は無料の取り組みばかりを集めたので、ちょっとでもプラスになることはあれ、マイナスになることはありません。 もしかすると「掲載軒数が少ないし、これ見て来店する人いるのかな……」と思ってしまう取り組みがあるかもしれませんが、逆に、 掲載軒数が少ないということはその分見た人が自分の店を選ぶ可能性が高くなる、と考えてぜひ参加してみてください。 ・・・ 1-3. 掲載されたら、SNSで発信する 比較的すぐに参加できるものもあれば、申請に時間がかかるものもありますが、掲載されたら「この取り組みに参加しました!」の告知も自社のSNSで忘れずにおこなってください。 自店のPRだけでなく、取り組み自体を認知してもらうことにもつながります。 各取り組みのSNS用のハッシュタグがある場合、このnoteにも記載していますので、そちらをつけるのも忘れずに! ・・・ 1-4. 各アクションの見方 各地域取り組みの紹介にはリンク先の情報とあわせて、 主催者 該当エリア 参加方法 MAP表示(ある場合) 取り組みのSNSハッシュタグ(ある場合) を記載しています。 リンク先の取り組みを把握しやすくするために、ご活用していただければと思います。 ・・・ 1-5. 飲食店を応援したいと思っている「食べ手」のみなさんへ もし、このnoteでご自身がお住まいの地域の情報が紹介されていたら、ぜひリンク先を確認して、ブックマーク登録するなどして、気になるお店のテイクアウトやデリバリーを積極的に活用してみてください。 たとえ一食分だとしても、それは必ず飲食店を応援することにつながります。 - - - - - - - - - - - - - - 2. 掲載情報について 膨大なリンク集となってしまいましたが、ここまでお読みいただき、ありがとうございます。 もちろん、ここで紹介する取り組みが23区内すべて網羅できている訳ではありません。 これらの情報やリンクは、ヒトサラが独自に調べたものを基に公開しておりますが、探しきれていないものもきっと多くあると思います。 そして、全国に目を向ければ各都道府県、各市区町村の地域でもっともっと多くの飲食店を応援するアクションがあるはずです。 ぜひ、各プロジェクトに参加したり、他の区での取り組みを参考にするなど、このnoteをご活用していただけたら幸いです。 最後に、ここで紹介した以外にこちらに掲載したい 飲食店が参加できる取り組みの情報、または掲載している内容の修正・追加・削除などのご要望がありましたらhitosara. note gmail. comまでご連絡くださいますようお願い申し上げます。 内容確認のうえ、できるかぎり対応いたします。 ヒトサラnote部.

次の