くる病 カナヘビ。 くる病について

ニホンカナヘビは懐く?正しい触り方

くる病 カナヘビ

皆さんはクル病という病気をご存知でしょうか。 これは人間や犬などの脊椎動物にみられる病気なのですが、カナヘビも発症する可能性がある病気です。 いったいこのクル病とはどのような病気なのでしょうか。 クル病になってしまった場合、治療法はあるのでしょうか。 今回はカナヘビのクル病の症状と治療法についてまとめてみたいと思います。 カナヘビにみられるクル病の症状 クル病になってしまったカナヘビは、骨の形が変形し、背筋や尻尾が曲がってしまうという症状が出てきます。 また、異常にやせてしまったり、目が閉じっぱなしになってしまうといった症状が出ることもあります。 クル病になってしまう主な原因はビタミンDの不足です。 ビタミンDが不足することにより、血液中のカルシウム濃度が低下します。 これを補うために、骨などに蓄えられているカルシウムを血液中に放出します。 これが続くと、今度は骨のほうのカルシウムが足りなくなり、骨の形が変形したり、折れてしまったりするわけです。 スポンサードリンク カナヘビがクル病になってしまったらどうする?治療法はある? 一度クル病になってしまったカナヘビをもとの健康な状態に戻すのはかなり難しいです。 ですので、 クル病にならないように、普段から予防策をとっておくことが重要になります。 さきほどクル病の原因はビタミンDの不足だと説明しましたが、このビタミンDは紫外線を浴びることにより生成されます。 したがって、 カナヘビを定期的に日光浴させてあげることが必要になります。 カナヘビの飼育に関して調べていると、必ずと言ってもいいほどこの日光浴については触れられています。 一日中陽の当たる場所に出しておくと、今度は熱射病や熱中症といった別の病気になってしまう危険性がでてくるため、あくまで「適度な日光浴」が必要です。 まとめ 今回はカナヘビのクル病についてまとめてみました。 クル病にかかってしまったカナヘビを治療して元の元気な状態にもどすというのはあまり現実的ではありません。 先ほども述べましたように、日ごろから、クル病にならないような飼育を心掛けなければなりません。 野生のカナヘビがクル病になることは少ないため、飼っているカナヘビがクル病になってしまったら、飼育者の責任です。 それを肝に銘じておいてください。 スポンサードリンク.

次の

フタアゴヒゲトカゲのクル病(代謝性骨疾患)

