アップル 特徴。 アップルホームの注文住宅をプロが徹底解説!坪単価や評判と4つの特徴

Apple Pay(アップルペイ)とは?メリットや使い方、対応カードについて徹底解説!

アップル 特徴

略称 Apple 本社所在地 カリフォルニア州 アップル・パーク・ウェイ1番地 () : 設立 事業内容 、、 、、、、 、、、、 、、、、、、の開発、販売等 代表者 () () 資本金 2601. 74億米ドル 2019 売上高 639. 30億米ドル 2019 営業利益 552. 56億米ドル 2019 純利益 3385. 16億米ドル 2019 総資産 904. 88億米ドル 2019 従業員数 137,000人(2019年末時点) 支店舗数 453店舗(2015年3月時点) 決算期 9月30日 主要株主 主要子会社 関係する人物 (、第6代元、元 (共同) 元チーフ・デザイン・オフィサー 元小売・オンラインストア担当上級副社長 ワールドワイドマーケティング担当上級副社長 ソフトウェア担当上級副社長 元担当上級副社長 元iPod担当上級副社長 ハードウェア担当上級副社長 外部リンク アップル(: Apple Inc. )は、、、(Mac)、その他ウェアラブル製品や家庭向けデジタル製品、それら諸製品のソフトウェアなどを開発・販売しているである。 2007年1月9日に「アップルコンピュータ」(: Apple Computer)から改称した。 概要 [ ] に本社を置き、製品としては、の、の、の(Mac)、の、の、ソフトウェア製品としては、の、、、、、 クラウドサービスとしてはなどの開発・販売を行っている。 現在のアップル社の売上の約6割を占めるのはおよびを中心とした携帯端末事業である。 その次にが続く。 直営店のとにおいてとの販売を行っているほか、音楽、映画、テレビ番組、、、など広範囲ののダウンロード販売を提供している。 専門の音楽・映画産業向けソフトウェア製品の大手の提供元でもある。 4月1日に、、ロナルド・ウェインの3人によって、の地、カリフォルニア州でApple Computer Companyとして創業された。 1977年1月3日に法人化されて以来、長きにわたり Apple Computerと名乗っていたが、2007年1月9日()に主力事業の変化を反映させ 、現社名の Appleに改称した。 に展示される。 Apple Iはむき出しのとして販売され、使用するにはキーボードモニタを用意して組み立てる必要があった。 、大学を中退しの技術者として働いていたと、その友人で(HP)に勤務していたは、のコンピュータマニアによる「」の会合に頻繁に参加していた。 ウォズニアックは、当時HCCで高く評価されていたの代わりに、安価なを処理装置とするコンピュータの自作を開始し、3月までにの原型となるマシンを独力で完成させた。 ウォズニアック自身はマシンのをHCCで無料配布することを望んでいたが、ジョブズはその商業的可能性に興味を抱き、このコンピュータを利用してビジネスを始めるべきだと訴えた。 2人は当初、それぞれの勤務先であるHPとアタリにマシンの製品化を提案したが却下されたため、自ら起業しての製造・販売を行うことにした。 1976年4月1日、ジョブズとウォズニアックに ()を加えた3人は、共同で「 アップルコンピュータ・カンパニー(Apple Computer Company)」を創業した。 アタリでとして働いていたウェインは、株式の10パーセントを持つことを条件としてジョブズに誘われ会社に加わった(ジョブズとウォズニアックはそれぞれ45パーセントの株式を所持した)。 ウェインはアップル社の最初の製品であるApple Iのマニュアルを作成したほか 、リンゴの木とが描かれた最初期のロゴマークをデザインした。 個人以外の販路を求めたジョブズは、のコンピュータ店「バイトショップ(Byte Shop)」の経営者 ()にApple Iを売り込んだ。 強い興味を持ったテレルはすぐにApple Iを50台注文し、納品時に1台につき500ドル(合計2万5,000ドル)を現金で支払うと約束したが、テレルが注文したのはApple Iのプリント配線板ではなく、パーツがすべて装着済みの完成品だった。 手持ちの資金では必要な数の部品が購入できなかったため、ジョブズらは部品サプライヤーを説得して30日間の支払猶予つきでパーツを購入し、懸命な作業で29日後には50台のApple Iを完成させ、テレルの店に納品して約束の代金を受け取った。 Apple Iは1976年7月から666. 66ドルで市販され、最終的に約200台が製造された。 創業者の1人であったウェインは、ジョブズの野心的な経営方針に不安を抱いたため、800ドルを受け取って所有する株を放棄し、1976年4月12日にアップルを自主退社した。 法人化とApple II [ ] 1979年6月に登場した Plus。 同年10月に発売された専用「」の大ヒットは販売を大幅に増加させた。 テレルとの取引で手応えを得たジョブズは事業拡大を望み、そのために多額の資金が必要となった。 ジョブズはの創業者に会って融資を求めたが、バレンタインはアップルコンピュータへの投資に興味を持たず、代わりに自分の元部下で、個人投資家として財を成していたを紹介した。 マークラはジョブズの野心とウォズニアックの技術的才能に心を動かされ、1976年11月からアップルに加わった。 マークラは自分の個人的資産から9万2,000ドルを投資したほか、から25万ドルのを確保した。 1977年1月3日、アップルコンピュータは化され、 Apple Computer となった。 マークラはアップルの成長には経験豊富な経営者が不可欠と考え、から元同僚の ()を引き抜いて初代社長兼の座につけた。 スコットは1977年2月からアップルでの仕事を始め、社員番号を入れた社員証を発行するなど、会社をより組織的にするための施策を実行した。 他方、ウォズニアックはApple Iの改良を着々と進めており、1976年8月末の時点で後継機となる「Apple II」のプロトタイプを完成させていた。 は1977年4月16日にで発表され、小売価格1,298ドルで発売された。 Apple IIの販売は当初から好調だったが、1978年7月に発売された専用ドライブ「 ()」と、1979年10月に発売された専用の「」が大ヒットを記録し、Apple IIの販売台数は爆発的に増加した。 1980年には設置台数で10万台、1984年には設置ベースで200万台を超え、アップルに莫大な利益をもたらした。 株式公開とApple III・Lisa [ ] 1983年に発売された。 当時としては先進的な機能を装備していたが、価格の高さから商業的には失敗した。 12月12日、アップルコンピュータは新規(IPO)を行い、1956年に自動車会社が行ったIPO以来となる記録的規模の資金調達を果たした。 このIPOにより、ジョブズは約2億5,600万ドルの個人資産を手に入れた。 株式公開に先立つ1980年5月、アップルはビジネス向けに特化されたを発表し、巨大企業に商用コンピュータ市場で挑戦を仕掛けたが、4,340—7,800ドルという価格設定の高さと、ハードウェアの設計上の欠陥がわざわいし、Apple IIIは極度の販売不振に陥っていた。 他方、IBMは1981年8月にを発表して市場へ参入し、アップルとIBMの競争は激化した。 ジョブズは12月にのを見学しており 、そこで見たによって操作される先進的なに強い印象を受けた。 ジョブズは当時アップルで開発中だった次世代コンピュータ「(リサ) 」にPARCで目にしたようなGUIを実装することを決意し、設計への介入を強めたが、Lisaプロジェクトはジョブズの過剰な介入によって混迷することとなり、ジョブズはスコットら経営陣の判断で1980年9月にLisaの開発チームから外された。 1981年、ジョブズとの対立を深めたスコットは社長兼を辞任することとなり、同年7月にはアップルを去った。 1981年3月からはマークラが暫定的にとなっていたが 、ジョブズはスコットの後任としてに優れた経営者を連れてくる必要に迫られた。 1983年、ジョブズはからを引き抜いてアップルの新に就けたが、スカリーを説得する際にジョブズが用いた「 このまま一生、砂糖水を売り続ける気なのか?世界を変えるチャンスに賭けてみる気はないのか?」というフレーズはのちに有名となった。 他方、開発の遅れたLisaは1月にようやく発売された。 Apple IIIの販売不振が続き、主力製品であるApple IIも次第にIBM PCにシェアを奪われる中で、GUIやマウスなど革新的機能を備えるLisaへのアップルの期待は大きかったが、9,995ドルという極端な高価格との欠如がユーザーを遠ざける結果となり、LIsaはApple IIIと同じく商業的な失敗作に終わった。 Macintoshの発表 [ ] 1984年に発売された初代。 1980年秋にLisaの開発チームから外された後、ジョブズはが立ち上げた新型コンピュータ「(マッキントッシュ)」のプロジェクトに参画した。 Macintoshの開発は1979年9月に始まり、1,000ドル程度の安価な一般向けコンピュータというコンセプトの元で進められていたが、ジョブズはLisaに匹敵するGUIを持つ高性能なマシンへの方向転換を主張し、性能よりも価格の抑制を重視するラスキンとは激しく対立した。 最終的に、ラスキンはジョブズとの争いに敗れて1981年1月にプロジェクトのリーダーを降りることとなり、1982年3月にはアップルを去った。 Lisaプロジェクトに強い対抗心を抱いていたジョブズは、Macintoshの開発をアップル本社とは独立したプロジェクトとして推し進め、「 海軍に入るより、海賊であれ(It's better to be a pirate than to join the navy)」などと説いて開発メンバーの連帯感と反骨精神を鼓舞した。 長い開発期間を経て、Macintoshは1月24日に発売された。 2日前の1月22日には、の放送でによる有名なテレビCM『 』がオンエアされており、Macintoshには大きな注目が集まった。 アップルによって The computer for the rest of usとして打ち出されたMacintoshは 、一般向けPCとしては初めてマウス操作によるGUIを搭載しており、当初はメディアからの称賛を浴び、1984年4月末の時点で5万台を売り上げるなど販売も非常に好調だった。 しかし、2,495ドルという価格が一般向けPCとしては高額であったことと、対応ソフトの不足がわざわいし 、発売から数カ月が過ぎるとMacintoshの販売は停滞し始め、開発担当者であるジョブズとスカリーらアップル経営陣との関係も悪化した。 