ご確認のほどよろしくお願いいたします。 「ご確認の程」の使い方!正しい敬語をメール/返信/添付等の例文で解説

「ご理解のほどよろしくお願いいたします」の正しい意味や使い方!英語表現もあわせて解説

ご確認のほどよろしくお願いいたします

目上の人に使う時は? 目上の人に使うときは、「ご査収のほど」をできるだけ丁寧な言葉と組み合わせましょう。 相手にお願いしていることを念頭に置いて書くと良いです。 「ご査収のほど」の丁寧な例 「お手数をお掛けいたしますが、ご査収のほどよろしくお願い申し上げます。 」 「何卒ご査収のほどよろしくお願いいたします。 」 「ご査収のほど」の形を少し変えた例 「ご査収賜りますようよろしくお願い申し上げます。 」 「ご査収頂けますと幸いです。 」 目上の人以外に使うときは? 「ご査収のほど」を目上の人以外に使うときは、多少簡潔な表現でも問題ないでしょう。 しかし、相手には自分が送ったものを確認してもらう手間を掛けていることを忘れないようにしましょう。 「ご査収のほどお願いします。 」 「よろしくご査収ください。 」 「ご査収のほど」と「ご査収の上」の違いは何? 「ご査収のほど」は、「送ったものの中身を相手によく確認してもらいたい時に使う言葉」と説明しました。 逆に言えば、「ご査収のほど」は「相手には送ったものの受け取りと確認だけをお願いし、こちらからそれ以上のお願いをしない」場合に使います。 例えば、以下のような場合に使えます。 ・レポートの最終版を送るとき 「レポートの修正が完了いたしましたので送付いたします。 ご査収のほどよろしくお願いいたします。 」 ・参考資料を送るとき 「ご依頼の参考資料を送付いたしますので、ご査収のほどよろしくお願いいたします。 」 修正作業が完了している書類や参考資料は、相手が受け取って内容を確認するだけで済むことが多いので、「ご査収のほど」を使うのが適切です。 「ご査収の上」はどのように使うの? 「ご査収の上」は、何かを送付し、相手に内容を確認してもらった上でさらに何かをしてもらいたいときに使う言葉です。 「ご査収の上」の後に、お願いしたいことを続けて具体的に書きます。 例えば、以下のような場合に使います。 ・契約書へのサインをお願いするとき 「契約書をご査収の上、ご署名いただきますようよろしくお願い申し上げます。 」 ・レポートの下書きを送り、修正点を教えてほしいとき 「レポートをご査収の上、修正すべき点がございましたらご教示いただきますようよろしくお願いいたします。 」 ・見積書を送るとき 「見積書をご査収の上、ご検討のほどよろしくお願い申し上げます。 」 ・請求書を送るとき 「請求書をお送りいたしますので、ご査収の上、お取り計らいのほどよろしくお願いいたします。 」(ストレートに「お支払いください」と言うのは失礼にあたるため、「お取り計らいのほど」という遠回しな表現を使っています) 「ご査収のほど」と似ている言葉は? 「ご査収のほど」と似た言葉の「ご査収の上」について紹介してきましたが、他にもよく似た言葉があります。 「ご査収のほど」と似ている言葉は2つあり、「ご確認のほど」と「ご検収のほど」という言葉です。 「ご確認のほど」と「ご検収のほど」は、意味も使い方も「ご査収のほど」と少し違います。 ここでは、それぞれの違いを説明します。 「ご確認のほど」 「ご確認のほど」は、添付書類がないとき、つまり相手が受け取る(査収の「収」)ものがないときに使います。 書類のやりとりを伴わず、メール本文のみで完結する場合に使うことが多いです。 いくつか「ご確認のほど」の例を挙げますので、参考にしてください。 恐れ入りますが、ご確認のほどよろしくお願いいたします。 ご確認のほど、よろしくお願い申し上げます。 」 「ご検収のほど」 「ご検収のほど」は品物を納品するときに使う言葉で、「納品するものが注文どおりかどうか確認してください」という意味です。 商品の発注者は、商品が納品されたときに必ず個数やスペックを確認してから受け取ります。 その確認作業を依頼する言葉が「ご検収のほど」です。 「ご検収のほど」は、実際に物のやりとりを行う場合にのみ使われるという点で「ご査収のほど」とは異なります。 また、「ご検収のほど」は基本的に顧客に対して使う言葉です。 「ご検収のほど」は、使う相手も場面も限られていることに注意しましょう。 「ご検収のほど」の例文を紹介します。 