くる病 カナヘビ

前回の続きで、カナヘビ飼育の後編です。 最初から改めて強調しますが、私の勧めるカナヘビ飼育は 「 春に捕まえて、冬になる前に逃がして、また春になったら捕まえる」飼育法です。 今回紹介する方法は、あくまで「 一夏だけの飼育法」であることをご了承下さい。 ただし!!逃がす時は、必ず「捕まえた場所」に逃がして下さい! そもそも動物愛護法では、飼育している個体の遺棄は罰せられる対象の行為です。 しかしながら動物愛護法の改訂に先だって行われた検討委員会では「遺棄」は「危険な場所に移置させる行為」や「危険な場所に遺留して立ち去る行為(置き去り)」、または「他人に危害や迷惑を与えるおそれのある場所に放つこと」と想定されています。 カナヘビを、元にいた場所に逃がすことはその範囲にはないと 私は考えています。 ですからショップで購入したり、私の大嫌いなカナヘビのネットオークションなどで購入したりした場合は逃がすことは許されません。 残念ですが、飼育に長けていない方の場合は、自分の手でカナヘビを殺してしまうという結末を見てしまうことでしょう。 そうならないためには、国産種を産地の表示もしないで販売している無責任なショップや、ましてやネットオークションやらでカナヘビを購入しないことです。 私がここに書いてみなさんにわかって欲しいことは「庭で見かけたかわいらしい茶色くて、尻尾が長いとかげを捕まえて飼ってみたいんだが」とか「子どもが近所の草むらで捕まえたカナヘビを飼うにはどうすればいい?」という場合に、「カナヘビは冬を越させて長く飼育するのはとても難しいことなので夏の間だけ仲良くなって、観察して、冬に入る前に元にいた場所に放してあげて下さい」ということです。 なお、これは「カナヘビ」だけに当てはめて考えて欲しいと思います。 なぜなら、他の身近な両爬は、もっと簡単に冬を越せるし、あるいは冬を越す前に別の原因で死なせてしまうからです。 カナヘビだけは特別なんです。 深さがある方がいいのは言うまでもありません。 ・蓋 日光浴が不可欠ですので、カナヘビが通り抜けられない目の大きさの金網がいいでしょう。 蓋をしたときにケージとの間にできる隙間も注意してください。 部屋の中で脱走したカナヘビには 死があるのみですから。 ちなみに室内で脱走した場合は、光を求めて 窓の付近やカーテンに登っている事が多いので、調べてみましょう。 ・照明 紫外線の供給が不可欠ですが、照明器具に頼るのではなく 日光をフルに活用します。 器具からの照明はあくまで補助的に。 トルーライトや爬虫類専用のフルスペクトルランプを使います。 ・保温 特別な保温器具は必要ありませんが、「レフ球」などでケージ内の一部をスポット的に暖める「ホットスポット」はあった方がよいでしょう。 レフ球はケージの大きさにもよりますが15W程度で充分でしょう。 ・床材 彼らが住んでいた場所の黒土などが一番です。 特別に爬虫類用の砂などは必要ありません。 枯葉などを床材の上に散らせておくのも喜ばれます。 注意したいのは、彼らが飲み込んでも害を与えないほど小さい粒のものを選ぶことでしょう。 ・その他レイアウト 水入れ、木の枝、ホットスポット用の石、餌入れなどを適宜配置してあげましょう。 彼らは立体行動が好きなので、狭いケージ内を有効活用できるようにしてあげます。 もちろん世話をするときに 観察を怠らないようにします。 ・日光浴 理想的には毎日、短い時間でいいので自然の直射日光でさせます。 もちろん、毎日は不可能な場合が多いので、日曜日ごとなどと決めるのもいいでしょう。 午前中からお昼にかけて行い、最も気温が上がる時間帯は避けましょう。 普段はレースのカーテン越しの光が入るような場所に置いても効果はあります。 カナヘビ飼育では日光浴はとても大切です。 日光浴中のカナヘビはその表面積を増やすためにこれでもかと言わんばかりに体を薄くして広げて、非常に気持ちよさそうにしています。 が、カナヘビ飼育では最大の事故、まさに大虐殺とも言える事故が起こるのも日光浴中です。 