アイギス 回復 おすすめ。 2020年4月ブラックユニットのおすすめを紹介【キャラ・アイギス攻略】

【アイギス】最強ユニットランキング2020年版

アイギス 回復 おすすめ

ランキングの選定基準• 魔神戦Lv16および星4攻略を前提• 魔神戦tier1:ほぼ全ての攻略で活躍する場面がある• 魔神戦tier2:組み合わせ次第で十分編成候補に入る• 魔神戦tier3:一部の魔神戦で活躍しやすい• 英傑の塔Lv1〜20までの攻略を前提• 英傑の塔tier1:最小人数編成で真っ先に候補に入りやすい• 英傑の塔tier2:最小人数もしくは高スコア編成を狙いやすい• 英傑の塔tier3:特定の階で高スコアを狙いやすい 以上をランキングの選定基準としています。 現状の最高難易度クラスのクエストである魔神降臨と英傑の塔を基準に考えています。 まず前提として、タワーディフェンスゲームを1人で全クリできるようなユニットはいません。 キャラ同士の弱点をお互い補って攻略するゲームなので。 それでもあえて「最強キャラと言えば?」という声に応えられるランキングになっています。 最強ユニットランキング Tier表 魔神戦 英傑の塔 tier1 tier2 tier3 魔神戦Tier1解説 光の守護者アルティア コスト生産が得意なソルジャーのブラックユニットであるアルティア。 全キャラ中トップクラスのコスト生産能力で、初手に置けば多くのユニットを最初から配置できます。 アルティア自身のステータスも優秀で、序盤の盤面を固めるのにほぼ必須のユニットです。 怪力少女ディーナ ディーナは第二覚醒のギガントアーマーにより、スキルの回転率の高さが特徴。 アーマー系特有の硬さと、覚醒スキルによる遠距離範囲攻撃で、絶えず敵を殲滅する要塞として活躍します。 刻詠の風水士リンネ リンネは第二覚醒の八門風水導士で、敵に攻撃されない広範囲回復ユニットとして優秀。 範囲内の味方に複数人同時回復や、物理攻撃の確率回避で味方の耐久力を支えます。 トークンによって味方がやられても一度だけ身代わりにできるため、強引に突破することも可能です。 ドワーフの姫ティニー 近接女性ユニットと王子への攻防ステータス強化とリジェネがシンプルに強いティニー。 覚醒スキルも非常に強力で、味方を更に強化しつつ7体同時攻撃で敵の殲滅に役立ちます。 第二覚醒はどちらも有用で、両方育てて敵に応じて使い分けたいところ。 隊商長ディエーラ アルティアと同じく最高峰のコスト生産能力を持つユニット。 両方編成して素早く体勢を整えることが多いです。 アルティアと違い遠距離ユニットなので、細かい使い勝手は一長一短。 トークンを活かして序盤の処理や、敵遠距離攻撃の避雷針など器用な立ち回りが特徴です。 魂鎖の紡ぎ手スピリア クラス特性により受けユニットのダメージを周囲に分散させ、無理矢理魔神を受ける芸当が可能なスピリア。 覚醒スキル中なら範囲内全員の味方を回復できるため、味方の被害を最小限に抑えやすいです。 清源妙道真君 清源妙道真君もトークンを使ったボス受けが得意なユニット。 通常スキルによる鈍足効果や、敵ステータス減少などサポート性能も優秀です。 覚醒スキルも味方への防御バフやトークンの強化が強力で、役割が多彩。 効果が複雑ですが、その分使いこなせば様々な場面で活躍してくれます。 希代の天才道化リズリー 範囲内のスキル使用時間短縮で、味方の強力なスキルをサポート可能。 また、コストが非常に少なく、序盤から配置しやすいのもポイント。 星を詠む者ソラス 広範囲マルチ攻撃が強力な英傑ユニットのソラス。 レアリティプラチナのソラスと比べて、攻撃力と攻撃対象数の増加が早いのが特徴。 また、覚醒スキルで範囲攻撃化するため、密集した敵への殲滅力は随一の性能になります。 天界のシェフオーガスタ 近接ユニットを強化するクラス・料理人のオーガスタ。 配置した瞬間からHP・攻撃・防御の最大値を徐々に強化します。 ティニーと違って男性の近接ユニットにも効果があり、鍛治職人・ダンサーの効果とも重複可能。 英傑の塔戦Tier1解説 怪力少女ディーナ 魔神戦と同じく、英傑の塔でもディーナは優秀。 高耐久で敵の猛攻を耐え、範囲攻撃で1人でも多くの敵を倒せるのがやはり強力です。 刻詠の風水士リンネ リンネも魔神戦・英傑の塔共に優秀なユニット。 攻撃はできませんが、ほぼ無敵な広範囲回復は強力。 どうしてもアタッカーの耐久が足りず、回復役がほしい場合の候補になります。 天才機甲士ウェンディ 覚醒スキルによる貫通範囲攻撃で、ディーナのように高い殲滅力を誇るユニット。 HP0になっても一定時間で復活するため配置場所を選ばず、使い勝手が良いのも特徴です。 無双の海賊デューオ 2体同時攻撃と覚醒スキルのガトリングで空中の敵を高速処理する遠距離アタッカー。 飛行敵が多い階や、遠距離マスが多い階で活躍します。 星を詠む者ソラス 黒・白 レアリティブラックとプラチナ、どちらも高い殲滅力で多くの階層で攻略適正のあるソラス。 特に白ソラスは英傑の塔1階のクリア報酬で手軽に入手でき、英傑の塔攻略要員として育てておいて損はないでしょう。 英傑の塔で最も攻略適正が高いと言っても過言ではなく、 帝国防塞工兵パトリシア レアリティプラチナですが、並みのブラックより高い攻略適正を持つパトリシア。 多ブロック、高耐久かつコスト0のバリケードで、多くの敵を長時間足止め可能。 時間稼ぎのおかげで敵のラッシュ処理に役立ってくれます。

次の

2020年4月ブラックユニットのおすすめを紹介【キャラ・アイギス攻略】

アイギス 回復 おすすめ

・エンドコンテンツである「魔神Lv16」及び「英傑の塔」での活躍ぶりを評価します。 ・主に攻略動画の起用回数で評価しています。 基本的にB以上はそのコンテンツ内で有用であることを示します。 攻守ともに優れたタンク職。 英傑の塔 C ハイスコアを取るためにしばしば用いられる。 ミスゴ、グレーターデーモンはヴルムや嫁リンネなどのサポートが必要。 フールフール S 壁。 フェネクス S 壁。 フェネクス討伐後の雑魚敵の掃除役にもなる。 終盤の合体グレーターデーモン4体を同時に抱えるには、スピリアの分散に加えて防御バッファーや肩代わりが必要になる。 終盤のキョンシーラッシュの壁にもなる。 遠距離型ユニット ユニット 諸葛亮 「味方全体のCT減少40%」「スキル中攻撃力30%上昇」「近接ユニのゾンビ化」が高難易度マップで腐ることがなく、魔神最小編成では常連。 同じCT減少を持つリズリーと違って配置場所に制限されないところが強み。 英傑の塔 C ハイスコア編成に採用されている。 (道化師や後衛軍師は攻撃速度が速いため隠密編成以外では自滅する可能性がある。 ) フェネクス S 1撃で倒せる火力が必要となるので攻撃バフが必須。 通天教主 S リズリーと異なり左下や右下の遠距離マスに配置できる。 ユニット 星を詠む者ソラス 超範囲+超火力のぶっ壊れ。 完成するまでの時間が唯一の短所か。 敵が散らばっている場合は通常スキル、多ブロで受け止めるなら多重ヒットを狙えるS覚がおすすめ。 アガレス S 7人編成のメンバー。 ザコ敵が密集しているのでS覚がおすすめ。 ミスリルゴーレムが接近してもスイッチ型スキルなので安全。 フェネクス A 眷属の攻撃力40%ダウンがスキルの加算部分まで影響を受けてしまう。 敵が密集しているところにS覚を当てることで1撃死させることも可能。 アモン S 後半のラッシュに覚醒スキルが刺さる。 近接型ユニット ユニット 光の守護者 アルティア コスト回復要員なので魔神ではディエーラと並んでよく見かける。 序盤の壁にもなるが高倍率の魔神では過信は禁物。 英傑の塔 C ハイスコア目的で、出撃コストを下げる「ねこみみ商人ミネット」が起用されることが多い。 フェネクス S 序盤のダッシュトカゲを受けるのに最適。 アモン S 開幕ラッシュに対応するためにアルティア+ディエーラが極めて有用。 通天教主 S 迅天君の通らない下段マスに置けば長期に渡りコストを稼いでくれる ユニット 清源妙道真君 射程内の味方が受けるダメージの30%を肩代わりし、受けたダメージの30%分(つまり味方が受けたダメージの9%)を全味方に回復させる。 出撃人数に含まれないためとりあえず配置しておくと色々役に立つ。 スピリアの分散とも相性が良い。 英傑の塔 D 編成人数には含まれるため塔では用いることは少ない。 アガレス A アガレス本体をトークンで隔離可能。 壁役の補強にも使える。 フェネクス A 赤女王アリやフェネクス第二形態 対策。 アモン S 肩代わりに加えて、DoTを抑える役目を持つ。 トークンでアモン本体を隔離可能、ただし清源の回復を要する。 