「ご査収のほど」の例文 「ご査収のほど」の説明の中で既にいくつか例文を紹介しましたが、ここでは色々な場面を想定した例文を紹介します。 例文を参考にして、「ご査収のほど」を実際のビジネスシーンで場面に合わせて適切に使ってみましょう。 「よろしくお願い致します」と組み合わせる場合 「ご査収のほど」と最もよく組み合わせて使う表現は「よろしくお願いいたします」です。 この組み合わせは、目上の人に対しても、それ以外の人に対しても使える万能な表現です。 ・取引先から依頼されたデータを送るとき 「ご依頼のデータをエクセル形式で作成いたしました。 添付ご査収のほどよろしくお願いいたします。 」 「よろしくお願い申し上げます」と組み合わせる場合 「ご査収のほど」と「よろしくお願い申し上げます」の組み合わせは相手に丁寧な印象を与える表現で、特に社外の人に対して使うことが多いです。 「何卒」などの表現をプラスして、丁寧の度合いを高めることもあります。 ・取引先に、商品の仕様書を送るとき 「商品の仕様書を添付いたしますので、ご査収のほどよろしくお願い申し上げます。 」 ・取引先からカタログの送付依頼があり、郵送するとき 「弊社の製品カタログを同封いたしますので、何卒ご査収のほどよろしくお願い申し上げます。 」 ・取引先に、プレゼンテーション資料を送るとき 「来週のお打ち合わせにて使用するプレゼンテーション資料をあらかじめ送付いたします。 添付ご査収のほど、よろしくお願い申し上げます。 」 「よろしくお願いします」と組み合わせる場合 「ご査収のほど」と「よろしくお願いします」の組み合わせは、少しカジュアルな印象があります。 社外の人に対して使うのはあまりおすすめできません。 「ご査収のほどよろしくお願いします」は、社内でもあまりかしこまる必要のない相手に対して使いましょう。 ・採用面接の社内面接官にマニュアルを送るとき 「新卒採用面接のマニュアルを送付しますので、ご査収のほどよろしくお願いします。 」 ・他の部署から資料の送付依頼があり、メールで送るとき 「先日依頼いただいた資料を送付いたします。 添付ご査収のほどよろしくお願いします。 」 「ご査収のほど」にはどのように返信するの? これまで、「ご査収のほど」の意味や使い方を紹介してきました。 では、やりとりの相手から「ご査収のほどよろしくお願いいたします」という一文が来た場合、どのように返信すればよいでしょうか。 「ご査収のほど」への返信で大切なのは、「感謝の気持ちを述べること」「確認したことを伝えること」「必要に応じてさらにアクションを取ること」です。 送ってもらったことへの感謝を伝えよう 「ご査収のほど」とメールや手紙にかかれていた場合、必ず何かが添付してあります。 まずは、相手が送ってくれたことに対して感謝の気持ちをきちんと伝えることが重要です。 相手が自分に対して送る手間をかけてくれたことを、心に留めておきましょう。 例えば、以下のような表現を使うと良いでしょう。 お手数をお掛けし恐縮でございます。 」 内容を確認したことを伝えよう 感謝の気持ちを述べた後は、送られてきたものの内容を確認したことを伝えましょう。 相手は、送ったものをあなたが見たかどうか気にかけているはずですので、返信では必ず送られてきたものについて触れましょう。 メールや郵便で何かを送ると、添付ファイルがきちんと届かないトラブルや担当者に手渡されないというトラブルが起きることがあります。 返信で一言でも「確認した」ことを書いておくと、相手は安心します。 表現については、以下の例文を参考にしてください。 」 必要に応じてさらなるリアクションを 「ご査収のほど」と「ご査収の上」の違いを説明するで、「ご査収のほど」を使った場合は基本的に受取人は内容を確認すればよいと説明しました。 しかし、送られてきたものを確認した後、さらにアクションを起こす必要がある場合も存在します。 「ご査収のほど」に返信するときは、必要に応じて次のアクションについて書きましょう。 もし何をすべきか明確で無い場合、相手に次のアクションを確認するのも一つの手です。 ここで、いくつか例を挙げます。 恐れ入りますが、ご修正いただくことは可能でしょうか。 」 ・署名前の契約書が送られてきたとき 「契約書をご送付いただき誠にありがとうございました。 契約書の内容について異存ございません。 先に弊社でサインをしても差し支えございませんでしょうか。 」 「ご査収のほど」を効果的に使おう.