気持ちよさそうに日光浴をしているカナヘビを見るとつい油断して長く日光浴をさせようと思ってしまいがちですが、快晴の日の直射日光は思っている以上のエネルギーを持っています。 あっという間に 熱射病になって即死してしまいます。 しかも 全滅と言う大惨事にもなりかねません。 ですから、日光浴中は 絶対に目を離してはいけません。 彼らが日陰に戻ろうとしたらお終いです。 時間にして10分くらいで終わるようなことさえあります。 また、日光浴中はケージの半分くらいに影ができるようにし、さらにレンガのように熱伝導率が悪いシェルターを入れてあげるとそこに避難できます。 水入れも入れておくことは忘れないように。 「 日光浴、油断すると 大虐殺」 ・給餌 餌は小さな虫です。 食べるものは何でも与えてみましょう。 ただしアリは食べません。 もちろん、ショップで販売されているコオロギやミールワームも食いますが、 それだけ与えていても長生きはさせられません。 とにかくあちこちで餌になる虫を集めましょう。 「 イモムシ」「 クモ」が最も喜ばれます。 幼体には「 カ」「 ハエ」がおススメです。 サプリメント(栄養添加剤)に頼っても十分ではありません。 コオロギやミールワームにもいろいろな餌を与えて、栄養価をあげておく必要もあります。 特に カルシウムは大切ですので、煮干しなどを餌昆虫に与えておくのは効果的です。 給餌間隔は「 幼体には毎日、成体には一日置き」くらいがいいでしょう。 餌の大きさは彼らが楽に飲み込めそうな大きさです。 コオロギだったら Mサイズくらいまでです。 「 こまめな餌探しに勝るサプリメントなし」 ・給水 水は霧吹きで与えますが、水入れにも常時入れておきましょう。 水切れも彼らが死んでしまう原因の一つです。 観察を続け、少しずつカナヘビを知っていくことにより、それが来年、再来年の飼育力の向上につながります。 ・皮膚の質感・脱皮の観察をしよう! カナヘビの皮膚は乾いていますが、野性のカナヘビを見て、健康な状態の皮膚を覚えてください。 皮膚の質感はカナヘビの健康のバロメータです。 不健全な脱皮 また 脱皮をするときに体調が良くないと、 首や足先に皮が剥け残ったりします。 ・目を観察しよう! 両目の視点があっているかどうかを観察してください。 原因はわかりませんが、弱ってくると視点があわなくなるようです。 ・太っている方が健康! バランスの取れたエサで太ってくるのならば安心です。 特に 皮膚がたるんだようなやせ方は健康を害している場合があります。 ・歩き方を観察しよう! 足を引きずるような歩き方は栄養のバランスが悪く、「 クル病」になっているかもしれません。 クル病になると 足の指や尻尾の先が妙な曲がり方になります。 カルシウムとビタミンD3を強化して、日光浴をさせましょう。 ひどいクル病になると 頭骨が指で押すと柔らかくなり口が正常に閉じられなくなり、左右で顔の形が変わってしまいます。 カナヘビの卵は産卵後 一ヶ月前後で孵化します。 卵を発見したらできるだけ 卵の上下を変え(転卵)ないように鉛筆で、卵の上に印をつけます。 卵は 湿ったミズゴケを敷いた小さな入れ物に並べておきます。 乾燥しないように蓋をし温度の変化が少ない場所に保管しましょう。 毎日、覗いてミズゴケが乾燥していないかをチェックします。 へこんでカビが生えてしまった卵は死卵ですので速やかに取り除きます。 健康な卵はどんどん膨らんで、 最初の倍近くの大きさになります。 孵化したカナヘビの赤ちゃんはかわいいものですが、 小さなエサとなる虫が大量に必要になります。 それをコンスタントに 準備できる自信がなければ逃がしてあげましょう。 きっと来年の春に大きくなって逢えるはずですから。 長くなりましたが、これでもまだまだ書ききれていません。 でも、少なくとも春から秋にかけて飼育し、冬になる前に逃がす飼い方ならばこれで充分でしょう。 身近でかわいいからこそ大切にしたいカナヘビ。 命を消費するような飼育だけは避けたいものです。