英傑の塔 A 第二覚醒はコストが下がる『 神匠鍛冶師』推奨。 九階層や十階層などの近接縛りマップにおいてリジェネ+バフが光る。 アガレス S 壁役を数体配置することが多いので添えておくと良い。 フールフール D やや遠距離職優遇マップのため優先度は下がる。 フェネクス A 近接職(サンドラなど)で眷属を1撃死させるためのバッファーとして使える。 リジェネも 近接職に限るが DoT緩和に使える。 通天教主 S 遠距離型ユニット ユニット 黒紫の巫女 キキョウ 出撃メンバーにいるだけで全員の 攻撃力7%アップ。 編成枠が余っているときはとりあえず入れておくと良い。 第二覚醒『 ビジョナリー』は隠密特性が付くようになる。 王子称号『 英雄王』をスキル点火する場合はキキョウのスキルが切り替わるため注意。 英傑の塔 A 12階層にて ハイスコア編成メンバー入り。 『 ビジョナリー』の隠密や『 神託巫女』の配置バフが活かされていた。 アガレス B 編成バフ フールフール A フェネクス A 第二覚醒『 ビジョナリー』だと、初手キキョウの配置場所が制限されない。 アモン S どちらの分岐でも使える。 特に敵の貫通攻撃に対して有用。 分散と同時に、清源やヘイオス、カルマなどのアビリティ『受けたダメージの一部と同じだけ味方を回復』が発動すると分散のダメージを軽減させることができる。 英傑の塔 C 17階層の ハイスコア編成入り。 アガレス C グレーターデーモン2体やミスリルゴーレム2体を分散で対処するのは危険。 敵の攻撃力下げや肩代わり、防御バフが必要になる。 フールフール S 敵の反撃ダメージを分散することができるためかなり有用。 清源を添えると更に楽になる。 フェネクス A 赤女王アリのマルチロック範囲魔法攻撃 1000 や、フェネクスの魔法攻撃 3000 を分散する際に役立つ。 自陣付近or中央の遠距離マスに設置する際、好感度150でも対角線のマスだけ届かないので注意。 ユニット 隊商長 ディエーラ コスト回復要員としては最高峰で、魔神での編成入り率はトップクラス。 傭兵トークンや防御アップスキルも地味に強い。 第二覚醒はお好みで。 英傑の塔 D ハイスコア目的で、出撃コストを下げる「ねこみみ商人ミネット」が起用されることが多い。 フールフール S 初手ディエーラでもS覚をすぐ使用することで攻撃しなくなり敵の反撃を喰らわなくなる。 フェネクス S アモン S 開幕ラッシュに対応するためにアルティア+ディエーラがほぼ鉄板。 ユニット 夏海の大悪魔 ラピス 範囲内の永続バフと引き付けが可能なユニット。 配置マスが固まっていると使いやすい。 諸葛亮とは別枠バフ。 高い魔法耐性と無効化により魔法攻撃に対して非常に強い。 物理には無効化頼みになるので注意。 英傑の塔 D コストが重いためスコア要員として不向き。 アガレス C 利用しやすい配置マスではあるがアースエレメンタルの攻撃を引き付けてしまうと落ちてしまいやすい。 アガレス第二形態はほぼ無理。 反撃の影響を受けない。 引き付けで対フェネクス用に後起きしたナナリー等も守れる。 スピリアと合わせることで魔法耐性を活かしつつアモン第二形態の攻撃を受けることができる。 ただしCT減少は通常スキルだとスキル範囲内のメンバーのみ適用なので置き場所を考える必要がある。 英傑の塔 A 20階層の 最高スコア編成入り。 アガレス A 置き場所に困るが、ディエーラなどのコスト回復の回転が速くなる。 フールフール A アビリティの3連射を多発すると敵の反撃により落ちることがあるため注意。 フェネクス A 暗殺が活きる。 頻度はそれほど高くないので過信はできない。 アモン S 序盤は諸葛亮より早いスキル回転により安定する。 遠距離マスは需要が高いので配置先が制限されがち。 風水使いの特性『地形影響軽減』『悪天候時間短縮』も魔神で役に立つ。 身代わりトークンも保険用に。 英傑の塔 A 17階層の 最高スコア編成入り。 第二覚醒『 風水仙人』の耐久の高さが活かされている。 アガレス A 壁役を複数用いる場合に有用。 ただしhpsは高くないので何かしらの補助が必要(肩代わりや防御バフなど)。 また、永続隠密によって射程が伸びた赤女王蟻の攻撃を受けずに遠距離マスを利用できる。 アモン S 配置場所の自由度が高くサブヒーラーとして優秀。 近接型ユニット ユニット 神官戦士団長 エクス スキルのエリアヒール+防御バフが魅力。 リジェネを除けば、近接職で持続型のエリアヒールができるのはエクスだけである。 英傑の塔 A 10階層にて 最高スコア編成のメンバーに。 アガレス B マップ下の分岐点あたりに設置すると中央上、左下の壁役に防御バフが掛かる。 通天教主 C ユニット 黒翼の大天狗 クラマ スキル中範囲内の 全ユニットを隠密状態にすることができる。 英傑の塔 S 14、15階層にて 最高スコア編成に起用されている。 アガレス C ミスリルゴーレムのロケットパンチを防ぐのに使える。 スキル持続時間が伸びる『 天魔天狗』推奨。 フェネクス B 早期にフェネクスを倒す際、アタッカーを安全に攻撃させることができる。 遠距離攻撃をする相手も多いので役に立つ。 ユニット 封鎧の剣士テンマ 広範囲魔法攻撃が可能なユニット。 アーマー 主にディーナ の裏からスキルで殴る事が多い。 編成に入れておくだけで魔法耐性減少の効果があるため本人の火力を上げつつ魔法火力の貢献にもなる。 英傑の塔 B 9、14階層にて ハイスコア編成入り アガレス A 開幕のアースエレメントに対して有効。 その後居座って壁の裏から補助火力として活躍する。 通天教主 S 遠距離型ユニット ユニット 聖女イリス スキル使用中、80秒範囲内の味方の防御力が2. 5倍が強力。 高物攻のモンスターを壁ユニで受ける場合は添えてやると良い。 hpsもそこそこある。 フールフール B グレーターデーモンやゴールデンデーモンを受ける際に。 受ける前に倒し切れるならヒーラーがイリスである必要性は下がる。 フェネクス D 物理攻撃で痛い敵ユニットがいない。 アモン C 通天教主 E ユニット 蛇霊の呪術師 オロチヒメ 範囲内攻デバフをメインとするため、第二覚醒は『 妖厄神』推奨。 編成攻デバフも持っているので動画での編成率が高い。 英傑の塔 C ゴーレムマップで ハイスコアを取るために採用されることがある。 アガレス A ある程度敵をブロックする必要があるためデバフが活きる。 フールフール A 反撃のダメージを減らせる。 金デブには呪殺が入らない。 フェネクス B 呪殺目的で使えないこともないが、他バフを使ったほうが効果が高い。 アモン S 通天教主 A ユニット 無双の海賊 デューオ 2体同時攻撃の遠距離超火力ユニット。 射程もネプチューンであれば最大350と広め。 高物理防御相手にはアンリを添えると良い。 英傑の塔 S 4、17階層の遠距離メインマップにて 最高スコア編成のメンバー入り。 12階層で単騎攻略が可能。 アガレス B 鳥に対する遠距離火力として優秀。 序盤は火力不足なため足止め等をしつつ早めにスキルを回す必要がある。 フェネクス C フェネクス本体討伐+討伐後の雑魚処理に。 アモン C スピリア、ヒーラー、軍師系、後衛バッファーで自陣付近の遠距離マスをほとんど占有してしまうため、火力遠距離職はソラス、デスピアなどが優先されがち。 通天教主 B ユニット 時の調停者トワ 編成バフが強力。 攻撃速度の上昇は単純なDPSのみではなくダメージの分配に無駄が減ったりもする。 本体性能は鈍足がたまに役に立つ程度で、職が貧弱なのとコキュートスとの噛み合いが悪いこともありウィッチメイジの加速として使うことは少ない。 英傑の塔 B 白ソラスのアビリティ対象なのでデスピアと合わせて ハイスコア狙いに使われることがある。 アガレス A 編成バフ フールフール A 編成バフ フェネクス B 編成バフだがフェネクスの仕様上攻撃力が上がるキキョウの方が優先されやすい。 アモン A 編成バフ 通天教主 A ユニット 神和ぎの踊り子 ミヤビ 加算バフが可能な職。 コストが軽い。 物理の連射や特攻、アベンジャー特性持ちの火力を大きく上げることができる。 通常スキルは倍率は低いものの永続バフ。 ただし引き付けがあるため注意が必要。 S覚はバフの量が増え、引き付けと100%無効化によりマルチロック攻撃を完封できる。 貫通攻撃には弱い。 また、爆風による周囲の被弾は防げない。 英傑の塔 B 12階層や15階層において、引き付け無効が活かされている。 アガレス A スキルによりアースエレメンタルやアガレス第二形態の攻撃を防ぐことができる。 引き付けでも抱えているユニットは攻撃を受ける。 