スカリーはジョブズをMacintosh部門から降ろすことを決定し、1985年4月には取締役会から全会一致の承認を得た。 この決定に反発したジョブズは、スカリーが中国に出張する隙に彼を解任することを画策したが、スカリーはフランス法人のトップであるから事前にジョブズの計画について知らされ、出張をキャンセルし重役会議でジョブズと対峙した。 会議では、その場に居たアップルの重役の全員がスカリーへの支持を表明し、その後取締役会もスカリーへの支持を表明したため、ジョブズは1985年5月31日に全ての業務から外され、何の実権も持たない会長職を与えられた。 ジョブズとウォズニアックの離脱 [ ] 1985年9月、ジョブズは当時所有していたAppleの株を1株だけ残して約650万株をすべて売却し、社を創立した。 それと同時にスカリー宛てに郵送で辞職願を提出し、会長職も辞任した。 の記事で、スカリーは一番後悔していることとして、ジョブズを辞任に追い込んだことを挙げている。 ウォズニアックもまた、別の事業を始めるため1985年前半にアップルを(ジョブズよりも先に)離れていた。 その際、ウォズニアックはアップルが部門を冷遇してきたことへの不満を表明し、会社が「過去5年間ずっと間違った方向に進んでいる」と述べた。 ジョブズとウォズニアックが去った1985年、アップルはMacintosh向けにと共同開発したであり、が開発したを搭載したを登場させ、コンピュータ上で描いた文字や絵を出力する際にドットの粗いを表示させることなく、きれいなで出力することを可能にした。 また、社(現・アドビシステムズ)の開発したとMacintosh、レーザーライターを組み合わせることで、という市場を創造した。 精巧な機能を備えていたMacintoshは、DTP用コンピュータとして圧倒的な人気を博し、アップルは初期のDTP市場を事実上独占することに成功した。 ジョブズに代わってMacintosh部門のトップに立ったガセーは、55パーセントの利益率という目標を意味する「55か死か fifty-five or die 」というスローガンを掲げてMacintosh製品の値上げを実行し、1980年代後半のアップルで高価格・高利益率路線を推し進めた。 高価格で販売された「」などの新型モデルは高い利益率を提供し、DTP市場での人気を背景に当初は売上高にも減少は見られなかった。 さらに、アップルは外部のソフト会社にマック用のソフト開発を説得する職種である(宣伝部)を作り、らを任命した。 Newton [ ] (左)とiPhone(右) スカリーは、Macintosh以外にAppleの柱となる製品が必要だと感じていた。 スカリーはコンピュータの未来像としてというものを描いていた。 これは、コンピュータがユーザの優秀な秘書をこなし、言葉や簡単なリモコン操作のみで自由自在に操れるというもので、この後の予定を教えてくれたり、電話を取り次いだり家にいながら会議を行ったりすることができる。 Appleは、ナレッジ・ナビゲータを仮想ではない近未来のコンピュータとして提案した。 一方、はガセーの許可を受け1987年ごろにはと呼ばれる開発のプロジェクトを開始していた。 スカリーはこのNewtonに自身のナレッジ・ナビゲータを感じ取り、開発に力を入れるようになっていった。 、スカリーは互換機(後述)およびニュートンの方向性をめぐってガセーと対立することとなる。 ガセーを辞職させたあと、スカリー自身は技術者でないにもかかわらずAppleの (最高技術責任者)に着任した。 そして、CPU にを採用し、による手書き認識などを実現したPDA、を発表した。 初代Messagepadはと共同開発され 、シャープにとってはのちののヒットへとつながることとなる。 世界初のPDAとなったMessagepadはNewton OSという独創的なOSを採用し、ペンデバイスで入力した文字をそのままテキスト文書として保存できることが特徴だった。 それ以外にもフリーハンドで書いた文字や絵を保存する作業をせずに電源を落としても、電源投入後にはそのままの文字や絵を表示させることができ、紙のメモ帳にとって変わる新しいコンピュータの方向性を示したものといえる。 しかし、ビジネスとしては失敗した。 業績低迷期とMacintosh互換機 [ ] この節はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2019年7月) ジョブズがAppleを去ったのに前後して、1985年6月25日にスカリーとハード担当責任者であったガセー宛に、のから「や、など有力メーカーにMacintoshのOSをするべきで、ゲイツ自身もその手助けを惜しまない」という内容の手紙が送られた。 ゲイツは自社でのOS開発凍結も考えていたほど本気だったようだ。 スカリーはライセンスの可能性について調査を指示したが、ガセーを筆頭にした技術陣からの猛反対を受けてこの提案は闇に葬られた。 その後、パソコン用のCPUは逐次に移行していく。 Appleの採用した系では、、、と推移していく。 モトローラのCPUは最初のMC68000から、32ビットへ容易に移行できるように設計されていた。 Appleはライセンス違反をしているとして、マイクロソフトに対してGUIに対する対価を求めて裁判を起こす。 ジョブズが復帰(後述)する頃まで裁判は長引き、その時点ではAppleに対して不利な裁定が下る事になる。 しかしその数年前、ゼロックスがAppleに対して同様の裁判を起こし、ゼロックスに対して不利な裁定が下っている事も有り、熱心なマッキントッシュ・ユーザは複雑な心境を抱いていた。 Appleはマイクロソフトのに対して市場競争を模索する。 これより68000系以外のCPUへの移行である。 その1つ系への移植プロジェクトである スタートレックが、1992年ごろにの協力を得て開始される。 しかし計画は後述のPowerPCに専念するため中断され、日の目を見ることはなかった。 1992年、スカリーはIBMと交渉し、同年AppleはIBMとモトローラと組んで新しいパーソナルコンピュータのプラットフォーム開発を発表した。 IBM PCとマッキントッシュの経緯から、この共同開発発表は西海岸と東海岸の巨頭同士の歴史的和解とも言われた。 新しいは、にチップである、として(開発コード:Pink)、アプリケーションとしてマルチメディア開発ツール「」(開発言語ScriptX)からなる予定であった。 初期のPower Macintoshとなった 技術者が休暇中に趣味で作り上げた68000系の出来がよく、またTaligentの開発は困難をきわめたため、、PowerPCとエミュレータを搭載し、従来の68000系のバイナリプログラムの動作も可能なシリーズを発表する。 それまでの上位機種であったをベースにしており、に72pin、拡張スロットバスにを採用するなど、ハードウェアの互換性も計られていた。 しかし当時の(System 7. 1や7. 2)はバグが多く、たびたびエラーやフリーズを起こし、快適さと相反する不安定さも兼ね備えていた事実は否定出来ない。 Mac OS 7. 6までにはその不安定さは解消され、その後しだいに信頼性は向上したが、Mac OS 9. 2に至るまで100パーセントのPowerPCコードで作られたとはならず、メモリ保護もない脆弱さもそのままであった。 これらの問題が完全に解消されたシステムは2001年のの登場まで待たねばならなかった。 1994年にAppleは、モトローラ、IBMなどにMacintoshのライセンスを与え、互換機ライセンスを開始する。 1995年にとが初のを発表すると、、UMAX、ラディウスなどが続々と参入した。 しかし、からの市場奪還は進まず、互換機がMacintoshのシェアを浸食するという結果となった。 1995年後半になると、マイクロソフトはを販売開始する。 は、Macintoshに似たGUIを搭載し、従来の上のではなし得なかったと管理のGUI化を果たした。 様々な面でDOSのしがらみを依然として引きずっていたWindows 95ではあるが、操作性が3. 1以前に比べて大幅に向上したことにより爆発的にヒットし、次期OSであるの開発に手間取っていたMacintoshの深刻な脅威となった。 Apple売却交渉 [ ] この節はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2019年7月) のちに公表されることとなるが、とは1988年ごろから合併交渉を行っていた。 1990年には、ほぼ合意に達していたが、AppleがIBMとモトローラとの提携を発表したことで白紙に戻ってしまった。 Newtonや政治(スカリーはの大統領選挙応援に力を入れていた)など、Macintoshに力を注いでいないスカリーの行為に、Appleの取締役会は不信の目を向けるようになった。 に業績が大幅に悪化すると、1993年6月18日、ストックオプションなど約1,000万ドル相当の退職慰労金を手にスカリーはCEOを退任し、Appleのヨーロッパ市場で功績を上げていたが新たなCEOに就任する。 1993年にスカリーの後任としてCEOに就任したスピンドラーの仕事は、Apple本社を高く売ることだったとも言われている。 1994年は低価格Macintoshのシリーズを増産してクリスマスシーズンを迎えたが、スピンドラーはこの需要予測を大きく外すこととなる。 リサーチ部門とセールス部門、さらには開発部門までもがそれぞれ大きく対立していたことと、市場ではPower Macintoshなどのハイスペックマシンの需要が高かったにもかかわらず、ロースペックで利益率の悪いPerformaの在庫が日に日に増えていき、需要の高いPower Macintoshやが品薄状態で、生産がまったくもって追いついていないと言う最悪の結果となった。 当時のAppleは内部のいざこざがあまりにも多く、悲惨な状態であった。 需要予測を外したうえに、スピンドラーの指示を誤解したセールス部門は、ただでさえ利益率の悪いPerformaを赤字でばらまいて売りさばいてしまった。 それ以外にもさまざまな要因が重なり、この四半期で赤字は8,000万ドルに達した。 そのころ(1995年)Appleはキヤノンと1株54ドル50セントでの買収交渉を行うが、キヤノンの社長が急死したことも重なり、最終的には実現することはなかった。 そしてAppleは再びIBMと交渉の場を持つが、IBMはロータス社を買収しサービスビジネスに会社を方向転換の最中で、Apple買収にはお世辞にも前向きな姿勢とは言えなかった。 