次の

人には聞けないビジネスマナー!「何卒」の意味と正しい使用方法

ご確認のほどよろしくお願いいたします

仕事などでお客様や目上の方にメールなどの文章でやり取りをする時に、 「ご確認お願いします」と書くことは日常的によくありますね。 しかし、この「ご確認お願いします」言い方は、ほんとうに正しいのでしょうか。 お客様や目上の方が相手になると丁寧な言葉や尊敬語・謙譲語を正しく使わなければいけません。 使い方を間違えるとすぐに二重敬語になったり、おかしな日本語になったりします。 気づかない間に、失礼な言い方になってしまう場合も多くあるのです。 では、ビジネスの場などににおいての「確認をしてほしい」といった言葉の扱い方、 「ご確認」の後にはどのような言葉が続けばいいのか、「確認」の謙譲語などにつてい見ていきたいと思います。 スポンサードリンク Contents• 敬語とは? 日本語には 丁寧語、 尊敬語、 謙譲語 といった使い方があります。 どれも丁寧な言い方なので、ごちゃ混ぜになってしまう場合があります が、 使い方を間違えるとおかしな日本語になってしまいます。 まずは基本を簡単におさらいしてみましょう。 丁寧語 は、 「です」・「ます 」といった丁寧な言い方 尊敬語 は、 主語は相手で、相手を敬う言い方 謙譲語は、 主語は自分で、自分を下げることで相手を立てたいときの言い方 ですね。 これらを踏まえて、「ご確認」を使う文について見ていきたいと思います。 二重敬語とは? あと二重敬語も簡単にみていきます。 二重敬語とは、 一つの語について 同じ種類の敬語を二重に使ったことばをいいます。 「二重敬語」は、一般に適切ではない使い方だとされています。 例をだすと 「お読みになられる」 といったような使い方です。 ただ、同じ種類の敬語を二重に使ったものの中でも 言葉によっては、すでに 習慣として定着しているものもあります。 例としては、 「お召し上がりになる」 「お見えになる」 といったような言葉です。 このようなことばも二重敬語なのですが、 慣習化して間違いとまではいえなくなっているという日本語です。 といったように二重敬語は、 尊敬するといった飾りをとったもともとの状態が もともと ひとつのことばであるのに 飾りが過分についている状態だといったことですね。 といったことで、 「ご案内させていただきます。 」のように、 飾りをとると 「案内させて」+「もらう」の二語からなっているような 場合は、二重敬語ではありません。 この「ご確認」といったことばは、 「ご」と「確認」を合わせることで丁寧な形にしています。 日本語の中には 頭に「お(ご)」をつけるだけで丁寧語になる単語が多くあります。 「ご確認」、「ご要望」など形のないものから、 「お箸」、「お茶碗」など 具体的な名詞に 「お」をつけるだけで丁寧に感じられる言葉もあります。 では、 「ご確認」の後にはどのような言い回しをしたらいいのでしょうか。 相手に何かを確認して欲しい時には 「確認」を「お願い」することになります。 その際に 「ご確認願います」と記入してしまう方がいますが、 これは敬語としては間違いです。 「願います」は「願う」という単語を丁寧にしただけで尊敬の意味のないことばです。 この場合は相手にしてもらうのですから、敬語表現に変えて「お願いします」とした方が適切です。 そして、「お願いします」を1つの単語として認識している方もいますが、 これは「願う」という動詞の形を変えたもの です。 これを変えることで丁寧な言い方に変えることができるのです。 「お願い」には相手への敬意が含まれています。 ですので直属上司など身近な相手であれば、目上の人に対しても使用できる敬語表現となります。 もっと柔らかい印象を与えるなら、助詞を加えて、「ご確認をお願いします」とした方が相手にとってもすんなり受け止めることができます。 また、さらに相手を敬う謙譲語の形に変えると「ご確認をお願いいたします」となります。 この方が目上の方への言い方 として適しています。 これを「確認」ではなく、 違う単語で使うとすれば、 「ご協力のほど」、 「ご支援のほど」 という単語に使うことができます。 そして後には前述の 「お願いいたします」や「お願い申し上げます」をつけて使います。 これは 何か条件や前提を踏まえることを示して います。 例えば、書類で説明に目を通してから押印する時に、 「上記をご確認の上、押印をお願いいたします」 と記入し ます。 この時、注意するのは「~して下さい」と間違えないようにすることです。 あまり多くの飾りの言葉をつけるより、 スムーズに仕事をしなければいけないビジネスの場ではこの言い方でもいいかもしれませんが、 お客様や目上の方への言い回しとしては丁寧さに欠けるかもしれません。 ま と め 日本語には丁寧語、尊敬語、謙譲語があります。 社会人になるとビジネスマナーとしてそれらの言葉をきちんと使ってお 客様や取引先、 上司と連絡のやり取りをしなければいけません。 どうしても丁寧な言葉にしようとすると、ゴテゴテとし た言葉になってしまいがちです。 特に「ご確認をお願いいたします」という言葉はビジネスの場において、よく使われる言葉です。 そのため、細かいところの使い分けや正しい使い方を覚えておくと便利ですね。 投稿者 投稿日: カテゴリー.