フールフール A デューオやアーシェラのバフ要員。 フェネクス A バフにより確殺ラインを上げつつスキルでフェネクスの攻撃を無効化できる。 アモン A 通天教主 E ユニット 刻詠の花嫁リンネ S覚の100%回避とスキル中のバフが強力なユニット。 バフはラピスや諸葛亮とは別枠なので被りにくい。 ティニーとは同枠で、あちらより倍率が低いものの遠距離ユニットにもバフが乗る。 ただし王子を筆頭とした男性ユニットにはバフが乗らない。 非スキル中は貧弱なため何かしらのフォローがほしいところ。 英傑の塔 D 特に使い所はない。 アガレス A ミスリルゴーレムを回避で受けつつバフを乗せることができる。 配置マスが固まっているので射程の低さもあまり気にならない。 フールフール B バフ要因。 フェネクス S 回避の使い所は少ないがバフ要員としては優秀。 ソシエやナナリーにバフを乗せることができる。 星4の追加ルールで一人は欲しい風水師。 アモン A 回避は主にグレーターデーモン対策に。 通天教主 C ユニット 光霊使いルフレ 魔神では用いられないが、塔では人権となっている。 12月23日の仕様変更によりルフレ自身が無敵にならなくなった。 アガレス - 開催時未実装 フールフール - 開催時未実装 フェネクス E アモン E 通天教主 E 近接型ユニット ユニット 魔戦団長 イングリッド 準貫通の中射程3体マルチが強力。 英傑の塔 A 10階層の 最高スコア編成メンバー。 『 ルーンスレイヤー』の場合2倍マスで魔法耐性が90になるのである程度耐えつつ火力も出せるキャラになる。 アガレス B フールフール D フェネクス C アモン D 通天教主 B ユニット 天才機甲士 ウェンディ 一般的に第二覚醒は『 ライドマスター』を用いられることが多い。 HPが0になっても撤退せず短時間でその場に復活する。 他者から回復を受けられず非攻撃時にHPを回復するため、ヒーラーを必要としない。 これらの特性と、範囲内の敵3体に貫通範囲攻撃の覚醒スキルにより英傑の塔や、一部の魔神で活躍できる。 英傑の塔 S 14、19階層において 最高スコア編成に組み込まれている。 アガレス S 密集して敵が押し寄せてくるためマルチロック貫通範囲攻撃が重なり殲滅力が高くなる。 HPが0になってもその場で復活するため配置の自由度もそこそこ高い。 フールフール E クラマの点火に合わせてスキルを使うと反撃を喰らわず安全だがクールタイムが噛み合わないので効率が悪い。 フェネクス D マルチロック範囲が敵の密集地に当たると1撃死も可能か?(要検証) アモン C 通天教主 D ユニット 帝国銀竜ヴルム スキルにより15秒間(ファフニールであれば18秒間)、全味方への物理攻撃及び魔法攻撃を無効化する。 貫通やDoTといった攻撃は防ぐことが出来ない。 英傑の塔 D 重コストなので使うことは少ない。 ヴルムの配置場所が制限されないところが強み。 フールフール C 反撃ダメージは貫通であるため防げないが、フールフール本体やグレーターデーモンなどの高火力モンスター対策に。 フェネクス B フェネクス本体、赤女王アリの面倒な魔法攻撃を無効化したいときに使える。 アモン C アモン第二形態、合体グレーターデーモン対策に。 通天教主 C ユニット 紅血の皇女 シルヴィア 高防御高HPSを持ち、面倒な敵を隔離しつつを単独で受けられるのが強み。 第二覚醒は現状『 ブラッドサッカー』一択。 魔神本体を受けられるかどうかが評価の基準になりやすい。 英傑の塔 B 9、20階層の ハイスコア編成メンバー。 アガレス A アガレス第二形態を受けられる。 フールフール D 第二形態を受けられない。 第一形態を餅つきすることはあるが、アリエルやジュウベイの方が向いている。 フェネクス E フェネクスは空を飛んでいるためブロック不可。 アモン A 白サナラのバフを合わせることでアモンを隔離しつつ受けることが可能。 サナラのバフは10分で切れるためテンマ等の補助が必要。 通天教主 D ユニット 帝国剣士 ジークリンデ 近接の編成バフが可能なユニット。 本体性能はHPインフレのする魔神では火力不足が否めない。 バフとしても近接職限定なら本体性能もバフに特化したティニー、遠距離もバフしつつ本体が小回りの効くトワやキキョウの方が採用されやすい。 アガレス B 近接職がメイン火力になることが多いのでバフが優秀。 敵の体力も 比較的 少なめなのでスキルがある程度刺さる。 フールフール C フェネクス C アモン C 通天教主 D ユニット 屍仙道士 スーシェン 貫通3体攻撃、本体+トークンの時止めが強力。 大ボスの足止めなどに。 ブロック数で第二覚醒を決めてしまって良い。 英傑の塔 B よく ハイスコア編成に組み込まれている。 王子のコスト減少が優秀。 大英雄か子供王子ならノーコストで置ける。 アガレス A ミスゴ、グレーターデーモンは2体ずつ来るのでブロック数2の『 アーマーメイド』が刺さる。 フールフール D フェネクス D 獣装王子のバフ程度 アモン D 通天教主 E ユニット 鉄腕乙女ディーネ 壁。 火力は出せないため他で補う必要がある。 ディーナとの差別化もあり非スキル中でも壁として仕事ができる『 アーマーガーディアン』での運用が多い。 英傑の塔 B 8、20階層の強化マスに配置する良い壁になる。 物理範囲攻撃を行ってくる相手には通常スキルが有用。 高DPSの大ボスを受けるのであればS覚を使うと反撃により大ダメージを与えられる。 スピリア、清源との相性が良い。 覚醒スキルの反撃により、2万以上のダメージを与えることも可能 フェネクス D アモン S DoTの緩和に。 通常スキルで他の壁役の防御力を上げることが出来る 主にグレーターデーモン対策。 通天教主 B 遠距離型ユニット ユニット 神業の狩人 アーシェラ 遠距離のマルチ連射で高火力だがデューオと比較すると射程がやや物足りないのと連射が無駄撃ちを出しやすく、劣化になりやすい。 デューオを持っていない場合、あるいはデューオを入れた上で更に殲滅力を上げたい場合に使われることが多い。 英傑の塔 B デューオがいない場合に遠距離マップで使われる。 アガレス A スキル中の飛行優先が消える仕様上落としたい鳥を狙いづらい。 やや後方に配置すると仕事をする。 フールフール A 隠密編成で強力。 デューオと両方起用することも。 フェネクス B フェネクス本体に高いダメージを出せるが、スキル中は飛行優先が無くなるので注意。 アモン E 通天教主 D ユニット 春着の聖女イリス 通常イリスのような防御バフは持っていないが、覚醒スキル点火中の単体回復力はトップクラス。 覚醒アビリティにより、確率で『攻撃力1. 5倍』『味方を3体まで回復』『味方へのダメージを無効化』が発生する。 英傑の塔 D アガレス C フールフール A フェネクス C アモン S 通天教主 D ユニット 猫又コハル 出撃人数に含まれないデバフキャラ。 デバフとしては編成デバフや呪殺もできるオロチヒメが、出撃人数に含まれないことを活かして受けの強化に使うにも清源がいるのでやや厳しい。 英傑の塔 C 19階層にて ハイスコア編成入り アガレス B フールフール B フェネクス D S覚の暗殺が刺さるがスキルの回転率が非常に悪い。 アモン B 通天教主 E ユニット 霊鳥の射手スー 第二覚醒は『 シャドウハンター』を強く推奨。 スキル未使用時の隠密が魔神で有用な場合が多い。 英傑の塔 C 12階層にて ハイスコア編成入り アガレス C フールフール A 隠密により反撃ダメージを喰らわない。 スキル中は隠密がなくなるため隠密付与と合わせたい。 フェネクス A 隠密により安定してフェネクス本体を狙うことが出来る。 赤女王アリの範囲攻撃の巻き込まれに注意。 アモン E 通天教主 E ユニット 聖魔殺しの銃手 ソシエ 1発当たりの火力が高く、スキル中はデーモンに対して特に有効。 そのため主に魔神フェネクスで活用されている。 スキルは持続型なので30秒 39秒 間、ザコ敵を処理してくれる。 アモン E 通天教主 E ユニット 魔女デスピア 上方修正により、 覚醒スキルの巻き込み範囲が大幅に上昇した。 敵の移動速度も下げることができるため敵の大群に対して極めて強力。 英傑の塔 A 13階層にて 最高スコア編成入り。 白ソラスのアビリティ の一部である 『ウィッチのコスト-10』と相性が良い。 アガレス B アースエレメントに対して有効。 フールフール D フェネクス E アモン B 範囲火力要因として。 デーモン相手の火力はイマイチだが高防御の蟻に対して刺さる。 通天教主 B ユニット 白き射手 ナナリー 遠距離火力。 