そのうえ、IBMはどんな買収交渉であっても、結論を出すまでに途方もない時間をかけることが通例で、交渉に入ってもまったく音沙汰がないということが多い企業である。 どんな形であってもAppleを売り出したい取締役たちは、そのあまりにも遅いIBMの動きだけに目をとらわれてしまい、実際のIBMの過去の動向にはまったく気付いていなかった。 最終的にはIBMとの交渉は決裂してしまい、その後にはと1株36ドルで交渉を行うが、フィリップスの役員会であっさりと否決されてしまう。 1996年1月23日の株主総会で、Apple再建策としてマック互換機ライセンスビジネスの加速と人員削減による提案を行うが、株主から辛辣な言葉を浴びせられる。 総会後の取締役会でサン・マイクロシステムズのも参加し、最後の買収交渉(1988年時とは異なりAppleが吸収される立場)が行われた。 マクネリはApple1株につき23ドルを譲らず、買収交渉は頓挫。 その後の取締役会で、スピンドラーは責任を取らされる形での座を下ろされた。 マイク・マークラを筆頭とするAppleの取締役会はスピンドラーの後任として、かつて倒産寸前だったナショナルセミコンダクターを再建し、Appleのにも就任していたギル・アメリオをの座につけた。 アメリオはのちに、「当時の取締役の(アメリオを除く)全員がAppleをどこに売り渡すかということしか考えておらず、Appleを再建することはみじんも考えていなかった」と語っている。 大のMacintoshファンでもあったアメリオは、Appleを売ることしか考えていなかった取締役のほとんどに失望を覚え、Apple再建の道標となるべく一歩を踏み出した。 OS開発の失敗・NeXT買収 [ ] 「」も参照 Macintoshのは、1984年の出荷以降、System 7まで大幅に強化改良されたものの、基本的な部分はほとんど進化していなかった。 Pink OSの反省からやり直された新OSが1994年に発表された「Copland」で、System 7. x系と互換性を持たせつつ、革新的なGUI、暫定的なマルチタスク機能と暫定的に改良されたメモリ管理機能を提供し、メモリ4MBのMac Plusでも動作するほどコンパクトというふれこみであったが、その開発は難航し、公開の延期を繰り返した。 1996年、新たにアップルの(CTO)となったは、Coplandが完成する見込みがないと判断を下し、開発の中止を命じた。 なかでもBeOSこそ本命と噂されていた。 1996年中ごろには、Beとアップルの買収交渉が本格的に始まった。 ガセーは1億ドルを要求したが、アップルは5,000万ドルと見積もっていた。 アメリオはこのBeOSに高い関心を寄せていたが、BeOSは未完成でAPIが整備されておらず、BeOSを買収したとしてもとして出荷できるようになるまでには数億ドルの投資と、数年にもわたる歳月が必要だと見積もられていた。 なかなかBeOSの売り込みが進まないBe社は、Mac互換機メーカーだったパワーコンピューティングにBeOS開発版である「BeOS PreviewRelease」をライセンスするなど、挑発的とも取れる行為をするようになった。 1996年の11月ごろ、アップルが次期OSを外部に求めているという話を知ったNeXTのエンジニアは、スティーブ・ジョブズに打診。 公表されてはいなかったが、NeXTはハードウェアから撤退し創業以来初の黒字となっていたものの経営状態は良好とはいえず、ジョブズはこの話を受けてアップルとアメリオに対してとを売り込んだ。 ジョブズは12月上旬に、1985年以来初めてアップル社内に入り、アメリオら首脳陣と話し合った。 12月10日にはBeOSとOPENSTEPの比較プレゼンテーションがあったが、勝利を確信していたガセーがほとんど事前準備をしていなかったのに対し、周到に準備をしたジョブズがカリスマ的なプレゼンテーションを展開し、ガセーは敗れ去った。 12月20日にアップルがNeXTを4億ドルで買収することを発表し、次期OSの基盤技術としてOPENSTEPを採用すると発表した。 ジョブズの復帰 [ ] 20周年記念Macintosh 1997年2月に正式にNeXT買収が成立し、アメリオの要請もありジョブズはAppleに非常勤顧問という形で復帰した(同時に、NeXTのセールス担当副社長、技術担当副社長が重役としてAppleに加わる )。 このとき、アメリオからプレゼントされた(Spartacus)を窓から投げ捨てたという噂がまことしやかに囁かれた(ちなみにウォズにもこの記念すべきMacintoshがプレゼントされた)。 Appleに復帰したジョブズは、同年6月には一度はAppleの先行きを悲観し株式を手放したが、経営混乱の責任を取るよう取締役を巻き込み、アメリオを追い込む。 同年7月9日にアメリオが辞任させられた あとは、執行副社長兼のが短期間を暫定的に経営を行い 、その間にジョブズは復権していった。 アメリオの辞任にともない、取締役会はジョブズに就任を要請したが、Pixar CEOとして多忙であることを理由に彼はこれを拒否して「責任がそれほど大きくない一時的なことであれば構わない」と言い、1997年9月には暫定CEOに就任した。 一方、アメリオによるリストラ は、このころようやく成果を上げ始めていた。 膨れ上がった研究開発費や一般管理費は大鉈をふるわれ、経費4億ドルと従業員4,100人が削減されていた。 複雑になっていたMacのラインナップもPerformaを止めるなどで整理されつつあった。 低迷を続けていたNewton事業を別会社に分離し、Apple本体はMacintoshに集中できるようになった。 暫定CEOになった時点での赤字は10億4,000万ドルで、大胆な業務縮小やリストラなどを強行しなければ、一時はあと90日で倒産という間際であった。 1997年7月にリリースされた「」は久々の大ヒットとなり、Macユーザーの間に広く受け入れられた。 Coplandプロジェクトやその次のGershwinのコンセプトさえも遥かにしのぐNeXTのOS技術を手に入れたことで、Mac OSの漸進的改良を進めるという開発方針が順調に進み、にはMac OS 8. 1をはさんでMac OS 8. 5、にはMac OS 8. 6、Mac OS 9と、メジャーアップデートとマイナーアップデートが交互に半年ごとにリリースされた。 ジョブズは、その思惑通りに事を進めていくなかで、士気を上げるため従業員のの引き下げを取締役会に提案した。 しかし、取締役会がこれを否定すると、ジョブズは取締役全員に辞任を迫った。 結局、マイク・マークラを含む取締役陣は、そのほとんどが辞任することとなる。 代わりに、の、インテュイットのビル・キャンベルらを取締役に迎え入れ、取締役会はほぼジョブズ寄りのメンバーに再構成された。 前後し、CFOのフレッド・D・アンダーソンを除いて、1997年中にCEOやCTO以外にも、閉鎖やイメージング部門などの事業整理とともに、多数の幹部がAppleから離職した。 COO兼セールス担当EVPのマルコ・ランディ、COOのジョージ・スカリス、マーケティング担当SVPのサジーブ・チャヒル、マーケティング担当SVPのゲリーノ・デ・ルーカ、ソフトウェア担当SVPの、デベロッパーリレーションズ担当VPハイディー・ローゼン、セールス担当SVPのジョン・フロイサンド、Power Macintosh担当SVPフレッド・フォーサイス、チーフエヴァンジャリスト/アップルフェローの、ATG担当VPの、ATG解散後のテクノロジーグループで短期間のVPだったリチャード・ルファーブル、研究開発担当VP兼チーフサイエンティストのなど ジョブズは同年8月、と特許のクロスライセンスおよび業務提携を結んだ (アメリオがビル・ゲイツと長らく交渉してきた中で頓挫した内容であった)。 Appleはに代わりを標準ウェブブラウザとしてバンドルすることと引き換えに、マイクロソフトはをMacintosh用により一層最適化させ、さらにMacintosh版とウィンドウズ版を同時リリースするということである。 さらにマイクロソフトはAppleに対し1億5,000万ドルの出資(議決権のない株式を発行)を行った。 そしてボストンで行われた1997年のでは、ジョブズの基調講演の最中にゲイツがスクリーン中に登場し、それらの提携を発表することとなる。 歴史的和解とも取れるこのコンピュータ業界の大物同士の両者の演出は、発表された提携内容よりも話題性の方が大きく報道され、関心の深い者にはよくも悪くも波紋を呼ぶ結果となった。 かねてから開発が進んでいたPowerPCの新たな製品としては、低価格ながら従来のハイエンドチップを上回る性能を持つPowerPC G3を発表。 モトローラとIBM、Appleの共同開発で進められたこの次世代チップは、新たなMacに搭載され、として発売される。 またG3の発表と並行して「赤字の元凶で共食い競争でしかない」とされたMacintosh互換機メーカへのライセンスを順次停止していくことも決定した。 そのうちの1社であるパワーコンピューティング社を買収し 、Apple自身がオンライン直販を行うことを決める。 これがのちにApple Online Storeとして展開していくこととなる。 1997年11月には、分離されたNewton事業をAppleに戻す形で清算した。 この"Think different. "では各界の偉人・著名人をCMに起用し、Apple自身のイメージ転換戦略が計られた。 1998年、を発表。 複雑な曲線を多用した斬新なデザインは従来のPowerBookと一線を画すものであり、ジョブズの製品に対する美意識が現れた初めての製品としてMacユーザーの関心を呼んだ。 同時期にAppleのソフトウェア部門の別子会社であったクラリスをファイルメーカー社と改名し、の開発・販売に専念させ、に代表されるその他のアプリケーションの開発・販売権をAppleに戻す決定もなされる。 iMac [ ] ボディーカラーに独自に名付けたボンダイブルーを採用した初代 ジョブズは1998年5月に、Worldwide Developers Conferenceでを発表する。 このはポリカーボネイト素材をベースに半透明(トランスルーセント)筐体を採用した製品であった。 このデザインの視覚的な訴求力と、ボンダイブルーなる青緑のカラーリングにマスコミはこぞって賞賛を送ることになる(デザイン界では意見は二分されたが、日本ではを受賞した(1998年) )。 さらに、ベージュや白だったコンピュータ業界を否定するようにデザインを採用することで、ジョブズはこのにも似合うが開発されることを見越しており、各社はこぞって新製品や現行品の改訂版として同様の半透明素材を採用した製品を発表した。 