次の

フタアゴヒゲトカゲのクル病(代謝性骨疾患)

くる病 カナヘビ

カナヘビの 飼育環境の作り方• カナヘビの 餌の種類と 与え方• カナヘビに 人慣れ(なつく)させる方法 カナヘビは正しく飼育してあげると 「10年は生きる」と言われています。 身体は小さくても 「犬や猫」と同じ命です。 「カナ=可愛い」• 「ヘビ=蛇」 として、その名がつけられたという説があります。 他にも「カナ色のヘビ」という説もありますし、全国に数多くの別名が存在しています。 それほど昔から 身近な生き物として我々の近くで生きてきたのです。 ちなみにカナ色とは 「金属の茶色い色」を指します。 全長は15〜28センチ程度• 尻尾が長い• 体重は3〜10g程度• 非常に小さくスリムな印象• 茶色く目立たない色 草が「ガサガサ」と音がするのに「見ても何もいない」という時は、カナヘビ特有の「カナ色」で紛れていることが多いのです。 もちろん動きが早く、すばしっこい特徴もあります。 また、色は単色ではなく、 目頭から口先にかけて濃いラインが入ります。 そして腹部も、 両サイドに濃い茶色のラインが入っています。 指は5本ありますが、 1本だけ長い指をしています。 ちなみに、カナヘビは年齢による「体色の変化」はありません。 幼体であってもそのままの色かたちで成長します。 カナヘビを飼うのであれば、ケースや飼育道具を揃え、「飼育環境」が整ってからカナヘビを迎えましょう。 実は「カナヘビ」を飼育するには、 ケース まずはケースのサイズから。 カナヘビは体格は小さめですが 行動範囲は思っている以上に広いので、 広めの「水槽もしくはプラスチックケース」 が必要となります。 さらにこのケースには、上であげた• パネルヒーター• バスキングライト• 紫外線灯• 腐葉土や落ち葉、水苔• 木の枝やレンガ• 水入れ• シェルター• 気温湿度計 を必要な分だけ入れなければなりません。 よってケースは「まずケースありき」ではなく、 これらが入るかどうかを考えて選ぶことになります。 腐葉土や落ち葉、水苔 「湿度を保つ」ために必要となります。 土は、地面となる「ベースの床」を作ります。 カナヘビは自然採集がほとんであるため、 環境を急変させないためにこれらを使って自然を再現します。 「腐葉土」や「落ち葉」は土の上にかぶせ、保湿させましょう。 霧吹きでスプレーすると、土の表面だけに水が乗り、土中に浸透しません。 最初は 土全体を湿らせてからケースに入れ、毎日霧吹きで「表面と壁面」にスプレーすることで湿度を保つことができます。 ちなみに「落ち葉」を重ねて敷きすぎると、餌となる「コオロギ」や「ゴキブリ」が隠れてしまい、 カナヘビが上手く食べられなくなってしまうため、1枚ずつ敷く程度がベストです。 木の枝やレンガ カナヘビは立体的に行動する生き物です。 段差をつけることで自然の環境を再現し、 自然な運動を促しましょう。 また運動だけでなく、陰を作る良い「隠れ家」にもなります。 レンガは、バスキングライトの真下に置くと 大変熱くなりますので、適度に離して設置します。 「木の枝」や「大きな木の皮」も有効ですが、自然採集のものは• 寄生虫• カビ を持ち込む可能性があります。 なるべくなら 「ペットショップで販売されているもの」を使用しましょう。 カブトムシ・クワガタ飼育用の「丸太」や「枝」でも可能です。 ただし、隠れ家は工夫次第で 自分で作ることができますし、 100均で売られている「植木鉢」を半分に割ったものでも可能です。 なお、あまりに高く設置して ケースの上部から脱走しないように注意しましょう。 日中は明るく夜は暗い、自然と同じ日照量• 適度な湿度• 日射病にならない環境 です。 これらが再現できれば良いのです。 最初から全てを揃えるのは大変ですが、用意しなければ劣悪な環境となり、 寿命が極端に縮んでしまいます。 季節に合わせて必要なものを少しずつ揃えていきましょう。 さて、ここまでが 「カナヘビの飼い方(飼育環境)」についてでした。 ここでは• 餌の種類• 餌の与え方 を分けて説明しましょう。 カナヘビの餌の種類! 基本的にカナヘビは肉食であるため、エサは ピンセットで動かして与える エサは自然下のように 動いていないとカナヘビが認識しずらいので、見える範囲にエサ昆虫を落として追いかけさせましょう。 認識させるためにピンセットをトントンと動かして、 餌の方へと誘いながら与えます。 また「カナヘビの餌」がない場合は、 生の鶏肉で一時的に代用する事もできます。 その際は小さく切って、ピンセットで動かしながらカナヘビの前に差し出すと、食べてくれることもあります。 (あくまでも生餌がメインですので、食べないこともあります) ピンセットは 「バンブーピンセット」があると尚良いです。 バンブーピンセットは竹製のピンセットですが、万が一カナヘビがピンセットの先端を噛んでしまっても、怪我しにくく傷になりにくいため安全な道具です。 頻度は週に2回ほどでOK! 哺乳類のような「恒温動物」であれば、食事で得るエネルギーを使って体温を維持しますので、毎日のエネルギー摂取が必要になります。 