アーチャーの飛行特攻と5連射により単体の飛行敵にはめっぽう強い。 逆に敵が複数になった途端デューオやアーシェラに大きく劣るため運用は限定される。 ラピットシューターの硬直短縮がスキルに反映されないこともあり、射程と特攻倍率が高い『 セレーネ』が推奨される。 英傑の塔 C デューオがいない場合使う程度で基本的に使われない。 アガレス B 鳥を落とすのに使えるが、後半は複数沸いてくるため単独ではやや厳しい。 フールフール C 敵の量が多く、単体の飛行敵もいないため基本的に使用しない。 確1用のバフと組み合わせれば単独で撃破も可能。 アモン E 敵の物量が多く、飛行敵も存在しないため出番はない。 通天教主 D ユニット 森の隠者 フィオレ スキル使用中、範囲内の遠距離職を隠密状態に。 クラマと違って隠密状態にできるのは遠距離職のみだが持続時間が長いことが特徴。 草を生やすことでヒーラーの代用も可能。 英傑の塔 B 12、15、20階層の ハイスコア編成に組み込まれている。 フェネクス A 早期にフェネクスを倒す際、遠距離職アタッカーを安全に攻撃させることができる。 アモン E 通天教主 B ユニット 大悪魔召喚士 ラピス 範囲内の1. 5倍のバフが可能なユニットで同系統のバフとしては最高峰。 しかしその分スキルの回転率も非常に悪く、魔神本体以外の敵も強力でラッシュの間隔が短い最近の環境ではやや厳しい。 スキルの使い所が重要になる。 英傑の塔 D アガレス C フールフール B 水着ラピスの代用。 フェネクス A バフ要因として。 アモン D 通天教主 E 近接型ユニット ユニット 王宮守護騎士 アデライド 遠距離職の射程を10伸ばす編成バフ持ち。 高HP、ダメージカットアビリティ、デバフスキル(またはバフスキル)と盛りだくさんだが器用貧乏感が否めない。 英傑の塔 E アガレス B フールフール C フェネクス D アモン E 通天教主 C ユニット 神癒の召使 アリエル ヒーラー、神官、ビショップ、アコライト系を強化するメイド。 バフ量や隠密付与はなかなかのものだがいかんせん対象のクラスが弱い。 英傑の塔 C 10階層 ハイスコア編成入り。 『 バトルメイド』の特徴である低コスト、そして通常スキルの永続遠距離攻撃がうまく活かされている。 アガレス D フールフール D 永続隠密によりフールフール第一形態の餅つきが可能だが、事前準備が必要なため諸葛亮やホリーと組み合わせる必要がある。 フェネクス D 確殺用の水着ポーラのバフ程度 アモン C ヒーラーの火力底上げに使われることがある。 通天教主 D ユニット 冥闇の剣士 アンブレ トークンの低コスト、永続遠距離攻撃を活かして英傑の塔10階層で用いられた。 英傑の塔 B 9、10階層の ハイスコア編成メンバー。 アガレス D フールフール D フェネクス E アモン E 通天教主 ユニット 海軍元帥イブキ スキルにより高火力範囲攻撃が可能なユニット。 攻撃速度の遅さやセーラーの爆風範囲が狭いこともあり似たような役割のテンマの方がよく使われる。 英傑の塔 D アガレス C フールフール D フェネクス D アモン A 通天教主 D ユニット 天馬騎士団長 エスタ 未記入 英傑の塔 C 9階層の ハイスコア編成入り。 序盤、自陣に出してスキルを点火すると一人でモンスターを処理してくれる。 アガレス D フールフール E フェネクス C アモン E 通天教主 ユニット 絢爛の吸血鬼エマ 未記入 英傑の塔 A 9階層の 最高スコア編成入り アガレス C フールフール D フェネクス D アモン E 通天教主 ユニット 翠森の弓騎兵 エメルダ 段階強化型スキルのため完成までに時間が掛かる。 完成しても永続ではないため注意。 英傑の塔 C アガレス D フールフール D フェネクス E アモン C 通天教主 B ユニット 純白の花嫁カルマ スキル使用中HPが0にならない。 受けたダメージの半分を回復する。 英傑の塔 C 9階層にて ハイスコア編成入り。 アガレス D フールフール D フェネクス E アモン A 他者から回復を受けられないため、常に場に出しておくことは難しい。 スキル点火のタイミングが重要に。 通天教主 ユニット 帝国妖狐 キュウビ 段階強化により高ステのブロッカーになる。 断続的にやってくる抱えざるを得ない相手には優秀。 英傑の塔 D アガレス A 遠距離で処理しきれない相手も多いのでキュウビで抱えることが多い。 2ブロ同時攻撃で処理もそれなり。 フールフール E フェネクス E アモン E 通天教主 ユニット 金光聖菩 広範囲魔法マルチ 5体 攻撃を行う。 魔耐の低い敵が比較的多いアガレスでは有用。 英傑の塔 B アガレス B フールフール E 敵は反撃持ち、高魔耐が多いので相性が悪い。 イベユニなので動画でよく使われる。 英傑の塔 D 近接縛りマップの9Fや10F攻略の際、しばしば用いられる。 アガレス E フールフール B スキル中反撃を受けないため相性が良い。 フェネクス B フェネクス第一形態を削る際に使われることがある。 アモン E 通天教主 B ユニット 爆突工兵 シャール トークンである戦車は死亡しても一定時間後にその場で復活し、状態異常無効能力を持つ。 戦車トークンは貫通範囲攻撃と物理広範囲攻撃を切り替えられる。 また自身もS覚により物理範囲攻撃を行うようになるため、編成1枠28〜31コストで2体の範囲攻撃ユニットを配置できることになり、英傑の塔で活かされている。 高DPSではないため魔神では起用されることは少ない。 英傑の塔 S ルフレの登場により『最高スコア編成入り多数保持者』の座を奪われたが、多層で ハイスコアを獲得できるのでルフレを所持していない場合はシャールを使うと良い。 アガレス E フールフール E フェネクス D アモン E 通天教主 ユニット 東国の大剣豪 ジュウベエ 未記入 英傑の塔 C アガレス C フールフール C 隠密で反撃を受けないため、第一形態を隔離するために使われたことがある フェネクス C アモン D 通天教主 ユニット 涼風の吸血姫 シルヴィア 未記入 英傑の塔 A 9階層にて 最高スコア編成入り アガレス D フールフール E フェネクス E アモン E 通天教主 ユニット 紅輪の道士ナタク 未記入 英傑の塔 B 7、20階層で ハイスコア編成入り。 アガレス C フールフール E フェネクス E 近接ユニットは多ブロや、暗殺、肩代わりなどの特殊能力を持つユニットが優先されるため用いられない。 アモン E 通天教主 C ユニット 調停の魔将 ハルモニア スキル覚醒は物理版イングリッドのような性能。 トークンもデーモンに含むのでデモンサモナーが一人いれば最大火力まで出せるためラピスと相性が良い。 魔神でよく用いられる水着ラピスとあと一体(スーシェンやシルヴィアなど)がいれば自身も下限14コストとなる。 英傑の塔 A 9階層にて 最高スコア編成入り。 アビリティ、クラスのコスト関連の特性が活かされている。 アガレス - 開催時未実装 フールフール - 開催時未実装 フェネクス - 開催時未実装 アモン - 開催時未実装 通天教主 ユニット 盗賊ベルナ 好感度150%ボーナスとナイトアサシンの特性を合わせた常時回避90%が強力。 暗殺キャラの中ではかなり使い勝手が良い。 壁や火力としては他の優秀なキャラがいるためやや心もとない。 英傑の塔 C 9階層にて ハイスコア編成メンバー入り。 アガレス E フールフール E フェネクス A 暗殺が通る敵には強い。 眷属に対しては運ゲー、サラマンダーやアリに対してはほぼ通らないため他に任せる必要がある。 得意な相手が多い下ルートに配置するとよい。 アモン E 通天教主 ユニット 祝祭の南瓜姫ミサ 未記入 英傑の塔 C 16階層の ハイスコア編成入り。 アガレス C バフを盛ることでアガレスを隔離しつつ単独で倒すことができる。 フールフール D フェネクス E アモン D 英雄王、サナラバフでHPが1万越えによりアモン第二形態でも 夏ラピスでマルチを吸った上で受けなければ!! 16秒程度耐えられる。 低HPのアモン 第2形態はHP72万しかない であれば割合ダメージで6万程度削ることが可能。 通天教主 C ユニット 呂布 覚醒スキルは5秒間、貫通を含めたすべてのダメージを受けない CT20秒。 しかし自動でスキルを発動してしまうので調整が難しい。 英傑の塔 B 8、20階層にて ハイスコア編成入り。 アガレス C フールフール D フェネクス E アモン D 通天教主 ユニット 雷神の娘レミィ 覚醒スキル「永続で範囲内の味方の攻撃力1. 3倍(射程224)」が強力。 