Appleはのちにこのの改訂を行い、5色になったは"Candy"と名付けられ、色名も"ブルーベリー"、"タンジェリン"、"ストロベリー"、"グレープ"、"ライム"の名称が与えられる。 その後もカラーテーマを替えて人目を惹き、それに付随するようにiMac DVではスロットローディングタイプのドライブを採用したり、Power Macintoshにしか与えられていなかったポートを採用したりすることでヒットを続け、iMacはAppleに久しぶりの大きな売り上げをもたらした。 の特徴はそれだけでなく、初代Macintoshから続くコンパクトマックの特徴であった"取っ手"を復活させ、発表時にはiMacの画面に"hello(again)"と表示させていた ことも、Appleの原点回帰を印象づける結果となった(初代Macintoshの発表時、その画面に"hello"と表示されていたことをふまえている)。 2017年6月6日、 にて、史上最高性能を誇り、コントローラとして Apple T2チップを搭載した新アーキテクチャ の iMac Proを発表。 同年12月に発売開始。 詳細は「」を参照 Mac OS X Server 1. 0の名 がサードパーティーに受け入れられないと判断すると、で用意されているのうち、使用頻度の高い命令を抽出し、いくつかの新機能を加えたAPI をRhapsodyに統合した新、 への移行が宣言される。 Rhapsodyは暫定的にとしてリリースされ、PCIバスを持つPower Macintoshで動作した。 2000年9月13日には、の初の公開版であるMac OS X Public Betaを発表、日本国内では3,500円で提供された。 新たにを採用し、Mac OS X Server 1. 0ともともまったく異なる新しい外観を持っていた。 2001年3月24日、初の公式リリースである(Cheetah)が発売される。 G3以降のMacを動作対象にしており、OPENSTEPで評価が高かった開発環境(Interface Builder・Project Builder)が標準で付属していた。 Aquaは「Macらしさ」を重視して大きく改良されていたが、Mac OS 9にあった機能が多く省かれており、動作が非常に遅いという欠点があった。 時を同じくしてAppleは、Macintoshを核にさまざまなデジタル機器を連携させる「Digital Hub」という構想を打ち出した。 2001年9月25日、(Puma )を公式リリース、Mac OS X v10. 0の登場からわずか7か月での発売だった。 0からの無償アップグレードサービスが行われる。 動作速度の問題が改善されたほか、10. 0に欠けていたさまざまな機能が追加され、実用的に使える初めてのバージョンとなった。 マイクロソフト、アドビなどから少しずつ対応ソフトがリリースされ始め、先進的ユーザから受け入れられる。 2002年8月24日、 Jaguarがリリース。 動作速度がより向上し、細かい部分の使い勝手に多くの改良が施された。 事実上、このバージョンが現在に続くMac OS Xの完成型と言える。 このバージョンからMac OS Xのみが起動する(Mac OS 9をサポートしない)Macが販売された。 2003年10月24日、が発売された。 iPodの売れ行きの好調さ、デジタルカメラやデジタルビデオカメラ、無線LAN環境の普及により、パソコンの「Digital Hub」化の流れが定着した。 Mac OS Xでも大手への入稿受け入れが整ったため、遅れていた、分野への導入が徐々に進み始める。 またライセンス使用料の追加がないクライアント無制限のMac OS X Server搭載の1Uサーバ導入とディスクレス機能が評価され、 、に大量導入された。 2005年4月29日、発売。 システム内部が大きく進化した。 セキュリティ機能が充実し、 、にNetBoot端末としてが大量導入された。 単体リリースはないが、このバージョンより、Mac OS XをIntel対応化した。 2007年10月26日にがリリース。 300以上にも及ぶ新機能が搭載された。 iPhoneのソフトウェア開発を優先させるため当初の予定から発売が延期された。 2009年8月28日、が発売され、のみをサポートした初のバージョンとなった。 Finder・QuickTimeが全面的に作り直されるなどシステム全般にわたるブラッシュアップが行われるメジャーアップデートながら、シングルユーザライセンスは米国で29ドル、日本では3,300円と低価格で提供されている。 2010年10月21日、発表。 Mac OS X v10. 5 Leopard以来の大幅な機能とインターフェイスの刷新となる。 2011年2月24日には、公式サイトにさらなる新機能の説明が追加された。 LaunchPadやAirdropなどを含む250を越える新機能を追加し、CPU( Duo以降)のみをサポートする。 7月20日にMac App Storeでダウンロード販売を開始した。 8月17日には、版も発売された。 2012年2月16日、発表。 メッセージやリマインダー、をはじめとする100を越える新機能を追加。 このリリースより、製品名から "Mac" が外され、単に "OS X" と呼ばれるようになった。 2013年6月10日、発表。 このバージョンから無償提供になり、マップやなど200以上の機能が追加。 このバージョンから実在の地名が使用される。 2014年6月2日、発表。 iOS 8やiCloudとの緊密な連携を実現させている。 2015年6月9日、発表。 UIにSplit View、グラフィックシステムにiOS同様の高速化を図るMetalを導入した他、やフォントの充実など日本語環境を強化している。 2016年6月13日、発表。 このバージョンから、iOS、tvOS、watchOSに合わせた "macOS" という名称に変更された。 MacでもSiriが利用可能になったほか、Apple Watchを使用したMacのロック解除、 ストレージの最適化機能などを導入した。 2017年6月5日、発表。 や、High Efficiency Image File Formatなどを導入。 2018年6月4日、発表。 ダークモードの追加や、の大幅なリニューアルなどを導入した。 2019年6月3日、発表。 同時に発表されたとの連携や、から搭載されたスクリーンタイムの追加、の廃止などを導入した。 iPod [ ] 初代。 大容量のハードディスクドライブを搭載することにより、ディスクを入れ替えることなく多くの音楽を蓄積することができるようになった。 2001年、それまで主流だった型とは一線を画す、大容量型携帯音楽プレイヤー『iPod』を発売。 当初は価格の高さにより売れ行きを疑問視する声が少なくなかったが、直感的な高い操作性と、管理ソフトとの抜群の連携機能もあり、徐々に売上を伸ばす。 当初はMac版しかなかったiPodであるが、のちにWindows版のiPodも発売される。 その後、Windows用・Mac用といった区分けはされなくなり、Windows向けiTunesが提供されたころからヒット商品となる。 そして廉価版ともいえるを登場させたことで、爆発的にヒットする。 さらに2003年には、サイトのiTunes Music Store(現在の)を開始。 には、iPodをヒューレット・パッカードにライセンスするなど、携帯音楽市場で、米国を中心に独占的な地位を確保するに至り、既存の音楽産業の構造を根本から変え、やといった音楽CDショップが破産、米国の街中から姿を消した。 でも、のを圧倒し、2003年以降一貫してデジタルのシェア1位となる。 iPod miniの後継モデルとして、また「シャッフル再生」というコンセプトをメインに据えることにより、低価格化とより一層の小型化を実現したフラッシュメモリ型のも発売され、人気を博した。 iTunes Music Storeは日本においては、2005年8月4日より開始された。 登録楽曲数100万曲、1曲150円か200円という低価格で始まり、開始よりわずか4日で100万曲ダウンロードを達成する。 ポッドキャストと呼ばれる新しいデジタル配信媒体を構想し、テレビよりも技術革新が進まないラジオのデジタル化に革新をもたらすことが期待されている。 現在Apple社においてもっとも収益を上げている部門であり、Macにもそのが及びはじめている。 iPodが登場した当初は、現状のような大成功を収めると思っている関係者が多かったわけではない。 初期には価格の高さ、利用にはパソコンが必須となるコンセプトが理解されなかったことにより、懐疑的な意見が多くあった。 しかし2001年前後にAppleが提唱していたコンセプト「デジタルハブ」(多くのデジタル機器の中心にパソコンを据えるというコンセプト)構想が時宜を得て、iPodは携帯型音楽プレイヤーの代名詞となった。 iPhone [ ] 2010年1月28日、Appleは新製品を発表し、タブレットPC分野に進出した。 製品発表会において、スティーブジョブズはとの間となるものと位置づけていると語った。 まではと同じオペレーティングシステムを採用しており、多くのソフトウェアはと互換性がある。 マルチタッチスクリーンを採用している。 また、米国内で発売される当端末にはが搭載され、を開設し電子書籍分野にも進出することを発表した。 2012年10月24日の製品発表会で手のひらサイズに小型化したを発表。 同時に、iBooksとiBooks Authorのバージョンアップを発表し、教育現場における活用をアピールした。 6月3日の 2019で、とともに、の新たなである、が発表された。 ジョブズ退任と死去 [ ] 2011年1月18日、ジョブズが病気を理由に休職することが発表された。 日常業務は前回(2009年前半)同様ティム・クック(最高執行責任者)に任せるが、にはとどまり、大きな戦略的決定には関与するとしている。 2011年8月24日、取締役会に辞表を提出してCEOを辞任。 取締役会の承認を受けて会長職へつく。 ジョブズが会長就任後、CEOは当時COOのティム・クックが後を継いだ。 ジョブズがCEOを退任する8月には、Appleは時価総額でを抜き、世界最大の企業となっていた。 2011年10月5日、スティーブ・ジョブズ死去。 56歳没。 同日同社の公式サイトでは、すべての言語のTOPページにジョブズのモノクロ写真が掲載され追悼を行った。 法人向けビジネスの拡充と異業種提携 [ ] 2015年以降、アップルは法人向けのサービスや異業種との提携を相次いで発表。 一般消費者向けと法人向けの両市場で拡大を図る米Googleや米Microsoftへの対抗を意識し、法人向けビジネスのシェア拡大を推進している。 