しかしカナヘビは「変温動物」なので、毎日餌を与える必要はなく、週に2回ほどで問題ありません。 また、カナヘビは 「与えられたら与えられたすべてを食べる」ということはないため、多めに与えていても問題ありません。 餌の摂取状態を確認すれば、「どれくらい与えれば十分なのか」が分かってくると思いますので、以後はその量を与えましょう。 以上のポイントを押さえておくと、健康上問題もなく、かつ至近距離で 人慣れしやすいという利点があるのでおすすめです。 最初は、人間を恐れて食べるのをためらうかもしれません。 しかし何度もチャレンジして、慣れさせることもできますよ。 カナヘビは そこそこ「人慣れ」する生き物です。 「なつく」というよりは「人馴れ」します。 しかしこれにはかなりの時間と手間が必要となります。 自然下のおとなのカナヘビは、 とにかく警戒心が強く人前には出てきません。 慣れさせたいのであれば、自然採集の場合は なるべく若い個体が好ましいのです。 おとなのカナヘビを採取した場合は、 ケースの覗き方も注意が必要! カナヘビを観察する際は、出来るだけ 「カナヘビと同じ目線」で見る事が大切です。 上から覗いてしまうと、パニックになって逃げ惑う可能性があります。 繰り返し上から覗いていると「多少慣れてくる」こともありますが、それでも まったりと「リラックスした姿」はなかなか見られません。 不思議なことに、ケースの横から観察する分には それほど警戒する様子を見せませんので、ぜひ横から観察してあげてください。 上で説明したとおり、人に慣れるようにもなります。 またもし噛まれた場合でも、• 毒はない• 細かい歯はあるが、「餌が逃げないように引っ掛ける役割」を担っている程度の鋭くないもの なので、ほぼ痛みはありません。 実際に咬まれたことがありますが、全くと言って良いほど痛みを感じませんでした。 もし庭先で「カナヘビっぽいもの」に咬まれ、「咬まれた跡がある」「痺れがある」などの場合は、 カナヘビでは無い可能性もあるため、念のため病院を受診するのがベターです。 カナヘビは共食いすることはあるか? 基本的には 共食いはないと考えておいて良いでしょう。 ただ 「子どもを守る」という本能がないのは確かなので、「絶対に共食いが無い」とも言えません。 起こり得る可能性としては、冬眠から明けたときのような 「極めて栄養が足りていない状態」であれば、 動いている生物に噛み付く可能性があります。 また、カナヘビは 交尾の時にオスがメスを噛むため、その前兆の可能性もあります。 >> ただし、万が一にこれがカナヘビの赤ちゃんだった場合は「共食い」と捉えられるかもしれません。 なお、飼育する場合は 「冬眠させない」場合が多いです。 理由については『 』で説明しています。 スポンサーリンク カナヘビの病気について! カナヘビの病気として代表的なものとして、• クル病• 熱中症 があります。 クル病 当ページでも何度か「カルシウムが大切」と説明しましたが、カルシウム不足により引き起こされるのが「クル病」です。 これは不足によって「骨の変形・軟化」が起きる病気であり、最悪歩行できなくなります。 対策としては、• カルシウムパウダーをかける• 水の代わりに牛乳をあたえる• ワラジムシのようなカルシウムのある虫を与える などがありますが、 日光浴もしっかりとさせて下さい。 日光浴をさせていない場合は、皮膚が黒ずみ、徐々に弱っていきます。 また、「目が開かない」というのもよくある症状です。 こうなると、• 目が開かないことで、餌を捕食できない• 衰弱する• 死んでしまう という負のパターンに陥ってしまいます。 画像引用: 特に成長期の場合は 2週間に1度くらいのペースで脱皮し、脱皮を繰り返して大人に近づくと、 1ヶ月に1度くらいのペースに落ち着きます。 そのため、脱皮の間隔を知ることで 「カナヘビの成長度合い」を把握することができますよ! ダニには気をつけよう! 「最近、カナヘビの元気がなくなった」という場合に注意したいことの一つが、ダニ。 土にダニが付着している場合や、 「拾ってきた木」に付着している場合があり、知らぬ間に飼育ケースに入れてしまうことがあります。 そうなると、ダニはカナヘビをも刺しますので、カナヘビは当然元気がなくなってしまいます。 対処は? まずは、「カナヘビに付着したダニ」を落とします。 洗面器やボールなどに「ぬるま湯」を少しいれ、身体を洗ってあげましょう。 洗うと、以下の様にダニが浮いてきます。 画像引用: 次に、ケースを洗う必要がありますので、いったん全てを取り出し、丸洗いしましょう。 なお中から取り出したものにも当然「ダニが付着している可能性」がありますので、家の中ではなく、出来れば外で対応できると良いです。 木や土は「新しいもの」を用意する必要がありますが、外で集めたものではなく、 必ず売られている物を使うようにして下さい。 さいごに! カナヘビは愛着を持って育てていくと、7年は一緒に過ごすことができます。 また、爬虫類ではなく両生類ですが、ウーパールーパーも可愛くてオススメのペットですよ!• スポンサーリンク.

次の