第二覚醒『 タケミカヅチ』により覚醒スキル中の射程が等倍になる 0. 英傑の塔 E コストが重すぎるため用いることは無い。 アガレス B 高HPによるタフさから、水着ラピスより設置がしやすい。 フールフール E 反撃を喰らうためラピスを用いると良い。 また近接職のため隠密状態にできるのはクラマのスキルのみ。 フェネクス D 範囲内攻撃バッファーが他に居なければ使う程度か。 アモン E 通天教主 S 遠距離型ユニット ユニット 伏龍の軍師 アイシャ スキルの待ち時間を短縮できる優秀な職ではあるが、それだけが目的なら上位互換の特性を持ち非常に強力なスキルを持つ諸葛亮、スキルでより効果量の高い短縮ができるリェプル・リズリーを使うことになる。 HPバフが必要な状況では英雄王王子やサナラに出番を奪われることになったのも痛手。 同職内で見ると、前世代の数値の攻撃スキルよりも、ステータスを無視できる無効化スキル(レオナ)のほうがインフレに適している。 英傑の塔 C アガレス C フールフール D フェネクス D アモン B はわわ不所持、リズリー持ちのユーザーが起用している。 理由としてはマップの形状からリズリーが置きづらいため。 英傑の塔 E アガレス C フールフール D フェネクス C アモン E 通天教主 ユニット 秋祭の大魔女 デスピア トークンのバフが強い。 S覚が魔法耐性減少を持つので魔法主軸の編成なら使える。 英傑の塔 D アガレス B バフの恩恵を受けやすい配置。 9人〜10人編成でも起用されている。 フールフール D フェネクス C トークンでバフ目的に使われることがある。 アモン E 通天教主 C ユニット 聖夜の炸裂海賊 デューオ アビリティの『射程-20』と好感度補正に射程が無いことから通常版デューオと比べて 同派生で 射程が40短い。 2体まで同時に小範囲攻撃を行い、またランダム効果を考慮すれば密集している敵に極めて有用。 もりたん先生の推測によると、アビリティ発動率はそれぞれ以下の通り。 2連射:10% 30% 貫通:20% 60% 攻撃力1. 5倍:30% 90% 赤字は覚醒スキル使用時 英wikiによると爆風の半径は40 cf. 秋コキュ、織姫47、黒ソラス60、爆風が狭い代表イブキ、ディーナ80 英傑の塔 C 3階層にて ハイスコア編成入り アガレス - 開催時未実装。 密集状態で押し寄せることが多いので有用か。 フールフール - 開催時未実装。 フェネクス - 開催時未実装。 鳥を一撃死させる(最も現実的な)条件は、『 121%以上の攻撃バフを乗せ、鳥ともう一体敵を範囲攻撃に巻き込み、2連射・攻撃1. 5倍・貫通が発生』すること。 アモン D 遠距離マスに余裕があれば。 通天教主 C ユニット 白浴衣の弓乙女 ナナリー 高射程マルチスキルを持つがデューオやアーシェラと比べるとかなり火力が低い。 覚醒アビが腐りがちなのもマイナス。 英傑の塔 A 12階層にて 最高スコア編成入り。 4階層にて ハイスコア編成入り アガレス D フールフール D デューオやアーシェラの代わりとして採用されることがある。 5体マルチなので飛行眷属や飛行デーモンに対してはそこそこ強いが中型のボスに対してはやや火力不足 フェネクス E アモン E 通天教主 ユニット 陰陽師ミコト 範囲鈍足魔法と呪殺、時止め、トークンが可能なユニット。 いろいろできるが器用貧乏感が否めない。 英傑の塔 D アガレス D フールフール C フェネクス A 広範囲高火力単発スキルと呪殺により倒せる敵が多い。 バフを盛れば眷属も倒せる。 アモン E 通天教主 近接型ユニット ユニット オークの英雄 アナトリア 未記入 英傑の塔 E アガレス D フールフール D フェネクス E アモン D 通天教主 ユニット 武王姫アリス 未記入 英傑の塔 D アガレス D フールフール E フェネクス E アモン E 通天教主 D ユニット 関羽 未記入 英傑の塔 E アガレス E フールフール E フェネクス E アモン E 通天教主 E ユニット 風神の娘クーコ が永続攻撃バッファーだからこっちは永続防御 1. 8倍 バッファーでいいだろうという安直な発想から生まれたユニット。 第二覚醒『 シナツヒコ』で自身へのダメージ20%カットが付くが、 貫通やDoTはカットできない上 ダメージ下限10%の状態では効果が無い。 半分以下のコストで範囲内の味方の防御力 2. 0倍+エリアヒールを行うエクスや、実質ダメージカット40%(+リジェネ)+防御加算バフを持つヘイオスがいるならそちらを使おう。 英傑の塔 D 重い アガレス E エクスで良い フールフール E フェネクス E アモン E 通天教主 C 迅天君対策にレミィを麻痺無効化付与させるために用いられる。 ユニット 魔王親衛隊 シャディア 未記入 英傑の塔 D 19階層で呪術師と組み合わせてミスゴを受けるのに使われる。 アガレス E フールフール D フェネクス D 赤女王アリの足止めに。 アモン E 通天教主 ユニット 曹操 非常に強力だがコストが重いため使うステージを選ぶ。 HP管理が大事なため使いづらいが他ユニットの永続バフと本人の永続スキルのみで攻撃力が1万以上のマルチロック攻撃を配置1秒で放てるのは魅力。 英傑の塔 E アガレス B 覚醒スキルがアースエレメントを一掃してくれ、強力。 ボス、中ボスの削りにも使える。 しかし、このステージはコストが自然回復しないためコストが重い彼女の使用は苦しい。 更にこのステージは敵が密集している場合が多いため、マルチロックかつ範囲貫通攻撃持ちのウェンディと比べると影に隠れがちでもある。 フールフール E フェネクス E アモン E 通天教主 D 通天教主や尊天君の削りに使えるがコストを溜めるのが大変。 ノーマルスキルならゴール地点に壁ユニを置かなくとも雑魚を処理できるくらいには強力。 ユニット 堕天使ソフィー 未記入 英傑の塔 C 9階層にて ハイスコア編成入り アガレス E フールフール E フェネクス E アモン D 通天教主 D ユニット 未来の宮廷画家 ナルサス 配置中、他ユニットの出撃コストを3下げる。 スキル使用中、射程1000で10秒間10体同時に4連続攻撃を行う。 非常に強力なユニットであるが、最近の最難関コンテンツでは活かしづらい。 英傑の塔 D コスト下げについては ミネットのほうが有用。 少人数編成を強いられる塔ではCT減少の人員を割けないことが多く、スキルの回転率も悪くなる。 アガレス E 低防御モンスターが密集して来るため有用。 ただし配置場所によってはスキル範囲がミスリルゴーレムやアガレス本体まで届くため注意が必要。 フールフール E 反撃持ちモンスターが多数出現するため使いにくい。 クラマのスキル点火に合わせる必要がある。 フェネクス E 4連射の火力よりも敵の回復が上回るため序盤のザコ処理には使えない。 フェネクス本体を安全地帯から攻撃、またはフェネクス討伐後の雑魚処理に。 アモン E 通天教主 遠距離型ユニット ユニット 波打ち際の陰陽師 ミコト スキル覚醒がマルチロック範囲で2HITしたときのDPSが高い。 が、似たような役割のデスピアが射程、範囲、鈍足において優秀なためそちらの方が採用されやすい。 一応水着ラピスとは相性が良い。 英傑の塔 C 18階層にて ハイスコア編成入り。 アガレス D 開幕のアースエレメントに。 フールフール E フェネクス E アモン D 通天教主 ユニット 伝説の海賊 ミネルバ 未記入 英傑の塔 E アガレス E フールフール E フェネクス D アモン E 通天教主 ユニット 冥霊魔術師 メルアビス スキルを用いることで、アンデッドのHPを回復したり、攻撃バフを掛けることができる。 S覚ではアンデッドの再出撃が可能で、シルヴィア、カルマ、スーシェンといったキャラとそれなりに相性がいいのだが諸葛亮やホリーの存在があるため採用されることは稀。 英傑の塔 E アガレス D フールフール E フェネクス E アモン D 通天教主 ユニット 影を継ぐ者 ユージェン 黒英傑ユニット。 英傑の塔 C 10階層 ハイスコア編成にて黒英傑デバフとして使える。 アガレス E フールフール E フェネクス E アモン E 通天教主 ユニット 陽炎の森番 ロヴィニア 隠密持ち。 またクラス特性上、悪天候の影響を受けない。 天候と無縁のマップであればスーを用いるのが良い。 英傑の塔 D アガレス E フールフール C フェネクス E アモン E 通天教主 その他 ユニット その他 ここに載っていない者たち。 今後のコンテンツで輝く可能性あり。 英傑の塔 平均D未満 アガレス フールフール フェネクス アモン 通天教主.