2015年には米ビジネスコンサルティング大手との法人向け販売の強化 、2016年にはドイツの大手ソフトウェア企業と組んで法人向けへの参入やの業務への活用 、米通信機器大手の製品と連携可能にする など、法人市場におけるシェア拡大に取り組んでいる。 環境への取組みと太陽光発電事業 [ ] アップルは、2004年から同社の使命として環境のページを運用してきたが 、2014年に環境への取り組み担当VPとしてリサ・ジャクソンを採用し 、環境に対する取組みを加速させ、100パーセントを目指しの利用(参加 )とリサイクルを促進している。 米国内では、ノースカロライナ州、オレゴン州、ネバダ州、アリゾナ州 、カリフォルニア州 で、大規模ななど再生可能エネルギー事業へ投資している。 また、中国での太陽光発電事業を支援・促進し 、デンマークに建設中のデータセンターは再生可能エネルギーだけを利用する。 Apple Park [ ] 2011年にCEOの元で進められていた新本社Apple Campus 2(当時)、2017年2月に同年4月より6か月をかけて移転が行われること、名称はと発表した。 2018年2月16日に本社所在地住所もApple Parkへ変更された。 データセンター [ ] Appleは、、を利用する とともに、中国ではGuizhou Cloud Big Data Industrial Developmentのデータセンターを利用し 、自社データセンターも運用している。 Appleの自社データセンターは米国内では、Maiden 、Newark 、Prinevill 、 Reno 、Mesa にあり、Waukeeに2020年から稼働予定で建設中 のほか、米国外ではViborgで建設中であり、Aabenraaでの計画は2019年6月に 、アイルランドAthenryでの計画 は2018年5月にキャンセルしている。 コンテンツデリバリネットワーク [ ] Appleはとして、1999年から やLevel 3を中心に利用していたが、2014年から自社CDNの運用を開始、併用している。 歴代CEO [ ] 氏名 在任期間 初代 マイケル・スコット - 2代 1981年 - 3代 1983年 - 4代 1993年 - 5代 1996年 - 6代 1997年 - (暫定) 2000年 - 7代 2011年 - 製品・事業 [ ] 「beats by dr. dre」ブランドの製品はを参照 ハードウェア [ ]• Series 3• Series 5• Apple TV 4K• アクセサリ• Magic Keyboard• EarPods• Smart Battery Case• ソフトウェア・サービス [ ]• iBooks Author• Move to iOS(Androidアプリ)• (パーソナルコンピュータ)• (タブレット)• (スマートウォッチ)• (セットトップボックス)• サービス• 過去の製品 [ ]• ハードウェア• デスクトップ• - - - -• - - - - -• - - - - - - -• - - -• - - -• - - -• ラップトップ(ノートブック型)• - PowerMacintoshをベースとし、CD-ROMドライブのみを搭載したマルチメディア端末。 白い筐体のPiPPiN ATMARK、グレーの筐体のPiPPiN WORLDがあった• サーバー• Xserve - - -• MessagePad - MessagePad 100 - MessagePad 110 - MessagePad 120 - MessagePad 130 - - MessagePad 2000 - MessagePad 2100• - - - -• - - - - - - - - - - - - - -• - Series 1 - Series 2• モニター• - -• プリンター• LaserWriter - -• その他周辺機器• - 100, 150, 200 - - - - - -• ソフトウェア• QuickTime Pro• QuickTime Streaming Server• QuickTime Broadcaster• - の高度なが可能な映像編集ソフト。 - 世界初の• - プロフェッショナル向け DVD オーサリング環境• - プロフェッショナル向けサウンドトラック編集環境• - カラーコレクションツール• - プロフェッショナル向けデジタルアセット管理環境• オペレーティングシステム• プログラミング言語• 社名とロゴマーク [ ] 2003年以来使われている現行ロゴ 社名 [ ] 1976年4月1日の創業時の社名は「アップルコンピュータ・カンパニー(Apple Computer Company)」であった。 「アップルコンピュータ」という社名の由来については諸説が存在しているが 、ジョブズ本人の弁によれば、この名前は当時を実践していた自分がリンゴ園から帰ってきた直後に思いついたものであり、言葉の響きとして「楽しげで、元気がよく、威圧的でない」と考えて採用したのだという。 一方のウォズニアックは、この社名はジョブズが提案してきたもので真意は不明だとしたうえで、「彼は音楽を好んだので、(のレコード会社)から思いついたのかもしれない」と述べている。 ロゴ [ ] アップルにとって最初のは創業者の1人である ()がデザインしたもので、リンゴの木に寄りかかって本を読んでいるを描いていた。 しかしこれでは堅苦しいと考えたは、レジス・マッケンナ社のアートディレクターに新しいのデザインを依頼する。 最初はモノクロだったが、ジョブズがApple IIのカラー出力を印象づけるためカラー化を指示し、6色の横縞が追加された。 横縞のないモノクロのロゴも、マニュアル、製品包装などの白黒の印刷物に引き続き使用された。 、での旗手として有名なは、Appleとのにより6色AppleのMacintoshロゴマークをモチーフにした作品「APPLE」を発表。 晩年の代表作である。 1997年にジョブズが暫定CEOとしてAppleに復帰すると、黒のボディに白抜きの大きなAppleロゴを大胆にあしらったPowerBook G3を発表。 続いて1998年に発表されたiMacでは、従来のApple製品に長らく採用されていた6色に塗りわけられたロゴは外装には使われず、立体的にデザインされた単色ロゴを採用し、新生Appleを人々に強く印象づけた。 1999年以降は、6色ロゴはまったく使われなくなり、単色のロゴが使用されている。 その後、に公開されたでは、端末内にあるの壁紙の中に、上記の6色ロゴと同じ配色の斜め線が施された壁紙が7種類用意されている。 CM [ ] コンピュータ企業には多い傾向だが、特にいわゆるに対して挑戦的なCMを製作する。 がパソコン業界に参入したときは「Welcome! W95』(「congratulations Windows 95」を8. 3形式で無理矢理表現したもの)と皮肉った祝辞を送り、発熱量の多いチップが高温で燃えるようなCMも作っていた。 そんなAppleのCMで、とりわけ話題になったものがある。 それは、のスーパーボウルの試合中に放送された。 タイトルは、その名の通り「 」。 内容は、「1984年1月24日、Apple ComputerはMacintoshを発表いたします。 そして我々は、今年1984年が『』に描かれているような年にならないということをお目にかけましょう…」というものであった。 このCMは、映画「」や「」、「」などを手がけた監督・作によるもので、なる独裁者をに見立てており、闇を支配するを打ち砕くという内容だった。 センセーショーナルなこのCMは、数々の賞を総なめにした。 このCMは、スーパーボウルで1度だけ放映されたものだが、実際には、その話題性から放映後、ニュースなどで繰り返し流されることになり、結果的にAppleはCM料を払わずに宣伝していたことになる。 なお、のちに期間限定で蘇っており、同CM中では独裁者を打ち砕く女性がを身につけている。 2006年より、およびで、"I'm a Mac", "I'm a PC" の台詞から始まると呼ばれるCMを放映していた。 それには、カジュアルな服装のMac役のと背広にネクタイのPC役のとの2人のショートコント仕立てで、とのを行っていたもので60編以上ある。 ほかの国では、基本的に米国版(フランス・ドイツ・イタリアでは各言語に吹き替えられている)を流していたが、とでは別制作のCMを放映した。 日本ではコンセプトを継承しつつ、お笑い芸人(Macが、PCが)を起用したものとなり、内容は基本的に米国版を踏襲している。 このCMは米国版のうちの十数編のみのローカライズであるが、いずれもPCのに対する脅威(Macではウイルスがないような表現をしている)、マルチメディアへの弱みを皮肉る内容である。 Apple Store [ ] 詳細は「」を参照 アップルによって運営されている直営の販売店および技術サポート拠点。 2018年8月現在、世界24か国に500店舗以上がある。 日本には9店舗が出店されている。 2016年、Appleは各店舗の名称から"Store"表記を削除し、単に"Apple"とした。 サポート [ ] ・を例として挙げた場合、基本的にでの修理受付は行っていない (一部の直営店舗を除く )。 その代わり、アップル製品の正規サポートについて、直営店舗内にある修理受付の「Genius Bar」、Appleリペアセンターへの送付、アップルと契約している「Apple正規サービスプロバイダ」で行っている。 「Apple正規サービスプロバイダ」については、修理を担当するスタッフが認定資格 を取得していること、アップルが要求する店舗が用意できるなどの基準を満たしており、アップルの保証を使って修理することができる。 料金については、運営する事業者により異なっている。 また、製造終了から5年以上7年未満の製品を「ビンテージ製品」とし、一部の国を除いてサポートを終了。 7年以上の製品を「オブソリート製品」として、すべての技術サポートを終了している。 Apple Japan合同会社 [ ] Apple Japan合同会社 Apple Japan, Inc. 本社所在地 〒106-6140 6丁目10番1号 設立 事業内容 Apple Inc. の、ソフトウェア、周辺機器製品などの日本への輸入 代表者 秋間亮 (業務責任者 ) 従業員数 4000名 外部リンク 特記事項:有限会社アップルジャパンホールディングスとして設立。 2011年に合同会社へ組織変更。 2011年10月30日にアップルジャパン株式会社を吸収合併。 Apple Japan(: Apple Japan, Inc. )は、アップルの日本法人である。 