次の

「ご確認のほど」の意味とは?敬語での使い方やメールの例文を紹介

ご確認のほどよろしくお願いいたします

ご査収の程よろしくお願いいたしますの意味 「ご査収の程よろしくお願いいたします」の意味は (金銭・物品・書類などを)「よく調べて受け取ってください」という依頼の丁寧な表現です。 「査収」の「査」は「検査」の「査」であり、「よく調べて確認すること」。 「収」は「収める」という意味なので 「査収」は「確認してから受け取る」という意味の単語です。 これに、敬語を作る接頭辞「御(ご)」と、 断定的な言い方を避けて、表現をソフトにする「の程」という言葉が合わさり、 「ご査収の程」となります。 さらに依頼の表現である「よろしくお願いいたします」から成り立つ言葉です。 書類に使う場合が多い 書類としては、各種の見積書、契約書、請求書、領収書、検収書やそのほかの重要度の高い書類・文書に用いることが一般です。 これらの重要な書類をメールや郵送・ファイルで送信し、 よく確認して受け取ってほしい場合に定型文として用いる表現です。 仕事の場面では各種の書類や物品、時には金品などをやり取りする機会がありますね。 『ご査収の程よろしくお願いいたします。 』の使い方 使う場面 『ご査収の程よろしくお願いいたします』を使う場面は ・書類の提出・送付 ・物品の受け渡し ・金品の受け渡し など、仕事において 重要なものをやり取りする場面です。 相手が取引先や上司など、目上の人に対して使う敬語表現です。 適していない場面 一方、例えばちょっとしたお土産や贈り物など「内容をそこまで厳密に確かめる必要がないもの」を贈る時には適していません。 このようなものは「お受け取りください」など、気軽に受け取ってもらえる表現で大丈夫です。 また、上司が部下に「この書類を確認しておくように」と渡す場合にも「査収しておくように」とは言いません。 『ご査収の程よろしくお願いいたします。 』の類語・言い換え 「ご査収の程よろしくお願いいたします」の類語や言い換え表現の一覧はこちら。 (申し上げます)。 (申し上げます)。 (申し上げます)。 (申し上げます)。 似てはいますが微妙にニュアンスや使い方が異なりますので、使い分けをしましょう。 ご査収いただきますようお願いいたします。 (申し上げます) 「ご査収の程よろしくお願いいたします」の言い換え表現として 「ご査収いただきますようお願いいたします」 「ご査収いただきますよう お願い申し上げます」 は、ほぼ同じように使うことができます。 「の程」の部分を「いただきますよう」に言い換えたもので 「いただく」は「もらう」の謙譲語です。 「(ご査収の)程」と漢字で短く締めるとやや冷たい印象を与えてしまうことがあり、 「ご査収いただきますようお願いいたします。 」 「ご査収くださいますようお願い申し上げます。 」 とする方が、温かみがある印象を与えられます。 さらに丁寧にした表現が「よろしく」を入れた ご査収いただきますよう、よろしくお願いいたします。 ご査収くださいますよう、よろしくお願いいたします。 ご査収いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。 ご査収くださいますよう、よろしくお願い申し上げます。 「いたします」を「申し上げます」にすることで、相手との上下関係が明確になり、 「こちらが下、先方が上」というニュアンスが強くなります。 