次の

デイリー復刻講座・おすすめユニット

アイギス 回復 おすすめ

2019年4月頃に大幅改訂されましたが、現在では情報が古くなっている可能性があります。 また、このページに記載された情報は各編集者の主観に基づいたものであり、王子の環境によっては整合性や実用性に乏しい可能性があります。 おすすめユニットについては、「」のページをご覧ください。 育成・合成のコツを知りたい王子は、「」や「()」のページをご覧ください。 プレイヤー自身のプレイングスキルは「」や「」のページで学習しましょう。 課金しようかな?と考えている王子は、「」のページをよく読んで、賢く課金しましょう。 ゲームの進め方や育成について悩んだら、「」で相談しましょう。 お気軽にどうぞ。 現在、プレイ可能ミッションと実装済みユニットが多いため、初心者王子のゲーム進行状況とユニット所持・育成状況は多様化しています。 自分向けの効率的なやり方を知りたいなら個別相談が有効です。 このページの充実にもつながるので、初歩的な質問も大歓迎です。 ゲームを開始すると、オープニングの後、チュートリアルマップが始まります。 説明を読みながらユニットを置いていきましょう。 チュートリアルが終わったら、「」で詳しい戦術や優秀なユニットを手に入れましょう。 ユニットを集めたら編成を行い、「」などの、各ミッションを攻略していきましょう。 「ストーリーミッションをクリアする」• 「クリアしたマップを何度も繰り返して餌を集める」• 「自軍を強化してストーリーミッションを進めてより良い餌場を開拓する&各種イベントを楽しむ」 基本的には上記の流れを繰り返していきます。 HOME画面右にある「その他」アイコンの中にヘルプメニューがあり、各種システムの詳しい説明を見られます。 また、ゲーム画面内の各所にあるアイコンやインフォメーションボタン(「i」マーク)をクリックすると、詳しい説明を見られます。 その他、知っていると便利な機能・操作は「」のページにまとめてあるので、そちらをご覧ください。 ゲームを始めたばかりでも、緊急ミッションの初級クリアは可能です。 気後れせずに、行けるところまで進めましょう。 入手した目玉ユニットがレベル・コスト・スキルレベル全て初期値でも問題ありません。 所持しているか否かの方が重要です。 育成は後でいくらでもできますが、イベントは一度逃すと復刻するまで1年以上かかる事が多いです。 少しでも戦略の幅を広げるために、まずはユニットの確保を最優先に考えましょう。 それ以外の期間限定イベントも、クリアできるところまでは進めましょう。 「」と「」は緊急ミッション同様行けるところまでで良いです。 神聖結晶の入手と用のシルバーユニット確保を目的にしましょう。 「大討伐ミッション」は「小祝福金聖霊」を確保できるところ(合計討伐数500〜1,000程度)まででOK。 余裕があれば「小祝福白金聖霊」(合計討伐数3,000〜6,000)も確保しましょう。 「魔神降臨ミッション」と「大総力戦ミッション」は高難易度ミッションなので、スルーもやむなしです。 次回復刻されたら挑戦しましょう。 第三章 熱砂の砂漠• 全てのマップで出撃時の初期HPが減少します。 出撃直後の近接ユニットはやられやすいので、早めの回復を心がけましょう。 「」や「」など、低コスト遠距離ユニットの2人目3人目を育成して先制攻撃しましょう。 地形効果の影響を軽減できたり、複数人同時回復できるユニットがいると安心です。 「」を持っているなら育成しましょう。 第四章 東の国• 登場する敵の「質」が上がります。 攻撃力が高いので初手ソルジャーでコストを稼ぐやり方では凌げません。 全体的な戦力の底上げが求められます。 第五章 魔法都市• 攻撃速度は低いですが、攻撃力がとても高い敵(ゴーレム)が登場します。 高いHP・防御力を持つユニットや、足止め用のトークンを使えるユニットを育成しましょう。 第六章 密林の戦い• オークが多数登場します。 彼らはHPが半分を切るとステータスと移動速度が上がります(狂戦士状態)。 「」や「」など、複数の敵をブロックしつつ攻撃できるユニットを育成しましょう。 殲滅力の高さが問われます。 王子軍の状況:王子ランク200以上。 ユニット平均第一覚醒Lv40以上。 称号「神器の継承者」を獲得し、緊急ミッションで目玉ユニットを毎回フルスぺで入手できるようになれば、初心者王子は卒業です。 おめでとうございます。 これ以降は自分の好きなようにプレイしていきましょう。 遊び方の例• ユニットを完全成長させよう• 「プレミアム」で新しいユニットを入手しよう• 「」や「」を周回し、過去のイベントユニットを入手・フルスぺにしよう• 報酬・ドロップ率アップユニットを所持しているなら育成しよう• 「大討伐ミッション」の神級で全ての敵を討伐しよう• 「大総力戦ミッション」の神級クリアに挑戦しよう• 「魔神降臨ミッション」のLv. 10以上をクリアしよう• 「」の続きを攻略しよう• 「」をクリアして交流イベントを見よう• プレイヤーランクを上げて、「」や「」になろう• 当攻略wikiに各種情報を提供したり、攻略記事を執筆しよう 初期から育成・攻略の方針を決められるので全くの間違いという訳ではない。 運よく強力なユニットを引けば有利なのは間違いないし、課金する量も人それぞれだ。 ガチャの目玉ユニットに惹かれることもあるだろう。 だが、全部突っ込むのはおすすめできない。 育成や兵舎拡張に使う分は最低限残しておこう。 高レアリティのユニットを何体も抱えたところで育成が間に合わないのでは意味が無いし、ユニットの所持数にも限界がある 兵舎の増築もできるが結晶30個となかなかに高価である。 また、ほとんどのイベントはよく育ったシルバーユニットでクリアできる程度の難易度である。 ガチャ産ユニットで楽にはなりこそすれ、ガチャ産が必須ということはない。 尤も、高難易度の極級や神級を銀ユニットでクリアするのはやり込みプレイの域なので、初心者が自力で達成するのは困難。 動画等を真似るか、戦力が整ってから復刻開催を待つことになるだろう。 1ヵ月に神聖結晶を150個以上使うとログインボーナスにより「レジェンド召喚チケット」(プラチナ以上確定排出)がもらえる。 このため、全力でぶち込むにしても150個溜まってからのほうがお得。 150個は遠く感じるかもしれないが、初心者は初回クリアボーナスがもらえるため、意外とあっさり溜まる。 極低確率で黒レアが出ることすらあり、マウロなど序盤はベース召喚でしか手に入らないユニットもいるが、 ベース召喚の特性上、出てくるユニットはほとんどが銅鉄ユニットでそのすべてが男。 銀以上のユニットは滅多に手に入らない。 金などは夢の又夢と思って欲しい。 ベースガチャを57000回回した猛者がいるが、97. 銀が約2. プラチナ・ブラックを狙える確率ではない。 余程のことがない限り、Gはユニットの合成に使うほうがよい。 ユニットのレベルが上がると要求額が増えるため、いずれ足りなくなる。 パイレーツや忍者などの序盤でドロップしないユニットを狙うにしても、大人しく1日1回の無料分をコツコツ引いた方が良い。 コスト制というシステムにより、金や白が銀の完全上位互換=銀不要、となるとは限らない(一部例外はあるが)。 レアリティの高いユニットは基礎コストが銀ユニットより高いために、コストが足りず、出撃すらできない場合も多々ある。 特に銀ユニットはイベントマップなどで同じものを複数集めてコストダウンさせやすいため、上位とのコスト差が3〜4くらい開くことも多い。 イベントによっては厳しい出撃制限があるため、そこで必要になることもありえる。 また、前述した通り銀ユニットはクラスチェンジにも必要になる。 ユニット所持数に余裕があるうちは温存しておいたほうが良いだろう。 第三兵舎拡張で得られる銀ユニット預り所も活用すると良い。 アイアン・・・序盤の繋ぎで以降は合成餌、CC素材に使う ブロンズ・・・序盤の繋ぎで以降は合成餌、素材にはならない シルバー・・・できる。 中盤まで使えるので育てても損はない。 上位ユニットのや素材になり 貴重なので無駄遣いしてはいけない ゴールド・・・覚醒できる。 全体的にはそこそこの能力だが上位レアリティと遜色ない強ユニットもいる プラチナ・・・全ユニの半分近くを占めるメインレアリティ。 強さは千差万別。 基本的にはこれを育成 ブラック・・・スキルの即時発動が可能な最高レア。 ほぼ全員が文句なく強いが育成コストは重たい サファイア・・書籍購入などの特典キャラ専用。 ゲーム的にはゴールドとプラチナの中間扱い。 地味に育成コストが重いのがネック。 鉄 アーマー等はゲーム初期の補助戦力になる。 後々銅ユニットが揃ったらお役御免。 経験値と資金の無駄なのであまり育てず合成か売却用にすべき。 シルバーとゴールドの素材になるので基本クラスくらいは常備しておくといざという時に困らない。 銅 コストダウンしやすく、コストを2下げればアイアンの上位互換に。 レベルも上げやすいため、戦力が整っていない序盤では頼りになる。 シルバーを入手するまでは各種揃えておきたい。 上位レアリティを入手後でも、種族縛りやコスト管理の厳しいステージでは出番があるかも。 