2011年に、アップルジャパンホールディングスから改称した。 当初の日本法人は、1983年6月21日に アップルコンピュータジャパンとして設立され、その後1992年に アップルコンピュータ株式会社に、さらに2007年3月1日に アップルジャパン株式会社へと商号変更された。 2011年10月30日に、アップルジャパン株式会社はApple Japan合同会社を存続会社として吸収合併されて消滅し 、現行の体制となった。 設立当初は、ビル本館に入居していた。 1992年2月から1996年10月までの所在地は東京都。 同年11月以降2013年4月まではに本社を置く。 2013年5月7日以降、六本木ヒルズ森タワーに本社を置いている。 日本での開発拠点として、2015年度に・の内に「テクニカル・デベロップメント・センター(TDC)」を設置し 、さらに2016年12月には横浜市の内に、本格的な研究開発施設となる「 Apple YTC(横浜テクノロジーセンター)」 が完成している。 日本法人設立前のApple II 時代は代理店は数社あり、にあるESDラボラトリが最大手で、などが日本語マニュアルなどを作成して販売していた。 日本語版Apple II であるj-plusを投入する際に、Apple本社は両社を切り、を総代理店とした。 数年後、東レからアップルコンピュータジャパン設立委員会に移管し、日本法人が設立されるまで、の子会社であるキヤノン販売(現・)がほぼ総代理店を務めていた。 日本法人設立後も、キヤノン販売(ゼロワンショップ)でのMacintosh独占販売はしばらく続いたが、一般消費者向け量販シリーズであるPerfomaシリーズ発売の1993年ごろに大手に販路を拡大、Macintoshの販売はこちらが主体となり、キヤノン販売は2002年ごろまでにApple製品を含む一般向けコンピュータ販売事業(ゼロワンショップ)から撤退した。 1999年12月7日、AppleはiMacやiBookの販売価格を小売店に指示したというの違反容疑でから立ち入り調査 を受け、2000年10月3日には独占禁止法違反の疑いで警告 を受けている。 歴代社長 [ ]• 1983. 6 - 1985 福島正也• 1985 - 1989 ロバート・コーリー• 1989. 3 - 1994. 7 武内重親• 1994. 7 - 1995. 7 三田聖二• 1995. 7 - 1997. 4 ジョン・フロイサンド (代表取締役会長)• 1996. 6 - 1997. 4 志賀徹也• 1997. 4 - 2004. 2004年10月より以下の2人が就任• 2004. 10 - 2006. 7 マーケティング担当(米Vice President兼任)• 2004. 10 - 2009. 9 セールス担当(米Vice President兼任)前職はの取締役であった。 2009. 10 - 2010. 2 ジェニファー・ベーリー (現Vice President of Apple Pay)• 2010. 3 - 2014. 5 ダグラス・ベック(現Vice President, North America and Northeast Asia Sales )• 2014. 5 - 2018. 9 ダニエル・ディチーコ 元BMG Japanの代表取締役社長、コーチジャパンCEO• 2018. 10 - 秋間亮 取扱店 [ ] Apple Shop Apple Japanは、これまで米国法人直営のApple Storeが展開してきた全ラインアップの展示・販売方法のスタイルを継承した店舗を、家電量販店の有楽町店本館5階にオープンさせた。 今後も家電量販店内への出店を進める予定。 この場合、Apple Shopとして 店頭販売スペースのレイアウトや、商品知識など、直接のガイドラインの指導が行われ、Apple Expertまたは販売店のApple Product Professionalが専任スタッフとして常駐している。 Apple Value Added Reseller Appleと、システム構築を含めたApple製品のソリューション販売を行う契約を結んでいる正規代理店。 法人・公共機関向けの導入はが担当する。 また教育機関向けには、日本ではプログラムが展開されている。 Apple Consultant Network Apple Consultants Networkは、を取得しているが在籍するITソリューションやITコンサルタントの法人がメンバーの枠組み。 騒動・不祥事 [ ] アップル対アップル訴訟 [ ] 詳細は「」を参照 が所有したと「Apple」の名称およびロゴの使用をめぐって裁判で争ったことがあり、Apple Computerが音楽事業を行わないことで和解していたが、iPodやiTunesの登場によって契約違反として再度訴訟問題となった。 この問題は2007年に、Apple Inc. がに5億ドルを支払って「Apple」に関連する商標権を保有し、がライセンスを得て使用することで最終的に和解した。 電子書籍の価格操作で独禁法違反 [ ] 2013年7月に米連邦地裁は、Appleがの価格をつり上げるために出版大手5社と共謀したと認定、独禁法違反であると判決を下した。 大手出版社やAppleと交わしている電子書籍のエージェンシーモデル価格契約を違法であるとが2012年5月に告発した裁判で、アップルに有罪判決が下った。 本裁判を担当したマンハッタン連邦地裁のデニス・コート判事の判決文によると、「2009 - 2010年当時の状況に絞って考えると、の独占に対抗するために、アップルや大手出版社が価格を引き上げようとした動機は理解できるが、その行為自体は法的に正当化されるものではない」と判決理由を明らかにしている。 2014年4月に、アップルが電子書籍の分野で、大手出版社5社と価格を結んでいたとして33州・領土の検事総長らが提起した訴訟について、米連邦裁判所のデニス・コート判事は、アップル側の訴訟の取り下げ請求を棄却した。 今回の判断により、検事総長らは損害賠償請求を進められることになった。 コート判事は7月、アップルが電子書籍の価格をつり上げるため、2009年 - 2010年に出版社と共謀し、公正な競争が阻害されたとの判断を下した。 アップルは州当局が損害賠償を請求する法的根拠はないと主張。 判事はこうしたアップルの主張を退けた。 スイス連邦鉄道の時計デザイン盗用問題(和解) [ ] アップルのモバイル端末向けのiOS 6に搭載される時計ウィジェットアプリが、の時計のデザインを盗用しているとして 、がアップルを相手に法的措置に踏み切った。 アップルはに対し、ライセンス料として2,000万スイスフラン(約16億7,000万円)を支払うことで和解した。 島野製作所との訴訟(アップル勝訴) [ ] アップルの日本における会社のひとつであるが、にアップルから増産を指示され、これを受ける形で設備投資を行ったものの、直後に取引を急減させられたうえ、納入価格を半額にするよう要求され、さらに約1,459万ドルのリベートも支払うよう求められた。 同社はこれらについて、不当取引であるとしてに100億円のを求め提訴。 この訴訟に関連して、「両社間の紛争はアメリカの裁判所で解決する」と両社が合意していたことの有効性についての中間判決が2016年2月15日に同地裁で言い渡され、「合意が成立する法的条件を満たしておらず無効」として、日本国内で審理することが決まった。 2016年3月18日、アップルを訴えていた島野製作所が請求を棄却され敗訴した。 その後、島野製作所は控訴した が、島野製作所の特許は無効との判断が示され 、棄却された。 子会社の源泉徴収漏れ [ ] 米アップルの子会社であるiTunes株式会社が、からの漏れを指摘され、約120億円を課税されていたことが、に判明した。 音楽・映像の配信事業において、のグループ企業に資金移転し、での利益の一部について、源泉を納める必要のある「配信事業でのソフトウェア使用料」に相当すると判断された。 アップルに違反の疑いがあるとして、2016年10月から公正取引委員会による調査が行われたことにより、この契約が明るみに出た。 この契約によりアップルは、本来、キャリア3社が毎月の通信料の引き下げに充てるはずの資金を、iPhoneの割り引きに充てるように義務づけていた。 独占禁止法は、取引相手のビジネスを不当に縛る行為を禁じており、公正取引委員会は、「iPhoneアグリーメント」が壁になり、キャリア3社が月々の通信料が安いプランを消費者に提供できない状態が続いたことが問題だと指摘した。 これらの問題を受けて、アップルがキャリア3社との契約を改定するとの申し出をしたことにより、公正取引委員会による調査は終了した。 補足 [ ] iPhoneを取り扱う店舗には、「数か月ごとに訪れる締め日までに一定台数のiPhoneを販売できなければiPhoneを取り扱えなくなる」というような、iPhoneの販売ノルマが課されているケースがある。 このノルマが、アップルとキャリアとの間で結ばれている「iPhoneアグリーメント」が理由なのか、キャリアと代理店の間で独自に設けられたものなのかは定かではないものの、販売現場がiPhoneの販売台数を追いかけなければならない状況にある。 また、販売ノルマとは別に、iPhoneの取り扱いに際していくつかのルールが設けられており、その中でも特に販売店を苦労させているのが展示方法である。 具体的には、最新のiPhoneとAndroidスマートフォンを横に並べ、性能や機能を比べるといった展示がNGであるというような、「iPhoneは他メーカーの製品と並べてはいけない」という決まりがある。 ほかには、掲示できるポスターや展示の装飾、プライスカードまでも専用のものを使うようにいわれており、これらの決まりを守れないと、販売ノルマとは別に、その店舗でのiPhoneの取り扱いを停止されてしまう。 iPhoneの地図アプリにおける竹島表記問題 [ ] 2018年8月29日、iPhoneのマップでの 表記を、日本語設定以外ではすべて 表記に一本化されていることが明らかになった。 現在、iPhoneの言語設定で「日本語」を選んだ場合は 竹島と表記されるが、「English」など日本語以外の設定ではすべて 独島と表記され、 竹島は完全に削除される形となった。 アメリカ国家安全保障局への協力 [ ]• テレルはそれでも約束の代金を支払い、ジョブズらはその代金を使って期限内にパーツ代の支払いを完了した。 社員番号1は、ウォズニアックに与えられたが、ジョブズはこれをスコットに抗議する。 しかし、社員番号1を与えればジョブズの放漫が増すと考えたスコットはこれを拒んだ。 