「いたします」ではなく 「申し上げます」 にした方がより丁寧で好ましい、とする事業所や上司も いわゆる 『ローカルマナー』的に存在する場合があります。 細かい点に関しては、現場に即して使用しましょう。 ご査収いただけますと幸いです ご査収いただけますと幸いです、という表現も丁寧な依頼の表現になります。 相手への配慮も感じられ、へりくだりすぎる感じもなく使いやすい言葉です。 ご査収くださいますよう 「いただきますよう」を「くださる」に変えて 「 ご査収くださいますよう、よろしくお願いいたします。 」 「ご査収くださいますよう、よろしくお願い申し上げます。 」 にすると、やはり 相手が上、こちらが下、という関係が強調されます。 最も丁寧な表現ではある反面、 長い・丁寧すぎる印象もあります。 ソフトさ、相手への尊敬の念を表現したい場合には適切な表現ですので、 対外的なやり取りでは使っても構いませんが 社内でのやり取りには丁寧すぎることもあるかもしれません。 「そこまでしなくても」と思うケースでは 「ご査収の程よろしくお願いいたします。 」 や 「ご査収ください」 でよいでしょう。 逆に、自分よりも明らかに立場が上の相手に送る際には 「ご査収くださいますよう、よろしくお願い申し上げます。 」 でも構いません。 ご査収ください メールの文末を「ご査収ください。 」とすると「スタイリッシュ」な印象のある一方、丁寧さが足りない印象を与える場合も。 敬語としては正しい表現であり、 社内での上司や、他の部門の人とのやり取りにも使うことはできますが、 送る相手、取引先や顧客など相手によっては 他の表現にした方がより丁寧になり、誤解がないかもしれません。 また、基本的には漢字で「下さい」ではなく、ひらがなで「ください」とします。 ご査収くださいませ 一方、「ご査収くださいませ」は語尾を「ませ」にしたものです。 丁寧の助動詞「ます」の命令形である「ませ」を使うことで 「ご査収ください」よりもやわらかい表現となります。 「~してください ませ」という言い方は本来 女性が用いる言葉です。 「~してあそばせ=~しなさい」 「~ござんせ=~しなさい」 というように、語尾が「~せ」になる言い方は 女性が使う命令表現です。 男性で「~してくださいませ」という言い方をしている方は、先輩からそのように指導された、など特別な理由がなければ他の表現に改めた方が無難でしょう。 また、女性が使う場合も「 女性を前面に押し出してくるようでいやだ」と感じられる場合もあります。 企業風土に合わせて使うのが無難といえます。 ご査収願います 「ご査収願います」も同義語です。 「お願いします」よりもやや簡素な表現ですので、社内のやり取り、あるいはそこまで上下関係を意識しなくてもよい仕事の場面では使っても構わない表現です。 「ご査収の程よろしくお願いいたします。 」と類語の例文での使い分け 「ご査収の程よろしくお願いいたします。 」と類語をご紹介しました。 実際に場面に分けて具体的な例文での使い方を見てみましょう。 お手数ですがご査収の程よろしくお願いいたします。 ご査収の程よろしくお願いいたします。 ・本日契約書類を郵送いたしました。 どうかご査収くださいますようお願い申し上げます。 ・お申込みに関する資料を添付のファイルにまとめて送付いたします。 ご査収いただきますようお願い申し上げます。 ・お問い合わせいただいた資料を送付させていただきます。 ご査収くださいますようよろしくお願いいたします。 ご査収の程よろしくお願いいたします。 ご査収の程よろしくお願いいたします。 ご 査収 いただけますと幸いです。 ・お忙しいところ恐れ入りますが、ご査収の程よろしくお願いいたします。 ・先日お問い合わせいただいた件につきまして、関係資料を送付いたします。 ご査収ください。 ・本日、必要書類一式を発送させていただきました。 何卒ご査収いただきますようよろしくお願い申し上げます。 ・領収書を発送させていただきます。 ご査収いただきますようお願い申し上げます。 就職活動の場合 ・早速履歴書を送付いたしました。 ご多忙の折大変恐れ入りますが、ご査収くださいますようお願い申し上げます。 ・履歴書を送付させていただきます。 お忙しいところ大変恐縮ですが、ご査収の程よろしくお願いいたします。 (新卒・学生) ・経歴書を添付ファイルにて送ります。 ご査収ください。 (キャリア転職でエージェントに送る際) 社内で上司や同僚、他の部門の相手に対し ・明日の会議で使う資料を添付いたします。 ご査収のほどお願い申し上げます。 ・先方からの見積書をこのメールに添付いたしました。 ご査収ください。 ・今月の月次月報を本メールにて送付いたします。 ご査収のほどお願い申し上げます。 ・先日の出張の際の報告書を添付いたします。 ご査収願います。 ・先日の出張の領収書を提出いたします。 ご査収願います。 ・来月のシフトが決まりましたのでメールでお送りいたします。 ご査収ください。 ご査収くださいへの返事は何といえばいい? 「ご査収ください」 「ご査収の程よろしくお願いいたします」 と仕事・ビジネスの場面で相手から言われた場合の返信の注意点です。 ・受け取ることができたかそうでないか ・こちら側が内容を確認したかどうか ・内容はOKか、あるいはそのまま受け取るには不備がある などの結果を伝えるのがマナーです。 内容も確認いたしましたが、問題はありませんでした。 手続きを進めさせていただきます。 よろしくお願いいたします。 先方とも調整のうえ、進めていきたいと思います。 今後ともよろしくお願いいたします。 確かに受け取りました。 早速確認いたします。 まずは取り急ぎにて。 確かに受領いたしました。 内容を確認次第、何かございましたらご連絡させていただきます。 1点気になる部分がございましたので、次の点に関してご確認の程お願いいたします。 (確認させてください)以下質問・・・・。 「ご査収の程よろしくお願いいたします」の英語表現 英語で確認を意味する言葉を見てみましょう。 Please check on that. (ややくだけた表現) Please confirm. (確認をお願いします) Could you please confirm? Please double check. (ダブルチェックをお願いします、あなたも確認してください) Make sure of it. (上司が部下に対して) Check please. (確認をしたところ) 受け取って内容を確認する、という意味ですので、check,confirm,lookなどが使えます。 まとめ 「ご査収のほどお願いいたします。 」について、意味や使い方、類語、英語表現をまとめました。 お役に立てれば幸いです。

次の