銀 要求経験値の低さ、聖霊の安さ、入手頻度でのコスト下げやスキルレベルアップの容易さのバランスが良く非常に育てやすい。 このレアリティからCCができるため上位レア育成までの繋ぎとしては十分なスペックを持っている。 それらが育っても色んなところで出番は見込めるので育成価値はそこそこ高い。 覚醒は出来ないがCC後Lv55まで育てると覚醒ユニット同様にアビリティを得られる CC素材や覚醒素材として要求されるので、余ったからといって気安く餌にしていると後で泣く。 金 銀に次いで育て易く、の配布機会の多さやCC後のカンストLvが低く覚醒し易いなど、容易に実用段階まで持っていける。 CC時にスキルが強化されることが多く、キャラによっては白金や黒に匹敵する性能を見せる。 特筆すべきはこのレアリティからが可能になる事であり、多くのミッションで中核戦力として活躍できる。 男キャラもゴールドが最高レアとなっているクラスも多く、男性限定マップの切り札となるためそれなりに育成すべき。 覚醒素材として要求されるがCC銀でも代用可能で、金レアを使うのはもったいないのでなるべくCC銀を使いたい。 白金、白とも 高ステータス・強スキル持ちが多く切り札になる。 ただし出撃コストが高め。 初心者のうちはを集めるのは大変なので育てにくく、またクラスチェンジに銀ユニットを3体使うため完成形が遠いが ベテラン王子の主力レアリティでもあり、初心者王子も最終的には大半のユニットをプラチナ以上で編成を埋める事を目指したい。 イベントで入手できるユニットの殆どがこのレアリティなので数は最も多く、全てのユニットを育てようとすると聖霊が常に足りなくなる。 イベントユニットには覚醒もしくはスキル覚醒してからが実用段階なキャラも多い。 黒 最高レアリティ。 基礎ステータスとレベル上限の高さ、好感度ボーナスの大きさ、強力なスキルにより異常な強さを誇る。 配置1秒でスキル発動可能で、置いてすぐに活躍できるため使いやすい。 その代わりコストが相応に重く、入手の難しさから低減も困難。 プラチナ以上に完成までが遠いが、強力無比。 青 基礎はプラチナより僅かに劣り、スキルやクラスが特徴的なユニットが多い。 現在はキャンペーンやコラボなどの特典コード入力のみで入手できるレアリティであり、入手方法が確定しているので初心者でも確実に入手できるのが魅力の一つ。 また初期からコストが下限のユニットが多いため白金よりも出しやすいのも特徴。 ただし対応する聖霊が、入手し辛いしかいないため育成が黒以上に遠い。 多ブロック ( ケイティ、フィリス) 1〜4人 援軍ソル1〜2、足止め用0〜2 序盤に敵を捌きつつ援軍要請でコストを稼いだり、低コストを活かして不足を補うポジション。 確定入手の金ソルジャー・ケイティは是非育てよう。 コストダウンやクラスチェンジ素材で数が必要になるので、軽ソルジャーとしてブロンズユニットを使うのも手。 ブロンズは周回すれば大量に手に入るのでコストも下げやすい。 単体では敵処理が間に合わないことが多々あるため、アーチャーやウイッチによる援護が有力。 ブロック数の多さの割には耐久が低いのが難点。 ( レアン) 1〜2人 高いHPと防御で多くの雑魚を受け持って足止めしつつメイジと連携したり、ヒーラーを複数付けて強敵を抱えるのがメイン。 防御力が場持ちやヒーラーの負担に直結するため、しっかり50CCでの育成が必須。 コストを下げればブロンズも有用。 攻撃力の低さも足止めして敵の出現を遅らせる目的に使える。 アーマーへの回復が追い付かないなら、育成を進めたり、戦略の段階から見直す必要が出てくる。 単騎では殲滅力が足りず連携が必要であり、コストも重めなのが難点。 1ブロック 1〜3人 いわゆるタイマンユニット。 通常の王子もこの枠。 遠距離攻撃持ちへの差し込み、敵のラッシュ時に先頭に置いて敵の間引き、強敵との1対1に臨んだりするポジション。 ( セシリー) 低コストで回避持ちで攻撃速度が速い。 回避と暗殺による運ゲーはおまけ程度。 雑魚の間引きや敵アーチャー等への差し込み用。 耐久は低いので強敵の相手は向かず、攻撃力の低さにより高防御の敵も苦手。 ( ミーシャ、エレイン) バランスの良いステータスと魔法耐性を持ち、敵撃破でコストが回復する。 ステータスが足りている限りは幅広く対応できるが、耐久自体はアーマーやバンデットに劣る。 ( モーティマ、フューネス、バーガン) 高いHPと攻撃力を持ち、アーマー系相手に攻撃力が増加する。 序盤から敵アーマーが出てくるマップでお世話になる。 防御力が低いためヒーラーへの負担が大きいのが欠点だが、差し込みで使い捨てにする分には問題にならない。 雑魚の間引きにも使えるが、攻撃速度の遅さとオーバーキルによりコスパは良くない。 遠距離 遠距離の基本職は総じて耐久が低い。 逆に言えば、ステータスの無駄が少ないともいえる。 CCで射程が伸びるため、銀30CC運用も候補になる。 ( バシラ、ソーマ、ダニエラ) 1〜4人 低コストで素早く遠距離攻撃ができ、飛行敵に対して攻撃力が増加する。 雑魚を削ったり、飛行する青ガーゴイルを打ち落とす役。 低防御の敵には滅法強いが、硬い敵には手も足も出ない。 なので敵軍の内容次第で有効な投入数は大きく異なる。 ( カリオペ、ネーニャ) 1〜3人 低コストでそこそこの射程と速度、敵の移動速度を下げる防御無視の攻撃を行う。 魔法は防御無視なのでアーチャーでは対処しづらいアーマーや赤ガーゴイル対策として有力。 敵の攻撃が強すぎて近接ユニットでまともに相手をしていられない時は、複数のウィッチを使った遅延効果が重要になる。 アーチャーとは逆に、低防御で数の多い雑魚の相手には不向き。 ( ヴァレリー) 1〜2人 高コストで防御無視の範囲攻撃を行う。 範囲攻撃により複数まとめて攻撃できるため、敵集団の殲滅に力を発揮する。 防御無視により防御の高い敵への削りもこなす。 アーマーで複数足止めしたり、ウィッチで団子にしてやるとより強力。 アーマーによる足止めとのセットなら射程の短い銅メイジでも使いやすい。 難点はやはりそのコスト。 また、攻撃速度が遅いので単体相手ではウィッチに劣る。 ( イーリス、アリサ、ドルカ) 2〜3人 回復役。 長丁場になるほど重要性が増す。 敵をどれだけブロックして倒すかで必要な数が変動する。 場合によっては4人以上必要になるマップもある(そのころには互換クラスが手に入っているだろうが)。 10種未満の武器種で区分されている城プロに対し、100種以上のクラスという区分でユニットの特徴が細分化されている• 同一ユニットを合成する、いわゆる凸行為が不要。 一体入手すれば限界まで育成できる• 増築施設に相当する追加装備の類がない• 改築に相当するクラスチェンジや覚醒は、一定数の同レアユニットではなく各クラスごとに定められた3種類の低レアユニットと専用聖霊を使って行う• 特技に相当するアビリティは、基本的に第一覚醒後に修得する。 (ブラックユニットは覚醒前から修得していることが多い)• 計略に相当するスキルは、ユニットレベルとは別にスキルレベルを上げる必要がある• 殿と異なり、王子は任意で配置可能なユニットの一種として扱われる。 王子が戦闘不能になっても攻略失敗にはならない• 殿に相当する拠点が複数存在することがある。 合計で一定数の敵に到達された時点で攻略失敗• 戦利品は特定の敵を倒した時に入手。 蔵に相当するものはない• 敵を倒してもコスト(気に相当)は回復しない(コスト回復スキルや倒敵時コスト回復特性を持つユニットもいる)• 巨大化が存在しない• スキルの発動に追加コストを払う必要はない。 対象を選ぶ必要もない• HPが自然回復しない(可能にするアビリティやスキルを持つユニットもいる)• 戦闘不能や撤退後のユニットは再配置できない(可能にするアビリティやスキルを持つユニットもいる)• 近接ユニットは自分がブロックしている敵しか攻撃できない(遠距離攻撃できる近接ユニットもいる) 〜〜準備段階〜〜• 初期は獲得G1. 5倍が付いているので、その間にストーリーミッションをひたすら周回する。 序盤はどんどんレベルが上がる(カリスマが回復する)• 無課金,微課金なら常に獲得G1. 5倍状態にする必要はない。 獲得EXP1. 2倍も序盤はかなり有効でランク100、王子Lv99までは使った方が楽。 序盤の結晶の使いみちは他にBOX拡張でユニット所有枠を増やすのも重要。 枠が少ないとレベリング時に餌ユニットがすぐ溢れて面倒くさい。 田園の門の周回などで餌集めを兼ねると良い。 最近はの確定ドロップでユニットが溢れるので第3兵舎まで一気に広げたいところ。 兵舎増築にはランク25、所持枠を最大 35個 まで購入が必要。 第三兵舎まで拡張すると同時にシルバーユニット預り所と聖霊預り所も利用できるようになる。 とくに、よく手に入り枠を圧迫しがちな聖霊や経験値ユニットを預けられるのは便利。 ランク20で所持枠を最大まで購入したら、同じの月のうちにランクを25まで上げて第2兵舎を増築すると、のグレードアップ条件を比較的楽に満たせる。 このための兵舎拡張は月の始めに行えば時間的余裕ができるため、実行前の時点で月末ならば来月に見送ったほうが良い。 