ジョブズは結局、社員番号0(振込先の銀行が0番に対応していなかったので実務上は2)を手に入れることで妥協した。 ちなみにマークラが3番、スコットが7番の社員番号であった(スコットは5番目の社員であったが、社員の増加を見込んで好きな数字を選んだ)• Apple II発売に際してApple Iを回収、無償交換キャンペーンでバージョンアップ対応したため現存するApple Iは少ない。 1985年の生産終了時点でApple IIIの合計販売台数は約6万5000台に過ぎなかった。 この見学はIPO前にアップル株をに売却することの交換条件としてアップル側が要求したものだった。 Lisaの名前は、ジョブズが当時交際していた女性との非嫡出子の名前からとったとされているが、ジョブズ本人はその娘の名前からとったことは認めていない。 Macintoshという名称は、ラスキンが好んだリンゴの品種McIntosh(マッキントッシュ)に由来する。 ()は北米ではポピュラーな小型のの品種である(和名は「旭」)。 Macintoshの発売後、マークラはジョブズに干される形でAppleを去ったラスキンに対し、敬意を表する形でMacintoshを送ったが、ラスキンがどういった感情を抱いたかは不明である。 この精神のシンボルとして、Macintoshプロジェクトが行われていたビルの屋上にはのが掲げられた。 Apple IIとの互換性はまったくなく、当然対応するサード・パーティのソフトもほとんどなかった。 現在でもDTP用途ではMacintoshが多用されているのは、この2つの製品による革命とPostScriptの採用 、高価ではあったが処理にも耐えうる製の採用に起因していると言える。 このため、アップルの日本法人(現在のApple Japan合同会社)は21年3ヶ月ぶりにが本社となっている。 完成以前には「 綱島テクニカル・デベロップメント・センター(綱島TDC)」とも呼ばれていた。 ちなみに、現在のGoogleマップでは、英語版は 竹島の表記を採用している。 出典 [ ]• Apple Inc. 2019年11月1日. 2019年11月1日閲覧。 fical year 2019の時点で、Apple Inc. の売上構成比としては以下のとおり。 iPhone : 54. サービス部門:17. Mac Macintosh : 9. Wearable, Home and Accesoories : 9. iPad : 8. 2007『21世紀の国富論』• 2007年1月10日. 2007年9月25日閲覧。 2012年8月21日. 2012年8月21日閲覧。 2018年8月3日. 2018年8月13日閲覧。 www. thefourbook. com. 2019年2月28日閲覧。 2018年12月27日閲覧。 2018年12月27日閲覧。 2018年12月27日閲覧。 Rivas, Teresa. www. barrons. com. 2019年2月22日閲覧。 Ritholtz, Barry 2017年10月31日. bloomberg. com. 2019年2月22日閲覧。 O'Grady, Jason D. 2009. Apple Inc.. ABC-CLIO. Linzmayer, Owen W. 2004. Apple Confidential 2. 0: The Definitive History of the World's Most Colorful Company. No Starch Press. 2-4• , pp. 4-5. , pp. 60—62. 5—6. , pp. 50—52. 2019年6月30日閲覧。 5-6. Swaine, Michael 2014. Fire in the Valley: The Birth and Death of the Personal Computer. Pragmatic Bookshelf. 337• , pp. 337—338. BBC News. 2007年11月15日. 2019年7月1日閲覧。 13—15. , p. , p. Dormehl, Luke 2012. The Apple Revolution: Steve Jobs, the Counterculture and How the Crazy Ones Took over the World. Random House. 137• ブレント・シュレンダー、リック・テッツェリ『スティーブ・ジョブズ 無謀な男が真のリーダーになるまで(上)』訳、、2016年9月23日。 104• , p. , pp. 434. , p. 180. Isaacson, Walter 2015. Steve Jobs. Simon and Schuster. 110• 15—16. , pp. 122—123. , p. 109—112. , pp. 122—126. 8-9. 122-126. , pp. 10—12. , pp. 130—132. Maney, Kevin 2004年1月28日. 2019年7月18日閲覧。 , 1984 , 2019年2月24日閲覧。 442-443. Hayes, Thomas C. 1984年4月24日. The New York Times. 2019年7月18日閲覧。 , pp. 134—144. Hertzfeld, Andy 2005. Revolution in The Valley: The Insanely Great Story of How the Mac Was Made. O'Reilly Media. 195• 140—152. , p. 143. , pp. 10—11. Weber, Thomas E. 2010年6月6日. The Daily Beast. 2018年9月4日閲覧。 Rice, Valerie 1985年4月15日. : p. 2017年11月6日閲覧。 Officially Woz. 2018年1月3日. 2018年10月2日閲覧。 www. otsuka-shokai. 2019年2月24日閲覧。 359—363. , p. 295. , pp. 79—80. www. itmedia. 2019年2月7日閲覧。 PC Watch 1996年12月21日. 2012年5月9日閲覧。 watch. impress. 2019年5月2日閲覧。 Los Angeles Times. 1997年7月10日. watch. impress. 2019年5月2日閲覧。 web. archive. org 1999年1月17日. 2019年5月2日閲覧。 web. archive. org 1999年4月29日. 2019年5月2日閲覧。 PC Watch 1997年3月14日• ITmedia 2007年02月16日• MacWorld Boston 1996 1996年8月8日• www. macobserver. com. 2020年1月21日閲覧。 CNET 1997年2月19日• CNET 1997年5月20日• CNET 1997年9月17日• PC Watch 1997年8月7日. 2012年8月30日閲覧。 2018年8月13日閲覧。 ASCII. 日本語. ASCII. 2018年8月13日閲覧。 watch. impress. 2018年8月13日閲覧。 PC Watch 1997年9月3日. 2012年8月30日閲覧。 GOOD DESIGN AWARD• book. mynavi. 2018年8月13日閲覧。 book. mynavi. 2018年8月13日閲覧。 日本語. Forbes JAPAN(フォーブス ジャパン). 2018年1月4日. 2018年8月13日閲覧。 Apple. Inc. 2012年3月3日閲覧。 Enterprise Watch 2005年10月21日. 2007年9月25日閲覧。 Apple. Inc. 2007年9月25日閲覧。 Sorrel, Charlie 2008年6月6日. Wired. 2019年2月7日閲覧。 アップル 2012年10月24日. 2012年10月24日閲覧。 Wayback Machine 2004年12月6日• ITmedia 2014年08月18日• 日経テクノロジー 2016年9月23日• アップル• 日経テクノロジー 2016年9月23日• 日経テクノロジー 2015年2月14日• Wired 2013年03月27日• ITmedia 2013年03月27日• ITmedia 2015年02月13日• 日経テクノロジー 2015年4月21日• ロイター 2015年10月22日• Wired 2015年2月25日• 『』 2017年2月28日• ギズモード・ジャパン ギズモード. 2018年2月19日. 2018年3月23日閲覧。 「」『ZDNet Japan』、2018年2月27日。 2018年4月5日閲覧。 日本語. Apple Support. 2018年10月21日閲覧。 2018年10月21日閲覧。 Baxtel. baxtel. com. 2019年9月24日閲覧。 Baxtel. baxtel. com. 2019年9月24日閲覧。 Baxtel. baxtel. com. 2019年9月24日閲覧。 Reno Gazette Journal. 2019年9月24日閲覧。 Baxtel. baxtel. com. 2019年9月24日閲覧。 Apple Newsroom. 2019年9月24日閲覧。 Baxtel. baxtel. com. 2019年9月24日閲覧。 www. datacenterdynamics. com. 2019年9月24日閲覧。 Apple. 2018年4月5日閲覧。 BBC News. 2018年5月10日. 2018年10月21日閲覧。 blogs. akamai. com. 2018年4月5日閲覧。 「」『』。 2018年4月5日閲覧。 2007『21世紀の国富論』• 2007年1月10日. 2007年9月25日閲覧。 , p. CBC News. 2011年10月20日. 2019年6月30日閲覧. "Jobs told Isaacson that he tried various diets, including one of fruits and vegetables. On the naming of Apple, he said he was "on one of my fruitarian diets. " He said he had just come back from an apple farm, and thought the name sounded "fun, spirited and not intimidating. , p. アップル 2004年1月20日. 2007年9月25日閲覧。 