この時点で神聖結晶を100個以上用意出来ているならば、第2・第3兵舎をまとめて増築し、端数をサポート発動やプレミアム召喚などで合計100個消費してしまったほうがログインボーナスがさらに上のグレードになるのでおすすめ。 50個消費を2ケ月に分けるよりも100個消費の1ケ月分のほうが合計入手数も質も上なため。 ベースガチャでも銀ユニットは何十回かに一回、金ユニットも回数を回せば出る。 ただし序盤で金欠を起こすと辛いのでやり過ぎ注意• ガチャ入手で銅ユニの、あたりをゲット出来ると捗る。 ある程度ミッションをクリアしたら、気晴らしに1-2回プレミアム召喚をするのも良い。 ただし結晶を5〜10個消費してハズレの銀ユニットになるよりは、を結晶7個でまとめ買いしたほうが序盤は楽• シリアルコードがあれば入力を忘れずに行う。 チュートリアルクエスト「 ケイティの 」をクリア。 チュートリアルクエストは用意されたユニットでプレイするので育成は不要。 クリアすると便利なユニットが貰えます。 初心者は鉄と銀ユニットを間違って合成したり売ってしまうことが有るため 〜〜初期の目標〜〜 初期に使うユニットは「」を参照。 とを進行しつつロックしたユニットをメイジ,ヒーラーを優先に育成。 序盤では集めやすい銅ユニのや,,をコスト下限にして使った方が良い。 コスト下げやスキルのLv上げのされてない銀ユニ 初期コスト8のなど は鉄,銅ユニに劣る。 コンプリートボーナスで入手した銀ユニットも逐次ロックして後々を考えながら育てて行くと良いだろう。 餌として入手した銅ユニットと聖霊はすぐには合成に使わず一旦キープする。 鉄ユニットで銅ユニットを育て、銅Lv10以上を餌に使う。 Lv10まではレベルが容易に上がるのでそのほうが効率が良い• 当然の話しだが実用のベースキャラもLv10までは拾った鉄,銅ユニットの生食育成で良い。 鉄,銅聖霊はLv30以上,レア度が銀以上のユニットを育成するときに、銅ユニット3枚と一緒に聖霊1枚を混ぜて使うと良いだろう。 銀聖霊以上はクラスチェンジに使用するのでまずはキープ。 詰まったらストミ「」「」「」,チャレンジ「」を周回プレイ。 出たユニットは合成か引退をさせ、チーム内のすべてのユニットをLv20以上にすることを第一の目標とする。 通常ミッションをある程度進めたらMAPやにチャレンジ。 確定ドロップやイベントユニット,結晶を可能な限り入手して行きたい。 そして銀ヒーラー、銀アーチャー,銀メイジのそれぞれ一人を30CC30する。 射程が伸びて使いやすくなります キャラクターにこだわりが無いのなら攻撃力が僅かに低いソーマとクリストファー,ヴァレリー。 ダニエラはスキルが攻撃強化なので、金以上のアーチャーが入手できなかった場合には火力が必要になるステージで活躍するだろう。 ただし攻撃範囲が必要になる面ではやでカバーする事も出来るので銀の30CCは必須ではない。 彼女らを30CCさせるつもりならば、コンプリートボーナスで手に入る2人目以降に贈り物を送らずに育てたほうが無駄が少ない。 チーム内のすべてのユニットをLv30以上,プレイヤーLv64以上で救世主の称号を得たあたりで「」が攻略できる目安。 の・中級 金策ミッション 、・中級 好感度アイテム収拾ミッション あたりも育成に重要なので適時周回すると良い。 50CC30好感度MAXが揃い出すと「」「拠点争奪戦・後」も見えてくる。 曜日限定ミッションの「黄金の鎧」・極級や「空からの贈り物」・神級も狙える。 覚醒のオーブも攻略動画などをトレスしつつ狙える。 鉄、銅…育成しやすく低コストで使いやすい初期,序盤の即戦力。 銀以上の育成が終わり、駒が揃うと使わないので鉄はLv10,銅はLv30くらいで良い。 銀…上限レベルが低く、同種合成の機会が多く、CC後もスキルが変化せず、聖霊も必要な時に必要なだけ拾える。 ちょっと時間をかければ50CC55、コスト下限、スキルレベルMAXが狙って作れる。 金…攻略が進むと聖霊の入手機会がかなり多く、上限レベルもそれ程高くないので育成は容易。 ただし入手がほぼ召喚頼り。 交換所や年4回ほど有るゴールドラッシュ系もあるが、コスト低下の難易度は銀以下や産白金ユニットに比べて格段に高い。 白金…上限レベルが高く、イベントで入手できるユニットが多く、全て育てようとすると聖霊が全く足りない。 イベントで貰えることが多いので、コストとスキルレベルはある程度良い状態で入手したい。 黒…プレミアムガチャを何十回も回さない限り殆ど入手する機会が無い。 黒聖霊は貴重だが、序盤は白金聖霊ほど不足を感じないだろう。 上限レベルが高いので、CC後はプラチナアーマーと黒聖霊を使い、経験値8000の合成を何回も行う事になる。 イベント産の強力な黒ユニットを覚醒まで育てようとすると結構な負担に成るので気長にやるしかない。 詳しくはを参照• ユニットのレベルアップに必要な経験値および資金は、高レベルなほど増えてゆく。 経験値の少ない餌を低レベル時に食わせ、経験値の大きい餌を高レベル時に食うと資金効率が良い• Lv20辺りから餌1枚で1,000Gを越えだす、高レベル餌で一枚辺りの経験値を増やしケチるならこの辺• ユニットのレベルアップに必要な経験値は10Lv毎に激増する• よってユニットの運用法にはLv1、Lv20、Lv30、30CC30、Lv40、40CC40、50CC50などで手間と性能に差が付く• 聖霊は同ランクを2〜3枚混ぜると2倍に、異なるランクを1〜2枚混ぜると1. 1倍になる• 「」がクリアできるようになったら、餌を「廃都への帰還」で集めて合成費用は「田園の門」で稼ぐ。 「廃都への帰還」で入手できる餌はLv10以上なのでかなり金銭効率が良い。 委任周回が厳しければ「」「」で妥協という選択もある。 ・育成中のキャラがLv10未満なら何処の餌でもいいので適当に生食してLv10以上にする。 良い餌は高レアリティユニットや高レベルユニットに優先して使う。 ・種類の合わないの低級の聖霊が余る場合は合成に1枚混ぜて使っても良いだろう。 銀男ユニットやプラチナアーマーと聖霊を使う。 期間限定イベントやでドロップする男銀ユニット,をLv10以上までドロップ生食で育てて餌とする。 また経験値ボーナスが付く同職や、コスト下げやスキルLv上げを兼ねて同名,同スキル合成が好ましい。 ドロップ1. 5倍キャンペーン時は「」や「」周回ドロップの素食いでLv50まで上げる猛者もいる 金銭効率では負担が大きい。 ・銀ユニット=銀聖霊の入手量によるが、男銀ユニットを使う場合は聖霊3枚を使って8倍合成を行う。 女銀ユニットを合成する場合は聖霊2枚、餌2枚で良いだろう。 ゲームが進むと銀ユニットのカンストは割と容易で、プラチナ以上のカンストが大変だと気付く事だろう。 ・金ユニット=金聖霊は攻略が進むと一番手に入る聖霊。 白金、黒ユニットが居る場合はできるだけプラチナアーマーを使わずに育成したい。 金以上で同種合成を行う場合、スキルレベルを上げたいのならCC後に餌ユニットもCCさせてから合成する。 CCしてもスキルが変わらないベティ、スキルレベル上昇の恩恵が少ないストレイやキュテリはCCさせずに合成して良いだろう。 ・白金ユニット=イベントユニットの殆どは白金で、それらを育成する場合に聖霊がいくつあっても足りないと感じるかもしれない。 CC前のLV50までは、鉄〜金聖霊と銀餌で頑張って上げるのも選択肢に入る。 ちなみにLV42まで上げればプラチナアーマー2、聖霊2、又はプラチナアーマー1、聖霊3の経験値8000合成でLV50に到達する。 ・黒ユニット=聖霊が貴重で、必要経験値、CC後の上限レベルの高さから育成は困難を極める。 黒聖霊が無い場合は鉄・銅等の余った聖霊を使って雑煮合成する。 白金の項にある経験値8000合成を行う場合は、LV42で次のLVまで664以下の状態にする。 ストーリーミッションの委任出撃の登場に伴い餌集めの効率が格段に向上した 低カリスマ消費で低レベルの餌を集められるだけでなく今まで長丁場必要だったステージも視野に入る 初心者王子がまず目指すのは「」だが、手が届かなければ「」「」等、手に届く範囲で餌を拾おう。 ゲームに慣れてCCユニットが揃ってきた頃にはより上質な餌場である「」が手の届く位置にあるはず。 …田園マラソン、カリスマ12消費で最大5体の低レベユニットが入手できる餌場。 序盤育成の定番• 消費カリスマは田園の二倍ほどだが餌性能が1. 5倍になるのでLv20以上の相手だと安上がり• …群狼マラソン、こちらも一本道で攻略が容易。 消費カリスマは田園の二倍ピッタリで周回の定番。 弓兵のドロップに偏っているので同クラス補正でダニエラ,ソーマ,バシラの育成に良い• 序盤における目標の一つ。 拠点争奪戦・後を開放できない王子はここで足踏みする。 取得経験値・餌の質がいずれも高く、稼ぎ用マップとしては優秀。 上位MAPを開放していてもドロップ率1. 5倍時では候補にあがる。 …まず道中の「」「」「」を踏破するのに苦労する。 拠点争奪戦・後に比べると最大ドロップ時の効率で劣ってしまうが、和風MAP以降は砂漠MAP以前に比べドロップ率が格段によく高経験値餌なので資金効率も良い。 、…資金効率最優の餌場。 ここに到れる王子は既に全ユニット覚醒してるので多くは語らない。

次の