Apple. Inc. 2007年9月25日閲覧。 Apple. Inc. 2007年9月25日閲覧。 - ITmedia 2016年3月24日• - engadget 2016年6月1日• - Apple(日本)• 日本語. Apple Support. 2018年8月28日閲覧。 - 日経トレンディ 2015年3月17日• - Apple サポート• 2011年(平成23年)6月20日『』第5579号31ページ「組織変更公告」• 2011年(平成23年)8月18日『官報』第5621号31ページ「合併公告」• PC Watch 1996年10月4日. 2012年5月9日閲覧。 (日本経済新聞 2014年12月9日 〈〉)• (日経不動産マーケット情報 2015年1月19日)• (神奈川新聞:カナロコ 2014年12月27日 〈〉)• (Macお宝鑑定団Blog[羅針盤] 2016年2月27日)• - マイナビニュース 2015年3月25日• - ASAhIパソコン Online - 2015年12月19日• (ヨコハマ経済新聞 2016年10月14日)• (横浜日吉新聞 2017年1月20日)• (横浜日吉新聞 2017年2月15日)• (iPhone Mania 2017年7月3日)• PC Watch 1999-15-07. 2007年9月25日閲覧。 ITmedia News 2000年10月3日. 2007年9月25日閲覧。 『林檎の樹の下で』斎藤由多加• ITmedia アンタープライズ. 2008年7月27日閲覧。 Apple Japan Press Info. 2011年3月30日時点のよりアーカイブ。 2012年3月10日閲覧。 Apple Japan Press Info. 2011年3月30日時点のよりアーカイブ。 2012年3月10日閲覧。 Apple Japan Press Info. 2011年3月30日時点のよりアーカイブ。 2012年3月10日閲覧。 PC Watch 1997年4月11日. 2012年8月28日閲覧。 2010年1月26日閲覧。 Apple(日本). 2020年5月25日閲覧。 ウォルター・アイザックソン、2011、『スティーブ・ジョブズ』下、 講談社 212. 産経新聞 2016年2月16日• - 日本経済新聞• - 産経ニュース• Yahoo! ニュース 個人. 2019年2月28日閲覧。 2019年2月28日閲覧。 毎日新聞 2016年9月16日• 2018年7月12日. 2018年7月14日閲覧。 2018年7月11日. 2018年7月14日閲覧。 2018年7月11日. 2018年7月14日閲覧。 2018年9月3日. 2018年9月14日閲覧。 2018年8月29日. 2018年9月14日閲覧。 New's vision. 2018年9月4日. 2018年9月14日閲覧。 参考文献 [ ]• オーウェン・W・リンツメイヤー、林 信行『アップル・コンフィデンシャル2. 5J(上)・(下)』武舎 広幸・武舎 るみ、アスペクト、2006年。 ブレント・シュレンダー, リック・テッツェリ『』井口 耕二訳、、2016年。 上 , 下。 関連項目 [ ]• (TBWAワールドワイドの日本法人)• 外部リンク [ ]• (英語)• (日本語)• - チャンネル (英語)• - チャンネル (日本語)• apple - (英語) ビジネスデータ• com• 100• 101• 銘柄入替日時点でのウェイト順• 緑字は2020年5月12日入替銘柄• 27 ()• 28 ()• 32 ()• 34 ()• 35 ()• 41 ()• 44 ()• 47 ()• 51 ()• 52 ()• 55 ()• 60 ()• 61 ()• 62 ()• 63 ()• 64 ()• 66 ()• 67 ()• 69 ()• 70 ()• 71 ()• 72 ()• 73 ()• 74 ()• 80 ()• 82 ()• 84 ()• 85 ()• 86 ()• 87 ()• 88 ()• 89 ()• 93 ()• 100• 101 ()• 102• 103• 銘柄入替日時点でのウェイト順• 緑字は2020年6月22日入替銘柄• 中国鉄道建築総公司• 太平洋建設集団• 100. 出典:,• 100. 万科企業.

次の

「アップルマンゴー」と「マンゴー」の違いを徹底解説!

アップル 特徴

Apple Footer• iPhone 7、iPhone 7 Plus、iPhone 8、iPhone 8 Plus、iPhone X、iPhone XS、iPhone XS Max、iPhone X R、iPhone SE、iPhone 11 Pro、iPhone 11 Pro Max、iPhone 11は防沫性能、耐水性能、防塵性能を備えており、実験室の管理された条件下でテストされています。 iPhone 11 ProとiPhone 11 Pro MaxはIEC規格60529にもとづくIP68等級に適合しています(最大水深4メートルで最大30分間)。 iPhone XS、iPhone XS Max、iPhone 11はIEC規格60529にもとづくIP68等級に適合しています(最大水深2メートルで最大30分間)。 iPhone 7、iPhone 7 Plus、iPhone 8、iPhone 8 Plus、iPhone X、iPhone X R、iPhone SEはIEC規格60529にもとづくIP67等級に適合しています(最大水深1メートルで最大30分間)。 防沫性能、耐水性能、防塵性能は永続的に維持されるものではなく、通常の使用によって耐性が低下する可能性があります。 iPhoneが濡れている場合は充電しないでください。 クリーニングと乾燥の方法についてはユーザガイドをご覧ください。 液体による損傷は保証の対象になりま せん。 FaceTime通話には、FaceTimeが搭載されたデバイス(発信者と受信者の両方)とWi-Fi接続が必要です。 携帯電話ネットワークで利用できるかどうかは通信事業者のポリシーによって異なります。 携帯電話データ通信料がかかる場合があります。 iPhone X以降では、サイドボタンをトリプルクリックしてアクセシビリティ機能のオンとオフを切り換えられます。 メディカルIDとSOSはiPhone 8以降で利用できます。 緊急SOS機能は一部の地域では利用できません。 下取り額は異なる場合があり、下取りに出すデバイスの状態とモデルにもとづきます。 下取り額は新しいiPhoneの購入が条件となり、制限が適用される場合があります。 20歳以上の方のみが対象です。 本プログラムは一部の店舗ではご利用いただけない場合があります。 一部のデバイスは下取りの対象ではありません。 AppleまたはAppleの下取りプログラムのパートナーは、理由を問わず、下取りの取引を拒否または制限する権利を有します。 店頭での下取りの場合、有効な身分証明書の提示が必要です。 お手持ちのデバイスの下取り額を新しいApple製デバイスの購入に使える場合があります。 AppleまたはAppleの下取りプログラムのパートナーにより、その他の条件が適用される場合があります。 詳細についてはをご覧ください。 製品によっては一部の機能を利用できない場合があります。 国や地域によっては一部の機能を利用できない場合があります。。 iPhoneの商標は、のライセンスにもとづき使用されています。

次の

Apple II

アップル 特徴

詳しくはコチラの記事にまとめてあります。 ぜひご覧になってみて下さいね! 彼らの簡単な生い立ちから、 人気曲までを紹介しています! 上の記事を見てもらえれば、 ミセスグリーンアップルについての理解が深まりますよ! では、理解が深まったところで、 ミセスグリーンアップルの特徴をご紹介していきましょう。 曲を少し聞いただけで、 「あ、ミセスの曲だ!」 と分かりますからね! それ位キャッチーなメロディなんです! この曲なんて非常に分かりやすいですね~。 Mrs. それに、世界観も素晴らしいですね~。 メロディもそうなんですが、 歌詞が良いので聞きやすいんです。 初めてミセスを聞く人でも、 抵抗なく聞ける事でしょう。 非常にオススメです。 特に馴染みやすい歌詞と言えば、 この曲ではないでしょうか? Mrs. これはミセスにしか表現できない世界ですね~。 非常にオススメな曲でもあります。 本物のミュージシャンに顔は関係ありません。 大事なのは音楽ですからね。 しかし、ビジュアルもある程度は必要です。 めちゃくちゃカッコいい歌を歌っているのに、 顔がブサイクだと萎えますからね 笑 その点、ミセスは完璧なんです。 メンバー全員ビジュアル面が良いですからね! やっぱりビジュアルが良いと、 売れるのも早くなります。 それに、音楽もちょっと良く聞こえますしね 笑 メンバー全員のビジュアルが良いのも、 彼らの一つの特徴と言えるでしょう。 彼らは非常に若いですね~。 2018年現在で全員が20代、 ボーカルの大森さんに至っては21歳です(2018年7月現在) めちゃくちゃ若いですよね? 若くしてここまで売れているバンドは少ないでしょう。 いえ、居ないと言っても過言ではないかも知れません。 若いって素晴らしいですからね~。 彼らの才能が遺憾なく発揮されて欲しいものです。 そして、若いからこそ、 若さの感性で曲を作っているのでしょう。 どれも時代の最先端をいく音楽ばかりで、 非常に素晴らしいものが多いです。 彼らの独自性のある音楽は、 若さからくるものなのかも知れませんね。 大森さんは若いのに凄いですね~。 ミセスの殆どの楽曲は、 大森さんが作詞作曲を担当しています。 彼がバンドの中心的存在と言えるでしょう。 ミセスのフロントマンでもありますしね! そして、ミセス以外でも活躍しているんです! 大森さんは女性アイドルグループである 私立恵比寿中学に楽曲を提供したりもしています。 ミセス以外でもその才能を披露してくれているんですね! 今後はソロでの活躍もあるかも知れません。 なんせまだ20代ですからね! 夢や希望が広がりますよ! 更なる活躍に期待しましょう! スポンサーリンク まとめ いかがでしたでしょうか? 以上がMrs. GREEN APPLEの特徴になります。 とにかく彼らは若いですね~。 今売れているバンドで一番若いのではないでしょうか? その感性を活かして、 これからも頑張って欲しいですね! 益々目が離せないバンドです! コチラの記事もオススメ!.

次の